黒木本店の尾鈴山蒸溜所

あいにくの雨の天気だったがシーガイアの仙波様のお誘いで

高鍋町の黒木本店にお邪魔した

2Fに通されると黒木信作社長が現れた

思った以上に背が高い

話を聞くと若いのにもかかわらず、とてもしっかりされている

志も高く、社長ならではの信念も明確だ

黒木本店の焼酎造りは農業である

の基本理念と共に循環農業の仕組みを実践されている

挨拶の後は黒木社長が運転していただき施設を案内していただく

ここがリサイクル施設

廃棄物の焼酎かすを利用して飼料や肥料を作って

焼酎―リサイクル―農業―焼酎の

全国でも類がない循環農業を目指されている

その肥料から生まれたのが蘇る大地の会だ

面積は30haという広さ

有機認証を受けた施設でクレソンやハーブなどを生産出荷している

クレソンはようやく採算ベースに乗ってきたそうだ


外にあったエディブルフラワーを食べさせていただいた

葉っぱも花も食べるとわさびのにおいがする

蕎麦の上に乗っけて食べるのもアイデアだと感じた

ここから木城に向かう

絵本の森の近くに尾鈴山蒸留所がある

雨に煙る蒸留所もまた風情がある

ここがスタートしたのは1996年

私は20年ほど前に一度訪れたことがある

以前と変わらず焼酎蔵とは思えないほどの清潔感だ

中に入るとまず驚くのが杉の甑(こしき)

2018年に入れたそうだ

現在はほぼステンレス製なのだが

ここは伝統にこだわり杉で造られた甑だ

甑で蒸され自動で運びながら冷やされ

室に運ばれる

ここが麹造りのかなめのところだ

室を見ると、ここは清酒蔵と言ってもわからないほど

聞くと日本酒蔵を参考にしたと言われていた。

そして木桶でじっくり寝かされ

3種類の焼酎、

芋の山ねこ、米の山猿、麦の山翡翠が出来上がる

近い将来スピリッツやウィスキーにもチャレンジしたいと

意欲的に話されていた

夢は大きく、志は高く、

黒木社長の頭の中にはもっと壮大なビジョンが拡がっているように感じた

これからのますますのご活躍を祈念したい

金融のリバースイノベーション

リバースイノベーションとは

新興国で生まれた技術革新を先進国に導入して

世界に普及させるという発想だ

スマホで決済全てが完了してしまう金融システムこそが

今の日本の銀行にとって大きな脅威になっている

それが金融におけるリバースイノベーションだ

日本の社会では戦後、

銀行中心の間接金融の仕組みがしっかり組み立てられ

それが日本の高度成長のエンジンとなっていった

銀行は全国に支店網を張り巡らして

国民から預金を吸い上げるというシステムが出来上り

資金供給のほとんどが銀行を中心に行われるという

日本の資本主義の形が出来上がった

それが今現在も続いているのだが

さて一方新興国では従来型の銀行という金融システムが普及していなかったため

その制約をバネに模索を重ね、優れた技術を創造していった

だからスマホの普及で

銀行を必要としない金融サービスが一気に爆発的に広がり

中間金融としての銀行は中抜きされていった

これがリバースイノベーションとして今日本に上陸しつつあるのだ

本人確認、印鑑照合、審査、等々銀行のスピード、体制含め

今のフィンテックの技術、AIの進歩を考えると

銀行自体が中抜きされていく世界が近づいている

アリババグループのアントフィナンシャルのアリペイでは

支払がビッグデータとして情報が蓄積され

AIで消費動向や消費予測まで行うことができる

現在顧客は中国を中心に世界で10億人を超えた

当初アリペイでは銀行との連携を模索したが

なかなかうまくいかなかったため独自路線に切り替えた

信用情報の蓄積や活用にも力を入れ

信用力が高いほど優遇されるという画期的なサービスを

2015年からスタートさせた

基本となるのが310の原則だ

申請に3分、審査に1分、それに関係する人間は0

このシステムで事業は一挙に拡大していった

スマホから決済融資に至るまで

今までは金融機関が取り扱うサービスをも

アリペイは一気に構築したのだ

インドのPaytm

2010年にインドで創業した会社だが

QRコード決済ですでに顧客は3億人を突破

またアリババのアントフィナンシャルやソフトバンクが株主となり

Paytmの事業資金をバックアップした。

日本ではソフトバンクとヤフーが

2018年Paytmの事業モデルを逆導入

PayPayとして日本で事業展開を始めた。

これこそが金融のリバースイノベーションだ

事業を始めて一年足らずで700万人の顧客を突破

早急に1000万を突破させ

その先のサービスを見据えている。

これからは「データを持ったところが勝つ」と断言する孫正義氏

その意味では金融はデータが命でもある

だからこそスマホの金融サービスのビックデータは

様々なビジネスチャンスを創り出していく

決済だけでなく保険、融資、信用スコア、証券銀行などAIとフィンテックを活用し

あらゆる事業領域に広げていくことが可能となる

日本の銀行も手をこまねいてるばかりではない

4月19日日本で最大の三菱UFJは

米アカマイテクノロジーズと2月に共同で開発した超高速ブロックチェーンで

あらゆる電子決済に使用する高速基盤の開発に乗り出すと発表した。

金融の次の時代の覇権を取るのはどこか?

その熾烈な争いと共に

日本では今年10月の消費税増と共にキャッシュレス元年として

金融サービスの大変革はさらに大きくなる

銀行だけではなく異業種からの金融への参入含め

次の時代の日本だけではなく世界の金融覇権をどの企業が制していくのか

今後20年を見据えた猛烈な戦いがすでに始まっている

星乃珈琲宮崎店

ドトール日レスホールディングスの高級喫茶店

星乃珈琲が宮崎市イオン近くの通り沿いに昨年の10月にオープンした

いま日本全国で星乃珈琲の勢いをとても感じる

宮崎もオープン当時は大変な賑わいだったそうだが

少し時間が経ったので

落ち着いただろうとランチに行ってみた

外観は蔵をイメージしたような作りだ

内装は茶中心の落ち着いた雰囲気

豪華なシャンデリアや高級感を感じる内装

しかも仕切りが付いた席もあり

ここだと他のお客を気にすることなくゆっくりくつろげる

 

ランチセットを頼むと

通常400円のコーヒーが250円になるようだ

今日は醤油パスタ830円を注文

コーヒーは3種類から選ぶことができる

パスタがアルデンテで予想以上に味が良い

考えてみたらドトール日レスにはパスタ店やオムレツ店もあり

本格的な料理はグループ内で対応できるのが強みだ

もちろん焙煎コーヒーの味もとても良い

コーヒーも入れると消費税込みで1166円

この価格と味だと今まで一ッ葉でパスタで人気だった

A店やB店はお客を奪われることになるだろう・・・

 

土曜日曜は7:30から営業

しかもコーヒー400円を注文すると11時までは

半トーストとゆで卵がサービスで付く

まるでコメダ珈琲のような名古屋的サービスだ

しっかりマーケティング調査してる戦略に少し感心してしまった

 

 

ミニリッチ度  ★★★☆

 

星乃珈琲宮崎店

宮崎市阿波岐原町竹割2278−1

0985−41−5805

9:00〜22:00 月曜〜金曜

7:30〜22:00 土曜日曜

シード宮崎(奈須敬典社長)

宮崎市池内にあるシード宮崎にお邪魔した

池内の金丸脳神経外科の道路の向かい側という便利な立地だ

農場のビニールハウスで奈須敬典社長にお会いした。

奈須社長は日向市に生まれ

本社が四国の宮崎支店で種の営業で30年以上勤務され、そのあと独立された

現在は種の取引や土づくり、作物へのアドバイスなど

農家にとってすべてに頼られる存在となっている

 

農場の片隅には

ライチやパイナップル、マンゴーなど亜熱帯の果実の木が・・・

これは遊びですと笑いながら話された

現在、農家の取引は150件程度

これ以上増やすと、我々のサポートの質が低下するからと

極めて誠実で謙虚な方だ

今までは種中心でやってきたが

これからは我々も農業生産を増やしていきたいという

現在の農地面積は少し広げつつあるが3000坪ぐらい

特にこれから力を入れていくのが野菜だ

奈須社長と息子さんの悠起専務、亮裕氏

奈須さんには心強い後継者がいる

息子さん4人が農業を受け継ぐ気持ちで帰ってきてくれた

今の時代後継者不足で悩んでいる人が多い中

奈須社長は幸せだ

専務の悠起氏に話を聞いた

これがレタスだが

通年で4種類ほどのレタスを栽培していきたい

そして現在栽培している野菜は40種類ぐらいだが

将来的には300種類程度まで増やし

最小限のインフラ整備を行い、

できれば地元ならではの収穫体験や料理教室をはじめ

3年めどで野菜のテーマパークと言われるようにしていきたいと

夢は広がる

うちの強みは何といっても種子を持っていること

だからなんでも挑戦できると心強い

後を継ぐ息子さんたちの逞しさがとても心に残った

若き人々が志を高く持ち農業を受け継ぐ

素晴らしいことだと思う

 

奈須社長は現実に野菜はここ20年ほど価格は高くなっていない

しかし資材、人件費、燃料すべては高騰してきている

農業の未来と経営を考えると、農業に対する考え方を変えるしかない

 

奈須社長の意志を受け継ぎ

息子さんたちの若い世代の考えを加えながら

新たな農業の形が宮崎で花開くことを祈念している

いただいたレタスがまた美味しかった!

チームジャパンとなった「MaaS連合」の未来

世界のMaaS潮流の中で

日本のトップ企業の2社が動いた

それは2018年10月のトヨタ自動車とソフトバンクGの提携だった

2社でMONETテクノロジーズを設立するというものだった

 

記者会見の豊田社長からはトヨタは今までの車を作る会社から

移動サービスを提供する会社に代わるという信念が読み取れた

そして自動運転の扉を開くといつも孫さんが目の前に座っていたとも話された

ソフトバンクGはウーバー、敵滴、グラフなどを含め

世界の90%の配車サービスを手中にしている

欧州、アフリカを除けばほぼ世界を網羅したと言ってよい

この配車サービスアプリから世界中から日々送られるビッグデータは

都市機能の活性化だけではなく、過疎地域の活性化まで図ることができる

まさしくスマートシティ、コンパクトシティの大きな核となる

そして交通や住宅、買い物などあらゆる要望に対応できるサービスが可能となる

まさしくMaaSの根幹となるビッグデータだ

 

これから一挙に加速度がつく

2019年3月には本田技研工業と日野自動車が資本参加

2019年3月28日にはMONETコンソーシアムが

88社の企業で設立された

この中にはJR東日本、全日空、日本航空をはじめ

三菱地所、ヤフーなど様々な企業が参加している

このスピード感は今までないほどの速さだ

JR東日本、本田技研、日野自動車のトラック、そして航空キャリアの参加など

第一次交通からラストワンマイルまで

トータルで展開しやすくなることは間違いない

それほど日本の企業にとってMaaSへの期待度が高いということかもしれない

もちろん全国の数多い自治体も大きな関心を寄せている

少子高齢化の日本では日本ならではのMaaSが必要なことは

誰もが理解している

 

3月28日東京で開催されたMaaSサミットでは

MONETテクノロジーズの宮川社長は

我々が日本のMaaSプラットフォーマーになると力強く宣言した

 

「移動」というプラットフォームは全世界で大競争時代に入る

世界では先行しているフィンランド発のMaaSグローバルが

各国で拡げていく過程だ

世界の中で誰が覇権を取っていくことができるのか

チームジャパンとも言ってよいMaaS連合の真価が問われるのは今からだ

まさに要注目だ!

MaaSコンセプト誕生

モビリティ革命と言われるMaaSが世界中で話題だ

その内容が極めて詳しく書かれ

世界中で行われている実証実験のことも網羅されている

その本のタイトルは「MaaS」

MaaSとは「Mobility as a Service」の略

あらゆる交通手段を垂直統合し、その最適化を図ったうえで

スマホやウェブ上でマイカーと同様か、

それ以上に快適な移動サービスを実現する新しい概念だ

 

MaaSのコンセプトは誰が考えたのだろう

2014年フィンランドのヘルシンキ市都市計画局の依頼で

当時アールト大学の在籍していたソンジャ・ヘイツキラ氏が

発表した論文がルーツだ

ヘルシンキの問題の根底になるのはマイカー依存

鉄道、地下鉄、トラム、フェリー、バスなどの公共交通は整備されているが

利便性、快適性は決して高くない

結果マイカー移動が増え、慢性渋滞、駐車場不足、環境問題を引き起こし

移動をストレスに満ちたものとし町の魅力を失わせている

このような状況を打破するために考案したのが「モビリティオペレーター」だ

利用者のニーズに合わせ数々の交通機関を組み合わせて

最適な組み合わせを一つのサービスパッケージとして提案する

利用者はパッケージ料金を払い

モビリティオペレーターは交通事業者にサービス提供料を払う

これがMaaSの基本構造だ

 

この構想のアイデアをもともと考えていた人がアース・ヒーネタン氏

12年からITSフィンランドのCEOになったヒーネタン氏は

14年6月ITSヨーロッパの会議でMaaSコンセプトを発表した

MaaSという言葉が国際舞台で使われた最初となった

15年フランスで開催されたITS世界会議では

欧州MaaSアライアンスを設立、

世界各国にMaaSを拡げていく団体として位置づけられ

15年にはMaaSフィンランドをアース・ヒーネタン氏が立ち上げ

16年9月からはWhimのサービス提供を開始した

実際ヘルシンキではWhimの定額サービス導入後

ユーザーのマイカー利用は半減し

公共交通の利用は50%未満から74%に増加した

タクシーやレンタカーの利用も増えており、狙い通りに進んでいるという

 

ヘルシンキ発のMaaSコンセプトとアプリのWhimは世界中で話題となり

フィンランドは世界で最も先進的な移動サービス

を実現した国として知られるようになった

 

いま世界のトップランナーとなったMaasグローバル

今後の世界展開が楽しみでもあるとともに

日本の地方都市において、なくてはならない観点がMaaSであり

それがスマートシティのベースとなることも忘れてはならない

MMTの白熱論争??

2016年、アメリカの大統領選挙で

民主党左派のバーニー・サンダースのアドバイザーを務めた

NY州立大学のステファニー・ケルトン教授が主張するMMTが白熱している

MMTとはModern Monetary Theory(現代金融理論)と呼ばれ

独自の通貨を持っている国では、大規模な国債買い入れや

政府債務を増やしても経済成長と雇用の増加が続いている場合は

もっと借金をして生産的な公共事業に投資しても問題はないという理論

国の借金は国民の資産

つまり政府予算や財政赤字は完全雇用やインフレを実現するために

積極利用すべきだという考えだ

 

ステファニー・ケルトン教授がモデルとしているのは日本だという

日本のGDPの240%の債務を抱える日本では

物価も金利が上がっていない

確かに言われてみると

アベノミクスの日銀異次元緩和は

ある意味日本版MMTと言えるものかもしれない

 

このMMT支持を表明したのが

アレキサンドリア・オカシオ=コルテス下院議員だ

バーテンダーから2018年最年少の29歳でニューヨーク州の下院議員に選出された

彼女もまた2016年バーニー・サンダースの選挙ボランティアの一人だった

まさに民主党左派の新星であり最も話題の人でもある

温暖化対策のためのグリーンニューディールの財政拡大の基盤

国民皆保険の財政基盤

高所得層への課税拡大を求めてMMTを積極的に支持している

つまり貧民層への財政政策の基盤としてのMMTの活用なのだ

この人が支持を表明したこともあり、アメリカではMMT論争がさらに白熱している

世界の主流派と言われる経済学者からはMMTは非難の嵐だ

まやかし、魔法、などなど

しかし異端と言われるMMTだが、ここ10年の世界経済を見ると

アメリカの金融緩和、トランプ減税

日本のアベノミクス、EUの金融緩和含め

もっと国が借金をして景気浮揚を行うという

ある意味のMMTではなかったのか

そんな素朴な疑問が芽生えている。

 

アメリカの政府債務は

4年連続毎年1兆ドル(112兆円)を超えて膨らみ続け

累計で22兆ドル(2442兆円)に膨らんでいる

日本も国の借金は1300兆円を超えた

そして日本ではコストプッシュ型のインフレの兆しが見えてきた

人件費の高騰、ガソリン価格の上昇、小麦製品、缶詰類の上昇など

特に食料品など生活必需品の上昇が顕著になってきている。

 

これでインフレになったら国は借金の利子も払うことができず

国自体の存亡の危機となることは間違いない

自国の政策に都合の良いバラマキ策やMMTは

景気が下振れしていくと

インフレの到来とともに自国の首を絞めることにならないか

大きな懸念材料でもある。

雑穀米の元祖 内田弘(ベストアメニティ社長)

健康の代名詞とも言われるのが雑穀米

今やコンビニをはじめあらゆるところで

使用されている大ヒットの人気商品だ

その雑穀米を誕生させた人に偶然天草でお会いできた。

別件でお会いしたのだが

雑穀米のほうが気になって話をお伺いした。

内田弘さんは1957年大分県生まれ

学生時代はレスリングに夢中になった。

卒業後大手生命保険会社に就職すると

26歳で店長に

タバコ1日100本、一升酒も毎晩のように飲んだ

32歳の時に検査すると痛風の一歩手前

肝機能も悪化していて入院した

その時の主治医の言葉が

暴飲暴食で10年で悪くした体は

食生活を改めて10年かけて治すしかない

入院して次第に健康にかかわる会社を作りたいと思うようになった

一ケ月半の入院生活の後は保険会社を辞め

33歳の時にベストアメニティを設立した

 

ある時あわやきびを栽培している農家に

キビを分けてもらえませんかとお願いしたら

売り物ではない、昔からうちで食べているものだとの答え

農家は雑穀が体に良いことを知っている

これは世の中に広まる可能性があると直感した

 

雑穀米のアイデアがひらめいた後

白米とのブレンドを一年かけて数百回のテストを繰り返し

1995年に八種雑穀米が完成したが、だれも見向きもしなかった

デパートやスーパーなのに売り込みに行っても

こんなものは売れない、ごみ見たいだとも言われた

しかし内田氏は今の日本の食生活には雑穀米が必要なんです

とアピールを続けた

通販会社との取引が始まり

雑穀米の知名度はぐんと上がった

国産にこだわるために、全国の生産農家1500件との信頼関係は

家族みたいな絆でつながっている

健康志向の高まり、安心安全などのトレンドも追い風だ

 

人間の歯は32本でそのうち60%の20本が

穀物をすりつぶすための白歯でしょう

肉を切り裂くための犬歯は4本

野菜や果物をかみ砕く門歯は8本です

だから食生活もこのバランスが必要だと思う

戦後日本の食生活は欧米型になり大きくバランスが崩れた

今こそ日本人が長く食べてきた雑穀に戻るべきです

 

内田氏の直感が苦しさの中でも確信となり大きな実績となっている

実践から勝ち得た言葉は私の心の中にずしんと大きく響いた!

第一回産官学発酵勉強会(報告)

みやざき発酵文化ネットワークは

第一回産官学発酵勉強会を宮崎県工業支援センターで

3月15日開催した

永野会長の挨拶の後

アドバイザーの宮崎大学 河原聡教授

そして宮崎県食品開発センターの山田部長、福良さんをはじめ

みやざき発酵文化ネットワーク会員全員と

多くの有意義な意見を交換した

我々がお願いしたのは全国でも高いレベルにある醤油、味醂との

県内商品との比較だった

宮崎県食品開発センターの分析結果は

思った以上の県内商品の品質の高さで我々も驚いてしまった

今後の努力次第では十分に全国レベルで戦える商品になると

思ったのは我々だけではないだろう

宮崎大学の河原教授は

発酵の複合商品はアプローチが2つあるのではないか

一つは発酵商品と発酵商品を連携させることだが

これは割合簡単

あと一つは発酵の定義を考えて、

そのうえで新しい発酵の複合商品を作り出すこと

これも考える必要性があるのではないだろうかとの意見だった

全国の豚肉発酵人気商品の食べ比べ

今後発酵企業や様々な会員の意見を聞きながら

多くのデータベースを基に明日の発酵商品が出来上がることを

我々も勉強しながら努力もしていきたい

初めての産官学発酵勉強会だったが

これからも発酵研究のベースになる有意義な会として

続けていきたいと考えている

宮崎大学の河原教授、宮崎県食品開発センターの山田部長、福良さん

ほか多くの関係者の皆様に感謝を申し上げたい!

ファーマーズ尾立の実力(綾町)

綾・錦原アースマルシェには

綾の尾立地区で農業に従事している方々が参加いただいた

綾の錦原から見ると展望台があるところが尾立地区だ

初めてお会いした生産者の皆さんばかりだったが

その実績と実力に驚かされた

尾立地区のリーダーは有木農園の有木重昭さん

日向夏をはじめ柑橘類を栽培されている

宮崎から綾に農業で通っていたが、今は移住して綾で生活をされている

尾立地区をまとめ上げる人望も厚い方だ

有機といえば山口農園の山口今朝廣氏

有機農業で35年の歴史を誇る

綾の有機農業はこの人とあると言っても過言ではない

廃菌床とのり面に生える雑草などの炭素分を畑に入れる

これだけのたんじゅん農法で

試行錯誤を繰り返し土が元気な有機農業を作り上げた

この山口さんを慕う研修生も全国から集まり

勉強して巣立っていく

現在宮崎市を含め200件の宅配を毎週行っていると

家族みたいな信頼関係ができて来るという

素朴な人柄に味わいがある方だ

甲斐さんのレモンや西村さんの手作り梅干しもおいしそうだった

レモンは早速買ったがサラダや晩酌にも役立ちそう

やさいとくらしのキムさんと林さんの夫婦

デザインは奥さんが考えたのだという

奥さん手作りのキッシュは完売の人気だった

農法は山口さんを踏襲しているそうだ

奈良から移住してきた米屋さんと

オーガニックのコーヒーの岡野さん

有機名人から新しい移住者まで尾立地区は

新旧織り交ぜながら、新しい時代のこの地区ならではの農業を育みつつある

ファーマーズ尾立の実力とパワーを

綾・錦原アースマルシェでは消費者の方々もスタッフも存分に見ることができた

是非近々、尾立の農業生産者を訪ねてみたい

これからもシンボル的な存在として綾の農業を引っ張っていただきたいものだ