新たなエクソソーム発見

NHK Eテレのサイエンスゼロの12月2日と2月3日の番組から

エクソソームの話をご紹介

2007年ヤン・ロトバル教授が

エクソソームという物質には

メッセージ物質の主体的な役割を果たす

マイクロRNAが入っていると発表されてからエクソソームは一挙に注目を浴びている

エクソソームは体の細胞間上で情報をやり取りして

体をコントロールする働きがある

人間の体には約100兆個のエクソソームがあると言われている

エクソソームは野菜や卵の中にも含まれている

しょうがのエクソソームは肝障害に効果があり

ゆで卵のエクソソームは動脈硬化や記憶力がアップする

日本のエクソソームの第1人者である

国立がんセンターの落合教授は

獺祭の桜井会長の協力を得て

日本酒もろみから新たなエクソソームが大量に見つけることができた

つまり発酵で生まれる化学変化で

新たなエクソソームが生まれていたのだ

しかも病原体を破壊する分解酵素の威力は7倍なのだそうだ

ただ酒の製品になったらエクソソームはなくなるそうだ

 

私の大胆推理だが

そうであれば醤油もろみや味噌や納豆などの発酵の過程にも

新たなエクソソームがあるのではないだろうか

発酵製品には数々の抗酸化作用がある

その大きな理由付けにもなるような気がしてならない

これからの研究の成果にも期待したい

 

国立がんセンターの落合先生は将来

人間の体のエクソソーム診断をして

食べながら体を健康にしていく未来レストランを作りたいとの

夢を語っていた

食べながら飲みながら

エクソソームで体を健康にしていく

近い将来にはこんな夢が現実になるのかもしれない

BAR茶蔵(さくら)延岡市

延岡のホテルのパーティの後

おもしろいBARがあると

野田先生ご夫妻にお誘いを受けお店にお邪魔した

場所はエンシティホテルから500mほどのところ

BAR茶蔵(さくら)

扉を開けると重厚な空間

カウンターに座っても居心地がよさそうだ

 

個室に入るとまた落ち着ける空間が広がっている

飲み物は野田さんお薦めのアードベッグ10を水割りで

色は淡い琥珀色

強烈なスモーキー感が刺激的だ

しっかりとしたピート香やヨード香もある

しかし飲んだ後にはフルーティでスウィートな感覚がある

このビフォアー、アフターの真逆な感じが面白い

生産地のアイラ島はスコットランドの西側にあり

個性的な蒸留所があるところでも有名

このウィスキーは好きか嫌いかどちらかに分かれるだろう

マスターも礼儀正しくオーセンティックで個性的!

茶釜で沸かしたお湯でお抹茶もいただけるとか

延岡の素敵なバーである

 

和モダン度 ★★★★

 

Bar 茶蔵(さくら)

延岡市新町9−6

0982−35−0223

日~木 18:00〜25:00

金土  18:00〜27:00

奥田政行シェフ 延岡の賞味会

2月27日延岡市のエンシティホテル延岡で

食の都庄内の実現にご尽力された

奥田シェフと元山形県副知事の高橋さんをお迎えして

セミナーと食事会が開催された

元山形県副知事の高橋さん、奥田シェフ、宮交の菊池社長

食事会は県北の食材を中心に

奥田シェフらしい素材の味を生かす料理の数々だった

日本には3つの素晴らしい牛肉がある

それは岩手の奥州牛、飛騨牛、そして宮崎牛だと

宮崎牛の脂はさらっと溶けていくような感覚がある

との言葉に皆さん拍手だった

 

さて料理は大根のブルーテスープ

五ヶ瀬ぶどうカンパチ血合いのタルタルと宮崎キャビア

トマトの冷たいカッペリーニと炙りたまたま

空飛ぶ新玉ねぎ90度炒めとダイワファーム一年熟成チーズ

これには都農ワインのシャルドネアンフィルタード

空飛ぶ新玉ねぎの茎のシェリーマリネとひむか本鯖の湯上げ

 

白菜と真牡蠣の柚子煮込みと春巻きのカレー風味

宮崎魚介のトマトソースフレーグラ

猪のローストとほうれん草の温度調理

豚の赤ワイン味醂煮込みとチーズリゾット

日向夏とダイワファームのリコッタチーズのクリーム

アカシアのはちみつがけ

これからも食の交流を通して

地方の食文化が地域再生の大きな切り札となっていくことを祈念したい

高木支配人他関係者の方々に感謝申し上げたい

有難うございました

一つ心配なのは奥田シェフのお腹が少し出てきたことだ!

綾錦原アースマルシェ3月10日開催!

エコパーク綾で3月10日

綾・錦原アースマルシェが朝10:00から16:00まで

綾わくわくファームで開催される

綾の早川農園の有機野菜や果物、尾立地区のこだわり野菜

はじめ様々な本物商品が出展される

また県内からは宮崎市のアグリアートのアートな野菜

小林市のダイワファームの絶品チーズ

国富町の杉田園芸種苗店から春の苗やガーデニンググッズ

宮崎ゴールドファームからは冬虫夏草の商品などなど

レストランでは

春野菜ピザやレッドカレー

綾あきら豚のローストポークや豚汁など

 

ステージイベントも盛りだくさん

南米音楽のフォルクローレ インティ

や地元のグループ円空

野菜ソムリエの野菜講座やガハハおじさんのチーズ講座もあります

 

会場内ではポニーの乗馬体験 700円

などなど本物が詰まった楽しいマルシェです

是非ご家族で、お友達と春の綾にお出かけください!

車は馬事公苑駐車場に止めてください

お問い合わせは 0985−77−0909 まで

ジャイアントストア宮崎店

宮崎市の中心地MRTテラスに

2月1日世界NO1の自転車メーカー

ジャイアントのストアが開店した。

サイクルツーリズムの拡大を目指している

宮崎県にとっては大きな拠点だ

しかもお店の運営をするのが

宮崎県サイクリング協会の奥口理事長というのも心強い

ライダーにとっても市内中心部に拠点ができることで

自転車を持ってこなくても気軽に自転車観光を楽しむことができる

まだ開店して間もないため

レンタサイクルは完備していないが

金子副店長は

将来的には是非対応したいという話だった

店内は広々としてとても見やすい

宮崎ライドを主催する我々事務局としても

ライダーにとっても、観光客にとっても

素敵なサイクルツーリズムの拠点として成長していくことを祈念したい!

茶月譚(チャユェタン)宮崎市

宮崎神宮駅から歩いて2~3分のビルの1Fに

茶月譚(チャユェタン)がある

中に入ると清潔で

台湾カフェみたいな異国情緒の雰囲気が好印象

 

タンツー麺のランチを頼む

残念だが食べると麺が伸びすぎていた

スープはとても美味しい

デザートのマンゴープリンも良い味

女性に人気なのが理解できる味だ

 

 

台湾カフェ度  ★★★

                                                                         

茶月譚(チャユェタン)

宮崎市神宮東3−6−5 102

0985−69−7516

10:00~19:00

月曜休み

Bioバル(宮崎市)

宮崎市中央通り川崎ビルのIFの奥に

Bioバルがある

赤を基調にした内装と木のカウンターが居心地が良い

 

東京から8年前に移住した藤田伊織さん

宮崎が大好きになりお店をはじめて6年になるという

ワインが大好きで特にイタリアの生産者に会いに行くほど

お店の基本はビオワイン

まずはイタリアのコスティエッラ・ロッソ

明快な果実味が小気味よい

後ろに見える伊織ママは

髪を切ったばかりのシャープな顔立ちで会話も楽しい

ママいわくビオワインはおばあちゃんの漬物だという

少し酸っぱかったり、癖もあるが、愛情に満ち溢れていて

とても愛おしく感じるそうだ

都萬牛のステーキを

赤身が旨い

次のワインはヘラロッソ

メルローとサンジョベーゼの少し変わった不思議な味

ユーカリの香りも少し感じる

ナポリタンを頼む

麺はナポリタン専用の特性麺、トマトソースもオーガニックだそう

麺がもちもちだ

最後の白はママのお任せに

リボッラ・ギャラ

オレンジの皮ごと漬け込んだ白ワイン

紅茶のような苦みと蜂蜜の甘みが複雑なアロマ

ママの気風の良さと笑顔にカンパイして

また来ようと帰途についた

 

 

気風(きっぷ)度  ★★★★+

 

BIOバル

宮崎市中央通り7−30

0985−64−8990

19:00~25:00  日祭日休み

第2回発酵親子教室の発酵昼食

みやざき発酵文化ネットワークが主催した第2回発酵親子教室は2月16日道本食品で開催された

48名の一般の方々から子供さんの参加で盛り上がった

発酵講座はみやだいずと味噌をケンコー食品の吉田社長

塩麹を二宮麹屋の二宮工場長、漬物は道本社長がわかりやすく説明された

さて発酵昼食の献立は

道本食品さんからこれだけのたくさんの種類の漬物が

この中には全日空のビジネスクラスで提供されているものもあるようだ

ケンコー食品の吉田社長のおばあちゃん手作り味噌玉

これをお湯に溶かして味噌汁に

このやり方だと濃ゆさや薄さが自分で調整できるメリットがある

初めての体験だったが参加者からもこれだったら家庭でも作れると大評判

横にあるのが味噌玉、これをお椀に入れ溶かして食べる

 

ラディッシュのご協力をいただき

県産鶏の三ツ星醤油と二宮麹屋の塩麴焼き

能登のセイアグリー卵の卵焼き

おにぎり2種

切り干し大根、みやだいずの蒸し大豆の副菜

キュウリの酢の物

参加者の感想も大変美味しかったと大好評でした

また塩麴の体験ができたことも大変楽しかったようです

味噌玉は家庭で作ってみようという人もあり

いかに発酵が注目されているのかを実感する教室となりました

また次回もお楽しみにしてください!

小さな森の美術館(綾町)

綾の打ち合わせの後

綾わくわくファームの浜田さんから

素敵な場所があるから行ってみないと言われ

ご一緒して案内いただいた

綾錦原の馬事公苑から山の展望台に向けて登っていき

展望台を過ぎて下っていくと

小さな看板が見えてくる

看板には小さな森の美術館の表示が

看板を抜けるとまだまだ一本道が続く

何だかアプローチがヨーロッパの邸宅のように長い

ようやく美術館についた

オーナーで画家の玉田さんに話を聞いた

画家の活動は40年以上にもなり

息子も画家として戻ってきた

この美術館は昨年創ったばかり

展示してある作品は自分の描いたものがほとんど

息子の作品がこれから増えていくだろう

と淡々としゃべられているのが印象的だった

この美術館の中にいると

ヨーロッパにいるような気分になる素敵な場所だ

庭の片隅には自生したフキノトウがいっぱい

思わず採って良いですかと

玉田さんに了解を得て春の山菜の収穫までできてしまった

まだ綾町にもこんな知らない素敵な場所がある

文化度の高さと意外性に驚きながら

今日の出会いに感謝した

おいしい亭(宮崎市若草通)

夜、なぜかお酒もあまり飲みたくなく

ビールが軽く飲めて食事ができるところがないかと考える時がある

ふっと頭においしい亭がひらめいた

若草通に入ってすぐの路地にあるお店だが

お昼時にはおばさま方の常連さんですぐ満席となる

定食もバランスが良く野菜たっぷりでご飯も美味しい

和風ハンバーク、とんかつ、焼き魚、チキン南蛮、和風ステーキ

がすべて珈琲付きで1100円

お昼は時々お邪魔するのだが夜は初めてだ

お店に入ると日高さんご夫婦が出迎えてくれた

料理はご主人、野菜料理と接客は奥様と

2人3脚で22年になるという

ビール小瓶と定食に付く小鉢を先にお願いする

ビールのあてにはぴったり健康的なつまみだ

 

昔は若草通もにぎやかで活気があった

お客さんの話だがいつのまにか若草通は枯草通りとなり

今ではイベント通りになったという人もいると話された

なるほどポイントを突いている

今日はアジフライ定食

ほのぼのと団らんしているような気分で

食事を楽しんだ

ビールも飲んで1450円の良心的な価格

お二人の気取らない温かさが居心地をとてもよくしている

カウンター8席の小さいお店なので

時間をずらしていってほしいお店の一つだ

特に夜、一人食事をするのはお薦めのお店だ

 

 

団らん度 ★★★★

 

おいしい亭

宮崎市橘通東3丁目2−17

095−26−0604

11:30~14:00  17:30~20:00