薩摩スチューデントという偉業

昔のネットワークの仕事仲間が鹿児島に集まった

鹿児島は西郷どんの人気で観光客も増えているとのこと

一年ぶりの再会に話も弾んだ

 _

ここが西郷隆盛の生誕地

西郷どん記念館を見学した後

甲突川の川べりの緑地を歩くと

維新への道が展開されている

西郷隆盛生誕の地をはさみ

薩摩の歴史がうまく理解できるディスプレイも展開されている

その中でも印象深かったのは

薩摩維新館での薩摩スチューデントの映像だった

 _

1865年、薩摩藩は幕府の鎖国令を犯し

密かに15名の留学生と4人の使節団をイギリスに送り込んだ

 

この計画は亡き藩主、島津斉彬の発案であった。

西欧の近代的な技術を学び、豊かな強い国を作らなければ

いずれ日本は列強に支配され、植民地の道をたどらざるを得ない

留学生の派遣は打開に向けた一つの布石だった。

しかしこの構想は1858年斉彬の急死により頓挫する。

 

1863年の薩英戦争で

圧倒的なイギリスの軍事力を目の当たりにして

五代友厚は長崎の英国商人 トーマス・グラバーと懇意になり

留学の構想を温め、藩に提出する

数字に裏打ちされた開国貿易を基礎とした富国強兵論だ

幕府に知れたらただ事では済まされない

しかも一人当たりの費用は

現在の価格に換算すると2600万と言う巨大なものだったという

いかに薩摩が危機感を持ってこの事業を行ったかが理解できる

 

鹿児島から出港し、香港、シンガポールなどの港に寄り

66日間でイギリスに到着

航海中は必死に英語を勉強したという

 

最先端の機械や地下鉄などの交通システムに刺激と驚嘆と勉強の日々

短期間に勉強し吸収した知識を持ち帰り

それが日本で花開くことになる

この留学生15人や視察団の4人が

明治維新後の明治政府の核となって活躍していくことになる

 

日本の未来を見据えた島津斉彬の優れた先見性と

西郷隆盛などの傑物を見出した慧眼に驚くとともに

自ら未知の世界に挑戦していった薩摩スチューデントたち

その期待に応え実現していった薩摩隼人の志の高さと覚悟に

深く感銘した

今の時代だからこそ、日本にそんな若者が出てくることを願いたい!

 

 

祝ブルーツリー30周年パーティ

ブルーツリーの30周年パーティが
全国から350名のお客さんを招き
6月9日宮崎観光ホテルで盛大に開催された。
__パーティを支えたスタッフの皆さん


宮崎市ダイヤモンドビルの5Fの
小さな場末のようなスナック
しかもおじさん一人でやっているスナックが
全国の焼酎ファンの中から焼酎の聖地と言われているほど
輝きを放っている。

最初のご挨拶では
上妻マスターは何度か生命の危機があった
一度目は交通事故
2度目は脳梗塞
しかし医者の意見は聞かず、好きなコーラやたばこは
止める気配すらないと笑いながら話された
_
あおき中学校出身なので名前はブルーツリー
マスターの上妻隆一郎さんは
お店をオープンしたのは1988年6月10日
今まで何度かの危機を焼酎で助けられ
お店もこれまでやってこれた
焼酎の蔵元を若くなってきている
今からは若い人の時代
この若い蔵の方々が次の時代の焼酎を引っ張っていっていただきたい
と挨拶
_
3Mをはじめ様々な焼酎が飲み放題
その中でもひときわ存在感があったのが
萬膳の宿翁
今ではネットで27万円と言う高額商品のようだ
_
65年まえのダルマ焼酎
月の中の35℃などなど
たくさんの日頃めったに飲めない焼酎を試飲させていただいた
_
パーティは
村上三絃堂の三味線
ねこやさんのマグロの解体などで盛り上がった
_
小さなスナックが30年を迎えたことは
全国でも珍しくないのだが
これだけの全国の焼酎ファンに愛されているマスターは
全国でもここだけだと断言できる
まさに宮崎の財産であり、誇りとなる焼酎バーである

10年目は飲みすぎて前後不覚になり
20年目はズボンのベルトが亡くなった
30年目は体の不調をファンの声援で何とか乗り切ったと
上妻マスター
今度は40周年まで是非頑張ってください!
パーティお疲れ様でした
そしてありがとうございました!



第一次産業×デザイン=風景

ローカルに軸足を置き

日本の端っこから第一次産業の生産者のストーリーに

新しい価値を創造していくデザイナーがいる。

梅原真氏

今までにローカルから第一次産業で

数々のヒット作品を作り出した実績は大きなインパクトを持つ

 

彼の著書、「ありえないデザイン」をゴールデンウィークに再読した

 _

一次産業は、直接自然に働きかけて

モノを手にする農業、林業、漁業である。

そこから得られる農産物は、人知を働かせて育てること

販促を開拓したりして売ることに

他の産業ほど手が付けられてこなかった。

中でも農業は長い間JAにより、国や県の意思を

農民に伝えるトップダウンが続いている。

生産者である農民がJAを介さずに

消費者と直接つながって米や野菜を販売することは難しかった。

戦後、近代史のシンボルとされた

農薬や化学肥料、農機具の使用を拒んで

独自の農法を続けることは、販路を開拓できない限り

不可能に近かったからである。

 

しかし今や、自給率40%以下となったこの国では

生命を健康に保つ食糧さえも海外からの輸入に頼っている

日々口ににするものは、安全で安心できるものが基本である

安全、安心の作物をどう作り、どう消費者に届けていくかを

デザインしていくこと

それは結果としてお百姓さんや漁師さんたちが

自然相手に豊かな作物を収穫できる風景を残すことにつながるのである。

 

今の日本農業の問題点を明確に言い表している言葉だ

日本の農業平均年齢は67

農業の生産者に話を聞くと

後継者不足と年収を考えると非常に厳しい状況にある

私の代で終わりだという農業生産者の多いこと

 

デザインは社会問題の解決ソフトとする

梅原真氏の信念に共鳴しながら、

今後も宮崎ならではの地域活性化を考えていきたい!

 

第1回日向ビーチスポーツフェス

423日、日向市役所で

十屋日向市長と山本隆弘氏が記者発表を行った

 

日向市のお倉ヶ浜海岸をメイン会場に

第1回ビーチスポーツフェスが

78日お倉ヶ浜海岸で開催される

 _

サーフィンが東京オリンピックの正式種目となり

4キロも続く広い砂浜と絶好のサーフィン環境を持つ日向市は

サーフタウン日向構想の一環としてビーチスポーツの体験を通して

海岸やスポーツの魅力を小中学生に伝えようという事業を発表した

 

全国から日向のビーチにトップアスリートが集結する

ビーチバレーは 

元北京オリンピック日本代表の山本隆弘氏とパナソニックパンサーズ

ビーチサッカーは

元日本代表の遠藤彰弘氏、平瀬智行氏

ビーチラグビーは

パナソニックワイルドナイツ

ヨガは

タレントでヨガインストラクターでもある田中律子さん

サーフィンは日向市サーフィン連盟がプロサーファー等と

体験をサポートする

 

ビーチバレーやサッカーラグビーは小学生のみの参加となる

ヨガとサーフィンは一般参加も可能だそうだ

ビーチ体験のほかにもグルメの魅力も

楽しめるようにしたいと考えられている

弊社も精一杯のサポートを続けていきたいと考えている

 

 

日南海岸サンシャイン宮崎ライド2018(報告)

全国に先駆けて宮崎で開催する2018シーズンの春のサイクルイベント                   日南海岸・サンシャイン宮崎ライドは                                           422日絶好のコンディションの元、開催された                            サンシャイン宮崎ライドは日本有数の絶景を誇る日南海岸を走り、                       おいしい宮崎グルメを堪能し、神話のふるさとの美しい山々を登り、                      宮崎の大自然を満喫するロングライドイベント。 

21日は霧島ナイトの前夜祭

霧島酒造の吉永さんのあいさつの後は

ナビゲーターの白戸太朗氏、平野由香里さん

ゲストライダーの山本隆弘氏も入って

鏡開きからスタート

      _

普段飲めない黒宝霧島なども飲めて皆さん満足の様子

明日の完走を誓い合った

 _

22日はサンマリンスタジアム前の会場の

スタートセレモニーでは

戸敷正宮崎市長が歓迎のご挨拶

その後600名のライダーがスタート

 _

       _

鵜戸神宮では

魚うどんと初めてのマグロのメンチカツを

日南漁協婦人部が実演で振る舞っていただき

リーダーの太田さんには感謝!

 __

道の駅酒谷では草団子が大好評

飫肥エイドではおび天と豚汁に舌鼓

日南高校のボランティアの15名の皆さんの歓迎ぶりも

ライダーには大好評だった

 ___

スギ花粉と天候の寒さに対応するため

開催を3月から4月に一ヶ月ずらしたが

ナビゲーターの白戸太朗氏も参加ライダーの方々も

気候も海の青さと山の新緑も素晴らしく

この時期が最高だと絶賛されていた

 _

423日は宮崎日日新聞の記事や

MRTニュースワイドで放送され大きな話題となった

 _

参加ライダーの皆さん、支えてくれたサポートライダーの皆さん、

ボランティアスタッフの方々

本当にありがとうございました

 

宮崎をサイクルツーリズムの聖地とするためにも

今後は日程を4月に確定し

更なるアジアや全国からのライダーの集客に努めていきたいと考えます

 

 

ケンコー食品(都城市)

都城市にあるケンコー食品工業株式会社を訪ねた

醤油味噌の醸造を先代が始められ

今は2代目の吉田務社長

無添加醸造醤油、味噌を製造販売されている

 

ここの製品に使われている大豆は

都城で宮崎大学の明石教授により見いだされた

宮崎ならではの在来種「みやだいず」を全て使用している。

商標登録は平成28年に登録されたそうだ!

 

これには驚いた

今まで大豆はふくゆたかなどのブランドばかりで

国内では在来種はあまりないのではの考えていたからだ。

都城だけで「みやだいず」の栽培面積は10兆部に及んでいるという

大豆は味噌、醤油だけではなく豆腐や豆乳など

広く活用の方法がある

是非将来の世界の食糧不足や安全安心のことを考えると

宮崎県にとってみやだいずの生産の拡大は重要なテーマだ

 _

味噌の価格は何が違うのかを尋ねると

うちは熟成期間だと言われた

一番長く熟成させたものが太鼓判の商品だそうだ

 

将来のことを考えると、人口減少や需要減も考えると

なかなか味噌醤油の本業だけでは食べていけない

そんなことを考えて作った商品が焼き肉のたれ

2012年にモンドコレクションの金賞を取り

首都圏を中心に全国に広がった

今ではこれが稼ぎ頭だと言われていた

 _

ユニークな商品は豚のなんこつの水煮

おでんなどの料理に入れるだけで楽しめる商品

なんこつは昔は家庭料理だったが

今では手間がかかりすぎて作る人が少ない

そこに目を付けた

冬場は大ヒットになった商品とおっしゃっていた。

着目の仕方がとても素晴らしい

 _

先代の故郷である木城町に味噌工場を持ち

安心、安全の宮崎特産の大豆を使用し

醸造されている味噌、醤油はあまりないのではないか

添加物も天然の物だけにしている心配りも嬉しい

 

先日太鼓判で味噌汁を作ってみた

自然で滋味深い味わいだ

東京農大を卒業して受け継いだ吉田社長

そして息子さんも東京農大で勉強されている

今後のますますの発展を祈念したい!

 

 

みやざきネクストアグリ2 小泉武夫セッション

発酵学の権威でもある小泉武夫教授のセッション
でも興味のある話が・・・

発酵の利点は次の5点に集約される

1.    保存がきく
2.    栄養価が高くなる
3.    免疫力が高くなる
4.    味と香りが特徴的
5.    究極の自然食品

免疫力についてはアメリカのスタンフォード大学が研究中で
特に味噌の効用に注力しているという

_

最近の発酵食品の開発についての成功事例は
山梨県で天空カボチャを干して蒸しつぶしたものに
塩麴を加えて作ったものがスウィーツとして好評を博している

北海道では酢の業者がなかった
需要は北海道だけで100億円あるので
北海道で何とか酢を作ろうということになり
麦農家が酢を作った
私が考えた酢の名前は「麦出酢」

石垣島では石垣のお土産として何かを考えてほしい
という依頼があり
平安時代にあったとされている4つの醤を開発中
穀醤、魚醤、肉醤、草醤、
肉醤は鴨で作っていたそうだが、今回はブタで作り
とん醤として売り出そうと考えている
これが実に旨い
全国のラーメン店で活用できるようになるのではと考えている


このように発酵の力を加えることで
様々な農産物、水産物、畜産物の魅力を増すことができる
と話をされていた

宮崎県は全国における有数の農業、水産、畜産の生産基地である
発酵の力で数々の新商品開発ができることを願いたい!


マーケットでの昼食は
縁ラーメンのトマトラーメンと綾の野菜を使用したカレーにした

__
_

マーケットはにぎわってはいたが
有意義なフォーラムが参加人数が少ないのは残念だった。


みやざきネクストアグリ1

みやざきネクストアグリが325日に

ホリディイン青島リゾートで開催された

様々なフォーラムに有機野菜を中心としたマーケットなども

開催され、多くの消費者でにぎわった

 

基調講演で宮崎大学の榊原教授は

宮崎の天日干し大根は血圧降下作用があることが

実験で明らかになったと嬉しい話をされていた

 

次のセッションは服部さん

興味をひいたのは

オキシトニンという幸せホルモン

赤ちゃんとお母さんの関係から見ると

お母さんが乳首から母乳を赤ちゃんに与え

その顔を見つめることでお互いに

オキシトニンが分泌されるという

そのオキシトニン効果で親子の愛情が深まってくると言われる

現代のように粉ミルクが主流となると

オキシトニンが分泌されない

そのため子供虐待が多くなってきてるのではと話をされた

 _

2012年のロンドンオリンピックの食糧調達基準は

  1. 地元産
  2. 持続可能な農業
  3. オーガニック
  4. 季節の野菜
  5. フェアトレード
  6. 栄養バランスに優れたメニュー

 

東京オリンピックでは有機野菜は0.8%しかなく

現状では対応できない状況だ

そのためGAP(グッド、アグリカルチャー、プラクティス)

で対応しようとしている

あと1年半しかなく大変心配しているところだ

あの有名なボルト選手も体に一番良い有機の野菜しか食べないという

 

服部さんのセッションを踏まえ

日本のフードアイランドでもある宮崎にとって

オリンピックの選手に提供される2600万食というのは

世界への食の情報発信とも効果のある大会だ

宮崎の食材をプレゼンしてぜひオリンピックで活用してもらいたい

そのためには

日本の食糧調達基準を踏まえた、

健康をキーとした、多くのチャレンジをして

宮崎ならではの食のアプローチを推進していかなければならない

 

 

二宮麹屋(宮崎市)

麹は醤油や味噌、酢という日本の調味料にとって欠かせない存在だ

それだけでもない
酒や焼酎などにも広く使用されている
しかしなぜか麹屋というお店は
需要もどんどん減り、日本の地方ではとても少なくなった

そんな中で宮崎市に大正6年創業という
100年の歴史を持つ「二宮麹屋」がある

6代目で現在工場長でもある二宮祥彰(よしあき)さん

26歳で家業を継ぎ
様々な試行錯誤を繰り返し
新製品の麹ジャムを作り上げた
砂糖も入れてないのにとても甘い
トーストに塗って食べても美味しそうだ
ただ残念なのは少し保存期間が短いのが気になる

百年味噌もぜひ試してみたい!

塩麴は健康食品として人気があるが
これは麹を買って自宅で塩麴を作れば安上がりだ
麹200gと塩60gをまぜ合わせ
水200gを加える
室温で密閉した容器に入れ
一日1回、空気に触れるようにして混ぜ合わせる

1週間から10日で塩麴が完成する

この塩麴を使って肉や魚、野菜を漬けて調理をすると
うまみとコクが増すのだ
しかも発酵食品だから健康にも良い

麹とは古くから日本人が編み出した健康の秘訣だと思う

宮崎ならではの100年麹屋

日本の食の伝統文化を受け継ぎ頑張っていただきたい

二宮麹屋

095-22-3895

ESQUISSE in飫肥 服部亭

日南市・飫肥の服部亭で316

DENKEN GASTRONOMIE のディナーが開催された

 

このディナーを担当したのは

銀座エスキス

2012年のオープン後わずか半年で

ミシュラン2つ星を獲得した気鋭のシェフ リオネルべカ氏だ

彼のコンセプトは キュイジーヌ・ノマド(旅する料理)

ESQUISSEの意味は素描だ

料理人は職人、それを素描という手法を使って

創作する一皿という意味なのだそうだ

今回はリオネル氏だけではなく

極上の一杯を提供する「あてなよる」でもおなじみのシェフソムリエの若林英司氏

シェフパティシエの成田一世氏の最強三人コンビで

13日から日南に入り、インスピレーションを膨らましたそうだ

 

最初の一皿で驚いたのは

飫肥杉のトレーだ

大胆でインパクトもありまさに飫肥を象徴するトレー

 _

テーマは直感と本能

焼き茄子マリネ、日向夏、いくら、グリーンアニス

燻製したかつおのタタキ、卵、醤油、レッドオニオン

きびなごのエスカベッシュ、松の実、ルッコラ

発酵ライスウォーター、キュウリ、ホースラディッシュ、わさびの葉

見た目は和食の前菜だが、中身は日本人好みのフレンチだ

 

二皿目のテーマが海の底から

ねこやさんオススメの伊勢えびは、実は産卵時期に入るため、今が一番おいしいと言われる

ソースも、えび味噌、焼酎、サフランを煮詰めている

お皿は、飫肥城の石垣に使っているものと同じ素材のプレート もちろんこの日のために用意された

_

 

三皿目のテーマは光 

さわらを昆布締めにしてじっくり調理

金柑が太陽みたいで春の光を感じさせる

さわらがレアながらふわふわで、今までにない食感

ソースは、できたての地元日南の豆腐にフロマージュブラン、パセリオイル、白しょうゆをクリーミーに仕立てた

飲み物は都農ワインの赤 マスカットベリーA

 _

次は大地のパワー

宮崎の和牛のサーロイン

糸島産の醤油粕とロックフォールチーズに漬けて底味をつけている

宮崎の野菜 大根、ゴボウ、キャベツは蒸し煮

それらに、飫肥杉の香りの温かいブイヨンをかけていただく

自家製タルタルソースで食べるとまたインパクトがある

 _

伝統と躍動

日南のお米 ハマグリの香り、パプリカ、塩レモンとラルド

 _

デザートは、エスキスのパティシエ成田氏によるもの

グレープオランジュサンギーヌ

ブラッドオレンジをメインに様々な要素を儚く包み込み、口の中でいろんな味が拡がる

飲み物はマイヤーレモンの皮を焼酎に3日間漬け込んで作った

若林氏オリジナルのレモンチェッロ

 __

13日から日南に入り

この日南だけのメニューを創作したリオネルべカ氏は次のように書いている

 

耳を傾けて、新たな物語を紡ぐ

記憶し永続させる

思いやりのある人の結びつきを大切にする

地球をくまなく歩き、その正しい扱い方を知る

そして獣のように激しく戦う おだやかな未来のために

               リオネル・ベカ 20183月日南にて

 _

「進化する挑戦する一皿」

そんなイメージを持った感性豊かで日南ならではのメニューだった

銀座エスキスの三人のシェフ

そしてリオネル氏との仲を取り持ってくれたねこやさん

日南市の皆さん

そして宮崎観光ホテル、南郷プリンスホテル、日南学園の皆さん、

オークの岩切さん夫婦、そして多くの関係者の皆様

大変有難うございました。