流れるものは万能である

勝負の世界で
20年以上負けなかった雀師がいる
桜井彰一氏
麻雀界でも伝説の人だ
鉄火場の世界で負け無しの偉業を達成した人の言葉は
限りなく深い
人の生き方、自然に対する向き合い方を考えさせられる世界観がある
 
 
流れるものは万能である
 
動(動物)
静(植物)
流れ(自然)
 
流れているものが自然であり
そこにバランスをとって居住しているものが
植物であり、動物である
 
動は100年
静は1000年
流れは無限である
 
 
人間はいつの時代でも自然に挑戦をし続けている
その歴史こそが人間の目先の利益や便利さだけを考えたもので
それは結局、自然に対するいじめにつながっているなのかもしれない
そんな人間に対して自然は怒りだしている
そんな現象が地震や噴火や津波で現れていると
解釈することは不自然ではあるまい!
人類が開発を行えば行うほど自然災害は大きくなるばかりだと思う
 
 
 
割り込みこそが恥さらしなのです
 
割り込みを進歩とか、積極的にとかごまかしてはいけない
割り込みが悪行を生む。
待つ列に人が割り込めば
不快が生じ喧嘩すら起こる
心と行動に分裂をきたす
国が他国に割り込めば戦争となる。
 
欲が過ぎたり
自分勝手、他人無視の心になったりすると
人の領分を侵したくなる
人の幸せをねたむのも
人の幸せに割り込むことなのです。
 
割り込むと奪うことになる。
奪うことは悪事につながる。
親が子の世界に割り込むから
子供は侵略されて子供らしさが無くなってくる。
 
 
世界で割り込みがはびこってきている
国家間の紛争をはじめ
子供の教育から
人間関係や
東日本大震災まで
割り込みの論理で考えると素直に理解できる
 
桜井章一氏
20年以上麻雀界で無敗を続けた人の言葉は限りなく重くて深い