武士道精神か勝利か?

日本代表サッカーチームがワールドカップで

決勝リーグにかろうじて勝ち上がった。

悲願の16強入りを決めた。

最初のコロンビア戦は勝利し

世界からは大いなる番狂わせと言われ

日本のサッカーを再び世界にアピールした。

 

セネガル戦では2度のビハインドを追いつき

見事なオフサンドトラップ戦略も含め

世界に知能的で粘り強い日本のサッカーを印象付けた。

 

そしてポーランド戦

01のビハインドで

終盤の10

負けている試合で日本は攻めることをせず

自軍でのパス回しに徹し

会場では多くのブーイングを浴びた

結果これが功を奏して決勝リーグに勝ち上がった

 

特に終盤の10分間

何とも情けなく、寂しい勝利の仕方だった

時間稼ぎの自軍でのパス回しは見る者にとってはつらい場面だった

ただ勝ちに徹する戦い方

武士道精神のかけらもない

そんな風に思えたポーランド戦だった。

 

日本代表のサッカーチームはサムライブルーと呼ばれている

サムライとは正々堂々の精神と相手を敬う

サムライの心構えを現しているのだと思う。

新渡戸稲造が書いた「武士道」は世界で広く読まれ

日本のサムライの精神を広く深く紹介した本でもある

本の中では

仁、義、礼、智、信、忠、誠、を大切にし

自ら卑劣な行動を慎み、品位と名誉を重んじた行動を心掛け

相手を尊重する

特にその中の「義」はフェアプレイを意味し

勝負に勝っても不正行為で勝ち得た勝利は称賛しない

 

このポーランド戦の終盤の日本の作戦は

世界のサッカーファンからバッシングを受けたばかりか

日本人の持っていた武士道精神まで無くなったのかと言われるのではないか

 

世界各国のマスコミの痛烈なメッセージがそれを見事に表している

BBCは笑劇と茶番

ドイツは決勝リーグでぼこぼこにされればいい!

各国のマスコミも恥、ナンセンスと手厳しい

当然のことだと思う

 

勝利よりもスポーツは大切なものがあるように思う

見ていた日本の子供たちは何を感じただろうか?

私にとってポーランド戦は武士道精神のかけらもない

寂しくつらい

残念な試合だった。

第21回大吟醸を楽しむ会の楽しみ方

大吟醸を楽しむ会が71日宮崎観光ホテルで開催いたします

チケットはすでに完売!

キャンセル待ちも多数いらっしゃるそうで

有難いことだと感謝いたします。

さて幸運にもチケットを手にされた方には

この会の楽しみ方を少しご紹介したいと思います。

大吟醸日本一周の旅を居ながらにして体験できるのが

この会の特色でもあります。

もちろん自分の好きな蔵や人気蔵元をめぐるのは当然だが

テーマを持ってお酒を巡ることも有意義だと考えます

 

  1. 受賞蔵を巡る旅

金賞受賞、IWCゴールド受賞の2年連続ダブル受賞が

福島の奥の松、栃木の惣誉と静岡の開運

そして初登場の三重の作 の4

ダブル受賞は素晴らしいこと

是非この4蔵はお酒の味を堪能してほしい!

 

  1. 蔵元の酒とつまみを巡る旅

秋田、天寿のいぶりがっこ、秋田、刈穂のハタハタの浜焼き

岩手、南部美人のばくらいと南部せんべい

 _

出羽桜のサファイヤ真珠(茄子の漬物)

新潟、〆張鶴の鮭の酒びたし

埼玉、神亀 鰻のかぶと

岐阜、白扇酒造のアユの熟鮓

三重、るみ子の酒のスモークレバー

 

富山、満寿泉のKITKAT満寿泉(サッカーの中田が監修したもの)

広島、誠鏡まぼろしのオイル&オイスター

熊本、千代の園の馬肉のたたき

__

いずれも美味珍味ばかり、是非各地の大吟醸と楽しんでください

 

  1. 大吟醸版「あてなよる」的楽しみ方

全国の美味珍味では

青森のあんこうのとも合え

東京、ひさごやのレバーフライはお燗酒と合わせてみてください、

地味ですが島根県のわさびの醤油漬けが美味です

 

今年初めて福岡の小野貴史シェフがジビエのロースト

会場でサーブします。

宮崎の海幸山幸ですが

何といってもKURAGEの野間社長自ら

釣に出かけて地獲れの魚の刺身が楽しみです

かずら橋のかつおのゴマ漬

初登場のポチロンのラタトゥユ

福永崇志シェフの枝豆と焼きモロコシのムースも見逃せません

炭焼きあんばいの刀根鶏と青森産鴨のマカロンは想像ができません

発酵つまみとしてはダイワファームのチーズをみやだいず醤油もろみ漬にしたつまみ

がインパクトあります

 

  1. ブルータス 「日本一の手みやげ」はこれだ!の逸品も

都萬牛ステーキ シルバー賞

赤身が美味しいと評判の健康的な牛肉です、今回ステーキコーナーで提供します。

松坂牛納豆  シルバー賞

松坂牛と赤豆の納豆で作った人気商品です

 

  1. 蔵元との出会い旅

日本酒の蔵元は地方で文化のメセナ的な活動を行ってきた方々です

宮崎でしかできない蔵元との深い交流と会話をお楽しみください!

 

それでは71日、会場でお待ちしております

BeefAtelierうしのみや(シーガイア)

お店はシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートの一階

看板もない

名前はBeefAtelierうしのみや

時間になってい店に行くと

待合の間に通されるとまずは青汁

宮崎県産の野菜をブレンドしたもの

複雑な味だが健康には良さそうだ

お肉の前に健康な食前ドリンクである

 _

テーブルに案内されると

今日提供されるお肉の説明

ずらり並ぶ宮崎牛の部位・・・・

まずはシャンパン

_ _

お凌ぎは宮崎牛の肉茶漬け

次に肉八寸

宮崎牛友三角漬の燻製とカマンベールチーズの燻製

日向カボチャ味噌漬

ロースの葛打ち 玉ねぎのすり流し

このすり流しは甘くて美味、お替りが欲しい!

 _

生野菜はバーニャカウダー、オリーブオイルなど4つのソースで

 _

宮崎牛のミニ塩ハンバーガー 可愛くてジューシー

 _

さてオーストラリアの赤ワインを頼む 

牛タン焼きしゃぶ

 __

シャトーブリアンの鉄板焼き

ベスト、言うことなし!

 _

宮崎牛くりみの燻製(肩の希少部分)

旨味が強く肉らしい味わい

 _

ほほ肉の赤ワイン煮

 _

牛ロースとトマトのすき焼き

 __

冷や汁

牛乳を入れてクリーミーに仕上げている

 _

黒カレー

ゴマを使用しているので黒くなるのだそうだ

後からスパイシーさが追っかけてくる

 _

コースで量的には一人肉だけで180gぐらいだろうか?

予想以上にお腹はパンパンになる

腹八分が私個人では理想的なのだが・・・

 

このお店は小山薫堂氏のプロデュースであることは知られている

彼らしいセンスの良さも感じるし素材もこだわりがある

懐石風で肉が味わえる面白さもサプライズだ

カウンターでライブ感覚の楽しさみたいなものも感じることができる

サービスもそつがない。

13000円だが価格も妥当だ、安いくらいだと思う。

ただ少しお酒類が高いのが玉に傷

最後の締めの黒カレーやすき焼きの味が

もう一段ブラッシュアップされるとさらに良くなるのだが・・・・

まさに宮崎牛のいろんな部位を楽しめるお肉の旅だと思う

 

一つ思ったことは

お店に入ってすぐこのお店の方から小山薫堂氏の・・・・・

との挨拶コメントは嫌味に感じるのは私だけだろうか?

最後のメニュー表にもしっかり書いてあるのだから

かえって最初の挨拶は小山薫堂氏のイメージダウンにもなるような気がする

 

 

宮﨑牛 お肉の旅度  ★★★★

 

 

BeefAtelierうしのみや

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート1F

0985211113

予約限定

 

 

一の茶屋(都農町)

日向に向かう10号線沿い

都農町を過ぎ、美々津の手前に一の茶屋はある

讃岐うどんと書いてあるが

それほどコシは強くない

どちらかと言うと宮崎らしい柔目のうどんだと思う

 _

ゴボ天うどんと名物一平揚げを頼む

一平揚げは注文ごとに

独自の魚のすり身を揚げて熱々で出す

独特の風味がありとても美味しいのだ

 _

若きご主人はきびきびして気持ちが良い!

 

 

一平熱々度   ★★★

 

 

一の茶屋

都農町川北169953

0983252486

10:3016:00  17:0020:00

木曜休み

ポチロン(宮崎市)

夕方、ふらっと行きたくなって

ポチロンに電話

今日は空いていたようで、カウンターに一人座る

山本マスターにdancyuに載っていましたね

しかも小山薫堂さんの連載エッセイと言うところが良かったですねと

と声をかけると

まさか掲載されるとは思ってもみませんでした。

掲載後すぐ全国の昔の仲間から連絡があったという

また雑誌を見てきましたとのお客さんもいらっしゃったようで

dancyuの力に驚いていた様子

 

さて今日は一人で食事

白ワインとレモンたっぷりの酸味の利いたポテトサラダ

つぎは北海道のイワシと佐土原茄子のカルパッチョ

意外性の取り合わせが気持ち良い

 _

赤ワインを頼み

都萬牛のステーキをハーフサイズで

豆の上に都萬牛が乗り

さらにその上から山わさびを振りかけてある

 _

健康的な赤身のステーキが美味

マスターと話をしながら楽しめる

夕暮れの1人カウンター席も乙なものだ!

 

 

1人カウンター度  ★★★★

 

ポチロン

宮崎市広島1−4−9第一小田ビル1F

050−5590−3596

11:30〜14:30 水曜日曜休み

18:30〜23:00 日曜休み

 

 

江戸落語を楽しむ会(三遊亭鳳楽)

宮崎で大吟醸を楽しむ会が71日開催されるが

その前日祭として江戸落語を楽しむ会が630

シーガイアコンベンションセンター2Fオチャードホールで行われる

ゲストは三遊亭鳳楽師匠

六台目、三遊亭圓生の芸風を引き継ぐ

繊細な情景描写、綿密な人物描写で江戸の粋を感じさせてくれる

 _

午後3時半開場

午後4時開演

チケット  2500円(当日3000円)

シーガイアプレミアムメンバーであれば2000円となります

 

なお参加者の中から全国の大吟醸が当たる抽選会があります

ぜひお出かけください!

お問い合わせは221164まで

 

 

麺’sフリーク(鹿児島編)

鹿児島でラーメンと言うとご馳走のイメージがあるそうだ
ラーメンの価格の高さはそんなことも感じさせてくれる
しかも大根の白い漬物がついて出てくるのが常識
麺が全体的に柔らかいのも特徴なのかな?
個人的には海の家、こむらさき、などが好きなのだが
市内だけではなく県内にも特色あるラーメン屋さんがある
鹿児島県内のラーメン屋さんをご紹介したい


豚とろ天文館アーケード店

豚骨と鶏とかつおを煮込んだ濃厚な味で
チャーシューも柔らかく、デビューと共に
多くのファンを獲得し、一躍鹿児島ラーメンの
代表店の一つとなったラーメン屋さんだ
豚とろのお店も本店のほか中央駅店と
こむらさきの2〜3件隣りに天文館通にも新しいお店ができた
今日はその新しいお店に・・・
チケットは自販機で前払い制
豚とろラーメン850円のチケットを買い
入って感じたことだが活気がない
_
ラーメンを食べてみた
昔できたばかりの愛情あふれる旨さには程遠く
レベルは高いのだが
なんとなくチェーン店のような味に様変わりしていた
私にとって半分以上魅力が無くなったラーメンだ

落胆度  ★★★

鹿児島市東千石町11−15
099−226−7755



とくだラーメン

地元民に愛される老舗ラーメン店
昔ながらの食堂を思わせる店内
そこに開店早々からお客が詰めかける
ラーメンを注文 650円
麺固めは鹿児島では必需
大根の漬物がとても美味しい
_
少しスープが濃いめで塩辛いのが特徴だ
しかしお客さんが続々とどんどん多くなる
驚くほどの繁盛ぶりだ
_
食べていくとこの濃厚さが悪魔的な魅力となるのかと思う
それにしても少し塩辛い!


地元密着度  ★★★☆


霧島市隼人町真孝856
0995−43−5782
11:00〜20:00



五十嵐食堂

伊佐市大口の山野にある
地元に方々に愛されているラーメン屋さん
カウンター席とテーブル席が2つ、大きな座敷もある
この座敷を見ただけで人気の程がうかがわれる

ラーメン550円と
人気だというのでチャーハン400円も注文
テーブルには自家製梅干し、ニンニクの醤油漬け、
自家製うまいラー油が置いてある
_
ラーメンはオーソドックスな味だが
途中でラー油を入れると味がマイルドになり風味が一層増してくる
_
チャーハンはチャーシューの細切れが入っており
それなりに美味しかったが、ご飯が良くなかった

食堂の割には駐車場がものすごく広い
これも人気を現している証拠だろう

うまいラー油度  ★★★++

伊佐市大口山野
10:00〜20:00

味のとんかつ 丸一(鹿児島市)

鹿児島市の市街地の中心

鹿児島中央ビルの地下にとんかつ屋さんがある

地下に降りていくと

とんかつの香ばしい匂いが漂ってくる

これだけで食欲がそそられる

そして人の行列がずらり・・・・

 _

ようやくお店に入ると

カウンターの中では、ご主人が黙々と

サウスポーでとんかつを揚げている

ヒレ(1300円)を注文!

 

ここは黒豚を一日寝かせて揚げるのだそう

8割揚げて、後の2割は余熱で蒸す

肉のボリューム感が凄い

見た目は少し焦げたように感じるのだが

食べてみると柔らかく、肉の食感も良い

 _

ご主人は警察出身

東京でお店を開こうと思ったが

とんかつの魅力を広げる意味でも

鹿児島に店を昭和58年にオープンした

お米もあきたこまちを使うなど食材にもこだわりを持つ

ご主人の揚げる姿も魅力の一つである

 

キャベツの千切りの仕方と見た目

味噌汁 などの細かい点が

さらにブラッシュアップされれば

まだ魅力度が増すだろう

 

 

サウスポー度  ★★★☆

 

味のとんかつ 丸一

 

鹿児島市山之口町1−10鹿児島中央ビルBF

099−226−3351

11:30〜14:00

17:00〜21:00

日曜休み

 

薩摩スチューデントという偉業

昔のネットワークの仕事仲間が鹿児島に集まった

鹿児島は西郷どんの人気で観光客も増えているとのこと

一年ぶりの再会に話も弾んだ

 _

ここが西郷隆盛の生誕地

西郷どん記念館を見学した後

甲突川の川べりの緑地を歩くと

維新への道が展開されている

西郷隆盛生誕の地をはさみ

薩摩の歴史がうまく理解できるディスプレイも展開されている

その中でも印象深かったのは

薩摩維新館での薩摩スチューデントの映像だった

 _

1865年、薩摩藩は幕府の鎖国令を犯し

密かに15名の留学生と4人の使節団をイギリスに送り込んだ

 

この計画は亡き藩主、島津斉彬の発案であった。

西欧の近代的な技術を学び、豊かな強い国を作らなければ

いずれ日本は列強に支配され、植民地の道をたどらざるを得ない

留学生の派遣は打開に向けた一つの布石だった。

しかしこの構想は1858年斉彬の急死により頓挫する。

 

1863年の薩英戦争で

圧倒的なイギリスの軍事力を目の当たりにして

五代友厚は長崎の英国商人 トーマス・グラバーと懇意になり

留学の構想を温め、藩に提出する

数字に裏打ちされた開国貿易を基礎とした富国強兵論だ

幕府に知れたらただ事では済まされない

しかも一人当たりの費用は

現在の価格に換算すると2600万と言う巨大なものだったという

いかに薩摩が危機感を持ってこの事業を行ったかが理解できる

 

鹿児島から出港し、香港、シンガポールなどの港に寄り

66日間でイギリスに到着

航海中は必死に英語を勉強したという

 

最先端の機械や地下鉄などの交通システムに刺激と驚嘆と勉強の日々

短期間に勉強し吸収した知識を持ち帰り

それが日本で花開くことになる

この留学生15人や視察団の4人が

明治維新後の明治政府の核となって活躍していくことになる

 

日本の未来を見据えた島津斉彬の優れた先見性と

西郷隆盛などの傑物を見出した慧眼に驚くとともに

自ら未知の世界に挑戦していった薩摩スチューデントたち

その期待に応え実現していった薩摩隼人の志の高さと覚悟に

深く感銘した

今の時代だからこそ、日本にそんな若者が出てくることを願いたい!

 

 

祝ブルーツリー30周年パーティ

ブルーツリーの30周年パーティが
全国から350名のお客さんを招き
6月9日宮崎観光ホテルで盛大に開催された。
___パーティを支えたスタッフの皆さん


宮崎市ダイヤモンドビルの5Fの
小さな場末のようなスナック
しかもおじさん一人でやっているスナックが
全国の焼酎ファンの中から焼酎の聖地と言われているほど
輝きを放っている。

最初のご挨拶では
上妻マスターは何度か生命の危機があった
一度目は交通事故
2度目は脳梗塞
しかし医者の意見は聞かず、好きなコーラやたばこは
止める気配すらないと笑いながら話された
__

_
あおき中学校出身なので名前はブルーツリー
マスターの上妻隆一郎さんは
お店をオープンしたのは1988年6月10日
今まで何度かの危機を焼酎で助けられ
お店もこれまでやってこれた
焼酎の蔵元を若くなってきている
今からは若い人の時代
この若い蔵の方々が次の時代の焼酎を引っ張っていっていただきたい
と挨拶
_
3Mをはじめ様々な焼酎が飲み放題
その中でもひときわ存在感があったのが
萬膳の宿翁
今ではネットで27万円と言う高額商品のようだ
_
65年まえのダルマ焼酎
月の中の35℃などなど
たくさんの日頃めったに飲めない焼酎を試飲させていただいた
_
パーティは
村上三絃堂の三味線
ねこやさんのマグロの解体などで盛り上がった
_
小さなスナックが30年を迎えたことは
全国でも珍しくないのだが
これだけの全国の焼酎ファンに愛されているマスターは
全国でもここだけだと断言できる
まさに宮崎の財産であり、誇りとなる焼酎バーである
_
10年目は飲みすぎて前後不覚になり
20年目はズボンのベルトが亡くなった
30年目は体の不調をファンの声援で何とか乗り切ったと
上妻マスター
今度は40周年まで是非頑張ってください!
パーティお疲れ様でした
そしてありがとうございました!