TSUKEMEN&宮崎学園中高等学校合唱部

TSUKEMENのコンサートが9月27日に

メディキット県民文化センター演劇ホールで開催される

今回のコンサートではテーマ曲である

時を超える絆を宮崎学園の合唱部の皆さんと

TSUKEMENが共演する

今日はその合唱部の皆さんの練習を見に

宮崎学園にお邪魔した

この合唱部の顧問は有川サチ子先生

2019年には文化庁長官から表彰された方でもある

50年間の長きにわたり精力的に合唱部の指導に当たられ

数々のコンクールで金賞を受賞された実績もある合唱会のレジェンドだ

今年もNHKの合唱コンクールと九州合唱コンクールで金賞を受賞され

10月に行われる2つの全国大会のために

毎日猛練習をされているそうだ

その忙しいさなかに出演していただくことも感謝

さて時を超える絆を聞かせていただいた

ピアノ伴奏は馬場沙央里先生

まだまだ今からですがとおっしゃったが

中高生の混成合唱33名の声と心の訴える力にとても感動してしまった

宮崎ならではの時を超える絆になると確信した

 

本番まであと一週間

本番では宮崎の観客の皆さんに新たな感動を与えていただければと思っている

期待していただきたい!!

獺祭 桜井博志会長特別インタビュー

獺祭の桜井会長

独自の視点で酒蔵の経営を変革して

獺祭ブランドを作り上げただけでなく

世界にも獺祭ブランドを確立させた人としても有名だ

NHK逆転人生で6月に放送された

さてその獺祭に9月10日激震が走った

獺祭23万本を自己回収するというものだった

銘柄は獺祭3割9分、獺祭45、等外、等外23

 

獺祭では16.5から17度を15.9から16.1度のアルコール度数まで

通常6%の水を加えて調整する

2人の社員が加水後の撹拌をサボタージュしていた

3月に移動した一人が4月から撹拌をさぼり始め

その後5月に移動してきた一人も追随したとのこと

回収による信用失墜、獺祭のブランド毀損、

等々膨大な経費と共にブランドで最も大事な付加価値が瀬戸際だ

そんな感覚がある

今まで機械で作るから量はどんどんできる

米は磨けばいいという問題ではない

山田錦を買い占めている 等々様々なことを獺祭は言われてきたが

機械でやりながら大事な工程はすべて手作業が獺祭の信念であったはずだ

これがものの見事に社員から崩れたという事実が大きい

 

しかしこれからが数々の逆境を乗り越えてきた桜井会長の本当の腕の見せ所だ

桜井会長は潔く公表を決めた

何より私に誠実であること、それを貫く勇気を下さい との言葉と共に

 

さて桜井会長が7月6日に本音で語っていただいた特別インタビューです

注目されるのはアメリカの蔵の現状だ

昨年のインタビューだとすでに蔵建設にかかっている時期

現在はどうなっているのだろうか?

アメリカでの酒生産の中身はどうなっていくのかなど

桜井会長の率直な意見等面白い話題が満載です!

蝉しぐれ(藤沢周平)

夏真っ盛りだ

夏と言えば蝉時雨

蝉が木立の中に入るとみーんみーんと響いてくる

これば時雨のようだとつけられたそうだ

正岡子規の俳句にこんな句がある

笠とるや 社(やしろ)の下道 蝉時雨

いかにも昔の時代の日本の夏の風情を感じる句だ

 

そんなことを考えながら

藤沢周平の代表作の一つでもある

蝉しぐれを読み返して見た

父親が政変に巻き込まれ、

家督を減らされた少年、牧文四郎の成長やふくとの淡い恋

3人の若者の友情、剣術の修行と秘剣村雨の伝授、

策略の罠と逆転、などを描いている

物語の節目節目には蝉時雨が鳴り響く

藤沢文学の日本の香り立つ風景を描いた代表作の一つだ

 

3人の若者との友情と対比する形で描かれる

文四郎とふくの淡い恋、そして最後の場での確かめ合った心

蝉時雨の木立の中から日差しの野に馬と駆け出す文四郎

描かれていく物語が友情と恋の2つのコントラストで厚みを深さを与えている

強く気高く生きる生き様が読書後の清々しさを一層際立たせる、

 

古き日本の原風景や武士の心構え、生き方など

和の精神を現代に改めて教えてくれる印象的な藤沢文学の傑作の一つである

デカトロンVSワークマンプラス

関西の西宮で2つのスポーツウェア店が元気だ

 

1つは2019年3月に阪急西宮ガーデンにオープンした

フランスのデカトロン

世界最大のスポーツ用品メーカーとして知られ

世界になんと1500以上の店舗がある

デカトロンの名前はフランスの十種競技から来ていると言う

とにかく店舗が広い

数々のスポーツに対応したウェアやシューズなどが展示されている

しかも体験コーナーが随所にあり家族で楽しめる

フランスらしいおしゃれなセンスを感じるだけでなく

価格も驚くほど安い

売り上げが好調なことも実感できる

 

2つ目はワークマンプラスだ

ワークマンは作業着のユニクロとしても有名だが

2年ほど前からアウトドアのウェアにも進出し

SNSなどで釣りやバイク、登山などにも使えると評判になっていた

デカトロンの関西進出もあったことから

本格的にアウトドアのスポーツカジュアルの展開を考えていた

その名前がワークマンプラスだ

ららぽーと甲子園店に行ってみた

高機能を生かした商品展開と価格の安さが特に女性客に支持を得ている

スポーツブランドと比較すると約半額の低価格

価格は低価格に設定しているためセールは行わない

自慢の高機能を持ちながらの低価格アウトドアウェアは

凄い勢いの売り上げを上げている

価格もびっくりするほど安い

ジョギング用のパンツとシャツを買ったが重宝している

課題があるとすればデザイン性か?

アウトドアの入門着として考えると

これまでにない予想以上の大きな市場が開拓できるのではと実感する

 

次からの出店は全てワークマンプラスにすると

ワークマン本社は意気込んでいるほどだ

TSUKEMENLIVE宮崎2019

宮崎の皆さん、お待たせしました

TSUKEMENの宮崎LIVEは6月25日発売開始です!

TSUKEMEN LIVE 2019

〜時を超える絆〜

2019年9月27日 18:00開場 18:30開演

メディキット県民文化センター(演劇ホール)

S席  5000円   A席 4000円

6月25日発売開始

プレイガイド

メディキット県民文化センター内チケットセンター  宮崎山形屋

 

御問合せ 株式会社 地域活性化プロジェクト

0985−31−7086 (平日9:00〜17:00)

 

Wバイオリン&ピアノによる3人組インスト・ユニット

日本全国のみならず

欧米、アジアなど世界で500本を超すライブを開催し

40万以上の観客を動員

宮崎のコンサートでは、観客の皆さんが温かいと

TSUMEMEN 3人とも大好きな場所だそうです

宮崎学園中学高等学校合唱部の皆さん(顧問 有川さちこ先生 シムウェル英華先生)

今年はテーマとなっている曲

〜時を駆ける絆〜では

今まで数多くの賞を受賞されている宮崎学園中学高等学校合唱部の皆さんと共演いたします。

素晴らしいコーラスとTSUKEMENとのコラボ今から楽しみです!

コンサートではテーマ曲を始めオリジナル曲をはじめクラシックからポピュラー、ロック

までの幅広い素敵な演奏とトークとサプライズで

さらにパワーアップしたTSUKEMENの魅力をご堪能ください

瀬戸内しまなみ海道(サイクリストの聖地)

昔の仕事仲間のネットワークの懇親会が福山で開かれたので

翌日はしまなみ海道を案内いただいた

聞けばもう開通して20周年になるそうだ

山の上から見える瀬戸内海と橋の風景はまさに絶景だ

広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ瀬戸内しまなみ海道

車で走りながら肌で実感したのだが

あらゆる年代のサイクリストや海外のカップル

台湾の団体サイクルツアーなど多様なライダーが楽しんでいる

 

ミシュラングリーンガイドや

米CNNの世界7大サイクリングロードにも選ばれたのも大きく

さらにサイクルツーリズムが拡大しているようだ

中間地点でもある道の駅多々羅には

サイクリストの聖地の碑がある

家族のライダーに遭遇

2歳の子供はお父さんがけん引して走っているという

気を付けて楽しんでくださいと話しかけた

バイクラックには地元銀行の協賛社名がある

このようなバックアップしてくれる民間の力も大きい

サイクリングロードは片道70キロ

有料の橋には2輪車専用レーンを設置され

橋を渡ると島を巡りながら観光も楽しめるルートになっている

 

因島ではライダーだけでなく全国でも大人気だという

はっさく大福のお店に寄った

食べてみるとはっさくそのものがドカンと入っている

しかもさっぱりとした味で嫌味がない美味さ

ロゴも可愛い

しまなみ海道には全14か所で手軽なレンタサイクルを借りることができる

サイクリストの施設にはサイクルオアシスの表示があり分かりやすい

 

行政が率先してサイクルツーリズムに取り組む事により

過疎地だった島々が観光サイクリストで活性化することに成功した

宮崎におけるサイクルツーリズムも

将来に向け多様な政策の方法論をしまなみ海道を参考にして

考えることが必要だ

県内におけるサイクルツアーの重要性の認知

サイクルインフラの整備

海外への宮崎サイクルロードのアピールなどなど

一つ一つを解決しながら地道な努力が大きく花を咲かせると考える

何といっても宮崎は風景と環境と人の心は最高なのだから

日向ビーチフェス2019(報告)

日向ビーチフェス2019は
6月2日日向市小倉ヶ浜ビーチで開催された。
前日の6月1日には地元の方々とサーファーの方も協力して
朝、総勢150人でビーチクリーンを行った
もちろん山本隆弘氏も空港から直行して参加していただいた



6月2日はアスリート全員と参加者、見学者も交えて
9時からの開会式では
存分に小倉ヶ浜ビーチをアスリート選手と一緒にスポーツを
楽しんでほしいと日向市の十屋市長がご挨拶

参加者とアスリート選手で頑張るぞの記念撮影の後


ビーチでアスリートによるスポーツ体験

サッカーは巻誠一郎氏と加藤ともえさん

バレーはパナソニックパンサーズの今村貴彦氏、伊賀亮平氏、児玉康成氏の3人

ラグビーはワイルドナイツのコン・ユイン氏とツボウテピタ氏の2人

ビーチテニスは日本代表監督の相澤幸太郎氏
と日本ランキング一位の山本直晃氏

サーフィンは伊久良倉城二氏
また新種目の自由参加のビーチアルティメット

ステージ前では新体操元北京オリンピック日本代表の
坪井保菜美さんがヨガレッスン

ビーチやステージで様々なイベントが行われたが

特に観客の注目を浴びたのはアスリートトークショーだった

一流のアスリートだけに言葉の重みが大きい

印象に残ったのは巻誠一郎氏の3つの心だった

世界で活躍するトッププレイヤーは必ず3つの心を持っている

1つは素直な心

2つ目は決してあきらめない心

3つ目が感謝の心だと言われていた

あいにくの雨だったが参加者は多様なビーチスポーツの体験や

アスリートの指導や言葉を

しっかりと受け止めることができたのではないかと考えている

このビーチフェスを通して

多くの日向市民が小倉ヶ浜ビーチを日向の宝だと再認識し

スポーツを楽しむ喜びを育んでいただくとともに

多くのアスリートの皆さんや全国の方々に日向の素晴らしさを

情報発信することができればと考えている


大会を盛り上げてくれたMCのジェイミーと宇田川アナと山本隆弘氏

大会に関して事務局をしていただいた日向市の方々や協賛スポンサーの方々

また八面六臂の活躍で

アスリートの選定や広報活動に至るまで作業をしていただいた山本隆弘氏に

深く感謝を申し上げます

MaaSコンセプト誕生

モビリティ革命と言われるMaaSが世界中で話題だ

その内容が極めて詳しく書かれ

世界中で行われている実証実験のことも網羅されている

その本のタイトルは「MaaS」

MaaSとは「Mobility as a Service」の略

あらゆる交通手段を垂直統合し、その最適化を図ったうえで

スマホやウェブ上でマイカーと同様か、

それ以上に快適な移動サービスを実現する新しい概念だ

 

MaaSのコンセプトは誰が考えたのだろう

2014年フィンランドのヘルシンキ市都市計画局の依頼で

当時アールト大学の在籍していたソンジャ・ヘイツキラ氏が

発表した論文がルーツだ

ヘルシンキの問題の根底になるのはマイカー依存

鉄道、地下鉄、トラム、フェリー、バスなどの公共交通は整備されているが

利便性、快適性は決して高くない

結果マイカー移動が増え、慢性渋滞、駐車場不足、環境問題を引き起こし

移動をストレスに満ちたものとし町の魅力を失わせている

このような状況を打破するために考案したのが「モビリティオペレーター」だ

利用者のニーズに合わせ数々の交通機関を組み合わせて

最適な組み合わせを一つのサービスパッケージとして提案する

利用者はパッケージ料金を払い

モビリティオペレーターは交通事業者にサービス提供料を払う

これがMaaSの基本構造だ

 

この構想のアイデアをもともと考えていた人がアース・ヒーネタン氏

12年からITSフィンランドのCEOになったヒーネタン氏は

14年6月ITSヨーロッパの会議でMaaSコンセプトを発表した

MaaSという言葉が国際舞台で使われた最初となった

15年フランスで開催されたITS世界会議では

欧州MaaSアライアンスを設立、

世界各国にMaaSを拡げていく団体として位置づけられ

15年にはMaaSフィンランドをアース・ヒーネタン氏が立ち上げ

16年9月からはWhimのサービス提供を開始した

実際ヘルシンキではWhimの定額サービス導入後

ユーザーのマイカー利用は半減し

公共交通の利用は50%未満から74%に増加した

タクシーやレンタカーの利用も増えており、狙い通りに進んでいるという

 

ヘルシンキ発のMaaSコンセプトとアプリのWhimは世界中で話題となり

フィンランドは世界で最も先進的な移動サービス

を実現した国として知られるようになった

 

いま世界のトップランナーとなったMaasグローバル

今後の世界展開が楽しみでもあるとともに

日本の地方都市において、なくてはならない観点がMaaSであり

それがスマートシティのベースとなることも忘れてはならない

第8回宮崎・日南海岸ライド2019(報告)

第8回GE宮崎・日南海岸ライド2019が

4月21日全国から582人のライダーが

スタート地点のサンマリンスタジアムに集合して開催された

天候は絶好の晴天

スポーツナビゲーターの白戸太朗さんと片岡ゆいさんの司会で

スタートセレモニー

ゲストライダーの山本隆弘さんの紹介の後

歓迎のご挨拶は宮崎市の原田副市長

ロングコースは今までと逆のコース

新緑の田野の山を登り

下りを北郷から飫肥に向かって走る

飫肥では日南高校のボランティアの生徒さんがお出迎えで昼食

そのあと日南海岸を走ってゴールという山と海を満喫するコース

ショートコースは

加江田から木花を通り青島から道の駅フェニックス

そのあと潮の杜で昼食

再度日南海岸を戻りゴールへというコース

参加者の感想は新緑の山が気持ちよかった

最初山に登るのでプレッシャーがなく食事が楽しめた

このコースは最高との声

サボテン公園の旧道が景色も素晴らしく

自転車だけでゆっくり走れて抜群だった

何よりも後半は日南海岸なので気持ちの余裕ができたのしめたの声が圧倒的!

新エイドポイントとなった潮の杜は

小椋さんをはじめ鵜戸若衆会の皆さんのおもてなしで

漁師汁とイカの炊き込みご飯というメニュー

この親子は鹿児島から参加(子供さんは8歳)  鵜戸若衆会のおもてなしが素晴らしい

皆さん美味しいグルメに舌鼓!

ハワイのような気分だという参加者も多かった

ゴールでは

何とか完走した山本隆弘氏はお尻が痛くて大変だったようで

スタッフでお尻をなでなで

白戸太朗さんはゴールで地鶏の炭火焼きに挑戦

完走賞と記念品の霧島と炭火焼き

完走証、記念品の霧島、地鶏の炭火焼き       完走賞やTシャツのデザインも大好評!!

今年は今までと逆回りの新コースということもあり

安全対策で数々の問題があったが

サポートライダー、ボランティアスタッフ、メカニックの方々のご協力で

何とか無事に終了することができました。

心から感謝申し上げます

4月23日宮崎日日新聞で記事が掲載されました

また来年も宮崎の地で、全国のライダーの皆さんをお待ちしてします!

タイガーウッズ復活優勝!

赤と黒の勝負服を身にまとい

参戦したマスターズ

まさかこの大会でタイガーが優勝するとは思ってもなかった

 

2009年私生活のトラブルで離婚になり

2014年から4度の腰の手術

2017年には鎮痛剤の影響で飲酒運転の容疑で逮捕

その模様は映像まで公開された

数々のスキャンダルでタイガーは終わった

と多くの人々が思ったと思う

実は私もその一人だった

 

しかしこれからがタイガーの真骨頂だった

2018年全米プロで第2位、

シーズン最後の試合で5年ぶりの優勝を果たし

自信を取り戻しつつあった

今回のマスターズでは表情も引き締まり

ドライバーの飛距離では若者ゴルファーに後れを取ったが

円熟した技術、よみがえったパットが素晴らしかった

最終日の16番のバーディで優勝のゾーンに入った感があった

お母さんと子供2人が見守る中での逆転での復活優勝

子供から誇らしい父親だと思ってもらえたと喜んだ

様々なスポンサーが降りる中

NIKEは試練の時のタイガーウッズを支え続けた

SameDreamのCM映像にはとても共感する

タイガーの優勝の言葉が心の中で響いている

決してあきらめてはいけない

常に戦う事

あきらめたら道はひらけない

いつも挑戦が目の前にある

闘い続ければ乗り越えられる

 

トランプ大統領は

何てファンタスティックな復活だろうと祝福した!