大吟醸を楽しむ会2021 、10月3日に開催!

大吟醸を楽しむ会は

全国の蔵元に宮崎に集まっていただき

毎年7月の第一日曜日に開催しています

昨年の2020年は新型コロナ感染防止対策のため

オンラインで開催しました

今年は世話人の方々とも協議を重ねておりましたが

新型コロナ感染の収束が不透明なことから

全国の蔵元の皆様にもご賛同いただき

2021年はリアルで10月3日延期して

宮崎観光ホテルで開催することにいたしました。

詳細が固まり次第

またHPで発表させていただきますので

もうしばらくお待ちください

是非楽しみにしていてください!

大吟醸を楽しむ会事務局

0985−31−7086

ここやっど小林(小林市)

自然の湧水と素晴らしい食材に恵まれた

小林の地にここやっど小林がある

ここのオーナーシェフは地井潤氏

フランス、オーストリア、スイスの日本大使館公邸料理人の経験を持つ

お店の暖簾は和テイスト

一度、ここで大吟醸を楽しむ会のミニ会を

地井シェフ、ダイワファーム の大窪社長の協力で開催したが、

小林の方々の飲む量のすごさに驚いたことがある

それ以来の久しぶりの訪問だ

今日はワンプレートランチ(1,650円)を注文

お皿一杯に乗って出てきた小林の食材

野菜はもちろん、鯉の洗い、鶏の胸肉などなど

彩がとても美しい

大根にはトリュフソースが驚いた

ご飯に乗っている山椒バターがとても美味しい

自家製だそうだ

デザートはダイワファームのクリームチーズを使用したもの

 

小林の食材を使っての地産地消のレストラン

小林で時間があれば是非伺ってほしいお店だ

ハープファンタジー2021

リラの会が主催してハープファンタジー2021が

4月25日宮崎市オルブライトホールで開催された。

ハープファンタジーは

昨年はコロナ禍で中止になったが30年以上の歴史がある

日本で唯一のハープ楽器メーカー青山ハープの青山社長が

日本の都市の中でこのような形でハープを中心にしたコンサートは

とても珍しい、私も毎年サポートできているがとても嬉しい事だと言われていた。

オープニングはグランドハープ7台とフルート、サックスでの演奏

ハープがずらりと並ぶステージは壮観でもある

 

東京からの津野田圭さんと佐藤理絵子さんのデュオ

2人とも数々の賞を受賞され、数々のコンサートで活躍されている

曲はデュオと星に願いを

最後はリラの会を主宰する菊池先生が感謝の言葉

コロナ禍で告知もせず心配だったが

このように多くの方々がハープを聞きに来ていただき感謝します

そして出演者の方々には

どの曲も一生懸命練習していただいた成果が現れてよかったですと挨拶

津野田圭さんが

コロナで東京も様変わりしている

私たちのコンサートもなかなかできていない状況です

その中でこのようなコンサートの機会をいただいたこと感謝します

リラの会は菊地先生のお人柄で人が集まってくるのではと話された

コロナ禍で人々が不安になっている時

天体の音楽と言われるハープの音色は

人々の心に優しく響き、癒してくれる音楽だと思う

菊池好志子先生、出演者の皆様、お疲れ様でした!

陸上の水久保漱至選手が第一酒造に入社!

第一酒造の島田社長から嬉しいお知らせです。

宮崎県出身の水久保漱至選手が第一酒造に入社されました。

栃木県の第一酒造は

万葉の町とも言われる水の美味しい佐野市にあります

大吟醸を楽しむ会にもレギュラーで参加されている蔵元の一つです

水久保選手は城西大学で陸上選手として活躍

なんと宮崎県の100m、200m記録保持者でもあります

2020年全日本学生陸上競技選手権 100m、200m優勝

2020年全日本ランキング4位

と将来有望な選手です

 

また5月1日〜2日

ポーランドシレジアで開催される世界リレーの選手に決定しました

詳しくはこちら

https://www.jaaf.or.jp/news/article/14770/

このようにお酒のご縁で始まったのがきっかけですが

様々な宮崎の人の繋がりが蔵と共に拡がっていくことに

有難いことだと思います

 

水小保選手、宮崎からエールを送ります

宮崎は2027年国体を控えていますので

主力選手の一人として

水小保選手、ぜひ頑張ってください

そして是非日本酒にも詳しくなってください!

ZホールディングスとLINEの経営統合完了!

3月1日、ZホールディングスとLINEは

経営統合が完了したと発表した

 

日経や三大新聞には見開きの全面広告

やるんだという繰り返しのキーワードと

AIの力と

この閉塞感に風穴を開けるんだというワードが

統合への意気込みとやる気を現わしている

 

これにより検索サイト、SNSからネット通販、スマホ決済まで

200以上のサービスを提供する一大プラットフォームが出来上がった

2社のシナジー効果を高めながら

日本や東南アジアを含む3億人に様々なサービスを提供していく

 

5年でAIに5000億円を投資する

2023年には年商2兆円、利益2250億円を達成する目標だ

 

DXによる社会課題の解決方法が興味深い

㈰行政DX

2021年中にマイナポータルと連携して行政申請のオンライン申請や

児童手当、介護などのサービスを拡充していく

㈪防災DX

災害発生時の案内、支援マッチングなど様々なステージにおいて

1人1人に最適な情報を提供して行く

㈫ヘルスケアDX

LINEヘルスケアが提供するLINEドクターを起点にオンライン診療

服薬指導、薬の配送などを展開して行く

この3つの社会課題の解決になるだけでも

日本にとっては大きな社会問題解決のメリットとなることは間違いない

 

ただ日本は今までGAFAの攻勢になすすべがなかったといってよい

ようやく日本での一大プラットフォームができたといえ

世界から見るとちっぽけな存在だ

孫正義という世界のAI企業の稀代の目利きのアドバイスを受けながら

日本のどのようなAIサービスを持ってこれるのか

スピードと手腕と成果が求められる

これからが正念場だ!

いちごの春ポン新発売!(ケンコー食品)

都城市にあるケンコー食品が2020年夏から

販売をはじめたのが季節ポン酢だ

地元の木酢を活用して地産地消ならぬ

地産全消まで行けば面白いと考えたのが吉田務社長だ

地産全消は地元で生産して全国で消費していただき

季節のポン酢で宮崎の魅力をアピールするという事

とてもユニークな取り組みだと思う

夏ポンは日南レモンで

秋ポンは日向のヘベス

冬ポンは西米良の柚子で独自の季節ポンを生産販売し

好評を博してきた

次は春ポン

色んな人に相談をして、5種類ほど試してみたのだが

たどり着いたのは誰もが考える日向夏ではなく

意外な果物だった

それは🍓イチゴ!!

都城盆地で栽培される志和池のえのきファームの無添加イチゴ

をたっぷり使用している

イチゴの酸味が程よく効いて

絵柄も可愛くサラダやカルパッチョ

白身魚のフライなどにも合うという

価格は450円

まずは2月15日から都城地区で販売をスタートさせる

コロナ禍で巣ごもり生活が続くと予想される中

季節と共にポン酢を変えていく食卓は

食生活に豊かさと笑顔を増やしてくれると思います

 

是非イチゴの春ポン

見かけたらお買い上げください!

なぜ日本酒をうまく活用すると幸せになれるのか?

司牡丹の竹村昭彦社長が

なぜ日本酒をうまく活用すると幸せになれるのか?

のブックレットを出版された

竹村社長は平成13年5月に結成された

オトナのご馳走探偵団の団長であり

平成18年10月に誕生した土佐学協会の理事長でもある

日本酒が苦手であった竹村氏は

大学時代、日本酒の安酒一気飲みをさせられ

トイレにこもって吐きまくり、翌日の試験は欠席するという日々の中

日本酒がこの世で最も嫌いな飲み物になったという

高知に帰り献杯・返杯の洗礼を浴び

完全に逃げ場のない状況に追い込まれた

 

ようやく3年の月日を得て、最初に気づいたのが生酒の美味しさ

次に純米酒、生原酒、お燗

古酒や長期熟成酒、さらに山廃生酛など

料理とのマッチングで本当の底力を身を持って体験した

最後まで苦手だったのが樽酒

キノコを煮込んだ料理と合わせたときの樽酒の旨さに目覚め

全てのタイプの日本酒が好きになったそうだ

日本酒と料理のマッチングの秘伝

1,その土地の料理とその土地の酒

2,軽い料理には軽めの日本酒、重い料理には重めの日本酒

3、日本酒と料理、似た者同士は相性が良い

4、日本酒は反発する料理がほとんどない

 

季節ごとの日本酒

春の霞酒、搾りたて新酒には春の山菜の苦みと抜群の相性

夏の生酒 夏の果菜料理のさっぱり感と良い相性

秋のひやおろし 秋の旨味たっぷりの食材と良い相性

冬の燗酒、搾りたて原酒と冬の根菜料理も抜群の相性

季節感や旬を感じながら飲める日本酒は世界のアルコール飲料の中で

唯一、日本酒だけに与えられた最大の特徴であり

様々な温度帯で楽しめるのも日本酒だけの味わい方です

 

最後にやわらぎ水が裏技だと

日本酒と同量のお水を飲みながら食事を楽しむと

ほとんど2日酔いがないという等々

まだまだ御紹介したい部分が多いのだが

是非大吟醸を楽しむ会で竹村社長と話をしていただければ幸いである

ダイワファーム (小林市)

小林駅前の交差点を須木をめがけて国道を走り

陰陽石を過ぎたあたりでようやくダイワファームの看板が見えてくる

大窪社長に久しぶりに牛舎を見せていただく

こだわりは水

小林は水の美味しいところでも有名なのだが

ダイワファームの牛舎にも

2キロ離れた森の中の水源地からパイプをひいて

活性炭素を入れたタンクに貯蔵して牛舎に使用している

そして牛舎には天然鉱石と活性炭を敷き詰めている

そのおかげで匂いや湿気が下がり快適になったという

牛舎にはブラウンスイスとホルスタインが30頭ほど

このブラウンスイスは生まれて10日

将来は放牧にしたいという夢があるそうだ

そうなると最高なのだが・・・・

 

大窪社長がチーズに挑戦しようと考えたときには

多くの方々が南九州では不可能だと言われたのだという

北海道やイタリアに視察に行き、めげずに挑戦し、壁を乗り越え

日本のチーズコンテストで数々の受賞をはじめ

本場フランスでも2017年に金賞を受賞し

一挙に日本国内に知名度が上がったのである

 

昨年春に設備投資を行い

工場を拡張したのだが、コロナ禍で需要は激減

なかなか稼働には至っていない

これが頭の痛いですと笑って答えるのが大窪さんらしいところ

大窪社長の奥には最新鋭のチーズバット

最近人気のミルクジャムを使用したポップコーン

そして大窪さんが持っているのが

究極のフレッシュチーズと言われるブッラータ

賞味期限が2日程度と短いのがネックだが

サラダに乗せると最高に美味しい!

コロナ禍でダイワファームも大変なようだが

愛称「ガハハおじさん」の笑顔でこの危機を吹っ飛ばして欲しいと願っている

 

ダイワファーム

宮崎県小林市東方4073

0985−23−5357

けんちゃん農園(杉木賢一郎さん)

綾町の錦原で無農薬・無肥料の自然栽培を実践されている

けんちゃん農園にお邪魔した

代表の杉木さんは東京で会社も経営されている

杉木さんは会社経営の傍ら

健康は食からの信念のもと、2年ほど奈良で自然栽培の研修を受けた

また自然栽培を勉強する中で

杉木さんの師ともいえる方が岐阜県在住の岡本よりたか氏だ

農薬や肥料を畑に持ち込まない栽培方法で野菜を育てる

そのために必要なことは土づくりだという事をしっかりと身につけた

その自然栽培を実践する場所を探し求めて

約4年前、全国の候補場所を見て歩き

最終的にその中から綾に決めた

土づくりに3年かかった

 

自然栽培に移行するときは麦の種をまき

育ったら漉き込む作業を繰り返し

畑の土地を浄化するんです

そうすることで土づくりができれば

柔らかく団粒化した土となり野菜にとっては最適の環境となるわけです

そうすると雑草もほとんど生えません

 

現在はニンニクと大麦、しょうが、玉ねぎを栽培している

あくまでも宮崎の野菜や麦は2次加工品の原料がほとんどだ

メイン商品はニンニク塩麴、しょうが塩麴、玉ねぎ塩麴の

麹3兄弟セット

そしてもち麦とぱくぱく麦茶ゃん

もち麦は今やスーパーフードの一つで食物繊維が非常に豊富なため

腸内環境をととのえてくれる。お米に混ぜて食べたるとぷちぷち、

もっちりとして香も良い。

麦茶はお茶はもちろんのこと、そのままお菓子でもOKとのこと

このにんにくは10月に種をまき

5月に収穫する

大きさも予想以上に大きく、別の生産県の農家も

驚かれたほどだ

このような野菜の生産過程は子供農家プロジェクトとして

地元や宮崎市の家族を募集して一緒に体験交流を行っていらっしゃるようだ

 

東京から綾に単身で来られて自然栽培を実践されている杉木さん

現在良き相談相手となっているのが

自然栽培で日本でも名高い田野在住の川越俊作さんだとのこと

無農薬、無肥料と言う自然栽培の実践は並ではない!

そのバイタリティと熱い情熱、高い志から生まれる

ユニークな発酵食品がとても興味深かった

杉木さんの力強い言葉が耳に残っている

「私の理想は畑を発酵場にしたいのです。

そうすれば食べる事で人間の腸内環境も発酵場になる。

そして自然に命の循環ができるようになるのです!」

 

時短営業の苦しみ!

大都市圏で緊急事態宣言が出されている

宮崎もコロナ感染拡大が深刻になる中で1月9日から

宮崎県独自の緊急事態宣言が発出されている

 

心配なのは飲食店の方々だ

第一波、第2波で大きな影響を受け

売り上げはがくんと減っている

すでに廃業を決断された方も多い

前年比50%以下のお店もたくさんあるようだ

宮崎県からの時短要請を受け休業するお店が多い中

宮崎の繁華街は今まで以上に閑散としている

 

その苦境の中で

テイクアウトなど様々な工夫で乗り越えようとするお店もある

ランチから夜8時まで遠し営業しようと決めたのがポチロンだ

今日は山本シェフの心意気に共感して時間早めにやってきた

 

レンズ豆のサラダ

飲み物は赤ワイン

南の島豚のリエット

オマール海老のアヒージョ

最後は牡蛎と冬野菜のリゾット

これが濃厚で美味しい

山本シェフに話を聞くと

隠し味で七味を入れると和風のおじやテイストになるんですと

流石の納得でした!

 

まだ先が見えずに大変でしょうが宮崎の飲食店の方々が

この難局を乗り切っていただくことを心から祈念いたします