夏休み親子発酵教室のご案内(都農ワイン)

夏休み親子発酵教室を8月20日

15:30から都農ワインで開催します。

 

発酵×体験×食=健康をテーマに

今回はサマー・イブニング・ハーベストとして

葡萄の収穫を体験していただきます

なかなかできないワインブドウ収穫です

品種は当日のお楽しみに・・・

 

その後ワイン葡萄品種のお話を赤尾工場長と

黒木玲二さんからは尾鈴葡萄品種の話をしていただけます

黒木さんは尾鈴葡萄の先駆者である永友百次さんの孫でもあります

食事は豪華な発酵BBQ

ワイン牛をはじめ、美味しい食材が満載です

特製葡萄ジュースや都農ワインもお楽しみください

ハンドルキーパーはもちろん禁酒でお願いいたします

 

夏は暑いし、収穫の体験ですから

服装はカジュアルで帽子や手袋は必須です!

8月20日都農ワインで15:00からの受付です

大人 2500円 子供 1500円(小学生のみ)

 

都農ワインで開催するサマー・イブニング・ハーベスト

30名限定ですので

お申し込みはお早めにどうぞ

0985−31−7086 みやざき発酵ネットワーク事務局まで

都農ファームカフェ(都農町)

葡萄生産者の黒木さんに会って

そのあと都農ワイナリーに出かけた

都農ワインの葡萄畑ではメルローがこんなに大きくなっている

赤尾工場長に挨拶して、

ワイナリー内の出来上がったばかりのカフェへ

テラス席が気持ちが良い

ここから見る風景は本当に絶景だ

そのテラス席でワインを撮影していたら

何ともワインな気分になってきた

都農ワインの中からどれでも3種類選んで

飲むことができるワインセットが良いと言われたので

カタログを見ながら3種を選ぶ

選んだワインはシャルドネ#6−B

スパークリングシャルドネ、プライベートリザーブシラー

なんとこのおつまみも付く

チーズやカルネなど

特にカルネはシラーにはよく合うという

通常カルネはラム酒で作るのだが、ここは自家製ブランディーで作っているそうだ

シャルドネ#6−Bはトロピカルで高貴なイメージ

スパークリングシャルドネは開放的で華やかだ

シラーはブルーベリーや胡椒などの複雑の味わいと心地よいタンニン

 

これは1270円(税込み)の価格としてはとてもお得なセットだ

一番人気だというチキン南蛮(1080円税込み)も頼んで

今日は豪華なワイン付きの昼食となった

丁寧な接遇をしていただいた愛想の良い3人の女性に感謝!

ごちそうさまでした

お天気の良い時はテラス席は是非物ですよ!

 

 

絶景度  ★★★☆+

 

都農ファームカフェ

都農町川北14609−20

0983−25−5501

11:00〜16:00

火曜休み

黒木玲二さん(葡萄生産者)

都農ワインの自社葡萄農園

牧内農園の黒木玲二さんを訪ねた

黒木さんは尾鈴葡萄を誕生させた先駆者として知られる

永友百次の孫でもある

都農で何故ブドウ栽培が始まったのか?

黒木さんに素朴な疑問を聞いた

都農町の土は1500万年尾鈴山の噴火によって

火山灰の土壌となっており稲作には向かなかったこと

町を流れる名貫川より高所にある田畑では

水の取り合いが起きていたことなどの理由で

果樹栽培を始めたのがきっかけだったそう

梨から始めたが台風の被害を受けやすいため

梨から葡萄へとなり栽培が拡がっていったそうです

 

キャンベルアーリーには面白い話があり

最盛期は都農地区で2000トン収穫していたが

その半分の1000トンは北海道市場で高値で売れていた

北海道は当時キャンベルも栽培されていたのだが酸っぱいので

都農町の甘いキャンベルは重宝されたのだという

 

都農ワインの牧内農園ではシャルドネをはじめキャンベルアーリー、

メルロー、シラー、等々自社農園で栽培したものを

都農ワインで醸造している

 

黒木さんはブドウ生産農家でもあるので

自宅の近くのブドウ園を一緒に見に行った

甘さが特徴的なクイーン7

ピオーネ

シャインマスカット

ブドウ園の入り口にはブルーベリーが

葡萄の収穫は期間はどのようになるのかをお聞きすると

まず7月からサニールージュ、ハニービーナス

キャンベルアーリー、ピオーネ

最後は8月後半から9月がシャインマスカットの感じだそうだ

 

今年のぶどうの出来も良く

あまりコロナの影響はないと穏やかに話していただいた

7月後半から葡萄の詰め合わせを販売されるという

興味がある方はぜひ訪ねていただきたい

言葉の力(田中角栄)

日本の失われた30年と言う言葉をよく聞く

現在のコロナ禍、オリンピック問題

日本の長期的な少子高齢化、人口減少など

大きな諸問題の中で国会答弁などを聞いていると

政治家の言葉の力が無くなっているように感じている

国民を向いていない言葉は多すぎる

言葉の力と言う面では

政治家の中でも田中角栄が抜きんでているように思う

庶民宰相と言われた田中角栄だと

どのような言葉を発するのだろうかと思うことがよくある

 

そんなことを考えながら石原慎太郎の書いた

天才 田中角栄 を再読してみた

何よりも凄いのは

先見性に満ちた発想の正確性だ

政治家個人としての発想で、まだ若い時代に

40近い議員立法を成し遂げ、

それがいまだに法律として適用している実績を持つ政治家は誰もいはしまい

と石原慎太郎は書いている

 

54歳6月日本列島改造論を発表

7月内閣総理大臣指名

9月日中国交正常化実現

若き宰相、田中角栄にとっても素晴らしい年であった

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだった

 

日本列島改造論を考えるにあたり

角栄はこのように考えたと書いてある

 

このテンポの速い現代に百年先を予測するのは

官僚には難しい仕事で彼らには限界がある。

今のままで自然成長して行けば大都市は機能マヒしてしまうだろう

故にも生産手段も含めて企業を地方に分散させなくてはならない

そのために新幹線を日本中に走らせ

どの県にも県都の近くに飛行場を作り、

国民の移動の時間と距離を短縮させる

それによって総生産量が向上し利益が増大すれば

これから多分進むだろう

国民の高齢化にも対応できる社会保障のための予算も潤沢となり

社会そのものが成熟していくことになる

ならばそんな列島改造のための金、財源をどこから捻出するのか

という事だが、これは国家の予算を充実させたとしてできることでは決してない

そのためにはあくまでも民間のエネルギーが不可欠なのだ

何でもかんでもお上、国家におんぶするという

低開発国家の態様ではとても及びはしない

あくまで民間の資金、エネルギーを中心にしてやって行く

政府はそれに利子補給して財政規模を縮小するほうがいいのだ

なんでも国がやるという発想は役人の通弊だから

役人が増え、官庁機関が膨れ上がり、役人天国になってしまうのだ

・・・・

日本全体を地域的にバランスの取れたものにしない限り

経済成長は望めやしない

野球のピッチャーに譬えれば

剛腕を振りかざして全力で直球を投げ込む投手よりも

時には変化球を交ぜながら

体全体を使って投げるフォームに改造しないと

長持ちはしないし勝率も上がりはしない

これから先の日本を考えれば、

ここで思い切った先行投資を考えないと

この国はゆがんだまま衰退しかねない

 

実践の政治で結果を出して来た天才だからこその柔軟な発想

今の時代でも十分通用すると考える

官僚と民間の使い分け

長期的な目線

失われた30年と言われ

コロナ対策では日本は後進国かと誰もが実感した

これから日本は次々と厳しい現実が襲ってくる

 

田中角栄の名言の一つ

 

初めに結論を言え。

理由は、三つに限定しろ。

分かったようなことを言うな。

気の利いたことを言うな。

そんなものは聞いている者は一発で見抜く。

借り物でない自分の言葉で、全力で話せ。

そうすれば、初めて人が聞く耳を持ってくれる。

 

私たちは再度

政治家として角栄が発した言葉の重みを今まさに学ぶべきであると考える

服部克久メモリアルコンサート

服部克久さんが亡くなったのが2020年6月11日

先日東京で行われた一年忌には

コロナ禍もあり残念だが行くことはできなかった

私にとって服部さんは音楽の自然食の大切さを教えてくれた人生の師でもあった

 

さて都城文化ホールで6月13日

服部克久メモリアルコンサートが開催されたのでお邪魔してきた

久しぶりに会うコンサートスタッフは

元気そうで懐かしい

娘さんの服部奈緒さんも来られていて

色々お話をしたが

コロナカ禍が落ち着いたら服部さんが喜ぶような

コンサートをやりたいと言われていた

会場にはメモリアルの写真などが飾られて

懐かしい

さてオープニングは

虹の彼方に(オーバー・ザ・レインボー)

虹の彼方に行ってしまった服部さんへのメッセージだ

そして音楽畑メドレー

特にル・ローヌは私の大好きな曲だ

気品がありおしゃれ感がある

 

服部さんは生涯6万曲の楽曲、編曲を創ったと言われている

しかも45年間も日本作曲編曲家協会の会長をされていた方でもある

歌の曲は父の服部良一氏には到底かなわないと考えて

イージーリスニングの曲作りを目指すようになった

そして音楽の自然食をキーワードにした音楽畑が出来上がったのだという

次に服部良一氏の曲を大橋順子が歌い会場を盛り上げ

最後は服部さんの代表曲ともいえる「自由の大地」を

サックスバージョンと

最後は大橋純子の歌も入れて、スケール感のあるダイナミックな仕上がりに

エンディングは再度虹に彼方へを編曲して挿入し

粋な演出になっていた

 

今日は服部さんも天国で喜んでいらっしゃるだろう!

この模様は後日MRTで放送される

ニシタチの夜とブルーツリー33周年

コロナ禍が始まって16ヶ月

宮崎県も新型コロナ感染拡大による

度重なる営業自粛要請が続いた

結果、宮崎の飲食店もギリギリの瀬戸際に来ている

 

その中で全国の焼酎ファンから

焼酎の聖地として名高い宮崎の焼酎バーがある

名前はブルーツリー

学校が檍中出身だからという単純な理由からだ

通称ニシタチのダイヤモンドビルの5Fにあるのだが

外観はまさしく場末のスナックのようだ

扉を開けるとその先に扉が2つある

一つはカウンター10席ほどの小さな店で

あと一つは焼酎がずらりと並ぶお宝の倉庫となっている

 

焼酎好きが夜な夜な集まり

上妻マスターの客に対するいじりを

面白そうに見たりまた自ら体験することもある

いじられたお客は2つに分かれる

1つ目はもう絶対こないと誓うお客

2つ目はいじられるほどに熱狂的なファンになっていくお客だ

そんな一風変わったお店でもある

新しいお客が来てお店が満杯だと

常連客に「もういいやろ!」と言う

それを笑って帰っていく常連客のあんうんの呼吸は見事だ

ブルーツリーが開店33周年を6月10日に迎える

ハガキが届いた

 

宮崎の木々の緑も、空も海も

何も変わることなく輝いているのに

ニシタチの夜のネオンだけが消えている

皆さんと語り合えない淋しさ

歌い合えない味気無さ

今 本当に 皆様があっての私の人生なのだと

お客様があってのブルーツリーだと思い知らされました

今年も6月10に開店33周年を迎えます

いつかきっと大きな声で歌いかたらえる日々が来ることを信じ

もう少し この先へ行ってみようと思います

もう少しだけ・・・・・

                     上妻隆一郎

 

 

コロナ禍という事で自粛も理解できるのだが

全ての諸悪の根源は酒

と名指しをする施策は

何だか微妙な違和感を感じている

 

「休み休みでどうにかなりそうです」との

上妻さんの率直な言葉は、

ほかの真面目に一生懸命やってきたお店程よく聞く言葉でもある

体調も良くない中

ニシタチの栄枯盛衰を見てきた

ブルーツリーの上妻さんの心意気を大切にしてあげたい!

酒場は文化であると思う

ニシタチに少しずつ活気が戻ることを祈念して

私もニシタチに出よう

もちろん感染予防は万全にして・・・・

 

あんうんの呼吸度  ★★★★☆

 

祝 33周年

ブルーツリー

0985−23−4560

宮崎市橘通西3丁目2−13

ダイヤモンドビル5F

天然アミノ酸 5-ALA

今年2月に長崎大学大学院熱帯医学・グローバルヘルス研究科の

北潔教授の研究チームが

マラリアの薬を開発するために使用していた

天然アミノ酸5-ALAを一定濃度以上添加すると

新型コロナウィルスを100%抑制されることが明らかになりました

 

NBC長崎放送の映像です

天然アミノ酸5-ALAは生命の根源物質とも言われ

私たち人間の細胞内でも作られています

安全性が非常に高く、10年以上前から健康食品や化粧品などにも

使用されてきたアミノ酸です

 

この天然アミノ酸は特に発酵食品に多く含まれ

日本酒、ワイン、黒酢、納豆、醤油などに多く含まれます

何故発酵食品が健康に良いのか、

免疫力を高めることができるのか

その一つは天然アミノ酸 5-ALAのおかげかもしれません

 

3月から臨床研究も始まっています

臨床研究の成果に期待したいですね!

大吟醸を楽しむ会2021 、10月3日に開催!

大吟醸を楽しむ会は

全国の蔵元に宮崎に集まっていただき

毎年7月の第一日曜日に開催しています

昨年の2020年は新型コロナ感染防止対策のため

オンラインで開催しました

今年は世話人の方々とも協議を重ねておりましたが

新型コロナ感染の収束が不透明なことから

全国の蔵元の皆様にもご賛同いただき

2021年はリアルで10月3日延期して

宮崎観光ホテルで開催することにいたしました。

詳細が固まり次第

またHPで発表させていただきますので

もうしばらくお待ちください

是非楽しみにしていてください!

大吟醸を楽しむ会事務局

0985−31−7086

ここやっど小林(小林市)

自然の湧水と素晴らしい食材に恵まれた

小林の地にここやっど小林がある

ここのオーナーシェフは地井潤氏

フランス、オーストリア、スイスの日本大使館公邸料理人の経験を持つ

お店の暖簾は和テイスト

一度、ここで大吟醸を楽しむ会のミニ会を

地井シェフ、ダイワファーム の大窪社長の協力で開催したが、

小林の方々の飲む量のすごさに驚いたことがある

それ以来の久しぶりの訪問だ

今日はワンプレートランチ(1,650円)を注文

お皿一杯に乗って出てきた小林の食材

野菜はもちろん、鯉の洗い、鶏の胸肉などなど

彩がとても美しい

大根にはトリュフソースが驚いた

ご飯に乗っている山椒バターがとても美味しい

自家製だそうだ

デザートはダイワファームのクリームチーズを使用したもの

 

小林の食材を使っての地産地消のレストラン

小林で時間があれば是非伺ってほしいお店だ

ハープファンタジー2021

リラの会が主催してハープファンタジー2021が

4月25日宮崎市オルブライトホールで開催された。

ハープファンタジーは

昨年はコロナ禍で中止になったが30年以上の歴史がある

日本で唯一のハープ楽器メーカー青山ハープの青山社長が

日本の都市の中でこのような形でハープを中心にしたコンサートは

とても珍しい、私も毎年サポートできているがとても嬉しい事だと言われていた。

オープニングはグランドハープ7台とフルート、サックスでの演奏

ハープがずらりと並ぶステージは壮観でもある

 

東京からの津野田圭さんと佐藤理絵子さんのデュオ

2人とも数々の賞を受賞され、数々のコンサートで活躍されている

曲はデュオと星に願いを

最後はリラの会を主宰する菊池先生が感謝の言葉

コロナ禍で告知もせず心配だったが

このように多くの方々がハープを聞きに来ていただき感謝します

そして出演者の方々には

どの曲も一生懸命練習していただいた成果が現れてよかったですと挨拶

津野田圭さんが

コロナで東京も様変わりしている

私たちのコンサートもなかなかできていない状況です

その中でこのようなコンサートの機会をいただいたこと感謝します

リラの会は菊地先生のお人柄で人が集まってくるのではと話された

コロナ禍で人々が不安になっている時

天体の音楽と言われるハープの音色は

人々の心に優しく響き、癒してくれる音楽だと思う

菊池好志子先生、出演者の皆様、お疲れ様でした!