初夏の燗酒会

初夏の燗酒会が宮崎観光ホテルで

513日にディアマンルージュで開催された

主催はしゅみの会の松下さん

 

全国から8蔵元が集まった

まずは川西屋の露木雅一さんから挨拶

20年ほど前、大吟醸を楽しむ会に神奈川県代表として

故小川原専務のかばん持ちで宮崎に来た

それ以来、毎年燗酒の会に参加している

お燗の魅力を宮崎の方々に広げていただいている

松下さんに感謝をしている

私としてはお燗の文化を世界に広めていきたい

 

注目のお酒は

金の井酒造の三浦さんが

故小川原センムにインスパイヤーされて醸したという

創業100周年の限定大吟醸 千日酒

センムのひこ孫は3年熟成だから、違う形で表現したい

考えて1000日だと面白いのではないかと考えた

冷蔵でじっくり保管し千日の眠りから目覚めた大吟醸

透明感のあるふくよかな大吟醸に仕上がっている

素晴らしい!!

 __

向井酒造の向井会長

伊根満開が絶好調で品物が足りない

北欧、イタリア、アメリカ、シンガポールから

注文が増えている

赤米で醸したロゼ的な感覚がとても評判だそうだ

神亀の小川原社長はオレンジのラベルを造った

みんながジャイアンツボトルと呼んでいる

諏訪泉の東田社長

ここの満点星は大好きな味

 _

露木さんは

良いお酒は一度60℃に上げて

それから自分の好きな温度帯でさまして飲むと

膨らみがあり、キレもある、心がほぐれていくような味わいとなる

地元の若水と言う酒米作りにも取り組みながら

地元ならではの酒造りにも取り組んでいきたい

 _

つまみにはねこやさん自身が引いた刺身も出てきて

美味い燗酒と料理の会となった