Kokoya de kobayashi

小林市の駅裏通りに

一軒家をリノベーションした

KOKOYA de KOBAYASHI がある

駐車場も広いスペースがありゆったりとしている

中に入るとまた違ったモダンな空間

オープンキッチンを見渡せる店内には

テーブル席とカウンター

お昼時を過ぎたというのに満席が続いている

 _

このお店のオーナーシェフは地位潤シェフ

外務省 優秀公邸料理人長でもあり

長く海外でも活躍されていた方だ

 

ランチはワンプレート

ここに小林名産の鯉のカルパッチョや

サラダ、トマトのスープ、鶏の料理が並ぶ

和風テイストのフレンチのイメージ

個人的には少しソースが多種類ありすぎたので

もう少しシンプルにされると嬉しいのだが・・・

 _

これに十五穀米におかかバターの入ったご飯

黒糖のアイスクリームに

水出しコーヒー

これで1620円(税込み)

納得の価格だ

 _

今日は日本酒イベントの打ち合わせもしようと

ダイワファームの大窪社長も駆けつけていただいた

大吟醸を楽しむ会には小林からも何人か

参加されているようで

大窪社長から日本酒好きが多いので

小林でもやってくださいと言われて開催することになったもの

すでに満席だという

フレンチと日本酒、イベントも楽しみだ

 

 

Kokoya de kobayashi

宮崎県小林市駅南267

0984231800

獺祭 桜井博志会長

獺祭は2018年の夏

色んな事件が起こった。

何といっても西日本豪雨で蔵が停電したことだ

完成して2年の新工場のIF70㎝まで浸水し

停電で蔵の温度コントロールが不能となった

3日後に電気は復旧したが

蔵にあった約50万キロリットルの酒の状況は

3℃も温度が上がって獺祭の味としては出せないと思ったという

 

蔵の緊急事態に救いの手が・・・・

同じ山口県出身の島耕作の漫画家で知られる弘兼憲史氏だ

その漫画に出た喝采と言う日本酒のモデルは獺祭だと言われ

それからのご縁が続いていた

何かできることはありませんかと弘兼氏から言われ

獺祭~島耕作~が実現することになった

酒として破棄するはずだったものが

商品となり、また一本200円が西日本豪雨の寄付金に当てられる

商品は大好評だという

65万本の予定だから完売すると13000万の寄付となる

まさに桜井会長ならではの逆転の発想だ

蔵は87日にようやく生産を再開した。

 

そして86日訃報が世界を駆け巡った

世界のフレンチの巨匠であり、

パリでオープンしたばかりのDASSAIジュエルロブションの共同オーナーでもある

獺祭の蔵見学にも531日に来ていただいた

ロブション氏は「精微の酒造り」と称賛されたそう

食欲も桜井会長よりあったので

今回の突然の訃報には驚かれたようだ

蔵見学をされたのはロブション氏の感謝だったのかもしれないと言われていた

 

71日の大吟醸を楽しむ会では獺祭の桜井会長にインタビューを行った

世界で日本酒ブームと言われるが、パリの日本酒事情は?

パリにおいて日本酒のシェアはほとんど1%以下と言って良い

パリにおいてある日本酒の温度管理は全然出来ていないように思う

冷蔵でしっかり保管して品質管理をした日本酒を飲ませる場を作る

それがパリにお店を出した理由だ

本当の日本酒の旨さを味わってもらう

そこから始まるのではないかと話されていた

 _

アメリカNY州での蔵建設はどのようなスケジュールですか?

10月には着工する

2019年の8月には蔵は完成する

最終的に最初の搾りは2019年の12月ぐらいだろう

 

アメリカの食用米のカルローズで行こうと決めた理由は?

カルローズは山田錦の親戚の品種

様々な造りを試しているが

アメリカ米は品質にもばらつきがある

それだけではなく現実には間違いなく想定外のことが起こっていくだろう

それを乗り越えるためには

着工から完成、そして最初の造りまでは

私もNYに住むことになる

多分来年の大吟醸を楽しむ会はNYから飛んでくることになるだろう

とおっしゃっていた。

 

様々な逆境を乗り越えていく桜井会長のバイタリティは

自らの信念でもある「その先へ」から生まれるのだろうか?

独自の世界戦略を描く獺祭の挑戦に今後も注目していきたい!

ベルエポック(宮崎市)

宮崎市霧島町のベルエポック

フレンチでありながらも、日本人に合った味付けが嬉しい

 

今日の目当ては山崎牛ランチ

アミューズ

スウィートコーンのムースや野菜のパテなど

夏らしい爽やかな前菜

 _

かぼちゃのスープ

 _

メインは山崎牛のモモステーキとバラ肉のシチュー

この価格で山崎牛の2つの味が味わえる

特にシチューはとても良い仕上がり

 _

デザートはカシスのアイスクリーム

やチーズケーキ、ブリュレ

 _

これで1620円とは、本当にお値打ち価格だ

 

 

山崎牛度  ★★★★

 

ベルエポック

宮崎市霧島3ー6

050ー5589ー7771

月曜休み 11:30~14:00 18:00~23:00

 

「18歳と81歳」

さだまさしの宮崎後援会長でもあり

TSUKEMENコンサートでも大変お世話になっている

スナックかすみのママから

楽しいメモをいただいた

かすみのママが80を越えても元気なのは

感動したものを自分の中に吸収しようとするバイタリティだと思う

皆さんにもご紹介したい。

 

 

18歳と81歳 

 

まだ何も知らない18

もう何も覚えていない81

 

偏差値が気になるのが18

検査値が気になるのが81

 

恋に溺れるのが18

風呂で溺れるのが81

 

道路を暴走するのが18

道路を迷走するのが81

 

心がもろいのが18

骨がもろいのが81

 

東京オリンピックに出たいと思うのが18

東京オリンピックまで生きたいと思うのが81

 

 

私にも年老いた母がいる

ここ23年母が年を取るごとに子供に帰っていくような感覚を覚える

そんなことを考えながらの

18歳と81歳」はとてもユニークで本質をついている

お盆は田舎に帰ってこのフレーズで母を笑わせてみたい

だって笑いは長寿の秘訣ですから・・・

 

ON THE KITCHEN(宮崎市)

宮崎市のイオン近くの檍北小学校の正門の反対側

駐車場が広い一軒家だなと思ったら

そこが ON THE KITCHEN のお店だった。

 

お店に入ると自然食品などの販売コーナーがあり

奥がオープンキッチンとテーブル席になっている。

 _

野菜料理が充実しているようで

1200円のランチは

カラフルな野菜料理が周りを囲み

メインの豚肉は真ん中に・・・・

それぞれの野菜の料理も工夫されている

多分料理好きの熟年女性もスタッフに入っているのだろう。

 _

これにもち麦が入ったごはんと

野菜が入った味噌スープに漬物

自然派系のカフェ食堂だ

意外な立地が面白い

不摂生が続いたらこの食堂で野菜を補給するのも良いアイデアかも!

開業して2年半だそうだ

 

 

 

意外な立地度   ★★★☆

 

 

宮崎市阿波木岐ヶ原町坂元19301

0985786008

11:0015:00  18:0022:00

日曜休み

大吟醸を楽しむ会盛況(高知新聞記事)

今年の大吟醸を楽しむ会について

共同通信・宮崎支局長の上野敏彦氏が取材をしてくださり

黒潮還流 第4として

728日に高知新聞に掲載された。

 

焼酎王国で日本酒  

大吟醸を楽しむ会 盛況

女性たち 「酔い心地魅力」

_ 

日本酒の中でも酒米を極限まで磨いて醸した酒のことを

大吟醸酒と呼ぶ。

楽しむ会は1998年にスタートし、今年で21回目

宮崎が日本酒生産最南端の地で

超早場米の出荷が日本一早かったことから

日本酒文化普及のために始まった。

・・・・

世話人代表の町川安久宮崎日日新聞社長が

本県が生んだ歌人の若山牧水も酒と旅を愛した

皆さんもここで大吟醸を飲みながら、日本一周の旅を楽しんでください

と挨拶したように

宮崎に来れば旨い酒とつまみを味わえる仕組みになっている。

チケットは11000円と高額ながら、発売と同時に600枚が売り切れる。

 

 

最初から参加されている高知県の蔵元、司牡丹の竹村社長の話や

宮崎市で創業40年を迎える日本酒専門の「多喜」の話など盛りだくさんだ。

是非興味がある方はじっくりと読んでほしい!

 

BOOZAのかき氷

宮崎も炎天下が続いている。

さすがに暑い!!

こんな日の午後はカキ氷が食べたい!

宮崎市の広島通になるBOOZA

 

BOOZAのかき氷は日により34種類ほど

あるようだ

この日は杏子とマンゴーなど

今日はまっちゃ茶

白玄堂のオーガニック茶葉と

抹茶をブレンドしたものだそう

 _

白いんげん豆の自家製小豆もとっても美味

氷の量もほどほどで

涼やかになごめる。

暑い夏の午後はBOOZAのかき氷も

あなたのレパートリーに入れられたら良いかもしれない

心が少しすっきりします!

なぎさホテル(伊集院静)

伊集院静氏が若き時代に

どうして絶望から再生ができたのか

そのことを自叙伝として書いているのが「なぎさホテル」だ

久しぶりに再読してみた

 

広告制作会社を訳あって辞め

妻子とも別れ、東京を捨て、故郷に帰ろう

と思っていた彼はふと海が見たくなり

逗子の駅に降り立つ

海岸線を歩き、昼過ぎぼんやりビールを飲みながら

海を見ていたら

昼のビールは格別でしょうと声をかけてくれたのが

I支配人との出会いだった

どこか近くに長逗留できる宿はありませんかと尋ねた

この後ろも古いですがホテルですよと言われ

いつの間にか7年と言う時間をここで過ごすことになる

 

逗子なぎさホテルは1926年湘南で始めて建てられた洋館式のホテルで

明治時代にスイスにホテル経営のため留学した岩崎家一が設立した

当時皇族の御用達ホテルでもあり

木造建築2F建ての美しい建築は逗子、葉山の象徴でもあった

関東大震災、太平洋戦争後の駐留軍の接収などを経て

その後も多くの人に愛され、平成元年62年の歴史を閉じている

その間、現天皇陛下の昼食の来訪など

様々なエピソードを残している

 _

1978年から1984年の7年余り

I支配人は海の物とも山の物ともわからぬ飲んだくれの青二才を

いつも温かい目で見守ってくれた

 

お金はあるときでよい

旅行に行く時はお金を用意してくれ

ホテルのだれもが優しく見守ってくれた

7年間のホテルでの時間は、伊集院静氏にとって

作家として生きるための基礎の時間だったと思うし

夏目雅子とのつきあいもこのホテルがあったからこそ

結婚までたどりつくことができたのだと思うほどだ

 

外国航路の船乗りだった

I支配人との面白い会話が出てくる

何故大丈夫だと思ったのですかと言う伊集院氏の問いに          

野良犬が私とあなたにしか尾っぽを振らなかったからだと答えた

 

あとがきで伊集院氏はこのように書いている

 

仕事場においてある”逗子なぎさホテル“のマッチを見る度

私はあの海が見えていた窓辺を思い浮かべる

この20年間、私が作家として何らかの仕事を続けられてきたのは

あのホテルで過ごした時間のおかげではなかったかと思うことがある

・・・・・・・

私の記憶の中にはあの優しかった人たちの笑顔と

まぶしい逗子の海の光はずっと消えずにある

停止した正午の針のように・・・・・

 

第21回大吟醸を楽しむ会の海幸・山幸

大吟醸を楽しむ会には

宮崎観光ホテルをはじめ宮崎の多くの名店に

料理のご協力をいただいてる

 

喜泉の蛸の小倉煮とイワシの山椒煮

 スウィートコーンとタコとの色彩のコントラストが素敵だ_

みょうが屋の宮崎牛筋煮込み(1週間かけて宮﨑牛で仕込む贅沢な煮込み)

 _

ショットバーOakの恵子ママのピクルス

 カラフルさと食感がクセになる_

福永崇志シェフの枝豆と焼きモロコシのムース(大人気)

 _

KURAGEイサキ薄造り(今年初めての出品、とても奇麗)

 

ポチロンのラタトゥユ(日本酒にももちろん合います)

 

えのみの筍寿しと野菜の煮しめ (食物繊維不足の貴方に)

 _

ミドリマツベーカリーのほうれん草ときのこのキッシュ

 _

かずら橋のかつおのごま漬、ポテトサラダ、

 

宮崎アグリアートのたっぷり旬野菜

 _

ダイワファームのチーズの実演

 

そのほか、炭焼きあんばい、ねこや商店、ケンコー食品

田村鮮魚店、斎藤精肉店などのご協力をいただきながら

毎年料理の部分から大吟醸を支えていただいている!

会が歴史を重ねることが出来ているのはこの飲食店の方々の御協力のお陰だと思う

 

 

アリババグループとJR九州との提携

最近、中国へ農業指導に行かれた方と話したことだが

中国ではスマホがあれば現金はほとんど出すことなく

旅行できると話されていた。

現実には中国人の生活はほとんどが

スマホ決済で対応できる

いまや中国はスマホ決済では世界で一番進んでいる国だ

 

中国でスマホ決済の一番のシェアを持っているのが

アリババグループのアントファイナンスだ

名前はアリペイ(Alipay

中国国内のアクティブユーザー数は6億人を超え

海外でも40の国と地域で

中国人向けのオンライン決済サービスを提供している

 

723JR九州はアリババグループと

戦略的提携を行うことを発表した

2023年には九州に100万人の中国人を送客するというものだ

2018年は9月から20193月に5万人の送客を実現するとしている

 

実施はアリババグループが提供する

中国人向け旅行商品の販売プラットフォーム フリギーを利用して

九州の魅力的な観光スポットを結ぶ旅行商品などを

ダイレクトに販売する

また中国人の旅行達人によるライブキャストを展開することで

より九州の魅力を訴求していくというもの

 

世界最大の金融子会社を持つアリババグループとJR九州の提携は

中国人旅行客の日本でのキャッシュレスの実現を図るだけでなく

それを取り巻く九州全域の旅行産業の拡大をも図ることもできる

まさに九州観光への大きなインパクトを与える地域活性化事業だ

今後の展開に注目していきたい!