日本再興戦略(落合陽一)

メディアアーティストとして注目を浴びる落合陽一氏が
日本再興戦略という本を出した
彼は筑波大学学長補佐という立場であり
筑波大学と民間で出資した研究室の代表も兼ねている

現在取り組んでいるプロジェクトは
研究室では60以上という凄まじさだという

世界はこれから
AI ,AR・VR ,5G,ブロックチェーンで
大きく変貌していくという考えが彼の持論
そのテクノロジーを踏まえて
日本の歴史や高度成長などを
深く洞察しながら日本再興戦略をアップデートした本だ
勉強不足で理解できない言葉も多かったが大変興味深かった

_

共感したのは

「ものづくり」へのリスペクトを回復せよ

欧州では、アーティストや博士はとても尊敬されています。
それは社会に価値を生み出しているからです。
アーティストというのは、人類がそれまで蓄積してきた
美の最大到達点をさらに更新しようとしている人たちです。
博士というのは、人類がそれまで蓄積してきた知の領域を
ほんの少しだけ外に広げる人たちです。
だからこそ社会的価値がとても高いのですが
日本ではそういう認識がありません。
日本が文化の価値を取り戻すためには、
学ぶべきは江戸時代以前の文化です。
日本人には本質的には文化価値や職人芸を認める伝統があります。
そこにお金への信仰という尺度はなかったはずなのに
いつの間にか拝金主義が入ってきてしまいました。
今の日本には職人に対してリスペクトがあまりに少ない
・・・・・・・
そもそも日本は技法のミーム
(人類の文化を進化させる遺伝子以外の遺伝情報、習慣や技法、物語など)
が根付いた国です。
日本では技と美が一体化していて技と美が一体に語られることが多い。
芸術の世界と職人の世界が一体化しているのです。


人口減少、高齢化がチャンスである3つの理由を
このように述べている

1.    自由化、省人化に対する「打ちこわし運動」が起きない
2.    輸出戦略
高齢化社会への新しい実験を行い
新しいソリューションを確立することができれば
中国をはじめアジア諸国へ輸出していくことができる
3.    教育投資
子供が少なくなるので人材の教育コストを多くかけることができる


日本は超拝金主義の社会になっている
これはマスメディアがもたらした害悪
今の日本は拝金主義がインストールされていてもはや気にならなくなっている
拝金主義から文化価値を中心としたパラダイムにするべきだとしている


最後の落合陽一氏の言葉に

ポジションを取れ。批評家になるな。
フェアに向き合え。手を動かせ。金を稼げ
画一的な基準を持つな。
複雑なものや時間をかけないと成しえないことに自分なりの価値を見出して愛でろ。
あらゆることにトキメキしながら
あらゆるものに絶望して期待せずに生きろ。
明日と明後日で考える基準を変え続けろ

私の心に深く突き刺さる貴重な言葉の連続だ
機械と人間の違いはモチベーションだ
スマホの次は空間になると断言する落合氏
日本の未来を見据え、物事の本質をとらえる
若き世代の貴重なメディアアーティスト、科学者として
今からも注目していきたい人物である。

シュガーハイ相場に金利上昇

2017年のNY株式のパフォーマンスは

1月の20000ドル近辺から

2018127日に付けた26466ドルまで

年率30%以上というすごい上昇相場となった

 

ローレンス・サマーズ ハーバード大教授(元米財務官)

この相場を称して「シュガーハイ」相場と言っている

子供たちが甘いものを食べすぎて

一種の興奮状態になることだそうだ

 

さてこの相場の甘いものとは3つあり

  1. 金融緩和による世界経済の回復
  2. 株高による資産効果
  3. ドル安

という甘いものを食べ続けているということだ

 

しかも12月には減税政策という新たな4つ目の

甘いものが加わった

このことでさらに興奮のシュガーハイ相場はさらに増幅されることになった

 

これに冷水をかけたのが10年物アメリカ国債の金利上昇である

金利は20179月から12月中旬まで2.35%程度と安定していたが

それから一気に24日には2.845%まで急騰した。

金利上昇と株価は逆相関

これを嫌気して一気にNY株の急落につながった

2018FRBは予定通り利上げを実施する計画

予想では年3回 075%の利上げとなり

10年物金利はさらに3%を超し金利上昇する可能性が大きい

そうなると株価には当然悪影響となる

 

「国家は破綻する」の著者 ケネス・ロゴス教授

金利上昇の悪循環は

  1. 金利上昇 
  2. 利払い利息の増加
  3. 過剰債務国の財務悪化
  4. 金利上昇 

何かの拍子に金利が上昇する場合は

それがもしイタリア、日本、新興国の一部の国のように

債務が多い国は多くの問題が発生すると指摘している

 

アメリカのシュガーハイ相場の最後は

日本にとって対岸の火事どころではなくなる可能性もある。

 

 

平昌オリンピック開会式

オリンピックの開会式はいつも大変興味がある

国を挙げての開会式だけに力が入っている

時代背景を考えた演出やトレンドなども見逃せない

さらに2018平昌から

2020東京、2022北京とアジアのオリンピックが続くのも興味深い

 

平昌の開会式の総合監督は

NANTAのプロデューサーのソン・スンファン氏

NANTAはキッチンという舞台で

包丁やまな板などのキッチン用具を楽器として使う

パワフルなパフォーマンスで世界中で1000万人の観客を集めたという

それだけに個人的にも注目をしていた

テーマは「ピース イン モーション」

 

カウントダウンの後、定刻になると

映像は中央の鐘に光が走り上院寺の鐘が鳴らされた

 

ストーリーテラーは5人の子供たち

平和という答えを探し求めていく冒険だ

 

圧巻だったのが女性によるサムルノリ

強烈な太鼓のリズムが会場に響き渡りとてもクールだった

 

KPOPが流れる中での選手入場は元気が良く華やかだった

ドローンによる5輪マークは見事

なんと使用したドローンは1218台だという

 

人間と長方形の窓をたくさん制作して 

窓は未来のことらしいのだが

私にはスマホと人間のかかわりあいのようにしか見えなかった

 

聖火台は朝鮮白磁をモチーフにしたという

聖火台には予想されたキムヨナが・・・・

点火方法もユニークだったが予想の範囲内

 

スケールが大きく壮観だったが

なんとなく花火を乱発し過ぎで少し退屈な開会式になってしまった!

 

無敵のたくわん(宮崎市田野)

宮崎市田野、

この地域の冬の風物詩として有名なのが大根やぐらだ

今年の冬は霧島おろしと言われる風が冷たく

大根を干すには最適の環境のようだ

 

これが大根やぐら

 _

干した青首大根は本当に美味そうだ

 _

小泉武夫氏が食あれば楽ありの中で

たくあん漬けをこのように書いている

 

収穫した大根を

太陽の光に当てて干し、

それを塩と塩こうじに漬けた大根漬は

たくあんと称してすでに寛永年間(今から370年前)につくられはじめた。

保存が利き、歯ごたえが快適で

食べると大根の淡い甘さの中に塩のしょっぱさや 

発酵による爽やかな酸味などが付いていて

その素朴なおいしさは日本の漬物の王様として君臨してきた。

 

全国で生産量が最も多い地域は

宮崎市郊外の清武町や田野町周辺で

今やたくわんと言えば宮崎と称されるほどである。

味覚人飛行物体の吾輩も日向の干したくわんは大好きで

年中食卓から切らしたことがないほどである。

・・・・・

どうしてもたくあん漬けだけで

炊き立ての飯を食べたくなったので

さっそくそのようにした。

まず飯を炊き、日向(宮崎)製のたくわんを

ちょうど食べやすい大きさに切り分け

それでご飯を食べたところ

三膳の飯はあっという間に胃袋にすっ飛んで入ってしまった。

 

その三膳とは一膳目はそのまま食べ

2膳目はたくわんを細切れにし、かつおぶしと混ぜ

3膳目は熱湯をかけて湯漬けとしたそうだ。

 _

宮崎の真面目にコツコツと受け継がれてきた伝統と文化が

育む日本一の無敵のたくわんである!

 

鮨千晴(大阪)

大阪の福島に話題のすし屋がある

江戸前鮨を安く提供していてミシュランにも

ビブグルマンで紹介されたほどのお店

 

今日はそのお店、鮨千晴にお邪魔する

Fはカウンター10席だけのお店

今日の握りを担当してくれるのはスイスから日本に来て

一年ほどだという日系のリチャード君

一年とは思えないほどの言葉の流暢さと丁寧さが好印象

 

さてまずは茶わん蒸し

 _

イカ、タイの寿司から〆鯖へ

素材はなかなか厳選されている

 _

マグロの漬

 _

うに

 _

煮ホタテ

 _

車エビ 海老塩を添えてある

 _

煮アナゴ

ふっくらとしてとても美味しい

 _

今日の職人の力量はまだまだだが

素材は厳選されており楽しめる

これで2800円はあり得ないほどの価格なのだが・・・・

 

ただ鮨は流れるような美しい所作の中で

美味しさが磨かれていく

美しい所作ができないと一瞬で鮨の旨さが興醒めしてしまう

鮨とはそんな粋な食べ物であることを改めて感じた

 

 

国際度  ★★★☆

 

鮨千晴

大阪市福島区福島5-12-14コーポ福島

06-6450-8685

11:00~14:00

17:00~22:00

日曜営業

東北を熱くする(星野仙一)

闘将 星野仙一氏を語るについて

2003年阪神での優勝はもちろんであるが

2011年から2014年まで指揮を執った楽天での

試合は星野仙一氏の集大成と言っても良いだろう

 

東北を熱くするというメッセージと共に

星野仙一氏が2011年楽天イーグルスの監督に就任した

監督一年目のシーズン直前

311日東北地方を襲った東日本大震災

本拠地のKスタ宮城も甚大な被害を受け

当時関西にいた選手たちは約1か月半

帰らずに日本の地方を転戦した

本拠地に帰ってからは、選手は

試合の午前中はグループで被災地を回り

夕方ゲームの毎日

選手や球団が一生懸命にやっているのでストップはできなかったと

星野監督は語っていた

結果2011年は第5

 

2012年は補強を大幅にアップし

戦力を整えたが結果は出ずに第4

 

そして2013

24勝無敗という圧倒的な成績を誇る田中投手を擁し

投打に好循環を生み出した楽天は

他の追随を許さずパリーグ優勝

そして113日4勝3敗と

宿敵巨人を倒し、選手、監督時代を通じて

初めて日本一に輝いた

 

くしくも東日本大震災は311日に発生し

楽天日本一はそれをひっくり返した

偶然とも思えない113日という

不思議な巡り合わせの日となった

 

星野仙一氏を評して様々な高い評価があるが

私はあえて火中の栗を拾い、

野球という大義のために捧げた生きざまに

大いなる共感を感じてしまう!

 

70歳という早すぎる死は本当に残念だが

東北を熱くした星野仙一という名前は

日本の野球の歴史にとって忘れられることはない!

 

 

日本の翼と30年問題

1月5日付けの宮崎日日新聞のくろしお欄で

福井県の日本酒、日本の翼 の記事が掲載されていたので

ご紹介したい

 

「日本の翼」で商標登録された純米大吟醸がある。

昨年までで開催20回を重ねている宮崎の大吟醸を楽しむ会に

参加する蔵元の一つ加藤吉平商店(福井県)の銘柄だ

氷温で2年以上も熟成させるなど

時間と手間をかけた酒で、

政府専用機で初めて正式機内酒として採用された。

その名の通り世界の空を飛ぶ日本酒。

日頃はほぼ焼酎一辺倒の筆者だが、

この正月2日、

職場近くにあるデパート地階酒売り場で見つけて

衝動買いした

日本酒も世界の空を飛ぶ時代だが

航空業界も「2030年問題」と呼ばれる深刻な懸念を抱えている。

バブル期に大量採用された40代後半のパイロットが

退職時期を迎え、旅客機を十分に飛ばせない

事態が生じるかもしれないという

...

さて衝動買いした「日本の翼」の感想だ。

さわやかで、上品で、

飲むほどに大空を舞うようなふわふわした感覚になり

大みそかの弊紙で読んだ

パイロットの30年問題のへの個人的な懸念は

酔うほどに消え。空の彼方へ飛び去った。

考えてみれば酒を造る杜氏の育成にも歳月を必要とする。

熱意と素質と育てる環境がそろって

心を酔わせる名酒が誕生する。

_ 

以上掲載記事のご紹介でした。

福井県の鯖江市の梵は

現在世界100か国以上に輸出をされているという

大変勢いのある蔵です

ご興味があられる方は是非お試しください!

獺祭の新聞広告とNYの蔵建設

師走の12月

獺祭の2つの話題が日本中を駆け抜けた

一つ目は

12月10日の読売新聞獺祭の全面広告

コピーは獺祭を高く買わないでください

という異例のものだった。

桜井会長らしい用意周到な戦略だ

新工場も順調に稼働し生産も需要をなんとか賄える規模となり

全国の販売店も拡充して充実させた

しかし今なお、割高で獺祭を売る転売店が後を絶たない

転売品は高額になることや流通経路が複雑で日数もかかるため

品質の問題も出てくる恐れがある

そこに獺祭が切り込んだ

しかも最大需要期の12月にである

高く買わないでくださいとは

言い換えると全国の販売店も生産も確立しましたという意味もある

日本酒業界において前例のない見事な意見広告だと思う!

 _

2つ目はNYのハイドパークに

CIA(世界最大の料理大学)と連携して蔵を建設するというニュースだ

桜井会長はかねてからワインは本場のフランスだけでなく

ヨーロッパをはじめアメリカ、オーストラリアなど日本も含め

世界各地で製造されている

日本酒が世界酒に本当になるつもりであれば

海外生産は必要不可欠だとおっしゃっていた。

 

麹米は日本の山田錦を使用するが掛米はカルローズの予定だという。

まさに国境を越えて日米融合の獺祭ハイブリッド

とでもいえるようなお酒になるかもしれない

 _

アメリカではどのようなターゲットを考えているのだろうか

日本酒の海外生産は少し行われているが

商品としては安い価格帯を狙っている

獺祭はこの価格帯とは違い

アメリカの生産商品は別ブランドにするが

高級と安い商品の中間を狙いたいという

しかも製造はすべて純米大吟醸だそう

ただ獺祭のポリシーでもある美味いと感じてもらえるお酒

にはこだわりを持ちたい


米国人が普通に買える価格で美味しい日本酒を飲める、
そう考えるとアメリカの日本酒の普及に弾みがつくかもしれない

また2800人という生徒を抱える料理大学とのコラボを考え合わせると

日本酒だけでなく日本食材の流通をはじめ

将来的には大きな可能性を秘めているとも思われる

このニュースも日本酒業界にとって歴史的な一歩だと感じる

 

その先を見つめてどのような世界への挑戦が続いていくのか

今後も要注目の蔵である!

 

「体験の質」という哲学

白物家電で旋風を巻き起こしている会社がある
名前はバルミューダ
率いるのは寺尾玄氏
寺尾氏はまるでドラマのような人生を歩んでいる
17歳の時、進路希望を書きたくないという理由で高校を中退
ヨーロッパを単身放浪する
初めて着いたスペインでようやくパンにありつき涙を流す
かけがえのない美味しさと食の大切さを実感する
これが後になって思うと
彼の製品哲学に結びつく原体験のかもしれない
帰国後はロックミュージシャンを目指すが10年で挫折
その後、オランダのデザイン雑誌を見て
自分でもやれると確信
ものづくりで生きていこうと決意
独学と飛び込みで設計や製造を習得して2003年に独立
パソコン冷却台やデスクライトで評判になるが
2008年のリーマンショックで倒産の危機に
この時思ったことは
「本当に必要とされる製品ではなかった」 ということだった
と振り返る。
そのあとの GREEN FANでの大ヒットで
ようやく崖っぷちから立ち直った
2015年に発売した
バルミューダ THE TOASTER
デザインスケッチは2000枚を超えた
思うような焼き上がりにならないと悩んでいたときに
思い出したのは土砂降りのバーベキューだった
あの時焼いたトーストは美味しかった
あるヒントが頭に浮かんだ ”水分”
この水分がきっかけとなり
水を入れて焼くと言う画期的なトースターが出来上がった
しかもモードは4種類 コピーも素敵だ
感動のトースト
究極のチーズトースト
幸せのクロワッサン
三つ星のフランスパン
なんだかわくわくしてしまう
その4つのモードどれもが格別の美味しさとなる
この高級トースターのヒットにより
バルミューダの名前は一躍全国区へ
寺尾氏は言う
「美味しいものができあがるからヒットした」
機能に喜びや素晴らしさを付加した
食べた瞬間の美味しさを追求している
会社もバンドみたいなもの
作曲して出した曲が商品だ
つまり曲がヒットしないと会社も回って行かない
そのための重要なものはポップな感覚
ポップとは多くの人々が感じる気持ちよさだと定義している
その意味でも会社という第2のバンドでポップな感覚のヒット(商品)をこれからも出してもらいたい
最近よく思うことなのだが
年を取るとエンゲル係数が上がると思う
それは本当に体に良い美味しいものを食べたいからだ
その食卓のおいしさにバルミューダは徹底的に究極を目指していると思う
だからこそ消費者に受け入れられるのだと考える
THE Gohan そしてこれから発売するというレンジなど
次々にバルミューダの挑戦は続く
食卓の周りでその製品を使った人だけが実感する
「体験の質」の高さとエンターテイメント性にこれからも注目をして行きたい!

燗酒の逆襲

宮崎では毎年5月に「燗酒を楽しむ会」が開催されている
神亀の小川原センム以下8蔵ぐらいが宮崎に集まっている
その燗酒の旗振り役のセンムがお亡くなりになって
燗酒の将来はどうなるのかなと
少し心配をしていた
そのメンバーの中核の一人でもあり、燗酒の将来を見据える
神奈川県の川西屋酒造店の露木社長から
日本酒の本が出版されました。
私のことも書いているますので
是非読んでくださいとの連絡があり
早速取り寄せた。
本のタイトルは
うまい日本酒をつくる人たち   増田昌文
第3章が 「燗酒の逆襲」
露木社長は丹沢山や隆シリーズを造っており
日本酒ファンの評価が高い酒としても知られている
彼は言う
日本酒は酵母よりも水で判断しなきゃいけません。
水にアルコールとエキスが溶け出すんですから
水のタッチ、味わいこそが酒の本質を下支えするんです
次に麹です、麹で酒質が決まるから、
ここで手を抜いた日本酒は失格。
米に麹菌が繁殖して麹になってようやく澱粉が糖になる、
これはワインにおけるぶどうの役割と同じです
きちんと熟成させ、バランスのいい風味で
肴や会話の邪魔をしないのが燗酒
うまい純米酒、これにつきます。
米のふくらみ、うまみを実感できる酒。
そのくせ後味が良く、スパッとキレる酒。
呑み飽きのしないまろやかで心地よい酔いのつづく酒
ー そして純米酒の理想の呑み方が燗酒なんです。
私はむかし冷酒派だったが
ある時お燗の旨さに気がついた。
ただそれは正しいお燗の味わい方ではなかったように思う。
神亀の小川原専務や露木さんから
本当の燗酒の味わい方を教わったと思っている。
体がなんだかほっとするお燗酒
料理に合わせてもしみじみ美味い
日本伝統のつまみと合わせる純米酒のお燗は
露木さんが言うようには呑み飽きることがなく
頑張っている大人の肩を優しく抱いてくれているように思えるのだ。
晩秋である
そろそろお燗酒が美味しい季節だ。
日本の食文化と伝統を熟成純米酒のお燗で楽しみたいものだ!