ダイワファームのチーズW受賞記念ワイン会

ダイワファームの大窪社長が
6月にフランスで開催された国際チーズコンテストで
リコッタチーズで金賞を受賞された
また11月1日に開催された
第11回ジャパンナチュラルチーズコンテストで金賞を受賞された
この大窪社長のチーズのW受賞を記念して
第2回秋のシェフズアライアンスのワイン会を11月6日に開催した
ゲストシェフは小野貴史シェフ
 
生産者は
ダイワファームの大窪社長をはじめ
有機・無農薬の農業を確立されているアグリアートの松本社長r
そしてイタリア野菜を作られている息子さんの松本慎一郎氏t
五ヶ瀬のイタリアトマトの生産者でキッチンスタジオも展開されている藤木さん
小林の酪農家の黒木さんなどなど
まずはawa酒のSorah(千代むすび)で乾杯
その後はボルドーの白ワインと真澄YAWARAKAの飲み比べ
 
アグリアートの野菜サラダが綺麗
ニンジンのドレッシング
 
チーズ盛り合わせ
人柄がチーズに出るのかなと思うほど
大窪社長の笑顔が素晴らしい
リコッタチーズとケールのパイ
パイ生地から作り焼き上がったばかりの香りが
美味しさを倍加させてくれる
 
真鯛のポアレとおてんとそだちのトマトリゾット
 
牛のトモバラ赤ワイン煮込みもろみソースとアグリアートの人参
 
めったに口にできない貴重なお米
龍の瞳を炊き立てのご飯と赤カブのマリネで・・・
 
松本社長は独学で有機無農薬の農業を確立され
現在は東南アジアや中国で農業指導も行っていらっしゃる
最後は無添加のアイスクリームに水芭蕉のデザート酒
で贅沢な締めくくり
生産者のお話をまじかに聞けて
参加されたお客様も有意義な一時だったようだ
また機会があれば色々な生産者を招いての
シェフズアライアンスを開催したいと考えている

ダイワファーム 金賞受賞記念ワイン会

チーズの本場フランスで今年6月に開催された国際チーズコンクールで、
ダイワファームのリコッタが金賞を受賞した。
大窪社長は今年は出すだけだと言われていたが、国内では3社が受賞し
九州ではダイワファームが初の受賞となった。
南国でも素晴らしいチーズが生産できることをダイワファームによって証明されたことになる。
大窪社長のこだわりと長年の技術の蓄積から生まれた大きな受賞だ。

下の写真がリコッタチーズ

MONDIAL du FROMAGE

この金賞受章を記念しての秋のシェフズアライアンスを11月6日に開催する。
大窪社長だけではなく野菜の生産者は無農薬の野菜で全国にも有名な
アグリアートの松本社長、長年にわたり、中国や東南アジアで農業の指導に当たられている。

ゲストシェフは小野貴史氏
チーズや野菜をテーマに小野シェフらしい創造性あふれるメニューが楽しみだ。
合わせるお酒はワインを始めawa酒やデザート酒なども検討している。
残念ながらチラシが出来上がる前にすでに満員となってしまった!

大根百景

やまけん こと山本謙治氏
東京・京橋のアイランドギャラリーで
大根百景の写真展を10月9日まで開催している
 IMG_2415
宮崎では冬の風物詩で当たり前の大根やぐら
その大根やぐらに独自の文化価値を見出し
2013年から取材活動を始めた
 
日本各地でも大根やぐらがあるのかと思っていたら
実は宮崎と鹿児島の一部だけ
鹿児島は観光用のもので
宮崎ほど大掛かりに
大根やぐらを設営しているところは日本のどこにもないという
 
勿論宮崎は大根の漬物で日本一の産地
しかも漬物用は白首大根
関東の人は青首大根しか知らない
その意味でも価値があると考えたと言われていた
 IMG_2408
     山本謙治氏
 
種から生育している風景
農家の大根やぐらの設営風景
トラクターで引っ張ると膜の開閉ができる独自システム
そしてやまけんの掛け声で初めて開催されたという
大根やぐらの中での冬の宴会
寒かったけど楽しかった
収穫後の大根
そして漬物にする工程までの展示会
 
展示会の タイトル写真になったものは
大根やぐらの下に2mの穴をあけ
その中に入り魚眼レンズで撮ったものだという
それでも全景は撮れなかったので
来年は3mの穴を掘ってトライしたいと意気込みを話されていた
 
この展示会を見るだけで
宮崎に生まれた誇りさえ感じることが出来る
 
山本謙治氏のような、ほかの土地の人が
宮崎の独自文化を発掘し
長期間の取材を続け写真展示会を開催していただけること自体
頭が下がるし、大変嬉しいことだと思う
本当に感謝を申し上げたい!
またいつかはこの写真展
是非宮崎市で開催すべき題材であると確信する
 

珈琲アロマ(浅草)

昔どの街でもあったような喫茶店
そんな風情がこのお店にはある
浅草で創業50年以上の老舗の珈琲店だ
 
店に入るとカウンターだけのこじんまりとしたお店
ブレンドとオニオントーストを注文
 
あたりを見渡すと
おや、ペリカンのパンのチラシが
よく見るとなんとペリカンのパンが映画になり
10月から上映されるそうだ
浅草と言えばペリカンのパンと言われるほど有名
勿論アロマでもペリカンのパンを使っている
地道に食の仕事をしてきた人が
こんな風に脚光を浴びることはとても良いことだと思う
機会があればぜひ見てみたい!
 a22jpg
店ではご主人がネルドロップ式で丁寧に入れて
ブレンドを出してくれる
そして次はオニオントーストの調理にかかっている
その動作に無駄な動きはない
 
横の常連さんにいつもの?
をご主人が問いかけると、さりげなくうなずく風景も良いものだ
 
珈琲は少し濃いめだが、さっぱり感もあり
懐かしい味だ
オニオントーストはオニオンと野菜ピクルスに
マスタードと黒胡椒で味付け
ペリカンのトーストと
ピリッとした辛さが珈琲によく合う
 a11jpg
最近どの街でもスタバなどのチェーン店が増えて
あおりを受け
その街の珈琲文化が消えていくことに
寂しさと残念さを感じてきただけに
このような喫茶店が生き残っていること自体が嬉しい
日本ならではの古き良き珈琲文化がここにはある
是非一日でも長く豊かな味わいを伝えてほしいと願っている
 
 
 
珈琲文化度   ★★★☆
 
 
 
珈琲アロマ
 
東京都台東区浅草1-24-5
03-3841-9002
8:00~18:00
木曜、第4水曜休み
 

「この人」の欄で掲載されました。

共同通信宮崎支局の須賀記者の取材で
弊社代表で大吟醸を楽しむ会のプロデューサーでもある満元英明が
焼酎王国から日本酒の魅力を発信というタイトルで
東京、新潟、山形、京都、鳥取、熊本、鹿児島、宮崎、沖縄など
全国の地方新聞に掲載されました。
今後も引き続きその他の地方新聞へ掲載されていくそうです!
 
 
記事内容
 IMG_7602
 
焼酎王国で日本酒の魅力を訴える  満元 英明さん
 
美酒に酔い、笑い声が絶えない会場。
その片隅で進行に気を配り、ゲストにやさしく語りかける。
会の引き立て役に徹する姿が印象的だった。
蒸し暑い夏の宮崎で日本酒好きの約600人が集まって開かれた
「大吟醸を楽しむ会」。
全国39蔵元の蔵元たちが自慢の酒と地元のつまみを持って
駆けつけるこの集まりは、今年で20回目を迎えた。
 
焼酎王国で知られる宮崎で、新たな魅力を発見した。
「最高の日本酒をお祭り気分で存分に味わってもらえる。
普段は接しないお客さんと楽しそうに話す作り手の姿を見て、やりがいを感じた」。
プロデューサーとしてこの上ない喜びだ。
 
「いい酒を造る蔵元と仲良くなりたい」。
そんな願いがきっかけだった。
一流の職人と接し
「酒には、こだわりを持った生産者の思いがこもっている」
と考えるように。
学生時代は「恥ずかしがり屋だった」。
地元放送局の関連会社に入り、少しづつ克服した。
転機は1991年社内に事業企画部を立ち上げて臨んだ
プロサーファーの世界大会。
歌舞伎役者が波に乗る姿を描いたポスターは
当時斬新なアイデアだとされた。
ジャンルを問わずイベントを手掛け、2009年に独立。
「人と同じことはやらない。新しい物が好き」
と飽くなき探求心を見せる。
 
今回のテーマ 「MAKUAKE」は新たな挑戦を意味する。
「東京五輪をシャンパンの代わりに発泡性の日本酒で乾杯して迎えたい」
宮崎から世界を目指し、時代を切り拓く
宮崎県出身  63才
 
 
自らのライフワークとして宮崎で始めた大吟醸を楽しむ会が
20回を起点として
記事で全国へ拡がって行くことを大変有難くかつ嬉しく思います。
20回まで大吟醸を楽しむ会が開催出来たことに対して
改めて日本の食と文化を守る会の村田会長や
支えて頂いた全国の参加蔵元の皆様をはじめ
世話人の方々、一緒に運営を行っていただくボランティアスタッフの皆様に
深く感謝を申し上げます!
これからも大吟醸を楽しむ会をよろしくお願い申し上げます。
 
 
 

長友さんの無農薬果物

アグリサンアカデミアの長友さん宅にお邪魔した。
長友さんは様々な果物を無農薬で作られている
今回はブドウがお目当て
いろんなブドウを作られている
 
長友さんの顔ほどの大きい房が藤稔
 IMG_3130
 
これはシャインマスカット
ブドウの王様と言われる
 IMG_2328
珍しいのは天山
さっぱりとした味
たとえばサラダに使うと美味しそうだ
 IMG_2329
 
安芸クイーン
巨峰との掛け合わせでできたぶどう
 IMG_2327
 
そして宮崎県の栽培面積が日本一と言われるハニービーナス
 IMG_2330
 
長友さんはボイセンベリーの栽培で知り合いになった
ブリ—ベリーに含まれているエラグ酸の何と30倍以上という凄さ
健康にも良いことで拡がってきているが
無農薬で栽培しているところはほとんどない
通常は6月からが収穫で一か月ほどが時期なのだが
ラッキーなことに今年最後のボイセンベリーを見ることが出来た
 IMG_2334
今日はボイセンベリーのスムージーを奥さんが作っていただいた
これがまた美味過ぎる
ボイセンベリーに自家製のモモを入れバナナと牛乳を入れてミックス
爽やかで何とも言えない極上の味
 IMG_2325
長友さんの無花果も美味しそうだ
とれたての無花果
バナーニという品種が甘いそう
口に入れると
なるほど、この上ない上品な甘さだ
 
まさにアグリサンアカデミアの農園はフルーツ天国だ
長友さんの天性の器用さは
無農薬の果物作りでもいかんなく発揮されている
将来は長友さんはフルーツカフェを開きたいと言われている
無農薬のフルーツカフェは人気になるだろう
ぜひ頑張って実現してほしいものだ
 
 

小倉・魚町銀天街のリノベーション

2年ぶりぐらいに小倉に来た
街に活気がある
そんな印象を受けた
 
北九州市は2011年小倉家守構想を立ち上げた
製鉄で栄えたこの小倉も製鉄産業も衰退しバブルもはじけ
平成19年度ではメイン通りでも6~8%の空き店舗を抱えていた
 
北九州市は危機感を持ち
株式会社 アフタヌーンソサエティの清水義次氏を招いた
清水氏はここで家守構想を提唱した
家守とは江戸時代町の様々な面倒を見、
維持管理をしていた差配人のような存在だ
 
IMG_7346 
魚町では実績がどんどん積み上がってきている!
 
つまり単にテナントを探すだけではなく
現代版家守として休眠中の不動産を活用して
その地域に求められる産業を生み出し、町を活性化していくというもの
 IMG_7350
この大きな実証例が魚町銀天街の
メルカート3番街だ
建築事務所、デザイン事務所、ビルのオーナーが話し合い
入居者候補はデザイン事務所が集約し
建築事務所は入居者希望の皆さんに無理なく払える賃料をリサーチし
賃料を決めた
勿論相場の半額程度だ
それをもとに全体のリノベーションの金額を設定した
まさに逆算方式の計算である
 
ビルのオーナーは
独自のサービスと商品が提供できる意欲があるところ
街を元気にすることに取組むとのハードルを設けゴーサインを出した
 
建築事務所とデザイン事務所は
入居候補者との食事会や飲み会を重ね
コミュニケーションを築いていった
 
前は不良のたまり場だった場所が
小さな起業家の集うコミュニケーションスペースとして変貌し
真ん中の小さな通りで裏通りに出ることも出来るようになった
 
そのテナントの中にはオーガニックのお店も
 IMG_7348
近くのサンリオビル
ここには全国展開の店舗をいれて賑わいを創出し
花屋さんで緑も充実させている
後ろのスペースでは
子守なども出来るような施設を併設している
 IMG_7351
ただ見て感じることは成功例ではなく
現在進行形で動いている具体例だと思った
実質的に新しい雇用も賑わいも生まれていることは素晴らしいのだが
本当の成功か否かは何年後かにはっきりするのだろう
 
商店街のリノベーションは日本のどこの街でも共通の問題だ
人口が少なくなる中でどう街を活性化をしていくのか
 
元総務相の増田氏は研究会で
2017年6月全国の土地の2割で所有者が不明との推計をまとめた
驚くべき数字である
 
国土交通省は今後空家対策に積極的に乗り出すという
キーワードは市町村主導型だ
 
宮崎市においても市街地中心地の文化マーケット、青空市場
やほかの商店街などの空店舗問題と老朽化、
は見逃すことが出来ない重要な問題だ
細分化された所有権、所有者不明などの問題はあるだろうが
地域活性化の阻害要因である空家対策を
行政や民間を含め、街を挙げて取り組む姿勢を見せない限り
次の時代の魅力ある街づくりにはならないと考える
 
市街地の休眠資産をどうやって街の活性化に結びつけていくのかは
北九州市をモデルとするのか
違った方法論で考えていくのか、
国土交通省の指針も見えてきただけに
宮崎市もそろそろ民間での受け皿組織などを含め
政策の方向性を示す時だと考える
 
 
 
 
 

ボストン・ダイナミクス

まるで映画でロボットを見ているようなリアルな動き
そんな思いを抱かせるほどの驚異的なロボット技術だ
 
このようなロボットを次々と開発、製作しているのが
ボストン・ダイナミクスだ
ロボット技術では世界一という評価もあるほど
 
MIT(マサチューセッツ工科大学)の研究室
レッグラボの創始者であるマーク・レイバート博士が
スピンアウトしてアメリカで起業したのが始まり
 
4足歩行、2足歩行のリアルでユニークなロボットを開発している
今までにボルトより速く走れるロボット
山を歩いたり、押しても倒れないロボットも開発している

 家の階段を上り下りすることも出来50k程度の荷物も運ぶことが出来る

 
車輪と脚を組み合わせたようなロボットは実験だという
体重を分散させる動きやジャンプやの持つを運ぶことも可能で
バランスのとり方は思わずロボットと思えない精度だ
 
これであれば将来の高齢化の見守り、
あるいは過疎の中山間地域の家庭用ロボット
産業用では建設現場など様々な現場の
大きな可能性を感じてしまう
 
スマートロボティクスは情報革命の次のステージで
重要な推進役であるだけに
この会社の重要性はますます大きなものになるだろう
 
この会社は起業時から注目を集め
2013年12月グーグルに買収され
2017年6月にソフトバンクグループに買収された
日本の少子高齢化対策には
様々な産業でスマートロボティクスの活用は必然だ
次の時代を担うスマートロボットの大きな可能性に期待したい!
 
 

小川原センム追悼記事

神亀の小川原社長は2017年4月23日にご逝去されたが
今でも皆からセンムと呼ばれ続けている。
数々の掲載された追悼記事の中から
印象的な記事の一部をご紹介したい
 
共同通信の上野敏彦氏は
神亀酒造の小川原良征氏を書いた「闘う純米酒」の本の著者でもある
 
追想 メモリアル
純米酒に目覚めたのは
東京農大で恩師がつぶやいた
「添加物を入れた日本酒を造っていたら白ワインに負ける」という一言だった。
神亀は戦時中、酒の製造免許を取り上げられそうになったが
祖母くらさんが一人で抵抗し守り切った。
「ばあちゃんはよき理解者で、受験の夜食にかん酒をつけてくれた。」
と話す表情は少年のようだったことを覚えている。
コンピュータが酒を造る時代
神亀では蔵人が合宿して作業に臨む。
「機械は導入したときから壊れるが、人は蔵に入った時から育つ」が信念
 
 senmu001
 
dancyuの7月号に藤田千恵子さんは
 
「これがセンムの見届ける最後の仕込みになるかもしれない」と
新蔵元で娘婿の貴夫さん、太田茂典杜氏双方が
覚悟しながら臨んだ28BYの仕込み。
それは「すべてセンムの言うとおりにやる」と決めた
杜氏率いる蔵人たちの真摯な仕事により、
センムが満足の笑みを浮かべるものとなった。
その祝いの酒を口にしたセンムは
「酒はうめえなあ」 「こたえられねえなあ」と
まるで舞台の口上のような調子で言って、盃を掲げて笑っていた。
本当に幸せそうな笑顔だったので、
それが「さようなら」の盃だったことに私は気づけなかった。
「酒はうめえなあ」。本当に。
そのことを人生をかけて教えてくれた人。
センムがたった一人で歩き始めた道、
その後ろ姿を追って今は大勢の人達が歩いている。
どれほど御礼を言いつのっても言い足りない。
感謝しかない。
 
 
朝日新聞  惜別 (平井茂雄)
 
昔ながらの手仕事を重視した作りが生む酒は
80年代からの吟醸酒ブームと一線を画し、
濃い味と広がる旨味が特徴。
吟醸酒は冷という流れにも
「しっかりとした酒は燗に」と大吟醸も燗に。
「カツ丼には」「チーズには」と食事に合う酒を勧めた。
・・・・・・・・
昨年3月、純米酒の魅力を伝えようと訪れたフランスで
病魔が発覚した。
「純米酒の文化を残すため、自分が得たことをすべてを伝えないと」
と臨んだ今期の造り。
最後に絞った酒を利き、うなずいた。
「すぐに生酒で出せ」
その5日後に逝った。
 
 
いま思えば小川原専務の最後の参加になった
2015年大吟醸を楽しむ会の2次会で
ある蔵元の言った言葉が忘れられない。
「神亀の専務は純米酒のレジェンドなんです。」

第20回大吟醸を楽しむ会(報告)

第20回大吟醸を楽しむ会は
全国から39蔵元がお越しいただき
宮崎観光ホテルで7月2日に
600名の参加で盛大に開催された。
 _46A1618
お猪口も20周年のマークを入れた
 IMG_7169
お猪口の下は参加者全員にお配りした記念品の和手ぬぐい
 
今年のデザインは能舞台の老松
老松は自然の象徴として描かれていると言われている
お酒も米と水の食文化の究極のもの
一度は老松の前で大吟醸の会をやりたかったとの思いもあった
 
キャッチコピーはMAKUAKE とした
20年は終わりではなく新たな幕開けという意味もある
 IMG_7122IMG_7121
オープニング映像は
1998年からのメモリアルフォトを取り入れた映像を流し
蔵元登場へ
 
三十九蔵元がステージ上に揃うと壮観だ
_MG_6241
蔵元紹介が終わり
世話人代表の佐多さんが
この会も宮崎の夏の風物詩となった挨拶
その後全国蔵元代表の佐浦弘一氏が
色んなことを乗り越えての20周年です
私たち蔵元も宮崎に来れることを誇りに思うとご挨拶
-472
河野知事も参加者を代表して歓迎のご挨拶
 
鏡開きの樽は
山形県の東光、新潟の〆張鶴、宮崎の初御代の提供
村田会長の乾杯
-529
参加者が
お待ちかねの蔵元ブースと珍味に舌鼓
 
久しぶりの参加の黒龍 水野社長
 IMG_7129
 
IMG_7140
 
るみ子さんが神亀さんの分も含めてお燗番
IMG_7132
加賀鳶の福光専務
IMG_7135
鳴門鯛の松浦社長
IMG_7136
〆張鶴の宮尾会長
 
聞くと宮崎キャビアとフグは4分で無くなったそう
千代の園の馬肉のたたきも瞬間でなくなったようだ
 IMG_7125
うめ田のとろとマスタード、見るだけでもたまらない、旨そう!!
 271hayashi-daiginjou2017
ミドリマツベーカリーのほうれん草と茸のキッシュ
 
なんだか今年は会場全体に熱気がある
最後には参加者全員に和手ぬぐいのプレゼント
記念Tシャツも数量限定で販売したがすぐに売り切れた
 
蔵元との触れ合いを楽しみにしている方
北海道、東京など県外からのお客さんも年々増えており
この会で県外客同士が一年ぶりにお会いする人も多くなった話を聞くのも嬉しい
 
2次会で蔵元との交流会も大いに盛り上がり
最後はるみ子さんの三味線出囃子に
鳳楽師匠の小話でさらに盛り上がった
 IMG_7143
蔵元参加者三十九蔵 51名
そして参加者600名の皆さんご参加有り難うございました!