大分県立美術館、異例の成功

大分県立美術館(OPAM)が
2015年3月に大分市にオープンした
地方での美術館の来館が低迷する中
この地方美術館は1年間で64万人と言う異例の来場者記録を打ち立てた
IMG_5544 
日本を代表する建築家でもありプリツカー賞を受賞した
坂茂(ばんしげる)が設計したことでも知られている
1Fの展示室は3方をアトリウムで囲まれ
アトリウムを通して外部とつながる空間となっている
 IMG_5549
IMG_5554
オリジナルグッズを販売している周りには
オランダのデザイナー マルセル・ワンダースの
大きなバルーンが置かれている
1Fと2Fにはカフェがあり
誰でもゆっくり休息できるようにできている
IMG_5548
2Fは文化ホールやホテルと繋ぐ通路があり
ホテル、文化施設、などと連携してにぎわいを創出することができる
 
3Fには竹工芸をモチーフにした天井に
穴をあけ光が差し込むようになっていて開放的な雰囲気
 IMG_5550
この美術館は2015年JIA日本建築大賞を受賞した
 IMG_5556
この美術館が成功した外部要因は
JR大分シティの成功も大きい
2015年5月にオープンして
初年度の目標は来場者1100万人、売上高200億円だったが
来場者は2420万人、と2倍以上の集客
年間売上も 224億円と大きく上回った
私も大分駅に降りて
これほどまでに駅の印象が一変するのかとびっくりした
250を超すテナント、100以上の県外出店
屋上庭園やホテル、温泉と複合施設で
一挙に大分のランドマーク的存在の施設となった感がある
大分にはこんなに人がいたのかと思ったほどだ
 
この施設と徒歩圏内に立地するのがOPAMだ
2つの施設の成功で互いに相乗効果を発揮したとも言えるだろう
2つの施設を結ぶ商店街も含めて大きな効果となっている
地方都市における地域活性化の大きな見本となるだろう