きゅうくつは、うまい。

都会の狭い居酒屋で
居心地の良さを感じる瞬間がある
その店ならではの酒と肴、
そして人とのふれあいや人情に安らぎを覚えるのだろう
 
コピーライターの岩崎俊一氏が
世界コミュニケーションの年1983年に
東京新聞に掲載されたコピーが今でも心に残っている
 
 
きゅうくつは、うまい。
 
 
お酒を飲まない方のために紹介すると、
 
あの有名な新宿ゴールデン街や
 
渋谷のガード近くの酒場などは、
 
一軒一軒が、はなはだ狭い。4~5畳ぐらいのところに、
 
大の大人が10何人もひしめいて飲んでいるんですね
 
(中には立ちっ放しで飲んでいる人もいる)。
 
何もそんなに狭いところ(お店の人、ゴメン)で
 
飲むことはないでしょ、と言いたくなるんですが、
 
男たちはとろけそうなほど幸せな顔をして飲んでいる。
 
そんな(ある意味で不思議な)光景にでくわすたび、
 
ああ、この人たちは人に会いに来てるんだな、と思う。
 
人を酔わせることができるのは、
 
結局人だけかもしれない、と思うわけであります
 
その証拠に、「私、お酒は一滴もダメで」などと
 
言う人がその中にいて、そしてその中の誰よりも
 
しっかりと酔っているふうに、見えるのです。
 
体温があるから、コミュニケーションは美しい。
 
 
宮崎にも安べえ小路という飲み屋街があった
その中には小さな飲み屋が15,6軒は入っていた
三津というお店は小さいカウンターだけのおでんのお店だったが
とても人気があり知名度も全国的だった
その小さいお店で肩を触れ合うように飲んだ酒とママとの会話
そして知らない人々とのノミュニケーションは今でもよい思い出だ
きゅうくつはうまい!
それはまさしく体温を感じるコミュニケーションだった
最近宮崎はそんなお店がなくなってしまって少し寂しい・・・・・・・