発酵親子教室、9月10日都農ワインで開催

発酵ファンの皆さん

お待たせしました

9月10日、都農ワインで発酵親子教室を開催します

現在、都農ワインでは建物のリニューアル工事中です。

そして新しくベーカリーカフェもオープンします

都農ワインでは小麦もミナミノカオリを栽培中です

宮崎の小麦でパンを作る挑戦は私たちにとっても楽しみです

今回の発酵教室は赤尾誠二工場長に

パンとワインの発酵の話をして頂きます

もちろん葡萄畑と工場見学もできますので

是非ご参加いただくと幸いです。

スケジュール

10:00 受付開始(都農ワイナリー)

10:30 葡萄畑、工場見学

パンとワインの発酵のお話

12:00〜13:00

発酵ランチ

焼きたてのパンと特製葡萄ジュースをお楽しみください

ワインを飲みたい方は+1000円で

都農ワインのお薦めワインを自由に楽しむことができます

参加料金

大人     1500円

子供(小学生)1000円

都農ワインを自由に楽しみたい方  +1000円

 

まだまだコロナ禍の影響が続きますので

コロナ感染対策も十分に行い実施いたします

大人だけの参加でも構いません

ぜひお誘いあわせの上ご参加ください

人気のため申込みはお早めに・・・・

 

お問い合わせは

0985−31−7086

みやざき発酵文化ネットワークまで

メディキット中島美術館(日向市東郷)

2012年9月にオープンした中島美術館

素晴らしい作品があるとの話は聞いていたのだが、初めてお邪魔してきた

この美術館はメディキットの創業者、中島弘明氏が

日向市には文化施設としての美術館がないことを憂い

メディキット創業40周年を機に私財を投じて創設した美術館だ

 

場所はメディキット東郷の上の高台にある

中に入ると思った以上の作品に驚く

特に東山魁夷、横山大観、平山郁夫、加山又造などの富士山の絵画には圧倒される

また陶磁器も充実している

建物の横にはカフェスペースがあり

東郷の山々を見ながらゆったりとカフェを楽しむこともできる

ドライブがてら豊かなひと時を過ごすのも良いものだと思う

日向ビーチスポーツフェス2022 (7月31日開催報告)

日向ビーチスポーツフェス2022が

台風の影響のため会場はお倉が浜ビーチから

日向サンドームに変更され

新体操やバレーボールのアスリートを呼び7月31日開催された

新体操  坪井保奈美 (北京オリンピック)

バレー  パナソニックパンサーズ

今村貴彦  アウトサイドヒッター (宮崎県延岡市出身)

児玉康成  ミドルブロッカー

開会式では十屋市長、山本実行院長の挨拶のあと

全員でラジオ体操を行い

その後、各自ビーチバレーやビーチテニス、アルティメットの体験を行った

 

坪井さんのヨガコーナーでは

多くの方が参加してヨガ体験を楽しんだ

ステージでは日向氏のフラダンスチームや

ダンスグループの出演が花を添えた

サンドーム前では宮崎牛の串などが大好評

最後のアスリートトークショーでは

メンタルの重要性、練習以上のものは出ないこと

などをアスリート自らの言葉でお話しいただき

有意義な時間を共有するとこができたと考えている

 

来年こそは晴天の下、お倉ヶ浜ビーチで

開催できることを願っている

ご参加された皆様に感謝申し上げます

Sachi Cafe(宮崎市田野町)

田野町の田園地帯の中の住宅街にお店はある

素朴な小さなお店

駐車場は広いがほぼ満車状態

これだけでも人気のほどがうかがえる

このCaféは

真心を持って野菜を作り、食べる人に笑顔になってもらいたい

との思いで作った「みさき農園」の野菜を使用したカフェである

お店に入ると手作り感満載だ

まずはサラダと日向夏を使用した飲み物

次はメインの野菜のプレート

一つ一つが丁寧に作られていてやさしい味わいだ

ご飯は雑穀米、そして野菜スープ

 

カフェをやっているのはみさき農園の経営者でもある

3つの考え方でされているようだ

土から口まで

土づくりから始まり、作物を育て、食するところまでかかわりたい

笑顔

食べる人に笑顔でいて欲しい

次世代に伝える

旬の有機野菜のおもてなしが印象的だった

予約は必須だ!

 

素朴度  ★★★☆

 

Sachi Cafe

宮崎市田野町あけぼの4丁目54

070-4495-4662

11:00~15:00 月曜~水曜休み

第23回大吟醸を楽しむ会 盛会裏に終了!

第23回大吟醸を楽しむ会が

7月3日18時から

全国29蔵元にお越しいただき

宮崎観光ホテルで開催された

ここ2年はコロナ禍のために

オンラインで開催していたのだが

リアル開催という結論に行きつくまでには多くの苦労があった

今までは立食だったが

コロナ禍の中ではなかなか立食は難しい

ただ着席だと採算分岐点まで到達しないので非常に厳しい数字となる

等々世話人や蔵元代表の佐浦社長の意見を参考にさせて頂きながら

結果的には今回は着席方式を選択した

デザインは東大寺の金剛力士像の阿吽像

コロナ禍から人や酒を守る守護神という意味も込めている

イラストは池田氏に3Dで描いてもらい

デザインは出水氏に依頼した

力強いデザインになったと思う

お猪口もこのように表現

蔵元登場から始まり

町川世話人代表の挨拶では若山牧水の酒の歌

足音を忍ばせて行けば

台所に わが酒の瓶は 立ちて待ち寄る を披露された

蔵元代表の佐浦社長からは

コロナ禍ではオンライン開催、そしてようやく3年ぶりに

リアル開催できることが大変嬉しい

世話人をはじめ集まっていただいた参加者の皆様に感謝したい

今日は心行くまで大吟醸を味わってほしいと挨拶

河野知事も参加者を代表して歓迎の挨拶をされた

乾杯は菊池代表代行が

今日を声を大きくして乾杯させていただくと笑わせ

司牡丹の酒で乾杯を行った

人数はいつもの半分以下だが

熱気は相変わらず、蔵元の皆さんも感激されていた様子だった

宮崎は初めてだと言う八海山の南雲相談役は

宮崎は新潟から見ると別世界にきたようだ

コロナ禍でも我々は何もしなかったわけではない

お客さんがどうやって日本酒で喜んでいただけるかを日々考えて悩んできた

という言葉に大きくうなずく蔵元の方々の姿が印象的だった

最後まで残っていただいた蔵元様、世話人とボランティアスタッフです!

全国29蔵元の皆様、参加していただいた280名の参加者の皆様

そして宮崎観光ホテルの関係者の皆様、ボランティアスタッフの皆様に

深く感謝を申し上げます。

そして来年もまた会える日を楽しみにしております。

かすみさん6月17日ご逝去

ニシタチでスタンドかすみを49年間営業されていた

樋渡かすみさんが6月17日にご逝去された。

かすみさんはさだまさしの宮崎応援団として

長年尽力されてきた人でもある

さだまさしのコンサートがあると

必ずさだまさし本人もお店に顔を出すほどの深いお付き合いだった。

笑顔が素敵だったかすみさん!

私とかすみさんとの最初の出逢いは

TSUKEMENのコンサートの主催をすることが決まったことからだ

初めてかすみさんのお店に行き

TSUKEMENのお願いをして

さだまさしの名曲「風に立つライオン」を聞いた

アフリカで活躍している若かりし頃の柴田先生の映像は感動的だった

さだまさしの 風に立つライオンのモデルとなった

実は柴田紘一郎先生もこのお店のご常連だったのだ

かすみさんのおかげで柴田先生とも親しくなり

柴田先生からも様々な人生のことを教えていただいた

柴田先生とTAIRIKU君と一緒に

TSUKEMENのリーダーのTARIK君はさだまさしの息子でもあり

かすみさんもTSUKEMENの強力なサポーターの一人として

多くのサポートをして頂いた

TSUKEMENコンサートの2次会は

必ず皆でスタンドかすみに行くことが決まりだった

かすみさんは一度話し出すと止まらない賑やかな性格で

お客さんと共に盛り上がっていくのがかすみ流だった

3人のメンバーにとっても

かすみさんは宮崎のお母さん的存在だったと思う

 

コロナ禍で休業されているときも

何度か電話がありTSUKEMENちゃんは元気だろうか?

などなど話をしたのが懐かしく思える

 

6月17日にお亡くなりになったのだが

奇しくも、宮崎では6月19日がさだまさしのコンサートの日だった

チケットも届いて行く気でいたという

さだまさしとの縁は天国でも続いていくのだろう

ご冥福をお祈りいたします!

こうはらあじさい園(高原町)

梅雨のシーズンになると

紫陽花の花が見ごろになる

高原町に私設のあじさい園があるという

行った方に道案内をお願いして行ってきた

場所はわかりづらいところだが

平日でも駐車場には車が多い

地元の方には花の見どころとして

有名な場所だという事が理解できる

名前はこうはらあじさい園

高原(こうはら)夫妻が愛情を注ぎ丹精込めて育てた紫陽花だ

5000平米の敷地に423種類、

約3000株の紫陽花が植栽されている

種類は九州一だという

6月1日から25日まで

入場無料で紫陽花を見ることができる

数々の紫陽花を見ながら心が癒される

何故こんなあじさい園ができたのだろう

きっかけは2001年に子どもたちから誕生日プレゼントに送られた紫陽花だった

紫陽花の美しさに魅せられ

自宅の庭に植え、通販で紫陽花の種を買い少しずつ広げていった

ご主人が休日に雑木林を切り拓き植栽して行った

10年ほど前から一般公開をするようになった

徐々に口コミで広がり話題となっていった

ご家族の愛が結晶した素敵なあじさい園だ

手作りのトイレもバリアフリーで嬉しい

入場は無料だが、見学したらぜひ園内の竹筒に

気持ちだけの寄付をして頂ければ嬉しいです

綿屋を楽しむ会(ラディッシュ大橋店)

酒友の松下さんが

綿屋の三浦社長に宮崎にお越しいただき

しゅみの会「綿屋を楽しむ会」を

ラディッシュ大橋店で5月15日夜に開催された

綿屋を製造する金の井酒造は

宮城県の最北端、栗原市にある

蔵の立て直しを託された4代目三浦幹典社長は

新たな酒造りを目指す銘柄として「綿屋」と命名した

三浦社長は全国の方々や料理人と出会い、話し合う中で

日本酒文化の未来形を描いてきた

数々の苦難を乗り越えて綿屋は食仲酒として

全国の多くの日本酒ファンの共感を得ている

今日は綿屋とラディッシュの佐藤専務との料理とのマリアージュだ

ラディッシュの料理メニューが多彩だ

佐藤専務が悩んだメニューの数々だ


綿屋の酒もずらり

北浦真鯛と野菜のテリーヌ

千日酒が17年の物だから5年熟成という事になる

まろやかな味わいがなめらかにのどを潤す

最後の冷や汁が格別に美味しい

三浦社長も感激の旨さだったそう!

しかもとても綿屋に合う

高千穂の棚田米、二宮麹屋の味噌、北浦真鯛を使用した

贅沢な冷汁だった

日本酒と料理のマリアージュに

満足と笑顔が印象的な夜となった

会の開催に尽力された松下さん、綿屋の三浦社長、ラディッシュの佐藤専務

お疲れ様でした、そしてご馳走様でした!

八大龍王神社(高千穂町)

山本隆弘氏から高千穂に勝負の神様として

全国のスポーツ選手に名高い神社があると言われていたが

全く名前すら知らなかった

 

場所は天岩戸神社の近く

名前は八大龍王神社

川上氏や藤田氏など巨人軍の監督をはじめ

多くのスポーツ選手が参拝に来られたようだ

山本隆弘氏もバレーボールのパナソニックパンサーズ時代に

必ず御参りされていたそう

ご神木は榎(エノキ)

樹齢500年とも言われている

八大龍王水神を祀っており

境内の井戸から水をくみ上げて一口飲んでみた

スッキリとおいしい

少なくともこの水神様は1300年以上の歴史があると言われている

スポーツ事業の成功と安全を祈願して

帰りに天の岩戸神社近くの矢野商店へ

ここにはお神酒酒「八龍」が販売されているそうだ

お店に行くとあと一週間ほどで届きますという事だった

残念だが買うのは次の機会としよう!

MIYAZAKI太平洋ライド2022開催!

いよいよ、秋に日南海岸をステージにした本格的ロングライドが復活します

名前も新しくMIYAZAKI太平洋ライド2022として

2022年10月2日に開催いたします。

今大会から新しく大会会長に山本隆弘氏が就任して

ナビゲーターは プロロードレーサーの山本雅道氏

MCには元全日本女子バレー代表でスポーツタレントの益子直美さん

ショートコースには地元宮崎でおなじみのジェイミーハバード氏が

参加していただきます。

ロングコースは

運動公園サンマリンスタジアム前からスタートをして

田野の山々を超えて飫肥城へ

そのあと日南海岸の潮の杜、道の駅フェニックスを通って

運動公園を目指す100キロのコースです

ショートコースは

運動公園サンマリンスタジアム前からスタートをして

トロピカルロードを通り青島を抜け

道の駅フェニックスから潮の杜の折り返しの50キロとなります

 

参加費用は

ロングコース 大人 8800円 小人 6600円

ショートコース 大人6600円 小人 4400円

 

爽やかな秋の行楽シーズン

神々の山々をめぐり、絶景の日南海岸を堪能し、秋のグルメを食べつくす

MIYAZAKI太平洋ライド2022に是非ご参加ください!

 

お問い合わせは

MIYAZAKI太平洋ライド2022実行員会事務局

0985−31−7086

地域活性化プロジェクト 横山まで

 

エントリーはこちらから!

https://t5-inc.com/miyazaki_taiheiyo_ride/