花浅葱(宮崎市)

土鍋ご飯が恋しくなり

お昼の花浅葱に・・・・

ここではカウンターに座りご主人の手さばきを見るのが好きだ

鰆の落花生ソース

椀物は

鶏そぼろの寄せ豆腐

ここのはとても出汁が美味しいが

中身が少し同じように感じれる

柿の白和え

落花生豆腐の揚げ出し

土鍋ご飯

炊き立てのご飯がとても美味しい

仕方がないことだろうが

器は良いものを使っていらっしゃるがいつもほぼ同じ

材料も似たようなものが多くなってきている

現在お昼は1430円

金額を少し上げても良いので

以前のような感動が欲しくなるのだが・・・

大吟醸 KAMPAI WAVE2021グランプリ決定!

10月3日に開催された

オンライン大吟醸を楽しむ会で開催された

KAMPAI WAVE 2021のグランプリが決定しました

今年は蔵元もユニークなプレゼンが多かったように思います

さて結果発表です

 

第2位は宮城県の浦霞でした

浦霞の佐浦社長自ら、アフターコロナを見据え

塩釜神社やお寿司などを観光やグルメを案内

最後には現代の名工となった小野寺杜氏のコメントも入れて

蔵だけでなく、地域観光で盛り上げていこうという思いが

多くの人の共感を呼びました

 

グランプリは高知県の司牡丹でした

竹村社長は土佐宴会の真髄を見せていただきました

土佐芸子と共に一人皿鉢料理を楽しみ

宴会ゲームを行い負けたほうが乾杯するなどのパフォーマンスも面白かったです。

蔵元同士でのチャットでも盛り上がっていたようです。

構成も良く考えられており

緻密な良く練られたプレゼンでした

司牡丹の竹村社長 おめでとうございました

盛り上げていただき感謝いたします

見てない方は是非ご覧ください!

侍ショパ二スト(反田恭平)

ショパンコンクールでの反田恭平の演奏を聴いた

サムライ反田の圧巻の演奏だった

スコアを読み解く独自の感性

優しいほどの繊細さと同時に

力強くダイナミックで多彩な音色

彼の魂をさらけ出したような演奏だった

終了した後の聴衆の反応が驚くべきものだった

 

6年前からのプログラムの周到な準備

4年前の10月17日ショパンの命日の日に

ショパンコンクールの審査員でもある

ピオトル・パレチニ氏からショパンのイロハを教わっていく

 

2年前からは海外のホールで

音を響かせるためには体力も必要と食べて体を大きくした

1年前からは体の筋肉を脂肪にした

実は今年3月に宮崎で開催された反田の姿を見て太ったなと思っていた

贅沢をして食べているのかと危惧していのだが

それは反田の音楽にとって計画されていた体改造の一環であったのだ

 

あらゆる準備を重ねてきた目的は

このショパンコンクールでオーケストラと

一緒に演奏することだったと反田氏は言う

私にとっての40分間は夢がかない続けた最高の瞬間だった

結果は後からついてくるものだと考えていた

結果は2位

聴衆は反田が優勝だという反応も多かったようだが

ショパニストと最高の誉め言葉でたたえられたことは

彼自身も嬉しいと語っていた

 

ピオトル・パレチニ氏は

ショパニストの根幹は歌うこと

ピアニストの芸術的な個性、想像力、が重要視される

深い芸術的なイマジネーションと創造性が豊かな表現となって表れる

と言っている

発表の後ピオトル・パレチニ氏は

反田氏に感想を言ったそうだが

泣けるほど嬉しかったと言い、内容は明かさなかった

 

既に確固たるピアニストの地位を築いている反田だが

より世界の舞台で活躍する大きな基盤ができたと思う

これからのサムライ反田のさらなる活躍を祈念したい

そして心から拍手を送りたい

海鮮問屋 うお酔(鳥取市)

一日中降り続いた雨と風の中開催された

鳥取ライドが無事に終了した

撤去も終わってようやく食事だ

 

街中にあるうお酔へ

ここはスタッフの後輩のお店だという

奥の座敷に座り生ビールで乾杯

刺身が出てきたが

中でもこのモサ海老の甘みと旨味が凄い

地元の山本隆弘氏に聞くと

このエビは足が速いので地元で食べるのが一番美味いと言われた

甘味は甘エビの何倍の感じだと思う

良いものを食べさせていただいた

さて次は白カレイのフライ

新鮮なカレイをフライにするのでなおさら旨い

日本酒は地元の瑞泉を飲む

少し甘めの酒だが疲れた体には沁みとおっていく

アンコウ鍋

アンコウの肝も入れて食べると

コクと旨味の2重奏だ

体も心も温まってお開きとなった

 

海鮮度  ★★★☆

 

海鮮問屋 うお酔

鳥取市弥生町215

0857−26−2900

月〜土曜 17:00〜24:00

木の香り(鳥取市)

鳥取と言えばカレーと言われるほど・・・

鳥取駅前の商店街に

昭和を感じさせる喫茶店がある

ここが薬膳カレーで有名な木の香り

注文は薬膳牛すじカレーにする

卓上を見渡すと様々なスパイスが・・・

スパイスの効能が面白い

人に疲れたみたい!やこの頃忘れっぽい!などが笑いを誘う

牛すじカレー登場

まろやかな口当たりで後味がスパイシー

これにスパイスを投入して

好みの味に変化させていくのも楽しい

鳥取に来たら一度は食べてみたい鳥取カレーの一つである

 

レトロスパイス度 ★★★+

 

木の香り

鳥取市栄町659

7:30〜9:30 11:00〜18:00

月曜休み

鳥取すごいライド(報告)

10月17日開催された鳥取すごいライドの運営で

鳥取に行ってきた

これまで1000人の大会だったこのライドは

今回コロナ対策の実証事業として

健康シート、検温、抗原検査などを徹底して行うため

300人に縮小して開催された

全国の行政からも注目の大会でもあった

 

宮崎ライドも参考になるため

運営のやり方やシステムを体験もしてみたかった

前日の16日のお昼に着き

事前受付をやり始めると雨が降り始める

 

本番の朝4時半

会場は海の近くであるため雨と風が強い

しかも体感温度は低く予想以上に寒さを感じる

キャンセルの電話も多く

会場まで来たが天候と寒さのため棄権する方も出てくる

しかしなんとかロングもショートもスタート

雨は降り続く

第2エイドではロングからショートへ変更や

ここでリタイヤも多く

運営側はバイクや人の運搬で大忙し

 

この雨と風の中でコロナ対策を万全に行いながら

無事故で終了できたのはスタッフの団結した力だと思う

特にコロナ対策では宮崎にとっても大変参考になった

経費も人件費もかかるのだが

WITHコロナの時代では必ず実施しないといけないことだと実感した

 

ぜひまた山本隆弘氏とこのチームで

宮崎ライドで運営できることを楽しみにしている

ラディッシュ全店で発酵ウィーク開催!

みやざき発酵文化ネットワークはラディッシュとタイアップし

ラディッシュ全店(本店、大橋店、ラディッシュセブン)で

10月25日から30日に

発酵ウィークを開催します。

発酵食品は腸内環境を整え改善してくれるだけでなく

体の免疫力をアップしてくれます

期間中は様々な発酵総菜をラディッシュで販売いたします。

その中から少しご紹介

塩麴マリネ鶏弁当 580円(税込)

二宮麹屋の塩麴を使用しています

ジャパニーズ発酵食丼 600円(税込)

日本の伝統的な朝食のエッセンスを詰め込んだ丼です

えびの米の発酵🍙色々!

宮の鶴味醂とあめもんの焼きおにぎり

二宮麹屋とダイワミルコロポークの肉味噌おにぎり

鶏ゴボウ🍙

発酵キンパ

道本食品の漬物、本坊農園の人参、ダイワミルコロポーク

けんちゃん農園のニンニク塩麴で作りました。

魚貝炙りの秋ポンソース

秋ポンにオリーブオイルやブラックペッパーを加えた

特製ソースが病みつきになります。

その他、シェフおまかせの発酵パスタなど

様々な発酵フードが販売されますので

是非発酵食あふれる食卓で体の免疫力をアップしましょう!

10月25日から30日はラディッシュの発酵惣菜が要注目です!

COAST LIFE (宮崎市青島)

宮崎市の運動公園を過ぎて旧道に入り

青島手前のビーチそばに

COAST LIFEがある

 

波の音がとても落ち着く

テラス席はここはハワイか?と間違えるほど

今日はテラス席でバーベキュー

まずはビールで乾杯

サラダも彩りが綺麗

バーベキューもこんな具合

牛はあまり肉は良くはないが程々に美味しい

青島の海を見ながらのワインも格別

夜になると一層雰囲気が良くなる

サーファーや県外客にも人気のスポットのようだ

 

 

ハワイ度 ★★★☆

 

COAST LIFE

宮崎市加江田4710−13

050−5355−3622

月、火、金、土、日  11:00〜15:00 18:00〜22:00

水   11:00〜16:00

木曜休み

KAMPAI WAVE 2021(報告)

10月3日、宮崎観光ホテルをホスト会場に

全国34蔵元をつないで

オンライン大吟醸を楽しむ会が開催された

テーマはKAMPAI WAVE2021

オープニングを盛り上げる大吟醸の映像の後

町川世話人代表の挨拶

全国蔵元代表の浦霞、佐浦社長のご挨拶では

サポーターの募集が1時間で終了した事への驚きや

コロナ禍でも、このように大吟醸を楽しむ機会ができたことを

感謝されていた。

宮崎からの乾杯から始まり

南から北へ蔵元の60秒プレゼンが続いていく

繁桝では酒造り唄と箱入り娘の乾杯が可愛い

司牡丹では土佐舞妓と竹村社長の宴会芸が繰り広げられ

盛り上げていただいた

つまみ(いぶりガッコ、イカサシ雲丹、モッツァレラチーズのみやだいず味噌漬け)

で手軽に作れるアレンジ料理は

宮崎観光ホテルの津曲料理長から

いぶりガッコのトマトチーズ巻き

やイカサシ雲丹とミョウガや紫蘇を合わせて

ソーメンの汁であえたのも美味して好評

澤乃井の小澤社長は小澤会長との

2年連続親子のクッキング教室も楽しい

惣誉の映像は小技と頓智が効いていた

浦霞はアフターコロナを考えて

佐浦社長がコンセルジュとなって塩釜全部が楽しめる

観光ガイド、お寿司と浦霞がおいしそうだった

参加者からは京都大学の岡部教授が登場

岡部教授は現在学術情報メディアセンター長であり

日本のインターネットインフラを整備した草分け的存在の人でもある

私たちが日本で最初にオンライン飲み会を始めたと感慨深そうだった

そのほかパリやオーストラリアの参加者と結んでワールドワイドな大吟醸を楽しむ会に・・・

最後は昨年の乾杯グランプリの辻社長が

お姉さんの麻衣子杜氏と一緒に

オオトリの乾杯で締めくくった!

 

全国34蔵元の皆様、サポータになっていただいた200名の皆様

そして配信や技術を支えてくれた小林熱中小学校の吉谷局長はじめ

5人のスタッフの方々、映像の岩松氏、パソコンの徳淵氏

梱包作業を手伝っていただいたボランティアスタッフの方々

をはじめ多くの関係者の皆様に感謝を申し上げます。

ありがとうございました。

オンライン大吟醸を楽しむ会2021 ライブ配信のお知らせ

大吟醸を楽しむ会では10月3日夕方5時から

宮崎観光ホテルのホスト会場と全国34蔵元を繋いで

10月3日はお家で乾杯 WITH DAIGINJO として

オンライン大吟醸を楽しむ会を開催いたします。

テーマは 「KAMPAI WAVE 2021 」です。

南から北へ各蔵元が60秒の個性あふれるプレゼンを行い

最後は必ず乾杯します。

その模様はライブ配信で

サポーターになっていただいた方はもちろんですが

どなたでも楽しめますので

是非ご覧いただき、一緒に乾杯して

全国の蔵元の皆様にエールを送りましょう!