KURAGE(宮崎市)

宮崎市の若草通りアーケード街に看板のない店がある
知らないとバーかなとも思われる雰囲気だ
 IMG_1771
ここが知る人ぞ知るKURAGEの2号店だ
一号店は高松通りにあり
知人に連れて行ってもらった
肴もうまいし酒のセレクトも良かった印象がある
 IMG_6120
今日はカウンターを予約して覗いてみた
座ってお酒を見ると
予想以上の日本酒のセレクトの良さ
マスターのセンスなのだろう
宮崎でもこんなお店があること自体がとても嬉しい
 IMG_6117
IMG_6118
ビールで乾杯し
まず刺身の盛り合わせ 1600円
驚く量と種類の多さ
魚の名前を書いているのもわかりやすい
これはCPが高い
 
お酒は宮城の乾坤一
だいぶ前に見学に蔵まで行ったが
仕込み水がブルーなのがとても印象的だった蔵
 
サワラの西京焼きなどで楽しみ
最後は土鍋ご飯
注文してから炊き上げるので20分ほどかかる
 IMG_6123
蝦夷ワサビを乗っけて海苔をかけネギを入れ
最後に醤油をたらして
食べると程よい満足気分だ
 
良いお店に出会った
日本酒25種類の飲み放題もあるという
また行きたいお店だ
 
 
 
刺身CP度   ★★★★
 
 
KURAGE
 
宮崎市橘通り東3-6-37和泉ビル1F
0985-29-8666
 

haru はる(宮崎市)

宮崎ではいよいよWBCのキャンプも始まる
温かな日差しに時折
春の足音を感じる今日この頃だ
 
宮崎市のメリージュの近くから
四季通りに入るとすぐに haru のお店がある
 
カジュアルイタリアンのお店だが
食品添加物を使わない
まじめで健康的な料理を出されている
店内もランチでも予約がいっぱいのようだ
 
今日はパスタランチの1300円を頼む
 
 IMG_1767
サラダ
紅芯大根の色がとても奇麗
野菜が美味しい
 IMG_1768
生シラスと菜の花のパスタ
まさに春を思い起こす緑いっぱいのパスタ
生シラスの新鮮な食感と菜の花の苦みが
程よくマッチングして良い味わいだ
久しぶりの満足出来るパスタだ
 
最後にコーヒーがついての価格は
少し高めだがこだわり度を考えると妥当なところか?
シンプルな内装だが接客も良く落ち着ける
 
 
まじめ度   ★★★☆+
 
 
haru はる
 
宮崎市橘通り3-3-5
0985-28-0588
12:00~13:30
18:30~22:30
(火曜休み)
 

ヘルシー和食ランチ(宮崎市)

和食でお昼のランチにさっぱりとヘルシーなものや
バランスの良いものを食べたい時がある
そんなときにお勧めしたいお店だ
 
 
だいずや
 
清武町の加納の国道俗に
ヘルシーな食事どころがオープンした
名前はだいずや
IMG_6058
名前の通り豆腐料理が中心だそうだ
ゆば丼などもある
今日は一番安い500円ランチをお願いする
寄せ豆腐、厚揚げ、山うに豆腐にご飯、味噌汁
とてもヘルシーなのだが
少し寂しい
厚揚げももう少し量が欲しい
IMG_6056
なんとなく野菜料理を一品付けて価格を上げた方が
ヘルシー度も高まるのではと感じてしまった
 
 
ヘルシー度   ★★★-
 
 
宮崎市清武町加納3-16メモワール2-103
0985-85-2828
11:00~15:00  17:00~22:00
 
 
 
みのり和心
 
バランスの良い和食ランチを食べたい
そんなときにお邪魔するのがみのりだ
御主人の実家が鮮魚屋さんのため魚も新鮮
修行は杉の子でされたのだという
 
ランチは野菜サラダをはじめ刺身や小鉢も付く
IMG_6069
今日は鯖の塩焼き
 
メイン料理は焼き魚、魚フライや煮つけなど
魚中心の4種類のメニューから選ぶ
900円と少し高めだが
バランスの良い昼食を食べたいときは重宝しているお店だ
夜も気軽に利用でき
御主人の人の良さも好感が持てる
 
 
バランス度   ★★★☆++
 
宮崎市福島町寺山3060-3
0985-59-2727
11:30~14:00  17:30~23:00
日曜休み
 
 

人気のサイクルイベント

自然を体感し、風景やふれあい、グルメを楽しむながら
風を切って自分のペースで走る
サイクルイベントが全国的に人気だ
 
日経プラスワン(2月11日)に
自転車競技ではなく
初心者から楽しめる自転車イベントのランキングが掲載された
 IMG_1791
1 、ツール・ドおきなわサイクリング部門(沖縄)
2 、佐渡ロングライド
3 、アルプスあづみのセンチュリーライド
4 、美ら島オキナワ CenturyRun (沖縄)
5,、GREATEARTH 石垣・西表島ライド (沖縄)
 
ベスト5には沖縄が3大会と断トツの強さ
観光と合体した行政の長期の取り組みが大きな成果を上げている
島の大会が2つ
佐渡はすぐエントリーが締切となるほど
島の人のおもてなしを感じる大会だとか・・・
GREATEARTH 石垣・西表島ライド 
は南国果実やソーキそばが食べられ前夜祭も充実しているとか
島の活性化にサイクルイベントが一役買っている
 IMG_1792
一位のツール・ドおきなわサイクリング部門
は今年で29回を迎える伝統の大会
沖縄全島を丸ごと回るコースもあると言う
 
長期的な行政の取り組みと
地元色を満載してどれぐらいのホスピタリティを与えることができるか
これからのサイクルイベントの成長のカギとなるだろう
 
全てを考えると
宮崎は自転車イベントの活用を伸ばすところがいくらでもある
風景はきれいだし晴天率も高い
まさしく自転車には最高の場所だと思う
 6A5A9010
口蹄疫の復興イベントとして始まった
絶景の日南海岸を走るGreatEarth宮崎ライドは
(3月12日開催)
今年で6回目を迎えるが
コースは白戸太朗さんも本当に素晴らしいと絶賛している
 
また自転車に対しての行政の取り組みも加速している
その追い風を受けながら
地元の方々の応援やおもてなしを拡大していき
地域の活性化を図るサイクルイベントとして定着化を図って行きたい
 
将来的には全国で人気のサイクルイベントベスト3に入るように努力していきたい

ゼフェレリーズ(バンクーバー)

バンクーバーの中心のロブソン通りに面した
ビルの2Fにお店はある
IMG_6150
階段を上がり飾り気のない扉をあけると
そこは重厚な空間が広がっている
 
窓際の席を案内され
赤ワインとスパゲティラグーソースと
サーロインステーキを頼む
 IMG_6140
赤ワインはたっぷり
パンにはトマトソースも付いている
 IMG_6148IMG_6149
パスタの量も凄い
チーズをたっぷりと振りかけて
シンプルだけどとても良い味だ
 IMG_6143
サーロインステーキはまさしく肉らしい味わい
思ったほど堅くもなく、食べごたえもある
 IMG_6142
赤ワインにはぴったりだ
日本人には一人前を3人でシェアするぐらいがちょうど良いと思う
 
スタッフも親切でCPも高い
カジュアルなイタリアンでは最適なお店だと思う
お勧めだ
 
 
カジュアル度    ★★★☆+
 
 
Zefferellis(ゼフェレリーズ)
 

バンクーバーの人気カフェ

バンクーバーには美味しいカフェがたくさんある
スタバの国外一号店はバンクーバーのウォーターフロント店でもあるし
キツラノの49thパラレルコーヒー
ダウンタウンのツリーコーヒーなど
レベルの高いカフェがしのぎを競う・・・・・
 
そんなカフェの中から人気のカフェをご紹介
 
 
カフェ メディナ
 
バンクーバー図書館を目印にしてリチャード通りを歩くと
行列が見えてくる
ここが噂の人気のカフェだ
 IMG_6155
天井が高くとてもおしゃれな雰囲気だ
一番人気はベルギーワッフル
IMG_6159
今日はママレードとメイプルシロップで食べる
ふんわりサクサクだが
期待が大きかっただけに少し拍子抜け
今度は是非朝食を食べに来たい
平日は8時から、土日は9時からだそうだ
 
 
行列度  ★★★
 
 
 
 
 
トーマス・ハース
 
 
バンクーバーで
流行の発信基地と言われるのがキツラノだ
メイン通りには49thパラレルコーヒーやレストラン
パタゴニアのショップが並ぶ
 
お店は
そのメインストリートから一本はずれた通りにあるため
場所が分からず
地元の方に場所を尋ねたのだが
とても親切に答えてくださる
バンクーバーの人々の温かさと親切さがとてもうれしかった
 
さてお店のお客は地元の方をはじめ日本人観光客も多い
ヨーロッパで修業し、ホテルでパティシエを務めた
トーマスハース氏が始めたお店
IMG_0001
チョコレートが人気でチョコレートを買いに行ったのだが
カフェも大人気
お客も途切れることはない
地元の色合いが濃い感じで私は好きなカフェだ
 IMG_0008
パンも色んな種類があり美味しそう!
 
ラテとチョコレートケーキを頼む
ラテのカップのサイズの大きいこと
IMG_0005
チョコレートケーキはシャンパンも入っていて
大人の濃厚で深い味わい
IMG_0004
狭いカフェなのだが
ここもなぜか落ち着く
カフェを堪能してチョコレートを買って帰った
又来たいお店だ
 
 
地元度   ★★★★

サイクルシェアサービス(バンクーバー)

バンクーバーと言えば自転車にやさしい街だ
空港からダウンタウンに向かうスカイトレインの中でも
サイクルエリアがあり、自転車を持って気軽に乗車することができる
車輪を固定できるところがライダー目線でとても良い
 IMG_6204
ウォーターフロントからスタンレーパークに向かう
遊歩道でも自転車専用レーンと歩行者が区別されている
これだととても走りやすい
 IMG_6129
2020年に環境で世界で一番やさしい街にを目指す
バンクーバーでは自転車利用数の増加に伴い
昨年夏に、画期的なサイクルシェアの導入をスタートさせた
 
昨年末には
150のサイクルシェアのステイション
そして1,500台の自転車となっている
 IMG_0011IMG_6132
ダウンタウンのサイクルシェアのステイション
コントロールボックスのタワーには
ソーラーパネルも付いている
利用者は一日、一カ月のメンバーシップを購入し
ステイションでメンバーカードを使ってロックを解除
自転車は7段変速ギアつきのもの
利用後は150か所のステイションの中のどこでも返すことができる
原則一回の利用は30分
 IMG_0012
ヘルメットも無料で付いており
ヘッドカバーも無料で利用できる
 IMG_6135
運営は北米でバイクシェアビジネスを展開している
CycleHop社
バンクーバーではシステム開始にあたり
500万カナダドル(約4億5000万円)の補助も行った
この数字を見るだけでも並々ならないバンクーバーの意気込みを感じる
 IMG_6199IMG_6198
今後観光客の利用や市民の移動などに活用できるだけではなく
健康でグリーンな街の目標に最適だと期待されている
 
日本でもしまなみ街道などサイクルシェアの取組が行われている
またセブンイレブンが東京都でサイクルシェアの取り組みをスタートさせた程度で
バンクーバーのように大掛かりで
IT技術を使って連携している地域は日本にはない
 
環境や健康だけでなく
スポーツや観光シーンを考えると
宮崎こそ、このサイクルシェアのシステムを研究し
一番に活用することこそが観光やスポーツ健康の地域活性化に繋がるし
将来への大きな成長のドライバーになると考える

イエールタウン ブリューイング

バンクーバーは今クラフトビールが熱い
何とバンクーバー市内だけでも
30近くのビール醸造所があるそうだ
まさに地ビールの宝庫だと言って良い
ここ2年で10ほど増えたようだ
カナダ政府のビール醸造の規制緩和のおかげだと言う
 
さてバンクーバーのイエールタウンは
昔倉庫街だったところが
おしゃれなブティックやレストランが入り
トレンディなエリアとして変身した
今や大変な人気スポットとなっている
 IMG_1756
そのなかで
イエールタウンのランドマーク的存在の地ビールの醸造所がある
名前はイエールタウンブリューイング
カナダNO1のクラフトビールとして何度も選ばれ
ベストバリューパブにも選ばれた
バンクーバーを代表するクラフトビールレストランだ
 
パブに入り
まずはペールエールを注文
IMG_6170
 
出来立てならではの生の美味しさ
コクと爽やかさ、のど越しの良さが魅力だ
 
IMG_6168
レストランの奥が醸造所
IMG_6173
つまみはフィッシュ&チップス 
ポテトチップスの量が凄い
白身の魚のフライにレモンをかけて食べる
ビールとの相性は抜群だ
 
次に隣のカップルが飲んでいて美味そうだった
スタウトビア
苦みと香ばしさが何とも言えない味だ
 IMG_6178
 
地ビールの宝庫、バンクーバーで
今度は違った地ビールも試してみたい
 
 
 
トレンディ度   ★★★★
 
 
イエールタウン ブリューイング
 
 
 

食べ事のたいせつさ(永六輔)

里山人間主義を信念として活動されている
広島の逆手塾の塾長和田芳治さんが
尊敬する永六輔さんにささげる本
「君が輝けばふるさとも」を出版された
その本の中に「食べ事が人生を決める」のエッセイがある
とても共感できる文章なので一部をご紹介したい
 IMG_1711
 
今、日本の子育てがうまくいっていないのは
家族での食べ事が崩壊しているからだと思われませんか?
食べ事とは孤食や勝手食いではありません
手作り中心の「しょうじき飯」を家族で囲み、話と笑いがあふれる食事です。
そこで、その家が大切にしているものがリレーされていくと
「まさかうちの子供があんなことをするなんて!」
なんてびっくりするようなことにはなりません。
 
その前提として母乳で育てるがあります。
どうして私たちは母を一番大切だと思いのでしょうか
「いのちを守る食べ物をくれる」からです。
育児と言いますが
私は子育ての最初にやることは
調教(本能を抑えること)だと思っております。
猛獣が調教師の指示に従うのは餌をくれる(命を守ってくれる)からです。
まともに食べ物をくれない母親や父親の言うことは聞きません。
テレビゲームなどに子守りをまかせていたら
「うちの子ではない」
と言われる子供に育つ可能性が高いと私は思っています。
母乳で育て袋の味ではなくお袋の味で育てないと
母や父の生き方を受け継ぐ人間は育ちません。
 
 
最近、運動会に行ってびっくりすることは
大部分の御家族がコンビニなどのお弁当のようだ
つまりほとんどのお弁当がおかあさんの手作りでないのだ
以前はおふくろの手作りお弁当が運動会のお昼の楽しみでもあった
 
コンビニやスーパーで買うお弁当が悪い
と言っているわけではない
忙しい主婦も多いし、共稼ぎの家族も大変だろうし
色んな理由もあるだろう
ただなんだかとても寂しい世の中になった気がする
 
故郷を好きだと答えられる人ほど
地産地消の産物を食べていたという結果も出ている
地元で採れるものを
お母さんの手作り料理で食べて成長するからこそ
故郷を思い、豊かな人間に育つのだと私も思う
手作りのお弁当こそは
母親の愛を食べていることなのかもしれない
そう考えると
子供にとって一番大事なのは袋の味ではなくお袋の味ではないだろうか?