「次世代に備える」日本5年間最下位!

ヨーロッパ最高の知性と呼ばれる

ジャックアタリ氏の財団ポジティブプラネット

毎年「次世代に備える」という点でOECD加盟の38か国の中で

ランキングを公表している。

 

47のパラメーターでランク付けを行っている

人口、汚職の度合い、報道の自由、女性の地位などなど

つまり国は次世代のために準備しているかの国別ランキングだ

上位を占めるのはスカンジナビアの諸国

アイスランド、ノルウェー、スウェーデンとニュージーランド

驚くべきは最下位の国々だ

35位 トルコ

36位 イタリア

37位 ギリシャ

38位(最下位) 日本

日本の最下位は5年続いているのだという

寂しい話だ

人口減少は加速し高齢化はますますひどくなる

高度成長時代に制度化された年金社会保障制度は

ひずみが拡大し次世代は支えきれない

デフレ脱却のために行った異次元の金融緩和は

経済成長の2%を達することなく

国の債務は1000兆円を軽く超えてしまった

ジャックアタリ氏は日本で会議をすると

女性の姿がないことに驚くという

日本の若者の未来のために再度日本は謙虚に反省し

制度設計をやり直し、実行に移すべき点が数々あるように思う

ジャックアタリ氏の2030年の未来という本を興味深く読んだ

世界はどうなっていくのかを彼なりに見極めている

  1. アメリカ帝国の没落
  2. 次の覇権国の競争はあるが、どこも覇権国になれない
  3. 企業が国家にとって代わる可能性がある
  4. 世界的な紛争が多発する

中国が次の覇権国の最短距離にいるのだろうが

彼は中国は内向きだと否定する

覇権国は世界に向けて広がっていかなければならないのだと

 

この時代だからこそ2030年の日本の未来を見据えた

ジャックアタリ氏の日本への忠告は

真摯に耳を傾けるべき時期だと考える

パンストック(福岡市西中洲)

パンの発酵は一次発酵が

イースト菌でパンの糖分を分解させ

この力でパン生地をふんわり柔らかい食感にする

2次発酵ではパンを大きく膨らませることだ

福岡で話題のパンストックが2号店を

西中洲の公園に出したのが8月

人気のパン屋さんだけに中州で気軽に買えるようになったのは嬉しい

出店するにあたり、とてつもないオーブンを

ドイツから輸入した

重さ5トンという「ホフマン」のオーブンだ

この機械を駆使し、九州産小麦で日々パンに挑戦されている

オシャレな店内

パンストックの顔ともいえるのがハード系のパン

白ストック、黒ストック、茶ストックをはじめ

様々なハード系のパンが揃う

人気のハード系のパン

店内のイートインのコーナーでは

コーヒーカウンティとコラボして

パンとコーヒーを楽しむことができる

今日は鶏むね肉の明太あえのサンドウィッチに

エチオピアのモカを・・・

麦とミルキーなパンの風味、鶏明太の酸味と旨味が

口の中で融合しモカの爽やかさが全体を包み込む

九州産小麦での限りない挑戦はとても楽しみでもある

福岡の西中洲にまた一つ楽しみが増えた

 

九州産小麦度  ★★★★☆

パンストック

福岡市西中洲6−17

092−406−5178

10:00〜19:00

月曜、第1,3火曜

キャビアに合うウォッカ新発売

ジャパンキャビアの坂元社長が

京屋酒造の渡辺真一郎社長と話されたことから

このキャビアに合うウォッカの構想は始まった

京屋酒造の渡辺社長は宮崎ならではの

ボタニカルフレーバーのジンを開発、発売していたので

それなりにやれるだろうとの自信があった

ボタニカルの材料も数十種類持っていたことも大きい

構想から一年半試行錯誤の末

完成したのがこのウォッカだ

麦焼酎をベースに様々なボタニカルを浸漬させ

あるいは麦焼酎をろ過しピュアなものにしたのち

ボタニカルを浸漬させ

それらを一度蒸留して白樺の隅で濾過して造り上げる

特徴は日向夏とヘベス、そして山椒だという

まさに宮崎ならではのウォッカが出来上がった

 

カクテル業界では知らない人はいないと言われる

バーオスカーの長友修一さんがこのためのオリジナルカクテルを作られた

私が飲ませていただいたのはレクラ1983(1983の輝きというフランス語)

ウォッカ、サンジェルマンエルダーフラワー、レモンジュース

これらをシェイクしてフルートグラスに注ぎ

最後にシャンパンを加えると完成

さわやさな味わいとフランスの彩が感じられる

エレガンスなカクテルだ

キャビアとウォッカのセット販売も開始されるようだ

キャビアをメインに様々な飲み物との複合が

どんどん世界に広がっていくことを祈念したい

アリババ「世界最高のスマートビジネス」ミン・ゾン著

アリババの前最高戦略責任者であったミン・ゾン

欧州最高の経営大学院の準教授だった2006年に

ジャックマーから直接アリババに誘われ、経営に参画

2017年に退任するまで、アリババの世界への飛躍に貢献した

現在、アリババ教育機関・湖畔大学のトップである

そのミン・ゾン氏がアリババの本を書いた

アリババの強さとは何かを内側から書き記した本だ

タイトルはアリババ「世界最高のスマートビジネス」

本の内容は陰と陽のエコビジネスモデル

陰が機械学習が知性を担う

(データ・インテリジェンス)

陽は無数のプレイヤーがつながる

(ネットワーク・コーディネーション)

C2Bなど戦略を含め詳細にわかりやすく書いてある

 

その中でも私が最も注目したのは

アリババグループの決済部門、アントフィナンシャルだ

ここ2~3年中国に行った方たちから

「中国では現金はいらない!」

全てスマホで完結すると言われる

その具体的な実践論を知りたかったためだ。

広大な中国には銀行の金融インフラが日本や先進国みたいに整っていない

銀行融資も大きな金額(数百万元)からしか融資しない

2002年そのひずみに目を付け、アリババはアントファイナンシャル前身の

アリペイでマイクロファイナンス事業をスタートさせた

タオバオと天猫の売り手が対象だった

融資は100万元(16万ドル)から数百元(50ドル)だった

引き継いだグループのオンライン銀行MYバンクで2016年12月現在

300万社に対して870億元(134億ドル)約1兆5000億円の融資を行っている

 

融資審査はスマホだけで数秒で決定

融資するか?しないか?金利は?

この3つを判断して答えを出し

3分後にはアリペイのオンライン口座に振り込まれる

しかも債務不履行率は約1%と大手銀行より低い

これを可能にしたのは機械学習に基づく独自の融資エンジンだ

顧客が増えれば増えるだけ機械学習アルゴリズムの精度が上がり

債務不履行率が低くなっていく、

これが金融におけるビジネスエコシステムの全貌だ

 

スマホ決済のアリペイで現金を消滅させ、信用スコアで国民をつなぎ

資金提供や海外送金で一挙に顧客を広げていく

このことを一気通貫で実践したのがアリババだ

スマホ決済から関連する金融サービスで一気に先進国を抜き去ったのである

ここには銀行もクレジットカードも全く存在しない世界がある

まさしく「マネー・レボリューション」である!

 

本でも書いてあるが

ヨーゼフ・シューペンタ―が言った言葉が頭に響く

イノベーションは辺境で起こる

それは支配的な構造や論理が中心程しっかり根づいていないからだ

既存のインフラがなく自由度が高いからだ

 

良く言われることだがアリババは中国版アマゾンか?

このことに関してミン・ゾン氏は

アリババとアマゾンは共にeコマース分野の偉大なプレーヤーだ

アマゾンはアメリカの近代的で成熟した市場でイノベーションを起こした

一方アリババは中国の脆弱な経済インフラ、未熟な小売市場の下で

最先端のテクノロジーを活用し、革新的モデルを構築した。

そして顧客価値を生み出したことが

ここ20年の飛躍的成長につながった。

アマゾンとは全く異なるストーリーだ

 

最後にジャックマーの言葉を

2036年までにアリババは20億人の顧客にサービスを提供し

一億人の雇用を創り出し、

1000万社がオンライン、オフラインの商取引を結び付けて

収益力のある事業の支援をし

世界第5位の経済圏を作り上げる

「今日は苦しい、明日はもっと苦しい。だが明後日は素晴らしい日になる」

日本にデジタル時代の巨人誕生!

Zホールディングスの買収・統合のスピードが

加速している

ZOZOの買収は4000億円

LINEとの統合も11月中には合意がなされ

2020年での統合を目指すようだ

今まではヤフーにはこれまで何度もチャンスがあったのに

成長できていない苦悩もあっただろう

 

2019年6月に新社長となったZホールディングスの川辺社長が

指南役と呼んでいるのがアリババの創業者ジャック・マー氏だ

ジャック・マー氏から「もうEコマースの時代ではない」

の言葉が衝撃的だったという。

これからは「データ・ドリブン」と言い切った。

あらゆるビックデータを可視化して成果のあるビジネスに構築することだ

 

その言葉の意味を考えながらまず取り掛かったのが

スマホ決済だった

インドのPtymのシステムを使ったスマホ決済サービスpaypay

わずか1年余りで1900万人の顧客を集めている

私だけの感想だが、個人的な使い勝手はすこぶる良い

コンビニ、書店、小売店などなど一気に広がりを見せる

昨日電気料金の請求書ではバーコードを読み込めば支払うことができた

コンビニでは30秒、銀行では10分はかかる

それが瞬間で完了する

この便利さは使った人でないとわからない快適さだ

日本はまだまだスマホ決済はスタート期に過ぎない

これから一挙に広がっていくことは間違いない

 

デジタル経済で日本NO1を奪取する戦略の上で

ビッグデータを集めるには格好の企業はLINEだった

LINEはチャットでは8200万の顧客を持つ

しかも若い層が多くヤフーとは客層が異なる

LINEpayは3700万人と多いのだが月間利用者数は減少している

しかも成長は鈍化しフィンテックなど開発費用だけは膨らむ

海外戦略も台湾、タイ、インドネシアと一部だけ

内情は厳しい状態が続いていた

 

密かに2社で夏から話し合いを重ね

統合の意思が明確になっていったようだ。

2社の統合でデジタル経済社会でようやく日本の巨人が誕生する

手にする日本のビッグデータで様々な活用を目指す

その未来の道筋は指南役であるジャックマーが創業した

アリババグループを踏襲していくはずだ

 

中国を中心に世界に10億人の顧客を持つアリババ

そして日本に1,1億人の顧客を持つことになるZホールディングス

ジャックマーと孫正義

両氏の相互協力でアジアでのデジタル覇権の道が見えてくるのかもしれない

日本にとって久々に明るいデジタル経済の話題だ

映画「蜜蜂と遠雷」

恩田陸の書いた傑作 「蜜蜂と遠雷」の映画化は

個人的には誰もが思っていたように不可能だと考えていた

それほど本の文章で表現される圧倒的な音楽描写と臨場感は

他に類を見ないほど凄く素晴らしいものだった。

それだけにこの本をどうやって台本にし、

映画にしていくのか興味は尽きなかった

 

映画に行ってきた

始まってから終了まで息をつかさないストーリー展開

本の3分の一ほどを切り取り

オーケストラの音楽や様々な音楽表現で

本の雰囲気を余すことなく表現することに成功している

 

主役はコンテストに出場する

4人のピアニストだ

栄伝亜夜、風間塵、マサル、そして高島明石

栄伝亜夜は天才ピアニストと言われたが母の死をきっかけにして

コンサート会場を逃げ出し、7年のブランクののちに帰ってきた

風間塵は伝説のピアニストホフマンからギフトか災難かと言われる

天真爛漫のピアニスト

マサルは亜夜と出会い才能をアメリカで開花させたピアニスト

高島明石はサラリーマンでありながら

コンテストを年齢制限いっぱいで受けるピアニスト

高島明石は本選に行くことはできなかったが

本選では3人の演奏を肌で感じながら良い味を出している

栄伝亜夜は風間塵との連弾で

母親と弾いている楽しい自分を取り戻した

マサルはオーケストラと調和を図りながら自分ならではの演奏をプレゼンする

風間塵は楽器の位置を入れ替え、彼ならではの音感の凄さと

テクニックを天真爛漫に披露する

そして栄伝亜夜はようやく逃げる自分から目覚め

母親の死を乗り越え、世界を鳴らせるのと言った母親の言葉を胸に

自分の中にある音楽を表現することができて演奏を終える

 

結果

第一位      マサル

第2位      栄伝亜夜

第3位      風間塵

奨励賞、菱沼賞  高島明石

 

会場ディレクターの平田満、クローク役の片桐はいりもいぶし銀だ

 

心の繊細なひだに絡まってくる音楽が

圧倒的な迫力で美しく、ドラマティックに心に染みてくる

音楽が好きな方には必見の映画である!

10月6日綾・錦原アースマルシェの魅力

10月6日綾・錦原アースマルシェが

綾わくわくファームで朝の10時から午後4時まで開催されます

今回は未来につなぐ発酵がテーマです

販売ブースは

綾尾立地区の山口農園、有木さん、北野さん、甲斐さんの野菜

ズッキーニ、ミニトマト、ピーマン、白ネギ、ナス、里芋などが揃うようです

野菜と畑のキッシュ、岡崎さんのこだわりコーヒー

面白いものは杉木さんの豆腐作りセットと餅麦味噌など

様々な有機野菜や手作り加工品が買えます

早川農園では甘酒や野菜加工品が勢ぞろい

シード宮崎ではこだわりレタスや様々な種も販売されます

みやざき発酵文化ネットワークでは道本食品の冷や汁の素

かぼちゃの味噌漬け、ひなた漬の漬物缶詰が

漬物缶は防災グッズや旅行にも好評だそうです

二宮麹屋からは百年味噌や塩麴

ケンコー食品はつまみやサラダで人気の蒸しみやだいず

みやだいずの味噌、醤油などが

大山食品からはアメリカで人気のマーシーや米酢なども販売されます

ダイワファームは大人気のチーズが登場します

レストランではさまざまな発酵セッションが開催されます

10時半からはみやだいずの味噌作り

ケンコー食品の吉田社長ができたての麹とみやだいずを使い

味噌作りを指導していただきます

家庭に持ち帰り1っか月熟成させると米味噌が完成します

費用は一キロで1000円です

興味のある方は是非0985-77-0909までご連絡ください

野菜ソムリエの坂東淳子さんによる

野菜講座やスムージー講座は11時半 14時半からです

スムージーは400円でレストランで販売します

ピーマンのグリーンスムージー、トマトのレッドスムージーです

お待ちかねのワインとチーズ講座は

香月ワインの香月さんとダイワファームの大窪社長

ワインとチーズを楽しみながら是非2人の講座をお聞きください


レストランでは香月ワインや都農ワイン、

そしてひでじビールがほぼ原価で提供されますのでぜひ

野菜ピザや特製チキンカレー、綾豚ハンバーグと共にゆっくりお楽しみ下さい

またステージイベントもあり、子供さんにはポニー乗馬が500円で体験できます、

お天気も秋らしい晴の日になりそうです

是非カップルでご家族で10月6日は秋の綾を満喫してください!

ミ―ファーストの時代(さだまさし)

さだまさしの書いた「やばい老人になろう」という本に

ミ―ファーストの時代のエッセイが

とても共感するのでご紹介したい

ミ―ファーストの時代

僕は「風に立つライオン」にこんな詞を書いた

やはり僕たちの国は

残念だけれど何か

大切な処で道を間違えたようですね

当時の日本の未来を危惧して書いた一言なのだが

あのころから日本の在り方はやっぱりちょっとどこか違ってきた、

ずれているのではないか、そういう思いがたくさんある。

近代社会のへ道を間違えたのは、明治維新のときだろう。

新しい時代への処し方が、この国を大きく変えてしまったのだ。

日新日露戦争、第一次大戦、日中戦争、太平洋戦争という歴史の中で

帝国主義に身を任せたこと、地政学的に言えば英国を手本とした海洋地政学から

中国を目指したがゆえにドイツ式の大陸地政学に変えたという事が

日本の大きな欲望の上の失敗だったと思う。

これほど大きな失敗をしたにもかかわらず、戦後になって日本人は

国家社会主義を実現したのである。

もちろん異論はあるけれど、やはり終身雇用、年功序列、親方日の丸という

システムはもう国家社会主義と呼んで良いだろう。

全員が貧しい時には、それでよかった。

「もっと自由を」と思い始めたころから

戦後の高度成長と「国家社会主義」が崩壊する

そこからさらにアメリカ的資本主義に取り込まれていくのだ。

「やっぱりほら、これで良かったじゃない」

そう思い始めていた時代に、僕は「風に立つライオン」を書いた

バブルの真っただ中、1897年のことである

「残念だけど何か、大切な処で再び道を間違えた」

-そう思えて仕方がなかった

・・・・・・・・・・・・

かってある企業が、世界のティーンエイジャーに

「不安に思うことは何か?」というアンケート調査をしたことがある

どの国も多くの子供が「国の未来」と答えたのに

日本の子供たちでそう答えたのはなんとゼロパーセントだった。

このままでは日本は滅びるとショックを受けた

これも日本という国が間違ってしまった象徴的な出来事ではないかと思う

若い人たちが見ているものは「日本」ではない

あくまでも「自分」なのである。

「ミーファースト」と言っていい。

「自分がこうなりたい」「自分はこうしたい」

「こうなったら恰好いい」「儲けたい」

だから尊敬する人はお金持ち。

金さえあれば、どんな生き方をしていても尊敬されるのである

それは昔から「拝金主義」と呼ばれてきた

日本はいつの間にか拝金国に成り下がってしまった。

金には勝てないという事だ。

確かに、現代社会を生き抜いていくために、だれも金には勝てないかもしれない。

それは責められない。責めるつもりもない。

だがその先の未来を見られないのは、やはり「教育」のせいだと思わざるを得ない

本当の意味での教育をこの国が見失ってしまったのだ。

こんなときこそ、知識が豊富で、どんな頼みも共有してくれ

何か一つスゴイものを持っている「やばい老人たち」から学ぶものがあるはずである。

TSUKEMENLIVE宮崎2019終了!

TSUKEMENLIVE宮崎が9月27日

メディキット県民文化センター演劇ホールで開催された

コンサート一部では

世界の名曲をTSUKEMENスタイルでアレンジした

特に好評だったのがクイーンのメドレー

あのロックの王様がTSUKEMENアレンジで蘇った

観客全員も嬉しい笑顔で手拍子で応える様子は今までのライブでは無かったもの

そして圧巻のベートーベンのピアノソナタ月光

SUGURUのピアノに

ビオラとバイオリンのTSUKEMENならではの独自のスタイルが素敵だった

2部ではオリジナルを中心に

日本的な真田の三部作を披露した

フィナーレは宮崎学園中学校、高等学校合唱部との共演で

時を超える絆

合唱部のコーラスは純粋で心から一生懸命歌っているのが

伝わってくる

観客一同割れんばかりの拍手

KENTAはまさに宮崎の宝ですと言ってくれた

終了後TSUKEMENは合唱部の皆さんに

音楽の世界では技術の巧い人はたくさんいる

それだけでは音楽の世界ではだめ

しかし皆さんの歌には魂がこもっていた

その気持ちや心が人々を感動させる

これからも有川先生の指導で素直にそのまま伸びていってほしいと話した

各地で合唱部とコラボレーションしているTSUKEMENだが

宮崎学園の合唱部は全国トップ級の実力とTSUKEMEN3人も絶賛した

10月12日にはEテレで12:30から生放送で

宮崎学園中学校高等学校合唱部が出演するNHK全国大会が放送されるとのこと

是非嬉しい知らせを期待しています

忙しい中、出演頂いた宮崎学園合唱部の皆さん、

顧問の有川サチ子先生、シムウェル英華先生、ピアニストの馬場沙央里先生

そしてお越しいただいた観客の皆さん本当にありがとうございました!

 

今回のライブを見て主催する立場として感じたことは

TSUKEMEN3人が確実に進化していることだ

自分たちだけではなく観客が何を望んでいるのかを

理解でき表現できるようになりつつある

また共演者や観客を巻き込んでいく力ができたことがとても大きいように思う

これからもTSUKEMEN3人の第2の故郷として宮崎の地で

サポートしていきたいと思う

TSUKEMEN&宮崎学園中高等学校合唱部

TSUKEMENのコンサートが9月27日に

メディキット県民文化センター演劇ホールで開催される

今回のコンサートではテーマ曲である

時を超える絆を宮崎学園の合唱部の皆さんと

TSUKEMENが共演する

今日はその合唱部の皆さんの練習を見に

宮崎学園にお邪魔した

この合唱部の顧問は有川サチ子先生

2019年には文化庁長官から表彰された方でもある

50年間の長きにわたり精力的に合唱部の指導に当たられ

数々のコンクールで金賞を受賞された実績もある合唱会のレジェンドだ

今年もNHKの合唱コンクールと九州合唱コンクールで金賞を受賞され

10月に行われる2つの全国大会のために

毎日猛練習をされているそうだ

その忙しいさなかに出演していただくことも感謝

さて時を超える絆を聞かせていただいた

ピアノ伴奏は馬場沙央里先生

まだまだ今からですがとおっしゃったが

中高生の混成合唱33名の声と心の訴える力にとても感動してしまった

宮崎ならではの時を超える絆になると確信した

 

本番まであと一週間

本番では宮崎の観客の皆さんに新たな感動を与えていただければと思っている

期待していただきたい!!