黒田博樹の決断

日本野球界に一足早い大きなお年玉となった
現役大リーガー黒田博樹の決断は
日本中の野球ファンのみならず
メジャーの関係者も驚かせた
黒田博樹投手はヤンキースを今年FAになり
来期もヤンキースなど複数の球団からオファーの提示を受けていた
その金額は20億円とも言われる大きな金額だ
 
広島は一年契約で4億円という比較にならない数字だった
黒田は熟慮を重ね
最終的に広島カープに戻る決心を
自らの連絡で行ったという
 
黒田博樹がそこまでこだわる
広島カープという球団の魅力とはいったい何なんだろうか?
 
黒田は1996年ドラフト逆指名2位で広島に入団
2000年シーズン終盤の4連勝で独り立ち
順調にエースの道を歩み
2006年黒田がFA権の資格を取るシーズン終盤
広島ファンが動いた
広島市民球場の外野席に突如現れた巨大横断幕
 
我々はともに闘ってきた
今までもこれからも・・・・・
未来の輝くその日まで 君が涙を流すなら
君の涙になってやる
広島CarPのエース  黒田博樹
 
そして2006年の黒田の最終登板試合
満員のファンが黒田の背番号15を掲げ球場を赤色に染め上げた
 
2006年11月6日黒田はFA権を行使せずに残留を決めた
僕をここまでの投手に育ててくれたのはカープ
そのチームを相手に僕が目いっぱい
ボールを投げる自信がなかったと発言した
 
2007年FA権を行使し12月1日に鈴木球団本部長に
メジャー挑戦を決断したことを報告
その際
評価されるのもカープのおかげで、
また日本に帰ってプレーするならこのチームしかないと語った
 
そして2008年から2014年の
ドジャースでの4年間、ヤンキースでの3年間
黒田博樹は一年一年が勝負だからと
複数年契約をあえて拒否し
自分を修行僧のように追い込み野球一筋に賭けてきた
その結果がMLB7年間で防御率3.45の素晴らしい成績である
いぶし銀の輝きだ
しかもヤンキースでも先発ローテーションをきちんと守りつつ
好不調の波があろうとも試合を崩さない
まさに計算ができる投手だった
ニューヨークの新聞は先発の抜けた穴が大きいと大きく報じた
引く手あまたのバリバリの現役大リーガーがお金に目もくれず
日本に戻ってくる
黒田の男気、そのこと自体がサプライズだ
 
広島の鈴木球団本部長は
糸を握っていた感じ
1%の望みがあればわからない
あきらめてはいけない と思っていた
 
黒田博樹投手は
野球人生最後の決断として
プロ野球人生をスタートさせていただいたカープで
もう一度プレーさせていただくことを決めました と発言した
 
送り出した広島ファンの熱意は
8年間という時間の壁を乗り越え、確実に黒田の心に伝わっていた
 
個人的にも大好きな黒田博樹投手
彼の座右の銘は西郷隆盛の詠んだ「雪に耐え梅花麗し」
彼の今回の決断は男気だけではなく
日本人とは何か?を深く感じさせてくれる
 
来年は広島球場で黒田博樹の勇姿を見てみたいものだ!

固定概念をぶっ壊す。

人口減少が続く中で
大学の生徒募集が大きな大学の課題となりつつある
今まで広告とはあまり縁がなかった大学も
ここ数年広報活動に力を入れるようになった
 
そんな中で2014年1月3日
近畿大学の入試の願書受付のユニークな新聞広告が掲載された
キャッチコピーは「固定概念をぶっ壊す」
なんとも勇ましいコピーである
しかもビジュアルは火山の噴火口にマグロの頭が乗っかっているのだから
そのインパクトもすごい
 
近畿大学は2002年クロマグロの完全養殖を
世界で始めて成功させた
近代マグロはブランドとなり2013年に大阪、そして東京銀座に
近畿大学水産研究所のレストランを出店
メディアやネットで数多く取り上げられ
行列のレストランとなった
まさにそんな意味でも近代のシンボルはクロマグロとも言える
ビジュアルとインパクトには格好の素材だった
 koukoku-thumb-autox324-9408
近大広報のコピーはほとんど自前で考えるよう
その上で目立たない広告は出さないとの方針もしっかりしている
それがほかの大学との差別化につながっているように見える
 
願書受付にはもうひとつのアイデアがあった
それは「近大エコ出願」というもの
インターネットでの願書受付には
受験料の3000円値引きを2012年からはじめたが
あまりの反響の大きさに
2014年から完全ネット出願(インターネット願書受付)への切り替えを
全国の大学に先駆けて行った
 
そしてその成果は2014年度の私立大学一般入試の志願者数
10万5890人と初の全国日本一に輝いたのである
広告はいくら良い広告を創っても
結果を出さないと意味がない
その点でいっても全国の学生に共感を与え
また近大学生にも決意や覚悟を示せた広告だったと思う
 
この新聞広告は今年数々の広告賞を受賞し
宣伝会議主催の広告界が選んだ2014年人気広告ランキングで
一流企業に混じって第7位を獲得
広告費が潤沢にある企業と違って大学がベスト10以内に入ることは
大変まれだと思う
 
近大の広報戦略のあり方は
まさにこれからの大学の活性化と広報の重要性を暗示している
少子化が進む中で大学も生き残りをかけた戦いがはじまっていく

マグロー(名古屋市)

名古屋を代表する中華で
ドラゴンズを愛するお店としても知られ
私も大好きなお店のひとつであるピカイチ
そのピカイチの近くの路地にひっそりとあるのが
話題の立ち飲みの店 マグローだ
 IMG_1550
中に入ると
一度声をつぶしたような強面のご主人が印象的だ
 
まず赤星と生牡蠣を頼む
ビールがうまい
広島の生牡蠣もミルクたっぷり
 IMG_1545
隣は常連さんのようで
痛風の薬を飲みながら飲んでいるのだという
まるで人事とは思えない
牡蠣は亜鉛を含んでいるのだから健康に良いのだと
自分に言い聞かせながら飲んでいたのが印象的だった
 
次にマグロのほほ肉
ご主人がフライパンでさらっと炒めて出てくる
手際のよさも抜群だ
噛み応えはほとんど肉だ
しかもジューシーでビールにはうってつけ
 IMG_1547
次はナカ落ちをつまみで
酒は桜正宗のお燗で・・・
この中落ちも侮れない美味しさだ
 IMG_1549
そろそろ満員状態になってきた
すしは次回にしてお勘定と声を上げたら
2000円以下のお勘定に思わずビックリ
ご主人の笑顔に優しさを感じた
 
 
強面度   ★★★☆
 
マグロー
名古屋市千種区今池1-12-6
052-741-6584
17:00~23:00 (水休み)

一月屋(伊勢市宮町)

伊勢神宮でお参りした後は
居酒屋でいっぱいやりたいものだ
ひねくれた性格のせいか
大賑わいのおかげ横丁では落ち着けないし面白くない
 
さてどこか良いところがないか
探したのが伊勢市宮町にある一月屋(いちげつや)だ
お昼の2時から開いているという
早速たずねてみる
 
参道から少し離れた街中はさびしい繁華街が続く
シャッター通りのアーケード街
ほとんど人も通っていない
旅に行くといつも思うことだが
今の地方の現状がヒシヒシと伝わってくる
 
その一角にお店はあるのだが
店構えがどっしりしている
暖簾をくぐりドアを開けると
愛嬌のある2代目のご主人が
温かく迎えてくれた
IMG_1576 
座ったカウンターの一枚板が凄過ぎる
カウンターに座り板の肌触りを確かめながら注文
 IMG_1573
まずはお酒のお燗と湯豆腐とふくだめ
伊勢に着たからには、お酒はご主人お勧め地元の初日
確かに酒は甘めだが、冷えた体にはとても良い
ふくだめ(とこぶしの煮付け)
味付けは少し甘いがふくよかな味わいだ
宮崎の味付けと似ていると話をしたら
2代目のご主人さんは
宮崎に一度行ってそれを感じたとのこと
うどんのやわめなところ
そして味付けの甘さ
味付けは伊勢と宮崎とよく似ていたと感想をおっしゃっていた
伊勢と宮崎
気候が似ているせいもあるのかな・・・
IMG_1572 
湯豆腐はここの名物でもある
でかい豆腐に鰹節と葱
甘めの出し醤油で食べる
優しい暖かさだ
IMG_1574 
それにしてもこのカウンターの一枚板は素晴らしいと言うと
これを作って20年だという
20年前にいいヒノキが出たたので買わないかと業者に言われ
当時450万といわれたよう
一代目の親父さんがそれを値切って作ったのがこのカウンター
昨年遷宮できていた宮大工に3mm削ってもらったのだと
いまどきこんな風格のあるカウンターにお目にかかったことがない
このカウンターで飲んでくつろぐだけでも価値がある
 IMG_1570
さて次のお酒は少し辛口の東獅子
これはさっぱり系だが、今日は初日のほうが良い感じだ
 
次のつまみのお勧めはと聞くと
いいだこと鰯の酢漬が常連では好評とのこと
早速それをもらう
さっぱりしてつまみには良い
 IMG_1575
最後にもういっぱい冷で・・・・
出してきたのが八兵衛のにごり酒
これは火入れしているのでくどくないです
デザート気分で飲めるとご主人
なるほど飲むと思ったよりさっぱり!
 IMG_1578
最後はお店に来たご主人の親父さんにも挨拶ができた
伊勢にも素晴らしき居酒屋がある
今度はこのお店に行きたくて伊勢神宮を訪れるかもしれない
 
 
一枚檜の素晴らしさ度   ★★★★
 
一月屋
伊勢市曽弥2-4-4
0596-24-3446
14:00~22:00
水曜休み

朔旦冬至と伊勢神宮

12月22日は19年ぶりの朔旦冬至(さくたんとうじ)
 
冬至は一年で最も昼間が短い日
朔とは新月のこと
この日は新月でもある
朔旦冬至とは冬至と新月が重なる日
つまり太陽が一番弱く、月が全く出ない日のこと
古からこの日は最もめでたい日とされてきた
なぜか?
それは19年に一度の
太陽と月が同時に新しい始まりを迎えるからだ
 
朔旦冬至のこともあったのだが
なぜか無性に伊勢に行きたいと思い
20,21と伊勢神宮にお参りしてきた
改めて揺れ動く時代に
日本の心のふるさとといわれる伊勢神宮を
再度体感してみたかったのだろう
 
伊勢神宮(内宮)は太陽神といわれる天照大神を祭ってある
20日は外宮、内宮と参拝したが
内宮のときは本格的な雨が降り出し
まさに体と心を浄化していただくような雨となった
ただ雨と人の多さが少し心残りで
翌日の天気予報は晴れということもあり
再びトライしてみようと考えた
 
21日朝早く再び内宮へ・・・・・・
朝は本当に心が休まる
早朝の静かさと清々しさは心を豊かにしてくれる
 IMG_1602
宇治橋前の鳥居の後ろから昇る朝日の美しいこと
強く心をひきつけられた
冬至の日には写真撮影で大変な人になるという
今日も鳥居前には朝日の写真撮影でたくさんの人だった
IMG_1595
橋から眺める五十鈴川の流れも穏やか
境内の木々も今日は少し優しげだ
しばし歩くと三重県のお酒が並んでいる
まつりごとと酒は切っても切れ離せないもの
 IMG_1600
しばらく歩くと正宮の前に出る
階段を上ると新築の正宮
木々の緑と映えて荘厳な雰囲気
大きく深呼吸して階段を上り参拝
人数が少なく雰囲気が落ち着いているのもとても良い
 IMG_1598
世の中、すべて激変の時代
そんな中で自分の原点をどこに求めていくのか
考えながら悩みながら参拝したように思う
 
19年に一度の朔旦冬至
太陽と月の新しい始まりの日
宮崎で今朝見た日の出も素敵だった
太陽と月に感謝し
豊かな自然に感謝しながら、自然を守り伝え
未来を切り開いていければと考えている
 

オーキッドルーム(東京・ホテルオークラ)

ホテルにチェックインする際
明日の朝食をフレンチトーストで予約した
オークラも全体的に設備が古くなった感じがあるが
部屋に入るとその古さを感じさせない
ゆったり落ち着いてすごすことができる
それがこのホテルの良さでもあろう
 
朝少し早起きをしてホテル付近を散策
シャワーで体がすっきりしたあとはオーキッドルームへ
 
朝少し早いせいかお客さんも少ない
天井が高いためゆったり落ち着くことができる
朝の木漏れ日もやさしげだ
IMG_1525_1
名前を告げると
そこから焼き上げるのがオークラ流
コーヒーを飲みながら焼き上がりを待つ
 
ここのフレンチトーストは
パンは片面12時間ずつ
両面で丸一日、卵と牛乳、砂糖、シナモン、の液にじっくりつけこむ
これを弱火のオーブンで15分
中身をふくらませるように焼き上げる
 
さあいよいよ焼き上がり
今日はフレンチトーストとフルーツ添え
表面はかりっとして
中身はプリンみたいにふんわりとした食感
初めて食べる感覚のうまさである
手間暇とバニラエッセンスやシナモンを微妙に加えているところが
ここのフレンチトーストの評価の高さのゆえんでもあるだろう
メイプルシロップやバターをつけて食べても
調和の相乗効果となる
驚きながらすっと一枚平らげてしまった
フルーツもいろんな種類がカットされていて程よい量だ
IMG_1523_1 
人数が少ないせいもあるのかもしれないが
サービスも素晴らしい
コーヒーや水のお代りもさりげなく目配りをしていてくれる
世界の人々が絶賛するフレンチトーストの意味が
食べてみて理解できる
 
機会があれば東京の朝
予約をして一度はオーキッドルームの
洗練されたフレンチトーストを食べてみてほしい
幸せの一日の始まりがここにはあると思う
 
 
絶対度   ★★★★☆
 
オーキッドルーム
東京都港区虎ノ門2-10-4ホテルオークラ(本館5F)
03-3505-6069
 
 
 
 

ロシアンデッドクロスの完成

2014年7月下旬に104ドル台だったWTIの原油価格は
12月16日には53ドル台まで急落した
わずか5ヶ月で半値まで沈み込んだ
 
きっかけはウィーンで11月27日に開催されたOPECの総会だった
OPECは日量3千万バーレルの生産量をそのまま据え置くことを決定
原油価格は76ドル台で推移していたが
一挙に急落
そして12月14日アラブ首長国連邦(UAE)のマズルーイエネルギー相は
原油価格が40ドル台になっても原産を行わないと爆弾発言
この発言で原油価格は50ドル台に突入
今後の石油の相場展開も先安感を増している
 
OPECの狙いはアメリカのシェールガスだ
アメリカのシェールガス企業の採算分岐点はほぼ40ドルから80ドル
これに打ち勝つためには価格競争もいとわない
1バーレル60ドルを切ると
アメリカのシェール業界は倒産が相次ぐことになるだろうと言われている
OPECの原油採算分岐点は40ドルだ
ここまで体力が持てるのはOPECだけだとの自負もあるのだろう
 
この争いでロシアが危機に陥った
ロシアの原油価格の採算分岐点は80ドル
これを一気に下回った
ロシア経済の輸出の3分の2以上がエネルギーに依存しているのだ
 
しかもルーブル安が拍車をかけた
原油安からロシアルーブルが急落
12月16日早朝ロシア中央銀行は金利を10.5%から17%に緊急利上げを実施した
しかしルーブルの急落は止まらず最安値を更新
一時は1ドル78ルーブルまで落ち込んだ
 
笑えない話がある
プーチン大統領は62歳
そして原油価格が62ドルを割れたまま50ドル台で低迷
1ドルは62ルーブルを上回って現在68ルーブル近辺
3つの62を軽くクリアーしたことでロシアンデッドクロスが完成した
 
ロシアンデッドクロスが実現するとロシアデフォルトの現実味が増すと
マーケット関係者では言われている
 
NYでは12月10日暴落の指標と言われる
ヒンデンブルグの予兆が現れると同時に
アメリカの株価も上下に荒い展開の日が続いている
世界経済の先行きの不透明感も増してきている
原油安から引火した火はどこまで経済に燃え盛るのだろうか?
現実味を増したロシアデフォルトから見える未来は一体誰が知っているのだろうか?
世界の国々の金融緩和で余剰流動性を増した金融の波はどこにでも襲い掛かる
2015年は激動の世界金融の始まりの年になるかもしれない

日本の酒と食の文化を守る会2014忘年会

日本の酒と食の文化を守る会の恒例の忘年会が
東京の目黒雅叙園、鷲の間で12月14日開催された
この鷲の間は198名しか座れないため
参加者は蔵元を入れて198名のみ
IMG_1508
午後4時から三遊亭鳳楽師匠の
古典落語鑑賞
今年は演目が2つ
死神と味噌倉
IMG_1494_1
死神を少しご紹介
いつも金に困っている男が,死神と出会いアドバイスをもらう
死神が病人の枕元にいたらそいつはだめ
反対に足元に座っていたら助かるから呪文で死神を追い払えと・・・
そして医者になるよう進める
アドバイスに従い
医者として成功するが悪銭身につかずで貧乏に逆戻り
ご隠居の治療を頼まれたが
死神は枕元に・・・・
そこで男は、死神が居眠りしている間に布団を半回転させ
呪文を唱え死神を追い出し3000両をもらう
呪文は アジャラカモクレン トウヒョウビ テケレッツノパー
まさしく12月14日は投票日である
鳳楽さんならではの呪文だ
 
さて帰り道、死神につかまりある洞窟へ案内される
大量のろうそくが揺らめいている
これは人間の寿命だ
死神はいかにも消えそうなろうそくを指差し
これがお前の寿命
お前はお金に目がくらみ、寿命をご隠居に売り渡した
男は必死に死神にお願いしローソクの継ぎ足しに成功する
ほっとし、喜色満面となったとたんにくしゃみが出る
「あっ!火が消えた」
 
人間の欲望と悲哀を感じる古典落語である
死神の声を出す鳳楽師匠の怖さと最後の落ちの見事さが秀逸だった
 
さて忘年会のスタートは
北の北海道から南の大分まで32蔵の参加の蔵元の1分間スピーチから
この中には必ず落ちを入れなければならない
毎年各蔵元も工夫され、お話もお上手だ
IMG_1499_1
月の桂の増田さんは京都では日本酒の乾杯条例がどんどん広がってきている
富山の満寿泉の桝田さんは富山県の日本酒組合の会長になり
今年は新幹線も開通するので
富山県の日本酒を2倍にすると元気のある発言
 
村田淳一会長の挨拶の後
乾杯で宴がスタート
日本全国の銘酒が勢ぞろい
料理と水芭蕉と南部美人の大吟醸で楽しむ
IMG_1506_1
ちょうど横の席には
南部美人の副社長の久慈邦子さん
久慈浩会長の奥様で
いつも元気な久慈浩介社長のお母さんだ
一度宮崎にもご夫妻でおいでいただいたことがある
IMG_1514_1
忘年会はなでしこジャパンの佐々木監督もおこしになり
華やかな雰囲気で大変な盛り上がりとなった

夜のSTESSA(宮崎市)

ピザで大評判となった宮崎市のステッサ
釜で焼くピザは本当においしい
ランチではよく行くステッサだが
夜はどうかな?と今日は夜のお試し体験
IMG_1054 
 
まずはサラダと野菜のフリット、前菜盛り合わせ
 IMG_1042IMG_1044IMG_1046
 
次にローストビーフ
これは期待はずれ
いたって普通の味
 IMG_1049
あごおち白菜
あごが落ちるほどおいしいという表現はオーバーだが
釜で焼いた白菜はとても甘い
しかしメニューはコピー負け
IMG_1050 
そして評判のピザ
国産の全粒粉の小麦を使った
マリゲリータとナポリターナ
あつあつの焼きたての生地がたまらなく美味だ
さくさくともっちり感が絶妙だ
一挙に宮崎でも代表格のピザ屋さんになった感じがする
 IMG_1051
IMG_1052
そして西米良サーモンのクリームパスタ
それなりの味だが普通
 IMG_1057_1
夜の雰囲気もとても良い
女子会でワインを飲んでもよし
デートでも良し
男性の接客がしっかりしているので
宮崎の夜を演出するにはとても良いお店だ
 
最後のデザートはダイワファームのソフトクリームがオススメだ
 
 
ムーディ度  ★★★☆
 
宮崎市吉村町天神前甲144-7
0985-60-1085
11:30~14:30  17:30~22:00
(月曜、第3火曜休み)

地銀再編の波

日本は経営規模に比べとても銀行が多い
そんなことかを感じた人はいないだろうか?
メガバンクといわれる都市銀行
地方銀行
昔は相互銀行といわれた第二地銀
そして信用金庫
全国で展開するゆうちょ銀行
金融と親和性が高いといわれているネットを使ったネット銀行
などなどそのほかにもたくさんある
 
特に銀行の窓口は個人的には
敷居が非常に高い気がする
いつも感じるのは銀行側の上から目線だ
こちらがお客なのに貸してあげている態度がとても気になる
といっても銀行で利用するのはキャッシュカードの利用がほとんどなのだが・・・
 
ただこの銀行の多さは将来
人口減少、老齢化の日本において
経営的には成り立っていかないのではないかと常々個人的には思ってきた
 
2013年12月金融庁から森ペーパーといわれる
一枚のペーパーが各金融機関に配布された
タイトルは
金融機関の将来にわたる収益構造の分析について
この一枚は衝撃的だった
自分の金融機関がどの位置にあるのか明確だった
 
2014年1月15,16日
金融庁の畑中龍一郎長官は
居並ぶ銀行トップに向かって
経営統合を経営課題として考えていただきたいと言い放った
 
2014年11月10日
熊本の地銀トップの肥後銀行と鹿児島の地銀トップの鹿児島銀行が
2015年秋に共同持ち株会社を設立することを発表した
総資産は8兆3000億を超える規模となる
地銀グループでは一挙に9位に入ることとなる
全国の地銀に激震が走った
今までの再編とは違うのは
同じレベルの体力のある銀行同士が再編に踏み切った点だ
体力があるうちの今のうち再編だからだ
 
両行とも農業や観光業が柱となっている
財務内容が健全
重複店舗が少ない
など人口減少を見越した相乗効果を生かし
次の時代に生き残れる銀行を目指したのである
 
全国の各地銀は今のところ冷静な対応だが
地銀再編はこれで新たなフェイズに入った事は間違いない
全国の貸し出し業務が中期的に減少する中
貸し出しの量的拡大モデルでは成立しないのは当然でもある
全国の地銀は再編の波から取り残されると
やがて消滅というシナリオが現実になる
銀行も今から生き残りをかけた戦いが全国で始まっていく