花鳥風月

日本人は古くから自然をいつくしみ、自然と共に生きてきた
それを表す言葉の中でも
私は花鳥風月という言葉が好きだ
 
花鳥は生きとし生けるものに感謝の思いを深くし
風月は宇宙のすべての自然に畏敬の念を持って接する心
まさに日本人らしい宇宙を含めての大自然を愛でる言葉が
花鳥風月だと思う
 
以前から
春は花を見ながら
初夏は鳥の声を聞きながら
時には風の移ろいに季節を感じながら
秋や冬には月を眺めながら
勝手に自分流花鳥風月という理由を付けて
自然と酒を楽しんできた
 
桜の季節
東京からお客さんが来たので
久しぶりに平和台へ
春本番を告げる
ソメイヨシノがもう満開だった
東京の方も一足早い花見に満足そう・・・・
IMG_9723IMG_9725 
桜の花は日本人にとって
シンボルといって良い花だ
散って行くはかなさと潔さが
日本人の心を打つからだろう
新渡戸稲造は武士道の本の冒頭に
武士道とは日本の象徴たる桜の花のようなものと書いている
 
 
花見の時期、私の好きな桜の歌を少しご紹介
 
世の中に絶えて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし (古今和歌集)
 
願わくは花のしたにて春死なん そのきさらずの望月のころ (西行)
 
散る桜 残る桜も 散る桜  (神風特攻隊)
 
特に最後の歌にはジンとくる
特攻隊の命のはかなさと潔さの精神が心に響く
 
こんな歌を噛みしめながら今年の花見酒を楽しみたい
周りからも花見の案内が届きだした
お酒は・・・・?
IMG_9182
もちろん花見には桜が名前に入っている出羽桜で決まり!