テレビ放送の未来(坂村健)

最近思うことだが

個人的にもテレビを見ることが少なくなった

会社ではネット

家庭のTVではニュースかドキュメント、スポーツ以外は

見ることが少ない

 

見たい時にはパソコンやスマホで

YouTubeの中から音楽や映像を探して

見ているのが私の生活の日常だ

友人の中にはネットフリックスやGYAO!の動画契約を

している人も多くなった。

考えてみるとそれらはOTTと言われる業者なのだ

OTTとはオーバー・ザ・トップと言われネットで映像などのコンテンツを流す

通信業者以外の会社)

 

さて日本の代表的なコンピュータ科学者である

坂村健氏が毎日新聞に518日「坂村健の目」で

「テレビ放送の未来」のタイトルで核心の記事を書いている

 

最近発売されたメーカのテレビには

チャンネルボタンより大きく一番良い位置に

動画配信サービスの選択ボタンがついている

契約をするとスマートスピーカーと連動し

コンテンツ選びも一時停止も見直しも音声操作で自由自在

 

若い人たちのテレビへの接触率は減少の一途

テレビ業界の人は

「若者はスマホの画面でもちまちまユーチューブを見る」と嘆いているが

今やテレビ業界の最後の砦であるはずの今の大型テレビまでが

ネットに接続され、その大型画面で

動画配信サービスのアニメや映画を見る家庭が増えている。

・・・・

「電波による放送」だからこそ限られた周波数帯を押さえ

高出力の設備と技術スタッフを持つ放送局が必要だった。

多くの製作スタッフとスタジオを抱え

番組制作会社を従えたキー局が君臨し、

その番組配信と地方向けコマーシャルを抱き合わせることで地方局は成り立った。

限られた枠を押さえる広告代理店が特権的地位を持ち

限られた資源を高く売るために、視聴率を稼げる番組作りにコストがかけられ

視聴率の取れるタレントを抱えた事務所が力を持った。

長い時間をかけて「電波放送」という前提に最適化した最強の体制

しかしだからこそデジタルとネットワークが

前提になったとたんきしみ始める。

業界は今や運命共同体ではなく、先に上げた構成要素の運命は実にばらばらだ。

・・・・

儲けは広告で番組はタダと言う最強のビジネスモデルで

今までテレビ業界は視聴率競争と言う「コップの中の戦争」を謳歌してきた。

しかしそのコップは確実に干上がり始めている

デジタルとネットワークが与えるのは

物理的なメディアからの「自由」だけ。そこに方向性はない

未来を決めるのは技術ではなく自ら変える勇気

インターネットの時代、「変化」は外から一瞬で来る。

 

坂村氏は今までのテレビ業界のビジネスモデルを的確にとらえ

今のテレビ業界の苦しみや叫びも冷静に判断されている

 

OTTの動画配信のトップは無料で独自戦略のYouTube

2位は有料会員一億人を突破して世界に広がるネットフリックス

各エリアにおける巨額の番組製作費は日本でも影響を受け始めている

パソコンやスマホ中心だったOTT(オーバー・ザ・トップ)が

音声操作と言う選択と自由を通して

家庭の大型テレビを席巻するのはアッという間かもしれない

その近い将来の仕組みがテレビの新リモコンから垣間見える!

 

にこみやちろり(宮崎市)

宮崎市のフレンチビストロ、ポチロンの姉妹店 

まんごやさんの隣に にこみやちろりのお店でオープンした

2店目はフレンチから居酒屋への挑戦だ

興味もありお邪魔してみた

思った以上に広い

笑顔の女性3人に迎えられる

やっぱり若い女性の笑顔は良いものだ

 

ここでは日本酒を

独楽蔵 口当たりの優しい酒

突き出しは美郷町のシイタケの南蛮

味付けはポチロンのテイストも入って洋食風の美味しさ

 __

里芋のポテトサラダ

アンチョビーを少し焦がして、玉ねぎも入れてあり

大人の味わいだ

 _

次は福島の超

生酒だがしっかりした米の旨味を感じる酒だ

 _

都萬牛のギュウスジをおでん風に

これが柔らかくて出汁もシンプルでGOOD

 _

アジフライ

注文してからあげてくれたのも嬉しい

ほくほくだ

 _

まだ慣れない点は致し方ないが

料理を仕切る落合あかり店長をはじめとして

女性3人の笑顔に救われるお店

これから楽しみでもある

_ 

 

初々しさ度   ★★★☆+

 

にこみやちろり

宮崎市橘通東363富山ビル2F

0985252538

6時〜11時 (水曜休み)

 

 

いなりヤナセ(南宮崎)

宮崎でご飯もののテイクアウトの中で

私が個人的に大好きなのは2つある

一つ目は、橘通西2丁目にあるはとやの二重巻

老夫婦が造る手作りのシンプルな巻きずしだが

実に良い味を出している

 

2つ目がいなりヤナセのいなりだ

南宮崎にあるいなりのテイクアウト専門店

ここのいなりの良さはさっぱりのあっさり味であること

ご主人にお聞きすると3代続いているという

聞くところによると

昔の奥のうどん(元祖豊吉うどん)はここのいなりを

お店では使っていたという

_ 

具はニンジンの細かく刻んだものとゴマのシンプルさ

いくら食べても飽きない味

かどのない懐かしい味

宮崎ならではのほのぼのとした人情を感じられる

いなりの名店である

 _

一個60円と言う安さも嬉しい

やぶれと言ういなりもある

揚げが少し破れているのでやぶれらしい

少し酢飯が少なめなのだが

私には酢飯と揚げの調和が一番だと思う

やぶれは一個40円と言う驚きの安さ

午前中にはほぼ売り切れで

年中無休と言うからこれもまた嬉しい

こんなお店こそ宮崎の誇れる財産だと思う

 

 ほのぼの度  ★★★★

 

いなりヤナセ

 

宮崎市中村東2丁目718

0985533454

7:0012:00

 

 

初夏の燗酒会

初夏の燗酒会が宮崎観光ホテルで

513日にディアマンルージュで開催された

主催はしゅみの会の松下さん

 

全国から8蔵元が集まった

まずは川西屋の露木雅一さんから挨拶

20年ほど前、大吟醸を楽しむ会に神奈川県代表として

故小川原専務のかばん持ちで宮崎に来た

それ以来、毎年燗酒の会に参加している

お燗の魅力を宮崎の方々に広げていただいている

松下さんに感謝をしている

私としてはお燗の文化を世界に広めていきたい

 

注目のお酒は

金の井酒造の三浦さんが

故小川原センムにインスパイヤーされて醸したという

創業100周年の限定大吟醸 千日酒

センムのひこ孫は3年熟成だから、違う形で表現したい

考えて1000日だと面白いのではないかと考えた

冷蔵でじっくり保管し千日の眠りから目覚めた大吟醸

透明感のあるふくよかな大吟醸に仕上がっている

素晴らしい!!

 __

向井酒造の向井会長

伊根満開が絶好調で品物が足りない

北欧、イタリア、アメリカ、シンガポールから

注文が増えている

赤米で醸したロゼ的な感覚がとても評判だそうだ

神亀の小川原社長はオレンジのラベルを造った

みんながジャイアンツボトルと呼んでいる

諏訪泉の東田社長

ここの満点星は大好きな味

 _

露木さんは

良いお酒は一度60℃に上げて

それから自分の好きな温度帯でさまして飲むと

膨らみがあり、キレもある、心がほぐれていくような味わいとなる

地元の若水と言う酒米作りにも取り組みながら

地元ならではの酒造りにも取り組んでいきたい

 _

つまみにはねこやさん自身が引いた刺身も出てきて

美味い燗酒と料理の会となった

 

 

 

ゆう心(宮崎市青島)

鮨職人として一心寿司に長年勤められていた

黒木さんが独立をされた

心の一文字をもらって名前はゆう心

場所は国道220号線を青島漁港に向かい

漁港の橋を渡るとすぐ白浜のほうに曲がる

看板もあるのでわかりやすいが、曲がって150メーターほどのところ

 

カウンターからは海も見渡せる

今日は昼にお邪魔した

 

真子と野菜の煮もの

 _

茶碗蒸しの上に海藻を添えて

磯の香りがふんだんで上品で美味しい

 _

さわらの西京焼き

これを食べるとお酒が欲しくなる

 _

一心さんより心持ちシャリを大きくされているようだ

中トロやかつおのヅケも美味しい

_ 

天婦羅

 _

一人でされているために色々と大変だろうが

是非お店の今後のますますの発展を祈念したい!

 

 

期待度  ★★★☆++

 

 

ゆう心

宮崎市青島6丁目14ー30  0985ー77ー8577 (水曜休み)

 

 

 

第一次産業×デザイン=風景

ローカルに軸足を置き

日本の端っこから第一次産業の生産者のストーリーに

新しい価値を創造していくデザイナーがいる。

梅原真氏

今までにローカルから第一次産業で

数々のヒット作品を作り出した実績は大きなインパクトを持つ

 

彼の著書、「ありえないデザイン」をゴールデンウィークに再読した

 _

一次産業は、直接自然に働きかけて

モノを手にする農業、林業、漁業である。

そこから得られる農産物は、人知を働かせて育てること

販促を開拓したりして売ることに

他の産業ほど手が付けられてこなかった。

中でも農業は長い間JAにより、国や県の意思を

農民に伝えるトップダウンが続いている。

生産者である農民がJAを介さずに

消費者と直接つながって米や野菜を販売することは難しかった。

戦後、近代史のシンボルとされた

農薬や化学肥料、農機具の使用を拒んで

独自の農法を続けることは、販路を開拓できない限り

不可能に近かったからである。

 

しかし今や、自給率40%以下となったこの国では

生命を健康に保つ食糧さえも海外からの輸入に頼っている

日々口ににするものは、安全で安心できるものが基本である

安全、安心の作物をどう作り、どう消費者に届けていくかを

デザインしていくこと

それは結果としてお百姓さんや漁師さんたちが

自然相手に豊かな作物を収穫できる風景を残すことにつながるのである。

 

今の日本農業の問題点を明確に言い表している言葉だ

日本の農業平均年齢は67

農業の生産者に話を聞くと

後継者不足と年収を考えると非常に厳しい状況にある

私の代で終わりだという農業生産者の多いこと

 

デザインは社会問題の解決ソフトとする

梅原真氏の信念に共鳴しながら、

今後も宮崎ならではの地域活性化を考えていきたい!

 

イチパン(宮崎市)

イチパンが田吉に移転した

場所はナフコの近くの公園のそば

古民家をリノベーションしたものだ

壁面一面のペインティングが個性的だ

 _

お店に入ると

焼きあがったばかりのベーカリー

クロワッサンサンドとコーヒーを頼み

店内のカフェで休息

思った以上に落ち着く

穏やかな時間が過ぎていく

_ 

朝は7時からオープンしているよう

モーニングは400円と格安のよう

朝に違う気分になるのもまた良いかも?

 

 

リノベ度  ★★★☆

 

 

イチパン

宮崎市田吉山内107−4

0985597222

7:0018:00

「AI時代の人間の行方」羽生善治

時代の”潮流と深層“を読み解くとして

宮崎大学で慶応丸の内キャンパスとネットで結び

宮大夕学(せきがく)講座を開催している。

九州では宮崎大学だけだそうだ

 

426日は将棋棋士で永世7冠の羽生善治氏の講演が開催された。

タイトルはAI時代の人間の行方」

 

1956年夏、アメリカのダートマス会議で

初めてAIArtifical Intelligence)の概念が生まれた

 

1996IBMの開発したディープブルーが

当時のチェスの世界チャンピオン、カスパロス氏に勝利した。

囲碁では

2016年グーグルのDeepMindが世界のトップ棋士に勝利した

将棋ではPONANZAが名人に勝利した

AIの勝利は囲碁では2年、将棋では10年しかかからなかった。

まさに恐るべき進歩だ!

 

なぜこれだけ急速にAIが強くなったのか?

データを増やした

ハードの性能を上げた

局面そのものを評価する精度が向上した

特に画像認識が飛躍的に上がり一挙に強くなった

AIは1万ぐらいの評価パラメーターで手を決定している

この精度が飛躍的に上がっている

 

AIと人間の違いは

時間軸がない

一貫性がない(ストーリー性がない)

恐怖心や感情がない  ことだ

そのため通常考えられないような大胆な信じられない手を指す

凄いことは一年前のソフトとAIを対戦させると

8割から9割、勝利するという

怖いのはAIが強くなるための自己対戦のディープラーニングは

決定のプロセスがブラックボックスになっていることだ

 

そのため、今後AIについて求められるのは

医療など様々な安全の確保のためには

どうしてその選択がなされたのかと言う理由付けが不可欠だ

 

あと一つ、AIの弱点は水平思考

10手目は−100点だけれども、20手目は+300点になる手よりも

AI1手目で+100点の手を目指していく

1手づつをリセットしていき、決定するため

水平線の先は見えないので、見えている部分だけで

最善を判断するのが現状のAI

つまり良い結果が出るまでに長い時間がかかるものに弱いと言う

 

AIは人間の才能を開花させるものとして使っていければよい

初期設定やアウトラインをしっかり作ることによって

良い方向に進めることが重要

必要以上に恐れない、楽観しないという事も大事だ

 

自分の美意識だとこの手は勝利するけど指せない手

AIの手にはそんなもあるのだろう

今後AIはますます進化し、人間生活の様々な領域に広がっていく

必要不可欠なのはAIの決定する過程のブラックボックスの解明

人間しか持つことができない

自分なりの大局観(ストーリー性)と美意識を確立すること

これからは人間とAIが互いに極めあっていく姿こそが

豊かさの根源となるのかもしれない!

 

武ちゃん(銀座)

銀座4丁目の三越の裏、

王子ホールの横の通りに銀座の焼き鳥の名店、武ちゃんがある

1953年(昭和28年)に屋台から始めた焼き鳥屋

1957年(昭和32年)に現在の場所にお店をオープンした

歴史は60年以上

店構えは何とも変哲もないのだが

お店に入った瞬間

この雰囲気にドキリとしてしまった

焼き台を囲む白木のカウンター

清潔さ

ほぼ従業員も職人さんたちもすべて60代以上

職人さんは串の一本一に集中している

期待感が高まる

 

おばさんにサッポロとお新香をお願いする

 _

まずはつくね、味噌ラッキョウとからしがついてくる

 _

鴨味噌

 _

焼き台の職人さんは黙々と真剣に焼いている

鶏肉は名古屋コーチンを使用

おばちゃんの接客は気さく

客層もとても良い

この雰囲気はまぐれもなく本物

 

もも肉

_ 

手羽先

 _

銀座の中央に焼き鳥の名店あり

一度のぞかれると病みつきになること間違いなし!

 

 

熟練度  ★★★★

 

武ちゃん

東京都中央区銀座4−8−13銀座蟹陸ビル1F

0335616889

17:0021:30 日曜休み

 

麺’sフリーク(関東編)

関東の老舗と言われるラーメン、焼きそばの名店を

ご紹介したい

 

永楽

 

大井町東口から歩いてすぐの飲食街にお店はある

昭和31年創業と言うから

戦後すぐにオープンされたのだろう

 _

ここは焦がしネギが香ばしい

平打ち麺とスープが良く絡み、ほっとする旨さだ

変わらぬ味をいつまでも保ってほしいお店だ

 

香ばしさ度  ★★★★

 

東京都品川区東大井5−3−2

03−3471−8252

11:3015:00 17:0022:00

月曜、第3火曜休み

 

 

水新菜館

 

浅草橋にある名物中華屋さん

1897年創業と言うと明治30年という事になる

大変な老舗だが

店構えを見ると一般的な中華食堂だ

店に入りあんかけ焼きそばを注文

生めんをゆで、両面をカリカリに焼き

その上から野菜たっぷりの醤油ベースの餡がかかっている

からしが添えられているのも興味深い

 _

お酢をサラッとかけていただく

野菜も餡も美味しい

このお店には2つの名物がある

それはあんかけ焼きそばとマスターの蝶ネクタイだ

ワインと合わせる中華としても楽しいお店である

ワインのうんちくはマスターにお聞きすれば良い!

 

2つの名物度   ★★★☆+

 

東京都台東区浅草橋2−1−1

03−3861−0577

11:3015:00 17:3020:45

日曜、第24土曜休み

 

 

食堂 多万里

 

大宮駅から歩いて3分ほど

大宮高島屋の裏にこの食堂がある

昭和21年創業と言う、まさに昭和レトロ満載の食堂だ

 _

ラーメンは極細麺

スープは鳥だしで少し甘いが懐かしい後を引く味

なるととチャーシューは普通だが

グリーンピースが印象的だ

食べ続けると麺が細いだけに

少し伸びてくるのが難点だろうか

ここでは麺固めで頼むのが正解だ

 _

地元の方々から何十年も愛されている食堂

まさに日本の地方の原風景を思い出させてくれるような食堂である

こんなお店が近所にあって大きくなっていったような気がする