しみず(宮崎市)

ゼネコンで世界を飛び回っていた清水さんが

会社を辞め、奥さんの実家である宮崎で蕎麦屋を始めた

それからすでに30年余りが経つ

いつしかしみずの蕎麦は

宮崎どころか九州でも評判となり

全国からのお客さんのファンも増え

空港から電話をされ直行される方もいらっしゃるほどだ

しかしご主人の清水さんは

あくまでも自分のペースで蕎麦を打っている

年も取っているので体をいたわりながらやっていると笑いながら言われる

その分休日も増え、夜の営業も3日だけになっているのも仕方がない事だ

さて予約をして夜にお邪魔した

蕎麦味噌

わさびとろろ

日本酒は刈穂の百田

合鴨の焼き鳥

香ばしく山椒を振ると旨さが倍加する

蕎麦汁

この海苔が磯の香りが素晴らしく堪能した

御前酒のお燗に切り替え

天婦羅を頼む

冬はやっぱりお燗が最高だと思う

蕎麦がき

この端正さは出色である

最後は浦霞のお燗にしてもらい

最後は二八のせいろ

蕎麦の香りをかみしめて最後の浦霞の一杯で〆

清水さんとはかれこれ25年ぐらいのお付き合いをさせていただいている

大吟醸を楽しむ会では20回まで蔵元のために蕎麦を打っていただいた

本当に有難いことだと思う

来年も良い年を迎えてくださいと

ご主人の清水さんにご挨拶して店を出た

夜空には満点の星が・・・

今年は静かな年の暮れだ

 

 

滋味度  ★★★★☆+