大吟醸を楽しむ会2021 、10月3日に開催!

大吟醸を楽しむ会は

全国の蔵元に宮崎に集まっていただき

毎年7月の第一日曜日に開催しています

昨年の2020年は新型コロナ感染防止対策のため

オンラインで開催しました

今年は世話人の方々とも協議を重ねておりましたが

新型コロナ感染の収束が不透明なことから

全国の蔵元の皆様にもご賛同いただき

2021年はリアルで10月3日延期して

宮崎観光ホテルで開催することにいたしました。

詳細が固まり次第

またHPで発表させていただきますので

もうしばらくお待ちください

是非楽しみにしていてください!

大吟醸を楽しむ会事務局

0985−31−7086

ハープファンタジー2021

リラの会が主催してハープファンタジー2021が

4月25日宮崎市オルブライトホールで開催された。

ハープファンタジーは

昨年はコロナ禍で中止になったが30年以上の歴史がある

日本で唯一のハープ楽器メーカー青山ハープの青山社長が

日本の都市の中でこのような形でハープを中心にしたコンサートは

とても珍しい、私も毎年サポートできているがとても嬉しい事だと言われていた。

オープニングはグランドハープ7台とフルート、サックスでの演奏

ハープがずらりと並ぶステージは壮観でもある

 

東京からの津野田圭さんと佐藤理絵子さんのデュオ

2人とも数々の賞を受賞され、数々のコンサートで活躍されている

曲はデュオと星に願いを

最後はリラの会を主宰する菊池先生が感謝の言葉

コロナ禍で告知もせず心配だったが

このように多くの方々がハープを聞きに来ていただき感謝します

そして出演者の方々には

どの曲も一生懸命練習していただいた成果が現れてよかったですと挨拶

津野田圭さんが

コロナで東京も様変わりしている

私たちのコンサートもなかなかできていない状況です

その中でこのようなコンサートの機会をいただいたこと感謝します

リラの会は菊地先生のお人柄で人が集まってくるのではと話された

コロナ禍で人々が不安になっている時

天体の音楽と言われるハープの音色は

人々の心に優しく響き、癒してくれる音楽だと思う

菊池好志子先生、出演者の皆様、お疲れ様でした!

歴史を創った松山英樹

松山英樹が2021マスターズで優勝した

決して前評判が高いわけではなかったが

3日目の後半は素晴らしいゴルフで全世界のファンを引き付けた

アイアンの切れとパットの凄さ

今までの松山の集大成といっても良いほど完壁だった

 

単独首位11アンダーで迎えた最終日

ペアを組むのは昨日と同じシャウフェレ(世界ランク6位)

松山は前半スコアを2つ伸ばし後半へ

トラブルが起こったのは15番パー5

第2打が飛びすぎてグリーンの奥にある池に飛び込んだ

ここでボギーとなり12アンダーとなる

16番がカギとなった

テレビの解説の宮里は松山に「怒れ!」とエールを送った

一方シャウフェレ、連続4バーディで10アンダーと2差に縮まる

16番のパー3で今度はシャウフェレがトラブル

第一打が池に入りトリプルボギーの7アンダーとなり一挙に後退

松山もボギーで11アンダーとなるが16番が大きな山だった

ゴルフの神様が松山に微笑み返してくれたのかもしれない

ドキドキひやひやしながら見つめていたが

松山の18番バンカーからのショットを見て優勝を確信した

 

テレビの解説をしていた中島常幸、宮里優作、そしてアナウンサーも

優勝が決まった瞬間、

感極まるものがあったのだろう

皆泣いていた

松山は歴史を創ったのだ

 

松山は優勝インタビューで

「これまで日本人がメジャーで勝てなかったことが

僕が勝ったことによってこれから日本人が変わっていくんじゃないかなと思った

それに僕がもっともっと勝てるように頑張りたいなと思います」

と語った

 

松山がマスターズに初めて出場したのは

2011年東日本大震災直後だったが27位タイに入り

ローアマチュアを受賞

それから苦節10年、

世界一の練習量と言われる松山が

心の強さ、忍耐力、技術の高さで

日本人に希望と勇気を与えてくれた

タイガーウッズはツイッターで「ヒデキは日本の誇り」と褒めたたえた

心から祝福と感謝をささげたい!

花浅葱(宮崎市)

春らしい穏やかな日に花浅葱へ

まずは鯛の刺身にホタルイカや日向夏など春の彩

イワシのつみれ汁

出汁が上品で体に沁み通る

白和え、ナッツが入っていて香ばしい

ブリ大根の白子餡かけ

そして土鍋で炊き上げたばかりのご飯

お味噌汁、香の物

これで1430円(税込み)

心地よい昼食だ

ご主人の心を込めた丁寧さは味で伝わってくる

この金額、この味は宮崎ではなかなかない

是非予約をして伺ってほしいお店の一つである

 

 

たおやか度  ★★★★☆+

花浅葱
宮崎市鶴島3丁目172-1
0985-23-1038
11:00~14:00  月~土曜
18:00~21:00  土曜
日曜第2、4月曜休み

白血病から奇跡の復活(池江瑠花子)

池江瑠花子選手は

4月4日五輪本番会場の東京アクアシティスポーツセンターで

開催された日本選手権の100m女子バタフライで優勝

白血病からの完全復活を全世界に知らしめた。

また400mメドレーリレーにおいて

オリンピックの出場権を獲得した。

素晴らしい快挙だ

涙ながらに語った池江瑠花子選手の言葉が心に響く

「自分が勝てるのはずっと先のことだと思っていた。

すごくつらくてもしんどくても、努力は必ず報われるんだなと思った。

今はすごく幸せ」

4月6日タイムリーな新聞のSK-Ⅱの全面広告

運命は誰が決めるのか?

何かひとつのちょっと違った

行動だったり考えで運命とか未来って

かんたんに変われると思っているので

だからこの瞬間を

どう生きるか、どう大切にしていくのかを

自分の人生においても、誰の人生においても

大切なことだっていうふうに思っています。

 

また池江選手の姿をドキュメントで是枝監督が監督

世界中が感動した池江瑠花子選手の奇跡の復活劇を

新聞、Youtube TVで連動させている

アスリートとのしての池江選手の不安と希望を織り交ぜながら

素直に人々の心に浸透していく

池江選手、是枝監督、そしてスポンサーの三位一体と一体となり

昇華した印象に残るプロモーションとなっている

心から拍手を送りたい!!

ノマドランド(アメリカ映画)

不況によって経済的に困窮する60代の女性が主人公

仕事と家を失い、車に家財道具を積み込んで

旅に出るファーレン

いわば「現代の遊牧民 ノマド」である

目的地があるわけでもなく、各地で働きながら

様々なノマドと会い、次第に大自然の雄大さと美しさの中に

共存できる喜びを見出していく

不安ながらもあえて楽な生活を選択しないファーレンの意思の強さ

美しい雄大な大自然、美しい旋律、人間としての誇りが三位一体として

ファーンの表情に現れて、少しづつ成長していくように見える

人生とは何か?幸福とは何か?を

同世代の人間として深く考えさせてくれる

 

一番印象に残っている言葉は

教え子だった子供に聞かれる

「先生はホームレスなの?」

誇りを持って返した言葉は「私はハウスレス、別物よ!」

心にはずっと家庭が生き続けており

今は物質としての家がないだけという意味だろう

 

主演はフランシス・マクド—マンド

今まで「ファーゴ」「スリー・ビルボード」で

2度オスカーを受賞している

驚くのはフランシス・マクド—マンドは作品のプロデューサでもあることだ

ジェシカ・ブルーターが書いたノマドの出版直後に

自ら映画化権を獲得

そしてクロエ・ジャオ監督の「ザ・ライダー」

をトロント映画祭を見て感銘を受けると共に

そのドキュメンタリー手法に注目して監督を依頼するのである

役作りのためにアマゾンの集配センター、収穫所、国立公園、カフェで

ノマドの人に交じって実際に働いた

映画でも主人公と交流を深めていく人たちが

ほとんど実在するノマドの人々であることも驚く

まさにフランシス・マクド—マンドが全身全霊を込めて

作り上げた作品でもある

作品も秀作なのだが

その背後にあるフランシス・マクド—マンドの

命を懸けた作品作りに感銘を受けた!

 

4月26日アカデミー賞が発表された

作品賞、監督賞、主演女優賞の三冠をノマドランドが達成した

プロデューサーとしてもフランシス・マクド—マンドの見事な完勝だった!

il Sorriso (イルソリーゾ)宮崎市

若草通近くのイルソリーゾに出かけた

小坂さん夫婦だけでされているだけに

こだわりの料理とアットホームな接客が心地良い

イルソリーゾはイタリア語で笑顔の意味

ここの料理で笑顔になっていただきたいとのことだそう

さて前菜はほうぼうのマリネ、梶並さんの菊芋とビーツのサラダ

自家製ハムにジュレ乗せ

白ワインはふくよかな味で料理に合う

次は佐賀産のホワイトアスパラにトリュフ

アラにバフンうに

出汁が美味しい

椎葉の放牧豚にパルジャミーノとバターソースのパスタ

濃厚で美味しい

生シラスのタリアテッレ

今朝上がったばっかりだという

ピノの赤ワイン

都萬牛の炭焼きビステッカ

赤身がとても美味しい

デザートはラベンダープリンとタロッコオレンジ

いつもながら感じるのは

料理の美味しさとBGMの音楽の素敵さ

奥様が自分で選曲をされているのだそうだ

是非料理と音楽も一緒に楽しんでいただきたい

 

おもてなし度  ★★★★+

ilSorriso (イルソリーゾ)
宮崎市橘通3-5-28長ビル1F
0985-22-5756

佐渡裕・反田恭平withジャパン・ナショナル・オーケストラ

佐渡裕・反田恭平withジャパン・ナショナル・オーケストラ

のコンサートが3月12日

宮崎市のメディキット県民文化センター

アイザック・スターンホールで開催された

 

バーンスタインの最後の弟子と言われ

今や世界で活躍する佐渡裕の指揮が見れる

コンサートに行ったのは単純な動機だった

もちろん佐渡氏の指揮は懐深くさすがだったのだが

反田氏の独自の存在感には本当に度肝を抜かれた

2016年サントリーホールで鮮烈なデビューを果たし(21歳)

情熱大陸にも出演し一気に人気が高まる

2017年佐渡と反田は初共演し大成功を収める

その限りない才能を見抜いた佐渡は

2020年10月ウィーンで反田のデビューをサポートし絶賛を浴びた

 

反田恭平氏は以前よりふっくらとして

見た目は中華料理屋さんで働く小柄な料理人という感じなのだが

ピアノを弾きだすと一変する

大胆さと繊細さ、圧倒的な技量と自在さに加えて

豊かな叙情性と艶っぽさが彼独自の世界を作り上げる

 

過去茂木健一郎氏との対談で

反田氏はピアニストではなく音楽家になりたいと話されている

2017年、彼が同世代の音楽家を集めて編成したMLMナショナル管弦楽団

そして今年名前を改めてジャパン・ナショナル・オーケストラ

として活動していることも

彼にとっては音楽家としての歩みの一つなのかもしれない

 

反田氏のピアノは唯一無二、彼しか弾けないピアノだ

それは何故か?

いつも楽譜をオーケストラに見立てて構成を考える

その中でピアノはどうあるべきかを考えるのだそうだ

そして過去、現在、未来の弾き方を

同時並行して行っているのだと

これにより反田氏ならではのスコアを見抜く力が備わっていくのだろう

 

面白いのは髪型だ

反田氏は言う

中国人も韓国人も日本人も海外の方には見分けがつかない

それで髪型で日本人であることを明確にしようと考えた

髪を後ろで束ねる

これだけのことでサムライだと言われるようになった

今回は通常コンサートではあり得ないプログラムだと佐渡氏が言う

ラフマニノフとプロコフィエフ

この離れ業を簡単にやってのける技量と深み

反田恭平の凄さは

アンコールでピアノを独奏した時の

楽団員からの畏敬するような目線でも理解できた

 

すでにピアニストとして世界の注目を浴びる存在だが

その輝きはもっと凄いことになるのは間違いない

まだ26歳とはいえこの風格と貫禄と落ち着き

サムライピアニストとしてより

サムライ音楽家としてその夢は果てしない

音楽家として30年スパンで計画をしっかり考えているのだそうだ

今までなかった発想で日本のクラシックシーンを発信し世界を変えていく

そんな無限の可能性を反田恭平氏に感じることができる

異次元の活躍を祈念したい!!

「チームなおみ」に捧げる優勝!

誰もが認める史上最強の女子プレーヤー

セリーナウィリアムスの優勝の夢

打ち砕いたのは大阪なおみだった

セリーナにあこがれ

テニスを始めた大阪なおみは

2018年あこがれの選手と全米オープンテニスの決勝で

初めて顔を合わせ

大阪なおみがセリーナを撃破し

グランドスラム初優勝を飾った

 

その後大阪なおみはコーチと契約を解消

一時期、成績も低迷した

2019年「チームなおみ」を再結成した

コーチはウィム・フィセッテ

元テニス女王 ビクトリア・アザレンカを指導したことでも有名

日本人は2人

中村豊氏はシャラポアや錦織のフィジカルトレーナとしても大きな実績がる

茂木奈津子はアスレチックトレーナー

一度ぬけた期間があるが2019年4月に再度呼び戻された

大阪なおみの日本語教師でもありとても仲の良い友人でもある

この「チームなおみ」がコロナ禍での一緒の生活、

トレーニングなどで徐々に一体感を醸成していったのだ

 

2021年全豪オープン準決勝

セリーナウィリアムスは再度鍛え直し

勝ち進んできた

39歳のセリーナは9月に40歳となる

そんな意味でも優勝は最後のチャンスといっても良かった

くしくも因縁の対決となった

試合前の予想はセリーナ勝利のほうが多かった

 

しかし今までの感情を爆発させていた大阪なおみは

どこにもいない

体も大きくなり

冷静沈着で一段とパワフルになった大阪なおみだ

 

第一セットの第1ゲーム

ファーストサーブが入らず、セリーナにブレイクされる

第4ゲームがカギだった

セリーナのサーブで簡単に追い詰めた後

大阪の粘りでジュースに持ち込み

リターンでブレイクした

バックハンドからのキレのあるリターンが要所で決まった

その後は終始、大阪ペースで試合が進み勝利した

王者の風格すら感じた試合だった

試合後のインタビューでセリーナの流した涙は

新旧交代を自ら悟った涙かもしれない

 

ジェニファー・ブレイディとの決勝も完勝だった

今までとは違う強さを世界のファンに見せつけた

勝利者インタビューでは「チームなおみ」を

最高のチーム、家族のような存在と感謝を表した

人間的にも精神的にもテニスの技術でも一年で

類まれなる進化を遂げた別人の大阪なおみがそこにいる

「新たな大阪なおみの時代が始まった」

そんな印象を持った世界のテニスファンは多いのかもしれない

味新こって牛(都城市中町)

都城の打ち合わせが終わると夕暮れだ

都城には私の好きな居酒屋がある

中町にある味新こって牛

電話して早速寄ってみた

部屋もたくさんあるのだが

私は数席しかないカウンターが一番好きだ

ご主人の有川さんの包丁手さばきを見ながら

話ながら食べるのが良い

まずは名物の刺身

飲み物は売り出し中のクロっきりボール

黒霧島の炭酸割

味新は昔は料亭割烹で都城の政財界の方々の社交の場だったよう

有川さんのお父さんは天皇皇后両陛下が植樹祭の際

都城でお泊りになられた時の料理番だったというから

その力量の凄さがわかる

有川さんにお勧めの料理をお願いすると

薩摩や都城の郷土料理 、豚軟骨の味噌煮が出てきた

軟骨は3時間煮込んであるそうだ

軟骨の柔らかさと大根の旨味が印象的

唐揚味新風

味醂を入れて漬け込んで揚げるので黒くなるのだが

独特の旨味がある

最後は甘い卵焼きと味噌汁ご飯

卵焼きはふわふわ

ご飯や味噌汁もとても美味しい

にこやかなご主人と心地よいひと時を過ごせた

また行きたい都城の名居酒屋の一つである

 

和やか度  ★★★★➕

 

都城市中町3−5

18:00〜23:00

0986−22−5391

日曜休み