トスカーナの夕べ

イタリア・キャンティクラシコ地区に広がる

ブローリオの丘を拠点に875年の歴史を持つリカーゾリ家

その男爵をお迎えしてのワイン会が10月10日

シーガイアホテルオーシャン45の42階、ティアラで開催された

 

乾杯はアルビア ロゼ2018

淡いピンクで果実のフレッシュさと甘さがある

まず最初はラグビー日本代表やイングランド代表も食べたという

宮崎牛のハンバーク サイズは12分の1

周りを彩るアミューズも華やか

トッリチェッラ2016

シャルドネ80%、ソービニオンブラン20%の白

すっきりとしたフレッシュな口当たりが程よい

干し貝柱とイカのペペロンチーノ

翡翠色のタリオリーニ

和と中華の要素を取り入れた面白い味わい

ブローリオキャンティクラシコ2016

サンジョベーゼが主体

力強く濃厚な香り、スパイス感も心地良い

甘鯛の松笠焼き

カザルフェッロ2015

メルロー100%

若いが生き生きとしている、リッチ感もあるワイン

宮崎牛フィレ肉のブリオッシュ包み焼

最後にシーガイアのアドバイザーをされている

小山薫堂氏が私が以前シーガイアに来たときは

食事は美味しくなかった

今日はとても美味しい

これからはぜひデリシャスリゾートとして

これからも頑張っていただきたいと挨拶

トスカーナのワインと料理に満足した後

エレベータに乗ると

イングランド代表のヘッドコーチ、エディ・ジョーンズ氏に遭遇

台風で試合が中止になって大変と笑顔で話してくれた

味新こって牛(都城市)

ずいぶん昔になるが,こって牛のランチを2〜3回食べたことがある

ご主人が黙々と働いている様子と

揚げ物がとても美味しかった記憶がある。

その後こって牛は道路拡張のためお店を閉店した

そして2012年11月に魚が美味い味新とこって牛が

合同店舗としてリニューアルオープンした。

 

質の高さは色んな方面から聞いていたのであるが

なかなか 行く機会がなかった。

都城で要件を済ますともう夕暮れ

そうだと思い

お店に電話するとカウンターは大丈夫だという

店に入るとほぼ満員の盛況

都城の居酒屋でこの活気は凄い

カウンターに座り、キリンラガーと刺身を注文

この刺身の質が素晴らしい

これで1000円です、安い!

イワシのから揚げ

こって牛の人気メニューは今も健在だった

パリパリの揚がりで頭からサクッと食べられる

しょうがも効いていて実に旨い

キッチンの最前列は味新のご主人が刺身を作り

その後ろにはこって牛のご主人が人気の揚げ物を調理する

素晴らしい強力タッグだ

 

エシャロット

蛸の酢の物

2つの味があるから揚げ

今日は味新のから揚げ、かりっとしてビールによく合う

こって牛のから揚げは肉に味が付いているそうだ

横の人の注文した出汁巻があまりに美味しそうで注文

ふわふわの食感で上品な味

活気、料理の質、接客、価格

どれをとっても宮崎県の居酒屋では最高ランクのお店の一つだと思う

必ず予約をしてほしい

 

2人のご主人とも

跡継ぎがいないようなのがとても寂しい!

こんな名店で誰か修行する若者がいないものか?

 

 

強力タッグ度 ★★★★+

 

味新こって牛

都城市中町3−5

0986−22−5391

17:00〜22:00

不定休

TSUKEMENLIVE宮崎2019終了!

TSUKEMENLIVE宮崎が9月27日

メディキット県民文化センター演劇ホールで開催された

コンサート一部では

世界の名曲をTSUKEMENスタイルでアレンジした

特に好評だったのがクイーンのメドレー

あのロックの王様がTSUKEMENアレンジで蘇った

観客全員も嬉しい笑顔で手拍子で応える様子は今までのライブでは無かったもの

そして圧巻のベートーベンのピアノソナタ月光

SUGURUのピアノに

ビオラとバイオリンのTSUKEMENならではの独自のスタイルが素敵だった

2部ではオリジナルを中心に

日本的な真田の三部作を披露した

フィナーレは宮崎学園中学校、高等学校合唱部との共演で

時を超える絆

合唱部のコーラスは純粋で心から一生懸命歌っているのが

伝わってくる

観客一同割れんばかりの拍手

KENTAはまさに宮崎の宝ですと言ってくれた

終了後TSUKEMENは合唱部の皆さんに

音楽の世界では技術の巧い人はたくさんいる

それだけでは音楽の世界ではだめ

しかし皆さんの歌には魂がこもっていた

その気持ちや心が人々を感動させる

これからも有川先生の指導で素直にそのまま伸びていってほしいと話した

各地で合唱部とコラボレーションしているTSUKEMENだが

宮崎学園の合唱部は全国トップ級の実力とTSUKEMEN3人も絶賛した

10月12日にはEテレで12:30から生放送で

宮崎学園中学校高等学校合唱部が出演するNHK全国大会が放送されるとのこと

是非嬉しい知らせを期待しています

忙しい中、出演頂いた宮崎学園合唱部の皆さん、

顧問の有川サチ子先生、シムウェル英華先生、ピアニストの馬場沙央里先生

そしてお越しいただいた観客の皆さん本当にありがとうございました!

 

今回のライブを見て主催する立場として感じたことは

TSUKEMEN3人が確実に進化していることだ

自分たちだけではなく観客が何を望んでいるのかを

理解でき表現できるようになりつつある

また共演者や観客を巻き込んでいく力ができたことがとても大きいように思う

これからもTSUKEMEN3人の第2の故郷として宮崎の地で

サポートしていきたいと思う

IZOLA SMERALDA 大田勇樹シェフ

東京丸ビルでIZOLA SMERALDAのお店を構える

大田勇樹シェフのスぺシャルメニューの会が

9月16日宮崎観光ホテルのディアマンルージュで開催された。

まずは生うにと宮崎キャビア

スズキのカルパッチョ、からすみと共に

フォアグラを詰めたウサギのメダリオーネ

まだこのサラミ仕立て

鱈のスフォルマート

キャビアに見立てたスモーク鰊のアプルーガ乗せ

生パスタキタッラ、渡り蟹のトマトソース

抜群に旨い

大田シェフ自ら藁で鴨肉にスモークを付ける実演を

フランス産シャラン鴨胸肉のロースト

サラミレバーを煮込んだソースと野性味溢れる一皿

今回一番素晴らしいと思った一皿

イタリア産ポルチーニ茸を使ったリゾット

トルフュソースが濃厚で素晴らしい

世界NO1ビールの栗黒を

タヒチ産バニラジェラードにかけて

抜群の相性

渾身のメニューに美味しい感動をいただきました!

獺祭 桜井博志会長特別インタビュー

獺祭の桜井会長

独自の視点で酒蔵の経営を変革して

獺祭ブランドを作り上げただけでなく

世界にも獺祭ブランドを確立させた人としても有名だ

NHK逆転人生で6月に放送された

さてその獺祭に9月10日激震が走った

獺祭23万本を自己回収するというものだった

銘柄は獺祭3割9分、獺祭45、等外、等外23

 

獺祭では16.5から17度を15.9から16.1度のアルコール度数まで

通常6%の水を加えて調整する

2人の社員が加水後の撹拌をサボタージュしていた

3月に移動した一人が4月から撹拌をさぼり始め

その後5月に移動してきた一人も追随したとのこと

回収による信用失墜、獺祭のブランド毀損、

等々膨大な経費と共にブランドで最も大事な付加価値が瀬戸際だ

そんな感覚がある

今まで機械で作るから量はどんどんできる

米は磨けばいいという問題ではない

山田錦を買い占めている 等々様々なことを獺祭は言われてきたが

機械でやりながら大事な工程はすべて手作業が獺祭の信念であったはずだ

これがものの見事に社員から崩れたという事実が大きい

 

しかしこれからが数々の逆境を乗り越えてきた桜井会長の本当の腕の見せ所だ

桜井会長は潔く公表を決めた

何より私に誠実であること、それを貫く勇気を下さい との言葉と共に

 

さて桜井会長が7月6日に本音で語っていただいた特別インタビューです

注目されるのはアメリカの蔵の現状だ

昨年のインタビューだとすでに蔵建設にかかっている時期

現在はどうなっているのだろうか?

アメリカでの酒生産の中身はどうなっていくのかなど

桜井会長の率直な意見等面白い話題が満載です!

脳とチャレンジ(茂木健一郎)

スミセイ ライフフォーラム生きる

「脳とチャレンジ」が9月8日宮崎の

メディキット県民文化センター演劇ホールで開催された

 

茂木健一郎氏の話が面白かったのでご紹介したい

今朝は大淀川河畔を9.5キロぐらい走った

ずんぐりむっくりしているけど

東京マラソンだって4時間45分ほどで完走するんです

と話すと会場は笑いに包まれた

 

運動が大事

一週間に3回以上30分ほど運動している人は

認知症になる確率がグーンと減る

だから運動をしましょう

生活習慣と合わせ技ですればよいのです

 

睡眠は大事

睡眠している間は脳は休まない

脳は記憶を整理するのとストレスを癒す働きをしている

 

雑談が大事

雑談ほど人間の脳が健康になる

特に他人の噂話が効果がある、きずなが深まるのだ

雑談は今からのAI時代には必須だと思う

 

この3つを大切にして実践し健康生活を送りましょう

 

さてドーパミンの話を

ドーパミンは脳の回線を強化できる

ドーパミンが出るとアンチエイジングにもつながる

どうやったらドーパミンが出るのか?

それは自分ができなかったことに対してチャレンジして出来た時に出る

つまりチャレンジしてドーパミンを出すことが若返りにつながる

葛飾北斎は77歳で神奈川奥の富士を完成した

新しい挑戦をそれぞれの方がしていくことが健康を維持できる秘訣

まさしくボーット生きていたのではチコちゃんに叱られます

 

劣等感はみんな持っているのだが

実はこれは個性だと一人一人が自覚し肯定をする事

欠点と長所が一緒になったのがそれぞれの人の個性だ

例えば私は落ち着きがないのが欠点だが切り替えの早さは長所だ

たけしさんも同様だ

落ち着きがないのだが切り替えの速さで仕事のスピードも速い

だから自分の個性を自覚して肯定すること

そこから幸せが生まれてくる

 

幸せは一人の人も結婚している人も子供がある人も

幸せは全く変わらないという調査結果がでた

誰もが自分の個性を受け入れて幸せになる

そこから新しい挑戦をしてドーパミンを出せば素敵な人生になる

 

相変わらずのステージを動き回りながらのパフォーマンス

意義のある楽しい講演でした

シロクマ食堂(小樽)

小樽運河の奥の市場を挟んだ通りに

ぽつんとシロクマ食堂がある

店に入ると優し気なメガネをかけたご主人(シロクマ親父)

と美人の奥さんの夫婦だけのお店だ

インパクトがあるのはいろんなシロクマグッズだ

インテリアもビジュアルもシロクマ尽くし

ご夫婦の趣味で手作りで作ったようなお店だ

ジャズが流れているのも好印象!

注文は迷わずカニ味噌クリームスパゲティ 1700円

紅ズワイガニの蟹の身が入ったクリームソースに

スパゲティを混ぜて

その上に蟹身を盛、最後に無添加のカニ味噌を乗っけてある

見た目は小ぶりだが

中見は奥深い

濃厚でありながらさっぱりしていて北海道ならではの味だ

小樽運河の終点穴場グルメはここで決まりだ

今度は夜にお邪魔してみたい

 

 

小樽度   ★★★★+

 

シロクマ食堂

小樽市色内3−6−3

0134−31−4690

平日 11:00〜14:00 17:00〜22:00 

土日祭日 11:00〜15:30 17:00〜22:00

第2第4の水木

小樽の歴史的建造物巡り

10年ぶりに小樽に来た

天気も良いので今日は歩いて歴史的建造物巡り

まずは旧日本銀行小樽支店  1893年

小樽が北海道の金融の中心地だったことが良くわかる建物

設計は東京駅、日銀本店を設計した辰野金吾

今は金融資料館として見学ができる

旧三井銀行小樽支店 1927年

外壁に石積みの5つのアーチを重ねたルネッサンス様式

石は岡山の花こう岩

耐震構造の指針を受けた当時最先端の構造

ここが小樽運河

旧大家倉庫  1891年

石川出身の海産商人、大家七平によって建てられた倉庫

外壁は札幌軟石を使用

マークが印象的だ

雄大で独自の二重アーチは小樽石造り倉庫のシンボルでもある

旧日本郵船小樽支店  1906年

設計は佐立七次郎工学博士

当時としては最も新しい石造洋風建築

日露戦争の講和条約による会議はここで開催された

なぜこれだけ歴史的な建造物が短期に小樽に集中したのか

その理由は3つのことがある

北海道の石炭の積出港として

ニシン漁の最大拠点

ロシアをはじめとする海外貿易の拠点

当時の時代は眩いばかりの賑わいだったのだろう

 

小樽が一気に冷え込む事になるのは

ニシン漁の不良

石炭から石油へのエネルギー革命だ

まさしく半世紀で栄枯盛衰を味わった小樽である

 

街を歩くと観光客が多いが、一歩道を入ると

地方ならではの疲弊した閉まった商店もたくさんある

観光客により光も少しは見えているが

まだまだ全体的には思った以上に厳しい状況のように感じた

第2回北を愛でる酒と肴(報告)

第2回北を愛でる酒と肴が

9月1日札幌パークホテルで

全国から40蔵元が札幌に結集して

800名の参加で開催された

この会の会長である札幌観光協会の柴田龍会長がまず挨拶

元祖は宮崎がルーツの会だが

良く北海道にこれだけの素晴らしい蔵元が集まっていただいたことに

感謝を申し上げたいと挨拶

この会の魅力は北海道の珍味を満喫できること

蟹やうに、刺身、そして北海道の各地の郷土料理などなどが

満載の会だった


7月にお世話になった蔵元に挨拶した

浦霞の佐浦さん、水芭蕉の永井社長、福光屋の福光専務

小鼓の西山会長



南部美人の久慈社長

横は世話人の小嶋社長と効き酒師の鎌田さん

富山の満寿泉は高井さんがお越しになっていたが

そのサポートにねんじり亭の三浦さんが来られていて

びっくり!

宮崎の大吟醸を楽しむ会でもつまみ料理を長年お世話になった方でもある

ラベルが面白い

世話人代表の今井社長とMCの青山さん

2回目だがお客さんの反応も大好評で

これからも宮崎と札幌が連携して切磋琢磨しながら

進化をして行きたいと考えます

今井社長をはじめ関係者の皆様お疲れ様でした!

夏の花浅葱(宮崎市)

宮崎市で和食ランチで3か月先でないと

予約が取れないお店がある

名前は花浅葱

宮崎市水道局の手前にあるこじんまりとしたお店だが

ご主人の黙々とされる仕事ぶり

上品な味付けと器の素晴らしさ

CPの良さ、などがお客の評判を呼び

いつの間にか予約が取れないお店になっていった

暑い日に久しぶりにお伺いした

カウンターに座ると

まずは

蓮の花びらに蛸ときゅうりの梅肉和え、

もずく、冬瓜とトウモロコシの天婦羅〆鯖の棒寿司

椀物は里芋と鱧のタマゴ寄せ

オクラの花びらに

カツオと無花果と焼きナス、ずいきのチリ酢ジュレ

夏の暑さに爽やかさを感じるメニューだ

ゴマ豆腐の揚げ出しとごうやとオクラの天婦羅

最後は土鍋で炊いたばかりのご飯に香の物と

冷や汁

クリーミーな冷や汁でご飯を三杯も食べてしまった

夏を乗り切るにふさわしい和食だった

これで1240円(税込)はあり得ないぐらいだ

デザートとコーヒーを付けると1400円(税込)

 

オープンからご主人の姿勢は全く変わらず

目配りをしながら淡々と仕事をこなされている

価格も開店からほとんど変わらない潔さ

今や宮崎の名店と言ってよいだろう

ただ予約が取れないのが玉に傷だが・・・・

 

 

季節の旬度   ★★★★☆++

 

花浅葱

宮崎市鶴島3−172−1

0985−23−1038

11:00〜13:30  日曜休み

夜営業は土曜のみ