宮崎キャビア×奥田シェフ

宮崎キャビアの生産が需要に追い付かないようだ
宮崎キャビアは1983年に研究を開始した
30年間研究を重ね
世界に誇れる本物の味 ジャパンキャビア が完成した
 
多くの輸入キャビアが保存期間を長くするために行っている
低温殺菌、高塩分処理を宮崎キャビアは行わない
フレッシュキャビアを岩塩のみの薄い味付けで
熟成させることでキャビア本来の深さを実感できる
IMG_9650 
さて今回は宮崎キャビア事業協同組合のご協力で
奥田シェフによる宮崎キャビアの料理開発が実現した
 
東京銀座1丁目の奥田政行シェフのお店
ヤマガタサンダンデロで宮崎キャビアを使用した料理を
作ってもらうことに・・・・
キャビアの感想はと奥田シェフにたずねると
プチプチした食感がとても良い
 
まずはキャビアとチョウザメの親子カッペリーニ
チョウサメの身の淡白さと熟成キャビアの味が程よく調和
見た目も上品だ
_TSU0280 
 
次はホタテのキャビア包のラビオリとセロリ
 _TSU0300
 
アワビと長いものタルタルにキャビアを添えて
スプーンで表れた料理は見た目で感動
 _TSU0315
 
スズキのソテーにキャビアソース
 _TSU0354
 
佐土原茄子とキャビア
佐土原茄子が世界一と言われる奥田シェフの宮崎食材理想の取り合わせ
まさにシンプルイズベストの素晴らしいアイテム
 _TSU0428 のコピー 2
 
奥田シェフはキャビアのメニューレシピをたくさん開発するとおっしゃっていた
その言葉通り
出来上がった料理メニューには
カメラマンも感心しきりの素晴らしさ
 
奥田シェフはキャビアは一粒の宝石だと話されている
今は生産が追い付かないが、2,3年で生産も順調に拡大していく
その時に宮崎キャビアのブランドをどう確立しているかが
流通拡大のカギになる
 
奥田シェフには今後も
宮崎キャビアのブランド化に
これからもご尽力いただければ幸いである
 

ぼんじょる農園

宮崎市の生目の杜運動公園の近くで
有機のイタリア野菜を作って評判になっているところがあると言うので
早速連絡して出かけて行った
IMG_9644 
農業生産法人(株)宮崎アグリアートの松本嗣夫(つぐお)さんに
お話を伺った
平成3年に体調を崩し長期入院した
入院中にドクターや患者さんの話から
食の安全を考えるようになった
主食となる安全なお米を通して労働の汗を流すことにより
健康を取り戻そうと考え、異業種からの農業への転身を図った
最初は農家の方々から失笑されるほど
雑草ばかりの田んぼだったが
年を重ねるごとに雑草も少なくなり、雑草抑制の方法も自己流で身についた
まさしく実践で有機農法を創り上げた
 
松本さんは現代の農業に危機感を感じている
見た目の良さや多収を優先し
環境破壊につながる化学農薬使用が当然の農法は
あらゆる動植物の減少や
土壌汚染に結び付くように思う
自然の生態系は途方もない時間の上に成り立っている
それを人間の都合の良い考え方により、自然は壊れ地球が病んでいく
そのスピードが加速しているように感じると・・・・
 
お話を聞き目から鱗だった
宮崎市で23年間有機で頑張っている人がいたことが驚きだった
 
有機だとまず土が元気になり微生物が増えていく
それは木村さんの奇跡のリンゴの本でもそうだし
都城の紅梅園の徳重さんの梅園も
五ヶ瀬の宮崎茶房の茶畑も実際そうだ
しかもそこには昔懐かしい原風景があるのも有機の特徴の一つである
 
異常気象は地球をいじめてきた罰が今下されている
という人たちも多い
そんな時代だからこそ、松本さんは有機にこだわり
地球を農業で自分なりに守ろうと努力をされている
今では中国をはじめアジアへの農業指導は年で10数回ほどの多さ
半年は外国だと話されていた
IMG_9647 
息子さんの松本慎一郎氏は9年前に宮崎に帰ってきた
音楽をやっていただけに
印刷物のセンスも素晴らしい
農業をやることも
音楽と農業は通じるものがあるので違和感はなかったと
頼もしい発言
こんな若い後継者がいることが宮崎の農業の将来の希望になる
 
さてアグリアートのぼんじょる農園ではイタリア野菜を栽培している
この彩豊かなイタリア野菜の数々
いんげんも黄色や紫がある
イエローキャロットが珍しい
ミラノ大根は今年一番の出来かもとおっしゃっていた
 IMG_9657
松本さんの農業生産法人のテーマは
人に愛、自然に愛、ふるさとに愛
いつも学校や農園に来ていただいた方々に資料を渡して
講演や勉強会を行っていらっしゃる
久しぶりにとても勉強になるお話をお伺いした
 
100年前は誰も農薬を使わず自然に農業ができていた
そのことを再度深く考える時なのかもしれない
これからもますます親子元気で
地球に元気な循環型の有機農業を推進して行ってほしい

ステッサ(宮崎市)

ステッサが新しく生まれ変わって改装オープンした
食文化だけではなく
文化パフォーマンスの発信基地だったステッサだったが
なくなってみると寂しいと感じていた一人だった
 
そのお店はイタリア料理店からピザの店に変身した
評判も良いようで何よりだが
気になっていたのでのぞいてみた
素敵なインテリアだ
ブルーのタイルがセンスを感じさせる
働いている男性軍もイケメン男子ばかり
お客さんはほぼ満員の盛況ぶり!
女性が90%以上
 
今日はランチ1200円のコース
まずは前菜盛り合わせ
大根のマリネがさっぱりして和風の感覚でとても良い
 DSC_0115
メインのピザは
ナポリから輸入したピザ窯で焼き上げる
今日はマルガリータとほうれん草とベーコンのピザ
ピザの生地がとても美味しい
手ずくりだけに焼き上がりの生地のしっとり感ともちもち感が素敵だ
現在の宮崎のピザでは最強クラスだ!
 DSC_0116
DSC_0117
食後のエスプレッソを飲んでいると
陽光まぶしいイタリアの田舎町でくつろいでいるような気分になる
 
このレベルをいつまでも保ってほしいものだ!
 
南イタリア度  ★★★★
 
ステッサ
宮崎市吉村町天神前144-7
0985-60-1085
11:30~14:30
17:30~21:00
(月曜休み)

生くろめ

前から噂に聞いていた生くろめ
絶品だと大分の人も言っていたので
いつか機会があれば食べたかった
 
1月から3月のわずかな季節にしか取れないのだと言う
今年は漁が1月15日に解禁、3月中旬まで続く
なかなか生は手に入らないのだが今回、佐賀関に
御縁のある宮崎の人がいて送っていただいた
 
くろめは大分県佐賀関付近で取れる海藻
豊後水道は潮の流れが速く水質が綺麗
くろめの新芽が伸びる冬に取ると柔らかいので取ったらすぐに1本1本おばちゃんたちが黒い玉石の海岸で棒状に巻いていくのだと言う
 DownloadedFile
食べ方はみじん切りにしておわんに入れてその上から味噌汁をかける
途端に独特の粘りが出てくる
まるでとろろ汁の感じである
圧巻の食感だ
これが生くろめの実力!!
粘りに驚き、独特の風味でまた驚く
オオッと言う驚き!!
磯の香りもして大変美味の海藻である
 
みじん切りにして醤油やごま油やお酒を入れて
混ぜてアツアツのご飯にかけるのも良い
混ぜると黒いくろめが緑色に変わって行くのも見るのも楽しい
 
このくろめ
研究によると
大変な栄養を含んでいると言う
粘着成分のベータグルカンは血圧の降下作用
アルギン酸やフコダインの植物繊維はコレステロールの排出作用と
血糖値の上昇を抑える働きがある
まさに一石2丁の働きをするのがくろめだ
 
年に一度の生くろめ
来年から個人的にも冬恒例の食材にしたい!
ぜひ皆さんにもおすすめの食材です!!
 

生頼範義(おおらいよしのり)展

宮崎市の宮崎アートセンターで
イラストレーションの奇跡ともいえる
生頼範義展が3月23日まで開催している
今日はアートセンターでこのイラスト展を見ることに
忙しい中、責任者の石田達也さんが案内をしていただく
この企画をやろうと思って、彼らスタッフが2年がかりで実現したと言う
生頼範義は1935年兵庫県明石市生まれ
1962年 書籍の装画や挿絵、新聞広告のカット制作などを手掛け始める
1973年 奥さんの実家である宮崎県宮崎市に転居、アトリエを構える
1980年 スターウォーズ 帝国の逆襲 国際版ポスターで世界的に注目を浴びる
2013年11月6日 宮崎県文化賞 芸術部門受賞
私もスターウォーズやゴジラのイラストを描いた人が
宮崎に住んでいるとは聞いていたが、どんな人かはほとんど知らなかった
ファンにとってはプライベートはベールに包まれた人だけに
全国から展示会の問い合わせが相次いでいると言う
IMG_9658
宮本武蔵や日本沈没のイラストでもおなじみだが
私が感動したのはたばこのホープのイラスト
アメリカの町並で若い男性がホープを吸っているイラストだが
まさしく写真みたいな精度がある
石田さんが言うにはこのシリーズや広告などは彼にとっては息抜き
自分が考えなくて良いからだと言う
その仕事の速さは超人的だったようだ
スターウォーズや戦争シーンのイラストは資料を買いあさり
その図面から自分なりに研究をして、角度を決めて船や情景を書き上げていったと言う
図面からすべてを書き起こすことができる
まさしく人間CADのような人らしい
ジョージルーカスが生頼範義のイラストを見てこれだと思い
自ら指名して作らせたスターウォーズのポスター
想像をはるかに超えた奇跡の創造の作品展である
いつもはアトリエにこもりっきり
出てくるときはご飯を食べる時と眠る時だけの生活
奥さんでさえも何をしているのか知らないそうだ
2011年までに書き上げたイラストは数千点にも及ぶ
今回はその序章ともいえる約300点程度が展示されている
アートの財産が眠っていると言っても過言ではない
今後の研究と次の展示会が今から楽しみである

千代むすびと松葉ガニ(鳥取県境港)

9年ぶりに鳥取県境港へ・・・・
境港の3大名物はゲゲゲの鬼太郎と千代むすび
そして冬の松葉ガニ
以前お邪魔した際の千代むすびの日本酒と蟹三昧
の味が忘れられないと言う人が多数いたので
今回の旅となった
あいにくの雨で非常に寒い
千代むすび酒造はゲゲゲの鬼太郎ロードにあり
とてもわかりやすい場所にある
手ずくりで醸す地酒蔵としても名高い
岡空社長、そして奥様の京子専務をはじめとして
お迎えいただいた
まずは蔵見学
気鋭の坪井真一杜氏の酒に対する気合を感じる
坪井杜氏はこの世界にはいって10年目
31歳の時に入社し
出雲杜氏の岩成忠義氏について修業した
岩成杜氏の引退に伴い杜氏に就任
それから2年連続金賞という快挙を達成している
岡空社長
岡空社長
 杜氏として強力米を使った酒に力を入れていると言う
強力米は育て方は難しいし
収穫量もほかの米とすると少ないのだが
時間がたっても味がへたらないのが特徴だとか
強力と言えば千代むすびと言われるようになってもらいたい
 IMG_9617IMG_9618IMG_9619
さてお待ちかねの蟹だ
千代結びで乾杯の後
まずはゆでたばかりのカニみそ
これが生の松葉蟹とゆでたもの
これが生の松葉蟹とゆでたもの
新鮮な海の幸の刺身もずらり・・・・
 IMG_9625
次は甲羅で飲む甲羅酒
焼きガニ
IMG_9621
そして生蟹で作るかに鍋
 IMG_9623
蟹三昧と千代むすびの酒の旨さが冴えわたる
千代むすびの酒の特徴は米の旨味をしっかり出していること
だからこそ冷でも燗でもいける
 IMG_9624IMG_9627

岡空社長、専務、蔵の女性一同
岡空社長、専務、蔵の女性一同
焼きガニも茹でるのも蔵の人たちが
総出でしていただき
宮崎からお連れした方々はおもてなしの素晴らしさに感謝、感激
最後の見送りまで温かい心使いに頭が下がった
岡空社長、専務、そして蔵の皆さん
本当に有難うございました

プロジェクト・イーグル

2月14日楽天が無料通話アプリ Viber(バイバー) を920億円で買収した
このバイバーとは
イスラエル人が東ヨーロッパのベラルーシで開発した無料通話アプリ
2年前の2010年に創業したバイバー・メディアは
現在は人口90万人の地中海に浮かぶ島キプロスが本社
スマホでの使い勝手の良さが評判となり
今や世界193か国 3億人の顧客がいる
現在でも毎日55万人が増加している
さて楽天だがこの買収を
プロジェクト・イーグルと名づけ極秘に進めてきた
三木谷社長が楽天グループにとって歴史的な転換点と言うほど
気合も入っている
現在の楽天ユーザーに新たな3億人を取り込み
無料通話やチャットを軸に
世界的な楽天経済圏を創り上げるという
さて無料チャットや無料通話アプリは
日本では現状どうなっているのだろう
日本は現在LINEの独壇場だと思っていたが
MMD研究所の2012年3月の調査では
LINE  43%
スカイプ 33%
バイバー 20%の3位となっている
耳慣れないバイバーはどのような特徴があるのだろうか?
プロの目から見ると
チャットのLINE、パソコンからの無料通話がスカイプ
そしてスマホからの無料通話がバイバーだと言う
LINEの無料通話はまだ使える程度の音質でもない
それに引き替えバイバーは3Gの音質で際立っている
ヤフーは将来の布石を考え
素早くLINEと手を結んだ
さて楽天はバイバーを武器にどのような施策を考えているのだろうか?
楽天市場に出店している4万2千店の店舗と
チャットやテレビでの通話のやりとりなどコミュニケーションが
拡大できる
また無料通話を武器に5億人の顧客に対して
ネットサービスの強力なエントランスになる
つまり新たなECの形が想像できると言うことだろう!
まさに楽天の世界戦略の柱として
この買収を考えたのだ
そのプロジェクト名がプロジェクトイーグル
鷹のように大空を舞い、
獲物を見つけたらすばやく急降下して獲物を捕獲する
その行動とスピードが成否のカギとなる
マーケットは17日楽天の買収に12%の急落という冷や水を浴びせた
しかし無料通話やチャットアプリの大いなる可能性は
ネットビジネスの変貌とグローバル化の促進を予感させる

最年少と最年長の銀メダル

2人の誇らしい銀メダルが印象的だ!
1人は最年少15歳でスノーボード・ハーフパイプでメダルを取った平野歩夢
4歳のころから兄弟でスノーボードを始めた
毎日の練習を積み重ね
いつも理想の滑りを考え話し合いをしてきたのが家族のだんらんだったと言う
兄の方が知名度は上だったが
2013年1月アメリカコロラド州で行われた
冬季Xゲームで2位になり一挙に注目を浴びる
軸をずらしながら3回転する大技をマスターして
今期ワールド杯ハーフパイプ開幕戦で
初登場で最年少優勝を果たし
一躍世界のトップに躍り出た
平野氏の特徴は最初のクラブというジャンプの
パイプからの高さが格段に高いこと
オリンピック決勝の2本目は直前に構成を変え
キャブダブルコーク1080(左足前の構えから回転軸を斜めにして3回転)と
最後にダブルコーク1080
を鮮やかに決め銀メダルを勝ち取った
淡々としている表情が15才らしくないほど
今までの世界チャンピオン ショーンホワイトを制しての銀メダルにも価値がある
夢に向かって歩んでほしいとの両親の願いに
確実に夢を現実にしている・・・・
そしてあと一人は葛西紀明氏41歳
日本選手団の主将でもある
7回目のオリンピック
葛西は今まで個人のメダルには縁がなかった
今期はワールドカップで現在3位
予選も免除され余裕があった
ラージヒル決勝
最初のジャンプは139mの大ジャンプ
テレマークが入らなかったのが残念だったが納得のジャンプ
2回目は133.5mのジャンプ
1.3ポイント差というぎりぎりで銀メダルに終わったが
ソチの会場では葛西コールが沸き起こった
オリンピックの魔物は今回葛西にはなかった
とても楽しめたと余裕の表情だった
ずーっと見守ってくれたお母さんを亡くし
お母さんの手紙をお守りにして飛んだオリンピックだった
葛西のレジェンドスタイルのジャンプは語り継がれることになる
最年少の15才 平野歩夢
最年少の41歳 葛西紀明
どちらも印象に残るすがすがしい銀メダルとなった!

李白酒造(島根県松江)

松平藩 18万6千石の静かな城下町 松江
この水と緑の町に
明治15年創業の銘酒 李白がある
若槻礼次郎が昭和3年に命名
彼が生涯愛した酒としても有名である
李白の先代の田中竹次郎氏には人生の師として
大変お世話になり
人としてどう生きるか、気配りなど様々なことを教えていただいた
先代は早くから海外に目を向け
今ではそれがアメリカ、香港、シンガポールをはじめ
ヨーロッパ、ブラジルまで輸出を拡大している
まさに出雲の国から世界をはばたく酒蔵である
蔵見学に前にまずは腹ごしらえ
八雲庵という蕎麦屋さんにお邪魔する
出雲蕎麦は
蕎麦の皮もすべて使ったそばで黒いのが特徴
するすると入って行く
少し出汁が甘目かなあ・・・・・
酒はもちろん李白の純米酒
スッキリ爽やかで飲み飽きないお酒で
蕎麦と酒の相性はやはり抜群!
若女将に年を聞くと
それは企業秘密とは・・・・・・ うまい答え
IMG_9600
 さて蔵見学は若き社長
田中裕一郎氏に案内いただいた
今は大吟醸の仕込みの真っ最中
この蔵は出雲杜氏の伝統と
近代技術の粋が融合して
新しい李白の酒を造っている
IMG_9605
 田中社長曰く
伝統の手仕事はしっかりとして残し
機械にさせるところは徹底的に機械に仕事をさせる
その上でいい酒を醸していく
地元産の五百万石、山田錦が主流の酒造りを行っている
蔵人も若い
先代の築いた基礎を元に
若い情熱と努力で松江の新しい銘酒を造っている
そんな思いを実感した見学だった
最後は田中社長とお母さんの由美子さんと妹さんで記念写真
妹さんは宮崎の大吟醸を楽しむ会に
行きたがっていらっしゃるよう!
 IMG_9609IMG_9613

辻本店とタルマーリー(岡山県勝山)

岡山県勝山の辻本店
今回は宮崎の酒好きの皆さんと共にお邪魔した
先代の辻均一朗さんが
勝山の活性化に力をいれ、暖簾のある町として定着してきた
静かな美しい蔵のある町並だ
郵便局も暖簾がかかっており街の景観に一役買っている
 IMG_9578
社長の辻総一郎さんとお母さんの辻智子さんが出迎えてくれた
まずは辻本店のレストラン 西蔵で昼食
最初は大吟醸で乾杯
そのあとは名物ぎんだらの西京焼きに
雄町で醸した美作の純米酒を飲む
米の旨味がしっかりとしていてこの純米酒は冷でも燗でもいける
 IMG_9569IMG_9571
食事をあとは奥座敷に
展示してあるお雛様の見学
今では作れない京都の伝統のものだとか
近々恒例のお雛様の展示を街全体でスタートすると言う
IMG_9576
この後は町並を見学しながら
噂のパン屋さん タルマーリ—へ
このパン屋さんは2008年に千葉で開店したが
2011年の大震災で移住を決意
水の良いところを探していたら
勝山にたどり着いた
ここの湧水は硬水と軟水があるというところが決め手だったらしい
 IMG_9581
お店には自家製酵母で焼き上げたパンのいいにおいが充満している
珈琲を飲めるイートインのカフェコーナーもある
一押しのパンをと尋ねると
和食パン
炊いたご飯を練りこみ、日本の酒種で発酵させる
酒種とご飯と菜種油の力で
自然な甘さとコクともちもちとしたしっとり感を出している
ここにしかない
タルマーリーの会心作だ
和食パン
和食パン
ここのご主人は
腐る経済という本を出版され話題になっている
地球上のあらゆる資源は
有限であらゆるものは劣化して土に帰って行く
その自然の摂理に反するものがお金
お金は腐らないからおかしくなる
お金は時間がたっても土へと帰らない
いわば永遠に腐らない
それどころか投資や利子によってどこまでも増えていく特性がある

この腐らないお金が資本主義のおかしさを創り出している

のどかな街並みに拡がる酒の香りとパンの香り
辻本店の辻さんやパン屋さんをはじめとして味噌や醤油、ワインなど7人で
まにわ発酵sを設立
今からの新しい街の活性化に繋げようと努力をされている
今後の活躍に期待したい!