宮田本店の醤油(日南・大堂津)

私の注目する焼酎蔵が日南市大堂津にある
名前は宮田本店、焼酎の銘柄は日南娘
小さい蔵だが実力はゆるぎない
私の好みは日南娘の20度
ブルーのラベルは日南海岸の海の色を連想させる
20度の柔らかい優しさと
しっかりとした味わいが心を和ませる
 IMG_6099
大堂津駅から川の方に歩いて5分程度
小さな路地を曲がりしばらく行くと蔵が見えてくる
今日は社長の宮田さんと打合
 
1月終わりから2月初めの時期は
焼酎の油をとる 
油抜きの作業が欠かせないのだとおっしゃていた
この油を取らないと焼酎が酸化して美味しくなくなるのだとか
IMG_6094 
宮田本店は醤油も味醂も造っていらっしゃる
醤油の搾りを見学させていただく
もろみを圧搾機にかけて3日間で原液を絞り出している
舐めて良いですよと言われて
舐めてみるととてもマイルドな味わいだ
このまま使いたいぐらいだ
 
この原液をタンクに貯蔵し
水あめなど様々な添加物と混ぜ合わせ
県南地区独特の甘めの醤油が出来上がる
 
 soysource06-photo-th
昨年プロフェッショナルに出て一躍有名になった
近くの魚屋のねこやさん(門川さん)は
魚をこの醤油に漬け込み一夜干しをつくっている
大変好評のようだ
 
宮田社長から醤油の原液を分けてもらった
そのまま肉を漬けると
発酵作用で肉が柔らかくなるのだと言われていた
 IMG_6100
宮田社長
 
醤油は最近の家庭では料理をつくることが少なくなったせいか
消費量はじり貧だとか
そんななかで醤油や味醂を造り続けている
宮田本店の努力には頭が下がる
日南の皆さん、是非醤油も買って下さい!
 
今年の春には山形の出羽桜で
修行されている息子さんも帰ってこられるそうだ
また新たなスタートにも期待したい
 
 

道の駅酒谷(日南市)

日南市から都城方面に向かい
全国の棚田100選に選ばれている
坂元棚田に行く途中に
茅葺屋根の古民家風の建物が見えてくる
ここが道の駅酒谷
 IMG_6109
1997年に酒谷ふるさと特産品センターとして設置
2年後の1999年に道の駅となった
 
ここの名物は草団子
多い日で1500個は出ると言うほど
また4月の山菜の時期には多くの山菜ファンが訪れると言う
 FullSizeRender
昨年の平成28年度道の駅として
住民サービス部門モデルを受賞
全国で6か所、九州では唯一の受賞だ
 
全国の中山間地域では
高齢者対策や伝統芸能の継承など
難問が多い
 
道の駅酒谷の駅長 野辺和美さんに話を聞いた
IMG_2356 
道の駅の収益を酒谷地区村おこしの組織に還元している
高齢者の身守り活動を兼ねた弁当宅配や
農産物との集荷代行など積極的に地域福祉サービスを行っている
また小中学生を対象に
郷土料理や伝統文化の継承
地域の高齢者のスポーツ大会へのお弁当提供
などを定期的に行っているそうだ
 
どの活動も素晴らしいが
特に高齢者の弁当宅配と集荷代行などは
農業の高齢者の方々には素晴らしいサービスとなっているだろう
この取り組みが地域活性化のモデルとなり
全国の中山間地域に拡がって行くことを願いたい

大はし(北千住)

北千住の大はしというお店は
通い出してもう30年以上になるだろう
 
東京出張の際には、時たま一人で
北千住まで足を伸ばしたものだ
下町の少し雑然としたお店の雰囲気と
親父さんの威勢の良い声が活気がありながらも
ほのぼのとして大好きな居酒屋だった
 IMG_2154
何年か前にお店を改装され
居酒屋ブームも重なり行列が一段と多くなった
 
ここは1877年の創業
名物は店の片隅に鎮座する特製鉄鍋で煮込んでいる
牛煮込み
牛筋と牛の様々な部位を煮込んでいる
これに豆腐を入れた肉豆腐(320円)が私のお気に入り
山形正宗のお燗を飲みながら肉豆腐を食べる
幸福な瞬間だ
IMG_2153 
周りの人はキンミヤに梅を入れた特製梅割りがほとんど!
魚も思った以上に美味しく
下町の庶民の味方の居酒屋である
 
 
 
煮込み度   ★★★★☆
 
 
大はし
 
東京都足立区千住3-46
03-3881-6050
16:30~22:30
日曜休み

伊勢廣 銀座店

京橋伊勢廣に行きたかったのだが
銀座にも伊勢廣があるということなので近い方へ
銀座5丁目のビルの地下
 
入ると落ち着いた雰囲気
しかし京橋伊勢廣さんとは御兄弟とのことで
違うお店のようである
少し残念
 
気を取り直し焼き鳥丼を頼む
ねぎま、つくね、モモ肉に獅子等が
丼のご飯の上に乗って出てくる
 IMG_3828
焼き鳥のダイナミックさにインパクト大!
一串一串、備長炭で丁寧に焼き上げて
出てくる焼き鳥はとってもジューシー
ただ宮崎でうまい鶏を食べているせいか
鶏そのものの質感には感動はない
そぼろ丼も満足とまで行かず普通だった
 IMG_3829
 
とはいえ銀座とは思えない静けさの中
ゆったりと食べれる時間がほっとする
 
 
 
老舗度   ★★★
 
 
伊勢廣 銀座店
 
東京都中央区銀座5-9-17あずまビルBF
11:30~14:00   17:00~22:00
(土日祭日休み)
 
 

グレイトアース宮崎ライド2017ゲストライダー

トライアスロンの日本代表の合宿が
宮崎で行われている
まさにこれからが宮崎のスポーツキャンプ本番を迎える
 
さて2017年3月12日にサンマリンスタジアムをスタートに
宮崎~日南の125キロコースで開催される
グレイトアース宮崎ライド2017のゲストライダーが決定した
 IMG_5603
 
 
山本隆弘氏 (鳥取出身)
 
バレーボールで世界の大砲と言われた選手
2003年ワールドカップMVP
2004年日本人バレーボール選手として初めてプロ契約
2008年北京オリンピック出場
2013年現役引退後はバレーボールの普及活動や
ライダーとしても活躍中
 
images
 
IMG_2132
 
宮崎は2回目の参加となる
彼の大きな特製バイクは見もの
宮崎と宮崎牛をこよなく愛する人でもある!
 
 
渡邉一成選手 (福島出身)
 
現役の自転車トラック競技日本代表選手
北京、ロンドン、リオのオリンピック3回連続出場
img_e87434e5f8d8ae236beea22831805a8a210052
2006年アジア競技大会チームスプリントで優勝
2007年~2008年 全日本選手権 スプリント優勝
2009年~2010年 アジア選手権スプリント優勝
2011年 全日本選手権 チームスプリント優勝
2012年 アジア選手権 スプリント優勝
などなど数々の優勝経歴がある
team_sprint003
 
今回は初の宮崎入り
本人も大変楽しみだと言っているようです
自転車のオリンピック代表選手と一緒に走れるチャンスもめったにない
 
又地元からは日南市の大野理副市長もゲストライダーとして参加される
以前はトライアスロンもされていたようだ
IMG_4183
 
是非、早春の宮崎
全国のチャリダーとゲストと共に日南海岸を走ってみませんか?
 
エントリーはこちらから(web)
 
faxでも申込みできます
 

Oakのカクテル(宮崎市)

最近は食事だけで帰ることが多くなったが
ときたま2次会に行きたいと思う日がある
私の場合は静かに楽しみたいほうなので
オーセンティックなバーに顔を出す
 
その中でも中央通りの
バーOakは落ち着いた居心地の良い空間だ
カクテルの完成度も高く
料金もお手頃なのが良い
 
さて宮崎は完熟金柑の季節になってきた
まずはマスターの岩切さんお勧めの
完熟金柑を使ったジンバック
金柑の色が爽やかで印象度も高い
 IMG_6068
次はブルームーン
ジンベースでレモンジュースとバイオレットリキュール
色がいかにも幻想的だ
IMG_1312
このカクテルには2つの意味があると言う
奇跡の予感、かなわぬ出来事
今夜は奇跡の予感を信じて飲むことにしよう
IMG_6066 
相変わらず岩切さん御夫婦の素敵な仲の良さ
 
そうそう、飲めない女性には
旬の果物を使ったノンアルコールのカクテルがある
これも人気だ
 
深夜お腹がへったら
けいこママ特製のビーフカレーやパスタも美味い
 IMG_1642
 
どちらも辛さも選択できる
私の好みは辛口である
 
 
 
奇跡の予感度   ★★★★
 
バーOak
 
宮崎市中央通り1-10第一ビル1F
0985-29-1909
19:30~24:00
 

シャトレーゼ都城店

シャトレーゼと言えば
1954年創業の山梨県甲府市が本社の食品メーカー
名前の由来はフランス語のシャトー(城)と
レザン(ぶどう)を掛け合わせた造語だ
 
地方から生まれた全国チェーンのお菓子屋さんだが
高品質、低価格のお店として有名だ
売上は463億円
今では全国に500店舗、
海外もシンガポールをはじめ東南アジアやUAEなどにも出店
世界展開を加速化させている
 
なんといっても素材へのこだわりが一番のモットーだ
山梨県の素材をはじめ
チョコレートはベルギー産ク—ベルチュールなど
徹底的に素材にこだわる
健康にも配慮して
食品添加物も使用しないか、できるだけ減らしているという
 
出店はロードサイドのみ
その理由はデパートやスーパーに出すと
スーパーバイヤーから値下げの要求や
同業者との競合に追いつめられる
味にこだわるシャトレーゼは百貨店に頼るのはやめ
自社工場で作りたてのお菓子を自力でロードサイドに出店していった
工場から店舗に直送し販売する戦略だ
もちろん工場は徹底したオートメーション化
宣伝はしなかったが
味へのこだわりとリーズナブルな価格は
一気に全国の消費者に口コミで拡がっていた
 IMG_1655
 
今日は宮崎県初出店のシャトレーゼ都城店へ
お店に入ると洋菓子、和菓子、アイスクリーム、
そして山梨と言えばワインだがそのワインまで売っている
まさに多種多様な商品が並んでいる
ケーキもアイスも驚くほど安い
人気のダブルシュークリームは100円
1993年の発売から愛されてきたロングセラー商品のようだ
食べるとふんわりクリーミーで美味しい!
新発売のレーズンが入ったアイス 220円
濃厚で甘い、レーズンもたっぷり入ってこの価格とは驚く
 IMG_1653
ガトーショコラ280円、イチゴのショートケーキ280円
ガトーショコラも濃厚で深い味わい
198円のケーキもある。
価格にも美味しさにも驚き!
 
シャトレーゼの魅力と実力を体験して実感した
地方から独自の戦略で地域活性化を図り成功した希有な事例だ
今後の世界展開で日本のスイーツの魅力を拡げて行ってほしい

麺フリーク(宮崎市編)

今回は宮崎市の3軒のラーメン店をご紹介
いずれも個性あふれるラーメン屋さんだ
 
福茶
 
宮崎市のラーメン街道と呼ばれる
加納の国道268号線沿いにある
名物はニララーメン
ニラをふんだんに炒め唐辛子とひき肉が加わる
これをラーメンの上にのせ最後にレモンがのっかって完成
レモンの酸味が
エスニックな雰囲気を漂わす
濃厚な味とレモンのさわやかさが小気味よい
 IMG_1491
今日は少しニラが炒めすぎてくたくたでちょっと残念
ニラをもう少しシャキッと炒めると
魅力も倍加するかも・・・・
 
エスニック度  ★★★
 
宮崎市清武町加納2-1
0985-85-6056
11:00~14:30
18:00~22:00
(日曜休み)
 
 
汽車ぽっぽ
 
宮崎市からサンマリンスタジアムを目指し
バイパスで手前の最後の信号を清武方面に右折
踏切を渡ってすぐが汽車ぽっぽだ
こんなところにラーメン屋さんと
意外にびっくりしてしまう
夜は居酒屋でお昼はラーメンと定食のお店
豚骨煮干しラーメン(600円)を頼む
スープは見た目よりもさっぱりしている
ただ煮干しのイメージはあまり感じない
IMG_1114
素材もこだわっているのだろう
素直に普通に美味しいが
癖になるほどでもない
マスターが独特なキャラでユニークだ
 
意外度  ★★★
 
宮崎市郡司刀甲2901-3
090-1342-0142
11:30~14:00
17:00~24:00
 
 
 
のり吉
 
お店のお母さんの笑顔を見たくて
この店に行くのかもしれない
空港近くのスロット屋さんの駐車場の横という
目立たないところにある倉庫みたいなお店だが
最近急にお客さんが増えた
 
私は以前からここのチャーシュー麺(650円)がお気に入り
注文を受けてからチャーシューは切り分けていく
麺はここでは固めと決めている
込み合う昼食時を外し
カウンターからゆっくりお母さんの調理作業を
見ているのがくつろぐ
IMG_0752
チャーシューの旨さ、麺の堅さ、豚骨スープの優しさ
ラーメン全体のバランスが調和している
たとえば海外旅行して宮崎に帰って来たときに
一番食べたくなるラーメンかもしれない
 
かつ丼も人気で注文があってからカツを揚げ始まる
料理を美味しくするのは真心
お母さんの温かい笑顔を見ていると
つくづくそんなことを感じてしまう
空港に近いので県外のラーメン好きな方はぜひのぞいてほしい
綺麗なお店ではないが
お袋の真心を感じるお店である
 
おふくろ度  ★★★★+
 
宮崎市赤江10-2
0985-56-9140
11:00~20:00
(火曜休み)
 
 

世界の農薬・種子メジャーの再編

日本の人口は減少に転じているが
世界で見ると2016年の73億人が
2030年には85億人になると予想されている
先進国などの人口は減少していくが
新興国のアジアやアフリカでは爆発的な人口増が予想されている
しかも地球上の農地は減少していく
 
その中で到来する食糧不足のリスクを
どのように世界の農薬、種子メーカーはとらえているのだろうか?
 
この業界を世界規模の巨大再編が襲っている
2015年12月にアメリカのダウケミカルとデュポンが統合を発表した
 
また2016年2月には
中国化工集団が世界第2位のメーカー シンジェッタ(スイス)を
430億ドルで買収した
シンジェッタは中国市場を拡げることができるし
国有企業の中国化工集団は一挙に世界の農薬のトップメーカーとなり
アジア・アフリカの市場に打って出ることができる
中国のしたたかな食料の世界戦略も垣間見える
 
これに引き続き
世界第1位のモンサント(アメリカ)を第3位のバイエル(ドイツ)が
2016年9月に620億ドルで買収した
モンサントは除草剤のラウンドアップと
遺伝子組み換えのトウモロコシを開発し
飼料用トウモロコシを低コストで効率的に生産することを可能にした
アメリカの戦略的な企業である
 
現在世界の農薬市場は5~6兆円の規模だ
2つの買収にかける総額を見ると11兆円を軽く超す数字
目先だけを見ると理屈に合わない買収額の数字だが
将来の世界の人口増に伴う爆発する市場拡大と
規制強化による研究開発費の増大の効率化を図るのが目的だ
 
この再編で世界の6強が
4強時代に入る
 
1バイエル・モンサント連合
2デュポン・ダウケミカル連合
3シンジェッタ(中国化工集団)
4BASF(ドイツ)
 
独自の路線を歩んでいるのがBASFである
上海とインドのムンバイに研究拠点を置き
ベンチャー企業の買収などで基盤を強化している
 
世界の人口増と食糧不足のリスク
その問題に直面する前に
アメリカ、ドイツ、中国の国家戦略の思惑なども入り混じりながら
世界食料マーケットのリスクをチャンスととらえた
大きな世界規模の再編の流れが続いていくだろう
 

国宝 青井阿蘇神社(人吉市)

人吉は鎌倉時代から明治時代までの約700年もの間
相良一族という一つの士族が治めた
日本でも唯一の地域である
それだけに独自の文化を形成してきた地域であるともいえよう
 
その人吉市のシンボルともいえる神社がある
名前は青井阿蘇神社
806年に創建され
現在の建物は1610年から18年にかけて相良氏によって造営された
地元の人々からは親しみを込めて青井さんと呼ばれている
 
2008年に青井阿蘇神社は国宝に指定された
茅葺としては全国唯一の国宝であり
建造物としては日本最南端の国宝である
IMG_1560
茅葺の桃山様式の楼門は圧倒的な存在感がある
楼門の脇にはおがたまの木
一円玉の図案でもおなじみの木である
茅葺の拝殿も凛として美しい
 
司馬遼太郎は1972年3月に肥薩を旅し人吉に立ち寄り
桃山風の楼門があることに驚き絶賛している
IMG_1553 
街道を行くの本の中で
 
人吉の町で驚いたのは青井神社の楼門だった
この神社に壮麗な殿舎を与えたのは豊臣期の相良氏である
この楼門を仰いで感動させられるのは
豊臣期という統一時代には、
あるいは僻地というものが存在しなかったのではないかということである
「青井大明神」という額を高く掲げたこの楼門は
京都あたりに残っている桃山風の建造物よりも
さらに桃山ぶりのエッセンスを感じさせる華やぎと豪放さを持っているのである
 IMG_1555
人吉市に行かれたら
聖地として人々に親しまれていた
茅葺の神社をご覧いただきたい