東京都庭園美術館(目黒)

目黒の東京都庭園美術館に

アールデコのシンボルと言ってよい建物がある

これは1933年5月、朝香宮ご夫妻によって建てられたもの

フランス人芸術家アンリ・ラパン氏に

主要な部屋の設計を依頼するなど

当時フランスで全盛期であったアールデコの様式を取り入れ、

日本古来の高度な職人技も随所に発揮された歴史的建造物

1947年から1954年は政府が借り上げ

吉田外相、首相公邸として使用された

1955年から1974年は

白金迎賓館として使用された

1983年東京都庭園美術館として開園

2016年からしばらくリニューアルのために閉館していたが

2018年に総合開館した

今日は久しぶりの庭園美術館だ

本館に入ると玄関にはルネ・ラリックのガラスレリーフの扉

が幻想的で美しい

次の間にはアンリ・ラパンが製作したシンボルともいえる噴水塔

新館の庭ではエドアール・サンドの座る豹が迎えてくれる

庭も広々として気持ち良い

大自然の豊かさを感じながら

唯一無二のアールデコの建築を楽しむことができる