向田邦子没後40周年

向田邦子が台湾の飛行機事故で亡くなって

早いもので40年が過ぎた

数々のテレビドラマの脚本だけではなく

エッセイストや小説家としても活躍し

直木賞まで受賞した

40年たった今でも私の心に生き続けているのが向田さんである

 

旺盛な好奇心と細やかな観察力から生まれる

独自の文章は

人の心の機微、情景だけでなく空気感までも現していた

美味しい物にも目がなく旅行も好き

風のように軽やかに生きた

そんなライフスタイルにもあこがれていた

 

女の人差し指から私の好きな美味しい文章を少しご紹介!

 

板前志願

 

一に材料、二に包丁、三、四が無くて五に器

と言うのが私の信条である。

材料はケチらないで極上の物をそろえよう。

・・・・・・・

献立。これがまた楽しみでもある。

・・・・・・・

突き出しは、キュウリとウドのもろみ添え

向付に、染付の向付に

とろろ芋を千切りに刻んで、なめ茸をちょんと載せて出そうか。

いや、アッサリとわさびと海苔で、三杯酢で行こうかな。

こんな調子で原稿用紙に献立を作って、いつも、一時間は遊んでしまう。

・・・・・・・・

 

 

こまやかな野草の味

 

野草の味わいを覚えると、

今まで死んだ野菜を食べていたことに気が付きます。

雑草と大雑把に呼んでいた草の中に、

こんなに可憐な形と、こまやかな味わいをもつものがあったのかと

目を開かれる思いでした。

白ツバキの花びらは、揚げると薄いあめ色に色づいて

控えめな気品のある甘さが舌に残ります。

アズキナは、素揚げにすると

杉箸に色が移るかと思えるほど、鮮やかな翡翠の色に染まります。

タラノメの天婦羅を王者の味とすれば

このアズキナは女王格の美しさとおいしさといえましょう。

淡白なようでいて、強くて濃い味がいたします。

谷戸の上を二羽のトビがゆっくりと輪を描いています。

鹿の肉とヤマウドのフライをねらっているのかもしれません。

さらわれないうちに、赤ワインでいただきました。

ワイングラスの中に桜の花びらが散り、薄赤く染まっています。

年々歳々日と同じからずと申します。

人は病んだり、老いたりするというのに

自然は毎年同じ時、同じ場所に同じ花をつけ、実を結ぶのです。

なんとたくましくそこやかなことでしょう。

「天行は健也」(易経)

忘れていたこんな言葉を思い出しました。

 

品のある文章はセンスだけではなく、

より深く全てを表現しているのが向田流

自らの価値観を大事にし

風のように軽やかに生きた向田邦子

その幕切れも、彼女が書いたドラマその物のようであった。