「体験の質」という哲学

白物家電で旋風を巻き起こしている会社がある
名前はバルミューダ
率いるのは寺尾玄氏
寺尾氏はまるでドラマのような人生を歩んでいる
17歳の時、進路希望を書きたくないという理由で高校を中退
ヨーロッパを単身放浪する
初めて着いたスペインでようやくパンにありつき涙を流す
かけがえのない美味しさと食の大切さを実感する
これが後になって思うと
彼の製品哲学に結びつく原体験のかもしれない
帰国後はロックミュージシャンを目指すが10年で挫折
その後、オランダのデザイン雑誌を見て
自分でもやれると確信
ものづくりで生きていこうと決意
独学と飛び込みで設計や製造を習得して2003年に独立
パソコン冷却台やデスクライトで評判になるが
2008年のリーマンショックで倒産の危機に
この時思ったことは
「本当に必要とされる製品ではなかった」 ということだった。
そのあとの GREEN FANでのヒットで
ようやく崖っぷちから立ち直った
2015年に発売した
バルミューダ THE TOUSTER
デザインスケッチは2000枚を超えた
思うような焼き上がりにならないと悩んでいたときに
思い出したのは土砂降りのバーベキューだった
あの時焼いたトーストは美味しかった
あるヒントが頭に浮かんだ ”水分”
この水分がきっかけとなり
水を入れて焼くと言う画期的なトースターが出来上がった
しかもモードは4種類 コピーも素敵だ
感動のトースト
究極のチーズトースト
幸せのクロワッサン
三つ星のフランスパン
なんだかわくわくしてしまう
その4つのモードどれもが格別の美味しさとなる
この高級トースターのヒットにより
バルミューダの名前は一躍全国区へ
寺尾氏は言う
「美味しいものができあがるからヒットした」
機能に喜びや素晴らしさを付加した
食べた瞬間の美味しさを追求している
会社もバンドみたいなもの
作曲して出した曲が商品だ
つまり曲がヒットしないと会社も回って行かない
そのための重要なものはポップな感覚
ポップとは多くの人々が感じる気持ちよさだと定義している
その意味でも会社という第2のバンドでポップな感覚のヒット(商品)を
これからも出してもらいたい
そしてその製品を使った人だけが実感する
「体験の質」の高さにこれからも注目をして行きたい!

燗酒の逆襲

宮崎では毎年5月に「燗酒を楽しむ会」が開催されている
神亀の小川原センム以下8蔵ぐらいが宮崎に集まっている
その燗酒の旗振り役のセンムがお亡くなりになって
燗酒の将来はどうなるのかなと
少し心配をしていた
そのメンバーの中核の一人でもあり、燗酒の将来を見据える
神奈川県の川西屋酒造店の露木社長から
日本酒の本が出版されました。
私のことも書いているますので
是非読んでくださいとの連絡があり
早速取り寄せた。
本のタイトルは
うまい日本酒をつくる人たち   増田昌文
第3章が 「燗酒の逆襲」
露木社長は丹沢山や隆シリーズを造っており
日本酒ファンの評価が高い酒としても知られている
彼は言う
日本酒は酵母よりも水で判断しなきゃいけません。
水にアルコールとエキスが溶け出すんですから
水のタッチ、味わいこそが酒の本質を下支えするんです
次に麹です、麹で酒質が決まるから、
ここで手を抜いた日本酒は失格。
米に麹菌が繁殖して麹になってようやく澱粉が糖になる、
これはワインにおけるぶどうの役割と同じです
きちんと熟成させ、バランスのいい風味で
肴や会話の邪魔をしないのが燗酒
うまい純米酒、これにつきます。
米のふくらみ、うまみを実感できる酒。
そのくせ後味が良く、スパッとキレる酒。
呑み飽きのしないまろやかで心地よい酔いのつづく酒
ー そして純米酒の理想の呑み方が燗酒なんです。
私はむかし冷酒派だったが
ある時お燗の旨さに気がついた。
ただそれは正しいお燗の味わい方ではなかったように思う。
神亀の小川原専務や露木さんから
本当の燗酒の味わい方を教わったと思っている。
体がなんだかほっとするお燗酒
料理に合わせてもしみじみ美味い
日本伝統のつまみと合わせる純米酒のお燗は
露木さんが言うようには呑み飽きることがなく
頑張っている大人の肩を優しく抱いてくれているように思えるのだ。
晩秋である
そろそろお燗酒が美味しい季節だ。
日本の食文化と伝統を熟成純米酒のお燗で楽しみたいものだ!

TSUKEMEN LIVE宮崎コンサート2017(報告)

TSUKEMEN LIVE 宮崎 2017 ~Recharge~
が10月19日、メディキット県民文化センターで開催された
今年のコンサート構成は
全て3人が作ったオリジナル曲
デビューから9年間で培われたLIVEでの実力は
演奏だけではなく、トークやパフォーマンスの進化にも
はっきりと現れていた
特に津軽三味線と日本の祭りを意識した和の要素と
西洋のクラシックの流れを融合したJONGARAや
3人個人個人が作曲した11曲に
大きな未来への可能性を感じることのできたコンサートとなった
3人とも宮崎のお客さんは凄くあったかくて
アットホームの雰囲気でとても大好き
来年まで健康に気をつけて頑張ってくださいとの
コメントにお客さんから笑いと拍手が・・・・
アンコールで演奏したAKATSUKIでは万雷の拍手!
10月29日には地元の宮崎日日新聞でも紹介された
 
来年はデビュー10周年を迎える
そんな記念の年でもあり
希望であるが宮崎をイメージした曲も作曲していただければと考える
毎年コンサートのサポーターをしていただいている
KENTA君の御親戚の甲斐さんをはじめとした皆さん
そして風に立つライオンのモデルである柴田紘一郎先生
さだまさしの宮崎後援会長でもあるかすみさんなどの御協力を得ながら
TSUKEMENファンの皆様とともに
2018年はさらに大きな成功に結び付けたいと思っている

「安藤忠雄展」ー挑戦ー

東京六本木の国立新美術館で
「安藤忠雄展」ー挑戦ーが開催されている
 
安藤忠雄の原点でもある1976年に建てられた「住吉の長屋」をはじめ
安藤建築のすべてが網羅されている
「住吉の長屋」で日本建築学会賞を受賞
コンクリート打ちっぱなしの幾何学的なフォルムの
独自表現により世界的な評価を得る
中でも注目を集めるのは
国立新美術館の外に造った原寸大の「光の教会」だ
光の教会は1989年に創られ
安藤建築の代表作とも言われている作品である
それを展示会で作ろうと挑戦するのは安藤さんらしい
ただ困ったことにこの展示は仮設ではなく
増築に当たるという事で
元の建築費の3500万をはるかに超えて
倍の7000万に膨らんだ
どこまで馬鹿な事をするかの挑戦だったと・・・・・
中に入ると壁に開かれた十字のスリットから
光が入り、十字の神秘性を際立たせて見える
心が自然に光の十字に向い
癒されるひと時を感じることが出来る
 
展示の中には直島の映像のインスタレーションもあり
安藤建築を五感で堪能することが出来る
プロボクサーから転身し、独学で建築をめざし
「住吉の長屋」で脚光を浴び「光の教会」で世界的な名声を得て
1995年には建築のノーベル賞と言われるプリツカー賞を受賞するなど
受賞歴も多数
安藤建築の半世紀にもわたる挑戦の歴史の集大成
是非機会があればご覧いただきたい!

CAPEレシオ32.56

世界同時株高が継続している
世界中の中央銀行の金融緩和と
それによるEUなどの景気回復、アメリカの好景気の持続
トランプラリー、アメリカの税制改革への期待などで
アメリカ、ドイツ共に史上最高値を更新中である
まさに絶好調の市場であると言って良いだろう
20世紀において世界で最も読まれた経済学者として有名なのが
ジョン・ケネス・ガルブレイスだが
彼はバブルの形成には2つの条件があると言っている
1,神話の形成  2,金融の支援
世の中に株価上昇を当然だという神話が形成され
その神話に基づく投資活動を後押しするような資金供給が行われ
バブルになるのだと説明している
 51L8V+JT2QL._SX302_BO1,204,203,200_
今現在の世界同時株高は冷静にみると
これはバブルなのか?バブルではないのか?
それを検証するのに重要な指数がある
CAPEレシオと言われるものだ
2013年にノーベル経済学賞を受賞したロバートシラー教授が開発したもので
株価が過去10年間の平均一株当たり純利益の何倍かを示す指数で
高いほど株価が買われ過ぎを示す
1929年10月   CAPEレシオ  32.56     世界大恐慌
1999年12月   CAPEレシオ  44.2      ITバブル
2007年5月    CAPEレシオ   27.55    リーマンショック
2017年9月末   CAPEレシオ  30.36     
今現在のCAPEレシオを見ると歴史的にも
世界大恐慌のレベルまで大きくなってきている
1929年の場合は CAPEレシオ  32.56
ダウ工業株は6年間上がり続け当初の5倍になり
1929年9月3日に最高値を付けた後で市場は1ヶ月で17%下落
10月24日ブラックチューズデーを迎え
1932年7月8日に下げ止まるまで何と89%の下落となった
今現在30を超え、9月末で30.36
世界大恐慌の時の CAPEレシオ 32.56に徐々に近づきつつある
またCAPEレシオが30を超えたのは
歴史上3回しかない
それは世界大恐慌、ITバブル、そして現在である
しかもリーマンショックの時は27.55でしかなかった
そして気になるのはニューヨーク連銀が8月15日に公表した
家計財務残高(2017年4月~6月)だ
12兆8000億ドルとなり過去最高を更新
債務の返済延滞比率は4.8%でクレジットカードの上昇が目立つという
金融緩和、好景気、人工知能の将来性などの相乗効果での上昇を考えると
更なる上昇の可能性もあるだろう
歴史を見てもバブルのクライマックス相場は急上昇するものでもある
アメリカはすでに出口戦略に向かっていることを考えても
そろそろCAPEレシオが30を超えた歴史的重要性を
我々は認識をする時期になってきたのかもしれない!

服部克久傘寿の音楽祭

服部克久氏が傘寿の音楽祭を10月2日東京で開催された。
さだまさし、五木ひろし、堀内孝雄、渡辺美里、平原綾香などなど
ゲスト14人が駆け付けるという豪華メンバー
 
服部さんとは1991年からのお付き合いをさせて頂いている
1991年は宮崎市の大淀川河川敷で大淀川夕日コンサートを開催した。
音楽畑オーケストラにゲストは南こうせつとサーカス
2万人の人が集まって大成功となった
それからみやざきグリーン博を始め、日向、高千穂など
宮崎県内各地で開催し大好評を博した。
服部さんの音楽で野外のオーケストラの演奏で
ポップス音楽を楽しむ喜びを見つけられたと言っても過言ではない!
 IMG_2418
さて今回のコンサートの構成は素晴らしかった。
オープニングは服部さんの代表曲ともいえる自由の大地
 
次に服部さんの音楽のルーツとなった
ジャズやミッシェルルグランのシェルブールの雨傘など
 
五木ひろしのラスベガス公演は服部さんが音楽監督
五木ひろしも英語の訓練で毎日たいへんだったよう
最初のステージではとてつもなく緊張したと五木氏が話され
この緊張があったからこそで
それ以来緊張したことはないと笑いながら話された
その五木ひろしの40年ぶりのラスベガス公演の頭を再現
 
次にビートルズメドレー
ゲストが次々にビートルズを歌う圧巻のステージ
 
ジャパンポップスメドレーでは
ゲストのヒット曲を一曲づつ
ここでしか見られないステージだ
よこはまたそがれ から始まり 神田川 雨やどり Mrサマータイム
君のひとみは10000ボルトなどなどメドレーが続く
そして最後はジュピターで〆という盛り上がりのステージだった
 
服部良一氏のメドレーでは服部隆之氏が指揮をして
服部さんがピアノという服部家ならではの贅沢さ
 
最後のフィナーレでは
ル・ローヌを服部さんと隆之氏がピアノ
バイオリンは服部百音(もえ)の3世代の演奏
演奏の後ではスタンディングオベイションが続出という
感動的なコンサートとなった
 
服部さんは80才を過ぎ
まだまだお元気だ
日本の音楽界のために新たなスタートを期待したい
 
コンサートの模様はBS-TBS 10月14日午後7時から放送される
必見のコンサートだと思う!
 

あてなよる(NHKBS)

今日はどんなあてで酒を飲むか?
そんなことを考える呑兵衛は多いはずだ
そんな悩みにジャストフィットするような番組がある
私の大変好きな番組の一つである
 
NHKBSプレミアムで放送している
「あてなよる」
さまざまな食材をテーマに料理を担当するのは
料理研究家の大原千鶴さん
料理の手際の良さと
客あしらいの言葉が抜群だ
割烹着を着た小料理屋の女将の感じでもあり
料理とお酒が好きなお母さんの風情もあり
割烹着姿にはとても癒される
 
京都の美山荘の次女として生まれ
小学生のころから美山荘の賄を作っていたとか
それだけに料理の腕は年期も入っているし、食材選びも並みではない
しかも謙虚さと優しい京言葉は好印象
 
お酒の担当はミシュラン2つ星のフレンチレストラン
銀座エスキスの支配人でもありシェフソムリエでもある若林英司氏
和テイストの料理にアッと驚く酒のマリアージュが面白い
 
今日のテーマは秋らしく 「きのこで飲む」
ゲストは男女が登場するのだが
今回は草刈民代さんと金子貴俊氏
 
まずはきのことさつま揚げのおでん
きのこはしいたけ、エリンギ、丹波シメジ
何とお酒はシャンパン
これには驚いた
おでんとシャンパン、頭に入れておこう
 
マツタケと和牛のすき焼き
マツタケは外国産のもの
醤油と砂糖の絶対比率は1:1
お酒はボルドーの赤(メルロー2011年)
 
しいたけのゴルゴンゾーラ焼き
軸を取り内側にゴルゴンゾーラを仕込み
レンジで焼き、チーズが溶けて来たら醤油を垂らし
再度レンジで焼く
合せるお酒はフランスの貴腐ワイン
しいたけとチーズそして貴腐ワイン
意外なお酒のチョイスと面白さですね
 
最後はきのこの酸辣湯麺
きのこはしいたけ、マイタケ、エノキをたっぷり使い
豚バラと春雨をっ使ったヘルシーなものだ
お酒はスペイン産のシェリー酒
これにもびっくり!
 
両ゲストも楽しまれたようだ
「あてなよる」
私の希望からするともっと日本酒を出してもらいたいのだが
若林さんお願いします。
でもこの番組は癖になるほど楽しい!!

さんま×Netflix

山手線の電車の中での
動画広告でたまたま明石屋さんまが出ていた。
しかもNetflixのCMだけに驚いた!
 
地上波でいくつものレギュラーを持っている明石屋さんま
そのさんまの微妙な気持ちが
CMにもそのまま表れている
 
地上波で頑張ってきているのに
NetflixのCMをしているのも微妙
ほんまはライバル
気持ち的には思い切り整理はついてないかも
 
敵に塩を送っている感じもある
地上波が苦しくなっているのも事実
 
我々の時代は地上波で大丈夫だと思うけど
30代、20代、10代は
テレビをどのように見ているかわからない
 
地上波でお笑いを引っ張る先頭グループの一人が
地上波の本音を赤裸々に語っているのが大変興味深い
しかもそれがNetflixのCMだけにインパクトは大きい
 
こんなさんまの本音の話をCMで見せてくれる
Netflixの懐の深さと並々ならない自信を感じる
 
近々地上波でもCMが流れるという
 
世界各エリアで
それぞれの国ならではのコンテンツを制作していくNetflix
しかも年間制作予算は6600億円という巨大な数字だ
各国の独自コンテンツの力で有料会員を増やす
その相乗効果が表れ
コンテンツ強化と制作費の掛け方が加速度を増す
 
さんまとNetflixの縁は
さんまのドラマの企画を
Netflixが制作することになったという
しかも民放より制作費も出したのだという
それがご縁でCMが決定したそうだ
 
今後ますますテレビとネットの枠組みが無くなっていくと考られる状況においては
世界のネット動画市場で一番のシェアを誇るNetflixの動向には
これからもっと目が離せない
しかも地上波にとって不気味なのは30代以下が
テレビではなくネットで見る習慣がつき始めた事だ
 
 

「この人」の欄で掲載されました。

共同通信宮崎支局の須賀記者の取材で
弊社代表で大吟醸を楽しむ会のプロデューサーでもある満元英明が
焼酎王国から日本酒の魅力を発信というタイトルで
東京、新潟、山形、京都、鳥取、熊本、鹿児島、宮崎、沖縄など
全国の地方新聞に掲載されました。
今後も引き続きその他の地方新聞へ掲載されていくそうです!
 
 
記事内容
 IMG_7602
 
焼酎王国で日本酒の魅力を訴える  満元 英明さん
 
美酒に酔い、笑い声が絶えない会場。
その片隅で進行に気を配り、ゲストにやさしく語りかける。
会の引き立て役に徹する姿が印象的だった。
蒸し暑い夏の宮崎で日本酒好きの約600人が集まって開かれた
「大吟醸を楽しむ会」。
全国39蔵元の蔵元たちが自慢の酒と地元のつまみを持って
駆けつけるこの集まりは、今年で20回目を迎えた。
 
焼酎王国で知られる宮崎で、新たな魅力を発見した。
「最高の日本酒をお祭り気分で存分に味わってもらえる。
普段は接しないお客さんと楽しそうに話す作り手の姿を見て、やりがいを感じた」。
プロデューサーとしてこの上ない喜びだ。
 
「いい酒を造る蔵元と仲良くなりたい」。
そんな願いがきっかけだった。
一流の職人と接し
「酒には、こだわりを持った生産者の思いがこもっている」
と考えるように。
学生時代は「恥ずかしがり屋だった」。
地元放送局の関連会社に入り、少しづつ克服した。
転機は1991年社内に事業企画部を立ち上げて臨んだ
プロサーファーの世界大会。
歌舞伎役者が波に乗る姿を描いたポスターは
当時斬新なアイデアだとされた。
ジャンルを問わずイベントを手掛け、2009年に独立。
「人と同じことはやらない。新しい物が好き」
と飽くなき探求心を見せる。
 
今回のテーマ 「MAKUAKE」は新たな挑戦を意味する。
「東京五輪をシャンパンの代わりに発泡性の日本酒で乾杯して迎えたい」
宮崎から世界を目指し、時代を切り拓く
宮崎県出身  63才
 
 
自らのライフワークとして宮崎で始めた大吟醸を楽しむ会が
20回を起点として
記事で全国へ拡がって行くことを大変有難くかつ嬉しく思います。
20回まで大吟醸を楽しむ会が開催出来たことに対して
改めて日本の食と文化を守る会の村田会長や
支えて頂いた全国の参加蔵元の皆様をはじめ
世話人の方々、一緒に運営を行っていただくボランティアスタッフの皆様に
深く感謝を申し上げます!
これからも大吟醸を楽しむ会をよろしくお願い申し上げます。
 
 
 

OTTが席巻する未来

最近日本でもOTTという言葉を頻繁に聞くようになった
 
OTT(OVER THE TOP)とは
既存の地上波テレビやケーブルテレビや衛星放送を介さず
インターネット経由で動画コンテンツを配信するサービス
 
このOTTの現在世界NO1の業者が Netflix である
2016年度のアメリカのシェアは約53%と言われている
その次がアマゾンの23%だ
 
Netflix の事業開始は1997年
2007年からネット配信を始め、
月額8ドルで見放題のサービスで人気を得た
同じユーザーであればマルチディバイスの機器を変えても
動画を途中から継続して見られる特徴がある
2012年ごろからはオリジナルコンテンツの制作を開始
多額の製作費をかけて作った House of Cards は
2013年エミー賞を受賞した
テレビ局が受賞するのが今までの常識だったが
OTT事業者が初めて受賞し大きな話題となった
そして第89回アカデミー賞ではホワイト・ヘルメットが
短編ドキュメンタリー賞を受賞した
 
アメリカではケーブルテレビの加入者数をNetflixが上回り
2017年4月21日世界で一億人のユーザーを抱え
世界130カ国以上に配信をしている
最近ではローカルで制作、グローバルで視聴をテーマに
日本やフランスなど多くの国でオリジナルのコンテンツを制作している
目標はグローバルネットワークテレビだと言う
 
Netflix のCEO リード・ヘイスティング氏は
10年から20年以内にすべての動画はインターネット上で
視聴されるようになると話している
 
第2位のシェアのアマゾンは方向性が少し違う
アマゾンプライムの特典の一つという考え方だ
年会費 99ドルで
無料配送
映像配信サービス
音楽配信サービス を行い
アマゾントータルで顧客の囲い込みを行う戦略だ
 
ここにきて大きな勝負に出たのがディズニーである
ディズニーは今迄映画などのコンテンツの提供を行ってきた
ネットフリックスとの契約を取りやめ
新しくディズニーグループとして
2018年中にネット配信事業を行うことを発表した
MLB傘下のBAMテックを小会社化して配信技術を確立
ディズニーの映画コンテンツを始め
傘下のESPNでのスポーツ中継(注力するのが野球とアイスホッケー)
などが主な柱になりそうだ
 
アメリカを制したものが世界を制する
それはIT業界の歴史が証明している
そんな意味でもアメリカでは
OTTの業界もどこが勝ち残るのか
Netflix を軸にさらなる激戦が続いていく
 
さて今後日本のテレビ業界はどうなっていくのだろうか?
ニールセンの調査では
若者を中心にテレビ視聴は10~20代が一番少なく
オンラインビデオは10~20代が最も多いという調査結果が出ている
若者層は確実にテレビからオンラインに移っていると言ってよいだろう
その理由は何か?
地上波や衛星放送は編成によって番組を放送し
視聴者はそれに縛られる
OTTでは見たい場所で見たい時に見たいメディアで見たい番組を見れるのである
このメリットは限りなく大きい
 
世界規模で拡大を続けるOTT業者のなかで
どのような地上波、衛星放送の生き残り戦略を考えるのかは
ここ20年のアメリカの電波の歴史を見ても容易ではない
 
既存の放送メディアを揺さぶりながら
大手のOTT業者が日本市場に更に深く入っていくだろう
 Netflixの制作費は年間約6600億円
アマゾンは約5000億円
日本は最大のNHKで約2900億円
この制作費の格差は物凄く大きい
 
制作はローカル、視聴はグローバル
市場のシェアを圧倒的に取った方が制作費も潤沢だし効率的だ
Netflix のCEO リード・ヘイスティング氏の言葉の通り
世界は大きくOTTに舵を切って走り出しているように見える