「チームなおみ」に捧げる優勝!

誰もが認める史上最強の女子プレーヤー

セリーナウィリアムスの優勝の夢

打ち砕いたのは大阪なおみだった

セリーナにあこがれ

テニスを始めた大阪なおみは

2018年あこがれの選手と全米オープンテニスの決勝で

初めて顔を合わせ

大阪なおみがセリーナを撃破し

グランドスラム初優勝を飾った

 

その後大阪なおみはコーチと契約を解消

一時期、成績も低迷した

2019年「チームなおみ」を再結成した

コーチはウィム・フィセッテ

元テニス女王 ビクトリア・アザレンカを指導したことでも有名

日本人は2人

中村豊氏はシャラポアや錦織のフィジカルトレーナとしても大きな実績がる

茂木奈津子はアスレチックトレーナー

一度ぬけた期間があるが2019年4月に再度呼び戻された

大阪なおみの日本語教師でもありとても仲の良い友人でもある

この「チームなおみ」がコロナ禍での一緒の生活、

トレーニングなどで徐々に一体感を醸成していったのだ

 

2021年全豪オープン準決勝

セリーナウィリアムスは再度鍛え直し

勝ち進んできた

39歳のセリーナは9月に40歳となる

そんな意味でも優勝は最後のチャンスといっても良かった

くしくも因縁の対決となった

試合前の予想はセリーナ勝利のほうが多かった

 

しかし今までの感情を爆発させていた大阪なおみは

どこにもいない

体も大きくなり

冷静沈着で一段とパワフルになった大阪なおみだ

 

第一セットの第1ゲーム

ファーストサーブが入らず、セリーナにブレイクされる

第4ゲームがカギだった

セリーナのサーブで簡単に追い詰めた後

大阪の粘りでジュースに持ち込み

リターンでブレイクした

バックハンドからのキレのあるリターンが要所で決まった

その後は終始、大阪ペースで試合が進み勝利した

王者の風格すら感じた試合だった

試合後のインタビューでセリーナの流した涙は

新旧交代を自ら悟った涙かもしれない

 

ジェニファー・ブレイディとの決勝も完勝だった

今までとは違う強さを世界のファンに見せつけた

勝利者インタビューでは「チームなおみ」を

最高のチーム、家族のような存在と感謝を表した

人間的にも精神的にもテニスの技術でも一年で

類まれなる進化を遂げた別人の大阪なおみがそこにいる

「新たな大阪なおみの時代が始まった」

そんな印象を持った世界のテニスファンは多いのかもしれない

味新こって牛(都城市中町)

都城の打ち合わせが終わると夕暮れだ

都城には私の好きな居酒屋がある

中町にある味新こって牛

電話して早速寄ってみた

部屋もたくさんあるのだが

私は数席しかないカウンターが一番好きだ

ご主人の有川さんの包丁手さばきを見ながら

話ながら食べるのが良い

まずは名物の刺身

飲み物は売り出し中のクロっきりボール

黒霧島の炭酸割

味新は昔は料亭割烹で都城の政財界の方々の社交の場だったよう

有川さんのお父さんは天皇皇后両陛下が植樹祭の際

都城でお泊りになられた時の料理番だったというから

その力量の凄さがわかる

有川さんにお勧めの料理をお願いすると

薩摩や都城の郷土料理 、豚軟骨の味噌煮が出てきた

軟骨は3時間煮込んであるそうだ

軟骨の柔らかさと大根の旨味が印象的

唐揚味新風

味醂を入れて漬け込んで揚げるので黒くなるのだが

独特の旨味がある

最後は甘い卵焼きと味噌汁ご飯

卵焼きはふわふわ

ご飯や味噌汁もとても美味しい

にこやかなご主人と心地よいひと時を過ごせた

また行きたい都城の名居酒屋の一つである

 

和やか度  ★★★★➕

 

都城市中町3−5

18:00〜23:00

0986−22−5391

日曜休み

國酒・松(宮崎市)

宮崎山形屋の横の細い路地を入り

おぐら本店の手前のビルの2Fにある

國酒・松にお邪魔した

このお店も緊急事態宣言継続の中、

お昼の3時から夜8時までの時短営業を余儀なくされている

お店に入ると桜が飾っている

この花を見るだけで春を感じてしまう

雰囲気のあるカウンターに座り

天寿酒造の鳥海山山廃仕込みをお燗で注文

まずお出汁が出るのがお店の特徴

今日は甘鯛の出汁、上品な旨味がホッとさせる

白和えをいただく

クレソンなども入っており、洋風な白和えだ

都萬牛の牛すじ大根が旨い

あん肝

自家製からすみ

甘塩で塩辛くないのとねっとり感がたまらない

次のお酒は宮寒梅 冬咲きのお燗

合わせるつまみは水イカ刺し

昆布漬にしてあり、自家製げそ塩辛ともども美味しい

最後はイワシの炙りの刺身、脂が乗って最高の味!

すっきりと綺麗なお酒にはとても良い相性だ

このお店の良いところはゆったり飲めるところ

まだ29歳だというご主人の小松山氏の気配りもおしゃべりも楽しい!

あまり教えたくない隠れ場の一つでもある

ダイワファーム (小林市)

小林駅前の交差点を須木をめがけて国道を走り

陰陽石を過ぎたあたりでようやくダイワファームの看板が見えてくる

大窪社長に久しぶりに牛舎を見せていただく

こだわりは水

小林は水の美味しいところでも有名なのだが

ダイワファームの牛舎にも

2キロ離れた森の中の水源地からパイプをひいて

活性炭素を入れたタンクに貯蔵して牛舎に使用している

そして牛舎には天然鉱石と活性炭を敷き詰めている

そのおかげで匂いや湿気が下がり快適になったという

牛舎にはブラウンスイスとホルスタインが30頭ほど

このブラウンスイスは生まれて10日

将来は放牧にしたいという夢があるそうだ

そうなると最高なのだが・・・・

 

大窪社長がチーズに挑戦しようと考えたときには

多くの方々が南九州では不可能だと言われたのだという

北海道やイタリアに視察に行き、めげずに挑戦し、壁を乗り越え

日本のチーズコンテストで数々の受賞をはじめ

本場フランスでも2017年に金賞を受賞し

一挙に日本国内に知名度が上がったのである

 

昨年春に設備投資を行い

工場を拡張したのだが、コロナ禍で需要は激減

なかなか稼働には至っていない

これが頭の痛いですと笑って答えるのが大窪さんらしいところ

大窪社長の奥には最新鋭のチーズバット

最近人気のミルクジャムを使用したポップコーン

そして大窪さんが持っているのが

究極のフレッシュチーズと言われるブッラータ

賞味期限が2日程度と短いのがネックだが

サラダに乗せると最高に美味しい!

コロナ禍でダイワファームも大変なようだが

愛称「ガハハおじさん」の笑顔でこの危機を吹っ飛ばして欲しいと願っている

 

ダイワファーム

宮崎県小林市東方4073

0985−23−5357

向田邦子没後40周年

向田邦子が台湾の飛行機事故で亡くなって

早いもので40年が過ぎた

数々のテレビドラマの脚本だけではなく

エッセイストや小説家としても活躍し

直木賞まで受賞した

40年たった今でも私の心に生き続けているのが向田さんである

 

旺盛な好奇心と細やかな観察力から生まれる

独自の文章は

人の心の機微、情景だけでなく空気感までも現していた

美味しい物にも目がなく旅行も好き

風のように軽やかに生きた

そんなライフスタイルにもあこがれていた

 

女の人差し指から私の好きな美味しい文章を少しご紹介!

 

板前志願

 

一に材料、二に包丁、三、四が無くて五に器

と言うのが私の信条である。

材料はケチらないで極上の物をそろえよう。

・・・・・・・

献立。これがまた楽しみでもある。

・・・・・・・

突き出しは、キュウリとウドのもろみ添え

向付に、染付の向付に

とろろ芋を千切りに刻んで、なめ茸をちょんと載せて出そうか。

いや、アッサリとわさびと海苔で、三杯酢で行こうかな。

こんな調子で原稿用紙に献立を作って、いつも、一時間は遊んでしまう。

・・・・・・・・

 

 

こまやかな野草の味

 

野草の味わいを覚えると、

今まで死んだ野菜を食べていたことに気が付きます。

雑草と大雑把に呼んでいた草の中に、

こんなに可憐な形と、こまやかな味わいをもつものがあったのかと

目を開かれる思いでした。

白ツバキの花びらは、揚げると薄いあめ色に色づいて

控えめな気品のある甘さが舌に残ります。

アズキナは、素揚げにすると

杉箸に色が移るかと思えるほど、鮮やかな翡翠の色に染まります。

タラノメの天婦羅を王者の味とすれば

このアズキナは女王格の美しさとおいしさといえましょう。

淡白なようでいて、強くて濃い味がいたします。

谷戸の上を二羽のトビがゆっくりと輪を描いています。

鹿の肉とヤマウドのフライをねらっているのかもしれません。

さらわれないうちに、赤ワインでいただきました。

ワイングラスの中に桜の花びらが散り、薄赤く染まっています。

年々歳々日と同じからずと申します。

人は病んだり、老いたりするというのに

自然は毎年同じ時、同じ場所に同じ花をつけ、実を結ぶのです。

なんとたくましくそこやかなことでしょう。

「天行は健也」(易経)

忘れていたこんな言葉を思い出しました。

 

品のある文章はセンスだけではなく、

より深く全てを表現しているのが向田流

自らの価値観を大事にし

風のように軽やかに生きた向田邦子

その幕切れも、彼女が書いたドラマその物のようであった。

けんちゃん農園(杉木賢一郎さん)

綾町の錦原で無農薬・無肥料の自然栽培を実践されている

けんちゃん農園にお邪魔した

代表の杉木さんは東京で会社も経営されている

杉木さんは会社経営の傍ら

健康は食からの信念のもと、2年ほど奈良で自然栽培の研修を受けた

また自然栽培を勉強する中で

杉木さんの師ともいえる方が岐阜県在住の岡本よりたか氏だ

農薬や肥料を畑に持ち込まない栽培方法で野菜を育てる

そのために必要なことは土づくりだという事をしっかりと身につけた

その自然栽培を実践する場所を探し求めて

約4年前、全国の候補場所を見て歩き

最終的にその中から綾に決めた

土づくりに3年かかった

 

自然栽培に移行するときは麦の種をまき

育ったら漉き込む作業を繰り返し

畑の土地を浄化するんです

そうすることで土づくりができれば

柔らかく団粒化した土となり野菜にとっては最適の環境となるわけです

そうすると雑草もほとんど生えません

 

現在はニンニクと大麦、しょうが、玉ねぎを栽培している

あくまでも宮崎の野菜や麦は2次加工品の原料がほとんどだ

メイン商品はニンニク塩麴、しょうが塩麴、玉ねぎ塩麴の

麹3兄弟セット

そしてもち麦とぱくぱく麦茶ゃん

もち麦は今やスーパーフードの一つで食物繊維が非常に豊富なため

腸内環境をととのえてくれる。お米に混ぜて食べたるとぷちぷち、

もっちりとして香も良い。

麦茶はお茶はもちろんのこと、そのままお菓子でもOKとのこと

このにんにくは10月に種をまき

5月に収穫する

大きさも予想以上に大きく、別の生産県の農家も

驚かれたほどだ

このような野菜の生産過程は子供農家プロジェクトとして

地元や宮崎市の家族を募集して一緒に体験交流を行っていらっしゃるようだ

 

東京から綾に単身で来られて自然栽培を実践されている杉木さん

現在良き相談相手となっているのが

自然栽培で日本でも名高い田野在住の川越俊作さんだとのこと

無農薬、無肥料と言う自然栽培の実践は並ではない!

そのバイタリティと熱い情熱、高い志から生まれる

ユニークな発酵食品がとても興味深かった

杉木さんの力強い言葉が耳に残っている

「私の理想は畑を発酵場にしたいのです。

そうすれば食べる事で人間の腸内環境も発酵場になる。

そして自然に命の循環ができるようになるのです!」

 

丸千葉(東京)

首都圏も緊急宣言発出で飲食店も大変だろうと思う

度重なる時短要請で飲食店の体力が無くなっていくのが気がかりだ

さて今日は少し前の思い出から

居酒屋の名店 丸千葉をご紹介したい

このお店は浅草や南千十からも

歩いて15分ほどのはずれにあるにもかかわらず

人気のお店として知られる大衆居酒屋の屈指の名店でもある

コの字型のカウンターとテーブル席があるお店

カウンター内のご主人のやっちゃんの歯切れの良い客あしらいを見ているだけで

和やかな雰囲気になってしまう

お昼2時からの開店なので常連さんや熟年の方をはじめ

食事だけで来られるお客さんもいらっしゃる

 

カウンターに座りホッピーを注文

セットの焼酎はもちろんキンミヤである

つまみは煮込み

次は刺身に

金目鯛をお願いするとハーフにできますよと

やっちゃんの嬉しい提案

この心配りがお店のファン度を高くする秘訣なのかもしれない

それでは金目と鮪のハーフにしていただく

お酒は菊正宗のお燗で楽しむ

最後はほうれん草と牡蛎のお為物

美味い

この酒場ではなぜこんなにお客さんの笑顔が和んでいるのだろう

料理の旨さだけではない

お店全体の雰囲気とやっちゃんの客あしらいの上手さが

大衆酒場の名店と言われる由来なのかもしれない

コロナ禍が収束したら真っ先に駆けつけたいお店の一つである

 

客あしらい度  ★★★★☆++

 

丸千葉

東京都台東区日本堤1−1−3

03−3872−4216

14:00〜21:00

水曜休み

宮崎神宮への初詣

宮崎神宮は私にとって心が癒される場所である

悩みがあるとき、気分を一新したい時に

必ず訪れる私の大好きなスポットでもある

今年は新春を過ぎて参拝した

人出も例年からするととても少ないように感じる

宮崎神宮は神武天皇を祀る神社であり

日向神話のシンボルの一つともいえる場所だ

緑豊かで荘厳な境内を歩くだけで

私の心が浄化していくように感じる

占星術によると

2020年12月22日に水瓶座で木星と土星が重なり

20年に一度のグレートコンジャンクションが起こったそうで

大きく見ればこれから200年は

今までの地の時代から風の時代へと移っていく節目の年でもあるそうだ

具体的に言うと物質から心の時代になると言う事だと言われている

 

昨年からのコロナ禍で人が集まることができなくなり

全ての常識が非常識となった

私もほとんどの行事が中止となってしまった

その意味でも昨年から今年にかけて

大きな転換の年と言えるのかもしれない

ある人がコロナは地球(自然界)からの警告ではないかと思えると言われていた

これまで人類は自然に挑戦し、環境を破壊し

人間にとって良いものを作ろうとしてきた

人間にとって都合の良いものは自然にとって不都合の物が多い

そんなことにそろそろ地球が耐えられなくなってきているのではないか?

その言葉は全てが腑に落ちたように感じた

そんなことを考えながら参拝した

これからの人生は

自然に感謝し自然に寄り添って生きて行きたいと思う

今年こそ皆様にとって良い年でありますように祈念いたします。

iwanaga食堂(宮崎市)

3か月ぶりのiwanaga食堂

カウンターに座り

メニューを岩永氏と相談

まずはミネストローネ

イタリアの味噌汁みたいなものですとわかりやすい表現

野菜たっぷりでほっとする味だ

お酒はグルジアのオレンジワインでのどを潤し

次は牡蛎と水イカの軟骨醤油出汁漬け

柿も水イカも美味しいが、出汁がとても美味しく

出汁まで飲んでしまった

生きくらげと豚肉の中華風

岩永氏の技を感じる逸品

ワインはカルフォルニアのシラーにして

今日のメインの

特製ビーフシチュー

肉もほろほろと柔らかいが

マッシュポテトもいろんな素材が入れてありGOOD

もう少し食べたいので

ご飯メニューからグリーンカレー炒飯

これが感動ものの美味しさだった

辛さを超越して新次元の旨さに昇華している

今日は和風から中華、洋食、エスニックと

岩永氏のメニューの多様性を堪能した

コロナ禍の中、ますます腕に磨きがかかっているような印象だ

ますます次回が楽しみだ

 

多様性度  ★★★★☆+++

 

iwanaga食堂

宮崎市橘通東3−3−7福田ビル1F

18:00〜22:00

月曜休み

080-2790−8679

しみず(宮崎市)

ゼネコンで世界を飛び回っていた清水さんが

会社を辞め、奥さんの実家である宮崎で蕎麦屋を始めた

それからすでに30年余りが経つ

いつしかしみずの蕎麦は

宮崎どころか九州でも評判となり

全国からのお客さんのファンも増え

空港から電話をされ直行される方もいらっしゃるほどだ

しかしご主人の清水さんは

あくまでも自分のペースで蕎麦を打っている

年も取っているので体をいたわりながらやっていると笑いながら言われる

その分休日も増え、夜の営業も3日だけになっているのも仕方がない事だ

さて予約をして夜にお邪魔した

蕎麦味噌

わさびとろろ

日本酒は刈穂の百田

合鴨の焼き鳥

香ばしく山椒を振ると旨さが倍加する

蕎麦汁

この海苔が磯の香りが素晴らしく堪能した

御前酒のお燗に切り替え

天婦羅を頼む

冬はやっぱりお燗が最高だと思う

蕎麦がき

この端正さは出色である

最後は浦霞のお燗にしてもらい

最後は二八のせいろ

蕎麦の香りをかみしめて最後の浦霞の一杯で〆

清水さんとはかれこれ25年ぐらいのお付き合いをさせていただいている

大吟醸を楽しむ会では20回まで蔵元のために蕎麦を打っていただいた

本当に有難いことだと思う

来年も良い年を迎えてくださいと

ご主人の清水さんにご挨拶して店を出た

夜空には満点の星が・・・

今年は静かな年の暮れだ

 

 

滋味度  ★★★★☆+