KOYUCAFE(新富町)

新富町を世界一チャレンジしやすいまちへ

をスローガンにできたこゆ財団

2017年4月に旧観光協会を法人化して設立された

様々な活動をされているが

街作りにもいろんな活動をされている

久しぶりに訪れたが

商店街も色んな新しいデザインのお店が多くなっている

その中に1年半前にオープンしたという

KOYUKAFEがある

このお店もこゆ財団がリブランディングしたもの

地元の野菜や特産物に光を当てメニューを作られてる

地元で造られている醤油から発想した

醤油麹パスタ

見た目は焼きそばのようだが

食べるとこれはパスタだ

醤油麹とチキンの相性が抜群だ

 

地元焼き野菜を入れたスープカレー

どちらも一押しの人気だという

店長はこゆ財団から出向されている永住さん

永住さんの話を聞くだけで地元野菜への熱い思いが伝わってくる

これからもますますこゆ地域の活性化を拡げていって欲しい

 

 

地元野菜度 ★★★+

 

宮崎県児湯郡新富町富田1−21

0983-32-1150

11:00〜16:00

月曜、第2、第4日曜休み

りょうくんの国産グレープフルーツ(日南市)

6,7年ぶりぐらいに

日南市にあるりょうくんの果実畑に行ってきた

以前は様々なミカンの果樹がいっぱいあったのだが

それがほとんどグレープフルーツ畑に変わっていて驚いた

ご主人の田中良一さんに話を聞いた

これだけの広さでグレープフルーツを

栽培されているところはほかにありますか?

県内ではこの広さはうちだけでしょう

実は数年前に

「りょうくんの国産グレープフルーツ」

商標登録したんです

当時東京でこのグレープフルーツは国産ですと言ったら

信用されなくて悔しかった

だから商標登録をした

栽培方法はマルチシート

マルチシートで水分をカットすることにより

糖度が高くなり、シート反射で色づきも良くなる

しかも減農薬、極力農薬の回数を減らしている

今は5〜6回ぐらい

 

グレープフルーツは3つに大きく分けて考えている

果汁としてサワー系や飲料の材料に

果皮はピールやお菓子の材料に

最後の果物は首都圏の流通に乗せていく

 

様々な大手メーカーから話があり、見学にも来られている

私としては近い将来

日南が国産グレープフルーツの里になれば嬉しい

と言われていた

もちろん様々なミカンやマイヤーレモンも栽培されている

思ったことだが

喋られる顔が生き生きとされている

とても楽しそうだ

この顔を見るだけで夢の実現はそう遠くない

これからの活躍を祈念したい

春の発酵親子教室のご案内

毎回好評をいただいている発酵親子教室ですが

第4回発酵親子教室は4月11日

小林市のダイワファームで開催します。

現地集合になります。

今回の発酵の先生は

えびので長年無農薬栽培を行っている本坊農園の

本坊照夫さん

本坊さんには土の発酵からできるミネラルの力から

元気な野菜ができることを話していただきます

そしてダイワファームの大窪社長は

ダイワファームの見学と各種チーズの説明を行っていただきます

毎回お楽しみの昼食ですが

今回は塩麴と春野菜いっぱいの

チーズをたっぷり入れた贅沢なクリームシチュー

えびの米のおにぎり

本坊農園の野菜料理と自家製漬物などなど

豊かな発酵ランチです

昼食後はチーズや野菜を買うことができます

価格は大人 1500円 子供(小学生)600円です

参加は限定40名です

お問い合わせは 0985-31-87086

みやざき発酵文化ネットワークまでどうぞ

新造RORO船「HAKKOひなた」

八興運輸の新造RORO船「HAKKOひなた」が2月18日

宮崎港に初めて入港した

以前のRORO船と比べ見た印象はかなり大きい

長さは13m長いだけのようだが

3層に積み込むことができ積載量は約2倍となっている

全長 134m 全幅 21m 総トン数 4999トン

建造費は30億円と巨額だ

宮崎から関西都市圏に運ぶ場合は

高速道路を使ってのトラック輸送かRORO船による輸送しかない

現在のトラック運転手不足や企業コンプライアンスの徹底

まモーダルシフトという環境の観点から見ても

宮崎におけるRORO船の大型化は当然だと考える

積載の場所もこのように広い

3層に分かれている

ドライバーの部屋

歓談スペース、ホテル並みの設備だ!

宮崎から関西の大都市圏に物流を拡げ

宮崎の農産品や焼酎をはじめとする物流の活性化は

八興運輸の新造RORO船 HAKKOひなた の大活躍が必須である

奥田シェフINシャンティ

宮崎市のシャンティで2月14日

奥田シェフを迎えての食事会が開催された。

今回の宮崎はダイワファームの大窪社長が口説かれて

小林熱中学校の講師として来られたようだ

さて食事会はシャンティの下川シェフと奥田シェフの

2人の料理

 

まずアミューズは下川シェフ

春キャベツのブーレっと、たまたまとフォアグラのテリーヌ

下川シェフの

カリフラワーのムースと海老のカクテル仕立て、レモングラスのジュレ添え

奥田シェフの

梶並さんの赤白菜と牡蛎柚子煮込みとカリカリカリ—

下川シェフの

ダイワファームのブラッターチーズとヒラメのロンデル、春菊のソース

奥田シェフのくすみさんのトマトとバジルのフェデリーニ

赤ワインはサン・マルツァーノ タロプリミティーボ

滑らかな舌触りの面白い味わい

重富牧場ハーブ牛の3日間調理

塩分3%の水に3日間漬けた後に調理された

癖のない旨みだけが際立っている

最後は下川シェフのショコラマルキーズ

参加された方は味と奥田シェフの話を堪能されたようだ、

ただ少し太りすぎは気になるなあ!

全国発酵食品サミット熊本開催

全国発酵食品サミットが熊本県の

グランメッセ熊本で2月22日、23日で開催されます

熊本、全国、世界の発酵食品の販売展示をはじめ

みやざき発酵文化ネットワークの展示、販売も行われる

宮崎からの参加はひでじビール、ダイワファーム、

都農ワイン、道本食品、ケンコー食品です

この機会に熊本の皆様に宮崎の発酵食品の魅力を

伝えていきたいと思っています

 

会場2Fのコンベンションホールでは

2月22日13:45から

小泉武夫氏の基調講演

「発酵食品のすすめ、身近な発酵食品で健康に、美しく」

15:00からは

コウケンテツ氏の

「ゆるーくいこう&アジアの面白い発酵食」の講演も開催されます

 

会場ではセミナーやワークショップも開催される

ぜひ機会がある人は2月22日、23日

グランメッセ熊本の全国発酵食品サミットにお出かけください

入場無料です!

「次世代に備える」日本5年間最下位!

ヨーロッパ最高の知性と呼ばれる

ジャックアタリ氏の財団ポジティブプラネット

毎年「次世代に備える」という点でOECD加盟の38か国の中で

ランキングを公表している。

 

47のパラメーターでランク付けを行っている

人口、汚職の度合い、報道の自由、女性の地位などなど

つまり国は次世代のために準備しているかの国別ランキングだ

上位を占めるのはスカンジナビアの諸国

アイスランド、ノルウェー、スウェーデンとニュージーランド

驚くべきは最下位の国々だ

35位 トルコ

36位 イタリア

37位 ギリシャ

38位(最下位) 日本

日本の最下位は5年続いているのだという

寂しい話だ

人口減少は加速し高齢化はますますひどくなる

高度成長時代に制度化された年金社会保障制度は

ひずみが拡大し次世代は支えきれない

デフレ脱却のために行った異次元の金融緩和は

経済成長の2%を達することなく

国の債務は1000兆円を軽く超えてしまった

ジャックアタリ氏は日本で会議をすると

女性の姿がないことに驚くという

日本の若者の未来のために再度日本は謙虚に反省し

制度設計をやり直し、実行に移すべき点が数々あるように思う

ジャックアタリ氏の2030年の未来という本を興味深く読んだ

世界はどうなっていくのかを彼なりに見極めている

  1. アメリカ帝国の没落
  2. 次の覇権国の競争はあるが、どこも覇権国になれない
  3. 企業が国家にとって代わる可能性がある
  4. 世界的な紛争が多発する

中国が次の覇権国の最短距離にいるのだろうが

彼は中国は内向きだと否定する

覇権国は世界に向けて広がっていかなければならないのだと

 

この時代だからこそ2030年の日本の未来を見据えた

ジャックアタリ氏の日本への忠告は

真摯に耳を傾けるべき時期だと考える

ぬか床千束(福岡市)

福岡市に行くと、なぜか食べたくなるお店がある

高砂にある千束というぬか床屋さん

この二階では心ときめく発酵ランチを食べることができる

千束の一階はは400年以上も受け継がれてきた

発酵食品、ぬか床のお店

その秘伝のぬか床に山椒やトウガラシ

柚子の皮や塩などを混ぜ合わせ

野菜を漬け込む

このぬか漬けが美味しいのだ

さて発酵ランチはメインディッシュを

ぬか床煮の魚と肉から選ぶことができる

今日は豚肉にした

民芸調のカウンターに座り

見ていると味噌汁は注文を受けてから

一杯づつ作る細やかさが嬉しい

これが噂のぬか漬け

私はこれがメインディッシュだと思っている

いろんな野菜のぬか漬け

野菜の小鉢も優しい味だ

これが豚肉のぬか床煮

ほろほろと柔らかい

豚肉のぬか床煮

からしにつけて食べると申し分ない美味さ

ここに来るとなぜか軽くご飯2杯を食べてしまう

これで1300円(税込み)

これが発酵ランチ

滋味深い発酵食と

それを支える3人の女性の方々の調理も接遇も素晴らしい

ここには日本人が伝承してきた発酵の魅力がいっぱいの

正しい食事がある

ぬか床度  ★★★★☆

ぬか床の千束

福岡市中央区高砂2−9−5

092−522−6565

11:30〜売り切れまで

土曜日曜祭日休み

綾の早川農苑(餅つき体験)

綾の早川農苑で餅つき体験が12月28日開催された

この餅つき体験は家族などに大人気のようで

今年も東京をはじめ県内外から50名以上の方々が

集まった。

この日の綾は素晴らしい天気

早川社長が印象に残る餅つき体験にしてほしいと挨拶

早川農園自慢のニンジンジュースで乾杯

このジュースは砂糖を全く使っていないのにとても甘い

玄米餅つきの実演

つきたての玄米餅をこのように長方形に切って並べていく

そしておろし大根でいただく

おろし大根のさっぱり感が、素朴な餅の美味さを引き立てている

次にあんこ餅

2日間かけて仕込んだあんこと餅の相性は言う事ないほど美味

今度は白米のお餅

ここで人参の収穫体験

昼食のメニューは

野菜サラダ、自家製漬物、果物、

おにぎり、そして野菜たっぷりの味噌汁

餅つき体験もできて皆さん満足されたご様子

綾で農業体験すると感じることだが空気感が違う

独特の綾らしい空気感が私は大好きだ

 

本物の食材で仕込んだ餅をみんなで突きながら体験する

その爽快さと仕込みの大変さを感じることこそが

本当の食育につながるし

私たちの気づきにもなるのだと思う

早川農苑の早川社長やスタッフの皆さんさん

本当に有難うございました

大根やぐらとべったら漬け

年の瀬を迎えると

宮崎市の田野には大根やぐらがたくさん作られる

これに大根を干して干して漬物にするためだ

宮崎は干し大根では生産量が日本一

しかもこの大根やぐらの風景が

農業遺産といっても良いほどの迫力がある

日本では田野地方と鹿児島の一部にしかないと言われている

大根やぐらと収穫された大根

今年の大根はどうですかと

道本食品の道本社長に聞いてみた

暖かすぎてなおかつ風が吹かない

深刻ですと頭を抱えていらっしゃった

やぐらの内部はこんな感じ!寒い時はストーブを焚く

農業は自然との闘いと言われるが

温暖化が進みすぎると様々な収穫に影響が出てくる

厳しい現実が現場にはある

さて12月から1月の楽しみは

道本食品のべったら漬けだ

南九州産の大根を手作業でむき身にして

麹を入れて漬け込んでいく

1月までの売り切れごめんの人気!

サクサクの食感と程よい甘さは

ご飯のお供や酒のつまみにも最適だ

一本450円なので是非試してほしい限定の逸品である