武ちゃん(銀座)

銀座4丁目の三越の裏、

王子ホールの横の通りに銀座の焼き鳥の名店、武ちゃんがある

1953年(昭和28年)に屋台から始めた焼き鳥屋

1957年(昭和32年)に現在の場所にお店をオープンした

歴史は60年以上

店構えは何とも変哲もないのだが

お店に入った瞬間

この雰囲気にドキリとしてしまった

焼き台を囲む白木のカウンター

清潔さ

ほぼ従業員も職人さんたちもすべて60代以上

職人さんは串の一本一に集中している

期待感が高まる

 

おばさんにサッポロとお新香をお願いする

 _

まずはつくね、味噌ラッキョウとからしがついてくる

 _

鴨味噌

 _

焼き台の職人さんは黙々と真剣に焼いている

鶏肉は名古屋コーチンを使用

おばちゃんの接客は気さく

客層もとても良い

この雰囲気はまぐれもなく本物

 

もも肉

_ 

手羽先

 _

銀座の中央に焼き鳥の名店あり

一度のぞかれると病みつきになること間違いなし!

 

 

熟練度  ★★★★

 

武ちゃん

東京都中央区銀座4−8−13銀座蟹陸ビル1F

0335616889

17:0021:30 日曜休み

 

麺’sフリーク(関東編)

関東の老舗と言われるラーメン、焼きそばの名店を

ご紹介したい

 

永楽

 

大井町東口から歩いてすぐの飲食街にお店はある

昭和31年創業と言うから

戦後すぐにオープンされたのだろう

 _

ここは焦がしネギが香ばしい

平打ち麺とスープが良く絡み、ほっとする旨さだ

変わらぬ味をいつまでも保ってほしいお店だ

 

香ばしさ度  ★★★★

 

東京都品川区東大井5−3−2

03−3471−8252

11:3015:00 17:0022:00

月曜、第3火曜休み

 

 

水新菜館

 

浅草橋にある名物中華屋さん

1897年創業と言うと明治30年という事になる

大変な老舗だが

店構えを見ると一般的な中華食堂だ

店に入りあんかけ焼きそばを注文

生めんをゆで、両面をカリカリに焼き

その上から野菜たっぷりの醤油ベースの餡がかかっている

からしが添えられているのも興味深い

 _

お酢をサラッとかけていただく

野菜も餡も美味しい

このお店には2つの名物がある

それはあんかけ焼きそばとマスターの蝶ネクタイだ

ワインと合わせる中華としても楽しいお店である

ワインのうんちくはマスターにお聞きすれば良い!

 

2つの名物度   ★★★☆+

 

東京都台東区浅草橋2−1−1

03−3861−0577

11:3015:00 17:3020:45

日曜、第24土曜休み

 

 

食堂 多万里

 

大宮駅から歩いて3分ほど

大宮高島屋の裏にこの食堂がある

昭和21年創業と言う、まさに昭和レトロ満載の食堂だ

 _

ラーメンは極細麺

スープは鳥だしで少し甘いが懐かしい後を引く味

なるととチャーシューは普通だが

グリーンピースが印象的だ

食べ続けると麺が細いだけに

少し伸びてくるのが難点だろうか

ここでは麺固めで頼むのが正解だ

 _

地元の方々から何十年も愛されている食堂

まさに日本の地方の原風景を思い出させてくれるような食堂である

こんなお店が近所にあって大きくなっていったような気がする

 

第1回日向ビーチスポーツフェス

423日、日向市役所で

十屋日向市長と山本隆弘氏が記者発表を行った

 

日向市のお倉ヶ浜海岸をメイン会場に

第1回ビーチスポーツフェスが

78日お倉ヶ浜海岸で開催される

 _

サーフィンが東京オリンピックの正式種目となり

4キロも続く広い砂浜と絶好のサーフィン環境を持つ日向市は

サーフタウン日向構想の一環としてビーチスポーツの体験を通して

海岸やスポーツの魅力を小中学生に伝えようという事業を発表した

 

全国から日向のビーチにトップアスリートが集結する

ビーチバレーは 

元北京オリンピック日本代表の山本隆弘氏とパナソニックパンサーズ

ビーチサッカーは

元日本代表の遠藤彰弘氏、平瀬智行氏

ビーチラグビーは

パナソニックワイルドナイツ

ヨガは

タレントでヨガインストラクターでもある田中律子さん

サーフィンは日向市サーフィン連盟がプロサーファー等と

体験をサポートする

 

ビーチバレーやサッカーラグビーは小学生のみの参加となる

ヨガとサーフィンは一般参加も可能だそうだ

ビーチ体験のほかにもグルメの魅力も

楽しめるようにしたいと考えられている

弊社も精一杯のサポートを続けていきたいと考えている

 

 

日南海岸サンシャイン宮崎ライド2018(報告)

全国に先駆けて宮崎で開催する2018シーズンの春のサイクルイベント                   日南海岸・サンシャイン宮崎ライドは                                           422日絶好のコンディションの元、開催された                            サンシャイン宮崎ライドは日本有数の絶景を誇る日南海岸を走り、                       おいしい宮崎グルメを堪能し、神話のふるさとの美しい山々を登り、                      宮崎の大自然を満喫するロングライドイベント。 

21日は霧島ナイトの前夜祭

霧島酒造の吉永さんのあいさつの後は

ナビゲーターの白戸太朗氏、平野由香里さん

ゲストライダーの山本隆弘氏も入って

鏡開きからスタート

      _

普段飲めない黒宝霧島なども飲めて皆さん満足の様子

明日の完走を誓い合った

 _

22日はサンマリンスタジアム前の会場の

スタートセレモニーでは

戸敷正宮崎市長が歓迎のご挨拶

その後600名のライダーがスタート

 _

       _

鵜戸神宮では

魚うどんと初めてのマグロのメンチカツを

日南漁協婦人部が実演で振る舞っていただき

リーダーの太田さんには感謝!

 __

道の駅酒谷では草団子が大好評

飫肥エイドではおび天と豚汁に舌鼓

日南高校のボランティアの15名の皆さんの歓迎ぶりも

ライダーには大好評だった

 ___

スギ花粉と天候の寒さに対応するため

開催を3月から4月に一ヶ月ずらしたが

ナビゲーターの白戸太朗氏も参加ライダーの方々も

気候も海の青さと山の新緑も素晴らしく

この時期が最高だと絶賛されていた

 _

423日は宮崎日日新聞の記事や

MRTニュースワイドで放送され大きな話題となった

 _

参加ライダーの皆さん、支えてくれたサポートライダーの皆さん、

ボランティアスタッフの方々

本当にありがとうございました

 

宮崎をサイクルツーリズムの聖地とするためにも

今後は日程を4月に確定し

更なるアジアや全国からのライダーの集客に努めていきたいと考えます

 

 

たなかフルーツ(都城市)

都城市の街中にあるフルーツ屋さん

店頭を見ると少し期待感も膨らむ

 _

お昼なのでオムレツとパンチェッタサンドを頼む

オムレツができるのが早すぎる

食べてみてわかった

中のケチャップライスは作り置きだとすぐわかる

寂しさと残念が入り混じる!!

 _

パンチェッタは普通だ

別途頼んだイチゴのミニパフェが一番おいしかった

_ 

やっぱりフルーツパフェが人気のお店なのだろう

しかし期待感は大きくしぼんでしまった

 

 

評判先行度  ★★☆

 

たなかフルーツ

 

都城市上町8−1

0986−22−3377

11:30〜17:00

日曜休み

 

 

ケンコー食品(都城市)

都城市にあるケンコー食品工業株式会社を訪ねた

醤油味噌の醸造を先代が始められ

今は2代目の吉田務社長

無添加醸造醤油、味噌を製造販売されている

 

ここの製品に使われている大豆は

都城で宮崎大学の明石教授により見いだされた

宮崎ならではの在来種「みやだいず」を全て使用している。

商標登録は平成28年に登録されたそうだ!

 

これには驚いた

今まで大豆はふくゆたかなどのブランドばかりで

国内では在来種はあまりないのではの考えていたからだ。

都城だけで「みやだいず」の栽培面積は10兆部に及んでいるという

大豆は味噌、醤油だけではなく豆腐や豆乳など

広く活用の方法がある

是非将来の世界の食糧不足や安全安心のことを考えると

宮崎県にとってみやだいずの生産の拡大は重要なテーマだ

 _

味噌の価格は何が違うのかを尋ねると

うちは熟成期間だと言われた

一番長く熟成させたものが太鼓判の商品だそうだ

 

将来のことを考えると、人口減少や需要減も考えると

なかなか味噌醤油の本業だけでは食べていけない

そんなことを考えて作った商品が焼き肉のたれ

2012年にモンドコレクションの金賞を取り

首都圏を中心に全国に広がった

今ではこれが稼ぎ頭だと言われていた

 _

ユニークな商品は豚のなんこつの水煮

おでんなどの料理に入れるだけで楽しめる商品

なんこつは昔は家庭料理だったが

今では手間がかかりすぎて作る人が少ない

そこに目を付けた

冬場は大ヒットになった商品とおっしゃっていた。

着目の仕方がとても素晴らしい

 _

先代の故郷である木城町に味噌工場を持ち

安心、安全の宮崎特産の大豆を使用し

醸造されている味噌、醤油はあまりないのではないか

添加物も天然の物だけにしている心配りも嬉しい

 

先日太鼓判で味噌汁を作ってみた

自然で滋味深い味わいだ

東京農大を卒業して受け継いだ吉田社長

そして息子さんも東京農大で勉強されている

今後のますますの発展を祈念したい!

 

 

辛麺屋勘太(宮崎市)

宮崎市中央通り、

吉野酒店を過ぎ、マルショクの裏辺りに

辛麺屋勘太がある

 

中に入るとカフェ的なつくりの店内

注文は石焼ビビンバと辛麺、激辛を注文

 

石焼ビビンバは

ボリュームたっぷりで味も本格派

とてもおすすめの味だ!

 _

辛麺はこんにゃく麺と中華麺から

選べるが今回は中華麺にする

 _

辛い中にもマイルドさも感じる

ニンニクが丸ごと入っているのも王道の作り方だ

玉ねぎチップやノリなどいろんなトッピングが

できるのもここだけかもしれない

 

5時まで開いているので

夜中にお腹が減った時の大きな味方となるお店だ

 

 

ビビンバ度 ★★★

 

 

辛麺屋勘太

 

宮崎市中央通り

0985−89−0808

17:00〜5:00

日曜休み

 

 

ニューとん都城店

20年ほど前になるだろうか?

宮崎市に美味しいとんかつ屋さんがあった

名前はニューとん

独自のデミグラスソースで食べさせるとんかつに

舌鼓を打ったものだった

そんな名店もご主人が亡くなり、お店もなくなってしまった

 

その頃だろうか

都城にもニュートンがあることを知った

さっそく食べてのだが

味が似ていたことを覚えている

多分何かの関係はあるのだろう

 

都城に来たのでニューとんにお邪魔してみた

場所は都城合同庁舎の駐車場前

とんかつひれランチを注文

豚肉は観音池ポークを使用しているそうだ

豆乳のスープ

 _

そしてヒレカツ

デミグラスソースが薄く感じる

もう少しコクがあれば良いのだが・・・・

 _

価格が800円だけに文句は言えないのだが

肉の素材が良いだけに少しもったいなく感じてしまった

 

 

舌鼓度  ★★★

 

 

ニューとん都城店

 

都城市上町3−5

0986−23−8807

11:3015:00 17:3021:00

月曜休み

 

英国式庭園2018

春になると英国式庭園に行きたくなる
1999年に行われたグリーン博の
シンボルとも言われた庭園
すでに19年が経過したが
そのたたずまいは今もなお穏やかで
当時の庭を受け継いでいる

 

イギリスのトップガーデンデザイナー
ロビンウィリアムスが設計監修した庭
建物の4面に異なった庭を造る
という発想がとても個性的だ

まず正面はコテージガーデン

イギリスの田舎を思い起こさせる代表的な庭

裏に回るとフォーマルガーデン

横はシーサイドガーデンと
牧草地をイメージしたメドウガーデン

花が咲き、新緑がまぶしい英国式庭園は

まさに深呼吸できる癒しの緑空間でもある

 

 

季節料理 克 (国富町)

宮崎市から国富町に入って

木脇の交差点を過ぎて約500メートルぐらいの

道路沿いにお店はある

良いお店だとの評判のようだが私は初めてだ

 

店の中に入り

カウンターに腰かけて料理を頼む

まずは隆の純米吟醸と

美々鯵、本マグロ、イカの盛り合わせ

隆をくいっと飲み、刺身を食べる

酒も肴もふくよかな旨味がある

聞けば毎日南郷の目井津港から持ってきていただいているという

道理でつやつやで新鮮だ

 __

白和えが抜群に旨い

野菜5種を入れているという

口に入れるとふわりと春が香るようだ 

そして菜の花のナムル

酒は長珍に

どっしりと骨太の旨さ

    _

 

ゴウヤの天婦羅

一番人気だという

サクサクの食感が癖になる

 

丹沢山のお燗をお願いして

 __

ごぼうの甘辛コロッケ

食べると見た目の数倍美味しい

 

最後は黒岩土鶏のラーメンで〆

 _

ご夫婦だけでされているお店だが

料理の味付けも工夫されており、ソムリエでもある奥様の接客も素敵だ

気取らず、気負わず、気軽にがモットーとか・・・

宮崎の居酒屋の理想の形の一つかもしれない

良い店を見つけた!

 

 

真心度  ★★★★+

 

 

季節料理 克

 

国富町木脇1027−15

0985−75−9591

17:00〜22:00

日曜休み