まんご屋(宮崎市)

タイ・バンコクは私の好きな街のひとつ
バンコクに行くと活気と熱気が凄い、しかも若い!
このことだけでも
タイはアセアンの成長センターになると確信してしまう
しかもリゾート気分でゆったりできるホテルが多いところが気にいっている
 
宮崎にもタイ料理の店がある
今日は中心地の若草通りの横の
ビルの2Fにあるまんごやに初めてお邪魔する
IMG_2317 
まずはシンハとチャンビアのタイビールで乾杯
青パパイヤのサラダのソムタム
春雨サラダ
そして手羽のから揚げ
IMG_2318IMG_2324 
トムヤンクン
辛さと酸味とうまさが一体となり濃厚な味だ
 IMG_2326
 
パッタイ
さっぱりして美味しい
これにライムを絞って食べるとまた美味しさが際立つのだが・・・・
 IMG_2332
最後に人気だというグリーンカレー
ココナッツミルクがうまくミックスされて
マイルドな味付け
もう少しスパイスが欲しいところ
 IMG_2333
タイ料理は複雑な味が特徴だが、日本風にアレンジしている
ご主人が真心こめて調理をする姿がとても好印象
奥さんのさりげないサービスも程よい
もうオープンして10年以上もたつのだという
全体的にマイルドな味付け
私はもう酸っぱさ辛さなど等、少しスパイシーな味のほうが好きなのだが・・・・
 
思わずバンコク、サイアムスクエアーにある人気のお店ソムタムヌアを思い出した
ここはタイ料理の美味しさを教えてもらったお店!
そんな本場タイの味をちょっぴり思い起こしてくれるお店だ
 
 
 
マイル度    ★★★☆
 
 
まんごや
宮崎市橘通東3-6-3
0985-31-2586
18:00~深夜2時
不定休

アシックスの快走!

アシックスが世界のランナーの支持を集めている
ランナー用のランニングシューズのシェアでは日本で第一位
アメリカと欧州でも第2位となってる
機能と品質と豊富なラインナップが世界のランナーに受けているようだ
しかも高価格でも売り上げが快調というのは
ブランド力もパワーアップしてきている証拠でもある
 
スポーツメーカーの世界ランキングを見てみると
第一位  ナイキ (アメリカ) 2兆5300億
第二位  アディダス (ドイツ)  1兆9300億
第三位  プーマ  (ドイツ)   4000億円
 
ナイキとアディダスがダントツの1位、2位を占めている
 
さて日本のアシックスがその3位の壁に挑もうとしている
アシックスの2014年12月期の売り上げは3540億
2015年は4200億円を目指す
ニューヨークに出した旗艦店でも
世界規模のマラソンブームや健康志向などもあり売り上げは絶好調だ
しかも東京オリンピックのスポンサーにも名乗りを上げた
2016年のリオでもスポンサーとなる
 
2015年2月には神戸のアシックススポーツ工学研究所に新館を立てた
この研究所は高橋尚子のシューズを生み出したところとしても有名
今ブームのトレイルランのために実験設備も導入
ぞくぞくと新しい独自のシューズを開発していく
アシックス製品の開発の特徴は前モデルの機能性を7~8割は維持しつつ
その他の機能性を向上を目指す点
つまり新モデルになっても違和感なく走れることを重視する
設計理念は IGS  (Impact Guidance System)
運動してる足が目的とする動作を行うための必要な機能が全て盛り込まれた理念だ
アシックスの核となるシューズにはIGSのロゴが入っている
 
ランニングシューズに関しては世界のトップブランドだ
ただこれから世界の第三位を目指すためには
大きな課題はアパレル分野の販売拡大だろう
 
アシックスの名前の由来は
創業者 鬼塚喜八郎氏が
古代ローマの詩人 ユベナリスの
健全な精神は健全な体に宿る 
(ANIMA  SANA IN CORPORE SANO)に感動して
その頭文字を取ったものだそうだ
 Aはアルファベットの最初の文字でもあり、スタートの意味合いもあるのかも・・・・
 
 
 

英国式庭園(宮崎市)

1999年宮崎市でグリーン博が開催された
現在のフローランテ宮崎からテニス場、芝生広場、英国式庭園までの
広いエリアを会場に3月末から2ヶ月間様々なガーデニングやイベントが行われた
 
宮崎県と宮崎市の職員で事務局を作り
島崎局長以下大変な苦労を重ねられ、大成功した事業だ
準備に約3年間、本番で2ヶ月
私も広報、運営、イベントのプロデュースを担当させていただいただけに
私にとっても苦労もしたが,忘れられない印象深い事業である
そのグリーン博の目玉の一つとなったのが英国式庭園だ
 
英国の2大フラワーショーといわれる
ハンプティンコートとチェルシーの両方で
ゴールドメダルを受賞したロビン・ウィリアムスがデザインしたもの
その英国式庭園を宮崎公園協会の吉田さんはじめ
当時のグリーン博メンバーが精魂こめて再度作り上げたという
 
今日はすがすがしい天気
久しぶりに出かけてみた
英国式庭園の近くには駐車場もできており便利だ
IMG_2354 
IMG_2355
入り口の庭はコテージガーデン
田園に暮らすイギリスの庭を再現している
 
フォーマルガーデン
イギリスの伝統的な整形式庭園
石の彫刻も素敵だ
 結婚するカップルの写真撮影も多いよう!IMG_2339
IMG_2338
 
その横はメドゥガーデン
牧歌的な雰囲気
羊も昔のままで懐かしい
 IMG_2342
新緑と豊かな庭のたたずまいが素敵だ
ホーリーバジルのハーブティとアールグレイの紅茶を注文
時間がゆっくり流れているようだ
 IMG_2350
IMG_2351
入梅するまでは
気持ちの良い陽気が続く
新緑の中で癒しのひと時を過ごされるのも良いかもしれない

みかど(那覇市)

琉球放送本社ビルの通りをはさんだ
斜め向かいに沖縄の名物食堂がある
看板はギンギラギンだが
おばちゃんたちが24時間沖縄の家庭料理を作ってくれる
IMG_2288
24時間営業というからびっくり!
店内はこぎれいで、
24時間営業にありがちな荒れた雰囲気は全くない
 
愛嬌の良いおばちゃんたちが
注文を受け次々に料理に取り掛かる
おふくろさんがたくさんいる感じでなごめる
 
まずは沖縄といえばオリオンビールだ、乾杯
 IMG_2285
ここが発祥だというちゃんぽん 600円
沖縄のちゃんぽんは麺ではなくご飯に
野菜がたっぷり乗っているもの
キャベツ、たまねぎ、青菜、もやしなどを炒め、
沖縄そばのスープ、醤油、砂糖などで味付けし
ハッシュドビーフを散らしてある
甘辛くて美味しい
まさしく沖縄のソールフードだ
 IMG_2287
 
ゆし豆腐定食 650円
さっぱりしたスープにくずした豆腐がたっぷりと入っている
このスープを飲むだけで
疲れが取れていく感じだ
沖縄の優しさが体に染み込んでいく
玉子焼きや鮭もありバランスの取れた定食だ
ご飯は少なめにしてもらった!
IMG_2312
 
今回の沖縄では一番好きなお店だった
朝食からランチ、夜まで見事に使いこなせる
オールマイティの郷土色豊かなおふくろ食堂だ
また来たい!
 
 
 
シマンチュ度   ★★★★
 
 
みかど
那覇市松山1-3-18
098-868-7082
無休、24時間営業
 

Lampada(沖縄・南城市)

このレストランの扉を開いた風景に
驚かない人はいないだろう!
自動扉が開くと、
そこには眼下に広がる沖縄の海と絶景が歓迎してくれる
イメージ的には地中海ムード満点
沖縄でも有数の隠れ家的なお店
この絶景を楽しみにカップルのお客さんが多いとか・・・・
レストラン名も Lampada
名前からして色気がある
IMG_2308IMG_2293 
しばしの間、風景に見とれ
それからやっと注文
 IMG_2309
ここは白ワインとパエリアを頼む
パエリアの彩がなんともいえない!
パエリアのさわやかな美味しさと白ワインが良くあう
 IMG_2305
IMG_2306
 
私たちがいる間にカップルが続々来店
すぐいっぱいになってしまった
沖縄に行かれたら
こんな絶景の隠れ家もまた違った沖縄の旅の楽しみ方だ
 
 
 
地中海度   ★★★☆
 
 
Lampada  (ランパダ)
 
沖縄県南城市佐敷字つきしろ1663
098-949-1751
12:00~23:00
不定休

TSUKEMEN LIVE 2015宮崎

楽器本来の生音にこだわったLIVEを展開し
全国をはじめ、世界にも活躍の場を広げているTSUKEMEN
2とのバイオリンとピアノの3人で織り成す豊かな感性は
聞いたものを虜にしてしまう・・・・
 
国内だけではなくニューヨーク、韓国での公演を成功させ
2014年3月には名門シュトゥットガルト室内管弦楽団と
TSUKEMEN完全オリジナル楽曲で共演
2014年10月にはアメリカ・ロスアンゼルスでの単独公演
そして2015年3月には
クラシックの殿堂といわれるオーストリアのウィーン楽友協会でLIVEを実施
今迄で300回を越えるLIVEコンサートで培われた実力は
一度聞いたら、見るものをとらえて離さない!
 
2014年9月の感動的な公演から一年
TSUKEMENがまた宮崎に帰ってきます
今年は3人の作ったオリジナル曲をベースに
TSUKEMENという新たな音楽を生み出していきます
 
                           LIVEテーマは ~FRONTIER~
 IMG_0101
 
 
KENTA
熊本県出身
5歳からバイオリンを始める
2007年東京音楽大学を卒業
おばあちゃんが宮崎在住
 
SUGURU
広島県出身
4歳からピアノを始める
2010年3月に桐朋学院大学音楽部研修生修了
パワフルかつ繊細さあふれるピアノは必見です
 
TAIRIKU
長野県出身
4歳からバイオリンを始める
2010年桐朋学院大学音楽部大学院を卒業
さだまさしの息子
 
TSUKEMENメジャーデビュー五周年を記念して、初のオリジナルアルバムを
4月22日リリース
また4月23日12:00〜12:30テレビ朝日系列「徹子の部屋」で放送
お楽しみに!
 
TSUKEMEN LIVE 2015宮崎
 
メディキット県民文化センター演劇ホール
 
9月18日 開場18:00 開演18:30
 
4500円(税込み)全席指定
 
いよいよ6月15日発売開始!!
 
プレイガイド
メディキット県民文化センター
宮崎山形屋
イオンモール宮崎(9月5日まで)
チケットぴあ  (Pコード 260-432)
ローソンチケット  (Lコード 84893)
セブンチケット
イープラス (ファミリーマート)
 
お問い合わせ  地域活性化プロジェクト  0985-31-7086
 
主催  (株)地域活性化プロジェクト、RKK熊本放送
後援   MRT宮崎放送、キングレコード
 

てんtoてん(那覇市)

沖縄はもう夏だ
日差しの強さが違う
沖縄空港の賑わいも想像以上だ
しかも国際色豊かだ
アジアにおける物流拠点空港としての
重要な地位を固めつつあるように思える
IMG_2282 
市内中心地の国際通からタクシーに乗り
狭い路地を何回も回った末に着いたのがてんtoてん
高台にあり、外観は緑のアイビーにすっぽり覆われている
扉を開けてみると中は穏やかな空気が流れている
インテリアのセンスも良い
IMG_2280 
座って沖縄そばと黒米のおにぎりを注文
緩やかな時間が流れる
ほっと一息つける場所だ
ここの蕎麦は無化調でつくっている
体に優しいスープ
平打ち麺がスープに良く絡んで豊かな味わいだ
 IMG_2276
古代米のおにぎりも健康によさそうだ
豚味噌もついているのが嬉しい
ここまでこだわるなら、おにぎりの味付け海苔が少し残念だ
 IMG_2279
今日は沖縄そばを食べながらカフェ気分だ
 
 
たおやか度  ★★★☆
 
 
てんtoてん
 
那覇市織名4-5-2
098-853-1060
11:30~15:00
月曜休み

食の産官学連携プロジェクト

食の産官学プロジェクトが昨年4月に
鹿児島県鹿屋市の鹿屋体育大学そばに誕生した
このプロジェクトは
国立大学法人 鹿屋体育大学、鹿屋市、
そして民間の(株)バルニビービの連携プロジェクトで
その名を鹿屋アスリート食堂という
とてもストレートな名称でわかりやすい!
まさに食の地域活性化戦略である
IMG_2259 
鹿屋市は豊かな鹿屋の食材の流通拡大と情報発信
鹿屋体育大学はスポーツ医学に基づくメニューを開発
そして調理や運営を民間が担当するというプロジェクトで
現在は東京でも展開中のようだ
 
食事の内容は
主菜3品+ご飯+汁物
 
主菜は常時10~15種類の中から
自分の健康や体調に合わせて、肉、魚、野菜の中から選ぶことができる
店内のイラストも朝から就寝までのイラストが描かれておりシンプルながらとても可愛い
IMG_2257 
ご飯は白米かアス米の選択だが
アス米は鹿屋産イクヒカリの胚芽米に
白米、ヌギア、押し麦、キビ、黒米を配合したもの
 
今日の汁物はあら汁だったが時間ごとに汁物も変わっていく
 
このセットで850円
鹿屋体育大学の学生だと500円という割安な設定だけに
学食気分で立ち寄れる
 
時間はお昼時だったせいもあり
どんどん客さんが入ってくる
私の選んだメニューは
一押し人気の豚肉のしょうが焼き
サバから揚げの塩レモン
そして小松菜ヒジキの3品
 IMG_2252
レシートに注目
このレシートには食事のカロリー計算が出てくるのだ
これで678カロリー
しかも
たんぱく質や糖質、脂質、ビタミンC、鉄分、塩分、植物繊維まで
出てくる優れものだ
 IMG_2251
ただコンセプトはしっかりしているのだが
調理がマニュアル化されており
所詮ただ作っているというレベルに終わっている
運営上仕方がないのか
それがとても残念
客層は熟年のおばさん層と学生さんが中心
 
食卓には黒酢が置いてある
鹿屋産の黒酢は健康にも大変良いようだ
 IMG_2255
健康と美しさを支えるバランス定食は
今からの主流となるだけに、今後の展開に期待したい
 
 
 
健康バランス度   ★★★
 
 
鹿屋アスリート食堂
鹿児島県鹿屋市古里町594-1
11:30~14:00  17:30~21:30
無休

命をつなぐ映画

風に立つライオンの歌を聴いたのは
宮崎にあるかすみというスナックで2011年のことだった
かすみのママはさだまさし宮崎の後援会長を自他共に認めている存在
 
アフリカに行った医師が
日本に残した恋人に宛てた手紙の形でさだまさしが歌詞をつけた曲だったが
アフリカの大自然の雄大さや素晴らしさと
曲の壮大さと歌詞の心の素直さが印象的で
いつまでも耳と心に残った曲となった
さだまさしが1987年に作った名曲だ
ヒットはしなかったもののじわりじわりと売れ
今ではさだまさしを代表する曲の一つとまで言われている
 
聞くとそのモデルは今宮崎在住で
その名を柴田紘一郎先生という
現在サンヒルきよたけの施設長である
 
柴田先生はさだまさしのお父さんと親友で良く長崎で飲んでいたようだ
その飲み会にさだまさしはおつきあいをしながら
柴田先生のアフリカでの話を聞いていたようだ
それが12年の期間を経て1987年に歌になり
2011年の東日本大震災を機に
命をつなぐをテーマにさだまさしが構想を考え
25年の期間を経て2012年に本となり出版された
このころから映画化の動きが始まっていく
そして3年の月日を経て映画となったのがこの『風に立つライオン』である
まさに構想から40年で歌、本、そして映画が完成したのだ
 
主演した大沢たかおの想いもすごかったようだ
どうしてもこれを映画化して主演したい
彼の想いが作品となったことは
企画に大沢たかおのスーパーが出てくることでもよくわかる
映画自体は小説を忠実に再現している
それを生かした三池監督の直球の凄さ
三池監督はこんな人間ドラマも取れるのだと証明してみせた作品ともなった
 
長崎大学から恋人を残しアフリカの医療現場に派遣される航一郎
まるで戦場みたいな医療現場で
今までと違ったショックを受けながらも医者としての使命に火がつく
くじけそうになる自分自身に頑張れと大声で叫び続け
ケニヤの子供たちとの交流が少しずつ広がっていく
 
少年ながら麻薬を打たされ、戦場で人殺しをしていたンドゥング
航一郎の温かいまなざしにいつしか少しづつ彼も心が開いていく
クリスマス、サンタクロースになった航一郎からの銃のプレゼントに
ンドゥングは銃を火に投げ込み初めて告白する
僕は9人人を殺した
医者なんかになれるはずもない
航一郎は言う
9人殺したのなら一生かけて10人の命を救え
未来はそのためにあると・・・・
そして航一郎は聴診器をンドゥングの首にかけてあげた
 
航一郎はその後、銃撃で行方不明になるが
ンドゥングは医者の道を目指し医者になった
2011年直後東日本大震災の被災地を訪れ子供に声をかける
私はミケランジェロ航一郎ンドゥング、医師ですと
 
命をつなぐリレーは日本からアフリカに渡り
アフリカからまた日本に戻ってくる
この壮大なヒューマンドラマが目頭を熱くする
 
大沢たかおのこの映画に対する想いが演技にも良く現れている
恋人役の真木よう子の抑えた演技もいい
最後まで行方不明となった航一郎の帰りを待ちながら
ケニアの孤児院を育て守った看護婦役の石原さとみも存在感がある
 
今の日本の医療現場も大きな問題を抱えている
中山間地域の医師不足だけではなく
国際的には戦場の場所も多く
日本以上に世界は医師不足の現実の大きな問題が横たわっている
 
映画のエンディングでのテーマソングを観ながら
人間とは何か?
人生とは何か?
そして想いとは何か?
いろんなことを自分自身に淡々と問い詰めてくる感動的な映画である
 
この映画はできるだけ今の若い世代に見て欲しい
次の日本を担うのは若い世代なのだから・・・・・・・
 
そして最後に
スペシャルサンクスの最初に柴田紘一郎の字幕が出てくる
柴田先生という存在がいなかったら
歌も本ももちろんこの映画もできることはなかた
改めて柴田先生に感謝しながら映画館を後にした

浜浜対決

4月13日BSフジのブライムタイムで夜8時から10時まで
徹底討論アベノミクスと題して
浜田宏一内閣官房参与(イエール大学教授)と
浜 矩子(同志社大学大学院教授)との討論が行われた
 
アベノミクスの理論的支柱であり
政府の大久保彦左衛門のような存在の浜田氏と
国が金融緩和政策をやるべきではない
アベノミクスをアホノミクスといってはばからない浜 矩子氏
2人の討論は非常に興味深かった
 
円安が進み株高が進んでいる
この現状をどう思うか?
 
浜田氏
市場にお金が増やしたことにより、株高になり
実体経済も良くなってきている
 
浜 矩子氏
金融緩和や円安でしかも株髙からスタートするのは邪道だ
しかも今の日本の経済実態を反映していない
 
まずは金融緩和、円安で株高、そしてGPIF、日銀のETF購入などで
株高を演出しているように見える
これは官製相場ではないのか?
 
浜田氏
株高で実体経済もかなり良くなってきている
安部政権になり100万人ぐらい雇用が生まれている
これはいまだかってなかった事だ
そのことをよく理解して欲しい
 
浜 矩子氏
政府主導で株高に導く政策自体が間違い
毒をもって毒を制す政策はやってはいけない
中身が伴っていない株高だ
景気回復の実感が国民の大多数は感じていない
 
円安に関してはどうか?
 
浜田氏
金融緩和がうまく働いているが
購買力平価からするとかなり円安に進んでいる
大体購買力平価から見ると日本の円は一ドル100円~105円程度だろう
 
浜 矩子氏
なぜここまで円安に誘導しなければならないのか?
全く理解できない
どんどん円安を目指すという政策こそ時代錯誤
アメリカは債務大国、日本は債権大国
債権大国の通貨は高くなるのが当然で
マッチしない方向に流れていることが良くない
 
黒田金融緩和から2年たって
物価上昇率が目標の2%が0%
しかも企業の機械受注が減ってきている
これはなぜか?
 
浜田氏
アベノミクスの第3の矢が働いていない
日本がとめているからだ
日米の法人税が一番高い
消費税よりも法人税が大事だ
これは内閣が決断すればすぐ出来る
これを下げれば良くなると考える
 
この討論はどちらも持論を展開するだけで
かみ合わなかったが見るほうとしては
どちらの立場もしっかり理解できたように思う
浜田氏が購買力平価で見ると妥当は100円から105円の発言は
大きなサプライズとなった
金融緩和からはじめての政府筋から出た円高誘導の発言となった
また浜 矩子氏に対してあなたの書かれた国債暴落、ハイパーインフレなど
起こっていない
あなたは狼レディだとの発言に
冷静に対応していた浜 矩子氏の大人度も気持ちが良かった
 
アベノミクスもそろそろ剣が峰に来ているように思える
浜田さんすら第3の矢の規制緩和が不十分だという意見だ
浜 矩子氏の予想はたしかに現在はずれているが長期的には正論だと思う
さて皆さんはアベノミクスに対してどちらの立場が正しいと感じられますか?