神様のカルテ(夏川草介)

私の恩人であり、仕事の基礎を教えてくれ

人生勉強まで数々の体験をさせていただいた方は

1999年に肺がんで亡くなった

蔵元の方で大変お世話になった方も

2017年にすい臓がんで亡くなった。

そして近親者も2020年1月にがんで亡くなった

周りを見渡すとがんの方々が多い

病院に行き、現場を見たり実際に体験すると様々な感想を持った

一生懸命治療をしていただいた先生や看護婦さん

治療を見守る家族の不安と期待

治療する本人の不安と希望、そして苦しみと悩み

そんなことを想いながら

再度神様のカルテを読み直してみた

地方病院に勤務する栗原医師が

人としての医療を自分なりに歩みを進めていく

そんな医療小説の名作でもある

緩和治療するほか方法がないガン末期の患者

安雲さん

誕生日にはもう一度山を見たいという安雲さん

の要望をかなえてあげる

準備は整い

車椅子に移った安雲さんの顔色は思っていたよりは良い

セーターの上にコートを羽織り

マフラーを巻いて完全冬対策の装いだ

頭には赤茶けたかわいらしい毛糸の帽子

なんだか安雲さんによく似合っている

帽子似合っていますね

私の声に安雲さんは嬉しそうにうなずいた

「三十五年も前の夫のプレゼントなんですよ

この帽子はお墓まで持っていくんです。

私が死んだときには、きっと頭にかぶせてくださいね、」

「夫は四十二歳で脳溢血で急死しました。

あれから三十年、ほんとに寂しい思いばかりしてきました。

寂しい寂しいと思いながら、それでも訳も分からずここまで生きてきました

ようやく寂しさに慣れたと思ったらこんな大病をし

大学の先生には見捨てられてしまい、やっぱり孤独で・・・

それだけの人生でした」

「でも最後の最後にこんな幸せな時間が待っていたなんて

本当に人生とはわからないものです」

安雲さんはその2日後に息を引き取った

その病室の戸棚から毛糸の帽子が見つかった

そのなかに栗原先生宛の手紙が入っている

先生はこの手紙を読んでいらっしゃるという事は

私はもう夫に会いに天国に旅立ってしまった後のことでしょう。

私にあの帽子をかぶせてくださるという約束を忘れずにいてくださったという事です

重ね重ね感謝に耐えません

・・・・・・・・・・

病の人にとって、最も辛いことは孤独であることです。

先生はその孤独を私から取り除いてくださいました

たとえ病気が治らなくても、生きていることが楽しいと思えることが

たくさんあるのだと教えてくださいました

・・・・・・

もしかしたら、夫が亡くなってからの三十年で

最も楽しい時間ではなかったか、と

実体験の直後だからこそなおさら

一つ一つの言葉が心に深く染み入ってくる

そして形にならぬ哀歓と対象の定まらない憤りが心を駆け抜けていく

良い小説だ

フェブラリーカフェ(浅草)

東京浅草

2,3年前から浅草の町が気に入っている

庶民的であると同時に下町文化と情緒を感じさせる街だ

ただ外国人観光客が急増しているので

観音裏のお店や少し路地に入ったお店に

入ることが多い

このお店は以前は田原町近くの横の路地にあったのだが

いつの間にか店はなくなっていた

調べてみると移転したらしい

次の場所は意外に近い場所だったので

朝出かけてみた

間口は今までと同じぐらいの大きさ

店に入ると全体的に大きくなっているが

雰囲気の良さは以前と変わらない

何故名前が「2月」なのだろう

話を聞くとまだまだ寒い日が続くけれど

ほのかに色づきはじめた蕾が

春の訪れを感じさせてくれる季節が2月

そんな時にゆったりとした時の流れの中で

美味しいコーヒーを味わっていただきたい

そんな思いから付けられたのだそう

ペリカンのトーストにバターを乗っけて

カフェラテのセットで660円

蜂蜜まで付いているのが嬉しい

朝の穏やかなひと時を

気持ちの良いカフェで楽しめるのも浅草ならではである。

 

穏やか度 ★★★★

 

フェブラリーカフェ

東京都台東区駒形1−9−8川尻ビル1F

03−6802−7171

8:15〜18:00 日曜休み

ミート矢澤五反田本店

五反田の人気店、ミート矢澤へ

噂が噂を呼び、一挙に海外出店まで拡大しているそう

 

11時前に行ったが既に行列

ようやくお店に入り

ハンバーグたまご乗せを注文

 

ソースはオリジナルソースを注文

周りを見渡すと

家族やカップルで

嬉しそうに、納得しながら食べている姿が興味深い

サラダ

黒毛和牛の肉汁の美味さが印象的だ

オリジナルソースもなかなかの味

接客のスタッフも外人が多いには

海外スタッフの研修の意味合いもあるのだろう

美味しいのだが

並んで食べるほどでもない

 

黒毛和牛度  ★★★☆

 

ミート矢澤五反田本店

 

東京都品川区西五反田12−15−13ニューハイツ西五反田1F

03−5436−2914

11:00〜15:00  17:00〜23:30

無休

古賀病院内 カフェベルエポック(宮崎市)

宮崎市池内にある古賀総合病院に

ベルエポックのカフェができて、先生たちにも人気だという

最近ベルエポックの話題が多い

九州電力宮崎支店にもビオカフェをオープンし

また病院にカフェをオープンさせた

宮田さんならではの素晴らしいセンスと展開ぶりだが人材は大丈夫なのだろうか

そちらのほうが気にかかる

 

近くを通ったので初めて行ってみた

病院内に入り、セブンイレブンの奥にお店はある

明るい開放的な雰囲気で

見晴らしも良い

低糖質のステーキが目玉らしいが

今日はまず日替わりランチ880円で試食をしてみる

待つこと15分・・・・

日替わりなのになぜこんなに遅いのか?

接客担当の女性たちはお客さんのストレスに気が付かない

ようやく来た

今日はチキンのトマトソース煮込み

味噌汁とメインとご飯がセット

トマト煮込みはとても美味しい

食べ終わってほかのお客さんを見ると・・・

まだ来ていない

お客さんがちらちら店員を見てるのに気が付かない接客

料理のスピードと接客の教育ができていないのがつらい

食材にもこだわり、料理も美味しだけに、

早めに改善したほうが良いように思う

 

スピードアップ度 ★★★

 

古賀病院 カフェベルエポック

宮崎市池内町古賀総合病院内

39−4322

角打ち しなと(宮崎市)

宮崎市人情横丁に雰囲気の良い立ち飲み屋がある

お店はしろきじの向かい

名前はしなと

カウンターだけのお店だが

店長の小松山氏の蝶ネクタイと笑顔に癒される

飲み物は焼酎、日本酒、ワインどれでも来いの

品揃えだ

今日は食事が終わってからの軽い2次会で顔を出す

 

お燗の日本酒というと

ひこ孫と九平治を出されたので

まずは九平治のお燗

お燗専用で造られたのだという

徳利は実家から持ち出してきたのだと

とても良い

メニューも独創性があふれている

毎日自分が考えたコラムを書いて

その後にメニューがずらり

こんな気配りはなかなかできない

 

つまみは青菜のお浸し

九平治のお燗は飲みやすいが

何となくちょっと落ち着かない

 

最後はここの店の名物ともなっている

茶碗蒸し

少し濃い味だが、酒飲みには最適だ

手間がかかっているのに価格も350円とCPが高い

 

小松山氏は大吟醸を楽しむ会には

毎年ボランティアスタッフで参加してくれる

貴重な実戦メンバーでもある

またこのお店で小松山氏の笑顔に癒されたいものだ

 

立ち飲み小料理度 ★★★☆++

 

角打ち しなと

宮崎市中央通り6−37 人情横丁

0985−24−4510

17:00〜 日曜休み

「次世代に備える」日本5年間最下位!

ヨーロッパ最高の知性と呼ばれる

ジャックアタリ氏の財団ポジティブプラネット

毎年「次世代に備える」という点でOECD加盟の38か国の中で

ランキングを公表している。

 

47のパラメーターでランク付けを行っている

人口、汚職の度合い、報道の自由、女性の地位などなど

つまり国は次世代のために準備しているかの国別ランキングだ

上位を占めるのはスカンジナビアの諸国

アイスランド、ノルウェー、スウェーデンとニュージーランド

驚くべきは最下位の国々だ

35位 トルコ

36位 イタリア

37位 ギリシャ

38位(最下位) 日本

日本の最下位は5年続いているのだという

寂しい話だ

人口減少は加速し高齢化はますますひどくなる

高度成長時代に制度化された年金社会保障制度は

ひずみが拡大し次世代は支えきれない

デフレ脱却のために行った異次元の金融緩和は

経済成長の2%を達することなく

国の債務は1000兆円を軽く超えてしまった

ジャックアタリ氏は日本で会議をすると

女性の姿がないことに驚くという

日本の若者の未来のために再度日本は謙虚に反省し

制度設計をやり直し、実行に移すべき点が数々あるように思う

ジャックアタリ氏の2030年の未来という本を興味深く読んだ

世界はどうなっていくのかを彼なりに見極めている

  1. アメリカ帝国の没落
  2. 次の覇権国の競争はあるが、どこも覇権国になれない
  3. 企業が国家にとって代わる可能性がある
  4. 世界的な紛争が多発する

中国が次の覇権国の最短距離にいるのだろうが

彼は中国は内向きだと否定する

覇権国は世界に向けて広がっていかなければならないのだと

 

この時代だからこそ2030年の日本の未来を見据えた

ジャックアタリ氏の日本への忠告は

真摯に耳を傾けるべき時期だと考える

牛亭(福岡市大濠)

大濠公園の近くにステーキ屋のお店がある

名前は牛亭

お店の雰囲気も風格があり

接遇の女性の方々もとても好印象だ

今日は薄切りステーキを頼む

私はこのお店の和風ソースが大好きだ

焼きあがった肉にこのソースをかけて食べると

たまらない美味さを感じる

サラダ

これが薄切りステーキ

量も十分

しかもテーブルに置いてある壺の中に

和風ソースを作るときに使用したにんにくの薄切りがあるのだが

これがご飯にとっても合う、癖になる味だ

最後にコーヒー

昼のひと時をゆっくりと過ごすことのできる場所の一つだ

 

和風ソース度 ★★★★+

 

牛亭

福岡市中央区大濠1−7−2チューリッヒ大濠1F

092−714−1933

11:30〜14:30 17:00〜21:30

水曜休み

ぬか床千束(福岡市)

福岡市に行くと、なぜか食べたくなるお店がある

高砂にある千束というぬか床屋さん

この二階では心ときめく発酵ランチを食べることができる

千束の一階はは400年以上も受け継がれてきた

発酵食品、ぬか床のお店

その秘伝のぬか床に山椒やトウガラシ

柚子の皮や塩などを混ぜ合わせ

野菜を漬け込む

このぬか漬けが美味しいのだ

さて発酵ランチはメインディッシュを

ぬか床煮の魚と肉から選ぶことができる

今日は豚肉にした

民芸調のカウンターに座り

見ていると味噌汁は注文を受けてから

一杯づつ作る細やかさが嬉しい

これが噂のぬか漬け

私はこれがメインディッシュだと思っている

いろんな野菜のぬか漬け

野菜の小鉢も優しい味だ

これが豚肉のぬか床煮

ほろほろと柔らかい

豚肉のぬか床煮

からしにつけて食べると申し分ない美味さ

ここに来るとなぜか軽くご飯2杯を食べてしまう

これで1300円(税込み)

これが発酵ランチ

滋味深い発酵食と

それを支える3人の女性の方々の調理も接遇も素晴らしい

ここには日本人が伝承してきた発酵の魅力がいっぱいの

正しい食事がある

ぬか床度  ★★★★☆

ぬか床の千束

福岡市中央区高砂2−9−5

092−522−6565

11:30〜売り切れまで

土曜日曜祭日休み

綾の早川農苑(餅つき体験)

綾の早川農苑で餅つき体験が12月28日開催された

この餅つき体験は家族などに大人気のようで

今年も東京をはじめ県内外から50名以上の方々が

集まった。

この日の綾は素晴らしい天気

早川社長が印象に残る餅つき体験にしてほしいと挨拶

早川農園自慢のニンジンジュースで乾杯

このジュースは砂糖を全く使っていないのにとても甘い

玄米餅つきの実演

つきたての玄米餅をこのように長方形に切って並べていく

そしておろし大根でいただく

おろし大根のさっぱり感が、素朴な餅の美味さを引き立てている

次にあんこ餅

2日間かけて仕込んだあんこと餅の相性は言う事ないほど美味

今度は白米のお餅

ここで人参の収穫体験

昼食のメニューは

野菜サラダ、自家製漬物、果物、

おにぎり、そして野菜たっぷりの味噌汁

餅つき体験もできて皆さん満足されたご様子

綾で農業体験すると感じることだが空気感が違う

独特の綾らしい空気感が私は大好きだ

 

本物の食材で仕込んだ餅をみんなで突きながら体験する

その爽快さと仕込みの大変さを感じることこそが

本当の食育につながるし

私たちの気づきにもなるのだと思う

早川農苑の早川社長やスタッフの皆さんさん

本当に有難うございました

SPICE CHUNKY(宮崎市)

宮崎では珍しいスープカレーのお店が

城ケ崎にある

一度何気なく横を通ったら人気のお店のようなので

いつかはチャレンジしてみようと思っていた

 

スープも3種類から選べる

ココナッツ味、スープカレー味、黒ゴママーユ味

辛さは10倍まで

ご飯は大中小で同じ料金

 

今日は10辛の野菜スープカレーを注文

野菜サラダ

そしてお待ちかねの海老とアボガドの野菜カレー

20種類以上のスパイスが香りを引き立てる

通常の辛口で3辛程度らしい

という事はとんでもなく辛いか???

食べているとじわっと辛さが効いてくる

しかし食べられない辛さでもない

ライスに付け合わせのレモンをかけて一緒に食べると

辛さに爽やかさが拡がり良い感じだ

お客さんも多いようで

定着してくれればよいのだが

 

スパイシー度 ★★★

 

SPICE CHUNKY

宮崎市恒久3丁目2−1

0985−78−0955

11:00〜15:00 水曜休み