ロビンフッド族の快進撃!

アメリカの株式市場が活況だ

ナスダック市場では最高値を更新し

S&P500も最高値更新まであと一歩と迫っている

このコロナ禍が収まらない中で

実体経済と株式市場の乖離はますます大きくなっているように感じる

これまでにはない不思議な違和感を持っている

一体何が起こっているのだろうか?

 

コロナ禍でアメリカ政府は2兆ドルの経済対策を行った

アメリカ政府や州からの現金給付をはじめ

失業給付金は賃金より多いケースが半数以上とも言われる

都市のロックダウン以降巣ごもりの人々が

これらの給付金を元手に

にわかトレーダーとなり活用しだしたのが

無料のオンライン株式アプリ、ロビンフッドだ

 

ロビンフッドはスタンフォード大学のルームメイト

ウラジミール・テネフとバイジュ・バットが2113年に立ち上げた

フィンテックのユニコーン

売買手数料無料、最低預入残高無料を打ち出し

投資経験がない人でも手軽に小口で売買を楽しめるのが人気

2019年12月には1000万口座だったのが

2020年ロックダウン直後から2か月で約1500万口座と一挙に増大した

このロビンフッド族の快進撃が今の相場の上昇の一つの要素だろう

GAFA,MS,TESLAなどなどの爆発的な上昇のきっかけは

これらのゲーム感覚のアマチュア小口トレーダーが火をつけたと言っても過言でもない

 

アメリカ政府のコロナ対策は今後も続く

あふれた空前の規模の現金はまたもや株式市場へと流れ込んでくる

ただ心配なのは知識のない投資家(ロビンフッド族)が

一度成功体験してしまうと、やめられなくなり

最後には大きな火傷を負う事にもなりかねないということだ

それは歴史が証明している

KURAGE若草通店(宮崎市)

宮崎市若草通に看板のない店がある

ドアを開けて入るとお店の活気が伝わってくる

このお店がKURAGE

私の好きなカウンターに座り

料理は店長のお任せで注文

 

まずは名物刺身

それぞれに魚の名前を書いてあるので

とても分かりやすく見た目にも美しい

日本酒は開運の凉々

夏らしい辛口の純米酒

次は気仙沼で捕れたばかりのほや

まさに海のパイナップルだ

日本酒は宮城の綿屋

生春巻き

牡蠣

最後は社長が青島沖で釣ってきた黒むつ

酒は福島の飛路喜で味わう

贅沢な取り合わせだ

このお店は魚も美味いし日本酒の品揃えも良いので重宝している

 

 

お魚度  ★★★★

 

KURAGE若草通店

宮崎市橘通東3丁目6-37和泉ビル1F

0985—29ー8666

月〜土曜 18:00〜23:00

日曜休み

NHKプロフェッショナル( 石川佳純スペシャル)

8月10日のNHKプロフェッショナルで

石川佳純スペシャルが放送された

個人的な感想を少し・・・・

 

2012年のロンドンオリンピックで

日本を初の団体銀メダルに導いていらい

女王の座を自他ともに認めていた石川佳純

しかしその陰りは

2016年リオオリンピックの一回戦敗退の時から

少し見えていたように思う

その直前には国内でも伊藤、平野の新世代コンビに

急激に追い上げられていた

 

光の中だけを歩いてきた石川佳純にとって

2019年は苦しい過酷でやめたいと思った一年だっただろう

伊藤がオリンピックの切符を早々と決め

あと一枠を平野としのぎを削る戦い

 

公式ボールの変更、高速卓球などに対応して

自らのプレイスタイルの変更などを実行しながら

女王のプライドをかけて戦いを続けたが

その誇りがボロボロになるまで負け続けた崖っぷちの日々

100回ぐらいやめようと思った

 

その期間同行していた撮影スタッフに答える

石川佳純の素直な感情の発露がとても共感できた

負けず嫌いの彼女が

自らを弱くなったね!と言いつつ涙を見せる姿は切なかった

しかしここから這い上がってくる石川の姿こそが真のアスリートだ

 

カナダ大会での平野との最後の決戦の前に

なぜ失敗するのか?なぜできないのか?を考えるのをやめたんです

前向きに大丈夫と思うようにした

結果は積極的に攻めに攻めた石川の逆境からの覚醒となった

この一戦は石川にとって生涯忘れられない戦いになっただろう

苦しみの先にたどり着いたのは

「やっぱり卓球が好き」だったと言う

 

何をやってもうまくいかない時も終わりは来る

光は来るんだと自分自身が教えられた  ー石川佳純—

玄米麹甘酒(ここころ)山本美代子さん

宮崎市松山1丁目にある

玄米麹甘酒こころこの経営者の山本美代子さんに話を伺った

お店は駐車場もある

9年ほど前からお母さんの容体が思わしくなく

元気になってもらおうと手作りで甘酒を作り出した

その甘酒を飲んで

お母さんも少しづつ元気を取り戻していかれた

その話が周りで口コミとなり甘酒の問い合わせが続いた

お母さんが亡くなり

その後も甘酒を造っていたが

山本さんは麹を自家製で出来ないかと考え

宮崎県食品開発センターの祝迫氏を訪ねた

何回か勉強を重ね自家製室で麹を造れるようになった

玄米麹は5日間かけて仕込んでいるそうだ

これが無農薬の玄米麹

えびのの本坊農園と知り合ってから

無農薬の玄米と出会えることができた

お店のディスプレイを見るとまるで本坊農園のよう

この玄米を使って麹を作り、甘酒を造っていらっしゃる

まだわずかな量しかできないが

この玄米甘酒には白米の甘酒の3、5倍のフェルラ酸が

含まれているという

玄米麹甘酒、この100CCぐらいを毎日飲むと良いそうだ!

このフェルラ酸の機能性が凄い

抗酸化作用、認知症予防作用、腎障害予防作用、血圧低下作用などなど

玄米甘酒ご愛用の方々は

よく眠れる、血圧が下がった、疲れなくなったなどの

意見が多くリピータになる確率が高いと言われていた

試飲させていただいたが自然な甘さとコクに驚く

地方に隠された宝物を選ぶ「にっぽんの宝物」

2017年度宮崎準グランプリ受賞(甘酒プリン)

2018年JAPANグランプリ スイーツ部門準グランプリ(甘酒プリン)

2019-2020スイーツ・新体験部門ヘルシースイーツ賞受賞(玄米甘酒カステラ)

山本美代子さん

大切な家族の健康を祈りながら、支え続けた甘酒は

低カロリーで栄養豊富

手作りの麹と無農薬の玄米の甘酒に素材も進化して

低カロリーで栄養豊富です

是非ご興味のある方はお試しください!

お問い合わせ

(有)サンライズ ここころ

宮崎市松山1丁目10-31

0985-89-2105

ふじ木(宮崎市)

ニシタチの飲食店は夏休みというのに

コロナ自粛の影響もあり人通りも寂しい

久しぶりにふじ木に行きたいと思い

早めにカウンターに座る

ご主人とも久しぶりだ

しかし宮崎の今は7時には帰らないといけないのがルールなのです

さて今日の日本酒は

富山の満寿泉のワイン酵母で醸した酒

満寿泉の桝田隆一郎社長は挑戦する酒蔵として

シーバスリーガルと組んだり

ドンペリの醸造責任者とコラボしたりと

数々のユニークな酒造りをされている富山の名物蔵でもある

そして三重県鈴鹿市の作

一挙に人気が高まっている透明感のあるお酒

最初の突き出しが素晴らしい

鮑と秋田のジュンサイ

次はマグロの山かけ

お酒がどんどん進む

椀物、出汁が旨い

刺身はキジはたとかつおと赤雲丹とイカ

きじはたの白見が抜群に美味しい!

たちの焼き物

マスターと話をすると

一年前に倒れたのだそう

それからはお酒を一切やめているという

コロナ禍の影響も大きいようで

宮崎でコロナのニュースが出たらキャンセルが続出だったと苦笑い

まだまだ頑張りますと威勢が良いのが嬉しい

金山寺味噌

自家製魚うどん

 

今日は日本酒と和食を堪能した

ふじ木のご主人は69歳だそうだが

これからも宮崎の和食向上のために頑張っていただきたい人だ

 

 

刺身度  ★★★★+

 

ふじ木

宮崎県宮崎市千草町1−2ABCビル2F

0985-20-0833

17:30〜23:00  日曜休み

獺祭の挑戦(弘兼憲史)

山口県の山奥の小さな酒蔵

獺祭の世界への挑戦を弘兼憲史が漫画で描いた話題作

ストーリーは

大手日本酒メーカーで修業をして帰ってきた

桜井博志氏は当時経営をしていた父親との折り合いが悪く

辞めて石材業を営んでいた

そこに父親の死で1984年旭酒造を受け継ぐことに

当時の銘柄は旭富士

紙パックや景品など様々な試みをしたが

なかなかうまくいかない

社員の給料は利益が上がっていた石材業のほうから

奥様が工面していた

蔵の現状を打開しようと悩んだ末に

純米大吟醸を造ると決心する

静岡県の吟醸造りのレポートに感化され

蔵で大吟醸を造ってみた

思った以上に良い出来だったが旭富士だと負け犬のイメージ

新ブランドにしようと考える

正岡子規の俳号は

獺祭書屋主人と何かの本に書いてあった

旭酒造は獺越地区(おそごえ)

1990年獺祭が誕生した

1992年には数々のドラマを生んだ獺祭二割三分が誕生する

夏の休閑期に岩国に錦帯橋のほとりに地ビールを作り

レストランで展開して行こうという事に

しかしこの地ビールの挑戦がとんでもないことになる

数億円の予算で実行に移したがものの見事に失敗

杜氏も蔵を離れていき

周りからは倒産すると言われた

ピンチをチャンスに

四季醸造に切り替え、全てのデータをインプットして

経験と勘から数値管理の見える化を図った

そして流通は問屋を排除し直接取引にした

ここからの快進撃は誰でもご存じの通り

2008年新蔵完成

2010年新蔵第2工事完了

2012年第2蔵稼働

年率150%のスピードで出荷が伸びていく

2015年12F建ての本蔵が完成する

世界への挑戦も形になっていく

2018年6月 DASSAIジョエルロブションパリオープン

2019年獺祭NY蔵建設(コロナで一時休止中)

桜井会長曰く、日本の少子化を考えると

目を向けるのは世界

世界の売り上げを9割にしたいと意気込む

桜井会長とは大吟醸を楽しむ会をはじめとして

キャビアでのコラボや奥田シェフとのコラボなどで

大変お世話になっているが

本質を的確につく言動とスマートさと腰の低さは会長ならではだろう

またマスコミには全て機敏に対応するなど

マスコミの利用の仕方も非常に巧い方でもある

世界に向けての挑戦は始まったばかり

会長と息子さんの桜井一弘社長との2人3脚で

コロナ禍終息後の世界への飛躍が今から楽しみでもある

トロ伝説(築地の記憶)富岡一成

15年魚河岸で働いていた富岡一成氏が書いた

「築地の記憶」の本がある

今はなくなってしまった築地の裏表を

詳細に描いているとても良い本だ

文章だけではなく築地で働く職人たちの真剣な表情

ほっとしたときの笑顔等々の写真もとても良い

豊洲に移転して2年ほどたったが

私の中の記憶もまだ築地は鮮明に残っている

その本の中にトロ伝説があるのでご紹介したい

 

トロ伝説

 

鮪の脂身を「トロ」と言うのは

日本橋の老舗「吉野寿司」から始まったという

なんでも三井物産の社員さんの命名らしい。

大正時代にこの店を贔屓にしていた三井物産の人たちは好んで

マグロの脂のところを注文していたが、これには名前がなかった

「初めは段だらを頂戴」とか

「シモフリ握ってよ」なんて注文していたが

もっと気の利いた符牒にしようという事になり

口の中でトロっと溶けるからトロというのはどうだい

なんて決めたのだそうだ

多分それはホントの話だろう

だがそれがどうして世間に広まったのだろうか

いろんなところで同時に使われだしたことだって考えられる

何といってもその時代に生きていないのだからわからない

また昔はトロは捨てられていた、なんてことがよく言われる

私も何度か書いた

脂身は傷みやすいから、冷凍技術も輸送手段も発達していない時代には

腹痛を連想させる代物だったことは想像に難くない

だがそれだってホントかどうだか

もちろん商売物としての価値は低かったにしろ

ぜったに食わなかったというのも不自然な話ではなかろうか

確か明治の人が、「アレはうまい、好物だ」なんて書いているのを読んだ記憶がある

やはり明治生まれで、マグロの大旦那だった古老に

話を伺ったときも

「トロを捨てたことは一度もない」と言っていた

トロの話はどれも面白いが本当はわからない

定説とは確かめようがないことを言うのだろう

 

大正から昭和にかけて不変の人気の寿司ネタとなったトロは

世界の寿司ブームや本マグロの需給の逼迫も有

今や高級寿司ネタの代名詞でもある

トロの起源を探りながら

またトロを存分に食べに行きたいと思うこの頃だ

そうだ!

すし屋で段だらと一度言ってみよう

KAMPAIWAVE37のグランプリ発表

7月5日に開催されました

大吟醸を楽しむ会2020の

KAMPAI WAVE 37のグランプリを発表いたします。

60秒という限られた時間の中で

それぞれの蔵の個性を表現していただき

サポーターや世話人はじめスタッフにも大好評のプレゼンでした

 

親子ふれあい賞は

繁桝の中川さん親子の箱入り娘

澤乃井の小澤会長と社長親子の料理教室でした

どちらもほのぼの感があり

コロナ禍の中で家族とのふれあいの大切さを感じました

 

第2位は玉乃光の京都の川床と舞妓さん

京都の風情をたっぷりと60秒の中で表現

多分リハーサルも相当されたのでしょう

秒刻みの画面操作も良く工夫されていました

舞妓さんの登場はまさにサプライズでした

丸山社長ありがとうございました!

 

グランプリは御前酒の辻本店

酒亭ホームとは泣かせます

コロナのキーワードを小話で結ぶテンポの良さと

最後の古典で決める技は

先代も天国でニコニコされていると思います

素晴らしいグランプリでした。

一緒にオンラインをやっていただいたスタッフの皆さんです

是非来年は

蔵元の皆様、サポーターの皆様

宮崎観光ホテルの会場でお会いいたしましょう!

キタハラグロッサリーリンコ(都城市)

都城市に別件で行ったので

私の好きな都城市図書館で読書をしていたら

お腹がすいてきた

久しぶりに輪虎の中華そばを食べたいと思い

店に行ってみるとキタハラブロッサリーの暖簾が

えっ!別のお店になったのかと

疑心暗鬼になりながらお店に入ってみると

 

お店の内装がガラッと変わり

ただ経営されているご夫婦は同じなので少し安心した

お話をお聞きすると

コロナの影響で

お持ち帰りのお店にリニューアルしたとのこと

思わず素材で驚いたのが本みりん

私とも20年以上お付き合いのある白扇酒造の味醂だ

この味醂は上品な甘さと艶が出るのが特徴だ

創業当時から使用されているのは嬉しいことだった

かけそば2人前を買ってみた

1512円と値段は高めだが

作ってみるとこだわりの本物志向の味は揺るがない

自分なりにアレンジできるところも面白い

コロナ禍の影響は人気の中華そば屋さんでも

様々なことが起こっているのが今の現実だ

なぜキタハラなのと尋ねてみると

ここは北原町だからですと極めてシンプルな答え

これが以前の輪虎の中華そば、また食べたい!!

コロナが収束したらまた輪虎の中華そばも食べれるお店にしてほしいものだ

 

 

リニューアル度  ★★★☆++

 

キタハラグロッサリーリンコ

宮崎県都城市北原町15-9

090-3739-0583

11:00〜17:00  月曜休み

魚彩(うおさい)佐土原町

佐土原のフーデリーの道路向かいにあるのが

魚彩(うおさい)だ

鯉と鰻と書いてあるのだが

シーガイアの仙波さんから鰻が美味しいですよとの

話を聞きお邪魔してみた

中に入ると座敷の中で

一つだけテーブルと椅子が

ここに座り店内を見回す

落ち着いた雰囲気だ

窓からは田園風景も見えゆったりできる

鰻の値段も良心的

うな重と肝を頼む

宮崎の鰻のたれは甘いのが多いのだが

ここはそんなに甘くなく個人的に好きな味だ

鰻も肝吸いもとても美味しい

器関係も良い

 

宮崎で鰻を食べるのにはここも穴場の一つだ

鯉は予約が必要のこと

メニューに日本酒がないのが少し寂しかった・・・

コロナ禍で当分お昼だけだとか

 

田園度   ★★★☆

 

魚彩(うおさい)

宮崎市佐土原町上田島13-9

0985-74-2939

11:00〜14:00

日曜、月曜休み