アマゾンVSアリババ

201711月末の時点で

世界の時価総額ランキングを見ると

1位がアップル、2位がアルファベット、3位がマイクロソフト

4位がアマゾン、5位がFacebook 6位がアリババ(中国)と

6位までを全てIT企業が占めた

今の時代の趨勢を感じる出来事だ

 

EC事業の世界展開の2社を見てみよう

一つは4位のアマゾン(58兆円)だ

EC事業者なのだが、事業展開が多彩になってきている

物流、配送のインフラ整備に年間2兆円ほどかけているばかりか

AIスピーカーの発売

食品スーパー ホールフーズの買収(15000億円)

キンドルの開発販売

映像配信事業などなどのほかに

世界一と言われる(AWS)クラウド事業がある

全売り上げの90%はEC事業だが

利益の大半は売り上げの10%程度と言われるAWSのクラウド事業だ

 

次は6位のアリババグループ (51兆円)

中国の英雄や神様とも言われるジャックマー率いるEC企業だ

中国では独占と言ってもよいほどのシェアを確立している

中でもすごい成長を誇るのが決済サービス アリペイ(支付宝)だ

中国のスマホ決済の8割がこのサービスを利用していると言われる

マネーを入れておくだけで様々なサービスが利用できる

スマホの利用料金をはじめ電気水道、タクシー、海外送金など

面白いのは割り勘の機能も付いているのだという

しかも全てのサービスが無料

そのうえ余額宝のサービスを使えば、

お金を預けるだけで年利523%の利息がもらえる

これが爆発的に伸び、わずか4年で

MMFが世界最大の23兆円強まで増加したと言われる

この動きはさらに加速するだろう

アリペイの普及が本格化すると

銀行やクレジットは必要なくなるといっても過言ではないだろう

 

このEC事業の最強の2社が東南アジアで激突する

東南アジアの人口は6億人を超えると言われている

しかも英語圏であり、サービスもそのまま英語で対応できる

 

アリババは2016年に布石を打つ

シンガポールのLAZADA10億ドルで買収

シンガポールポストにも出資して第2位の株主となり

物流と配送の拠点をシンガポールで一本化した

Lazadaはインドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナムと

事業展開している

アリババグループの一員となり一挙に東南アジアで業績の拡大を図る計画だ

もちろん同時にアリペイのサービスも本格化していくだろう

 

アマゾンがシンガポールで動いた

アマゾンはインドのネット通販で成功をおさめた実績がある

シンガポールでは2017年7月に物流拠点を置きアマゾンのサービスをスタートした

これを拠点として次々に東南アジアに布石を打ってくるだろう

 

アメリカのアマゾン、中国のアリババ

今までは先進国のアマゾン、中国のアリババだったが

最後の成長圏と言われるアセアンにおいて最強の2社が激突する

EC事業での注目の米中対決が始まった

このアセアンを制したものが世界の勝者となることは間違いない

 

 

日本の翼と30年問題

1月5日付けの宮崎日日新聞のくろしお欄で

福井県の日本酒、日本の翼 の記事が掲載されていたので

ご紹介したい

 

「日本の翼」で商標登録された純米大吟醸がある。

昨年までで開催20回を重ねている宮崎の大吟醸を楽しむ会に

参加する蔵元の一つ加藤吉平商店(福井県)の銘柄だ

氷温で2年以上も熟成させるなど

時間と手間をかけた酒で、

政府専用機で初めて正式機内酒として採用された。

その名の通り世界の空を飛ぶ日本酒。

日頃はほぼ焼酎一辺倒の筆者だが、

この正月2日、

職場近くにあるデパート地階酒売り場で見つけて

衝動買いした

日本酒も世界の空を飛ぶ時代だが

航空業界も「2030年問題」と呼ばれる深刻な懸念を抱えている。

バブル期に大量採用された40代後半のパイロットが

退職時期を迎え、旅客機を十分に飛ばせない

事態が生じるかもしれないという

...

さて衝動買いした「日本の翼」の感想だ。

さわやかで、上品で、

飲むほどに大空を舞うようなふわふわした感覚になり

大みそかの弊紙で読んだ

パイロットの30年問題のへの個人的な懸念は

酔うほどに消え。空の彼方へ飛び去った。

考えてみれば酒を造る杜氏の育成にも歳月を必要とする。

熱意と素質と育てる環境がそろって

心を酔わせる名酒が誕生する。

_ 

以上掲載記事のご紹介でした。

福井県の鯖江市の梵は

現在世界100か国以上に輸出をされているという

大変勢いのある蔵です

ご興味があられる方は是非お試しください!

獺祭の新聞広告とNYの蔵建設

師走の12月

獺祭の2つの話題が日本中を駆け抜けた

一つ目は

12月10日の読売新聞獺祭の全面広告

コピーは獺祭を高く買わないでください

という異例のものだった。

桜井会長らしい用意周到な戦略だ

新工場も順調に稼働し生産も需要をなんとか賄える規模となり

全国の販売店も拡充して充実させた

しかし今なお、割高で獺祭を売る転売店が後を絶たない

転売品は高額になることや流通経路が複雑で日数もかかるため

品質の問題も出てくる恐れがある

そこに獺祭が切り込んだ

しかも最大需要期の12月にである

高く買わないでくださいとは

言い換えると全国の販売店も生産も確立しましたという意味もある

日本酒業界において前例のない見事な意見広告だと思う!

 _

2つ目はNYのハイドパークに

CIA(世界最大の料理大学)と連携して蔵を建設するというニュースだ

桜井会長はかねてからワインは本場のフランスだけでなく

ヨーロッパをはじめアメリカ、オーストラリアなど日本も含め

世界各地で製造されている

日本酒が世界酒に本当になるつもりであれば

海外生産は必要不可欠だとおっしゃっていた。

 

麹米は日本の山田錦を使用するが掛米はカルローズの予定だという。

まさに国境を越えて日米融合の獺祭ハイブリッド

とでもいえるようなお酒になるかもしれない

 _

アメリカではどのようなターゲットを考えているのだろうか

日本酒の海外生産は少し行われているが

商品としては安い価格帯を狙っている

獺祭はこの価格帯とは違い

アメリカの生産商品は別ブランドにするが

高級と安い商品の中間を狙いたいという

しかも製造はすべて純米大吟醸だそう

ただ獺祭のポリシーでもある美味いと感じてもらえるお酒

にはこだわりを持ちたい


米国人が普通に買える価格で美味しい日本酒を飲める、
そう考えるとアメリカの日本酒の普及に弾みがつくかもしれない

また2800人という生徒を抱える料理大学とのコラボを考え合わせると

日本酒だけでなく日本食材の流通をはじめ

将来的には大きな可能性を秘めているとも思われる

このニュースも日本酒業界にとって歴史的な一歩だと感じる

 

その先を見つめてどのような世界への挑戦が続いていくのか

今後も要注目の蔵である!

 

サルバトーレ・ムンディ(救世主)

ラストダビンチと言われる サルバトーレ・ムンディ(救世主)が

史上最高の約510億円という価格で落札された。

絵の作者であるレオナルド・ダ・ヴィンチは
人類史上最も多才な人物としても知られている
画家だけではなく、領域分野の広さと深さは空前と言っても過言ではない

 

描かれた時期は1500年頃と言われる

この絵は男性版モナ・リザともいわれている

ダビンチの魅力は絵に込められたパワーがとてつもなく大きいことだ
それゆえ見ているものをなぞかけしているようにも思える
輪郭線がないのも特徴の一つだ

グラデーションで立体感を出すことで温かみのある絵に仕上がる

さて絵を見てみよう
見る者に対してまっすぐに視線を向けており
絵を見る人々に何かを語りかけているようにみえる
右手は2本指を立てており祝福、平和、調和を現すポーズだそうだ
左手には水晶玉

水晶玉は体も魂も浄化され水晶のように清らかになるということかもしれない

とらえどころのない微笑、謎めいた雰囲気はモナ・リザととてもよく似ている
もしルーブル美術館で同時に飾られれば、世界中からファンが押し寄せるかもしれない

そんな可能性をファンの一人として期待している

「体験の質」という哲学

白物家電で旋風を巻き起こしている会社がある
名前はバルミューダ
率いるのは寺尾玄氏
寺尾氏はまるでドラマのような人生を歩んでいる
17歳の時、進路希望を書きたくないという理由で高校を中退
ヨーロッパを単身放浪する
初めて着いたスペインでようやくパンにありつき涙を流す
かけがえのない美味しさと食の大切さを実感する
これが後になって思うと
彼の製品哲学に結びつく原体験のかもしれない
帰国後はロックミュージシャンを目指すが10年で挫折
その後、オランダのデザイン雑誌を見て
自分でもやれると確信
ものづくりで生きていこうと決意
独学と飛び込みで設計や製造を習得して2003年に独立
パソコン冷却台やデスクライトで評判になるが
2008年のリーマンショックで倒産の危機に
この時思ったことは
「本当に必要とされる製品ではなかった」 ということだった
と振り返る。
そのあとの GREEN FANでの大ヒットで
ようやく崖っぷちから立ち直った
2015年に発売した
バルミューダ THE TOASTER
デザインスケッチは2000枚を超えた
思うような焼き上がりにならないと悩んでいたときに
思い出したのは土砂降りのバーベキューだった
あの時焼いたトーストは美味しかった
あるヒントが頭に浮かんだ ”水分”
この水分がきっかけとなり
水を入れて焼くと言う画期的なトースターが出来上がった
しかもモードは4種類 コピーも素敵だ
感動のトースト
究極のチーズトースト
幸せのクロワッサン
三つ星のフランスパン
なんだかわくわくしてしまう
その4つのモードどれもが格別の美味しさとなる
この高級トースターのヒットにより
バルミューダの名前は一躍全国区へ
寺尾氏は言う
「美味しいものができあがるからヒットした」
機能に喜びや素晴らしさを付加した
食べた瞬間の美味しさを追求している
会社もバンドみたいなもの
作曲して出した曲が商品だ
つまり曲がヒットしないと会社も回って行かない
そのための重要なものはポップな感覚
ポップとは多くの人々が感じる気持ちよさだと定義している
その意味でも会社という第2のバンドでポップな感覚のヒット(商品)をこれからも出してもらいたい
最近よく思うことなのだが
年を取るとエンゲル係数が上がると思う
それは本当に体に良い美味しいものを食べたいからだ
その食卓のおいしさにバルミューダは徹底的に究極を目指していると思う
だからこそ消費者に受け入れられるのだと考える
THE Gohan そしてこれから発売するというレンジなど
次々にバルミューダの挑戦は続く
食卓の周りでその製品を使った人だけが実感する
「体験の質」の高さとエンターテイメント性にこれからも注目をして行きたい!

A+FANG  

アップルの株価上昇が顕著だ
アップルの時価総額は11月10日現在で8900億ドル
日本円にすると113円換算で100兆円を超えた
日本のすべての企業の時価総額が500兆円と言われるので
その20%をアップルが占めることになる
もちろんアップルは世界一の時価総額の企業であるのだが・・・・
そしてFANGとを呼ばれるネット企業の株価も
アメリカでも急上昇だ
グーグルの時価総額は80兆を超えて来た
アマゾンが61兆円
フェイスブックが56兆円
この3社だけで約200兆円という膨大な時価総額になる
そして新興企業のネットフリックスも今や9兆円だ
さて私たちの生活を見てみよう
いかにアメリカのネット企業が大きな優位性を持っているかが理解できる
A+FANG  という形がわかりやすい
A  アップル
FANG
F  Facebook
A  アマゾン
N  ネットフリックス
G  グーグル
最初のAはアップルだ
スマートフォンは日本国内で
アップルの携帯 iPhonのシェアは69%と言う断トツ
しかもこのシェアは世界でも第一位と言うほど
日本ではiPhonが普及している
次にFANGのネット企業
この携帯を使って
グーグルで検索し
アマゾンで本だけではなくあらゆるものの買い物をして
ネットフリックスやアマゾンのネット動画ででドラマや映画を見る
そして日常や感想をFacebookで投稿する
この生活スタイルが今の日本において
いつのまにか深く浸透してきているのである
いやこのスタイルは世界においても同じようなことだろう
その世界のライフスタイルに浸透していっている企業ほど
株価が素直に上昇という形で現れている
しかし素直に喜べない現実がある
それは日本企業が一つも入っていないこと
そして日本の時価総額の約60%の300兆円を
アップル、アルファベット、アマゾン、フェイスブック4社で
持っていることだ
日本企業の時価総額はトヨタで23兆円
NTTで12兆円
ソフトバンクで10兆円だ
この数字を見るだけでも
生活の中に浸透しているネット企業が
これからもさらに成長していくことは理解できるのだが
なんだか途方もない違和感も残る
これからは第4次産業革命と言う
AIですべての産業が再定義される時代に入りつつある
この4社の企業の大いなる期待値も理解できるのだが
明らかにオーバーシュートの感は否めない
過去のITバブルの熱狂のような感覚もじわりと感じはじめている今日この頃だ。

ダイワファームのチーズW受賞記念ワイン会

ダイワファームの大窪社長が
6月にフランスで開催された国際チーズコンテストで
リコッタチーズで金賞を受賞された
また11月1日に開催された
第11回ジャパンナチュラルチーズコンテストで金賞を受賞された
この大窪社長のチーズのW受賞を記念して
第2回秋のシェフズアライアンスのワイン会を11月6日に開催した
ゲストシェフは小野貴史シェフ
 
生産者は
ダイワファームの大窪社長をはじめ
有機・無農薬の農業を確立されているアグリアートの松本社長r
そしてイタリア野菜を作られている息子さんの松本慎一郎氏t
五ヶ瀬のイタリアトマトの生産者でキッチンスタジオも展開されている藤木さん
小林の酪農家の黒木さんなどなど
まずはawa酒のSorah(千代むすび)で乾杯
その後はボルドーの白ワインと真澄YAWARAKAの飲み比べ
 
アグリアートの野菜サラダが綺麗
ニンジンのドレッシング
 
チーズ盛り合わせ
人柄がチーズに出るのかなと思うほど
大窪社長の笑顔が素晴らしい
リコッタチーズとケールのパイ
パイ生地から作り焼き上がったばかりの香りが
美味しさを倍加させてくれる
 
真鯛のポアレとおてんとそだちのトマトリゾット
 
牛のトモバラ赤ワイン煮込みもろみソースとアグリアートの人参
 
めったに口にできない貴重なお米
龍の瞳を炊き立てのご飯と赤カブのマリネで・・・
 
松本社長は独学で有機無農薬の農業を確立され
現在は東南アジアや中国で農業指導も行っていらっしゃる
最後は無添加のアイスクリームに水芭蕉のデザート酒
で贅沢な締めくくり
生産者のお話をまじかに聞けて
参加されたお客様も有意義な一時だったようだ
また機会があれば色々な生産者を招いての
シェフズアライアンスを開催したいと考えている

CAPEレシオ32.56

世界同時株高が継続している
世界中の中央銀行の金融緩和と
それによるEUなどの景気回復、アメリカの好景気の持続
トランプラリー、アメリカの税制改革への期待などで
アメリカ、ドイツ共に史上最高値を更新中である
まさに絶好調の市場であると言って良いだろう
20世紀において世界で最も読まれた経済学者として有名なのが
ジョン・ケネス・ガルブレイスだが
彼はバブルの形成には2つの条件があると言っている
1,神話の形成  2,金融の支援
世の中に株価上昇を当然だという神話が形成され
その神話に基づく投資活動を後押しするような資金供給が行われ
バブルになるのだと説明している
 51L8V+JT2QL._SX302_BO1,204,203,200_
今現在の世界同時株高は冷静にみると
これはバブルなのか?バブルではないのか?
それを検証するのに重要な指数がある
CAPEレシオと言われるものだ
2013年にノーベル経済学賞を受賞したロバートシラー教授が開発したもので
株価が過去10年間の平均一株当たり純利益の何倍かを示す指数で
高いほど株価が買われ過ぎを示す
1929年10月   CAPEレシオ  32.56     世界大恐慌
1999年12月   CAPEレシオ  44.2      ITバブル
2007年5月    CAPEレシオ   27.55    リーマンショック
2017年9月末   CAPEレシオ  30.36     
今現在のCAPEレシオを見ると歴史的にも
世界大恐慌のレベルまで大きくなってきている
1929年の場合は CAPEレシオ  32.56
ダウ工業株は6年間上がり続け当初の5倍になり
1929年9月3日に最高値を付けた後で市場は1ヶ月で17%下落
10月24日ブラックチューズデーを迎え
1932年7月8日に下げ止まるまで何と89%の下落となった
今現在30を超え、9月末で30.36
世界大恐慌の時の CAPEレシオ 32.56に徐々に近づきつつある
またCAPEレシオが30を超えたのは
歴史上3回しかない
それは世界大恐慌、ITバブル、そして現在である
しかもリーマンショックの時は27.55でしかなかった
そして気になるのはニューヨーク連銀が8月15日に公表した
家計財務残高(2017年4月~6月)だ
12兆8000億ドルとなり過去最高を更新
債務の返済延滞比率は4.8%でクレジットカードの上昇が目立つという
金融緩和、好景気、人工知能の将来性などの相乗効果での上昇を考えると
更なる上昇の可能性もあるだろう
歴史を見てもバブルのクライマックス相場は急上昇するものでもある
アメリカはすでに出口戦略に向かっていることを考えても
そろそろCAPEレシオが30を超えた歴史的重要性を
我々は認識をする時期になってきたのかもしれない!

さんま×Netflix

山手線の電車の中での
動画広告でたまたま明石屋さんまが出ていた。
しかもNetflixのCMだけに驚いた!
 
地上波でいくつものレギュラーを持っている明石屋さんま
そのさんまの微妙な気持ちが
CMにもそのまま表れている
 
地上波で頑張ってきているのに
NetflixのCMをしているのも微妙
ほんまはライバル
気持ち的には思い切り整理はついてないかも
 
敵に塩を送っている感じもある
地上波が苦しくなっているのも事実
 
我々の時代は地上波で大丈夫だと思うけど
30代、20代、10代は
テレビをどのように見ているかわからない
 
地上波でお笑いを引っ張る先頭グループの一人が
地上波の本音を赤裸々に語っているのが大変興味深い
しかもそれがNetflixのCMだけにインパクトは大きい
 
こんなさんまの本音の話をCMで見せてくれる
Netflixの懐の深さと並々ならない自信を感じる
 
近々地上波でもCMが流れるという
 
世界各エリアで
それぞれの国ならではのコンテンツを制作していくNetflix
しかも年間制作予算は6600億円という巨大な数字だ
各国の独自コンテンツの力で有料会員を増やす
その相乗効果が表れ
コンテンツ強化と制作費の掛け方が加速度を増す
 
さんまとNetflixの縁は
さんまのドラマの企画を
Netflixが制作することになったという
しかも民放より制作費も出したのだという
それがご縁でCMが決定したそうだ
 
今後ますますテレビとネットの枠組みが無くなっていくと考られる状況においては
世界のネット動画市場で一番のシェアを誇るNetflixの動向には
これからもっと目が離せない
しかも地上波にとって不気味なのは30代以下が
テレビではなくネットで見る習慣がつき始めた事だ
 
 

チャンギ国際空港(シンガポール)

スカイトラックスの調査で
エアポートオブザイヤー2017のNO1に選ばれたのが
シンガポールのチャンギ国際空港だ
これで5年連続のNO1となる
 
1位  チャンギ国際空港
2位  羽田国際空港
3位  仁川国際空港
 
ベスト3はアジアが独占した
羽田は清潔部門で第一位
仁川は乗り継ぎ部門で第一位
羽田国際空港の躍進が目立つ
 
8年ぶりにチャンギ国際空港を利用して感じた事だが
ショップの豊富さと清潔さはほかの国際空港でも見られることだが
チェックインが24時間前から可能という国際空港は外には無い
空港自体を24時間営業していることからできることなのだろうが
それにより旅客はトランジットの時間を
観光や食事に有効活用できるメリットが大きい
 
深夜、空港からホテルまでタクシーを利用したが
深夜料金を含めてもシンガポールドルで25ドル弱
(日本円で2000円弱)の安さだった
 
また次の第4ターミナルが6月から試験運用を開始している
このターミナルが秋から本格的に稼働すれば
現在の5000万の数字から
最大で年間1600万人がアップできるという
 
チャンギ国際空港は将来を見据えて
第5ターミナルの建設計画も発表した
世界NO1空港の将来への布石は今なお着々と進んでいる