ハープファンタジー2021

リラの会が主催してハープファンタジー2021が

4月25日宮崎市オルブライトホールで開催された。

ハープファンタジーは

昨年はコロナ禍で中止になったが30年以上の歴史がある

日本で唯一のハープ楽器メーカー青山ハープの青山社長が

日本の都市の中でこのような形でハープを中心にしたコンサートは

とても珍しい、私も毎年サポートできているがとても嬉しい事だと言われていた。

オープニングはグランドハープ7台とフルート、サックスでの演奏

ハープがずらりと並ぶステージは壮観でもある

 

東京からの津野田圭さんと佐藤理絵子さんのデュオ

2人とも数々の賞を受賞され、数々のコンサートで活躍されている

曲はデュオと星に願いを

最後はリラの会を主宰する菊池先生が感謝の言葉

コロナ禍で告知もせず心配だったが

このように多くの方々がハープを聞きに来ていただき感謝します

そして出演者の方々には

どの曲も一生懸命練習していただいた成果が現れてよかったですと挨拶

津野田圭さんが

コロナで東京も様変わりしている

私たちのコンサートもなかなかできていない状況です

その中でこのようなコンサートの機会をいただいたこと感謝します

リラの会は菊地先生のお人柄で人が集まってくるのではと話された

コロナ禍で人々が不安になっている時

天体の音楽と言われるハープの音色は

人々の心に優しく響き、癒してくれる音楽だと思う

菊池好志子先生、出演者の皆様、お疲れ様でした!