日本のTPP参加?!


日本は輸出立国である
この大原則をまず考えなければいけない
 
環太平洋戦略的経済連携協定(Trans-Pacific Partnership)
通称TPPはシンガポール、ニュージーランド、チリ、ブルネイでスタートした
今年3月からアメリカ、オーストラリア、ペルー、ベトナム、マレーシアの9カ国の協議に入っている
アメリカが参加を表明したことで日本はどうするか?
激論が交わされてきた
11月横浜で開かれるAPECで
日本もやっと交渉への参加の協議のテーブルにつくことになる
 
日本商工会議所をはじめ経済界では強力に参加を要請
これが出来ないと様々な事業環境の整備で世界に遅れをとることになると
 
かたや農林水産省は農家を始め農業団体は大変な打撃を受けると反撃
農水省の試算では米は90%減、小麦は99%減、牛肉は79%減
豚肉は70%減とあらゆる部分で
壊滅的な打撃を受け食料自給率は14%まで落ち込むとしている
 
農林水産省は国内農業生産規模は4.1兆円落ち込む
経済産業省は輸出が8兆円増加するメリットを強調
TPP参加の光と影が交錯する
 
『国内総生産の1.5%の第一次産業を守るために98.5%の大部分が犠牲になっている』 との
前原外務大臣の言葉も農業関係者を刺激した
 
しかし日本の将来は何で生きていくのだろう
輸出立国である日本は外国の様々な関税は大きな壁だ
TPPに参加することにより関税の壁がなくなるのだ

日本は外国に様々な製品を作っていかなければならない
日本の社会は少子高齢化に拍車がかかり国内の消費は減少の一歩をたどる
世界の競争力も27位とがくんと急落した
世界に物を売っていかないと日本の将来はない
総論賛成、各論反対では世界は日本パッシングになってしまうだけだ
 
貿易の国際化と自由化は時代の流れだ
金融はもう国の壁はない、
これからはすべての業種で国境がなくなり拡がっていくのは間違いがない
 
しかし日本の農業の重要性も大事なことだ
確かにTPP参加により農業は大きな打撃が出るだろう
そのために農家の収入源を補完するきめ細かい政策が必要だ
韓国は農業生産者のために9兆円の巨費を投じる
 
日本ならではの施策で工業と農業の両立を図ることができないか
知恵を絞り日本農業の商品を外国への積極的に売り込み輸出拡大を計る
ターゲットは今から劇的に伸びていくアジアの富裕者層だ
そして若者たちの農業人口をどう定着拡大していくか
日本農業技術者による外国での契約生産などにも目を向け色んな道を模索することこそ
日本の活性化と新たな成長につながることになると確信する

世界の食糧危機が叫ばれる中
日本は積極的に米を輸出しようともせず、減反政策を続け飼料米づくり等を推奨する理屈は世界からみると不思議と言うしかない!
 
サーフィンではないが貿易自由化の大きな波に飲み込まれるのではなく
どう大波を乗りこなしていくかだ
そのためには 現代版 船中八策 の策定が重要である
そのキーワードは こもるな!日本!! だ
 
 

えびの新そば会

新蕎麦のうまい季節がやってきた
宮崎にそばの名店有りと言われるのが
橘通り2丁目にある しみず だ
11月にお店を構えてもう創業20年になるという
脱サラで決意
全国で修行して奥さんの実家宮崎で開業した
最初の5年程が苦しかったが地道にそばの機材を入れていき
機材関係だけで総額で550万ほどにもなるという
そんな努力と苦労もあり何とか一人前になったといわれていた
IMG_3262.JPG 
凛としたそば
しみずのそばはこんな形容がふさわしい
私もいろんなお客さんをお連れするが
みなさんの評価は全く一緒だ
“うまい” の一言
今日はご主人を説得しながら鴨抜きで一杯
 IMG_3260.JPGIMG_3257.JPG
大吟醸でも大変お世話になっているのだが
今回は厚かましくも
えびのの自然食レストランのどかとのコラボレーションをお願いに行った
IMG_3184.JPG
人気ののどかランチ(一汁三菜) 

のどかは中山間地域新産業創出事業の委託事業として
本物の地産地消のお店としてえびの市国際交流センターに8月20日にオープンしたばかり

 IMG_3442.JPG
しみずもえびののそば粉をはじめ椎葉のそば粉なども使用されている
ご主人は忙しい身にもかかわらず快諾していただいた
今回はしみずのご主人のそば会席にのどかの野菜料理をコレボレーション
のどかの調理スタッフも気合が入っている
えびのの新そばの香りと野菜そして日本酒
この上ない贅沢な取り合わせになる!
ほとんど原価なのでお申し込みは早めに・・・
 
もちろん日本酒は私のセレクト
冷でもお燗でも
満寿泉、神亀、浦霞、越の
寒梅、そのほかスペシャルなお酒を楽しみに・・・・・
 
お酒を飲みたい方には嬉しいお知らせ
宿泊は2030円(バストイレ付シングル)でできると言う
場所は宮崎から高速で60分弱
えびのの高速ICから3分ほどのえびの国際交流センター内 自然食レストランのどか
 
11月22日
夕方 6:00受付 6:30 スタート
会費 飲み物込み   4000円
限定 30名 
 
お問い合わせ
自然食レストラン のどか
0984−35−0472
 

ソーラーフロンティア構想の更なる飛躍!

日本のエネルギー自給率はわずか4%
原子力発電を入れても20%という脆弱さだ
日照時間、快晴日数第3位と太陽に恵まれている宮崎県は
地域活性化のために
ソーラーフロンティア構想を2009年に打ち出す
 
その中の中核企業となるのが国際航業グループの宮崎ソーラーウェイ
と昭和シェルグループの宮崎ソーラーフロンティアだ
 
国際航業は2008年に欧州のメガソーラー事業のリーディングカンパニー
ゲオソルの株式の80%を取得
ゲオソルは2001年ベルリンに設立され2004年には
当時として世界最大の5メガワットのメガソーラー発電施設をライピチヒに建設
メガソーラーメーカーとしてヨーロッパに確固たる地位を築いている
 
国際航業グループは
今までの蓄積された技術とゲオソルを活用してグリーンエネルギーの分野に進出
地方自治体や民間企業が保有する未利用地域を利用した
メガソーラー発電事業について開発から運営までのワンストップサービスの提供を目指す
 
宮崎県においては2009年4月にグループ会社の
宮崎ソーラーウェイが宮崎県、都農町とパートナーシップを締結
リニアモーターカーの実験線跡地にソーラーパネルを敷き詰め
メガソーラーの発電を実行中である
 
さて宮崎ソーラーフロンティア、10月13日に驚く記事が載った
CIS系太陽電池モジュールの供給とシステム技術の共同開発で米GEと連携を発表
GEが135年蓄積してきた大規模発電のノウハウを活用して
大規模太陽光発電システムを共同開発する
GEは全世界に発電所を建設するメガ企業だ
そことの連携は計り知れない価値と拡がりがある
 
そして10月15日にはIBMとCZTS(銅、亜鉛、スズ、硫黄、セレス)など薄膜太陽電池セルの開発
について共同開発することを発表した
次々と世界の大企業と連携を組むソーラーフロンティア
それはCIS系太陽電池のゆるぎない将来性の表れでもある
 
どちらも世界に冠たる企業がバックボーンとなり後押ししているのが
宮崎のソーラーフロンティアの中核となる企業である
今からの世界に向かっての宮崎の大きな飛躍が現実のものになりつつある
 
クリーンエネルギーの利用は拡大をするばかり
そんな時代トレンドの中で、ソーラーフロンティア構想が宮崎の地域活性化の大きな成果となるために大事なことは
家庭レベルからのエネルギー自給率アップと太陽光発電の産業の集積だ
太陽の国 宮崎が日本のソーラーフプロジェクトの先頭に立ち、引っ張っていくこ

純米燗酒の会九州場所

博多のホテルオークラで純米燗酒の九州場所が10月17日開催された
火事で大変な被害にあった久留米の旭菊酒造を励まそうと開かれたもの
 
旭菊酒造が火事になったのは5月31日
今年の出荷を明日に迎えた日であった
火災は2時間半燃え続け創業1900年から残る蔵をはじめ
貯蔵タンクなど1600平方メートルを焼いた
蔵の閉鎖も覚悟した原田社長に全国から励ましの便りが届く
励ましに押されて10月には新しい蔵も着工した
 
全国から14蔵も集まり、秋の純米燗酒を楽しんだ
博多では味めての試みではありながら250名ほどの参加は
日本酒ファンにとっては嬉しいことだった
宮崎からも何人か参加されており日本酒のファンの拡大を
感じることが出来た
 
酒もうまいがオークラの調理も頑張って
面白い肴が並ぶ
お酒の会はホテルの協力がないと成功は難しい
今回のオークラのスタッフはそんな意味でも気合いが入っている
席には珍味盛り合わせ(左)と刺身
そのほかの料理は取りに行く形式
 IMG_3405.JPGIMG_3418.JPG
マツタケの炙り焼を始め黒豚角煮、からすみ、ホタルイカの素干、巻き鰤
IMG_3422.JPG
あら煮、ニシンとなすの煮物、がめ煮、など酒好きにはたまらない珍味の数々
しかも着席でゆっくり飲める
 IMG_3410.JPGIMG_3411.JPG
お酒の蔵元は純米の雄、埼玉の神亀酒造をはじめ
大阪の秋鹿、宮城の綿屋、神奈川の隆、三重のるみ子の酒
鳥取の諏訪泉  など御燗ファンにはたまらない銘柄の数々
久しぶりに会う蔵元の皆さんに挨拶しながら
御燗の味見
IMG_3424.JPGIMG_3416.JPG
るみ子のお酒はご主人がお越しいただいていて
私も始めてのご挨拶となった
るみ子さんが自慢していた山廃の御燗をいただく!
じんわり体に入っていくほっこりしたお酒だ
 IMG_3415.JPGIMG_3429.JPG
最後は蔵元の紹介と抽選会があり楽しい宴が終了
博多にもこんなに御燗のファンがいることがわかって大変嬉しい気分だった
旭菊の蔵元さんには是非頑張って再興していただきたい
 IMG_3417.JPGIMG_3412.JPG
博多に来たら最後はラーメン
締めで食べた一風堂のラーメンのまずかったこと!
全国展開をはじめ中国進出も行いチェーンの規模は拡大の一途をたどる
店内の装飾もまさに中国風で派手派手
基本のラーメンの博多元味のスープが完全に乳化しておらず悲しい寂しくなる味
一体どうしたのだろう!
今からの一風堂の行く末が心配になってきた
 
 
 

暴落のサイン!(ヒンデンブルグ予兆)

ヒンデンブルグ予兆と言う言葉をご存知だろうか?
1937年にドイツで作られた飛行船の悲劇がヒンデンブルクと言われているが
この悲劇を元に経済界で呼ばれている言葉だ
 
盲目のアメリカの物理学者
ジム・ミーカはあまり知られてはいなかったが
独自の研究で理論を発表し
いつの間にか暴落の前に現れるサインとして有名になり
ヒンデンブルグの予兆と言われるようになる
 
特に1985年以降25年間、このサインが現れると必ず暴落している
リーマンショックの2008年には6月にこのサインが確定した
 
すべての株式チャートの中で一番恐れられているものが
このヒンデンブルグ予兆だと言われている
 
そのサインとは
 
①ニューヨーク証券取引所で52週の高値更新銘柄と安値更新銘柄の双方が
全銘柄数の2.2%を超えている
 
②この2つの数字のうち小さいほうが75より大きい
 
③10週移動平均線が上昇している
 
④マクレラン・オシオレータがマイナス
 
⑤52週最高値銘柄が最安値銘柄の2倍を超えない(絶対条件)
 
このサインは一日で5つの条件を満たして
さらに36日以内に再度満たすと確定となる
 
実は8月12日にニューヨークで米国市場の投資家ゼロヘッジのニュースレターにヒンデンブルグの予兆が確定したと載った
そのことが
世界の投資家の中で大きな話題となり先行きの不透明感が増大してきた
 
そんな中で、アメリカはドル安を予想以上にに必死で誘導し
おかげでニューヨークの株価も11100ドル台で絶好調である
暴落とは無縁の順調ぶりだ
 
しかし堅調さとは裏腹の近づいている大きな危機が垣間見える
ニューヨーク市場の取引額が激減している、つまり張りぼての株価だ
200万以下の所得世帯が激増している
FRBの不良資産買取拡大は増大するばかり
金銀などの実物資産の世界的な高騰
そして様々なシグナルが転換点を示しだしている
 
ヒンデンブルグ予

田の神さあと真幸米

田んぼの片隅にたたずむ小さな石像
宮崎県えびの市には 田の神さあ と言われる
ユニークな石像が田園地帯に点在している
その数は150ほど・・・・
そのなんともいえない素朴な味わいは人の心をほっとさせてくれる
田の神さあは冬は山の神となり春になると里に下りて田んぼを守り
五穀豊穣の神様として古くから信仰されてきた
さまざまな田の神さあがあるが大きく4種類に分けられる
神官型、地蔵型、農民型、自然石型
写真(左)の神官型は享保10年(1725年)に作られた市内で2番目に古いもの
神官型は宮崎県で始まったと言われている
 IMG_3402.JPGIMG_3398.JPG
宮崎県の南西部にあり鹿児島県、熊本県とも隣接をしているえびの市
四方を山に囲まれ、水資源も豊富なここの田園地帯は
九州でも米どころ(真幸米)としても有名だ
古くから島津の殿様の献上米として、上方の寿司米として
戦時中は天皇家の献上米として様々な話題が出る程の美味しい米であった
 
九州の桶狭間とも言われる有名なえびのの木崎原合戦
島津藩(300)と伊藤藩(3000)との戦いはここのおいしい米所の領地の争いだったとも言われているほど
戦いは島津が勝ち、西郷隆盛は良くえびのに来て狩や温泉に来ていた様だ
 
えびの米の品種はひのひかりだ
この品種は1989年に宮崎県農業試験場で育成され
1990年に品種として登録された
現在では作付面積全国3位という代表的な米の品種である
 
さて今日はえびのの尾山さんにお願いして真幸米の取材
真幸米のブランドは尾山商店のブランドだが
その品質に合うものは4〜5件の農家のものでしか出来ない
その中の中心人物である
えびの市柳水流の東さん宅にお邪魔する
東正実さんは言う
米は土作りと水が命
正月明けから土の掘り起こしをはじめ田植えまでに
4〜5回掘り起こしを行い砂と粘土の一番良い状態の土に仕上げていく
稲の葉の色を見るだけで田んぼの状態がわかるという
土の状態は空気が抜ける、ガスが沸くなど業界用語が飛び出し
なんとなく頭の感覚だけでもわかったような気分になる
田植えは6月10〜20日頃 収穫は10月5日頃から
朝と夕には必ず田んぼに行き、米の状態を見る
そんな手塩にかけたお米の中でも最高品質が真幸米となる
そしてこのお米を食べると真の幸せがおとずれるという・・・・・
IMG_3386.JPGIMG_3381.JPG 
しかし現実には寂しい言葉が続いた
減反、減反と続き
今の状態では若い者は誰も米作りを継がない
今年は米が余り価格も暴落
まだ値段も決まらない
米を作っていたら生活が成り立たないと・・・・・
 
日本人の命であるはずのお米
その米を作っていたら生活ができない現実
中山間地域にとって農業を活性化させなくて地域の活性化はあり得ない
国としての大きな根本的な農業政策の欠陥を浮き彫りにしている気がしてならない
日本の農業が崩れていく
残念ながらそんな印象を持った取材となった

堀木エリ子(和紙の造形作家)

1400年の和紙の伝統をベースに
新しい革新の世界を創造する堀木エリ子
まさに日本の和紙の伝統を想いと技で活性化させている中心人物だ
 
28歳のとき、福井で和紙職人の尊い営みを脈々と受け継いできた
姿を見て圧倒され衝撃を受けた
それが全くの素人から和紙の世界に入るきっかけとなる
2000年4月 (株)堀木エリ子&アソシエイツ 設立
 
和紙の魅力は偶然性と移ろい
和紙と言う素材でその場の雰囲気をどう変え、移ろわさせていくかが大事だという
そこに情緒や情感が醸し出されると・・・・・・
 
手漉きは機械に比べて高いが
手漉き和紙は簡単に色あせない
しかも指で突いても穴が空かない
長く使えば使うほど風合いも増す
そのため長く使う場に和紙としてのインテリアの存在感が出てくる
その方法として建築、インテリアだと
しかしそこに行き着くまでに、燃える、汚れる、破れる、退色する、精度がない
などの和紙の問題点を一つ一つ解決していった
 
紙の文化を建築と融合させる
その壮大な試みのスタートになったのが和紙の茶室だ
黒と白の大きな一枚物の和紙で大胆な作品を作り上げた
これが大変な話題となり、きっかけとなって様々な仕事の依頼が来るようになる
 
彼女にとってエポックメイキングの出来事が2つある
まず技術面ではドイツハノーバー万博 日本館ランカスター蛍
山本容子さん発案デザインによる和紙の車 制作だ 
2人乗りでも126キロ出せる
依頼を受けた1年前はそんな技術は持っていなかった
必ず出来ると信じ、実現できたことは大きな自信につながっていった
 
精神面ではヨーヨーマのシルクロードプロジェクトの舞台美術
貴重な出会いだったヨーヨーマ
彼と話すことで人としてどうあるべきか?
様々な人とのコラボレーションで文化のネットワークを拡げていくことが大事だと実感した
 
最近の活躍では
2006年六本木ミッドタウンのブリッジの光壁
2007〜2009年 展覧会(和紙から生まれる祈り)
2010年3月京都の五花街の一つ上七軒演舞場の緞帳
2010年上海万博日本産業館(ユニチャーム)
 
など様々な話題と注目を浴びている
 
人の役に立とうとして、役に立っていると
実感したときに笑顔になれる  と彼女は言う
 
日本の白い紙は神に通じる
職人さんに言わせると白い紙は不浄な物を浄化する力を持っていると言う
祝儀袋、のし紙、お正月前の障子紙の張替えなど
私たち日本人は、紙の中にそんな精神性を深く美学として慣習として
根付かせている
 
技術開発により和紙が100年後の伝統産業となりうるようなマテリアルを
作り出す
と言われた堀木エリ子さんの顔がとても素敵に見えた

千峻(宮崎市清武)

宮崎市清武加納のメガネのヨネザワ手前の角を右に曲がり道なりに進む
路地を進んでいくと右側に小高い丘に民家が立っているのが見える
迷いながらもやっとたどり着いた
 
ここが古民家レストラン 千峻 だ
秋の小雨が降っている中での風情も悪くない
旧家を改装してゆっくりくつろげる、面白い空間になっている
8月でもう10周年を迎えたそうだ
こんな奥まった場所で有難いことですとおっしゃっていた
 IMG_3372.JPGIMG_3380.JPG
さて料理は地産地消で季節の旬の物を上手に使い
特に女性受けが良いメニュー構成で
健康にも気を使った淡白な味付け
 IMG_3373.JPGIMG_3377.JPG
前菜   竹籠がかわいい
出し巻き、グラタン、桜ご飯とえんどう豆のすり流し(色が綺麗だ)
野菜の炊き合わせ
ご飯、味噌汁、デザート、珈琲
残念なのはおいしさも普通で特徴がない
メニューの構成も若干の疑問点が残る
これで1370円は安いとは思うが
 
こんなところに和食のお店が・・・・
のどかな田園風景を眺めながら
時には違った空間で団欒を楽しむのもまたいいものだ!
こんなレストランが少しずつ県内の中山間地域に増えていけば
地域の活性化も徐々に上向きになっていくのだが
 

IMG_3378.JPG

千峻
宮崎市清武加納乙518
電話 0985−85−2276
火曜休み  11:30〜14:00  18:00〜21:30
 
意外度   ★★☆

悪人(吉田修一)

朝日新聞夕刊に2006年3月から2007年1月に連載され
毎日出版文化賞、大佛次郎賞をダブル受賞
かねてから注目していた作家 吉田修一がよりスケールアップした作品
遅ればせながらやっと読み終わった
 
通常の乾いた日常生活の中で
誰もが悪人に落とされる時や機会が待ち受ける
人間関係が稀薄な現代社会の中で社会のひずみ(出会い系サイト、マルチ商法)
が様々な形で描かれ、それが田舎の風景と重なり合っていく
 
本の半分まではイントロが長かったが
2人の出会い、殺された家族の描写あたりから
一気に生き生きと情景が目に浮かぶようになってくる
刹那的な男女の感情の機微が、自然にフラットに体に吸収されていく
 
この小説の2つの文章は私の胸を揺さぶった
そして瞬間的に出てくる涙は止められない
 
自首しようとする祐一を引き止める光代
 
私だけおいていかんで・・・
 
私ね 祐一と会うまで一日がこげん大切に思えたことなかった
仕事しとったらあっという間に一日が終わって
あっという間に1週間が過ぎて
気が付くともう1年
わたし今まで何しとったんやろ
何で今まで祐一に会えんかったんやろ
今までの一年と祐一と過ごす1日やったら、私迷わずこの1日を選ぶ
 
殺された家族の父親がつぶやく
 
あんた大切な人がおるね!
その人の幸せそうな様子を思うだけで自分まで嬉しくなってくるような人たい!
 
今の世の中、大切な人がおらん人間が多すぎったい
大切な人間がおらん人間は何でも出来ると思い込む
自分には失うものがないから、それで自分が強くなった気になっとる
失うものがなければ、欲しいものもない
だけんやろう
自分を余裕のある人間だと思い込んで
失ったり、欲しかったり一喜一憂する人間を馬鹿にした目で眺めてる
そうじゃなかとよ!
それじゃ駄目とよ・・・・・・
 
痛く、切なく、優しい小説だ
現代社会は無意識、無関心にな

狭野神社(高原町)

心の安らぎを求めるときに行きたくなる神社がある
そこは宮崎県高原町にある狭野神社だ
 
神武天皇が生まれ、幼少のときに遊ばれたと言う皇子原の入り口にある神社だ
孝昭天皇(紀元前475年即位)の時代に皇子原に創建されたと伝えられる
そう考えると2500年ほどの歴史もある由緒正しい神社だ
IMG_2633.JPG 
数度にわたる霧島山の噴火により
社殿の焼出と遷座を繰り返し現在地になったのが1610年と言われる
島津氏の崇敬を受け社殿の改修や寄進が行なわれた
 
長い参道を歩き始めると穏やかな気分になる
参道の両側には巨大な杉がずらり並ぶ
まさに歩くだけで森林浴が出来る感じだ
思わず深呼吸!
 
1898年には高木兼寛による宮崎神宮の大造営が始まったが
このときに使われたのが樹齢400年にも及ぶと言われる狭野杉だ
宮崎神宮完成時にそれまで宮崎神宮で使われていた本殿が
狭野神社へ移転された
そのため宮崎神宮別宮とも言われる
 
参道からひっそり奥まった社殿の入り口へ・・・・・
菊の紋がすがすがしい
中に入ると厳かながらゆったりとした時の流れを感じれる豊かな空間が広がる
静かに瞑想をする場所としても最適かもしれない!
 IMG_2634.JPG
社殿そのものは全体的にこじんまりとしているが
気品と揺るぎない雰囲気があるのはその辺りも理由の一つかもしれない
 
12月第1週の土曜日には真剣で舞われる狭野神楽を見ることが出来る
 
さて2009年7月に神社近くの花堂川のほとりに杜の穂倉がオープンした
農事組合はなどうが地産地消、農工商連携で出来た施設だ
手ずくりの米や味噌が人気だ
IMG_2629.JPG
将来は農家レストランや宿泊施設も作る計画
町おこしの夢は更なる地域活性化の道へと拡がって来ている