うなぎ 海雲 (宮崎市)

今年も土用の日が近づいている

アートホテル宮崎スカイタワーの2Fにある

うなぎ 海雲にお邪魔した

店内もゆったりとした作りで落ち着ける

このお店は国産ウナギを使用した

関東風の蒸した鰻を食べさせてくれる

日本酒も豊富で

まずは日本酒お薦め4種のセット1500円を頼む

全ての種類から選べるのが嬉しい

今日は八海山大吟醸、作の大吟醸

西の関の純米、初亀の吟醸でトライ

つまみは落花生どうふ、板わさと漬物

板わさはトビ子を入れてある

漬物はみょうががとても美味しい

最後はうな重を

西の関の純米で合わせながら

西の関純米は鰻に合う酒としても有名だ

鰻の脂を蒸すことでさっぱりさせ柔らかくするのが関東風

 

 

関東風度  ★★★☆+

 

うなぎ 海雲

宮崎市高千穂通アートホテル宮崎スカイタワー2F

0985−31−1111

11:30〜14:30 17:30〜21:00

THE TERRACE(宮崎市)

STESSAの後にできたという

レストラン ザ・テラスに昼食に行ってきた

おしゃれでゆとりのある空間はそのままに

少しアレンジを加えただけのシンプルな店内

 

席に座りハンバーグ(1980円込)と

牛肉のシチュー(2200円込)を注文

 

まずはスープから

このスープが美味しくない

最初が美味しくないと後まで響くのが食事だ

スープから改良が必要だろう

次にサラダ

彩も良く量も十分

ハンバーグは250グラムの量

なんと肉肉しいハンバーグなこと!

いろんな薬味をつけて食べるところがユニークだ

牛肉のシチューの部位はブリスケ

とても柔らかく煮込んであり美味しい

量には満足だがまだまだいろんな改善点が必要だと思う

お客さんも多いので

今がとても大事だと思うのだが

 

快適空間度 ★★★☆

 

THE TERRACE  ザ・テラス

宮崎市吉村町天神前甲144−7

0985−41−8181

11:30〜15:00  18:00〜22:00

夏休み親子発酵教室延期のご案内(都農ワイン)

宮崎県全域がコロナ感染拡大緊急警報となったため、発酵教室は延期とさせて

延期とさせていただきます!

 

夏休み親子発酵教室を8月20日

15:30から都農ワインで開催します。

 

発酵×体験×食=健康をテーマに

今回はサマー・イブニング・ハーベストとして

葡萄の収穫を体験していただきます

なかなかできないワインブドウ収穫です

品種は当日のお楽しみに・・・

 

その後ワイン葡萄品種のお話を赤尾工場長と

黒木玲二さんからは尾鈴葡萄品種の話をしていただけます

黒木さんは尾鈴葡萄の先駆者である永友百次さんの孫でもあります

食事は豪華な発酵BBQ

ワイン牛をはじめ、美味しい食材が満載です

特製葡萄ジュースや都農ワインもお楽しみください

ハンドルキーパーはもちろん禁酒でお願いいたします

 

夏は暑いし、収穫の体験ですから

服装はカジュアルで帽子や手袋は必須です!

8月20日都農ワインで15:00からの受付です

大人 2500円 子供 1500円(小学生のみ)

 

都農ワインで開催するサマー・イブニング・ハーベスト

30名限定ですので

お申し込みはお早めにどうぞ

0985−31−7086 みやざき発酵ネットワーク事務局まで

初の2刀流でオールスターの話題独占

大谷翔平が今年のオールスターゲームの話題を独占した

13日開催されたホームランダービー

一回戦で惜しくも敗退したものの

大谷の疲れた姿には温かいファンのまなざしが・・・

そして14日には投打の2刀流で出場

一回表には一番打者で

内野ゴロに倒れても大歓声

一回裏には先発投手で3者凡退に打ち取った

そして勝利投手のおまけまでついてきた

天真爛漫に野球を心から愛し、楽しんでいる姿は

アメリカの野球ファンを熱狂させた

MLBは大谷の2刀流のCMを作成し

オールスター番組内で放映

 

会場ではFOXテレビが作成した

巨人の星のような大谷のアニメ動画も

粋な演出だった

 

オールスターゲームは

まさに大谷翔平と言う素晴らしい才能が

アメリカでようやく大きく開花し認められた瞬間でもあった

 

それは大谷のたゆまぬ努力の結果でもある

高校時代からの目標達成シートをつけ

自分の目標を明確にしている

昨年のオフからは

投打の時にセンサーをバットや腕に付けて

打撃フォームや投球の進化を目指した

センサーを付けて自らのフォームを改造していったのは大谷だけだと思う

 

運の目標達成シートの中にはごみを拾うという項目がある

ゴミを拾う姿はオールスターゲームでも見られた

そのほかに礼儀正しさや挨拶も含まれている

だからこど大谷は日本だけではなくアメリカでも愛されるのかもしれない

ホームラン集を見ると

6月後半からホームランを打つ大谷に風格が出てきたように感じる

後半も怪我や体の疲れに気を付けて

2刀流の野球を楽しんでほしい

そして日米の野球ファンの夢を拡げて欲しいと願っている

ラディシュセブンのまんまーるで発酵料理

ラディシュセブンのまんまーるで

みやざき発酵文化ネットワークの皆さんと一緒に

発酵料理の数々を楽しんだ

まず乾杯はもちろんひでじビール太陽のラガー

堀川野村の三ツ星醤油につけた香ばしいナッツ

皿の上には

二宮麹屋の塩麴でマリネした海老フライと

同じく塩麴でマリネした日南赤豚のシュウマイ

桃とダイワファームのモッツアレラチーズ

パンオセーブル・フリュイエルヴァン

ライムギ全粒粉とライムギ酵母で2日間発酵の

ドライフルーツプチブレッド

白扇酒造の本みりんとダイワファームのリコッタチーズ

次は都農ワインを赤尾さんが説明

デンマークのブルーチーズとオレンジのタルティーヌ

夏野菜とテンペのアジアンソース

味噌パウダーカプレーゼ

二宮麹屋の塩麴でマリネした日南赤豚プルコギのキンパ

宮材の在来種大豆のみやだいず味噌と真鯛の冷や汁

甘酒プリン

 

前菜からデザートまで

数々の魅力的な発酵料理に挑戦していただいた

ラディッシュの佐藤専務やスタッフの皆様に感謝でした

味噌醤油、塩麹、チーズヨーグルトを始め

テンペなど予想以上に珍しい発酵料理に

みやざき発酵文化ネットワークの会員の皆様も堪能されたようです

本当に有難うございました

またいつかコラボで一緒に楽しいことを企画したいと思います!

中国料理 龍苑(宮崎市江平)

BS-TBSの町中華の番組が人気だ

通称町中華の黒帯こと

玉袋筋太朗のキャラクターも良いのだが

最近は女性の町中華姐さん高田秋と

町中華の伝道師こと坂之上茜も番組になじんで良い味を出している

 

さて宮崎にこんな町中華がないものかと探していたのだが

ようやく宮崎ならではの町中華に出会った

美味い、早い、安い

そして活気がある

しかも家族経営と言う町中華の見本みたいなお店だ

場所は江平の九電工とヤマエ久野の間の路地を排いてすぐ

今日は日替わり定食の酢豚ランチ 700円

なかなか無い素晴らしいコスパ

そして豚肉焼きそばも注文 650円

味はあっさりとても美味しい

中華鍋を振る音が心地良く響く

接客はぶっきらぼうだが温かみがあるのが好印象

路地裏の町中華の王道だ

これからも地元に皆さんに愛されて欲しいお店の一つだ

 

町中華度 ★★★☆++

 

中国料理 龍苑

宮崎市江平東町4−9

0985−28−0303

11:00〜14:00 17:00〜20:00

日曜休み

パインテラス(宮崎シーガイア)

週に一度は野菜をふんだんに取る食事を心がけている

今日はその目的もあり

シーガイアのパインテラスへランチへ

席に誘導されていつも感じることだが

プールが見えることもあり

なんだかバリやバンコクのリゾートホテルの雰囲気と似ている

 

さてまずは野菜チャージ

しっかり野菜のサラダ

そして佐土原茄子ソーメン、容器も工夫されていて楽しい

もう一度シーフードを乗せてサラダとビシソワーズ

これで1日分の野菜は取れただろう!

バジルソースのパスタ

ローストビーフ

最後は五輪イメージのデザート

全体的に少し料理の種類が少なくなった感じがする

ただ落ち着いて食事を楽しむには良い空間だ

 

 

ベジチャージ度 ★★★☆++

 

パインテラス

宮崎市山崎町浜山シェラトングランデオーシャンリゾート1F

0985−21−1374

11:30〜14:00

西都市、曽我さんの完熟マンゴー

宮崎完熟マンゴーのルーツ

西都の曽我さんのマンゴーハウスを訪ねた

ご主人の曽我さんは足が悪くて入院が続いているため

昨年からは奥さんの久子さんを中心に娘さんがサポートをしている

そのため奥さんの久子さんと

娘の鈴世さんが迎えてくれた

今年のマンゴーは日照時間が足りないため

実が大きくならない

しかもなかなか完熟しない

他のマンゴー農家も遅れているらしい

普段はマンゴーの最後の時期となる7月なのだが

昨年あたりから遅れてきている

今年はいつになるかわからないと不安を募らせていた

マンゴーの話を聞きながら

剥いてあったマンゴーをいただく

やっぱり甘い

実はまだ小さいけれど、曽我さんならではのマンゴーだ!

カツ丼 りとき(宮崎市)

宮崎駅近くのラーメン山小屋の裏辺りに

ランドリーハウスがあるのだが

その一角にひっそりとこのお店がある

名前は カツ丼りとき

店構えは狭くて入りずらいが、

入るとこじんまりと清潔でアットホームな店内だ

カツ丼(500円)を注文

メニューはその他カツカレー、牛丼もある

ここからが驚きが始まる

とても感じの良い店主の清水浩子さんが

良ければ無料コーナーを利用してくださいと

えっと思いながら

無料コーナーを見ると

サラダ、ゆで卵、ちくわ天、お菓子等々

ずらりと並んでいる

飲み物は

コーヒー、麦茶、野菜ジュースなど、これも無料

まさに無料サービスの品数に驚く

ただ無料コーナーはなくなったらおしまいだという

清水さんに店名の由来を聞いた

孫たちの名前の組み合わせですとにこやかに話される

さてカツ丼登場

思った以上に甘めの味付けだが、注文の度に作られる丁寧さが温かい

お店を始めて1年半

始めてからコロナ禍が始まったが

小さい店だからあまり関係がないという

今フルマラソンに挑戦中という清水さん

お店だけではなく

まだまだチャレンジ精神は旺盛で元気をもらえる

宮崎駅の近くの路地裏に「心の温かさ」を感じるお店がある

興味のある方は是非行って応援して欲しいお店の一つである

心の温かさ度 ★★★☆++

カツ丼 りとき

宮崎市老松2丁目1-45わかばハイム101

0985-28-6670

10:00~14:00  火曜休み