服部克久メモリアルコンサート

服部克久さんが亡くなったのが2020年6月11日

先日東京で行われた一年忌には

コロナ禍もあり残念だが行くことはできなかった

私にとって服部さんは音楽の自然食の大切さを教えてくれた人生の師でもあった

 

さて都城文化ホールで6月13日

服部克久メモリアルコンサートが開催されたのでお邪魔してきた

久しぶりに会うコンサートスタッフは

元気そうで懐かしい

娘さんの服部奈緒さんも来られていて

色々お話をしたが

コロナカ禍が落ち着いたら服部さんが喜ぶような

コンサートをやりたいと言われていた

会場にはメモリアルの写真などが飾られて

懐かしい

さてオープニングは

虹の彼方に(オーバー・ザ・レインボー)

虹の彼方に行ってしまった服部さんへのメッセージだ

そして音楽畑メドレー

特にル・ローヌは私の大好きな曲だ

気品がありおしゃれ感がある

 

服部さんは生涯6万曲の楽曲、編曲を創ったと言われている

しかも45年間も日本作曲編曲家協会の会長をされていた方でもある

歌の曲は父の服部良一氏には到底かなわないと考えて

イージーリスニングの曲作りを目指すようになった

そして音楽の自然食をキーワードにした音楽畑が出来上がったのだという

次に服部良一氏の曲を大橋順子が歌い会場を盛り上げ

最後は服部さんの代表曲ともいえる「自由の大地」を

サックスバージョンと

最後は大橋純子の歌も入れて、スケール感のあるダイナミックな仕上がりに

エンディングは再度虹に彼方へを編曲して挿入し

粋な演出になっていた

 

今日は服部さんも天国で喜んでいらっしゃるだろう!

この模様は後日MRTで放送される