TSUKEMEN2016 宮崎コンサート
アル・ケッチァーノin銀座2016(報告)
グレイトアース宮崎ライド2016(報告)

真夜中のマグロ会

今年の大吟醸を楽しむ会には
ねこやさんの提案でまぐろステーキを出すことになった
ねこやさんといえば宮崎より東京での知名度が高い
ねこやさんの魚を使用しているのはミシュランのエスキスほか
東京には数多い。
 
いつも大吟醸を楽しむ会では
毎年新しいことを一つは考えたいのだが
今年は牛とマグロが一堂にステーキで堪能できることになる
今からお客さんの喜ぶ顔が楽しみでもある
 
さてねこやさんが真夜中にマグロを食べる会をされるという
誘いを受け、会場となったみょうが屋にお邪魔する
グルメの面々が勢ぞろい
 
さて今日の熟成マグロ
 IMG_4715
 
タツタ揚げ
 IMG_4717
岩永氏がまぐろのイタリアン風
複雑な味が口中を交錯する
今までに感じたことのない美味しさだ
 IMG_4719
これが脳天マグロを湯引きしたもの
脳天には筋が多いので湯引きすることで筋が気にならなくなるのだそうだ
さっぱり食べられる
 IMG_4732
これがカマトロ
 IMG_4747IMG_4740
ねこやさんの気合を入れて!
最後に全部の部位を刺身に
こんな豪華なマグロ尽くしはほかにない
 IMG_4751
最後にマグロ漬け丼を食べて
終わったのは真夜中の1時過ぎ
ねこやさんそしてみょうが屋の岩永さん
ご馳走様でした!
 
 

ilSorriso(イルソリーゾ)宮崎市

宮崎市若草通りのそばに
人気のイタリアンが移転してきたのが半年前
以前は隠れ家風だったが
今回は通りに面してわかりやすくなった。
 
さて今日のメニューは
 IMG_4558
はまぐり、ホタテ、赤貝と貝のブロード
 IMG_4561
土佐の赤牛サラダ
サマートリュフがさりげなく豪華
 IMG_4566
イカとあざはたの炭火焼
 IMG_4567
自家製パスタ ルッコラとアーモンドのペーストソース
グリーンが鮮やか
パスタはモチモチ感がある
IMG_4571 
北浦のスカンピ   野菜のブロード
 IMG_4564
赤ワインはEBBIOのネッビーロ
軽い渋めが肉とマッチ
 IMG_4574
パルマの幻の黒豚炭火焼
 
 デザートは形も綺麗でとても美味しかった
IMG_4577
相変わらずご夫婦仲が良い
ご主人の料理も工夫があって新鮮味がある
奥さんのサービスもとても心温まるもてなしだ
 IMG_4581
 
 
イタリアン隠家度    ★★★★
 
 
ilSorriso (イル ソリーゾ)
 
宮崎市橘通3-5-28長ビル1F
0985-22-5756

下呂温泉ー湯之島館ー

名古屋の奥座敷であり
日本の三大名湯と言われる岐阜県の下呂温泉
大阪から車で5時間程度
インターを降りてからの山道は宮崎県内の
椎葉や諸塚をドライブしている感じだ
山奥に急に温泉街が開けてくる
 IMG_4624
IMG_4667
ここ下呂温泉は江戸時代の儒学者林羅山が
日本の三大名湯は有馬、草津、下呂と書いたことから始まっている
今日は下呂温泉の高台にある湯之島館へ
昭和6年創業時の木造3階建ての数寄屋造
当時そのままのクラシカルな雰囲気が漂う
5つ星の宿としても有名
IMG_4664 
早速温泉に
温度が高めだが、さすがにいいお湯だ
PHが9.18 とアルカリ性
肌に浸透していくようななめらかな温泉
体の疲れがほぐれる
湯上がりもさっぱりしている
 
この旅館は天皇皇后両陛下が
昭和33年と51年にご宿泊されたそうだ
その時出された食器がこれ
 IMG_4633
食事は
三重でとれたカンパチ、マグロ
接遇をして頂いたのはまだ19歳の女性
この若い方の対応がしっかりしてとても気持ちが良かった
まだ日本の将来も捨てた物ではないと素直に感じた。
IMG_4645
地元でとれた若鮎
飛騨牛サーロイン
IMG_4648
デザートの黒蜜ゼリーが美味しかった
 IMG_4652
 
5万坪を超す、緑に囲まれた木造旅館
こんな山奥なのに、お客も全国から集まってきている
旅館を出て散歩する
IMG_4632
新緑が美しい
飛騨の風情を感じながら、温泉を満喫することができた
 
 

宮崎移住という大きなポテンシャル

私が個人的にここ2~3ヶ月でうれしかったことは

俵万智さんが宮崎移住を決断され4月に移住されたことである

 俵万智は2011年の東日本大震災後
安全を優先して沖縄県の石垣島に移住した
そして2016年4月宮崎へ移住されたのだ。
 
その大きな理由は食と人のおおらかさだと言う
若山牧水賞など歌人として宮崎とのつながりがあったとはいえ
私はこの移住の事実自体
宮崎への大きなポテンシャルを感じている
 
交通インフラで他の県と比べると後れを取っているとはいえ
そのことは逆に考えると
豊かな自然がたくさんそのまま残されている
それはこどもをそだてる良い環境が残されているということでもある
 
 41uECciPm7L._SX356_BO1,204,203,200_
 
プーさんの鼻 と言う歌集に
 
みどりごと 散歩をすれば
 
人が木が花が 話しかけてくるなり
 
 
まさに宮崎の地そのものを歌った歌ではないかと思うほど
これからはおおらかな宮崎の生活を享受して
そのなかで歌を沢山つくっていただき
新しい宮崎の情報発信をしていただければと考えている

TSUKEMEN2016 宮崎コンサート

昨年、圧倒的な感動を与えてくれたTSUKEMEN
今年は10月13日 メディキット県民文化ホールで開催が決定した
 
TSUKEMENは
2つのバイオリンとピアノのインストゥルメンタルユニット
生音にこだわり、それぞれが作曲も手がける
今までにデビューから行ったライブは350回を超える
 
コンサートで培われた実力は
年々魅力を増し、会場の観客を虜にし
見る者をとらえて離さない
宮崎でも一度見たお客さんは必ずリピーターになっています
ぜひコンサートの感動を共有してください
チケットは7月7日発売開始!
 
TAIRIKU 
長野県出身
4歳からバイオリンを始める
2010年3月に桐明学院大学音楽部大学院卒業
 
SUGURU
広島県出身
4歳からピアノを始める
2010年3月に桐明学院大学音楽部研究生を終了
 
KENTA
熊本県出身
5歳からヴァイオリンを始める
2007年3月に東京音楽大学を卒業
 
 TSUKEMEN2016チラシ
彼らの作り出す音楽はジャンルレスであり
クラシックでもない、ポピュラーでもない、TUKEMENという音楽がそこにある
 
 
TSUKEMEN宮崎コンサート
 
■ 10月13日
■ メディキット県民文化センター 開場 18:00  開演 18:30
■ S席(1~2階席) 4500円  A席(3~4階席) 4000円
 
主催 (㈱ 地域活性化プロジェクト  RKK熊本放送
後援  MRT宮崎放送
お問い合わせ     0985-31-7086 

高校生レストラン まごの店 (三重県・相可高校)

今や全国的に有名になった高校生レストラン まごの店
このお店は三重県多気町にある
相可高校の食物調理課が
クラブ活動として調理から運営までを行っている
 IMG_4680
どのような経緯でできたのだろうか
壁は予想以上のものだったはずだ
主役は当時多気町役場の岸川政之さんと
元料理人で食物調理科の新任臨時教師 村林信吾先生だった
村林先生は岸川さんに
料理の知識や技術は教えることができるが
接客とコスト管理は教えることができないと言った
 IMG_4683
岸川政之さん
 
じゃあ先生お店をやりますか?と言ったら
やろう、やろう!というのです
生徒のためになるから岸川さんやりましょう!
 
いろんな問題もあり、全国に例がなかったこともあリましたが
本気になりました
常設の店舗を経営するということで
仕入れから調理まで行う全国初の営業店舗です
 
教育委員会の壁は大きく
考えた末に出した答えは
黙って出店しようというものだった
実際には町長と学校長、受け入れ先の施設長の3社で覚書を交わた
要点は高校には迷惑をかけないことでした
教育委員会に知られたらどうしようかと本当におびえました
計画の中止、校長先生の処分など様々な心配をしました
何より生徒の夢をよろこばせといてはしごを外し
落してしまうことが何より怖かった
 
しかし無事に開店することができました
 
土日は朝6時にお店に入り仕込みをして
8時に自分たちのまかないご飯を立って食べる
10:30にはお客様に食事をしていただき250食が
午後1時ごろには完売
その後コース料理や料理教室を行い
全員の昼ご飯は午後4時ごろになる
 
これは虐待でも何でもない
生徒は将来食の道に100%進む
自分の夢と一番近いところで取り組んでいるのだからと岸川さん
 
私が食べたメニューがこれ
 ヘルシーな味付け!IMG_1064
接客も高校生とは思えない
聞くとこのお店のリーダーだそうだ
高校生とは思えない程のきびきびとしっかりした接客
最後の全員のあいさつもすがすがしい
 IMG_1069
廃校寸前だった相可高校が今では希望者も多い高校となっているという

逆手塾 in多気 ー2ー

NHKエンタープライズの名物プロデューサー
井上恭介氏
彼はリーマンショック直後、「マネー資本主義」のシリーズを制作
番組を作りながらお金を回し拡大や成長をすることでしか
幸せになれないアメリカ発の常識に
世界が覆われていることに疑問を持つようになる
IMG_4679 
転勤先の広島でヒントが見つかった
中国山地の山間で大自然の恵みを享受しながら
ゆったりのんびり、人間らしい生活を送っている人たちがいる
里山という資源を利用すれば
お金に縛られずもっと人間らしく暮らすことができることを
都会の人たちに知ってもらいたい
 
藻谷氏へ協力を仰ぎ
一年半の取材をして里山の生活を番組化した
その過程で生まれたのが里山資本主義というコンセプトだった
~中国山地から始まった静かな革命~
として放送されその年のギャラクシー賞を受賞した
 
今地球は爆弾低気圧、地震、など異常気象が続いている
世界最先端の人間たちは
後20年たつと
人類は滅亡するかもしれないと言われだしている
そのなかで
SATOYAMA SATOUMI が当たり前のように
外国人の中で話されている
人類を救うのは SATOYAMA SATOUMI の概念だと
そんな意味でも逆手塾は
世界最先端の会議だ
 
今世界のトレンドはソーシャルという言葉
ソーシャルと言うテーマをどう入れ込むことができるかが
成功する条件でもある
現役プロデューサーの実績と体験からのアドバイスは
非常に的を得て説得力もある
 
わが子を連れての参加が
とても微笑ましい
51PNEZd8lbL._SX311_BO1,204,203,200_IMG_1087
さて里山資本主義の藻谷浩介さんが合流
今日は大阪で講演会
それが終了して駆けつけたという
高校生のために話をとの要望で
講演会の内容を急きょ変更
未来の日本とこれからの生き方を
クイズ形式でわかりやすく説明された
 
先日宮崎へご夫婦で訪れ
奥さんの宮崎への評価がとても高かったという
それはなぜでしょうと私に言われたのだが
雰囲気が明るいからでしょうかとの私の答えに
広々としていると言ったんですよ!
うれしい答えだった
また7月には宮崎にお見えになる予定だ
 
今回受け入れの事務局を担当された
岸川政之さん
多気町役場の公務員だったが色んな実績が買われ
今年から大学教授と百五銀行研究所の研究員に転職された
 
今回の高校生のプレゼンでも
内容をアドバイスされただけではなく
各高校生の家庭までも細かく観察され
人生へのアドバイスを行っている
 
岸川さんが一番嬉しかったことは
私は頭が悪いんですと言っていた女学生が
生きる目的を自らみつけ
30倍の狭き門を通って看護師の試験にパスしたこと
若い人たちも目的が見えれば生き方が変わる
胸を打たれた成功事例だった
 
里山、里海で輝く人生とは何か
今回の逆手塾では多くのことを学ばせていただいた

逆手塾 in多気 -1-

自然と人間が響存する里山モデルを提唱している
ミスター里山資本主義と言われる
和田芳治さんが主催する過疎を逆手にとる会ー逆手塾が
三重県の多気町で6月11~12日に開催された
ここは全国的に高校生レストランとして有名な 
相可高校まごの店
があるところとしても知られている
 
なぜ三重県だったのか?
昨年広島で開催された逆手塾に
高校生レストランの仕掛け人
岸川政之さんが講演をされた
その講演に広島の高校生が凄い刺激を受け
また逆手塾のメンバーも素晴らしい人間がいると話題になり
来年は三重県多気町で開催したいということになったようだ
 IMG_4672
まずは高校生レストランを統括する村林信吾先生の話
伊勢志摩サミットで同行されているご婦人がたに料理を出すことに・・・・・
これは安部夫人が高校生に作ってもらえばの
一言だったという
それから大変な日々が始まった
一番の課題は調理ではなく言葉だった
英語で話しかけられた時にどう対応して高校生がサービスできるか?
これが一番のハードルだった
食材は地元の野菜を調理、松坂牛は県から提供されたため
材料代の実費は3000円ほどだった(笑)
 
ティータイムではまごの店の手作りスウィーツ
程よい甘さとなめらかさが美味しい
 IMG_4678
次に6次化の成功モデルとして
全国的に評価が高いぶどうの樹の小役丸秀一氏
6次化だけではなく問題若者を雇用し
再生させるレストランとしても有名なところ
 
おばあちゃんが北九州の八幡村で
八幡屋旅館という小さな旅館をやっていた
経営が苦しいため岡垣に移り
親父も40過ぎからほかの商売から農業に切り替え
旅館とブドウ畑など農業を行っていた
 
ニュージーランドの方々が来ていただいたときに
ぶどう畑でバーベキューをした
それが大変好況だった
これがヒントになった
キャッチボールのできるレストラン
これがぶどうの樹の原点となった
お客には好評だったのだが
週末だけ地元の農家に野菜を分けてくれと頼むと
あまりいい顔をしてくれない
できるなら毎日一定量を買ってほしいというのが農家の要望だった
 
そんな悩みを持ちながら
ある時アメリカのニューヨークのホテルプラザの
サンデーブッフェを体験した
これだとやれるのではとひらめいた
 IMG_4675
1次、2次、3次をつなぐ地域6次産業
ご飯は一週間食べないと死んでしまう
そんな意味で衣食住の中で
命をつかさどるのが食
今後も健康応援レストランとして地域に貢献していきたい
 
小役丸さんの話がとてもわかりやすく
上手で説得力もある
学校では勉強ができた良い子よりも
やんちゃだった子のほうがノビシロがある様に思うと小役丸さん
勉強ができるとはマニュアルに強いということ
飲食業は色んな理不尽の意見も聞かなければならない時もある
社会ではマニュアル通りには行かない
とはさすが現場の人材育成のプロだから言える言葉かもしれない
 
 

GOOD MORNING CAFE 千駄ヶ谷

JR千駄ヶ谷駅から降りるとその前が
建て替えで話題の国立競技場
IMG_0913
今朝はこのあたりを神宮球場当たりまで軽くジョギングしながら散策
少し汗をかいた後は急におなかがすく
 
そばの東京体育館の一角に
アメリカ西海岸にあるようなカフェができたという
今朝はそのカフェをのぞいてみよう
名前は GOOD MORNING CAFÉ
行ってみると散歩帰りの家族やスポーツ後のカップル
などが談笑している
都会の中でもスイミングやジョギングなどスポーツの後
で朝の食事を楽しむことができるのが良い
 IMG_0908
 
さて朝食はこんな感じ
味は普通だが
飲み物のお代わりは自由だという
カフェの場所としてのカルチャーショックを受けた
 IMG_0909
地方でも色んなスポーツ施設の中に
このような形態のカフェができていくと面白いのではと思う
しかも食べた時のカロリー計算までできると最高なのだが
 
 
 
ロケーション度   ★★★
 
 
 
GOOD MORNING CAFE 千駄ヶ谷
 
東京都渋谷区千駄ヶ谷1-17-1東京体育館
03-5775-4800
 
7:00~10:45   11:00~15:00
17:00~22:30  (無休)
 

とんき目黒店

目黒駅から雅叙園に行く途中の
急な下り坂のホリプロの手前の路地を少し入るとお店がある
駅からは歩いて3分ほどだろうか
 
お店に入ると中は予想以上の行列
外人さんも多い
入った途端におじさんに注文を聞かれとっさにひれかつと言ってしまう
このおじさんがキーパーソンだった。
店内の行列はカウンター後ろの待合の椅子に
空いた所から待ちのお客が座って行くため
注文の順番は間違えないのだろうかと不安が生じる・・・・
 
長年培った経験と人を覚える技術だろうか
カウンターが空くとあのおじさんが間違えることなく
順番にお客さんへ指をさしてカウンターの席へと促すのである
まさに名人芸である
ようやく指をさされてカウンターに座る
 
お店はコの字の白木のカウンター
清潔感がある
カウンター内部では分業体制がしっかりできている
とりあえずビールを注文
ビールにはピーナツ
店内を見渡すとお酒には昆布のつくだ煮が付いている
これも気持ちの良いサービスだ
 IMG_4455
ここのとんかつは
低温でじっくり揚げ、その上で高温で揚げる
そのため衣がサクサクとなリ肉の旨味も逃がさない
なぜかとんかつにはビールが合う
ビールを楽しんだ後は
 
ころ合いを見計らい
トン汁、お清香、ごはんがセットで出てくる
キャベツやトン汁、御飯はお代わり自由というのが
また嬉しい
 IMG_4457
とんかつもうまかったが
とんかつよりも
司令塔役の指差しおじさんの名人芸には驚いてしまった
この名人芸は一度は見る価値がある
 
2981~2984
 
 
指差し名人度  ★★★★☆
 
 
とんき目黒店
 
東京都目黒区下目黒1-1-2
03-3491-9928
16:00~22:45
(火曜、第3月曜休み)