酒のアテ

8月22日

日本経済新聞の春秋に面白いエッセイが・・・

酒場に立ち寄ったのは、いつが最後だったか。

巣ごもり暮らしは当分、続きそうだ。

自宅で安くて簡単にできる美味いアテはないものか、と

お悩みの左党におすすめのレシピがある。

ワカメを油でひすい色に炒め、カツオ節をたっぷり投入

しょうゆで味付けする。

美味である。

ビールにも日本酒にもあう。

体にも良さそうだ。

実はこれ、相当いける口だった作家の向田邦子さんの

随筆に登場する自慢の手料理だ。

いしだあゆみさんにも伝授した。

後日、女優の美しい手の甲に小さな火ぶくれがあった。

コツはわかめの水気をよく切っておくこと。

怠ると油がはねてやけどをしてしまう。

・・・・・

きょうは昭和の庶民の食卓と人情を描いた

名文家の没後40年の命日

彼女が愛した「豚の薄切りとほうれん草の鍋」

をアテに乾杯しようか。

 

私も大好きな向田邦子

またその食のエッセイには並々ならぬ食へのこだわりが垣間見える

酒の肴は少しずつ

できたら海のもの、畑のもの、

舌ざわり歯ざわりも彩りも異なったものが並ぶと杯が進むのをみてきた

あまり大御馳走でなく、ささやかなもので、季節のもの

ちょっと気の利いたものだと酒飲みは嬉しくなるのもわかった

どうも酒の肴は安くささやかな方が楽である

体のためにもいいような気がする

向田邦子の酒飲みのアテについての考えには共感する

さあ、私も今日はどのアテで日本酒を飲もうかな?

今宵の一献(吉田類)

全国でコロナ観戦拡大が止まらない

宮崎県も13日から31日まで新たな独自の緊急事態宣言を発出した

コロナ禍で日本酒はどうあるべきか?

酒場はどうあるべきか?自分と酒の向き合い方は?

そんなことを考えながらの日々の中でこのエッセイに出会った

酒場放浪記でおなじみの吉田類さんの酒エッセイに

とても感動したので是非ご紹介したい

 

観天/望気

 今宵の一献

 もう20年以上も前から、全国各地の酒場を巡り歩いている。

その土地の日本酒を味わい、そこに集う人々と出会う。

お酒はおいしいだけでなく、最高のコミュニケーションツールだから

酒場めぐりはやめられない。

酌み交わせば、あっという間に心の距離が縮まる、

心と心の壁をとかすアイテムだ

人と知り合うことで、人生は豊かになる。

 

日本酒は美しい自然の中で進化している。

それぞれの蔵元では、個性あふれる酒が造られている。

日本の酒に新しい風が吹いている。

日本酒が海外でもっと受け入れられる可能性は大いにある。

なぜなら「おいしいもの」は国境を越えて理解されるから。

さらに僕は、海外に行った際に、日本酒は百薬の長だと勧めている。

 

日本酒を売り込むターゲットは

同じ醸造酒であるワインを愛する欧米人。

特にフランス人は日本酒を味わい、

理解するための舌が備わっているように思う。

海外で評価されることで、洗練されたイメージが日本で広がり

日本の若者が関心を持つようになる。

穏やかにやさしく食の好循環が展開されていく。

 

コロナ禍の現在、

酒場は営業自体が難しく、各地の蔵元で在庫が積みあがっており

特Aの酒米を生産している農家でさえもコメが余っていると聞く。

心が痛む限りだが、しばらくはじっと耐えしのぐしかない。

しかし必ずコロナは終息する。

終息後の人と酒の向き合い方を展望したい。

 

僕は酒を飲むときに、人との距離、間合いを大切にしてきた。

余談だが、正統派のバーでは

バーテンダーはお客との距離を大事にしているという。

面と向かって話すことが感染リスクと捉えられたことで

こうした飲み方がより意識されてくる。

今宵の一献は日本酒をスマートに楽しんでみてはいかがだろうか。

 

                    吉田類 (酒場詩人)

IWANAGA食堂(宮崎市・若草通り)

今日は宮崎市若草通から路地に入った小さな隠れ家ビストロ

IWANAGA食堂での食事

今日はご主人の岩永氏のおまかせメニュー

まずは串間どれの紫雲丹のカナッペ

贅沢な一品だ

お酒は浦霞大吟醸

気品のある味わいは海幸にはとても良く合う

天然真鯛と真イカのフリット

熱々のフライにジェノベーゼソースが良く合う

岩永氏は料理の腕とセンスは抜群!

和洋中のどれでも自らのアイデンティティを生かした

オリジナル料理を創作するのでいつも楽しみでもある

このお店の逸品

宮崎牛サーロインとブルーチーズのカツサンド

濃厚で芳醇なマリアージュが口中に広がる

クレソンとフルーツのサラダ

次の酒は新政エクリュ

生のプチプチ感と旨さが新正流

宮崎牛ほほ肉シチュー

手間がかかるので、以前はXmasだけしか出さなかった名物料理

本マグロ中トロステーキをジャポネソースで

少し辛かったが白ご飯と共に食べると最高だろう

とうもろこし(ドルチェドリーム)のシャーベット

口の中がさっぱりする

 

個人的には少し量が多かったが

魚と肉のバランスも良く満喫のディナーとなった!

空手男子形 喜友名諒(きゆなりょう) 金メダル

武道の素晴らしさを改めて感じさせてくれた

空手・男子形だった

そしてその魅力はテレビを通して世界の人々にも伝わっただろう

 

空手・男子形 喜友名諒(きゆなりょう)の演技は

それほどまでに圧倒的な存在感だった

誰も寄せ付けず、威風堂々の貫禄

瞬間瞬間に

金剛力士像をも思わせる威圧感と迫力があり

凛とした美意識を感じさせる所作の裏には

秘めた刃の鋭さのようなものを感じた

まさに次元を超えた圧巻の演技だった

 

優勝が決まった後

その場に正座し一礼をした

まさに礼に始まり礼に終わるを我々に示してくれた

 

喜友名諒(きゆなりょう)の所属する劉衛流とは

中国から沖縄に持ち帰り伝えたとされる流派

その名を世界に広げたのが恩師の佐々木氏だ

佐々木氏の形を見てすぐ入門を決意したという

湧き出る泉のごとくよどみなく技をつなぐが劉衛流

孤高の鍛錬を続ける事で自らを磨いてきた

 

沖縄に初の金メダルをもたらした喜友名諒

それは沖縄の子供たちに明日への夢と希望を与え

亡くなったお母さんに対する感謝にもなった

心からおめでとうと有難うの言葉を贈りたい

初の2刀流でオールスターの話題独占

大谷翔平が今年のオールスターゲームの話題を独占した

13日開催されたホームランダービー

一回戦で惜しくも敗退したものの

大谷の疲れた姿には温かいファンのまなざしが・・・

そして14日には投打の2刀流で出場

一回表には一番打者で

内野ゴロに倒れても大歓声

一回裏には先発投手で3者凡退に打ち取った

そして勝利投手のおまけまでついてきた

天真爛漫に野球を心から愛し、楽しんでいる姿は

アメリカの野球ファンを熱狂させた

MLBは大谷の2刀流のCMを作成し

オールスター番組内で放映

 

会場ではFOXテレビが作成した

巨人の星のような大谷のアニメ動画も

粋な演出だった

 

オールスターゲームは

まさに大谷翔平と言う素晴らしい才能が

アメリカでようやく大きく開花し認められた瞬間でもあった

 

それは大谷のたゆまぬ努力の結果でもある

高校時代からの目標達成シートをつけ

自分の目標を明確にしている

昨年のオフからは

投打の時にセンサーをバットや腕に付けて

打撃フォームや投球の進化を目指した

センサーを付けて自らのフォームを改造していったのは大谷だけだと思う

 

運の目標達成シートの中にはごみを拾うという項目がある

ゴミを拾う姿はオールスターゲームでも見られた

そのほかに礼儀正しさや挨拶も含まれている

だからこど大谷は日本だけではなくアメリカでも愛されるのかもしれない

ホームラン集を見ると

6月後半からホームランを打つ大谷に風格が出てきたように感じる

後半も怪我や体の疲れに気を付けて

2刀流の野球を楽しんでほしい

そして日米の野球ファンの夢を拡げて欲しいと願っている

ラディシュセブンのまんまーるで発酵料理

ラディシュセブンのまんまーるで

みやざき発酵文化ネットワークの皆さんと一緒に

発酵料理の数々を楽しんだ

まず乾杯はもちろんひでじビール太陽のラガー

堀川野村の三ツ星醤油につけた香ばしいナッツ

皿の上には

二宮麹屋の塩麴でマリネした海老フライと

同じく塩麴でマリネした日南赤豚のシュウマイ

桃とダイワファームのモッツアレラチーズ

パンオセーブル・フリュイエルヴァン

ライムギ全粒粉とライムギ酵母で2日間発酵の

ドライフルーツプチブレッド

白扇酒造の本みりんとダイワファームのリコッタチーズ

次は都農ワインを赤尾さんが説明

デンマークのブルーチーズとオレンジのタルティーヌ

夏野菜とテンペのアジアンソース

味噌パウダーカプレーゼ

二宮麹屋の塩麴でマリネした日南赤豚プルコギのキンパ

宮材の在来種大豆のみやだいず味噌と真鯛の冷や汁

甘酒プリン

 

前菜からデザートまで

数々の魅力的な発酵料理に挑戦していただいた

ラディッシュの佐藤専務やスタッフの皆様に感謝でした

味噌醤油、塩麹、チーズヨーグルトを始め

テンペなど予想以上に珍しい発酵料理に

みやざき発酵文化ネットワークの会員の皆様も堪能されたようです

本当に有難うございました

またいつかコラボで一緒に楽しいことを企画したいと思います!

中国料理 龍苑(宮崎市江平)

BS-TBSの町中華の番組が人気だ

通称町中華の黒帯こと

玉袋筋太朗のキャラクターも良いのだが

最近は女性の町中華姐さん高田秋と

町中華の伝道師こと坂之上茜も番組になじんで良い味を出している

 

さて宮崎にこんな町中華がないものかと探していたのだが

ようやく宮崎ならではの町中華に出会った

美味い、早い、安い

そして活気がある

しかも家族経営と言う町中華の見本みたいなお店だ

場所は江平の九電工とヤマエ久野の間の路地を排いてすぐ

今日は日替わり定食の酢豚ランチ 700円

なかなか無い素晴らしいコスパ

そして豚肉焼きそばも注文 650円

味はあっさりとても美味しい

中華鍋を振る音が心地良く響く

接客はぶっきらぼうだが温かみがあるのが好印象

路地裏の町中華の王道だ

これからも地元に皆さんに愛されて欲しいお店の一つだ

 

町中華度 ★★★☆++

 

中国料理 龍苑

宮崎市江平東町4−9

0985−28−0303

11:00〜14:00 17:00〜20:00

日曜休み

西都市、曽我さんの完熟マンゴー

宮崎完熟マンゴーのルーツ

西都の曽我さんのマンゴーハウスを訪ねた

ご主人の曽我さんは足が悪くて入院が続いているため

昨年からは奥さんの久子さんを中心に娘さんがサポートをしている

そのため奥さんの久子さんと

娘の鈴世さんが迎えてくれた

今年のマンゴーは日照時間が足りないため

実が大きくならない

しかもなかなか完熟しない

他のマンゴー農家も遅れているらしい

普段はマンゴーの最後の時期となる7月なのだが

昨年あたりから遅れてきている

今年はいつになるかわからないと不安を募らせていた

マンゴーの話を聞きながら

剥いてあったマンゴーをいただく

やっぱり甘い

実はまだ小さいけれど、曽我さんならではのマンゴーだ!

カツ丼 りとき(宮崎市)

宮崎駅近くのラーメン山小屋の裏辺りに

ランドリーハウスがあるのだが

その一角にひっそりとこのお店がある

名前は カツ丼りとき

店構えは狭くて入りずらいが、

入るとこじんまりと清潔でアットホームな店内だ

カツ丼(500円)を注文

メニューはその他カツカレー、牛丼もある

ここからが驚きが始まる

とても感じの良い店主の清水浩子さんが

良ければ無料コーナーを利用してくださいと

えっと思いながら

無料コーナーを見ると

サラダ、ゆで卵、ちくわ天、お菓子等々

ずらりと並んでいる

飲み物は

コーヒー、麦茶、野菜ジュースなど、これも無料

まさに無料サービスの品数に驚く

ただ無料コーナーはなくなったらおしまいだという

清水さんに店名の由来を聞いた

孫たちの名前の組み合わせですとにこやかに話される

さてカツ丼登場

思った以上に甘めの味付けだが、注文の度に作られる丁寧さが温かい

お店を始めて1年半

始めてからコロナ禍が始まったが

小さい店だからあまり関係がないという

今フルマラソンに挑戦中という清水さん

お店だけではなく

まだまだチャレンジ精神は旺盛で元気をもらえる

宮崎駅の近くの路地裏に「心の温かさ」を感じるお店がある

興味のある方は是非行って応援して欲しいお店の一つである

心の温かさ度 ★★★☆++

カツ丼 りとき

宮崎市老松2丁目1-45わかばハイム101

0985-28-6670

10:00~14:00  火曜休み

言葉の力(田中角栄)

日本の失われた30年と言う言葉をよく聞く

現在のコロナ禍、オリンピック問題

日本の長期的な少子高齢化、人口減少など

大きな諸問題の中で国会答弁などを聞いていると

政治家の言葉の力が無くなっているように感じている

国民を向いていない言葉は多すぎる

言葉の力と言う面では

政治家の中でも田中角栄が抜きんでているように思う

庶民宰相と言われた田中角栄だと

どのような言葉を発するのだろうかと思うことがよくある

 

そんなことを考えながら石原慎太郎の書いた

天才 田中角栄 を再読してみた

何よりも凄いのは

先見性に満ちた発想の正確性だ

政治家個人としての発想で、まだ若い時代に

40近い議員立法を成し遂げ、

それがいまだに法律として適用している実績を持つ政治家は誰もいはしまい

と石原慎太郎は書いている

 

54歳6月日本列島改造論を発表

7月内閣総理大臣指名

9月日中国交正常化実現

若き宰相、田中角栄にとっても素晴らしい年であった

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだった

 

日本列島改造論を考えるにあたり

角栄はこのように考えたと書いてある

 

このテンポの速い現代に百年先を予測するのは

官僚には難しい仕事で彼らには限界がある。

今のままで自然成長して行けば大都市は機能マヒしてしまうだろう

故にも生産手段も含めて企業を地方に分散させなくてはならない

そのために新幹線を日本中に走らせ

どの県にも県都の近くに飛行場を作り、

国民の移動の時間と距離を短縮させる

それによって総生産量が向上し利益が増大すれば

これから多分進むだろう

国民の高齢化にも対応できる社会保障のための予算も潤沢となり

社会そのものが成熟していくことになる

ならばそんな列島改造のための金、財源をどこから捻出するのか

という事だが、これは国家の予算を充実させたとしてできることでは決してない

そのためにはあくまでも民間のエネルギーが不可欠なのだ

何でもかんでもお上、国家におんぶするという

低開発国家の態様ではとても及びはしない

あくまで民間の資金、エネルギーを中心にしてやって行く

政府はそれに利子補給して財政規模を縮小するほうがいいのだ

なんでも国がやるという発想は役人の通弊だから

役人が増え、官庁機関が膨れ上がり、役人天国になってしまうのだ

・・・・

日本全体を地域的にバランスの取れたものにしない限り

経済成長は望めやしない

野球のピッチャーに譬えれば

剛腕を振りかざして全力で直球を投げ込む投手よりも

時には変化球を交ぜながら

体全体を使って投げるフォームに改造しないと

長持ちはしないし勝率も上がりはしない

これから先の日本を考えれば、

ここで思い切った先行投資を考えないと

この国はゆがんだまま衰退しかねない

 

実践の政治で結果を出して来た天才だからこその柔軟な発想

今の時代でも十分通用すると考える

官僚と民間の使い分け

長期的な目線

失われた30年と言われ

コロナ対策では日本は後進国かと誰もが実感した

これから日本は次々と厳しい現実が襲ってくる

 

田中角栄の名言の一つ

 

初めに結論を言え。

理由は、三つに限定しろ。

分かったようなことを言うな。

気の利いたことを言うな。

そんなものは聞いている者は一発で見抜く。

借り物でない自分の言葉で、全力で話せ。

そうすれば、初めて人が聞く耳を持ってくれる。

 

私たちは再度

政治家として角栄が発した言葉の重みを今まさに学ぶべきであると考える