日本にデジタル時代の巨人誕生!

Zホールディングスの買収・統合のスピードが

加速している

ZOZOの買収は4000億円

LINEとの統合も11月中には合意がなされ

2020年での統合を目指すようだ

今まではヤフーにはこれまで何度もチャンスがあったのに

成長できていない苦悩もあっただろう

 

2019年6月に新社長となったZホールディングスの川辺社長が

指南役と呼んでいるのがアリババの創業者ジャック・マー氏だ

ジャック・マー氏から「もうEコマースの時代ではない」

の言葉が衝撃的だったという。

これからは「データ・ドリブン」と言い切った。

あらゆるビックデータを可視化して成果のあるビジネスに構築することだ

 

その言葉の意味を考えながらまず取り掛かったのが

スマホ決済だった

インドのPtymのシステムを使ったスマホ決済サービスpaypay

わずか1年余りで1900万人の顧客を集めている

私だけの感想だが、個人的な使い勝手はすこぶる良い

コンビニ、書店、小売店などなど一気に広がりを見せる

昨日電気料金の請求書ではバーコードを読み込めば支払うことができた

コンビニでは30秒、銀行では10分はかかる

それが瞬間で完了する

この便利さは使った人でないとわからない快適さだ

日本はまだまだスマホ決済はスタート期に過ぎない

これから一挙に広がっていくことは間違いない

 

デジタル経済で日本NO1を奪取する戦略の上で

ビッグデータを集めるには格好の企業はLINEだった

LINEはチャットでは8200万の顧客を持つ

しかも若い層が多くヤフーとは客層が異なる

LINEpayは3700万人と多いのだが月間利用者数は減少している

しかも成長は鈍化しフィンテックなど開発費用だけは膨らむ

海外戦略も台湾、タイ、インドネシアと一部だけ

内情は厳しい状態が続いていた

 

密かに2社で夏から話し合いを重ね

統合の意思が明確になっていったようだ。

2社の統合でデジタル経済社会でようやく日本の巨人が誕生する

手にする日本のビッグデータで様々な活用を目指す

その未来の道筋は指南役であるジャックマーが創業した

アリババグループを踏襲していくはずだ

 

中国を中心に世界に10億人の顧客を持つアリババ

そして日本に1,1億人の顧客を持つことになるZホールディングス

ジャックマーと孫正義

両氏の相互協力でアジアでのデジタル覇権の道が見えてくるのかもしれない

日本にとって久々に明るいデジタル経済の話題だ

発酵文化推進機構、加藤副会長来宮

NOP法人発酵文化推進機構(会長小泉武夫氏)

の副会長である加藤孝明氏が宮崎市にお越しいただいた。

加藤氏は岐阜県の白扇酒造の社長をされていて

日本一と言われる味醂や日本酒を造られている

大吟醸を楽しむ会でも初回から毎年参加されており

私とも20年以上のお付き合いが続いている方でもある

2年ほど前だったか

加藤社長から宮崎で県という地域で

発酵のネットワークを作られたらどうかとアドバイスを受け

みやざき発酵文化ネットワークを発足できたきっかけの方でもある

向かって右が加藤副会長、左が田北相談役

今回はみやざき発酵文化ネットワークの監事でもある

八興商事の田北相談役にもお越しいただいた

八興商事はシンガポールに事務所や冷凍倉庫を持ち

現在シャトレーゼの物流や

ホクレンの肉などを扱っているそうだ

ようやく軌道に乗ったところだそうで

将来は東南アジアで発酵製品を売り出せれば良いと考えられている

 

話を伺うと加藤社長はラディッシュ100周年パーティにご招待されたそうだ

ラディッシュには3年熟成の福来純の味醂や

花美蔵の日本酒が置いてある

これが福来純、三年熟成させた本味醂です

特に味醂は料理のテリと味の深さを出すには最適の物だ

ラディッシュとも長い関係だそうだ

白扇酒造の日本酒、嵐山吉兆でもこの日本酒が提供されている

 

加藤社長は発酵の分野でも人脈が広く

発酵の知識だけでなく東南アジアを広く発酵の分野で

歩いている方でもある

特にミャンマー、カンボジア、ラオスなどは

発酵のルーツではないかと考えていると話されていた

話をすればするほど加藤社長の博学ぶりには驚かされる

今後もみやざき発酵文化ネットワークだけではなく

様々な分野でアドバイスをいただきたい方である

鳥取すごいライド盛会で終了!

10月20日第3回鳥取すごいライドが

鳥取砂丘展望台をスタートゴール会場として開催された

参加者なんと997名の凄い人数

そのうち197名が台湾からの参加者だ

台湾は鳥取県の誘致活動もあり短期間で大きな成果となって表れた

前夜祭や開会式では平井鳥取県知事もお見えになり

鳥取県の力の入れ方も凄い!

テレビ取材で山本隆弘氏インタビュー

今回の鳥取ライドは運営のサポートを行ったが

何といっても感激したのはエイドポイントのおもてなしの温かさだ

 

特に第2エイドポイントは山本隆弘氏の実家も近くこともあり

地区を上げて、新米のおにぎりと

部位もこだわった鳥取牛のコロコロステーキをふるまっていた、肉らしい味わい!

皆さんの笑顔も素敵だ

お米の美味さは半端ない

何個でもどうぞというサービスぶり

早朝、60キロの米を炊きみんなで握ったホカホカのおにぎりだ

第5エイドの美保地区公民館では

豚汁とお餅、果物と梨のシャーベット

それに郷土芸能の傘踊りの歓迎ぶり

特に第6エイド吉岡温泉では

歓迎白戸太朗の文字も道路に表示され本人も感激をされていた

手作りのおもてなし度が心を打つ!

地元山本隆弘氏の心意気を大いに感じる鳥取すごいライドだった

接待する側の歓迎する心が参加者に与えたほのぼの感と満足感は

必ず次年度の集客につながっていく

最後の到着した親子ライダーとスタッフで記念写真!

そんなことを感じてた素晴らしいライドだった

このライドを参考にして

もっと宮崎ならではの宮崎ライドを考えていきたい

ミ―ファーストの時代(さだまさし)

さだまさしの書いた「やばい老人になろう」という本に

ミ―ファーストの時代のエッセイが

とても共感するのでご紹介したい

ミ―ファーストの時代

僕は「風に立つライオン」にこんな詞を書いた

やはり僕たちの国は

残念だけれど何か

大切な処で道を間違えたようですね

当時の日本の未来を危惧して書いた一言なのだが

あのころから日本の在り方はやっぱりちょっとどこか違ってきた、

ずれているのではないか、そういう思いがたくさんある。

近代社会のへ道を間違えたのは、明治維新のときだろう。

新しい時代への処し方が、この国を大きく変えてしまったのだ。

日新日露戦争、第一次大戦、日中戦争、太平洋戦争という歴史の中で

帝国主義に身を任せたこと、地政学的に言えば英国を手本とした海洋地政学から

中国を目指したがゆえにドイツ式の大陸地政学に変えたという事が

日本の大きな欲望の上の失敗だったと思う。

これほど大きな失敗をしたにもかかわらず、戦後になって日本人は

国家社会主義を実現したのである。

もちろん異論はあるけれど、やはり終身雇用、年功序列、親方日の丸という

システムはもう国家社会主義と呼んで良いだろう。

全員が貧しい時には、それでよかった。

「もっと自由を」と思い始めたころから

戦後の高度成長と「国家社会主義」が崩壊する

そこからさらにアメリカ的資本主義に取り込まれていくのだ。

「やっぱりほら、これで良かったじゃない」

そう思い始めていた時代に、僕は「風に立つライオン」を書いた

バブルの真っただ中、1897年のことである

「残念だけど何か、大切な処で再び道を間違えた」

-そう思えて仕方がなかった

・・・・・・・・・・・・

かってある企業が、世界のティーンエイジャーに

「不安に思うことは何か?」というアンケート調査をしたことがある

どの国も多くの子供が「国の未来」と答えたのに

日本の子供たちでそう答えたのはなんとゼロパーセントだった。

このままでは日本は滅びるとショックを受けた

これも日本という国が間違ってしまった象徴的な出来事ではないかと思う

若い人たちが見ているものは「日本」ではない

あくまでも「自分」なのである。

「ミーファースト」と言っていい。

「自分がこうなりたい」「自分はこうしたい」

「こうなったら恰好いい」「儲けたい」

だから尊敬する人はお金持ち。

金さえあれば、どんな生き方をしていても尊敬されるのである

それは昔から「拝金主義」と呼ばれてきた

日本はいつの間にか拝金国に成り下がってしまった。

金には勝てないという事だ。

確かに、現代社会を生き抜いていくために、だれも金には勝てないかもしれない。

それは責められない。責めるつもりもない。

だがその先の未来を見られないのは、やはり「教育」のせいだと思わざるを得ない

本当の意味での教育をこの国が見失ってしまったのだ。

こんなときこそ、知識が豊富で、どんな頼みも共有してくれ

何か一つスゴイものを持っている「やばい老人たち」から学ぶものがあるはずである。

獺祭 桜井博志会長特別インタビュー

獺祭の桜井会長

独自の視点で酒蔵の経営を変革して

獺祭ブランドを作り上げただけでなく

世界にも獺祭ブランドを確立させた人としても有名だ

NHK逆転人生で6月に放送された

さてその獺祭に9月10日激震が走った

獺祭23万本を自己回収するというものだった

銘柄は獺祭3割9分、獺祭45、等外、等外23

 

獺祭では16.5から17度を15.9から16.1度のアルコール度数まで

通常6%の水を加えて調整する

2人の社員が加水後の撹拌をサボタージュしていた

3月に移動した一人が4月から撹拌をさぼり始め

その後5月に移動してきた一人も追随したとのこと

回収による信用失墜、獺祭のブランド毀損、

等々膨大な経費と共にブランドで最も大事な付加価値が瀬戸際だ

そんな感覚がある

今まで機械で作るから量はどんどんできる

米は磨けばいいという問題ではない

山田錦を買い占めている 等々様々なことを獺祭は言われてきたが

機械でやりながら大事な工程はすべて手作業が獺祭の信念であったはずだ

これがものの見事に社員から崩れたという事実が大きい

 

しかしこれからが数々の逆境を乗り越えてきた桜井会長の本当の腕の見せ所だ

桜井会長は潔く公表を決めた

何より私に誠実であること、それを貫く勇気を下さい との言葉と共に

 

さて桜井会長が7月6日に本音で語っていただいた特別インタビューです

注目されるのはアメリカの蔵の現状だ

昨年のインタビューだとすでに蔵建設にかかっている時期

現在はどうなっているのだろうか?

アメリカでの酒生産の中身はどうなっていくのかなど

桜井会長の率直な意見等面白い話題が満載です!

綾・錦原アースマルシェ10月6日開催

10月6日に綾・錦原アースマルシェは

綾ワクワクファームで開催します。

今回のテーマは未来につなぐ発酵です

みやざき発酵文化ネットワークのご協力で発酵

マルシェでは早川農園や尾立地区の有機野菜

シード宮崎のこだわり野菜をはじめ綾本物アイス工房のアイスや

みやざき発酵文化ネットワークが厳選した発酵食品

そしてダイワファームのチーズなどが勢ぞろいします

またレストランの発酵セッションでは

ケンコー食品の吉田社長が

宮崎の在来種の大豆、みやだいずと出来立ての米麹を使い

みやだいずの味噌づくりをご指導していただきます

一キロの味噌は家庭で1kヶ月熟成させれば食べられるそうです

一人1000円です

早めに申し込みください!

野菜ソムリエの坂東さんの野菜講座

噂のビオワインの香月ワインの香月さんとダイワファームの大窪さんとの

ワインとチーズ講座

山菜アドバイザー野村さんの山菜講座など

楽しいセッションもあります

みやだいず味噌を使用した綾豚の豚汁を

先着100名にふるまいます

レストランで注目なのは発酵メニューの

チキンと野菜の麹カレー

ダイワファームのチーズと綾野菜ピザ

香月ワイン、都農ワイン、世界NO1になったひでじビールの栗黒も登場します

 

ポニーの乗馬も子供さんは楽しめます。子供500円です

10月6日は綾・錦原アースマルシェで

有機野菜と発酵を楽しんでください

小樽の歴史的建造物巡り

10年ぶりに小樽に来た

天気も良いので今日は歩いて歴史的建造物巡り

まずは旧日本銀行小樽支店  1893年

小樽が北海道の金融の中心地だったことが良くわかる建物

設計は東京駅、日銀本店を設計した辰野金吾

今は金融資料館として見学ができる

旧三井銀行小樽支店 1927年

外壁に石積みの5つのアーチを重ねたルネッサンス様式

石は岡山の花こう岩

耐震構造の指針を受けた当時最先端の構造

ここが小樽運河

旧大家倉庫  1891年

石川出身の海産商人、大家七平によって建てられた倉庫

外壁は札幌軟石を使用

マークが印象的だ

雄大で独自の二重アーチは小樽石造り倉庫のシンボルでもある

旧日本郵船小樽支店  1906年

設計は佐立七次郎工学博士

当時としては最も新しい石造洋風建築

日露戦争の講和条約による会議はここで開催された

なぜこれだけ歴史的な建造物が短期に小樽に集中したのか

その理由は3つのことがある

北海道の石炭の積出港として

ニシン漁の最大拠点

ロシアをはじめとする海外貿易の拠点

当時の時代は眩いばかりの賑わいだったのだろう

 

小樽が一気に冷え込む事になるのは

ニシン漁の不良

石炭から石油へのエネルギー革命だ

まさしく半世紀で栄枯盛衰を味わった小樽である

 

街を歩くと観光客が多いが、一歩道を入ると

地方ならではの疲弊した閉まった商店もたくさんある

観光客により光も少しは見えているが

まだまだ全体的には思った以上に厳しい状況のように感じた

黒木本店の尾鈴山蒸溜所

あいにくの雨の天気だったがシーガイアの仙波様のお誘いで

高鍋町の黒木本店にお邪魔した

2Fに通されると黒木信作社長が現れた

思った以上に背が高い

話を聞くと若いのにもかかわらず、とてもしっかりされている

志も高く、社長ならではの信念も明確だ

黒木本店の焼酎造りは農業である

の基本理念と共に循環農業の仕組みを実践されている

挨拶の後は黒木社長が運転していただき施設を案内していただく

ここがリサイクル施設

廃棄物の焼酎かすを利用して飼料や肥料を作って

焼酎―リサイクル―農業―焼酎の

全国でも類がない循環農業を目指されている

その肥料から生まれたのが蘇る大地の会だ

面積は30haという広さ

有機認証を受けた施設でクレソンやハーブなどを生産出荷している

クレソンはようやく採算ベースに乗ってきたそうだ


外にあったエディブルフラワーを食べさせていただいた

葉っぱも花も食べるとわさびのにおいがする

蕎麦の上に乗っけて食べるのもアイデアだと感じた

ここから木城に向かう

絵本の森の近くに尾鈴山蒸留所がある

雨に煙る蒸留所もまた風情がある

ここがスタートしたのは1996年

私は20年ほど前に一度訪れたことがある

以前と変わらず焼酎蔵とは思えないほどの清潔感だ

中に入るとまず驚くのが杉の甑(こしき)

2018年に入れたそうだ

現在はほぼステンレス製なのだが

ここは伝統にこだわり杉で造られた甑だ

甑で蒸され自動で運びながら冷やされ

室に運ばれる

ここが麹造りのかなめのところだ

室を見ると、ここは清酒蔵と言ってもわからないほど

聞くと日本酒蔵を参考にしたと言われていた。

そして木桶でじっくり寝かされ

3種類の焼酎、

芋の山ねこ、米の山猿、麦の山翡翠が出来上がる

近い将来スピリッツやウィスキーにもチャレンジしたいと

意欲的に話されていた

夢は大きく、志は高く、

黒木社長の頭の中にはもっと壮大なビジョンが拡がっているように感じた

これからのますますのご活躍を祈念したい

金融のリバースイノベーション

リバースイノベーションとは

新興国で生まれた技術革新を先進国に導入して

世界に普及させるという発想だ

スマホで決済全てが完了してしまう金融システムこそが

今の日本の銀行にとって大きな脅威になっている

それが金融におけるリバースイノベーションだ

日本の社会では戦後、

銀行中心の間接金融の仕組みがしっかり組み立てられ

それが日本の高度成長のエンジンとなっていった

銀行は全国に支店網を張り巡らして

国民から預金を吸い上げるというシステムが出来上り

資金供給のほとんどが銀行を中心に行われるという

日本の資本主義の形が出来上がった

それが今現在も続いているのだが

さて一方新興国では従来型の銀行という金融システムが普及していなかったため

その制約をバネに模索を重ね、優れた技術を創造していった

だからスマホの普及で

銀行を必要としない金融サービスが一気に爆発的に広がり

中間金融としての銀行は中抜きされていった

これがリバースイノベーションとして今日本に上陸しつつあるのだ

本人確認、印鑑照合、審査、等々銀行のスピード、体制含め

今のフィンテックの技術、AIの進歩を考えると

銀行自体が中抜きされていく世界が近づいている

アリババグループのアントフィナンシャルのアリペイでは

支払がビッグデータとして情報が蓄積され

AIで消費動向や消費予測まで行うことができる

現在顧客は中国を中心に世界で10億人を超えた

当初アリペイでは銀行との連携を模索したが

なかなかうまくいかなかったため独自路線に切り替えた

信用情報の蓄積や活用にも力を入れ

信用力が高いほど優遇されるという画期的なサービスを

2015年からスタートさせた

基本となるのが310の原則だ

申請に3分、審査に1分、それに関係する人間は0

このシステムで事業は一挙に拡大していった

スマホから決済融資に至るまで

今までは金融機関が取り扱うサービスをも

アリペイは一気に構築したのだ

インドのPaytm

2010年にインドで創業した会社だが

QRコード決済ですでに顧客は3億人を突破

またアリババのアントフィナンシャルやソフトバンクが株主となり

Paytmの事業資金をバックアップした。

日本ではソフトバンクとヤフーが

2018年Paytmの事業モデルを逆導入

PayPayとして日本で事業展開を始めた。

これこそが金融のリバースイノベーションだ

事業を始めて一年足らずで700万人の顧客を突破

早急に1000万を突破させ

その先のサービスを見据えている。

これからは「データを持ったところが勝つ」と断言する孫正義氏

その意味では金融はデータが命でもある

だからこそスマホの金融サービスのビックデータは

様々なビジネスチャンスを創り出していく

決済だけでなく保険、融資、信用スコア、証券銀行などAIとフィンテックを活用し

あらゆる事業領域に広げていくことが可能となる

日本の銀行も手をこまねいてるばかりではない

4月19日日本で最大の三菱UFJは

米アカマイテクノロジーズと2月に共同で開発した超高速ブロックチェーンで

あらゆる電子決済に使用する高速基盤の開発に乗り出すと発表した。

金融の次の時代の覇権を取るのはどこか?

その熾烈な争いと共に

日本では今年10月の消費税増と共にキャッシュレス元年として

金融サービスの大変革はさらに大きくなる

銀行だけではなく異業種からの金融への参入含め

次の時代の日本だけではなく世界の金融覇権をどの企業が制していくのか

今後20年を見据えた猛烈な戦いがすでに始まっている

星乃珈琲宮崎店

ドトール日レスホールディングスの高級喫茶店

星乃珈琲が宮崎市イオン近くの通り沿いに昨年の10月にオープンした

いま日本全国で星乃珈琲の勢いをとても感じる

宮崎もオープン当時は大変な賑わいだったそうだが

少し時間が経ったので

落ち着いただろうとランチに行ってみた

外観は蔵をイメージしたような作りだ

内装は茶中心の落ち着いた雰囲気

豪華なシャンデリアや高級感を感じる内装

しかも仕切りが付いた席もあり

ここだと他のお客を気にすることなくゆっくりくつろげる

 

ランチセットを頼むと

通常400円のコーヒーが250円になるようだ

今日は醤油パスタ830円を注文

コーヒーは3種類から選ぶことができる

パスタがアルデンテで予想以上に味が良い

考えてみたらドトール日レスにはパスタ店やオムレツ店もあり

本格的な料理はグループ内で対応できるのが強みだ

もちろん焙煎コーヒーの味もとても良い

コーヒーも入れると消費税込みで1166円

この価格と味だと今まで一ッ葉でパスタで人気だった

A店やB店はお客を奪われることになるだろう・・・

 

土曜日曜は7:30から営業

しかもコーヒー400円を注文すると11時までは

半トーストとゆで卵がサービスで付く

まるでコメダ珈琲のような名古屋的サービスだ

しっかりマーケティング調査してる戦略に少し感心してしまった

 

 

ミニリッチ度  ★★★☆

 

星乃珈琲宮崎店

宮崎市阿波岐原町竹割2278−1

0985−41−5805

9:00〜22:00 月曜〜金曜

7:30〜22:00 土曜日曜