みょうが屋(宮崎市)

宮崎市上野町に何となく普通の外観の焼肉屋がある
しかしここのお兄ちゃんが侮れない
味覚や舌の鋭さは並はずれている
しかも全国の旨い料理を食べ歩いて、良いところだけを
吸収し尽くすバイタリティには頭が下がる
ここまで素材をしっかり見極める目を持っている人は
宮崎でもなかなかいないだろう
しかもフレンチ、イタリアン、ツマミ系などなんでも作れるのだ
 
まあ お兄ちゃんの信念がしっかりしているため
あらぬ誤解を受けることもあるだろうが
人生、それはそれだ
岩永氏ならではの美食道を追求し、とことん極めて行ってもらいたいと切に思う
 
ただ独身なのが玉に傷
そろそろ良いお嫁さんと巡り合えればよいのだが・・・・・
 
さて私の大好物は
ここのメンチカツと月に一度は作ると言うカレー
カレーはものすごく辛いのだが癖になる
しかし最近はだいぶマイルドになったらしい
 
カウンターに座り
のどのうるおしに生の小ビールを頼み
上品なお母さんの笑顔にホッとする
さて今日はまず野菜
ミミガーとゴーヤ、玉ねぎのサラダ
彩りも綺麗でさわやかな味わい
IMG_4831.JPG 
次に刀根鶏と牛筋のスープ
刀根鳥は普通の鶏の出荷より約1か月間長く飼育するため
脂肪のコクと筋肉の鶏のうまみがぐんと増す
それと宮崎牛の牛筋と大根のスープ
コクがあるのにさっぱりとした味わいだ
IMG_4832.JPG 
このころから日本酒に・・・・
今日は隆の美山の冷を
 
通常だとここからオリジナルの料理をお願いするのだが・・・
今日は久しぶりにお肉の気分
カルビーの違う部位の4種盛り
宮崎牛のA5ランク
ここの肉の盛り付けはフレンチの感覚でおしゃれでもある
IMG_4833.JPG 
肉だと神亀ひこ孫の燗冷ましがいい
口の中の肉の油をしっかり酒が洗い肉に負けることなく
料理を引き立てる
この酒ならではの魅力の一つだ
 
部位ごとの微妙な肉質の差が脳幹を刺激する
カルビだけでこれだけ味わえる面白さは
このお店ならではである
 
もうおなかがいっぱい
〆にと思っていたにんにくチャーハンもまた次の機会に・・・・・
後を譲ってお先に店を出た
 
 
素材度   ★★★★
みょうが屋
宮崎市末広1丁目7-7
0985-28-2302
火曜日休み