「チームなおみ」に捧げる優勝!

誰もが認める史上最強の女子プレーヤー

セリーナウィリアムスの優勝の夢

打ち砕いたのは大阪なおみだった

セリーナにあこがれ

テニスを始めた大阪なおみは

2018年あこがれの選手と全米オープンテニスの決勝で

初めて顔を合わせ

大阪なおみがセリーナを撃破し

グランドスラム初優勝を飾った

 

その後大阪なおみはコーチと契約を解消

一時期、成績も低迷した

2019年「チームなおみ」を再結成した

コーチはウィム・フィセッテ

元テニス女王 ビクトリア・アザレンカを指導したことでも有名

日本人は2人

中村豊氏はシャラポアや錦織のフィジカルトレーナとしても大きな実績がる

茂木奈津子はアスレチックトレーナー

一度ぬけた期間があるが2019年4月に再度呼び戻された

大阪なおみの日本語教師でもありとても仲の良い友人でもある

この「チームなおみ」がコロナ禍での一緒の生活、

トレーニングなどで徐々に一体感を醸成していったのだ

 

2021年全豪オープン準決勝

セリーナウィリアムスは再度鍛え直し

勝ち進んできた

39歳のセリーナは9月に40歳となる

そんな意味でも優勝は最後のチャンスといっても良かった

くしくも因縁の対決となった

試合前の予想はセリーナ勝利のほうが多かった

 

しかし今までの感情を爆発させていた大阪なおみは

どこにもいない

体も大きくなり

冷静沈着で一段とパワフルになった大阪なおみだ

 

第一セットの第1ゲーム

ファーストサーブが入らず、セリーナにブレイクされる

第4ゲームがカギだった

セリーナのサーブで簡単に追い詰めた後

大阪の粘りでジュースに持ち込み

リターンでブレイクした

バックハンドからのキレのあるリターンが要所で決まった

その後は終始、大阪ペースで試合が進み勝利した

王者の風格すら感じた試合だった

試合後のインタビューでセリーナの流した涙は

新旧交代を自ら悟った涙かもしれない

 

ジェニファー・ブレイディとの決勝も完勝だった

今までとは違う強さを世界のファンに見せつけた

勝利者インタビューでは「チームなおみ」を

最高のチーム、家族のような存在と感謝を表した

人間的にも精神的にもテニスの技術でも一年で

類まれなる進化を遂げた別人の大阪なおみがそこにいる

「新たな大阪なおみの時代が始まった」

そんな印象を持った世界のテニスファンは多いのかもしれない

2021宮崎ライド中止のお知らせ!

宮崎の春の日南海岸を走り抜ける

宮崎ライドは全国からのライダーの参加で

毎年4月後半に開催しています

来年度の開催に向け関係者と協議を重ねてまいりましたが

2021年はコロナ感染の終息が見込めないこともあり

新型コロナ感染拡大防止の観点から

やむなく中止とさせていただきます。

コロナ終息後2022年から

再度じっくりと宮崎ならではのおもてなしと

コース設定を考えていこうと考えております。

開催を心待ちにされていた全国のライダーの皆様には

誠に申し訳ございませんが

ライダーの皆様の健康と安全を第一に考慮した結果ですので

何卒、皆様のご理解をよろしくお願いいたします

なお2022年は4月後半の日曜日に開催予定です

 

お問い合わせ先

宮崎ライド実行員会事務局

(株)地域活性化プロジェクト

0985−31−7086 横山

NHKプロフェッショナル( 石川佳純スペシャル)

8月10日のNHKプロフェッショナルで

石川佳純スペシャルが放送された

個人的な感想を少し・・・・

 

2012年のロンドンオリンピックで

日本を初の団体銀メダルに導いていらい

女王の座を自他ともに認めていた石川佳純

しかしその陰りは

2016年リオオリンピックの一回戦敗退の時から

少し見えていたように思う

その直前には国内でも伊藤、平野の新世代コンビに

急激に追い上げられていた

 

光の中だけを歩いてきた石川佳純にとって

2019年は苦しい過酷でやめたいと思った一年だっただろう

伊藤がオリンピックの切符を早々と決め

あと一枠を平野としのぎを削る戦い

 

公式ボールの変更、高速卓球などに対応して

自らのプレイスタイルの変更などを実行しながら

女王のプライドをかけて戦いを続けたが

その誇りがボロボロになるまで負け続けた崖っぷちの日々

100回ぐらいやめようと思った

 

その期間同行していた撮影スタッフに答える

石川佳純の素直な感情の発露がとても共感できた

負けず嫌いの彼女が

自らを弱くなったね!と言いつつ涙を見せる姿は切なかった

しかしここから這い上がってくる石川の姿こそが真のアスリートだ

 

カナダ大会での平野との最後の決戦の前に

なぜ失敗するのか?なぜできないのか?を考えるのをやめたんです

前向きに大丈夫と思うようにした

結果は積極的に攻めに攻めた石川の逆境からの覚醒となった

この一戦は石川にとって生涯忘れられない戦いになっただろう

苦しみの先にたどり着いたのは

「やっぱり卓球が好き」だったと言う

 

何をやってもうまくいかない時も終わりは来る

光は来るんだと自分自身が教えられた  ー石川佳純—

ITUトライアスロンワールドカップ宮崎前夜祭

ITUトライアスロンワールドカップの前夜祭が

参加国35ヶ国250名の選手の参加で

10月24日シーガイアモールで開催された

歓迎挨拶は宮崎市の戸敷市長

ITUからは大塚副会長が挨拶

その後記念品の盾を

宮崎県と宮崎県トライアスロン連合に渡された

これが渡された盾

参加者は各国の料理や

宮崎牛や地鶏、宮崎の焼酎を堪能されていた

特にオリンピックのホストタウンとなる宮崎市では

シーガイアの料理人によるイギリス、ドイツ、イタリア、カナダなど

の料理を出されていて大好評だった

フードキャプションにはアレルギーピクトも採用されていて

参加者にも大変分かりやすいと評判

ドイツ風ポテトサラダの表示と料理

これはイタリアのパエリア

フィッシュ&チップスのハンバーガー仕立

アトラクションは村上三絃道

特に太陽じょんがらはパフォーマンスも含めて大いに盛り上がった

 

司会の庭田さんはトライアスロンのオリンピアン

シドニー、アテネ、北京と3大会出場されている

伝説のアスリートでもある

女子日本代表の日本ランキング2位の上田藍選手(真ん中)

日本ランキング6位の井出樹里選手(右側)のインタビューでは

宮崎でのワールドカップで頑張りたいと抱負を述べた!

鳥取すごいライド盛会で終了!

10月20日第3回鳥取すごいライドが

鳥取砂丘展望台をスタートゴール会場として開催された

参加者なんと997名の凄い人数

そのうち197名が台湾からの参加者だ

台湾は鳥取県の誘致活動もあり短期間で大きな成果となって表れた

前夜祭や開会式では平井鳥取県知事もお見えになり

鳥取県の力の入れ方も凄い!

テレビ取材で山本隆弘氏インタビュー

今回の鳥取ライドは運営のサポートを行ったが

何といっても感激したのはエイドポイントのおもてなしの温かさだ

 

特に第2エイドポイントは山本隆弘氏の実家も近くこともあり

地区を上げて、新米のおにぎりと

部位もこだわった鳥取牛のコロコロステーキをふるまっていた、肉らしい味わい!

皆さんの笑顔も素敵だ

お米の美味さは半端ない

何個でもどうぞというサービスぶり

早朝、60キロの米を炊きみんなで握ったホカホカのおにぎりだ

第5エイドの美保地区公民館では

豚汁とお餅、果物と梨のシャーベット

それに郷土芸能の傘踊りの歓迎ぶり

特に第6エイド吉岡温泉では

歓迎白戸太朗の文字も道路に表示され本人も感激をされていた

手作りのおもてなし度が心を打つ!

地元山本隆弘氏の心意気を大いに感じる鳥取すごいライドだった

接待する側の歓迎する心が参加者に与えたほのぼの感と満足感は

必ず次年度の集客につながっていく

最後の到着した親子ライダーとスタッフで記念写真!

そんなことを感じてた素晴らしいライドだった

このライドを参考にして

もっと宮崎ならではの宮崎ライドを考えていきたい

トスカーナの夕べ

イタリア・キャンティクラシコ地区に広がる

ブローリオの丘を拠点に875年の歴史を持つリカーゾリ家

その男爵をお迎えしてのワイン会が10月10日

シーガイアホテルオーシャン45の42階、ティアラで開催された

 

乾杯はアルビア ロゼ2018

淡いピンクで果実のフレッシュさと甘さがある

まず最初はラグビー日本代表やイングランド代表も食べたという

宮崎牛のハンバーク サイズは12分の1

周りを彩るアミューズも華やか

トッリチェッラ2016

シャルドネ80%、ソービニオンブラン20%の白

すっきりとしたフレッシュな口当たりが程よい

干し貝柱とイカのペペロンチーノ

翡翠色のタリオリーニ

和と中華の要素を取り入れた面白い味わい

ブローリオキャンティクラシコ2016

サンジョベーゼが主体

力強く濃厚な香り、スパイス感も心地良い

甘鯛の松笠焼き

カザルフェッロ2015

メルロー100%

若いが生き生きとしている、リッチ感もあるワイン

宮崎牛フィレ肉のブリオッシュ包み焼

最後にシーガイアのアドバイザーをされている

小山薫堂氏が私が以前シーガイアに来たときは

食事は美味しくなかった

今日はとても美味しい

これからはぜひデリシャスリゾートとして

これからも頑張っていただきたいと挨拶

トスカーナのワインと料理に満足した後

エレベータに乗ると

イングランド代表のヘッドコーチ、エディ・ジョーンズ氏に遭遇

台風で試合が中止になって大変と笑顔で話してくれた

デカトロンVSワークマンプラス

関西の西宮で2つのスポーツウェア店が元気だ

 

1つは2019年3月に阪急西宮ガーデンにオープンした

フランスのデカトロン

世界最大のスポーツ用品メーカーとして知られ

世界になんと1500以上の店舗がある

デカトロンの名前はフランスの十種競技から来ていると言う

とにかく店舗が広い

数々のスポーツに対応したウェアやシューズなどが展示されている

しかも体験コーナーが随所にあり家族で楽しめる

フランスらしいおしゃれなセンスを感じるだけでなく

価格も驚くほど安い

売り上げが好調なことも実感できる

 

2つ目はワークマンプラスだ

ワークマンは作業着のユニクロとしても有名だが

2年ほど前からアウトドアのウェアにも進出し

SNSなどで釣りやバイク、登山などにも使えると評判になっていた

デカトロンの関西進出もあったことから

本格的にアウトドアのスポーツカジュアルの展開を考えていた

その名前がワークマンプラスだ

ららぽーと甲子園店に行ってみた

高機能を生かした商品展開と価格の安さが特に女性客に支持を得ている

スポーツブランドと比較すると約半額の低価格

価格は低価格に設定しているためセールは行わない

自慢の高機能を持ちながらの低価格アウトドアウェアは

凄い勢いの売り上げを上げている

価格もびっくりするほど安い

ジョギング用のパンツとシャツを買ったが重宝している

課題があるとすればデザイン性か?

アウトドアの入門着として考えると

これまでにない予想以上の大きな市場が開拓できるのではと実感する

 

次からの出店は全てワークマンプラスにすると

ワークマン本社は意気込んでいるほどだ

瀬戸内しまなみ海道(サイクリストの聖地)

昔の仕事仲間のネットワークの懇親会が福山で開かれたので

翌日はしまなみ海道を案内いただいた

聞けばもう開通して20周年になるそうだ

山の上から見える瀬戸内海と橋の風景はまさに絶景だ

広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ瀬戸内しまなみ海道

車で走りながら肌で実感したのだが

あらゆる年代のサイクリストや海外のカップル

台湾の団体サイクルツアーなど多様なライダーが楽しんでいる

 

ミシュラングリーンガイドや

米CNNの世界7大サイクリングロードにも選ばれたのも大きく

さらにサイクルツーリズムが拡大しているようだ

中間地点でもある道の駅多々羅には

サイクリストの聖地の碑がある

家族のライダーに遭遇

2歳の子供はお父さんがけん引して走っているという

気を付けて楽しんでくださいと話しかけた

バイクラックには地元銀行の協賛社名がある

このようなバックアップしてくれる民間の力も大きい

サイクリングロードは片道70キロ

有料の橋には2輪車専用レーンを設置され

橋を渡ると島を巡りながら観光も楽しめるルートになっている

 

因島ではライダーだけでなく全国でも大人気だという

はっさく大福のお店に寄った

食べてみるとはっさくそのものがドカンと入っている

しかもさっぱりとした味で嫌味がない美味さ

ロゴも可愛い

しまなみ海道には全14か所で手軽なレンタサイクルを借りることができる

サイクリストの施設にはサイクルオアシスの表示があり分かりやすい

 

行政が率先してサイクルツーリズムに取り組む事により

過疎地だった島々が観光サイクリストで活性化することに成功した

宮崎におけるサイクルツーリズムも

将来に向け多様な政策の方法論をしまなみ海道を参考にして

考えることが必要だ

県内におけるサイクルツアーの重要性の認知

サイクルインフラの整備

海外への宮崎サイクルロードのアピールなどなど

一つ一つを解決しながら地道な努力が大きく花を咲かせると考える

何といっても宮崎は風景と環境と人の心は最高なのだから

日向ビーチフェス2019(報告)

日向ビーチフェス2019は
6月2日日向市小倉ヶ浜ビーチで開催された。
前日の6月1日には地元の方々とサーファーの方も協力して
朝、総勢150人でビーチクリーンを行った
もちろん山本隆弘氏も空港から直行して参加していただいた



6月2日はアスリート全員と参加者、見学者も交えて
9時からの開会式では
存分に小倉ヶ浜ビーチをアスリート選手と一緒にスポーツを
楽しんでほしいと日向市の十屋市長がご挨拶

参加者とアスリート選手で頑張るぞの記念撮影の後


ビーチでアスリートによるスポーツ体験

サッカーは巻誠一郎氏と加藤ともえさん

バレーはパナソニックパンサーズの今村貴彦氏、伊賀亮平氏、児玉康成氏の3人

ラグビーはワイルドナイツのコン・ユイン氏とツボウテピタ氏の2人

ビーチテニスは日本代表監督の相澤幸太郎氏
と日本ランキング一位の山本直晃氏

サーフィンは伊久良倉城二氏
また新種目の自由参加のビーチアルティメット

ステージ前では新体操元北京オリンピック日本代表の
坪井保菜美さんがヨガレッスン

ビーチやステージで様々なイベントが行われたが

特に観客の注目を浴びたのはアスリートトークショーだった

一流のアスリートだけに言葉の重みが大きい

印象に残ったのは巻誠一郎氏の3つの心だった

世界で活躍するトッププレイヤーは必ず3つの心を持っている

1つは素直な心

2つ目は決してあきらめない心

3つ目が感謝の心だと言われていた

あいにくの雨だったが参加者は多様なビーチスポーツの体験や

アスリートの指導や言葉を

しっかりと受け止めることができたのではないかと考えている

このビーチフェスを通して

多くの日向市民が小倉ヶ浜ビーチを日向の宝だと再認識し

スポーツを楽しむ喜びを育んでいただくとともに

多くのアスリートの皆さんや全国の方々に日向の素晴らしさを

情報発信することができればと考えている


大会を盛り上げてくれたMCのジェイミーと宇田川アナと山本隆弘氏

大会に関して事務局をしていただいた日向市の方々や協賛スポンサーの方々

また八面六臂の活躍で

アスリートの選定や広報活動に至るまで作業をしていただいた山本隆弘氏に

深く感謝を申し上げます

第8回宮崎・日南海岸ライド2019(報告)

第8回GE宮崎・日南海岸ライド2019が

4月21日全国から582人のライダーが

スタート地点のサンマリンスタジアムに集合して開催された

天候は絶好の晴天

スポーツナビゲーターの白戸太朗さんと片岡ゆいさんの司会で

スタートセレモニー

ゲストライダーの山本隆弘さんの紹介の後

歓迎のご挨拶は宮崎市の原田副市長

ロングコースは今までと逆のコース

新緑の田野の山を登り

下りを北郷から飫肥に向かって走る

飫肥では日南高校のボランティアの生徒さんがお出迎えで昼食

そのあと日南海岸を走ってゴールという山と海を満喫するコース

ショートコースは

加江田から木花を通り青島から道の駅フェニックス

そのあと潮の杜で昼食

再度日南海岸を戻りゴールへというコース

参加者の感想は新緑の山が気持ちよかった

最初山に登るのでプレッシャーがなく食事が楽しめた

このコースは最高との声

サボテン公園の旧道が景色も素晴らしく

自転車だけでゆっくり走れて抜群だった

何よりも後半は日南海岸なので気持ちの余裕ができたのしめたの声が圧倒的!

新エイドポイントとなった潮の杜は

小椋さんをはじめ鵜戸若衆会の皆さんのおもてなしで

漁師汁とイカの炊き込みご飯というメニュー

この親子は鹿児島から参加(子供さんは8歳)  鵜戸若衆会のおもてなしが素晴らしい

皆さん美味しいグルメに舌鼓!

ハワイのような気分だという参加者も多かった

ゴールでは

何とか完走した山本隆弘氏はお尻が痛くて大変だったようで

スタッフでお尻をなでなで

白戸太朗さんはゴールで地鶏の炭火焼きに挑戦

完走賞と記念品の霧島と炭火焼き

完走証、記念品の霧島、地鶏の炭火焼き       完走賞やTシャツのデザインも大好評!!

今年は今までと逆回りの新コースということもあり

安全対策で数々の問題があったが

サポートライダー、ボランティアスタッフ、メカニックの方々のご協力で

何とか無事に終了することができました。

心から感謝申し上げます

4月23日宮崎日日新聞で記事が掲載されました

また来年も宮崎の地で、全国のライダーの皆さんをお待ちしてします!