狭野神社(高原町)

天孫降臨で名高い高千穂峰

その麓の高原町に神武天皇を祀る狭野神社がある

第5代孝昭天皇の御代に神武天皇ご生誕の地と言われるこの地に

創建されたのが始まり

この土地の狭野の由来は神武天皇は幼少時代は狭野尊と言われたことからだそう

近くには幼少時代に遊んだと言われる皇子原もあり

このように神武天皇のゆかりの地がたくさんあることも

天孫降臨から神武天皇に至る神話が真のように思えてくる

参道の両脇には大きな狭野杉が・・・・

そして境内に入ると400年の神木の狭野杉が圧倒的な存在感

凛とした空気感が狭野神社の魅力でもある

この本殿は昔の宮崎神宮の本殿だったよう

宮崎神宮が建て替えられる時にはここの狭野杉を使用して建て替えられたと言われている

そのため昔の本殿は今の狭野神社の本殿になっているそうだ

私はこの気品高い本殿が気に入っている

参拝後高千穂の峰を眺める

ここ高原町には今も神話の歴史が息づいているように感じる

EYアントレプレナー2021日本代表(桜井博志会長)

旭酒造の桜井博志会長が

EY Entrepreneur of The Year 2021 japan

の日本代表に選出された

旭酒造の

1984年の売上は9700万

2021年度の売上が140億を超えた

コロナ禍の中でも売上新記録だった

大事なことは

酒質に寄与するものに

全ての努力を集中することが

山口の山奥の小さな酒蔵ができる

唯一にして最高の生き残り戦略だった

キーワードは

『酔うため 売るための酒ではなく

味わうための酒を求めて!』

今、旭酒造はアメリカの蔵建設の真っ最中だ

コロナ禍で遅れたとはいえ

2022年の11月には蔵が竣工する

アメリカのブランド名は

獺祭Blue

青は藍より出でて藍より青し  

の言葉から取った

米はアーカンソー州の契約農家に栽培させている山田錦と

水はハイドパークの仕込み水で醸される

2023年からはアメリカの蔵から獺祭Blueの出荷が始まる

いよいよ新しい獺祭の世界戦略がスタートする

さてアントレプレナーの世界大会は

2022年6月モナコで開催される

全世界から50カ国以上の代表者との戦いとなる

意気込みを聞くと

日本酒の良さを知ってもらえる機会になればいい

と自然体で話された

晩秋の明治神宮

晩秋の早朝に明治神宮へ

清々しい青空に木造の鳥居が映える

1920年11月1日創建だという

明治天皇と昭憲皇太后を祀ってある

原宿駅に隣接した場所でありながら

22万坪にも及ぶ広大な神域でもある

 

季節柄、菊花展が開催されていた

凛とした静けさの空間でありながら

歩くだけで心が安らぐ

しばらく進むとお神酒が飾られている

大吟醸を楽しむ会の参加蔵も多数展示してある

ようやく本殿へ

東京オリンピック前までは改修されていたのだが

見違えるように綺麗になっている

本殿横にある夫婦楠

健康とコロナの終息を祈願してあとにした

魚竹(うおたけ)築地

東京で焼き魚を食べるなら

筆頭に上げたいお店がの一つが魚竹だ

地下鉄の築地駅4番出口から東銀座の方に向かって

3分ほど歩くとお店がある

カウンターだけの小さなお店だが

創業は1975年と古く

その実力は侮れない

銀鮭焼きとマグロなかおちの定食(1400円)を頼む

ものの2分ほどすると

銀鮭到着

脂が乗っていて身もふっくら

ご飯も美味しい

マグロの中おちもいうこと無し!

味噌汁は豆腐

お替りをお願いすると

次は油揚げの味噌汁が・・・

気配りが心憎い

築地の良心とでも言って良いお店である

 

 

良心度  ★★★★+

 

魚竹(うおたけ)

東京都築地1−9−1

03−3541−0168

11:30〜14:00 17:30〜20:30

土曜日曜休み

サウンドメーカー服部克久の世界

2020年6月、服部先生がご逝去され

コロナ禍で延び延びになっていた

服部克久を囲む音楽の仲間たちのコンサート

サウンドメーカー服部克久の世界が

11月16日、17日

新国立劇場で開催された

服部さんが作曲、編曲した曲は6万曲にも及ぶという

16日は山下達郎と竹内マリアがゲストだったそうだ

 

音楽監督は服部隆之

音楽畑スペシャルオーケストラをバックに

17日はゲストが一曲づつ歌っていくという贅沢な演出だ

最初のゲストは松山千春

次が森山良子

この広い野原いっぱいは服部さんのアレンジだそう

谷村新司の昴も服部さんのアレンジだ

一緒に中国にコンサートに行った思い出話をされていた

五木ひろしはラスベガスバージョンでの歌を披露

その他ピンポンパンやベストテンのテーマソングや

自由の大地も演奏された

さだまさしも花を添えた

ラストの曲は私の大好きなル・ローヌだった

これほどまでに広範囲のネットワークを持っている音楽家も

日本にはいないだろう

それは一番は音楽家としての才能なのだが

服部さんの人徳でもあり、優しさでもあるのだろう

ステージバックには服部さんの写真が飾ってあり

天国から微笑んでいるようだった

 

司会の安住紳一郎が言っていたが

服部克久夫妻の媒酌人は白洲次郎、正子夫妻だそうだ

これだけでも驚きだった

 

服部克久氏は昭和11年11月1日生まれ

だからこそ、どうしても11月にコンサートをやりたかったそうだ

 

最後に服部隆之氏が今日は目いっぱい指揮をしたが

親父からは肩の力を抜いて自然体で臨めと言われていた

『柳に雪折れなし』と言うのが親父の信念でもあった

柳みたいに風に吹かれても雪が降っても

折れることはないのだと・・・

でも私にはできない

今日も親父の100分の一もできていないと感想を語り

観客は大きな拍手で讃えていた

 

個人的にも大変お世話になった服部先生

本当に素敵なコンサートを有難うございました

これでようやく服部先生も天国でゆっくりできるでしょう

よおこそフェスはゴミゼロで終了!

みほさんの愛をテーマに

宮崎を元気にしたいと始まったよおこそフェスは

11月13,14日と

シーガイア芝生広場とウォークモールで開催された

キッチンカーが25台揃っての飲食販売や

雑貨などの出店などもあり多彩な内容

プペルバスもウォークモールに14日に登場した

ステージにはハワイアンやダンス

そして多彩なゲストによる演奏が行われた

スタートは日高洋一氏の住吉神楽、

特に印象的だったのは

ホリステック・スタジオokahiのタヒチアンダンス

たかおしんのブルースも個性的

チョコボールブラザーズの土井さんの歌ではみんなが踊って盛り上がった

まこちゃんのステージ

ナチュラルで素朴な声がオリジナルのメロディに乗ってゆるやかに流れる

とても素敵なステージだった

司会のジェイミーとまこちゃん

響座

最終日は13名の編成、大太鼓を持ち込んでの

観客を魅了する圧倒的なパフォーマンスを披露

フィナーレはオーガニックライブでは有名な

HOUさんのライブで盛り上がった

 

司会のジェイミーがステージで3回程度

クリーンタイムイベントを実施

愛をテーマに実施する事業なので

来た時よりも美しくをスローガンに

皆さんごみを持ち帰りましょうとアピール

あれだけの飲食店やキッチンカーがありながら

結果的にはゴミ0のイベントを達成した

イベントの成功ももちろん大事だが

来場者の皆さんのご協力でゴミ0を達成したことのほうが

より大きな成功だと思う

これからの環境イベント実施のお手本となるだろう

 

みほさんやジェイミーをはじめとして

関係者やボランティアの皆様、本当にお疲れ様でした!

獺祭クリスマス 12月19日開催

大吟醸を楽しむ会からクリスマスナイトの楽しいお知らせです!

パリ、ニューヨークなど世界のパーティシーンを彩る獺祭と

大吟醸を楽しむ会がタッグを組んで贈る

極上の DASSAI Xmas 2021 in MIYAZAKI

世界で人気の獺祭二割三分シリーズ、

この時期限定のスパークリングを含めた5種類を堪能いただけます。

獺祭とジャパンキャビアなど食のコラボで一足早い素敵なクリスマスをお楽しみください。

旭酒造会長の桜井博志氏、旭酒造社長 桜井一宏氏もお越しになります。

年に一度のクリスマスナイト、パーティにはおしゃれをしてお出かけください。

ホワイトクリスマスにちなんでキーカラーはホワイトです。

 

DASSAIXmas 2021 in MIYAZAKI  獺祭を楽しむ会

  • 主催 大吟醸を楽しむ会・旭酒造
  • 日時 12月19日 受付 16:00  開宴 17:00
  • 会場 シーガイアサミットホール
  • 会費 16000(税込み)
  • 参加人数  200人着席   4名×50テーブル
  • 協力  ジャパンキャビア株式会社

お問合せは

0985−31−7086    大吟醸を楽しむ会事務局まで

大吟醸 KAMPAI WAVE2021グランプリ決定!

10月3日に開催された

オンライン大吟醸を楽しむ会で開催された

KAMPAI WAVE 2021のグランプリが決定しました

今年は蔵元もユニークなプレゼンが多かったように思います

さて結果発表です

 

第2位は宮城県の浦霞でした

浦霞の佐浦社長自ら、アフターコロナを見据え

塩釜神社やお寿司などを観光やグルメを案内

最後には現代の名工となった小野寺杜氏のコメントも入れて

蔵だけでなく、地域観光で盛り上げていこうという思いが

多くの人の共感を呼びました

 

グランプリは高知県の司牡丹でした

竹村社長は土佐宴会の真髄を見せていただきました

土佐芸子と共に一人皿鉢料理を楽しみ

宴会ゲームを行い負けたほうが乾杯するなどのパフォーマンスも面白かったです。

蔵元同士でのチャットでも盛り上がっていたようです。

構成も良く考えられており

緻密な良く練られたプレゼンでした

司牡丹の竹村社長 おめでとうございました

盛り上げていただき感謝いたします

見てない方は是非ご覧ください!

侍ショパ二スト(反田恭平)

ショパンコンクールでの反田恭平の演奏を聴いた

サムライ反田の圧巻の演奏だった

スコアを読み解く独自の感性

優しいほどの繊細さと同時に

力強くダイナミックで多彩な音色

彼の魂をさらけ出したような演奏だった

終了した後の聴衆の反応が驚くべきものだった

 

6年前からのプログラムの周到な準備

4年前の10月17日ショパンの命日の日に

ショパンコンクールの審査員でもある

ピオトル・パレチニ氏からショパンのイロハを教わっていく

 

2年前からは海外のホールで

音を響かせるためには体力も必要と食べて体を大きくした

1年前からは体の筋肉を脂肪にした

実は今年3月に宮崎で開催された反田の姿を見て太ったなと思っていた

贅沢をして食べているのかと危惧していのだが

それは反田の音楽にとって計画されていた体改造の一環であったのだ

 

あらゆる準備を重ねてきた目的は

このショパンコンクールでオーケストラと

一緒に演奏することだったと反田氏は言う

私にとっての40分間は夢がかない続けた最高の瞬間だった

結果は後からついてくるものだと考えていた

結果は2位

聴衆は反田が優勝だという反応も多かったようだが

ショパニストと最高の誉め言葉でたたえられたことは

彼自身も嬉しいと語っていた

 

ピオトル・パレチニ氏は

ショパニストの根幹は歌うこと

ピアニストの芸術的な個性、想像力、が重要視される

深い芸術的なイマジネーションと創造性が豊かな表現となって表れる

と言っている

発表の後ピオトル・パレチニ氏は

反田氏に感想を言ったそうだが

泣けるほど嬉しかったと言い、内容は明かさなかった

 

既に確固たるピアニストの地位を築いている反田だが

より世界の舞台で活躍する大きな基盤ができたと思う

これからのサムライ反田のさらなる活躍を祈念したい

そして心から拍手を送りたい

酒のアテ

8月22日

日本経済新聞の春秋に面白いエッセイが・・・

酒場に立ち寄ったのは、いつが最後だったか。

巣ごもり暮らしは当分、続きそうだ。

自宅で安くて簡単にできる美味いアテはないものか、と

お悩みの左党におすすめのレシピがある。

ワカメを油でひすい色に炒め、カツオ節をたっぷり投入

しょうゆで味付けする。

美味である。

ビールにも日本酒にもあう。

体にも良さそうだ。

実はこれ、相当いける口だった作家の向田邦子さんの

随筆に登場する自慢の手料理だ。

いしだあゆみさんにも伝授した。

後日、女優の美しい手の甲に小さな火ぶくれがあった。

コツはわかめの水気をよく切っておくこと。

怠ると油がはねてやけどをしてしまう。

・・・・・

きょうは昭和の庶民の食卓と人情を描いた

名文家の没後40年の命日

彼女が愛した「豚の薄切りとほうれん草の鍋」

をアテに乾杯しようか。

 

私も大好きな向田邦子

またその食のエッセイには並々ならぬ食へのこだわりが垣間見える

酒の肴は少しずつ

できたら海のもの、畑のもの、

舌ざわり歯ざわりも彩りも異なったものが並ぶと杯が進むのをみてきた

あまり大御馳走でなく、ささやかなもので、季節のもの

ちょっと気の利いたものだと酒飲みは嬉しくなるのもわかった

どうも酒の肴は安くささやかな方が楽である

体のためにもいいような気がする

向田邦子の酒飲みのアテについての考えには共感する

さあ、私も今日はどのアテで日本酒を飲もうかな?