「次世代に備える」日本5年間最下位!

ヨーロッパ最高の知性と呼ばれる

ジャックアタリ氏の財団ポジティブプラネット

毎年「次世代に備える」という点でOECD加盟の38か国の中で

ランキングを公表している。

 

47のパラメーターでランク付けを行っている

人口、汚職の度合い、報道の自由、女性の地位などなど

つまり国は次世代のために準備しているかの国別ランキングだ

上位を占めるのはスカンジナビアの諸国

アイスランド、ノルウェー、スウェーデンとニュージーランド

驚くべきは最下位の国々だ

35位 トルコ

36位 イタリア

37位 ギリシャ

38位(最下位) 日本

日本の最下位は5年続いているのだという

寂しい話だ

人口減少は加速し高齢化はますますひどくなる

高度成長時代に制度化された年金社会保障制度は

ひずみが拡大し次世代は支えきれない

デフレ脱却のために行った異次元の金融緩和は

経済成長の2%を達することなく

国の債務は1000兆円を軽く超えてしまった

ジャックアタリ氏は日本で会議をすると

女性の姿がないことに驚くという

日本の若者の未来のために再度日本は謙虚に反省し

制度設計をやり直し、実行に移すべき点が数々あるように思う

ジャックアタリ氏の2030年の未来という本を興味深く読んだ

世界はどうなっていくのかを彼なりに見極めている

  1. アメリカ帝国の没落
  2. 次の覇権国の競争はあるが、どこも覇権国になれない
  3. 企業が国家にとって代わる可能性がある
  4. 世界的な紛争が多発する

中国が次の覇権国の最短距離にいるのだろうが

彼は中国は内向きだと否定する

覇権国は世界に向けて広がっていかなければならないのだと

 

この時代だからこそ2030年の日本の未来を見据えた

ジャックアタリ氏の日本への忠告は

真摯に耳を傾けるべき時期だと考える

大根やぐらとべったら漬け

年の瀬を迎えると

宮崎市の田野には大根やぐらがたくさん作られる

これに大根を干して干して漬物にするためだ

宮崎は干し大根では生産量が日本一

しかもこの大根やぐらの風景が

農業遺産といっても良いほどの迫力がある

日本では田野地方と鹿児島の一部にしかないと言われている

大根やぐらと収穫された大根

今年の大根はどうですかと

道本食品の道本社長に聞いてみた

暖かすぎてなおかつ風が吹かない

深刻ですと頭を抱えていらっしゃった

やぐらの内部はこんな感じ!寒い時はストーブを焚く

農業は自然との闘いと言われるが

温暖化が進みすぎると様々な収穫に影響が出てくる

厳しい現実が現場にはある

さて12月から1月の楽しみは

道本食品のべったら漬けだ

南九州産の大根を手作業でむき身にして

麹を入れて漬け込んでいく

1月までの売り切れごめんの人気!

サクサクの食感と程よい甘さは

ご飯のお供や酒のつまみにも最適だ

一本450円なので是非試してほしい限定の逸品である

2019フィンテック100

世界の4大会計法人の一つである

KPMGが2019年度のフィンテック100を発表した。

驚くことにベスト5は全てアジア勢となっている

 

1、アントフィナンシャル(アリババグループの金融部門)(中国)

2、グラフ(シンガポール)配車サービス

3、 JD Digits (中国)  中国大手のEコマースの金融部門

4、 ゴジェック(インドネシア)配車サービス

5、 Paytm(インド) 電子決済サービス (Paypayのモデルでもある)

6、 Du Xiaoman Financial (中国)  百度系の金融サービス

7、 コンパス(アメリカ)不動産テック

8、 OLA(インド)ホテル運営

9、 オープンドア(アメリカ)不動産テック

10、    Oak North(イギリス)デジタル銀行融資サービス

 

この状況を見ると、近い将来

電子決済の分野では中国、インドがリードしていくことは疑いようがない

金融サービスにおいては将来

今までのような銀行業務はなくなっていくのかもしれない

 

配車サービスのグラフやゴジェックの2社もベスト5に入った

配車サービスは巷ではいろいろ言われているが

データドブリンの観点からは

最もデータが集まるサービスであり

今後のスマートシティの構築には欠かせないデータだと思う

つまり配車サービスとはデータだということだ

 

驚くことにソフトバンクビジョンファンドが出資している企業は

フィンテックベスト10のうち7社に出資している

まさにフィンテック企業を丸ごと総取りしている感覚だ

その一点だけは孫正義氏の先見性を感じる

 

残念なことだが

フィンテックの世界では日本の存在感はほとんどない

このような寂しい日本の現状はどうやって起きてしまったのか

抜本的な検証が必要だと思う

綾町・尾立地区文化祭

綾町で色んな事業をやるようになって

有機農業生産者の知り合いも増えた

その中でも皆で頑張っている人たちが

尾立地区の方々である

しかも若者も多くいるのがほかの地区にはない特徴だ

山口農園の山口さんを慕って全国から若者が集まるという

11月24日は地区の文化祭が公民館で開催されるというので

あいにくの雨だったが行ってみた

綾錦原から展望台に向けて登っていき、

展望台を過ぎて下り坂になるがそれでも下っていくと

途中に公民館が見えてくる

ここが文化祭の会場だ

マルシェで頑張ってくれた顔もいらっしゃって嬉しい

公民館の中が野菜や作品の展示スペース

野菜のブーケなどは楽しい

綺麗な展示が野菜に愛情を感じるようでとても素敵だ

外には野菜の販売や

出来立ての焼き芋が食べられる

え!カッポ酒もある

さておもてなしが素晴らしかった

有木さんが打ったそばに

婦人会のメンバー全員で尾立地区の野菜を使った汁を作り

そこにそばを入れて出来上がり

ばら寿司も上品な味わい

皆さんの真心を感じる旨さだった

蕎麦汁は一生で一番美味かった!

手作りの漬物も優しい味

 

興味のある方はぜひ来年行ってください!

ほのぼの感のある満足が得られます。

モナコ公室御用達キャビア記者発表

11月22日宮崎観光ホテルで

モナコ公室御用達キャビアの記者発表がありました。

ジャパンキャビアの坂元基雄社長から

今日からモナコ公国のマークが入ったキャビアを販売します

中身はジャパンキャビアの中の最高級品です

オシェトラを初めて使用しています。

10月にはモナコ公国の宮殿料理長である

クリスチャン・ガルシア氏が来日された際に食べていただいた

予想をはるかに超えた美味しさだと絶賛され

大公に是非食べさせてみたいという事だったと話されました

また10月には皇室行事でアルベール大公が来日され

10月29日に開催されたレセプションでこのキャビアを食べていただいた。

今後輸出が本格化する中で

日本国内ではブランド力があるが

まだまだアメリカやEUではブランド力がない

そのブランディングをジャパンキャビアとして

モナコ公室のキャビアでやっていきたい

としっかり話をされていた。

宮崎から世界へ挑戦するためには

特別なブランディングが必要だと思う

しかもキャビアは富裕層しか狙えない逸品だ

その中でも日本のキャビアはまだ後発であり存在感を作り上げるには大きな力が必要となる

そのための第一歩として期待していきたい

アリババ「世界最高のスマートビジネス」ミン・ゾン著

アリババの前最高戦略責任者であったミン・ゾン

欧州最高の経営大学院の準教授だった2006年に

ジャックマーから直接アリババに誘われ、経営に参画

2017年に退任するまで、アリババの世界への飛躍に貢献した

現在、アリババ教育機関・湖畔大学のトップである

そのミン・ゾン氏がアリババの本を書いた

アリババの強さとは何かを内側から書き記した本だ

タイトルはアリババ「世界最高のスマートビジネス」

本の内容は陰と陽のエコビジネスモデル

陰が機械学習が知性を担う

(データ・インテリジェンス)

陽は無数のプレイヤーがつながる

(ネットワーク・コーディネーション)

C2Bなど戦略を含め詳細にわかりやすく書いてある

 

その中でも私が最も注目したのは

アリババグループの決済部門、アントフィナンシャルだ

ここ2~3年中国に行った方たちから

「中国では現金はいらない!」

全てスマホで完結すると言われる

その具体的な実践論を知りたかったためだ。

広大な中国には銀行の金融インフラが日本や先進国みたいに整っていない

銀行融資も大きな金額(数百万元)からしか融資しない

2002年そのひずみに目を付け、アリババはアントファイナンシャル前身の

アリペイでマイクロファイナンス事業をスタートさせた

タオバオと天猫の売り手が対象だった

融資は100万元(16万ドル)から数百元(50ドル)だった

引き継いだグループのオンライン銀行MYバンクで2016年12月現在

300万社に対して870億元(134億ドル)約1兆5000億円の融資を行っている

 

融資審査はスマホだけで数秒で決定

融資するか?しないか?金利は?

この3つを判断して答えを出し

3分後にはアリペイのオンライン口座に振り込まれる

しかも債務不履行率は約1%と大手銀行より低い

これを可能にしたのは機械学習に基づく独自の融資エンジンだ

顧客が増えれば増えるだけ機械学習アルゴリズムの精度が上がり

債務不履行率が低くなっていく、

これが金融におけるビジネスエコシステムの全貌だ

 

スマホ決済のアリペイで現金を消滅させ、信用スコアで国民をつなぎ

資金提供や海外送金で一挙に顧客を広げていく

このことを一気通貫で実践したのがアリババだ

スマホ決済から関連する金融サービスで一気に先進国を抜き去ったのである

ここには銀行もクレジットカードも全く存在しない世界がある

まさしく「マネー・レボリューション」である!

 

本でも書いてあるが

ヨーゼフ・シューペンタ―が言った言葉が頭に響く

イノベーションは辺境で起こる

それは支配的な構造や論理が中心程しっかり根づいていないからだ

既存のインフラがなく自由度が高いからだ

 

良く言われることだがアリババは中国版アマゾンか?

このことに関してミン・ゾン氏は

アリババとアマゾンは共にeコマース分野の偉大なプレーヤーだ

アマゾンはアメリカの近代的で成熟した市場でイノベーションを起こした

一方アリババは中国の脆弱な経済インフラ、未熟な小売市場の下で

最先端のテクノロジーを活用し、革新的モデルを構築した。

そして顧客価値を生み出したことが

ここ20年の飛躍的成長につながった。

アマゾンとは全く異なるストーリーだ

 

最後にジャックマーの言葉を

2036年までにアリババは20億人の顧客にサービスを提供し

一億人の雇用を創り出し、

1000万社がオンライン、オフラインの商取引を結び付けて

収益力のある事業の支援をし

世界第5位の経済圏を作り上げる

「今日は苦しい、明日はもっと苦しい。だが明後日は素晴らしい日になる」

日本にデジタル時代の巨人誕生!

Zホールディングスの買収・統合のスピードが

加速している

ZOZOの買収は4000億円

LINEとの統合も11月中には合意がなされ

2020年での統合を目指すようだ

今まではヤフーにはこれまで何度もチャンスがあったのに

成長できていない苦悩もあっただろう

 

2019年6月に新社長となったZホールディングスの川辺社長が

指南役と呼んでいるのがアリババの創業者ジャック・マー氏だ

ジャック・マー氏から「もうEコマースの時代ではない」

の言葉が衝撃的だったという。

これからは「データ・ドリブン」と言い切った。

あらゆるビックデータを可視化して成果のあるビジネスに構築することだ

 

その言葉の意味を考えながらまず取り掛かったのが

スマホ決済だった

インドのPtymのシステムを使ったスマホ決済サービスpaypay

わずか1年余りで1900万人の顧客を集めている

私だけの感想だが、個人的な使い勝手はすこぶる良い

コンビニ、書店、小売店などなど一気に広がりを見せる

昨日電気料金の請求書ではバーコードを読み込めば支払うことができた

コンビニでは30秒、銀行では10分はかかる

それが瞬間で完了する

この便利さは使った人でないとわからない快適さだ

日本はまだまだスマホ決済はスタート期に過ぎない

これから一挙に広がっていくことは間違いない

 

デジタル経済で日本NO1を奪取する戦略の上で

ビッグデータを集めるには格好の企業はLINEだった

LINEはチャットでは8200万の顧客を持つ

しかも若い層が多くヤフーとは客層が異なる

LINEpayは3700万人と多いのだが月間利用者数は減少している

しかも成長は鈍化しフィンテックなど開発費用だけは膨らむ

海外戦略も台湾、タイ、インドネシアと一部だけ

内情は厳しい状態が続いていた

 

密かに2社で夏から話し合いを重ね

統合の意思が明確になっていったようだ。

2社の統合でデジタル経済社会でようやく日本の巨人が誕生する

手にする日本のビッグデータで様々な活用を目指す

その未来の道筋は指南役であるジャックマーが創業した

アリババグループを踏襲していくはずだ

 

中国を中心に世界に10億人の顧客を持つアリババ

そして日本に1,1億人の顧客を持つことになるZホールディングス

ジャックマーと孫正義

両氏の相互協力でアジアでのデジタル覇権の道が見えてくるのかもしれない

日本にとって久々に明るいデジタル経済の話題だ

発酵文化推進機構、加藤副会長来宮

NOP法人発酵文化推進機構(会長小泉武夫氏)

の副会長である加藤孝明氏が宮崎市にお越しいただいた。

加藤氏は岐阜県の白扇酒造の社長をされていて

日本一と言われる味醂や日本酒を造られている

大吟醸を楽しむ会でも初回から毎年参加されており

私とも20年以上のお付き合いが続いている方でもある

2年ほど前だったか

加藤社長から宮崎で県という地域で

発酵のネットワークを作られたらどうかとアドバイスを受け

みやざき発酵文化ネットワークを発足できたきっかけの方でもある

向かって右が加藤副会長、左が田北相談役

今回はみやざき発酵文化ネットワークの監事でもある

八興商事の田北相談役にもお越しいただいた

八興商事はシンガポールに事務所や冷凍倉庫を持ち

現在シャトレーゼの物流や

ホクレンの肉などを扱っているそうだ

ようやく軌道に乗ったところだそうで

将来は東南アジアで発酵製品を売り出せれば良いと考えられている

 

話を伺うと加藤社長はラディッシュ100周年パーティにご招待されたそうだ

ラディッシュには3年熟成の福来純の味醂や

花美蔵の日本酒が置いてある

これが福来純、三年熟成させた本味醂です

特に味醂は料理のテリと味の深さを出すには最適の物だ

ラディッシュとも長い関係だそうだ

白扇酒造の日本酒、嵐山吉兆でもこの日本酒が提供されている

 

加藤社長は発酵の分野でも人脈が広く

発酵の知識だけでなく東南アジアを広く発酵の分野で

歩いている方でもある

特にミャンマー、カンボジア、ラオスなどは

発酵のルーツではないかと考えていると話されていた

話をすればするほど加藤社長の博学ぶりには驚かされる

今後もみやざき発酵文化ネットワークだけではなく

様々な分野でアドバイスをいただきたい方である

鳥取すごいライド盛会で終了!

10月20日第3回鳥取すごいライドが

鳥取砂丘展望台をスタートゴール会場として開催された

参加者なんと997名の凄い人数

そのうち197名が台湾からの参加者だ

台湾は鳥取県の誘致活動もあり短期間で大きな成果となって表れた

前夜祭や開会式では平井鳥取県知事もお見えになり

鳥取県の力の入れ方も凄い!

テレビ取材で山本隆弘氏インタビュー

今回の鳥取ライドは運営のサポートを行ったが

何といっても感激したのはエイドポイントのおもてなしの温かさだ

 

特に第2エイドポイントは山本隆弘氏の実家も近くこともあり

地区を上げて、新米のおにぎりと

部位もこだわった鳥取牛のコロコロステーキをふるまっていた、肉らしい味わい!

皆さんの笑顔も素敵だ

お米の美味さは半端ない

何個でもどうぞというサービスぶり

早朝、60キロの米を炊きみんなで握ったホカホカのおにぎりだ

第5エイドの美保地区公民館では

豚汁とお餅、果物と梨のシャーベット

それに郷土芸能の傘踊りの歓迎ぶり

特に第6エイド吉岡温泉では

歓迎白戸太朗の文字も道路に表示され本人も感激をされていた

手作りのおもてなし度が心を打つ!

地元山本隆弘氏の心意気を大いに感じる鳥取すごいライドだった

接待する側の歓迎する心が参加者に与えたほのぼの感と満足感は

必ず次年度の集客につながっていく

最後の到着した親子ライダーとスタッフで記念写真!

そんなことを感じてた素晴らしいライドだった

このライドを参考にして

もっと宮崎ならではの宮崎ライドを考えていきたい

ミ―ファーストの時代(さだまさし)

さだまさしの書いた「やばい老人になろう」という本に

ミ―ファーストの時代のエッセイが

とても共感するのでご紹介したい

ミ―ファーストの時代

僕は「風に立つライオン」にこんな詞を書いた

やはり僕たちの国は

残念だけれど何か

大切な処で道を間違えたようですね

当時の日本の未来を危惧して書いた一言なのだが

あのころから日本の在り方はやっぱりちょっとどこか違ってきた、

ずれているのではないか、そういう思いがたくさんある。

近代社会のへ道を間違えたのは、明治維新のときだろう。

新しい時代への処し方が、この国を大きく変えてしまったのだ。

日新日露戦争、第一次大戦、日中戦争、太平洋戦争という歴史の中で

帝国主義に身を任せたこと、地政学的に言えば英国を手本とした海洋地政学から

中国を目指したがゆえにドイツ式の大陸地政学に変えたという事が

日本の大きな欲望の上の失敗だったと思う。

これほど大きな失敗をしたにもかかわらず、戦後になって日本人は

国家社会主義を実現したのである。

もちろん異論はあるけれど、やはり終身雇用、年功序列、親方日の丸という

システムはもう国家社会主義と呼んで良いだろう。

全員が貧しい時には、それでよかった。

「もっと自由を」と思い始めたころから

戦後の高度成長と「国家社会主義」が崩壊する

そこからさらにアメリカ的資本主義に取り込まれていくのだ。

「やっぱりほら、これで良かったじゃない」

そう思い始めていた時代に、僕は「風に立つライオン」を書いた

バブルの真っただ中、1897年のことである

「残念だけど何か、大切な処で再び道を間違えた」

-そう思えて仕方がなかった

・・・・・・・・・・・・

かってある企業が、世界のティーンエイジャーに

「不安に思うことは何か?」というアンケート調査をしたことがある

どの国も多くの子供が「国の未来」と答えたのに

日本の子供たちでそう答えたのはなんとゼロパーセントだった。

このままでは日本は滅びるとショックを受けた

これも日本という国が間違ってしまった象徴的な出来事ではないかと思う

若い人たちが見ているものは「日本」ではない

あくまでも「自分」なのである。

「ミーファースト」と言っていい。

「自分がこうなりたい」「自分はこうしたい」

「こうなったら恰好いい」「儲けたい」

だから尊敬する人はお金持ち。

金さえあれば、どんな生き方をしていても尊敬されるのである

それは昔から「拝金主義」と呼ばれてきた

日本はいつの間にか拝金国に成り下がってしまった。

金には勝てないという事だ。

確かに、現代社会を生き抜いていくために、だれも金には勝てないかもしれない。

それは責められない。責めるつもりもない。

だがその先の未来を見られないのは、やはり「教育」のせいだと思わざるを得ない

本当の意味での教育をこの国が見失ってしまったのだ。

こんなときこそ、知識が豊富で、どんな頼みも共有してくれ

何か一つスゴイものを持っている「やばい老人たち」から学ぶものがあるはずである。