すし匠(東京・四谷)

現役の寿司職人が2007年に本を出版した
本の題名は 『鮨屋の人間力』
書いた人は中澤圭一氏
20件のお店を転職して鮨屋としての技術を実につけた
この本の中ですし屋はさらしの商売だと中澤さんは言う
人前に自分自身をさらけ出す、
だからこそ人間力が大事なのだと
客に接する態度、精神、人を見ること、空気を作ること
すべては自分の人間力から始まるのだと・・・・
 
 DownloadedFile
この本をきっかけに
是非中澤さんのお店に行きたいと思っていたが
ようやく機会が出来た
場所は四谷駅から3分ほどのビルの1F
お店に入ると
すがすがしい雰囲気が漂う
若い職人さんの接客も心地よい
中澤氏がカウンター中央で料理を作りながら細かい指示
眼光鋭くランチのチラシにも一切の手抜きはない
弟子の作ったどんぶりに厳しいチェックを行いながら
最後にご主人自らイクラをまわすように散らしていく
ピーンとした緊張感が漂う
 IMG_2139
 
30種類の季節の魚介類と野菜が彩りもよく
まさに宝石の玉手箱のようだ
今日は蛍烏賊も入って季節の旬を感じる
まさに日本の旬を表現するチラシ丼だ
蜆汁も青さが入り良い出汁だ
これが2000円であれば文句はない
 
中澤さんはお店は今年いっぱい
来年からはハワイに行き地元の魚介類で
江戸前寿司を握るのだという
ご主人の凛としたクールな姿を目に焼き付けておこう
 
ランチは予約ができるそうで
ぜひ予約をして今年中にお昼の幸福を味わっていただきたい
 
 
 
玉手箱度   ★★★★
 
 
すし匠
 
東京都新宿区四谷1-11陽臨堂ビル1F
03-3351-6387
月・水・金  11:30~13:30   18:00~22:30
火・木・土  18:00~22:30