こうはらあじさい園(高原町)

梅雨のシーズンになると

紫陽花の花が見ごろになる

高原町に私設のあじさい園があるという

行った方に道案内をお願いして行ってきた

場所はわかりづらいところだが

平日でも駐車場には車が多い

地元の方には花の見どころとして

有名な場所だという事が理解できる

名前はこうはらあじさい園

高原(こうはら)夫妻が愛情を注ぎ丹精込めて育てた紫陽花だ

5000平米の敷地に423種類、

約3000株の紫陽花が植栽されている

種類は九州一だという

6月1日から25日まで

入場無料で紫陽花を見ることができる

数々の紫陽花を見ながら心が癒される

何故こんなあじさい園ができたのだろう

きっかけは2001年に子どもたちから誕生日プレゼントに送られた紫陽花だった

紫陽花の美しさに魅せられ

自宅の庭に植え、通販で紫陽花の種を買い少しずつ広げていった

ご主人が休日に雑木林を切り拓き植栽して行った

10年ほど前から一般公開をするようになった

徐々に口コミで広がり話題となっていった

ご家族の愛が結晶した素敵なあじさい園だ

手作りのトイレもバリアフリーで嬉しい

入場は無料だが、見学したらぜひ園内の竹筒に

気持ちだけの寄付をして頂ければ嬉しいです