北九州市の海外水ビジネス

世界はこのままで行くと食料と水が不足する
新興国の多いアジアではこれが顕著になっていく
この事は多くの人の共通認識であろう
 
水ビジネスに関しては日本は独特のシステムだ
一つ一つの技術は世界最先端なのだが
総合管理は行政、そして細部の技術やシステムが民間という
日本独特の形が海外に総合的に水ビジネスを
展開できない弱点として指摘されてきた面があった
 
世界の長期的な水ビジネスの成長を
どうやって日本が獲得し地域の活性化にどうつなげていくかが
大きな問題となっていた
その矢先である
 
2011年3月北九州市水道局は大きな歓声を上げた
国際協力機構を通じて
カンボジアのシェムリアップ市の浄水場の技術支援
基本設計、需要予測、配水管の整備計画などを1400万で受注
国内の自治体としては初の快挙となった
驚いたのは国内の関連企業だ
今までは水道技術の海外支援は原則無償の国際協力だったからだ
 
なぜ北九州市はこのようなことを成し遂げられたのか?
理由は3つの点が大きい
 
①、新日本製鉄などの企業の立地で産業都市として発展する中で
  様々な大気汚染、水質汚濁などの公害に悩まされてきたが
  1960年ごろから官民と市民が一体となって環境再生を果たした
  貴重な経験を持つ
  アジアの新興国にとってはまさによき見本なのだ
 
②、国際的な技術協力
  上下水道分野に12か国延べ126名
  海外からの研修生受け入れ 120か国 2500名の実績
 
③、アジアの実績、カンボジア・プノンペンの実績
  深刻な漏水、水の盗難に悩んでいたプノンペン水道公社に対して
  配管網をブロック分けし管理するシステムを提案
  漏水、盗水率は8%と10年前の72%から劇的に改善した
  カンボジアでは水道管理は北九州とまで言われるようになった
 
北九州市の意欲は昨年から加速度を増してきている
2010年8月北九州市海外水ビジネス推進協議会を設立
発足時は57社だったが2011年5月末には102社に達した
世界の水需要の増大に伴い、民間企業の水の海外ビジネスにかける期待の大きさが現れている
全国で初めて公民が一体となって水事業を推進できる体制を作った
そして2011年4月ウォータープラザ北九州が4月に本格稼働
省エネ型水循環システムのデモプラントなどアジア、中東にとっては
垂涎のシステムでもある
そして北九州市は中国大連・昆明、サウジアラビア、ベトナム・ハイフォン市において
継続して水事業の様々な技術協力を行っていく
 
私は水の総合プロデューサの不在が
日本の水ビジネスの大きな課題だと指摘してきた
水の総合管理機能を持つ地方都市である北九州市が
そんな中、成功事例をもたらした
このことはとてつもなく大きい
 
日本の地方都市が水の総合プロデューサーとして
世界最先端の水ビジネスを総合的に輸出し確固たる地位を獲得する
このことは世界の環境循環社会を目指す中で日本のシンボル的な事業になる
それだけではない
まさしく日本の地域の活性化の大きな事業になることは間違いがない
 
 
 
 
 
 

養生訓と老子

養生訓は今から300年前1713年に貝原益軒が書いた書物だが
日本の風土や日本人気質に適応したものだ
そして実践した自分自身の生き方も加えて書いているの
でいつの時代でも通じるものがある
しかも善を日頃から積むことが大事とも書いてある
彼はこの書物を84歳で書き、翌年の85歳に亡くなったのである
まさしく貝原益軒の長寿を実践した人生の集大成の書物だった
 
養生とは字のごとく 生きるを養うことだと益軒は説く
その根底には老子の教えがある
老子とは今から約2300年前の中国の思想家である
中心となる考え方は 『 無為自然 』
自然の大いなる力に身をゆだねなさい
あるがままに生きなさい
ということだろう
 
もちろん養生訓にも老子の言葉が出てくる
『 天の命は我にあり、天にあらず 』
人の命は天からと父母の授かりものだが
命が長い、短いは自分の責任だ
これは人の業であって天のなすものではない
 
さて養生訓で一番知られている言葉は腹八分だが
私は養生訓の才一の教えが印象を強く受けた
その教えとは
自分の体を損なうものを除去することである
体を損なうものとは内から生ずる欲望であり外からやってくる邪気であると・・・・
 
内なる欲望と外なる邪気
 
内なる欲望
1、食欲
2、色欲
3、眠る欲
4、しゃべる欲
そして七情の欲(喜び、怒り、憂い、思い、悲しみ、恐れ、驚き)
 
外なる邪気
天の四季(風、寒、暑、湿)
 
この欲望をこらえて少なくし、邪気を防ぐことができれば
絶えず健康で元気で天寿をまっとうすることができると説いている
なかなか言うはたやすく行いは難しだが
あの時代これらのことを実践して
85歳まで生きた貝原益軒の実践書であるだけに現代でも通じるものがあると思う
 
すべてが不安だらけの時代である
だからこそ健康が大事なのだ・・・・
健康とは水みたいなもので
失くした人でなければ本当の有難味はわからない
 
混沌の時代、自然に感謝しながら、世のためを思い
4欲7情を抑えて自分の体を損なうものを除外する
肝に銘じて生きて行きたいものである
 
 
 

山田洋次監督50周年in日向

山田洋次監督生活の50周年を記念しての
映画上映会が日向市文化交流センターで10月22~23日開催された
50周年で上映会を開くのは全国で日向市だけだと言う
 
22日は地元の中学生を招待しての学校Ⅳの上映会
学校Ⅳは2000年に日向市でロケをした作品
日向は4日間のロケだったが
婦人会などの献身的なお世話が山田監督を
今までこれだけ良い環境の中で撮ることはなかったと言わしめたほど
印象的な地であったようだ
これがきっかけとなり地元に山田会も発足し
監督と日向市との結びつきが深くなってくる
22日には大御神社の夜神楽を見物されたようだ
 
さて23日3本の映画が上映され山田洋次監督と倍賞千恵子さんの
舞台挨拶も行われた
遥かなる山の呼び声 1980年
男はつらいよ(柴又旅情)吉永小百合 1972年
学校Ⅳ  2000年
3本とも家族がテーマ
未曽有の大震災を経た日本人が今見ると
思わず笑って少し明るくなり、希望の持てる、
身につまされる映画ではないかと思うと監督は言う
 
特に印象的な映画は遥かなる山の呼び声だった
1987年幸せの黄色いハンカチが大ヒット
作品は第一回日本アカデミー賞を総なめにしたが
ラストシーンの黄色いハンカチが
北海道らしい青空に力強くはためくシーンを撮るために
何日も天気待ちの状態が続いた
その中でスタッフの雑談の中から
構想としてこの映画のアイデアが湧いてきたのだと言う
 
黄色いハンカチコンビの高倉健と倍賞千恵子
若々しく礼儀正しい高倉健、初々しい倍賞千恵子
そして子供役の吉岡秀隆
今見ても子供役からの吉岡の演技が光っている
今から31年前の作品だが古さを感じさせるどころではなく
ジーンと心に訴えかける作品だ
北海道の酪農農家に未亡人となって一人で働く家に
一人の男性が働かせてくれと言って納屋に泊まる
様々な体験を経て男は家族との信頼関係が出てくる
殺人犯だとわかった時の驚愕
連行される列車でのハンカチを渡すラストシーンにはジーンとくる
 
酪農農家の牛小屋の掃除、牛乳絞りなど
酪農農家の勉強から始まって厳しいけれど楽しい体験だったと
倍賞千恵子さん
家族のきずなを元に畜産業の厳しさ
人生のせつなさ、優しさ、そして信頼感などを豊かに表現している秀作だ
 
さて柴又旅情には隠されたエピソードがある
吉永小百合さんはこの映画を撮り終わりしばらくして
山田監督に報告に来たと言う
渥美さんと共演して結婚することを決心しましたと
 
日向市の黒木市長からは山田監督には
耳川流域の杉で作られた監督専用のデレクターズチェアが贈呈された
 
50周年での記念作東京家族がクランクインの直前に
東日本大震災が起き大変悩まれた山田監督
東京家族は最終的に山田監督の判断で来年に延期されたが
ぜひこのデレクターズチェアで『東京家族』を撮っていただきたいものだ
 
 

フクトミファームガーデン・アヤ

宮崎市から車で約30分ほど山側のほうに走ると
そこが照葉樹林と有機農業で有名な綾町だ
街の中心地のほんものセンターで有機野菜を買うのも楽しいものだが
あと一つ新しい楽しみ方が増えた
ほんものセンターから綾川荘に向かう途中に
おしゃれなスウィーツのお店ができた

IMG_5150.JPG

IMG_5139.JPG
農家の方が自分の農地にスウィーツのお店をだしたのだ
田園風景に良く溶け込んでいる新しさと全体のデザインも素敵だ
名前はフクトミファームガーデン・アヤ
IMG_5149.JPG 
今注目のお店と言ってもいいだろう
ここのお店の特徴は米粉を使ったお菓子、パン類が充実していること
1番人気は玄米ロール、
玄米シュークリーム、そしてモンブラン等も人気だそうだ
IMG_5146.JPG
さて今日は玄米ロールとチョコレートケーキ、そして玄米プリン
お店の中には小さいながらもカフェコーナーがある
外にはウッドデッキもありお天気が良いと
こちらのほうが綾の空気を感じられて気持ち良いだろう
 
接客の女性たちの対応も丁寧で感じが良い
玄米ロールの味はさっぱりとして米粉のもちもち感もあり私好みの味だ
チョコレートケーキはさっぱり感がありすぎて逆に物足りない
玄米プリンは普通
4月27日にオープンというまだフレッシュなお店だ
まだ若い社長さんだが
農業をされているだけに自分で収穫したお米も売っている
自分でお米を作ってその米粉でお菓子やパンを作り販売する

まさに小さな農業の六次化のチャレンジであり地域活性化の試みだ


紅葉の時期、綾に出かける時にはこのお店もお忘れなく・・・・・
 
 
米粉度  ★★★
 
フクトミファームガーデン・アヤ
〒 880-1302
綾町大字北俣1423-2
0985-77ー1313
10:00~18:00 (木曜休み)
 

マイケル・サンデル教授の警告

講義はこんなにも面白いものなんだと認識させたのが
ハーバード大学マイケルサンデル教授の対話型の講義だ
テーマを説明し、現実的かつ時代に合ったタイムリーな質問を投げかけ
いろんな意見を引き出しながら
冷静に判断しながら様々な哲学者の考え方を説明し
次のステップに進んでいく
そのプロセスがとても興味深くスリリングでもある
ドラマチックな構成
そして身近な道徳のジレンマ・・・・・
これが正しいと言わない『考えさせる講義』だ
 
彼は発言する人を次のように選択すると言う
最初からずっと手をあげている人
あるいは質問を言った瞬間にあげる人には指名をしないそうだ
少し考えそして遅れて手を挙げる人
この人の意見こそが講義を構成させ充実させる元になっているのだと言う
 
最高の教育とは自分がいかに考えるかを学ぶこと  (マイケル・サンデル)
 
さて10月12日
韓国のソウルで世界知識フォーラムが開催された
そのなかでマイケルサンデル教授は講演を行ったが
タイトルは
 
 『 正義、金、そして市場 』 ~何が公正な社会か~
 
ここ30年ほどの間、市場主義と功利主義が哲学として
受け入れられてきたが
金融危機を機に市場主義に対する根本的な疑問が大きく
提起されている
 
利益は私有化され損失は共有化された
今回のアメリカのデモは
アメリカの金融界は収益は経営者と従業員がすべて取り
損失が出ると政府が救済すると言う
政府の危機対応方式に多くの庶民が怒りそして挫折したと言うことだ
不平等が深刻になっている危機感を表している
 
世の中にはお金で買えないものもある
今までの市場至上主義はすべてのものにインセンティブと価格換算を
適用するものだ
世の中にはお金で買えない価値があると言うことも認識しなければならないし
お金で買えてもしてはいけないものを議論する必要がある
特に教育、健康、環境、人権
の4つの分野はどんな役割を果たすべきか改めて考えるべきだ
 
混合資本主義の時代に・・・・
資本主義は1つの形ではなく国ごとにアレンジが必要だ
私たちが生活を向上させるために最も良いシステムが何かを
悩まなければならない
新しい資本主義は社会保護を含む混合資本主義にならなけらなならない
 
マイケルサンデル教授の講演は
まさに今の資本主義に対する大きな問題提起だ
 
とても共感が持てるし、その通りだと考える
アメリカの資本主義が複雑な金融商品を開発し
しかもそれがすべての分野にわたって行われてきた
デリバティブ取引が拡大し、その結果がリーマンショックを起こし
各国の経済政策では間に合わず
いよいよ世界金融危機の瀬戸際まで来ているのだ
今こそ我々は再度、公共性、倫理性を考え
未来の世界を見据えて
マネーで犯してはならない領域を明確にしていかなければならないのではないだろうか!
 
 

被災者を励まし続けるある詩集

昨年自費出版された詩集 『くじけないで』 が、
人々の心に癒しと感動を与え続けている
その人は宇都宮に住む詩人 柴田トヨさんである
10月4日には100歳になられ、介護を受けているがまだまだ元気だ
 
トヨさんの詩は被災した人々の心を大きく包み込む豊かさがある
それだけではない
限りなく優しく、未来に向けて頑張ろうと言う気にさせる
いつの間にか感動の輪は全国に広がり
150万部を超えるベストセラーになりまだまだ売れ続けている
 
被災後の3月に新聞に投稿された詩を紹介したい
 
~不幸の津波には負けないで~
 
最愛の人を失い
 
大切なものを流され
 
あなたの悲しみは計り知れません
 
お願いです
 
あなたの心だけは流されないで
 
不幸の津波には負けないで
 
 
雨が地面に吸い込まれるように言葉一つ一つが
心に浸み込んで行く
そして心が次第に元気づいていく感覚だ
私の好きな詩を2つ紹介したい
 
~くじけないで~
 
ねえ 不幸だなんて
 
ため息をつかないで
 
日差しやそよ風は
 
えこひいきしない
 
平等に夢は見られるのよ
 
私 辛いことが
 
あったけど
 
生きてきてよかった
 
あなたもくじけずに・・・・・・
 
 
 
~貯金~
 
私ね
 
人から優しさを貰ったら
 
心に貯金をしておくの
 
さびしくなった時は
 
それを引き出して元気になる
 
あなたも今から積んでおきなさい
 
年金よりいいわよ
 
 
この詩集の中に
さあ 顔をあげて 空を見ましょう
という一文がある
日本人皆に呼びかけているようでとても勇気が出る!
 
 
 

乳岩亭(宮崎・清武)

おばちゃんたちが仲良くやっている蕎麦屋が清武にある
完全予約制と言いながら今から行くけどいいですかと
連絡すれば気軽に対応してくれる
 
清武の役場から丸目の山のほうへ田園地帯を
数分ドライブして乳岩神社の近くに見えてくるのが乳岩亭だ
ご主人の日高さんはお店には出ないでもっぱら蕎麦打ち
脱サラで始めたここの蕎麦は評判の味となり
遠方のお客さんも多い
太い田舎蕎麦ではなくきりっと洗練された蕎麦だ
汁も少し辛めで私好みの味だ
このお店を教えて行かれた蔵元さんは
ざる蕎麦を3杯お替りしたと笑っておっしゃっていた
IMG_4694.JPG 
蕎麦もうまいがここの山菜天ぷらを食べてほしい
近くの山で採れた山菜を日替わりでそば粉をつけて天麩羅にするのがミソだ
IMG_4697.JPG
今日の山菜は
葛の葉、西洋タラの芽、よもぎ、カボチャ、セリと人参のかき揚げ
口いっぱいに拡がる独特の芳香とサクサクとした食感が健康的だ
 
ご主人と奥さんが立派なところは
収入から原価を引いて利益は働いた人で平等に分けると言うこと
経営者として考えてもなかなかできることではない
立派だと思う
どおりでおばちゃんたちの笑顔もひときわ良いはずだ
 
昔はなかったが最近庭にお乳みたいなこんもりとした小山ができたが
これは私の趣味とは合わない
 
田園風景とおばちゃんたちの笑顔
そして洗練された蕎麦と山菜の天ぷら
宮崎郊外の蕎麦の隠れた名店である
 
 
田園度  ★★★☆
 
乳岩亭
清武町今泉乙2598-3
0985-85-3461
11:00~14:30(月曜休み)
 

SNS発デモの嵐から見える危機

世界中で若者を中心にデモが多発している。

SNSから始まった〝アラブの春〟は一挙に勢力とパワーを増し
あっという間に政治体制をも変えてしまった。

イギリスでは夏に若者中心に街中でデモが発生、暴動までに発展。
キャメロン首相は夏休みを切り上げ、早々に帰国するなど
歴史的にも大規模なデモとなった。

ユーロ圏でもイタリア、スペイン、フランスなど各地で多発している。
そして10月に入りアメリカでもウォール街のデモを発端として
10月8日には全米900以上の都市へと拡大した。
要求は、職、緊縮財政への不満、富の再分配、等々
世界中の若者の間でこれらがSNSというツールで繋がり一挙に
拡大したのだ。
草の根、情報発信のメディアとしては1番強力なメディアとなったのである

それだけSNSの力は急激に驚異となった。
デモ多発は世界中の国々で行っている経済政策が機能していない
ことを表している。
紙幣印刷だけでは景気はよくならず職にも就けない。
にもかかわらずアメリカ、ユーロ圏は相変わらず先送りの政策ばかりだ。

ユーロ圏だが、実態として、もはやギリシャは既に破綻している。
ギリシャを切り離すか自主離脱しか道はないと個人的には思っている
その次の危機に進まぬためにEU各国、ECBがどう動くかが今問題なのだ。
ドイツ、フランスのCDSが急上昇しているのも気がかりだ
EUの不平等は各国が同じ権利を持つことだ
通常だとGDPの比率などが考えられるのだろうが、今その不平等性も
問われているのだと思う

さて、アメリカはどうだろうか?
国も州も財政の内情は火の車。債務上限法案を可決したところで
焼け石に水。 これも先送りに過ぎないのだ。
アメリカ政府はドルを暴落させ国の借金を合法的に減らしていくという
誘惑に勝てないのではないかという気さえしてしまう。
そんな見方ができるほどアメリカの実態経済は悪い。

世界最大の債権ファンド、ピムコのビル・グロース氏は
冷静な見方をしている。
汚れたシャツの中でも、まだましなカナダ、オーストラリア、メキシコの
シャツを選んだ方が良いと・・・

デリバティブの過剰取引が2007年のサブプライム危機を興し
2008年のリーマンショックを生んだ。

それで終わりではなかった。 ドルの下落が始まり、アメリカ国債の
引き下げ、欧州ではギリシャ危機からユーロ全体の危機となり
イタリア国債も引き下げられデクシアの銀行解体もはじまった。

今週行われるG20は、どういう結論を導き出すのだろう・・・?

世界は、もう恐慌に入ったと肌で感じている。
個人はリスクの最小化に備えるべき時期にきたように思う。

我々は電話を再発明する(スティーブ・ジョブズ)

IT王国という国が全世界にあるとしたならば、その国で彼は

大統領をも超越するカリスマ的存在だった。 

そんな唯一無二の存在、ジョブズ氏。 
その大きな星が2011年10月5日ついに消えてしまった。
ジョブズ氏はオレゴン州リード大学に入学するが、家庭の貧しさで
半年で退学。
様々なアルバイト、インド放浪をする。またこの頃、日本の禅にも
大変興味を示していた。

そして1976年20歳で、実家の倉庫で友人達とアップルを創業した。
ジョブズ氏も普通の若者であり、悩み苦しみぬいて創業していった
ことも忘れてはならない。

既成概念をことごとく破るマックの製品づくりがスタート。
世界で初めてマウスで操作するパソコン。
システム自体の斬新さ、知的でクールなデザイン。
時にクリエイター、デザイナーで大評判となり一気にシェアを
伸ばすが、1985年経営陣との対立でアップルを去ることになる。

そして1997年アップルが危機的状況に陥ったとき、
最後の切り札としてジョブズ氏が復帰する。

iチューンの音楽配信サービスで、ポケットに音楽を、という新しい
ライフスタイルを発表し、全世界の支持を得た。
2004年にすい臓がんの手術を受けてからはジョブズ氏の
発明魂が加速していく。

そして『我々は電話を再発明する』として発表したi-phoneは、
今までの携帯キャリアが予想もしなかった独創的なタッチパネル方式で
世界を驚愕させ、消費者に熱狂的な支持が一気に全世界に拡がっていく。
亡くなった翌日、i-phone4sが発表されたが、市場では5では
なかったことにがっかりしたメディアが多かった。

ジョブズ氏は死の直前にパソコンはなくなり、
すべてはスマートフォンの時代になると言っていた。
もう彼の頭には将来のイメージした製品が明確にできあがって
いたはずだ。

次のi-phone5はカリスマジョブズの意志を受け継ぎ、どのような
革新性とサプライズをもたらしてくれるのだろうか?
それはマックユーザーのみならず一般の我々にとっても期待が
大きいだけに楽しみでもあり、不安でもある。

2005年スティーブ・ジョブズ氏がスタンフォード大学で
講演した一文がとても印象に残っている。

『死は生の最高の発明だ。
 新しさを作るために、古きよきものは消えるのだ』

感動を夢をありがとう。
安らかにおやすみください・・・。

葉っぱで地域活性

マスコミで一時大きな話題にもなったし
本にもなったぐらいなのでご存知の方も多いだろう
農山村の地域活性
今日はその中心人物を深く取り上げてみたい
 
葉っぱで地域おこし
葉っぱビジネスで山村の活性化に成功したところがある
その活性化の成功の裏には
あくなき情熱と想いを持った人がいた
 
徳島県上勝町
山林が面積の85%以上を占める
人口は平成23年で1911人
60才以上の方々の比率が58%を占める
日本の典型的な中山間地域であり過疎地である
 
代表的な産業は林業、棚田、みかん栽培
それが長く営まれてきたが昭和56年の大寒波で
みかんが壊滅的な被害が出る
横石知二さんは徳島県農業大学校を出て
地元の農業協働組合に営農指導員として働いていた
その頃の地元農民の感覚は田舎はいつも負け組というものだった
人を批判することが日常茶飯事
最初からあきらめている
女性の出番が少ない環境
時間に対しての感覚のなさ
悪い慣習から脱却して新産業を構築しないと・・・・・
横石さんはどうにかしなくてはという情熱と想いだけは強かった
 
そんなある日
大阪の寿司屋で若い女性が
葉っぱを見て感動して大切に持って帰ったのである
これを見て横石さんのスイッチが入った
葉っぱが日本料理のつまものとしての可能性・・・
これだったら上勝町でもやれる
 
早速地元に帰り声をかけてみた
狸じゃあるまいし葉っぱが金になるなんて・・・・・
等非難ごうごう
こんなもの売るのは嫌だ、こんなもの売れない・・・・
そんな中を説得し4人でスタートした
 
横石さんは京都や都会の日本料理屋などを自費で通った
その現場で大きなヒントが見つかっていく
葉っぱの素材についてのポイント
何が求められているのか
万葉のいわれ
料理人の立場を理解する
調理の現場を見続けたことが劇的な成功へとつながっていく
 
実際に地元に料理人に来てもらい研修を行ったことも大きかった
葉っぱの日本料理での使われ方
葉っぱの商品のいわれ、価値など
たとえば南天は厄払い、松葉は不老長寿、うらじろは夫婦円満など・・・・・・
村のおばちゃんたちは自分の村のどこでもはえている葉っぱの
本当の商品の価値を知り
経験したことのない驚きと凄い発見に
やってみようかの動機付けになったのである
 
徐々に販売が軌道に乗り1991年に第三セクターで(株)いろどりを設立
横石さんたちはパンフを持って全国の市場に売り込み
夜はお店、朝は市場の日々だった
この努力が徐々に実を結び
マスコミに取り上げられ外国にも紹介されてことで
一挙に関心が高まり収入も上がり生産者は急増していく
 
葉っぱビジネスは軽い、きれい、根気の
高齢者には最適の作業
しかも航空輸送にも最適品
 
上勝町のいろどり農業は今では320種の葉っぱが生産されている
生産者は200人を超えている
そして今やICTを駆使しての取り組みを行っている
短納期、即日発送
多品種、少量生産、個選個送だ
しかも各人の売上ランキングが毎日わかる
高齢者の人たちが頭を使って個人が競う
まさしく産業福祉が実現している
つまもののシェアは全国の8割と圧倒的な数字である
 
ある料理人は言う
器は着物、引き立たせているアクセサリーがつまものだと
 
現在(株)いろどりの社長の横石知二さんは
高齢者の方々が
まだできる限界にチャレンジする勇気と行動が大事だと・・・・
地元では80才以上でも元気に働いていると
 
一人の人間の情熱と想いからこの地域は蘇り活性化したのだ
山村の資源で新たな基幹産業を創り、
住民に誇りと自信そして笑顔と元気を与えた葉っぱビジネスは
日本の原点をも考えさせられるよき成功例だ