宮崎牛すきやき講習会

明治2年創業の京都のすき焼きの名店
モリタ屋の女将の吉岡郁子さんと娘さんの吉岡摩弥さんが
宮崎まですき焼きの講習会に来ていただいた

IMG_9236.JPG


宮崎牛は和牛オリンピック2連覇で全国の認知度が上がったが
消費はステーキや焼き肉が主流となっており
宮﨑牛の多様性と活性化のためにも宮崎県としてすきやきを広めたいということだった
 IMG_9247.JPG
そこで白羽の矢が立ったのが京都モリタ屋だった
モリタ屋は飲食店だけではない
牛肉屋として創業し牧場、卸肉センターをはじめスーパーマーケットも展開している企業
6次産業化の成功事例の先駆けとしても良く知られている
創業は144年と古く宮内庁御用達の企業でもある
 
直接京都の吉岡社長、吉岡摩弥さんとお話をさせていただき
快くご了解をいただいて宮崎にお越し頂くことになった。
 
料理講習会は10月21日
鍋はモリタ屋独自の物を使用する
宮崎観光ホテル 山吹に
宮崎のホテル、旅館の名店が勢ぞろいする中
すき焼きの講習会が11時から始まった
使用する牛肉はモリタ屋持参の熟成をしてある宮崎牛のA4の肩ロース
IMG_9237.JPG 
モリタ屋の真骨頂は最初食べる一番肉にある
まず牛脂で鍋に油をひき
ざらめを入れる
そして牛肉を入れ焼くような感じで・・・・
さらに割り下で牛肉をなじませ、そのまま溶き卵で食べる
この絶妙な牛肉の舌触りと味が抜群だ
IMG_9242.JPG 
そのあと野菜を入れて牛肉と共に割り下を入れ煮込んで
すき焼きの出来上がり
野菜の特徴は玉ねぎとゴボウを入れること
そして京都麩も入るのがモリタ屋流
宮崎のすき焼きではおなじみの白菜は使わないようだ
ホテルや旅館からは数々の質問が・・・・
IMG_9248.JPG 
最後はすべてを食べてうどんを入れ
九条ネギや山椒や七味で味付けして
仕上げとするそうだ
 
女将の吉岡郁子さんや吉岡摩弥さんは
今年TBSで放送された
東西すき焼き対決で見事栄冠を勝ち取った名コンビでもある
 
モリタ屋の名店のすき焼きをヒントに
宮崎の各ホテルや旅館は
宮崎牛のすき焼きを工夫をしながら是非オリジナルすき焼きを展開してほしい
今から宮崎牛すきやきの完成が楽しみでもある