富士酢でらっきょう!

最高の酢ラッキョウを作ってみたいと考えた
ラッキョウはえびのの本坊さんところで取れた有機ラッキョウ
本坊さんはもう30数年前から有機にこだわり
米、野菜などを作っていらっしゃる
体に良いものを食べると健康になるを実践していらっしゃる方
志が素晴らしい!
 
庭には手づくりピザ窯もある
最近は修学旅行の農家民泊や
田植や収穫の体験ツアーなども積極的にされていて全国から参加されている
大都市圏のデパートにも米や野菜なども置いてあるほどの人気の農家さんだ
 
昨年も本坊さんに酢ラッキョウを作ってとお願いした
手で剥いたラッキョウと機械でのラッキョウはラッキョウの長さが全然違う
大変おいしかったのだが
今回はさらに進化して私が一番気になっている純米富士酢を使用して
ラッキョウ作りをお願いすることにした
 
なぜか京都で富士酢?
初代、長蔵が日本一の酢を造りたい と言う想いから富士酢と名づけたようだ
その想いは3代目の輝乃助へと受け継がれ
昭和30年代、蔵のそばの田んぼには
毒性の強い農薬がまかれ、
田んぼに入るのを禁じる旗がたてられている光景を目にしたことから
農薬を使わない原料を使う事を決断しました
それから他から農薬が入り込まない棚田で
安全なコメを作ってくれるよう農家を説得した
安心して使ってもらえる酢作りはここからが始まりでした
現在の米は京都・丹後産の農薬不使用栽培の新米だけだそうです
DSC_0213 
フードジャーナリスト 向笠千恵子さんも
次のように書いている
 
富士酢は宮津の飯尾さん1家が最高の味を目指そうと名づけたもの
日本一だから富士なのである
それだけに姿勢も仕事も高潔そのものだ
実は現代の酢は輸入小麦やコーンを足して醸造する米酢もどき、
醸造用アルコールを用いて強制発酵させる超速醸品がほとんどで
芳醇さとかまろやかさとは無縁だし、
そのくせ酢の物にも寿司飯にもお酢の何ともいえない酢ッパミがつかない
—おかしな話ですよね
富士酢は玉の棚田で無農薬栽培したコシヒカリをどーんとつかって
酢?もろみに仕込み、たっぷりの種酢で発酵させる
琥珀色になってもまだまだ
瓶詰めするのは蔵で四季を過ごし
香りと旨味がぐんと深まってからである
そんなお酢だから、母も私も日々シュワッと感応してしまうのである
 
えびのの有機ラッキョウと日本一の富士酢
そして合わせる本みりんは
日本一の味醂としても有名な福来純を使用する
さてどんなラッキョウが出来上がるか今から楽しみである

世界を目指せ!

世界に出ないと世界一になれない!
どこかで聞いたような言葉だが
今日本の若きスポーツ選手が世界で大躍進中だ
 
シーズン入りして2か月で8勝
今や押しも押されぬヤンキースのエースの風格さえ漂う
田中将代 26歳
 
世界のテニス強豪相手に
年々成長を進化させている錦織圭 25歳
 
そして6月1日に
アメリカツアー初優勝を成し遂げた松山英樹 22歳
 
この3人に共通しているのは強靭な精神力と野性味だ
今回注目していたのは松山だ
松山を見ているとゴルフマンガ 風の大地 をなぜか思い出す
あの主人公になんとなくだぶるものがあるように感じてしまうのは私だけだろうか?
 
昨年松山は日本の賞金王となり、本格的にアメリカPGAツアーに参戦した
先週は最終日まではトップだったが
最終日に崩れた
しかし松山がアメリカでやれる手ごたえをしっかり感じていた
 
さて今週のメモリアルトーナメント
ジャックニクラウスが設計したゴルフ場で
ジャックの目の前でプレーするトーナメント
ある意味準メジャーとも言って良い
最終日15番のバーディで
優勝が目に見えてきたかの16番
6アイアンのフルショットでグリーンを狙ったショットは
風の影響とミスショットで池ポチャ
ここからが松山の凄みだ
しっかり前を向き何事もなかったようにショットをした
結果はダブルボギー
そして17番のボギー
これで優勝は松山の手から滑り落ちそうに見えた
しかし18番のバーディでなんとかプレイオフに持ち込んだ
 
プレイオフでは松山は折れたドライバーが使えず
3番ウッドでバンカーに入れたが
相手はクリークに入り楽になった
松山の2打目がグリーンサイドの観客の足に当たりラッキーな場所にぽとり!
これをアプローチで寄せ最後のパットを気合でねじ込み優勝を飾った
何となく松山らしくないドタバタの感のする優勝だったが
まだ22歳の若者
日本での4人目のPGAツアー優勝に嬉しく思う
 
ニクラウスは松山のプレイを見て
体の大きさ、テンポの良さ、精神的な強さが際立っている
日本選手としてはジャンボ尾崎が体が大きかった、青木は背が高かった
しかし強靭ではなかった
石川遼は少し小柄だ
その点体が大きい松山は特に力を込めなくてもコースを攻めていける
それに冷静だと絶賛!
 
ニックファルドはCBSテレビのインタビューに答えて
彼は将来のメガスターだ
肉体的、精神的、技術的に強いものを持っていると褒め称えた
 
松山の初優勝は石川遼にとっても
大きな刺激となる
ただ松山にとってこの優勝は単なる通過点でしかない
松山だからこそ
その先を見据えて大きな目標に邁進してほしい
その実力を松山は持っていると確信している
 
 

ドゥアッシュ(中田貴紀シェフ)

大阪心斎橋にあるフレンチレストラン
ドゥアッシュの中田貴紀シェフに
宮崎食材の季節限定メニューを作っていただこうと打ち合わせに行ってきた
 
中田シェフは辻料理専門学校製菓部門を卒業後
ドゥーアッシュに調理長として入社
2008年 日経レストランメニュー    グランプリ受賞
2010年  ぐるなび BEST OF MEYU    準優勝
等、独創性とセンスあふれたメニューにはたくさんのファンがいる
 IMG_0077
中田シェフとはマルシェジャポンキャラバンで
宮崎県日南市でゲストシェフとして来宮されて以来の中である
宮崎のイベントは今でも印象に残っているとおっしゃっていた
また中田シェフのお母さんが都城ということもあり
宮崎の食材にもいつも高い関心を持っていただいている
都農ワインのアンフィルタードもここで飲めるのも嬉しい
 
このお店は以前は銀行だったようで
造りも頑丈
しかし内装はパステルカラーの花が日々飾られていて
洗練されたムードが漂っている
打ち合わせの前に
まずは久しぶりに中田シェフのメニューで食事・・・・
 
サラダには剣先イカの中に地鶏を使ったレバームースが
彩りもパステルカラーで綺麗
イカとムースの食感が食欲をそそる
IMG_0060
 
次は泉州玉ねぎのパフェ
このあたりのサプライズが中田流
一番下がコンソメ風の味
次は玉ねぎのムース
最後にベーコンを入れたムースが乗っている
味の調和がとても感動的だ
IMG_0064 
牛頬肉のワイン煮込み
と阿蘇のスウィートコーン、フランスの野生アスパラ,北海道の越冬ながいも
IMG_0066 
そしてここならではの人気のデザート盛り合わせ
 IMG_0068
最後は
最近お店で人気というローズヒップとハイビスカスのハーブティ
中田シェフの心あふれるメニューに爽やかな薫風を感じた一時となった
 
 
宮崎食材を使ったメニューは6月下旬からスタート予定
面白いメニューができそうで大変楽しみでもある
詳しい内容がわかり次第このHPでもご紹介したい
是非大阪心斎橋のドゥアッシュに機会があれば足を運んでいただけると嬉しい