民主主義の死に方(ステーブン・レビスキー)

トランプが大統領になって2年が経過した

アメリカは2極に分断し

世界の先進国からもアメリカは不安視されている

 

20世紀まで世界のリーダーとして

相互的寛容と自制心をもってアメリカは陰ながら民主主義を支えてきた

民主主義の先頭を走ってきたアメリカに今何が起こっているのだろうか

そのことを具体的に明示している本がある

タイトルは「民主主義の死に方」

著者はハーバード大教授の

ステーブン・レビスキー氏とダニエル・ジブラット氏

2016年アメリカの歴史で初めて

公職に就いた経験がなく

憲法によって保障された権利を明らかに軽視し

はっきりとした独裁主義的傾向のあるトランプが大統領に選ばれた

 

トランプの風貌を見ていると

私はベネゼエラのウゴ・チャベスを連想してしまう

1998年に選挙で勝ったチャベス氏

この時、ある女性有権者は

「ベネゼエラの民主主義はウェルスに感染している。

わたしたちにあたえられた抗生物質は彼だけだった」と語った

2003年明らかな独裁者への一歩を踏み出す

最高裁判所を実質的に支配しメディアも閉鎖された

このように民主主義は死んでいく

ヒトラー、ムッソリーニ、ウゴ・チャベス

この3人は歩いた道は凄く似ていると著者は書いている

 

民主主義を破壊する方法として

1)審判を抱き込む

タテと武器を手に入れる 

(警察、税務署など様々な機関に協力者を起こりこむ)

裁判所を支配する

2)対戦相手を欠場させる

メディアの買収

逮捕、訴訟、罰金

実業家を標的に

文化人への抑圧

3)ルールを変える

選挙区の変更

投票の制限

これらを巧みに使うことにより永続的な優位を保つ

 

トランプはこの1年で上の3つの戦略を全て試みた

対立相手に辛辣なレトリック攻撃をしかけ

メディアをアメリカ人の敵と呼び

裁判官の正当性に疑いの目を向け

連邦政府から大都市への補助金を減らすと脅した

就任から一年のあいだにトランプ大統領は

典型的な独裁者と同じ特徴を示したシナリオ通りに動いた

 

選挙を通じての合法的な独裁化が

世界の中で静かに進んでいる

個人的な心の中の不安はそのようなことから生まれているのかもしれない

世界の政治経済を見つめるには、必読の書であることは間違いない!

居酒屋甲子園の奇跡(桑原才介)

居酒屋の日本一を決める

居酒屋甲子園というイベントが2006年から毎年開催されている

今やエントリーの店舗は1700を超え

スポンサー企業も140社を超える

エントリー料は有料で

覆面調査を受ける

調査員は店舗に行き電話対応、接客、料理の提供時間、清潔度など

約50項目をチェックし点数化される

日常の顧客満足度が問われる調査だ

3回の合計得点で全国大会に出れる5店舗が決定する

 

全国大会では20分のプレテの中で

店の取り組み、想いなどを参加者5000人に訴える

また日々の取り組みなどをスタッフが交代で発表する

接客、料理へのこだわり

スタッフ教育のしくみ

地域や生産者とのつながりの方法

原価率まで含めこのプレゼンですべてのノウハウを公開していく

日本一は参加者の投票で決定する

この居酒屋甲子園が本になった

著者は桑原才介

 

居酒屋甲子園を立ち上げたのは大嶋啓介

目的は居酒屋から日本を元気にする

理念は共に学び共に成長し共に勝つ

 

彼が作り出した「本気の朝礼」がスタッフを店を元気にし

結果売り上げもアップした

その朝礼の内容は

黙想(自分はどうなりたいか、今日、3年後、5年度)

一分間スピーチ

ナンバーワン宣言

ハイ、挨拶訓練

大嶋はこの本気の朝礼を公開し

最強のチーム作りとしてメディアにも紹介され全国に知れ渡った

見られているから魅せることに変えるのだと大嶋は言う

 

この頃から居酒屋で甲子園を再現できないだろうかと大嶋は考えるようになる

大嶋の志に赤坂元気、深見浩一、上山弘朗が集まり

構想の具体化が動き出す

数々の難局を乗り越え2006年9月2日

日比谷公会堂は2000名の満席となる

第一回の最優秀店は熊本の憲晴百となった

 

興味のある方は、後は本でじっくり楽しんでほしい

最近の若者は元気がないなどと言われているが

この本に出てくる若者たちは

情熱だけでなく、変革していく志と勇気を持って地域の活性化を行っています

居酒屋甲子園が何故これだけ支持されるのか

少しだけ理解出来たような気がする!

都城市立図書館

都城市立図書館は2018年4月末にオープンした

この図書館のテーマは

再生(リノベーション)と転用(コンバーション)である

以前ショッピングモールとして作られた建物を

構造体だけ残して解体し

内外装を一新して図書館として生まれ変わった

図書館の中は大変広々としている

特徴的なのは木箱の書架や様々な木箱で自由に並び替えできること

これは都城家具工業会の協力で

防虫効果のある楠を使用してオリジナルに開発されたもの

これで季節やテーマに応じた様々な展示もできる

今まで街中にあった施設がこのような形で

再生と転用を行こなった成功の事例は少ない

しかも9月末で動員がすでに50万人を突破したという

年中無休だというのも魅力だ

2018年10月

都城市立図書館はグッドデザイン賞を受賞した

地方都市における街中活性化の成功事例の施設だと思う

是非機会があればゆっくりとした空間で本を楽しんでほしい

宮崎本(エイ出版)全国発売

エイ出版社から宮崎本が全国発売されました

サブタイトルは食と自然のユートピア

ベストオブ宮崎と題して大人の宮崎を楽しめる内容

本の特集の一つにニシタチほろ酔い散歩がありますが

弊社の代表であり、大吟醸を楽しむ会のプロデューサーの満元英明が

案内人を務めています。

 

みょうが屋の岩永氏が新たに出したばかりの

隠れ家気分のカウンターだけのお店 Iwanaga食堂

サラリーマン時代から独立してからも

嬉しい時もつらい時も

40年以上は行き続けているいぶし銀の万作

 

社長自ら釣りに出かけて新鮮なさしみを食べられ

また日本酒が美味しい若草通のKURAGE

 

メイドイン宮崎のイタリアンでセンスも味も良いピノーリ

 

カクテルからパスタ、カレーまで本格的な味わいのショットバーOak

立ち飲みでトランジット感覚の気安さで行ける人情横丁のしなと

 

そして全国のファンから焼酎の聖地と言われる

名物上妻マスターのブルーツリー

 

巨人軍の原監督が大好きな家庭料理のかずら橋

 

等々宮崎のニシタチのお店の魅力が満載です

是非興味がある方は書店で立ち読みでもしてください!

全国発酵食品サミットin長野

第11回全国発酵食品サミットが11月16日から18日まで

長野市で開催された

長野県は男女ともに長寿県としても有名だ

しかもマルコメ味噌をはじめ発酵食品もたくさんある 味噌は生産と消費ともに全国一位

酒蔵の数も全国で2番だと言う

 

メイン会場のほくと長野市文化ホールでは

開会式で長野県の阿部知事が発酵長寿宣言を行った。

そのあとの基調講演は小泉武夫教授

甘酒の話が印象に残った

甘酒市場は2012年の55億円から2016年には217億円まで急増

甘酒は江戸時代は夏に飲んでいた

暑さで体力がなくなる江戸時代は夏に亡くなる人が多かった

甘酒にはブドウ糖、アミノ酸、ビタミンB群が豊富に含まれている

そのため飲む天敵と言われる甘酒を飲んで夏を乗り切ったのだそう

砂糖を一切含まないこと

特に妊産婦や子供も安心して飲めることから

一挙に伸びが加速している

会場でも甘酒の展示が行われていたが、凄い製品の数だ

パネルディスカッションでは真澄の宮阪社長や

料理研究家の横山たか子さんたちによるパネルディスカッション

信州の発酵食の魅力と未来

ヨーロッパにはワインカントリーツーリズムがある

信州は発酵国ツーリズムを考えてはと話をされていた

外では発酵マルシェが開催されて

長野の多くの発酵食品をはじめ、全国の発酵食品も展示されていた

来年は熊本の開催のようだ

広告主(黒田博樹)

今年は絶対日本一だと確信していた

広島カープファンにとって

日本シリーズ11月3日のあっけない幕切れは

とても寂しく、気分も沈んだものになっていた。

 

しかし広島カープファンにとっても

引退を決意していた新井貴浩氏にとっても

意外なサプライズが11月5日に待っていた

 

中国新聞 11月5日の朝刊に

カープレッドの一面広告

そこには新井貴浩氏のイラストと

「結局、新井は凄かった」のキャッチコピー

何と一番下には広告主 黒田博樹のサインが・・・・・

想像もできないサプライズが一番人々を感動させる

沈んでいた広島カープファンに元気を与え

何よりも新井選手にとって途方もない人生最大のプレゼントとなった

 

2人のリーダーシップで築きあげてきた新生広島カープ

盟友 新井貴浩氏と黒田博樹氏との

ゆるぎない信頼関係と男同士の友情を感じるとともに

カープ愛を実感する全面広告だった

個人的には2018年の新聞広告大賞をあげたい!

永澤仁(クリエイティブディレクター)

広告業界の鬼才と言われる永澤仁氏の講演会が

宮崎県工業技術センターの主催

宮崎グラフィックデザイナーズクラブの共催で

11月3日県電ホールで開催された。

国内外で100以上の受賞歴

 

永澤氏は泉谷しげる氏のような風貌

最初からとりとめのない話が面白い

意味のある話をしたいと思うと

意味のある内容は数珠つなぎになり

数珠がグシャグシャに固まって

一見支離滅裂で意味のない話に見えがちだけど

浮き上がる何か一言でも刺さってもらえれば良い

意味のある話は一筋縄ではいけない

幸せが一筋縄ではいかないのと一緒です

現在セブンイレブンのコミュニケーションディレクター

の仕事に専念されているそうだ

最初のセブンイレブンのプレゼンの話が面白かった

代理店から依頼があり

時間が迫る中で持って行ったのは一枚のメモ用紙

そこには詩を書いていた

ただ、その時代理店は泥舟をつかまされたと嘆いたという

4社プレテの最後

永澤氏はプレゼンで「近くて便利」を再定義した。

近い、それは物理的な距離ではない

人の心に近い、あるいは人の心に寄り添う

それが近いという言葉だ

便利、それの本質は

美味しさであり、品質である

このようなプレゼンを行い、聞いていた井坂社長が涙を流したという

きっとぼんやりしかわかっているけど形が見えなかった正解を

僕が提案できたからだと思う。

 

個人的には志を持った人々が

互いに切磋琢磨するような場を作りたいと思い

志塾を2009年に立ち上げ「ジブン電通化計画」なども開催されている

これからは個人でも会社でも組織でも

周りに頼るのではなく、自分の価値や強みを、自分なりに構築していかないと

やっていけない時代だと思う

軸となるものが太く正しいかどうかが重要であり

その軸以外は変化し続けていく

 

永澤氏の言葉には現在を読み解くカギが秘められていた!

しかしそのカギを見つけるには容易ではない。

メディアの未来(佐々木紀彦)

宮大夕学講座が109日開催された

これは東京の慶応丸の内シティキャンパスと宮崎大学を

インターネット中継で結び

宮崎大学地域デザイン棟でライブで受講できるもの

九州では宮崎大学だけで開催されている

色んな分野から多彩な人物が登場するのも楽しみでもある

 

さて今日は「メディアの未来」と言うタイトルで

佐々木紀彦氏(NewsPicksStudiosCEO)が講演された

 

メディアは今100年に一度の変革期を迎えている

世界最大の新聞社はベスト3は日本の新聞

1位は読売新聞 965万部 2位は朝日新聞 745万部 3位毎日新聞

ただ世界はすでにデジタルに移行している

有料会員から見ると

1位はNYタイムス 280万 2位はウォールストリートジャーナル 139万人

3位がワシントンポスト 100万人 とベスト3はアメリカだ

ただし 日経は60万人と健闘し、子会社となったFT 73万人を足すと

合計133万人となり3位に浮上してくる

何故日本の新聞社の部数が多いのかは

日本しかない日本全国を網羅する新聞宅配システムだという

ただしこれからは新聞もさらに落ちていくだろう

 

書籍は1988年の28000店から2014年の8000店と激減した

ただ書籍はなくなることはないだろう

 

メディアの王者と言われるテレビは

広告料はほとんど減っていなくてキープの状態

ネット企業はテレビ局にCMを出し、相乗効果を得ている

なんだかんだ言われながらいまだにテレビ局は衰退していない

しばらくはこのまま行くだろう

TVのビジネスモデルを作り上げた人は電通の吉田秀雄氏だ

TV局の買切り枠を設けて買取し、ビジネスとして作り上げた

これが今日現在まで機能している

凄いことだと思う

日本で最初のメディアミックスを行った人は日本テレビの正力松太郎氏

巨人軍を新聞とテレビでメディアミックスして大成功を収めた

 

ただ日本のメディアには特有の特色がある

新聞社がテレビ局を子会社化して、政治も絡み

メディアの寡占構造が出来上がっている

これが日本のメディアの変化が遅い点だ

強固なビジネスモデル

新規参入の欠如

年功序列、終身雇用、非プロフェッショナル

この仕組みが変わらない、変われない体質を作っているという

そのため記者などは変化に対応できていない

 

3大ガラパゴス業界と言われるのが

政管、メディア、教育と言われる

その3つのひずみが問題として現れてきているのが現在だ

 

そのため世界のメディア事情と異なるのが日本だ

しかしこれからは5Gの時代となり一挙に革新が進む

そしてコンテンツ黄金時代が到来する

その時には日本ではメディアの苦境が拡がっているかもしれない

 

落合陽一氏とのネット対談でしか佐々木氏を知らなかったが

佐々木氏の講演はメディアをよく理解され

独自のメディア理論も構築されて大変面白かった。

日本はメディアの変化が遅い分、

今の変化に追いつけていなくて、記者たちの資質が下がっているのも

将来大きな弱点として現れるように感じる。

 

世界の大手メディアと通信会社は買収と統合が一段と加速している

ディズニーがフォックスを買収

ベライゾンはAOLと米ヤフーを合併

ディスカバリーはスクリップス・ネットワーク・インタラクティブを買収

スカイはNBCを傘下に持つコムキャストに買収

世界で初めてできたグローバルなテレビ局と言われる

13000億人の会員を持つネットフリックス

そしてアマゾン

通信、メディア、インターネット企業、映像会社

その垣根を越えて世界規模で激しいコンテンツの争奪戦が始まっている!

 

 

 

 

TSUKEMEN LIVE 宮崎(報告)

TSUKEMENデビュー10周年となる

TSUKEMEN LIVE 2018 の宮崎コンサートが920日 

メディキット県民文化センター演劇ホールで開催された

 

デビュー10周年の集大成とも言える

3人の魂を込めたコンサートだった

第一部はオリジナルにジャズの名曲も取り入れ

参加型で大いに盛り上がった。

 _

メンバー三人全員

宮崎は人の心があったかくて

何だか故郷に帰ってきたような感覚を覚えるという

 

2部はしっとりとバラードの曲が多く

じっくりと聞かせる曲のメドレー

最後はSUGURUの足拍子と観客の手拍子が

大きな盛り上がりを作った

10年を経てTSUKEMENならではの

エンターテイメント性を実感できるコンサートとなった

 __

参加者の感想の披露を

 

TSUKEMENの存在は知っていましたが

LIVEは初めての参加

とても楽しいLIVE

TSUKEMEN3人ともステキでした!

楽曲も素晴らしいですね

いつかはスペシャルコラボでゲストもどなたかと・・・

TAIRIKU君の笑顔 いいね!!

SUGURUサービスんのピアノ かっこいい!

KENTA君のバイオリン セクシー!

虹見えたよ

 

会場が一体となるパフォーマンスに

最初から圧倒されました。

はじまりから ♪お~、お~♪と

歌わされるとは思いませんでした。

毎年宮崎に来てくださりありがとうございます。

忙しい私たちにはTSUKEMENコンサートが

最高のデートとなっております。

 _

風に立つライオンのモデルとなった柴田紘一郎先生ご夫妻と迫田病院の御家族と!

来年はまた新しく進歩したTSUKEMENの姿を見せてくれると思います

お越しいただいた皆さん、心から感謝申しあげます!

大吟醸を楽しむ会盛況(高知新聞記事)

今年の大吟醸を楽しむ会について

共同通信・宮崎支局長の上野敏彦氏が取材をしてくださり

黒潮還流 第4として

728日に高知新聞に掲載された。

 

焼酎王国で日本酒  

大吟醸を楽しむ会 盛況

女性たち 「酔い心地魅力」

_ 

日本酒の中でも酒米を極限まで磨いて醸した酒のことを

大吟醸酒と呼ぶ。

楽しむ会は1998年にスタートし、今年で21回目

宮崎が日本酒生産最南端の地で

超早場米の出荷が日本一早かったことから

日本酒文化普及のために始まった。

・・・・

世話人代表の町川安久宮崎日日新聞社長が

本県が生んだ歌人の若山牧水も酒と旅を愛した

皆さんもここで大吟醸を飲みながら、日本一周の旅を楽しんでください

と挨拶したように

宮崎に来れば旨い酒とつまみを味わえる仕組みになっている。

チケットは11000円と高額ながら、発売と同時に600枚が売り切れる。

 

 

最初から参加されている高知県の蔵元、司牡丹の竹村社長の話や

宮崎市で創業40年を迎える日本酒専門の「多喜」の話など盛りだくさんだ。

是非興味がある方はじっくりと読んでほしい!