TSUKEMEN2016 宮崎コンサート
アル・ケッチァーノin銀座2016(報告)
グレイトアース宮崎ライド2016(報告)

井泉庵(信州)

信州・小諸駅の近くに井泉庵(せいせんあん)
という蕎麦屋がある。
通常の民家みたいな店構え
一見さんではほとんど通り過ぎてわからないだろう
 IMG_5004
お店に入ると
落ち着いた雰囲気の椅子席に案内される
ここが8月6日放送のヒルナンデスに出てくるそうだ
興味がある方はぜひ見ていただきたい
 IMG_4996IMG_5003
さてまずはお酒をお勧めのぬる燗で
銘柄は地酒の浅間嶽
辛口でなかなかうまい
 IMG_4998
蕎麦はせいろをお願いする
地元産のそばを石臼で丁寧に挽いたという
蕎麦は細めで、つゆも辛口
江戸前の蕎麦
 
蕎麦の香りもそれなりにあり、ホッとする蕎麦だ
たぶんご主人の人間味が
蕎麦を美味しくする秘訣ではないかと
御主人の笑顔を見て思った
 IMG_5000
御夫婦で仲良くされていて
愛想も良い
旅に出るとこんな意外なお店の発見もあるのが楽しい
 
 
 
意外度     ★★★
 
 
 
井泉庵 (せいせんあん)
 
長野県小諸市新町1-3-31
0267-22-3594
 

ヴィラデストワイナリー(信州)

エッセイストであり画家でもある玉村豊男氏が
1991年に信州に転居され
2003年にワイナリーを開設された
 IMG_4965
丘の上にあるぱっと開けた土地を見たときに
一目で気に入った場所だったという
ぶどう畑を見ながら車をすすめていくと
ようやく駐車場に到着
IMG_4948IMG_4971
降りてワイナリーの建物を横目で見ながら
まずは素敵なガーデンを散策
IMG_4962IMG_4964
ガーデンの細かいこだわりも素晴らしいが
ここの眺望は圧巻だ
豊かにそびえたつ山々
 IMG_4959
ガーデンから見えるブドウ畑の風景
このワイナリーは7ヘクタールのブドウ畑があるようだ
赤のメルロー、白のシャルドネをはじめ15000本ほどのブドウの木がある
 
ヴィラデストワイナリーのワインは色んな賞を受賞しているが
何といっても開設3年目の洞爺湖サミットでの
ワインを造ったのが話題となった
最近の日本ワインの活躍は
今後のワインの将来を考えるととても楽しみでもある
 
豊かな自然を体感した後は
お店へ
ここには玉村豊男氏がイラストを描いたワインをはじめ
皿やカップ、ポストカードなどが販売されている
ファンにとってはたまらない場所だ
 IMG_4955
IMG_4956
時間がなく食事ができないのは残念だったが
次の機会に取っておくことにしよう
 
 

ちょんぷーや(宮崎市)

宮崎市の本格的タイ料理屋のお店
まんごやさんがタイヌードル&ライスのお店を
はじめられた
そのお店の名前はちょんぷーや
宮崎市の山形屋と若草通りの間ぐらいにあり
通りに面しているのでわかりやすい
 IMG_1201
今日も宮崎は暑い
暑いときにはさっぱりしたものが食べたくなる
 
店に入って汁そば(クイッティアオ)を注文
米の麺に淡白なスープ
それにつみれや野菜などが入っている
IMG_1200 
調味料は本場タイと同じで
ナンプラー、唐辛子、砂糖、酢で
自分なりに味付けして食べる
 
さっぱりとしてスパイシー
予想を上回る美味しさで550円とは
体と心にやさしいタイヌードルだ
 
カオマンガイもそれなりに美味しい!
 
 
 
さっぱり&スパイシー度    ★★★☆
 
 
ちょんぷーや
 
宮崎市橘通り東3-6-5
0985-20-1022
 
 

孫正義のARM電撃買収

7月18日
孫さんのビッグニュースが世界を駆け巡った
 
年商 約10億ポンド(1400億円)のイギリスの企業に
ソフトバンクが 240億ポンド(3兆3000億円)
の買収を行うと発表した。
株式はすべて買い取りするという。
買収金額と年商の比較をすると
あきれてしまうほどの過大な買収金額である
 
その会社とはARMホールディングス
イギリスのケンブリッジに本社を置く
1990年創業の半導体知的所有権の会社
LSIの設計開発でライセンス料やロイヤリティをもらうのが
この会社のビジネス
特にスマートフォン向けの半導体チップでは
世界シェア1位の会社でもある
取引先はアップルやサムスン電子、華為技術
など世界の大手企業が採用している
 
売上の55%がロイヤリティ収入、36%がライセンス収入という
マーケットリーダー企業でありしかも無借金
バランスシート上では9、5億ポンドのキャッシュがある
 
英国のハイテク企業の中でも
最も優秀で尊敬される企業だともいわれている
 
最近ソフトバンクはグループ企業の株式を
次々に現金化していたが
用途が何かつかめなかった
 
言えることは今回の買収はスプリントとは次元が違うことだ
スプリントは単なるアメリカの通信会社
今回の買収は世界の設計ソフトのマーケットリーダーを買収することで
通信会社を脱皮し、なおかつ
スマホをはじめ、設計のソフトの領域にリーダーとして
大きくかかわっていける点だ
 
タイミングもベストだ
EUからの英国離脱で不安だった外国資本の投資で英国に恩を売ることができ
ポンド安での投資も追い風になる
 
孫正義社長は
Iotがもたらす重要なチャンスをつかむことになると話した
彼の頭の中には5年後、10年後の未来がどうなかの
確固たるシュミレーションができているように思える
 
具体的にはこの買収は
市場関係者にとっても、消費者にとっても
消化しづらいかもしれないが、
個人的には
孫さんらしい世界戦略のスケール感がある
素晴らしい勝負手だと考えている
財務体質が一時的に脆弱になることはどうしようもないが
将来に向けての大きなビジネスモデルの可能性をより感じさせてくれる
相変わらずハラハラドキドキさせる孫さんには脱帽だ
 

藍海(シーガイア)

シェラトングランデ オーシャンリゾートの1F にあるお店
中国料理のレストラン 藍海
このレストランの料理長がおやめになってから

いつのまにか足が遠のいていた
 
今日はあまりの蒸し暑さに
涼しい場所で坦々麺を食べたいとこのレストランを予約した
 
席に通されると
さすがにゆったり気分
お昼なので
ペリエでのどの渇きと暑さを押さえることにする
こんな気分で飲むペリエはさっぱりとして大好きだ
 IMG_1182
料理は
白身魚の香蒸 黒豆ソース
IMG_1186
牛肉の黒コショウ炒め
 IMG_1183
どちらも上品な味付けで
洗練されている
宮崎の町の中華屋さんと比べても一段高く抜けている
料理長が辞められてからは前ほどの評判は聞かないまでも
まだまだ高いレベルをキープされていると感じた
 
坦々麺は
細麺が辛いごまスープとなじんで
ホットな味わい
酢を入れて自分好みのマイルドな味わいに
 IMG_1185
夏の暑い時期
宮崎ではここの中華で涼しい時間を送るのも
また良い過ごし方だと思う
価格が高いのがネックではあるが
 
 
レベルキープ度    ★★★☆

かずぼー(宮崎市)

お昼に魚の刺身が食べたくなる時がある
考えてみると意外に
お昼は宮崎市ではそういう場所が少ない
 
そんなことを残念に思っていたのだが
このお店ができてそんな悩みが解消された
お店の名前は かずぼー
場所は まつの の横と言った方が分かりやすいだろう
 
以前のこの場所はうどん屋さんだったと記憶しているが
いつのまにかかずぼーに変わっていた
入るとカウンターだけの店内
御夫婦だけで一生懸命だ
 IMG_1621
刺身モリモリ定食 800円を頼む
地魚中心の刺身、鶏のから揚げ、アラ汁、御飯、漬物
特に刺身が量もたっぷりあり驚くほどだ
種類も見ての通りの素晴らしさ
唐揚げもうまいし、アラ汁もとても上品
ご飯の量も聞いてくれるのが嬉しい
これだとすぐ行列のお店になること間違いなし
 
以前宮崎の中心の飲み屋街でお店をされ大塚に移転した数馬のご主人のようだ
私も何回かお邪魔したこともある
それだけに料理の基礎がしっかりできている
是非海鮮ランチのCPの良さを体験してください!
 
 
海鮮ランチ度    ★★★☆

2016 IWCチャンピオンサケ決定!

7月7日イギリス ロンドンにおいて
インターナショナルワインチャレンジSAKE部門
IWCの2016 チャンピオンSAKE が決定した
 
5月に神戸で行われた事前審査で
376社、1282銘柄の中から9部門でIWCゴールドが選ばれ
9カテゴリーの最高賞トロフィー賞が選ばれた
 
そのトロフィー賞の中から今回
2016チャンピオンサケに決定したのは
 
出羽桜 出羽の里 純米
310xNxdewanosato.jpg.pagespeed.ic.GPRTZBrk-z
山形県酒造好適米を60%に磨き
醸されたすっきりとした純米酒
日本酒度は+1のうま口
 
しかし今年の出羽桜の勢いは素晴らしかった
金賞を受賞し
IWCゴールドを3部門で受賞
その2部門でトロフィー受賞と快進撃が続いた
 
そしてロンドンでのチャンピオン・サケの受賞
今まで大吟醸がIWCチャンピオンSAKEを受賞してきたが
純米酒が受賞するには初めてのことだ
しかも地元の酒造好適米を使っての受賞も価値がある476_MG_1815
出羽桜の仲野社長は
最近はIWCを受賞すると売り上げが一挙に上がると言われていた
2008年に一路がチャンピオンサケを受賞しているだけに
その言葉には重みがある
それだけIWCの影響は年々拡がっているということだろう
 
今回の受賞は純米酒ファンにとっても朗報である
大吟醸を楽しむ会には毎回参加されている
出羽桜の活躍と朗報を心からお祝いいたします。
本当におめでとうございました!
 

ドイツ銀行の憂鬱

ドイツ銀行の株価が史上最安値を更新している
リーマンショック後の安値をも更新しているのだ
マイナス金利で世界の銀行業界が苦境にあるとはいえ、
このドイツ銀行株価は何を物語っているのだろうか?
 
デリバティブ取引の巨大さ、補償金、相次ぐレイオフなど
ドイツ銀行の大きなリスクはこれまでも指摘されていた
 
世界の著名投資家 ジョージ・ソロス氏は
突然、現役にカムバックし
そのメインファンドであるソロスファンドは
英国がEU離脱の投票翌日の6月24日に
ドイツ銀行を700万株空売りし、利益を上げたようだ
 
そして6月29日FRBが行ったストレステストの結果
33行のうち
昨年に続き、ドイツ銀行の米国法人と
スペインのサンタンデール銀行の米国法人
2行が不合格となった。
 
6月30日にはIMFが
世界の巨大銀行の中で金融システムの潜在的なリスクが
最も大きいのがドイツ銀行だとする報告書をまとめた。
その次はHSBC、クレディスイスが続くという
 
ドイツ銀行は今後国内で
さらに数千人程度のレイオフを行うことが決まったようだ
 
現在の世界株式市場は
英国離脱を受け、ショック安に見舞われたが
今は何とか小康状態を保ちつつあるようにみえるが
7月6日の英国不動産ファンドの解約停止
イタリアの銀行の経営不安などもあり
まだまだ世界経済の先行きは混とんとしている
今年は市場にどんなブラックスワンが現れるとも限らない
 
ジョージ・ソロス氏はすでに投資の対象を
金と金鉱山株、アメリカ株のショートにターゲットを変更し
世界経済が不安定になり弱くなることを見越しているようだ
世界金融危機の前に市場にカムバックしてきたソロス氏
彼の頭に中にはどのような金融未来が描かれているのだろうか?
 
世界の株式市場が突然何かで崩れたときに
ドイツ銀行のリスクはさらに深まって行くことは確かである
しかも単なる一つの銀行にリスクにとどまらない
世界金融危機へ繋がる危険性をも帯びている。

第19回大吟醸を楽しむ会(報告)

第19回大吟醸を楽しむ会は
7月3日夜7時から宮崎観光ホテルで600名の参加者で開催された
 IMG_1140
全国から40蔵元が宮崎に一同に集まり
自慢の大吟醸と地元の珍味、仕込み水を味わうことができる
まさに居ながらにして
大吟醸日本一周の旅ができる
全国でも唯一無二の会である
 
サンバビートの曲で蔵元登場すると
会場から拍手喝采
343hayashi-daiginjou2016
13438881_2622557397755142_7282511189896625088_n
世話人代表して佐多会長があいさつ
インスパイヤーという今年のキーワードは
人に感動を与える、人を元気づけ励ますという意味です
九州に元気を与えるような会にしていきたい
 369hayashi-daiginjou2016
そして今年から全国蔵元代表となった浦霞の佐浦社長のご挨拶
震災から5年、震災のわずか4カ月あとに
宮崎の大吟醸を楽しむ会に参加できたことは本当に印象深いことだった
今年は熊本大震災で九州全体が大変な 被害や間接被害を受けている
是非微力ながら40蔵元の大吟醸で元気をつけていただければありがたい
 374hayashi-daiginjou2016
河野知事は
はじめて三遊亭鳳楽師匠の落語会にも参加した
伊勢志摩サミットでは宮崎キャビアと宮崎完熟マンゴーが
提供されたが、その2つもこの会場のどこかにあるようです
是非楽しみにしてください
 
鏡開きは震災からの復興をテーマに
浦霞、千代の園、綾錦 をご提供いただいた
 IMG_4811
 
料理も 
境港のまぐろ、筍寿司、斉藤牛、ワサビの醤油漬け など美味、珍味がいっぱい
 IMG_1143lin-187
 IMG_4815lin-220
 
蔵元さんの笑顔が素敵だ
 IMG_4841
 IMG_1142
IMG_4828
IMG_4839IMG_4778
蔵元珍味は熊本の馬刺しのたたき、新潟 八海山の鮭中骨軟骨粕漬など
美味しい珍味もいっぱい
 IMG_4784IMG_4789
参加者の笑顔、蔵元さんの笑顔
美酒と美味しい料理があればコミュニケーションは無限に広がる
そんなことを実感した19回の大吟醸を楽しむ会だった
参加者の皆様、蔵元の皆様
ご参加誠にありがとうございました
そして我々を支えてくれた宮崎観光ホテル、ボランティアスタッフの皆様
心から感謝申し上げます。
 最後にみんなで記念撮影!665hayashi-daiginjou2016

林業がもたらす地方創生

宮崎県森林組合の主催で
里山資本主義を書いた藻谷浩介氏の講演会が
7月1日、宮崎観光ホテルで開催された
テーマは 「林業がもたらす地方創世」
 IMG_1131
藻谷氏とは先日三重であったばかり!
ロビーでお会いすると、今日は稚内から飛んできて
講演終了後、東京に帰るのだという
稚内はすがすがしいさわやかな良い天気だったが
宮崎はさすがに暑いですねと
相変わらずお忙しい毎日のようだ
 
今年のゴールデンウィークにはあまり旅行が好きでない妻と
高千穂から都井岬まで一日でドライブした
宮崎には強烈なキラーコンテンツと呼ばれるものがないと
私は思っていたので宮崎の妻の反応が気になった
宮崎は広くて明るいと大変評判が良かった
とても伸びやかなところという表現の方が良いのかも知れない
また機会があれば一緒に夫婦でお邪魔したいと考えている
 
さて講演は
日本の都市部は老齢化がどんどん進みつつある
宮崎市を例にとっても
65歳以上が2010年3月の8.4万から
2015年の9.9万と17%増えている
福岡も同じ傾向が続き、東京はもっとひどい
都市部はどんどん高齢化し
東京の空き屋は750万軒のうち82万軒が空いている状態だ
 
西米良村の例を    (2010年)       (2015年)
14歳まで         131人        153人    17%増
15~65歳まで     598人         556人    7%減
65歳以上        543人         522人    4%減
 
日本の過疎地で頑張っているところは
老齢化を極め若返りつつある現実も見える
 IMG_1130
林業の日本での売り上げは2000億だが
農業は8兆円と160倍
これを冷静にみると産業ともいえない規模だ
 
林業は日本とドイツとよく比較される
ドイツの林業に携わっている方はマイスターと呼ばれ
年収1000万が多い
林業と言うのは頭を使ってするもの
日本はドイツより木が生えて成長するのも早い
しかし丸太の生産性がドイツの7分の1ほどの低さ
そして宮崎県の立地の良さは森林から港への立地が良いという点
中国、韓国が木材が足りない
フィリピンも木材を輸入するようになった
こんな状況を考えると宮崎の林業のノビシロは一番可能性がある
 
日本の介護系の施設はプレハブ型がほとんど
しかも全く足りない
人間が木にぬくもりを感じるのは昔から
しかも年を取ればなおさら木が合うだろう
そうであれば介護系の建物を規制解除も考え
木造の対応ができるようにするだけで莫大な需要が発生する
 
ロンドンではCLT工法で8F建ての木造建築物ができた
建設期間も短縮できた
 
ブリティッシュコロンビア大学では学生寮として
15F建てのほぼすべてを木を使用する木造建築物が建設中だ
 
岩手県の住田町では木造で役場を作った
予算は12億円だったが通常工法で造ると20億円
images
しかも材料は町内の山林から調達した
地元にお金が落ちる地域循環型の経済でもある
日本は今後地元の材料を使う
このような木造のインフラ整備をやって行けば
林業の将来は明るくなるはずだ
 
途中眠っている人間には檄を入れ
こちらの方が眠いんだ
大切な話だからしっかり聞いて下さいと
里山を思う熱い心を語る藻谷さんに大変共感するものを感じた