民主主義の死に方(ステーブン・レビスキー)

トランプが大統領になって2年が経過した

アメリカは2極に分断し

世界の先進国からもアメリカは不安視されている

 

20世紀まで世界のリーダーとして

相互的寛容と自制心をもってアメリカは陰ながら民主主義を支えてきた

民主主義の先頭を走ってきたアメリカに今何が起こっているのだろうか

そのことを具体的に明示している本がある

タイトルは「民主主義の死に方」

著者はハーバード大教授の

ステーブン・レビスキー氏とダニエル・ジブラット氏

2016年アメリカの歴史で初めて

公職に就いた経験がなく

憲法によって保障された権利を明らかに軽視し

はっきりとした独裁主義的傾向のあるトランプが大統領に選ばれた

 

トランプの風貌を見ていると

私はベネゼエラのウゴ・チャベスを連想してしまう

1998年に選挙で勝ったチャベス氏

この時、ある女性有権者は

「ベネゼエラの民主主義はウェルスに感染している。

わたしたちにあたえられた抗生物質は彼だけだった」と語った

2003年明らかな独裁者への一歩を踏み出す

最高裁判所を実質的に支配しメディアも閉鎖された

このように民主主義は死んでいく

ヒトラー、ムッソリーニ、ウゴ・チャベス

この3人は歩いた道は凄く似ていると著者は書いている

 

民主主義を破壊する方法として

1)審判を抱き込む

タテと武器を手に入れる 

(警察、税務署など様々な機関に協力者を起こりこむ)

裁判所を支配する

2)対戦相手を欠場させる

メディアの買収

逮捕、訴訟、罰金

実業家を標的に

文化人への抑圧

3)ルールを変える

選挙区の変更

投票の制限

これらを巧みに使うことにより永続的な優位を保つ

 

トランプはこの1年で上の3つの戦略を全て試みた

対立相手に辛辣なレトリック攻撃をしかけ

メディアをアメリカ人の敵と呼び

裁判官の正当性に疑いの目を向け

連邦政府から大都市への補助金を減らすと脅した

就任から一年のあいだにトランプ大統領は

典型的な独裁者と同じ特徴を示したシナリオ通りに動いた

 

選挙を通じての合法的な独裁化が

世界の中で静かに進んでいる

個人的な心の中の不安はそのようなことから生まれているのかもしれない

世界の政治経済を見つめるには、必読の書であることは間違いない!

串焼しろきじ若草通店

しろきじの新しいお店が若草通の近くに11月19日にオープンした。

このエリアは最近まで静かだったのだが

KURAGEやAREA、煮込みやちろり

ベトナム料理店やフレンチなどができ

一挙におしゃれな飲食店の立ち並ぶ界隈になってきている

 

今回のしろきじのお店の特徴は

  1. 昼のみができる 11時からオープン
  2. 焼き鳥だけでなく牛の部位の串や野菜巻が食べられる
  3. 日本酒のお燗が楽しめる

 

仕事をかたずけてお店を覗いてみた

オープンしたては

やはりしろきじグループの代表ふくちゃんがお店にいた

カウンターに座り前の瓶を見ると

嬉しいお燗酒の酒ばかり

諏訪泉のお燗をいただく 65度に上げたそうだ

お燗酒は体がほっとするのが良い

串は牛ホルモン

ぷりぷり感がたまらない

ピーマン肉詰め

牛タン

宮崎牛のザブトン

ネギマ、お酒は宮城の綿屋を冷で

店の内装も明るく、席もゆったりしているので

若い女性も来やすいだろう

話を聞くと結構お昼からお客さんが来られて

我々のほうがビックリしました

しばらくはふくちゃんもこのお店にいるそうだ

今度は昼飲みに来たいものだ

 

昼飲み度  ★★★★

 

 

しろきじ若草通店

 

宮崎市橘通東3丁目6−3富山ビル1F

0985−86−6880

11:00~22:00 無休

全国発酵食品サミットin長野

第11回全国発酵食品サミットが11月16日から18日まで

長野市で開催された

長野県は男女ともに長寿県としても有名だ

しかもマルコメ味噌をはじめ発酵食品もたくさんある 味噌は生産と消費ともに全国一位

酒蔵の数も全国で2番だと言う

 

メイン会場のほくと長野市文化ホールでは

開会式で長野県の阿部知事が発酵長寿宣言を行った。

そのあとの基調講演は小泉武夫教授

甘酒の話が印象に残った

甘酒市場は2012年の55億円から2016年には217億円まで急増

甘酒は江戸時代は夏に飲んでいた

暑さで体力がなくなる江戸時代は夏に亡くなる人が多かった

甘酒にはブドウ糖、アミノ酸、ビタミンB群が豊富に含まれている

そのため飲む天敵と言われる甘酒を飲んで夏を乗り切ったのだそう

砂糖を一切含まないこと

特に妊産婦や子供も安心して飲めることから

一挙に伸びが加速している

会場でも甘酒の展示が行われていたが、凄い製品の数だ

パネルディスカッションでは真澄の宮阪社長や

料理研究家の横山たか子さんたちによるパネルディスカッション

信州の発酵食の魅力と未来

ヨーロッパにはワインカントリーツーリズムがある

信州は発酵国ツーリズムを考えてはと話をされていた

外では発酵マルシェが開催されて

長野の多くの発酵食品をはじめ、全国の発酵食品も展示されていた

来年は熊本の開催のようだ

永澤仁(クリエイティブディレクター)

広告業界の鬼才と言われる永澤仁氏の講演会が

宮崎県工業技術センターの主催

宮崎グラフィックデザイナーズクラブの共催で

11月3日県電ホールで開催された。

国内外で100以上の受賞歴

 

永澤氏は泉谷しげる氏のような風貌

最初からとりとめのない話が面白い

意味のある話をしたいと思うと

意味のある内容は数珠つなぎになり

数珠がグシャグシャに固まって

一見支離滅裂で意味のない話に見えがちだけど

浮き上がる何か一言でも刺さってもらえれば良い

意味のある話は一筋縄ではいけない

幸せが一筋縄ではいかないのと一緒です

現在セブンイレブンのコミュニケーションディレクター

の仕事に専念されているそうだ

最初のセブンイレブンのプレゼンの話が面白かった

代理店から依頼があり

時間が迫る中で持って行ったのは一枚のメモ用紙

そこには詩を書いていた

ただ、その時代理店は泥舟をつかまされたと嘆いたという

4社プレテの最後

永澤氏はプレゼンで「近くて便利」を再定義した。

近い、それは物理的な距離ではない

人の心に近い、あるいは人の心に寄り添う

それが近いという言葉だ

便利、それの本質は

美味しさであり、品質である

このようなプレゼンを行い、聞いていた井坂社長が涙を流したという

きっとぼんやりしかわかっているけど形が見えなかった正解を

僕が提案できたからだと思う。

 

個人的には志を持った人々が

互いに切磋琢磨するような場を作りたいと思い

志塾を2009年に立ち上げ「ジブン電通化計画」なども開催されている

これからは個人でも会社でも組織でも

周りに頼るのではなく、自分の価値や強みを、自分なりに構築していかないと

やっていけない時代だと思う

軸となるものが太く正しいかどうかが重要であり

その軸以外は変化し続けていく

 

永澤氏の言葉には現在を読み解くカギが秘められていた!

しかしそのカギを見つけるには容易ではない。

出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)

宮崎大学夕学講座が10月31日に開催された.

この講座は慶応丸の内キャンパスとネットで結びライブ中継されるもの

九州では宮崎大学だけだという

前から話を聞きたかったAPUの出口学長

世界全体を見据え、歴史観も含め、大局観で物事を分析し

日本の今と未来への処方箋をわかりやすく教えていただいた

 

まずは日本の国際競争力

平成は日本が駄目になった30年だった

1991年日本の国際競争力は第一位

1989年には世界のGDPの10%が日本だった

世界のトップ企業ベスト10の7割は日本

ところが2017年国際競争力は第26位と低迷

しかもGDPは世界の4%に下落した

そして世界のトップ企業の10位には日本の企業は入っていない

トップ5がGAFAとマイクロソフト

トヨタでも35位

なぜこうなったのか?

出口氏は指摘する

日本では新しい産業が生まれなかったからだ

製造業で伸びていた高度成長時代は長時間労働が当然で

働けば働くほど成果が出た

めし・風呂・寝るの時代だった

日本は30年で製造業からサービス業中心の国になった

サービス業が74%の国だ

しかし職場の労働時間は変わっていないのに

生産性は落ちているのだ

2つの視点が大事だという

1つはタテヨコ志向

歴史のタテと地理的なヨコで見る

昔の人はどう見ていたのか?

世界の人はどう考えているのか?

ヨコで見ると日本だけという特別な仕組みも多い

2つ目はエピソード(記憶)ではなくエビデンス(数字)で見ることだ

数字で見るだけで日本の働き方を変えないといけないことがわかる

「人間は自分の見たいものしか見ようとしない」と言ったのは

ジュリアスシーザーだが

人間は自分の価値観に合わせて世界を見ている

それが脳の構造だ

サービス産業全盛の時代ではアイデアや知恵が勝負

脳の集中力は2時間が限度

だから2時間単位で切って雑談やお茶をするのが効率的

時代はめし、風呂、寝るの製造業のビジネスモデルから

サービス業へ変わったのだ

私は今から 「人・本・旅」が重要だと考えている

色んな機会で人に会い、古典を読み、旅をして違った世界を見ることだ

職場の仕事は早く切り上げ趣味や自分の好きなこと、旅行などを楽しむ

画期的なイノベーションはそんなことから生まれてくる

自分の好きなことを極めることこそ

急がば回れのごとくいい仕事につながり、人生も豊かになる

グーグルの創業者は2人だがどちらも

コンピュータだけでなく哲学とか音楽とかダブルマスターの博士

マイクロソフトのトップは定時に帰る

それは彼はプロのDJだからだ

つまりオタクのほうがサービス業において画期的なアイデアを出す可能性が高い

など出口節が大変面白かった

自分ならではの世界観をお持ちで

どのような質問にもスパっと答える明解さ

日本は労働力不足だから、定年した後もどんどん働けば

人は健康になりやる気になり日本は甦るとおっしゃっていたのが印象的だ

 

本業の立命館アジア太平洋大学は

全国の私立大学で第5位と言う素晴らしい成績

現在88か国や地域から5963名の学生が在籍している

教育のミシュランとも言われる

AACSB認証の経営学部、tedQual認証の観光学の2つをもっているそうだ

この大学で学んだ学生が世界を変える など

人間味あふれる教養深い講演にとても感動した。

これからのますますのご活躍を期待したい!

人生フルーツ(映画)

風と雑木林と建築家夫婦の物語

「人生フルーツ」

歳を重ねるごとに美しくなる人生

そんなことを感じさせる

とても素晴らしい映画だ

 

愛知県春日井市高蔵寺ニュータウンの一角にその家はある

雑木林に囲まれた一軒の平屋

建築家 津端修一氏が

師であるアンソニー・レーキンドの自宅に倣って建てた家

40年間

自然の力を友として暮らしてきた

何事にもゆっくり時間をかけて丁寧に生きている

キッチンガーデンには

ご夫婦で季節折々の野菜や果物が植えられ、

日々の収穫と共に

英子さんの手間暇かけて美味しいご馳走に変わる

夫を支え、夫の好む食を提供し続ける妻

夫は「彼女は生涯で最高のガールフレンド」と話す

自然に逆らうことなく、自然の実りを享受して穏やかに生きる

夫婦にとって大事なことを積み重ねていく安心感と充足感に

満ち溢れている

 

「家はくらしの宝石箱でなければならない」 ル・コルビジエ

の言葉もインパクトがある

 

樹木希林のナレーションが素晴らしい

風が吹いて、葉が落ちて

いい土になって果実が実る

こつこつ ゆっくり

人生フルーツ

 

見ている人の心を共鳴させていく

人生とは、幸せとはを考えさせてくれる素敵な映画である

機会があればぜひご覧ください!

第一回発酵親子教室(報告②)

ひでじビールの見学の後は

創業108年の佐藤焼酎へ

祝子川(ほうりがわ)の流れのほとりに立つ

背禅と共生し、美術館とも思えるようなアートな工場だ

焼酎の説明を聞いた後は

杜氏の甲斐さんから工場見学をしていただいた

亀壺で仕込む焼酎

ひでじビールの永野社長と佐藤焼酎の甲斐杜氏

 

見学の後は早速焼酎の試飲会

麦焼酎の天の刻印や銀の水が全国的に人気だとか

地元はやはりイモ焼酎の需要が多いとか

参加者の皆さんで記念撮影の後は

延岡駅にまちづくりの拠点としてできたばかりのエンクロスに

施設が新しく快適だ

ここで清酒の発酵の説明を聞いた後は

千徳酒造のお酒の利き酒会

一日でビール、焼酎、清酒の発酵の勉強と試飲会

そして飲めなかったハンドルキーパーの方には

三蔵協議会から素敵な詰め合わせセットがプレゼント!

おかげさまで無事に第一回の発酵親子教室を実施することができた

参加者もとても堪能されたようだ

ひでじビールの皆様、三蔵協議会の武井さんはじめ

多くの方々に感謝を申し上げます!

本当に有難うございました。

メディアの未来(佐々木紀彦)

宮大夕学講座が109日開催された

これは東京の慶応丸の内シティキャンパスと宮崎大学を

インターネット中継で結び

宮崎大学地域デザイン棟でライブで受講できるもの

九州では宮崎大学だけで開催されている

色んな分野から多彩な人物が登場するのも楽しみでもある

 

さて今日は「メディアの未来」と言うタイトルで

佐々木紀彦氏(NewsPicksStudiosCEO)が講演された

 

メディアは今100年に一度の変革期を迎えている

世界最大の新聞社はベスト3は日本の新聞

1位は読売新聞 965万部 2位は朝日新聞 745万部 3位毎日新聞

ただ世界はすでにデジタルに移行している

有料会員から見ると

1位はNYタイムス 280万 2位はウォールストリートジャーナル 139万人

3位がワシントンポスト 100万人 とベスト3はアメリカだ

ただし 日経は60万人と健闘し、子会社となったFT 73万人を足すと

合計133万人となり3位に浮上してくる

何故日本の新聞社の部数が多いのかは

日本しかない日本全国を網羅する新聞宅配システムだという

ただしこれからは新聞もさらに落ちていくだろう

 

書籍は1988年の28000店から2014年の8000店と激減した

ただ書籍はなくなることはないだろう

 

メディアの王者と言われるテレビは

広告料はほとんど減っていなくてキープの状態

ネット企業はテレビ局にCMを出し、相乗効果を得ている

なんだかんだ言われながらいまだにテレビ局は衰退していない

しばらくはこのまま行くだろう

TVのビジネスモデルを作り上げた人は電通の吉田秀雄氏だ

TV局の買切り枠を設けて買取し、ビジネスとして作り上げた

これが今日現在まで機能している

凄いことだと思う

日本で最初のメディアミックスを行った人は日本テレビの正力松太郎氏

巨人軍を新聞とテレビでメディアミックスして大成功を収めた

 

ただ日本のメディアには特有の特色がある

新聞社がテレビ局を子会社化して、政治も絡み

メディアの寡占構造が出来上がっている

これが日本のメディアの変化が遅い点だ

強固なビジネスモデル

新規参入の欠如

年功序列、終身雇用、非プロフェッショナル

この仕組みが変わらない、変われない体質を作っているという

そのため記者などは変化に対応できていない

 

3大ガラパゴス業界と言われるのが

政管、メディア、教育と言われる

その3つのひずみが問題として現れてきているのが現在だ

 

そのため世界のメディア事情と異なるのが日本だ

しかしこれからは5Gの時代となり一挙に革新が進む

そしてコンテンツ黄金時代が到来する

その時には日本ではメディアの苦境が拡がっているかもしれない

 

落合陽一氏とのネット対談でしか佐々木氏を知らなかったが

佐々木氏の講演はメディアをよく理解され

独自のメディア理論も構築されて大変面白かった。

日本はメディアの変化が遅い分、

今の変化に追いつけていなくて、記者たちの資質が下がっているのも

将来大きな弱点として現れるように感じる。

 

世界の大手メディアと通信会社は買収と統合が一段と加速している

ディズニーがフォックスを買収

ベライゾンはAOLと米ヤフーを合併

ディスカバリーはスクリップス・ネットワーク・インタラクティブを買収

スカイはNBCを傘下に持つコムキャストに買収

世界で初めてできたグローバルなテレビ局と言われる

13000億人の会員を持つネットフリックス

そしてアマゾン

通信、メディア、インターネット企業、映像会社

その垣根を越えて世界規模で激しいコンテンツの争奪戦が始まっている!

 

 

 

 

みやざき発酵文化ネットワーク

みやざき発酵文化ネットワークの記事が

宮崎日日新聞に108日掲載された。

 _

発酵で宮崎の未来を醸すをキーワードに

発酵×体験×食=健康を宮崎県内に広めていこうということで

下記の企業や団体に趣旨を賛同していただき

7月に立ち上げたばかり

 

会長   永野時彦  ひでじビール社長

副会長  大窪和利  ダイワファーム社長

監事   道本英之  道本食品 社長

監事   田北賀也  八興商事 相談役

 

 

会員   赤尾誠二  都農ワイン 取締役工場長

会員   吉田努   ケンコー食品 社長

会員   二宮祥彰  二宮麹屋 6代目工場長

会員   宮田健矢  宮田本店8代目

会員   松下亮子  元公証人役場事務局長

会員   満元英明  地域活性化プロジェクト 社長

会員   横山久美  大吟醸を楽しむ会事務局長

会員   坂東淳子  野菜ソムリエコミュニティみやざき代表

 

 

第一回の活動は1013日(土曜日)に開催される

発酵親子教室

世界NO1のビールを受賞したひでじビールに集合して

ビールの発酵の説明を永野社長にしていただいたあとに

試飲と楽しみな発酵三昧弁当を食べていただく

そのあと佐藤焼酎を見学の後

延岡駅のエンクロスで千徳酒造の利き酒会を実施する

エンクロスで流れ解散となる

ハンドルキーパーには三つ蔵協議会から

三蔵詰め合わせセットを進呈

大人2000円 20歳未満 1200

 

お問い合わせは 

みやざき発酵文化ネットワーク事務局 0985317086まで

 

PayPayの野望

インドに注目の企業がある

インド最大のデジタル決済企業 Paytm(ペイティーエム)

インドでは3億人以上のユーザーと800万の加盟店を持ち

公共料金、チケット、旅行予約など

幅広い決済で利用されている

転換期は2011年だ

社長のシャルマ氏がデジタルペイメントの新規分野に乗り出した

 

アリババグループは201510Paytm

アリババ、アントファイナンシャル連合で68000万ドル(75億円)

の出資を行い、事実上アリババの子会社となり

アリババ、アントファイナンシャルのアドバイスを受け、

中国のQRコード決済のシステムを取り入れ

インドでの爆発的な成長につながっていった

そして20175月ソフトバンクの孫正義氏が動いた

何と14億ドル(1500億円)の出資を決めたのだ

 

Paytm(ペイティーエム)

決済機能だけの運営会社から

金融機関としてのライセンス取得を目指し

20171月にライセンスを取得し

会社をEコマースと決済銀行に分社化した

この流れはアリババとよく似ている

アリババからスタートし、アリペイにより電子決済を普及させ

金融機関の免許も取り成長しているアントファイナンシャルと同じ戦略だ

 

さて日本ではPayPay7月にソフトバンクとヤフーが立ち上げた

孫正義氏の頭の中には大きな構想が練られているように感じる

ソフトバンクとヤフーの会員、8000万人に向けてと

そして中小加盟店の新規開拓

これが急務の課題

営業部隊はほぼ全国の都市部に張り巡らせた

加盟店は店舗に掲示されたQRコードだけで対応が可能となる

3年間は手数料無料として一気に日本NO1を狙う戦略だ

今までのヤフーのEコマースの伸び悩みを

PayPayで解消していく

アリペイとの連携で訪日観光客も取り組むことが95日に発表された

 

孫正義氏の狙いは日本だけでなくアジアの決済機能を牛耳ることだろう

まず日本でキャッシュレス時代を浸透させ

アントファイナンシャルやPaytmの戦略と同じく

最終的には金融機関まで念頭に置く狙いもあるのではないか

 

ソフトバンク、ヤフー

そしてアリババグループ、Paytmの連合軍で

なかなか定着してこなかった日本のキャッシュレス時代が

一気に到来していくのか、

秋からPayPay注目のプロモーションがスタートしていく