世界にタダの昼飯はない(郭樹清主席)

新型コロナがまだまだアメリカをはじめ

多くの国で猛威を振るっている

しかし金融市場は2020年3月の暴落から急激な上昇を続け、

落ち着きを取り戻している

しかし実体経済の落ち込みと市場との違和感に

個人的にも何となくしっくりこない

コロナショックでの各国の膨大な金融緩和という余剰マネーが

単に流れ込んでいるだけではないのか?

そんな疑問を感じていた時

この人の発言で腑に落ちた

 

6月に中国で開催された陸家嘴フォーラムで

中国の銀行保険監督管理委員会の郭樹清主席の発言

は冷静に真当に金融市場を見ているように思う

 

郭樹清氏は2017年に中国の銀行保険監督管理委員会の主席に就任

当時4400兆円と言われる中国の銀行が抱える問題に

取り組み成果を上げていることが評価されている

2019年10月までの期間に銀行債務は22%低下させた

というから凄腕の手腕の持主である

 

新型コロナウィルスで世界の各国が打ち出した政策と

現状の金融市場について次のように話している

 

最後の晩餐ではなく、未来のために余地を残しておく必要がある

各国が打ち出した財政金融刺激措置は、

規模と程度の巨大さは史上前例がなく、初期作用が甚大で

限界効用は徐々に逓減する

ただ今後一定の政策余地ををあらかじめ残しておくべきである

中国はノーマル状態の金融財政政策を十分貴重と考えており

我々はバラマキはしないし、

ましてや赤字通貨化やマイナス金利は実施しない

 

世界にタダの昼飯はない、

なぜこれほど多くの中央銀行が紙幣の印刷を開始し

無限量の通貨を印刷しているのだろうか?

中国も欧州も、既に政府が金属貨幣を乱鋳造し

経済社会に危機をもたらした教訓を持っている。

さらに言うまでもなく、紙幣が出現して以後、

人類は多くの災難に遭遇してきた

金融業関係者ならわからないはずはなく、

ヘリコプターマネーも対価を支払うことになる

 

金融システムの強靭性は、

通常は経済が強く健全であることの表現であるが

実体経済がまだ回復していないのに、株式市場が高騰しており

このような状況は理解しがたい

国際金融市場と実体経済の背離は、これまでになく顕著である

国内債務は債務ではなく、対外債務こそ債務だ

米国にしてみれば対外債務も債務ではないと述べる

国外の専門家がいる。

本当に長く持続できるのだろうか?

 

インフレは盛会の経済・生活の中で消滅してしまったのだろうか?

国際サプライチェーンの回復には長い時間が必要であることを

考慮すれば、生産要素コストはさらに上昇し、

加えて各国の持続的な需要刺激により貨幣の派生メカニズムが変化し

インフレが捲土重来の可能性もある

 

まさしく正論である

コロナ禍で一挙に債務を拡大してマネーを供給し続ける各国

実体経済とはかけ離れ、維持膨張する金融市場

過去の金属貨幣の歴史を踏まえたうえで

その危うい未来を見通している

世界にはただの昼飯はない

世界各国の中央銀行に正面切ってここまで明快に論じる人物は

現時点ではなかなかいない。

NHKプロフェッショナル(岩佐十良氏)

6月9日のNHKプロフェッショナルはとても興味深かった

自遊人の編集長でもある岩佐十良氏を通して

地方が主役になれることとは何かを再認識させらる番組だった

 

岩佐氏は自遊人という雑誌を始めて

認知されだすと同時に忙しい生活に明け暮れる日々

そんな時にふと思った

自分が豊かだはないと感じているのに

雑誌は豊かさをアピールしている

その違和感が心をむしばんでいった

その時に取った行動は驚くような事だった

2004年1月に会社を東京の日本橋から

新潟県の南魚沼に移転することだった

もちろん岩佐氏自身も移住した

日々変わる大自然の移ろい

そんなすべての物が美しい

 

東京で年収2000万の人よりも、ここで年収350万のほうが

豊かであると思う

2014年南魚沼の温泉旅館を自分で借金して引き継いだ

名前は里山十帖

宿泊はモノ、人、理念が一体となったリアルメディア

重陽なのは発信力と独創性

その先にあるブランド形成までを考え

そこ自体が地域のセンターハブに成りうることだった

この成功が契機となり

様々な全国の地域の問題が岩佐氏に持ち込まれるようになる

 

松本の奥座敷、浅間温泉の老舗旅館をどう復活させるか?

が大変興味深かった

浅間温泉は地元の方が入れる共同浴場がたくさんあるが

維持管理費用の問題や少子老齢化のこともあり

現実には大変修復や維持管理が難しい現状だ

そこで例えば都会の方に資金提供していただければ

一定期間入浴することができるなどの提案を行っている

また旅館は近くのカフェや本屋、雑貨屋などと一緒に

地域の活性化を図られればよいという考え方だ

そこに共同温泉という付加価値も加わるのが今回の目玉の一つとなる

地域の課題が本物の魅力にならないか?

 

コロナ禍で開業も遅れているようだが

ぜひ浅間温泉の壮大な岩佐氏の活性化プロジェクトを目で見て確かめてみたい

地方が主役であること

行き過ぎた針を戻して真の豊かさとは何かを問いかける

そんな岩佐氏の地方での取り組みがこれからも楽しみだ

新富ライチ(森哲也さん)

宮崎県新富町のライチの生産農家の中でも

シンボル的な存在の森哲也さんを訪ねた

12年ほど前から父が栽培をはじめ

その後を受け継いでやっているそうだ

様々な苦労や試行錯誤がありながらも

ようやく4〜5年前から出荷できるようになってきた

現状では新富町で6件のライチ農家がある

ただ季節限定のライチだけでは生活できないため兼業農家がほとんどだ

森さんもトマトも生産されているようだ

2月頃花が咲き

蜜蜂で受粉させて

摘果作業が続き

5月中旬から6月いっぱいが出荷となる

現状の一番難しい問題は病害虫だ

果実の周りにカイガラムシが付くのを除去するのは

手作業しかない

細かい作業だけに大変手間もかかる

早速ハウスのライチ畑を見せていただいた

鮮やかなレッドが美しい

聞けばタイの品種「チャカパット」で皇帝という意味だそうだ

オレンジ色の物はオーストラリアの品種

色は薄いのだが味は濃厚だそうだ

ライチの木は何年ぐらい持つのかを聞いてみた

中国の文献によると100年は持つと書いてあったので

やり方によっては長く持つのではないか

ただ実をつけすぎると木が老化するので気を付けている

採れたてのライチを事務所で出していただいた

これで50グラムの大きさ

ゴルフボールより大きい

糖度は17度程度あるそうだ

皮をむき食べると

果汁があふれてきてみずみずしい

まさに香りが上品で甘くて美味しさが際立っている

ライチ栽培の面積は約3600坪と驚くほど大規模

森さんのざっくばらんの人柄がとても親しみやすい

今後も宮崎や新富の活性化のために

国富ライチのブランド確立に努力をしていただきたい!

基軸通貨の変遷(レイ・ダリオ)

総額16兆円を動かすヘッジファンド

ブリッジ・ウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が

世界の基軸通貨の変遷について語っている

 

オランダから始まり、英国の次は現在アメリカになっている

オランダのギルダーは英国に戦争に負け

フランスの侵攻に見舞われる中で急速に減価した

英国のポンドは基軸通貨の地位の時に2度の減価があり

徐々に弱くなっていった

米国のドルは1933年、1971年と2度の急激な減価と

2000年以降、対ゴールドでのゆっくりとした減価となっている

 

世界の基軸通貨の交代のパターンは2つがポイントだ

1、台頭するライバルに対して、経済的、政治的敗北が脆弱性を生んでいる

2、莫大な債務が存在し拡大しており、それを中央銀行がマネタライズしている

 

現在アメリカ経済は世界総生産の20%

しかしドルは国際取引の60%を担っている

まだ基軸通貨の地位を保ってるが

ドル、ドルベースの通貨支払いシステムが経済規模に対して

大きすぎる

これからは徐々に中国が基軸通貨になるだろう

 

新型コロナウィルス感染拡大のため

経済的ダメージの回復からの復興には

アメリカを先頭に政府が大量の紙幣をすり、債券を買い入れることで

貨幣と債務の両方が膨張していく

この膨大なコストが3年から5年必要となる

 

歴史を通じて政治家は

自分の任期に返済期限の来ない負債を作り上げ

後のことは後任の人々に任せるのである

 

このように見ていくとコロナ後の未来はどうなっていくのだろう

世界の中央銀行が行ってきた金融緩和のつけは

世界的なインフレや貯蓄の向上につながっていく

そして大恐慌の再来となる

コロナと世界(ジャック・アタリ)

新型コロナウィルスで世界の人、モノ、金が止まってしまった

その経済的影響は計り知れないほど大きい

人と物が止まると経済は回らない

しかも今まで常識だったことが完全に逆になってしまった

観光客も都会からぜひおいでくださいと言っていたのが

来ないでくださいの逆になった!

世界も同じだ

会って話してコミュニケーションを取りながら

交渉してきたスタイルも今やテレワークが主流となってしまった

そんな新ライフスタイルにまだ個人的にもなじんでいない

さて日本経済新聞の「コロナと世界」の記事で

世界の知性と言われるジャックアタリ氏

新型コロナが世界経済をどう変えますか?

の質問に対してこう答えている。

危機が示したのは命を守る分野の経済価値の高さだ

健康、食品、衛生

デジタル、物流、クリーンエネルギー

教育、文化、研究などが該当する

これらを合計すると

各国のGNPの5~6割を占めるが

危機を機に割合を高めるべきだ

経済の非常事態は長く続く

これらの分野を犠牲にした企業の救済策を作るべきではない

企業はこれらと関係のある事業を探していかなければならない

世界経済を立て直すのに必要なことは?

第一の優先事項はワクチンと治療薬

この問題はワクチンや治療薬があれば解決し

なければ解決しない

人類史的にみて新型コロナウィルスはどんな意味を持つのか

権力の変容が起きるとみている

歴史上、大きな感染症は権力の変容を生んできた

15世紀、ペストの発生を機に

協会から治安当局に権力が移った

その後の感染症では科学が問題を解決すると考えるようになった

治安当局から医学への権力移転だ

これまで我々はこの段階にいる

新型コロナの対策ではテクノロジーが力を持っている

問題はテクノロジーを全体主義の道具とするか

利他的かつ他社と共感する手段とすべきかだ

私は後者と考える

とても薀蓄のある話だ

これからはテクノロジーが権力を持つ時代になる

そしてテクノロジーの力を使いながら、共感する社会の創造を図るべきだ

ただ使いこなせるかどうかは日本の国民次第だ

一致団結して行動すればコロナ後の社会も見えてくる

マンゴーの花(西都市曽我さん)

西都のマンゴー農家の曽我さんを訪れた

宮崎の完熟マンゴーは西都の曽我さん他

8件の農家で栽培を始めたのがルーツである

ハウスのマンゴーの木には花が咲いている

もう花も終わりかけですと奥さんの久子さん

今年は蜜蜂を23箱ハウスに入れて

受粉を行ったそうだ

一箱20000円程度だから

受粉の蜜蜂代だけでも50万程かかる

ご主人の曽我一敏さんは足の調子が良くないそうで心配だ

さてマンゴーの実はまだ小さいが一杯なっている

小さな実は多いので毎日摘果しながら

大きな完熟マンゴーに育てていくのだそうだ

毎日の摘果も大事なんですと久子さん

5月中順頃からから西都の初物が出てくる

また宮崎にはマンゴーの季節がやってくる

4月16日には太陽のタマゴの初セリが行われ

一箱2玉50000円ほどで落とされた

新コロナウィルスの影響で

需要や景気の冷え込みも予想され

今後のマンゴーの価格も不透明だ

マンゴー農家にとって頭の痛いところである

いろんな問題点はあるが

宮崎の夏は完熟マンゴーから始まるのは間違いない!

健康と経済という2つの恐怖の津波

新コロナウィルスの勢いが止まらない

中国から始まり、イタリア、スペインをはじめ

フランス、イギリスのヨーロッパに広まり

アメリカが死者20000人を超え、今ピークを迎える勢いだ

日本も不気味な拡大が続いて、国民の不安と焦燥は増すばかりだ

 

世界のエコノミストの見方は

新コロナウィルスの影響に対して大きく2つに分かれる

楽観論者は世界各国アメリカをはじめヨーロッパ

日本などはこれまでにない大規模な金融政策を実施するため

新コロナウィルスの終息次第、世界は力強く回復していく

悲観論者は経済の影響は限りなく大きいと言っている

 

さてここで注目の新進気鋭の女性経済学者が

新コロナウィルスの影響について

3月22日に中国版ツィッターに発言したことが話題となっている

金刻羽(ジン・クーユイ)教授

北京で生まれ、アメリカハーバード大学卒業後

ロンドン経済学園(LSE)の経済学教授に就任した

現在世界経済フォーラム(WEF)のヤンググローバルリーダーとしても活躍

父親はアジアインフラ投資銀行(AIIB)の総裁でもある

 

我々が直面しているのは、おそらく世界大恐慌であって、単なる経済の衰退ではない

この後やってくるのは、国家の生産の40%の喪失であって、5%の喪失ではない

 

これはウィルスが直接実体経済に影響をもたらすものだ

もっと言えば金融システムが崩壊する状況が起こってくる

今こそ各国政府は持てる力を全て出す時だ

今国庫のありったけの資金を使わなければ今後は使うべき時はやってこないだろう

 

危機と恐慌の違いはとても大きい

クライシスとデプレッションの違いだ

GDPの5%を失うのと50%を失う違いだ

私見では今回の影響は

2009年のリーマンショック時の10倍程度の規模になるだろう

 

世界でも注目される金刻羽ジン・クーユイ教授の発言

健康と経済という2つの恐怖の津波は

予想以上の大きさと速さで世界に迫ってくる不安を感じている

さてあなたはどう思われますか?

需要の瞬間蒸発はどこまで続く?

欧米の先進国は新コロナウィルスのため

ロックダウンやロックダウン寸前の都市が多い

イタリア、スペイン、フランス、アメリカなど国中で

感染者の押さえに必死だ

アメリカは新コロナウィルスのピークを迎えるのは

4月中旬だと予想されるため

これからが本当の戦いとなる

新コロナウィルスの影響は外出禁止は

一斉休業、休校、国外への移動禁止など

日本でも経済的に大きな影響が現れている

 

1つ目は交通や観光産業だ

航空キャリア、鉄道業者、バス業者などの交通産業

ホテル、旅館などの宿泊業

そして旅行代理店、日本各地の空港ビル、飲食店を直撃している

 

2つ目は世界の生産拠点の休止だ

中国、ヨーロッパ、アメリカ

数々の車産業をはじめ製造業の生産休止が

日本のグローバル産業を疲弊させ、かつ需要も蒸発させている

 

3つ目は影響に伴う金融マーケットの混乱だ

2月12日にNYダウは29551ドルを付けたが

3月には瞬間一挙に18231ドルまで急落した

原油も40ドル台から一時瞬間で10ドル台に暴落した

これに伴いドルキャッシュの資金需要が膨らみ

世界の金融市場はドル不足になり大混乱に陥った

世界での収束が見えるまで不安定な相場が続いていく

 

4つ目が大きい

イベントの中止や延期、自粛だ

オリンピックは一年延期になり、プロ野球、Jリーグも

開幕のめどすら立てることができない現実だ

5月末に島根で開催予定だった天皇皇后両陛下ご臨席の全国植樹祭も

一年延期になった

マスターズは中止、世界自動車ショーも中止となった

いつもの3月の歓送迎会、修学旅行もすべて消えた

今からイベントを行う主催者も終息のめどがどこでつくのか

いつから再開できるのかを時期を見極めることができない

 

4月1日の宮崎日日新聞によると

宮崎観光のシンボルとも言える宮交ホールディングスの3月は

宮崎交通旅行部では前年4億円以上あった取扱高が99、9%減少

貸し切りバスが94,9%の減少

宮崎観光ホテルの売り上げは62,7%の減少と

とんでもない悲惨な数字になっている

観光県宮崎が受けるダメージはそら恐ろしくなるほどだ

 

世界的な株高による資産効果で拡大していた景気は

3月の株価の急落とウィルスの影響による外出禁止で景気と消費は一挙に落ち込み

需要は瞬間蒸発してしまった

新コロナウィルスの拡大は世界中に広まっており、収束の目処はつかない

今は先行きの不安だらけで焦燥感だけが頭の中を回っている

先行きは全く読めない!

KOYUCAFE(新富町)

新富町を世界一チャレンジしやすいまちへ

をスローガンにできたこゆ財団

2017年4月に旧観光協会を法人化して設立された

様々な活動をされているが

街作りにもいろんな活動をされている

久しぶりに訪れたが

商店街も色んな新しいデザインのお店が多くなっている

その中に1年半前にオープンしたという

KOYUKAFEがある

このお店もこゆ財団がリブランディングしたもの

地元の野菜や特産物に光を当てメニューを作られてる

地元で造られている醤油から発想した

醤油麹パスタ

見た目は焼きそばのようだが

食べるとこれはパスタだ

醤油麹とチキンの相性が抜群だ

 

地元焼き野菜を入れたスープカレー

どちらも一押しの人気だという

店長はこゆ財団から出向されている永住さん

永住さんの話を聞くだけで地元野菜への熱い思いが伝わってくる

これからもますますこゆ地域の活性化を拡げていって欲しい

 

 

地元野菜度 ★★★+

 

宮崎県児湯郡新富町富田1−21

0983-32-1150

11:00〜16:00

月曜、第2、第4日曜休み

ジョンズ・ホプキンス大学報告書の予見

ジョンズ・ホプキンス大学の日々発表する

新コロナウィルスの世界の感染者数を

世界中がかたずをのんで見守っている

ジョンズ・ホプキンス大学はアメリカメリーランド州ボルチモアにある

世界屈指の医学部を有する私立大学

世界最古と言われる公衆衛生大学院があり

USnewsの格付が発表されて以来NO1を続けている

実はこの大学は2年前の2018年5月10日に

パンデミック報告書を出していた

その内容とは

GCBRC(Global Catastrophic Biological Risk)

という新しい概念を示していたことである

ウィルスなどの病原体が近い将来

人間社会に破滅的な影響を及ぼす可能性を

予見し警告していたことだ

しかもそのウィルスの7つの特徴は

高い感染力、低い致死率、呼吸性疾患、

医学対策がない、免疫がない

潜伏期間に感染するなどなど

今回の新型コロナウィルスと同じ特徴が示されている

 

さてこの新型コロナウィルスはどのような経過をたどるのだろうか

報告書のディレクターであった大学のジャスティン・レスラー准教授は

パンデミックの第一段階で世界人口の40〜70%が

感染する可能性があると指摘している

 

またIPSの山中教授は新型コロナウィルスの情報発信として

HPを立ち上げられたが

この中でコロナウィルスとの闘いは一年は続くマラソンですと言われている

桜は来年帰ってきますが、人の命は帰ってきませんという言葉が重い

 

この新型コロナウィルスは

日本経済や世界経済に多大な負の影響を与えているが

短期収束ではなく、より長期戦で考えていく必要があるのかもしれない

そうなると世界経済の急激な悪化は

想像するだけでも未知の恐怖の世界が広がる