割烹魚常(金沢市)

金沢市、浅野川のほとりにたたずむ割烹魚常

東茶屋街や主計町にも近く

金沢らしい情緒あふれる一角にお店はある

2階の座敷に通された

浅野川が見えて、春だと桜が綺麗だということだ

 

前菜は金沢らしいつまみ

 _

刺身は金箔が入って豪華な雰囲気

寒ブリが美味しい

 _

酒は福光屋の黒帯と福井の梵

黒帯は辛口でキレがある

梵はきれいな飲み口だ

お水は福光屋の仕込み水を飲めるのが嬉しい

加賀レンコンの蒸し物

_ 

ご主人の心意気を感じるのどぐろの塩焼きが秀逸だった

脂が乗って身は弾力感がありジューシー

特に冬場は脂とうまみのバランスの良さが堪能できる

 _

ご主人は北條さん

心温まる接客も感激でした

今度お邪魔するときはカウンターでゆっくり金沢の魚を味わいたい

ご馳走様でした

 

 

風情度  ★★★★

 

 

割烹 魚常

 

金沢市並木町1-10

076-221-0711

17:00~23:00

日曜祭日休み

 

福光屋(金沢)

大雪の中、金沢に訪れた

行先は金沢で最も古い酒蔵の福光屋

創業1625年

加賀百万石の文化に育まれ磨かれてきた酒だ

_ 

蔵には古い看板があり

何ともレトロで歴史を感じさせてくれる

工場の入り口には水齢100年という恵みの100年水がある

少し硬水だという

 __

ご案内は品野本部長と製造の方が・・・

硬水のためお酒は辛口の酒に仕上がるという

 _

福光屋の酒は加賀鳶だけでなく

地元で親しまれているのが福政宗、そして黒帯など

ブランドも多数ある

 _

またお酒だけではなく

酒を通して生活の質を上げるという様々な製品尾も展開中

デザインも素敵なものが多い

 

金沢も外国人の観光客がどんどん増えているらしい

蔵見学のお客様も外国人が増えてきたので

英語でも対応できるように案内板も英文併記にされたとか

 

加賀鳶、福政宗、黒帯などなど

一度は飲んでみたい金沢のお酒である

 

 

和食かとう(築地)

東京のホテルに泊まると

なぜか突然に魚が朝から食べたくなる時がある

そんな時に重宝するのがこのお店

築地市場にある和食かとうだ

 _

価格は高いが魚の素材は素晴らしい

今日はぶりカマ定食とカキ豆腐

鰤カマは季節柄とても脂が乗って本当に美味い

みそ汁と一品の小鉢がイマイチだが

ご飯はほどほどに旨い

 _

カキ豆腐もほっくほくで

つるりんと胃袋に入っていく

 _

さっぱりとして

二日酔いの朝にはちょうど良いかもしれない

移転が決まり食べられるのも今のうち!

 

 

今のうち度  ★★★☆

 

 

和食 かとう

 

東京都築地5-2-1築地市場8号館

070-5364-1115

7:00~14:30  日曜休み

進化を遂げたみまパンチ!

121日に行われた全日本選手権

伊藤美誠(みま)の圧倒的な強さが際立っていた

 

準決勝は石川佳純

1ゲーム目を簡単にとった石川が守りに入った

2ゲーム目から伊藤の独特のフォアハンドスマッシュが

入るようになる

結果は4-1で伊藤の勝利

石川は試合後

「弱気の虫が自分に出て負けた

伊藤のスマッシュはものすごく良かった」

と話した

 

決勝は2年前に04で完敗した平野美宇とは

17歳同士の共にライバルとして戦ってきた相手

 

伊藤の怒涛の勢いは決勝戦でも続いた

動く卓球への進化を遂げ

鍛え上げたフットワークと反応の速さと

思い切りの良い強気の攻めが

ことごとく平野を圧倒した!

みまパンチの威力を存分に見せた試合となった

結果は伊藤の4-1の完勝だった

 

解説の福原愛は

伊藤選手は準決勝からゾーンに入った感じだった

反応の速さと思い切りの良さが素晴らしいと褒めたたえた

 

愛ちゃんにあこがれ、石川の背中を目指して

頑張ってきた伊藤美誠

誰もが見てもワンランクアップした伊藤の独自スタイル

「いつでも、どんな場面でも、だれが相手でも強気に!」

さりげなく言う伊藤選手の言葉に

東京オリンピックのメダルへの道が

期待から現実へと近づきつつあるのを感じている

 

 

和食処かわしま(宮崎市清武)

宮崎市のラーメン街道と言われる

宮崎から加納を経て清武に向かう国道269号線の道路沿い

ビルのIFにかわしまがある

ご夫婦でされていて感じが良いお店だったが

好評だったお昼のランチはされなくなり

残念に思っていた

 

ランチを再開されたというので

お邪魔してみた

奥さんの久しぶりですねえという言葉に迎えられた

こんな言葉がうれしい

ランチは刺身、焼き魚、チキン南蛮、鶏のから揚げ

ハンバーク、カレーライスの中から2品選ぶ

 _

今日はマグロの刺身とチキン南蛮を選ぶ

野菜もたっぷりで体にはとても良さそう

ここのチキン南蛮の味は

さっぱりとして前から好きな味だ

これで800円だから

バランスの良いランチを食べたい方には良いところだと思う

CPも立派!

 

 

再開度  ★★★☆+

 

 

和食処かわしま

宮崎市清武町加納1-62-6

0985-85-3970

11:30~14:30

18:00~23:00

日曜休み

 

楽観RAKKAN(宮崎市)

宮崎駅前の広島通の路地に

新世代のラーメン屋さんが11月にオープンした

名前は楽観

 

注文は特製パールと琥珀

特製パールは塩ラーメンで

出汁に何種類かの塩をブレンドした塩だれに

ピュアオリーブオイルを使用した

東京には多い今どきの中華そば

チャーシューに卵としなちく、刻み玉ねぎにのり

さっぱりしているけど程よいコクもある

女性に人気のラーメンだろう

_ 

琥珀は木桶仕込みの醤油を使い

上品なスープだ

刻み玉ねぎがスープと絡んでとても美味しい

 _

どちらもレベルが高いのだが

チャーシューが少し小ぶりで寂しいのが残念

 

東京などで何店か経営されているそうだが

これからどのように

宮崎に根付いていくのか注目のラーメン屋さんの一つである

 

 

新世代度  ★★★☆

 

 

楽観 RAKKAN

 

宮崎市広島2-6-13

050-5289-3100

11:00~15:00

18:00~22:00

 

アマゾンVSアリババ

201711月末の時点で

世界の時価総額ランキングを見ると

1位がアップル、2位がアルファベット、3位がマイクロソフト

4位がアマゾン、5位がFacebook 6位がアリババ(中国)と

6位までを全てIT企業が占めた

今の時代の趨勢を感じる出来事だ

 

EC事業の世界展開の2社を見てみよう

一つは4位のアマゾン(58兆円)だ

EC事業者なのだが、事業展開が多彩になってきている

物流、配送のインフラ整備に年間2兆円ほどかけているばかりか

AIスピーカーの発売

食品スーパー ホールフーズの買収(15000億円)

キンドルの開発販売

映像配信事業などなどのほかに

世界一と言われる(AWS)クラウド事業がある

全売り上げの90%はEC事業だが

利益の大半は売り上げの10%程度と言われるAWSのクラウド事業だ

 

次は6位のアリババグループ (51兆円)

中国の英雄や神様とも言われるジャックマー率いるEC企業だ

中国では独占と言ってもよいほどのシェアを確立している

中でもすごい成長を誇るのが決済サービス アリペイ(支付宝)だ

中国のスマホ決済の8割がこのサービスを利用していると言われる

マネーを入れておくだけで様々なサービスが利用できる

スマホの利用料金をはじめ電気水道、タクシー、海外送金など

面白いのは割り勘の機能も付いているのだという

しかも全てのサービスが無料

そのうえ余額宝のサービスを使えば、

お金を預けるだけで年利523%の利息がもらえる

これが爆発的に伸び、わずか4年で

MMFが世界最大の23兆円強まで増加したと言われる

この動きはさらに加速するだろう

アリペイの普及が本格化すると

銀行やクレジットは必要なくなるといっても過言ではないだろう

 

このEC事業の最強の2社が東南アジアで激突する

東南アジアの人口は6億人を超えると言われている

しかも英語圏であり、サービスもそのまま英語で対応できる

 

アリババは2016年に布石を打つ

シンガポールのLAZADA10億ドルで買収

シンガポールポストにも出資して第2位の株主となり

物流と配送の拠点をシンガポールで一本化した

Lazadaはインドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナムと

事業展開している

アリババグループの一員となり一挙に東南アジアで業績の拡大を図る計画だ

もちろん同時にアリペイのサービスも本格化していくだろう

 

アマゾンがシンガポールで動いた

アマゾンはインドのネット通販で成功をおさめた実績がある

シンガポールでは2017年7月に物流拠点を置きアマゾンのサービスをスタートした

これを拠点として次々に東南アジアに布石を打ってくるだろう

 

アメリカのアマゾン、中国のアリババ

今までは先進国のアマゾン、中国のアリババだったが

最後の成長圏と言われるアセアンにおいて最強の2社が激突する

EC事業での注目の米中対決が始まった

このアセアンを制したものが世界の勝者となることは間違いない

 

 

冬のシェフズアライアンス

魅惑の日本酒と料理のマリアージュを楽しむ

3回シェフズアライアンスを

25日に開催します

 

今回のゲストシェフはお馴染みになった

福岡の小野貴史シェフ

イタリアのルッカ料理学園卒業後

スイスをはじめ様々な国とジャンルで料理を行ってきた

 

今回はえびの本坊農園の有機野菜や鴨肉で

日本酒とのマリアージュに挑戦していただく

小野シェフの独創性あふれるメニューにも期待している!

 _

日本酒は

開運大吟醸 伝 浪瀬正吉(静岡)

縁起の良い酒名

2017年は金賞、IWCゴールドトロフィー賞

サケコンペティションゴールドとトリプル受賞した蔵だ

 

〆張鶴大吟醸 金ラベル(新潟)

山田錦を35%に磨いて醸した11月発売の限定品

真面目一筋の誠実な蔵

 

新政NO6 SSタイプ(秋田)

教会6号酵母発祥の蔵を継いだ佐藤氏が手掛ける

新世代の酒

全国で人気沸騰の酒だ

 

勝駒 大吟醸 (富山)

2017パーカーポイント92点の高い評価で

一瞬にして酒が消えたと言われる

蔵人が5人だけの少量生産だけに

なかなか飲めないお酒になった

 

豊盃 特別純米 (青森)

今や青森を代表する蔵の一つとなった

食中酒には最適

 

 お陰様で満席となりました。1月22日

 

 

 

 

おかる(京都)

今年の冬が寒さがこたえる

寒い冬にはどうしても温かいものが食べたくなる

京都祇園には温かいうどんの名店も多い

常盤を覗いてみたらあいにく閉まっていたので

近くのおかるを覗いてみた

 _

店内には外人の家族がうどんとビールで

盛り上がっている

私は肉カレーうどん880円を注文

うどんは柔らかめでスルスルと入る

スープはスパイシーで私好み

ただ接客がいただけない

お客の動向を把握しようともしない

観光客が多いとこのようにおもてなしも

なおざりになってしまうのだろうか?

 

味は美味しいだけに

おもてなしの寂しさが気になった!

 

 

はんなり度   ★★★+

 

おかる

京都市東山区八坂新地富永町132

075-541-1001

月~土曜 11:00~15:00 17002

日曜 11:00~15:00

 

六角堂(京都)

京都市の3条烏丸通に古くから六角さんと親しまれている

お寺がある

正式には紫雲山頂法寺と言われ

聖徳太子が587年に創建したものと言われている

 _

京都の町中にここだけは

穏やかな空気が流れているようで

とても落ち着く

 

六角堂の本堂は上から見ると六角形

有名な歌がある

わが思う心のうちは六(むつ)の角

ただ円(まろ)なれと祈るなりけり

 

6角の角とは六根(目、耳、鼻、口、身、意)によって生じる六欲のこと

これらを捨て去って角をなくし

円満になることという祈りを込めた形なのだという

またこのお寺は生け花発祥の地とも呼ばれている

 _

すがすがしい冬の朝

健康を祈念し

豊かな気分になって六角さんを後にした!