TSUKEMENLIVE宮崎2019

宮崎の皆さん、お待たせしました

TSUKEMENの宮崎LIVEは6月25日発売開始です!

TSUKEMEN LIVE 2019

〜時を超える絆〜

2019年9月27日 18:00開場 18:30開演

メディキット県民文化センター(演劇ホール)

S席  5000円   A席 4000円

6月25日発売開始

プレイガイド

メディキット県民文化センター内チケットセンター  宮崎山形屋

 

御問合せ 株式会社 地域活性化プロジェクト

0985−31−7086 (平日9:00〜17:00)

 

Wバイオリン&ピアノによる3人組インスト・ユニット

日本全国のみならず

欧米、アジアなど世界で500本を超すライブを開催し

40万以上の観客を動員

宮崎のコンサートでは、観客の皆さんが温かいと

TSUMEMEN 3人とも大好きな場所だそうです

宮崎学園中学高等学校合唱部の皆さん(顧問 有川さちこ先生 シムウェル英華先生)

今年はテーマとなっている曲

〜時を駆ける絆〜では

今まで数多くの賞を受賞されている宮崎学園中学高等学校合唱部の皆さんと共演いたします。

素晴らしいコーラスとTSUKEMENとのコラボ今から楽しみです!

コンサートではテーマ曲を始めオリジナル曲をはじめクラシックからポピュラー、ロック

までの幅広い素敵な演奏とトークとサプライズで

さらにパワーアップしたTSUKEMENの魅力をご堪能ください

平山郁夫美術館(広島県瀬戸田町)

広島県瀬戸田町の生口島にある平山郁夫美術館にお邪魔した

平山郁夫のシンボルとも言えるシルクロードの駱駝をはじめとして

様々な絵が展示してある

平山氏は1930年広島県瀬戸田町に生まれた

シルクロードを題材にした絵画を多く発表

晩年には故郷のしまなみ海道を描いた

東京芸術大学学長、日本美術院理事長など多くの文化団体の理事長も務めた

2009年79歳で亡くなられた

終生描き続けた駱駝のキャラバンは

東西貿易の象徴でもあり

未知の国々、異なる文化、人々の交流をも現すシンボルでもある

2019年は没後10周年の記念の年

特別展としてしまなみ海道五十三次が開催されていた

晩年になって描き上げた故郷の風景画は

今見てきたしまなみの美しい風景と重ね合わせながら

鑑賞するとさらに興味深い

自由軒(広島県福山市)

広島県福山市、福山駅から歩いて3分ほど

天満屋福山店の裏の路地を入るとすぐが自由軒だ

おでんと洋食の提灯を見ながら

暖簾をくぐりお店に入ると

この字のカンターにほぼ満員の盛況ぶり

カウンターに座り

まずはビールとロールキャベツのおでん

ここのおでんは八丁味噌を使用した味噌だれをかけて食べる

香ばしい独特なおでん

ビールに合う

ちいちいイカを酢味噌で食べるのが福山流

先代が洋食のコックをされていたので洋食も人気だ

オムライスもカレーも美味しいのだという

1951年創業のお店というからもう68年の歴史のお店だ

ご主人と息子さんが料理を仕切り

奥さんがお店を仕切っている

食堂居酒屋でありながらこの店ならではの家庭的な雰囲気がとても良い

こいわしの天婦羅には

福山の地酒 天保一のお燗をもらう

こいわしのサクサク感に

お燗が体に沁みてくる

常連さんの笑顔を見るだけでこちらも気分が良くなっている

〆は中華そば

この中華そばの少し甘めのスープと絡む麺

チャーシューの美味さともに優しい味わい

 

色紙は類さんをはじめ著名人もいっぱい

その中で印象的な色紙が・・・

茂木健一郎氏が「大樹のように」のコメントを添えていた

このお店が地元で愛され、大樹の様な大きな根を張っているということだろう

また行きたい福山の食堂酒場の名店だ

 

食堂酒場度   ★★★★☆+

 

自由軒

広島県福山市元町6−3

084−925−0749

11:30~22:00    火曜休み

万田酵素(広島県因島)

万田発酵というユニークな企業が

広島県因島にある

主力商品である万田酵素は53種類の植物性原料

果実、穀類、藻類などを丸ごと使用し

無加水、非加熱、無添加で3年3か月以上

長期熟成発酵させてできる発酵食品である

万田酵素を開発したのは

因島で元禄時代から続いていた造り酒屋の11代目松浦新伍郎氏

酒の酒名は万田だったそうだ

東京農大を卒業した松浦氏は

かねてから興味があった発酵の研究に没頭

23年の月日を要して完成したのが長期熟成の植物性発酵食品、万田酵素だった

仕込みは寒冷期の1月

半年かけて発酵させ製品のベースを作り

53種類の原材料を旬の時期に加えることで

それぞれの素材が十分に発酵熟成していくのだという

3年3か月の製品を試食させていただいた

まろやかな熟成度だ

 

HAKKOパークも2018年8月に完成

建物は折り重なるしまなみのシルエットをデザインしたという

建物内には様々な商品や

万田酵素を使ったカレーやパスタが食べられるカフェもある

驚いたのは万田酵素を使った肥料で生育した霧島豚

なんと宮崎産だという

ガーデンには万田酵素を使用した野菜や果物が

これは大きなひまわり

海のそばでもありゆっくりくつろげる空間だ

因島の自然の植物、穀類、藻類にこだわり

熟成自然発酵で作られた万田酵素は

今の時代だからこそ、大きな価値を感じられる自然発酵食品だと思う

日向ビーチフェス2019(報告)

日向ビーチフェス2019は
6月2日日向市小倉ヶ浜ビーチで開催された。
前日の6月1日には地元の方々とサーファーの方も協力して
朝、総勢150人でビーチクリーンを行った
もちろん山本隆弘氏も空港から直行して参加していただいた



6月2日はアスリート全員と参加者、見学者も交えて
9時からの開会式では
存分に小倉ヶ浜ビーチをアスリート選手と一緒にスポーツを
楽しんでほしいと日向市の十屋市長がご挨拶

参加者とアスリート選手で頑張るぞの記念撮影の後


ビーチでアスリートによるスポーツ体験

サッカーは巻誠一郎氏と加藤ともえさん

バレーはパナソニックパンサーズの今村貴彦氏、伊賀亮平氏、児玉康成氏の3人

ラグビーはワイルドナイツのコン・ユイン氏とツボウテピタ氏の2人

ビーチテニスは日本代表監督の相澤幸太郎氏
と日本ランキング一位の山本直晃氏

サーフィンは伊久良倉城二氏
また新種目の自由参加のビーチアルティメット

ステージ前では新体操元北京オリンピック日本代表の
坪井保菜美さんがヨガレッスン

ビーチやステージで様々なイベントが行われたが

特に観客の注目を浴びたのはアスリートトークショーだった

一流のアスリートだけに言葉の重みが大きい

印象に残ったのは巻誠一郎氏の3つの心だった

世界で活躍するトッププレイヤーは必ず3つの心を持っている

1つは素直な心

2つ目は決してあきらめない心

3つ目が感謝の心だと言われていた

あいにくの雨だったが参加者は多様なビーチスポーツの体験や

アスリートの指導や言葉を

しっかりと受け止めることができたのではないかと考えている

このビーチフェスを通して

多くの日向市民が小倉ヶ浜ビーチを日向の宝だと再認識し

スポーツを楽しむ喜びを育んでいただくとともに

多くのアスリートの皆さんや全国の方々に日向の素晴らしさを

情報発信することができればと考えている


大会を盛り上げてくれたMCのジェイミーと宇田川アナと山本隆弘氏

大会に関して事務局をしていただいた日向市の方々や協賛スポンサーの方々

また八面六臂の活躍で

アスリートの選定や広報活動に至るまで作業をしていただいた山本隆弘氏に

深く感謝を申し上げます

魚竹(築地)

私にとっての正しい食事は定食だ

しかもメインは焼き魚で美味しい味噌汁があればさらに良い

 

そんな要望をかなえてくれるお店が魚竹だ

地下鉄築地駅の4番出口を出て東銀座方面に

200メートルほど歩くとお店だ

看板を見ると何とも普通の食堂なのだが・・・・

お店に入るとカウンターだけの狭い店内

注文は銀鮭と鮪なかおちの定食 1400円

清潔感があり期待感も高まる

 

炭火焼きならではの美しい焼き上がり

焼きたての銀鮭がほくほくしてとても旨い

ワカメの酢の物でほっとしながら

銀シャリと銀鮭を食べていく

なかおちの刺身も嬉しい合いの手だ

もちろんご飯も味噌汁もお替り無料

味噌汁をお替りすると中身が変わる

最初は豆腐だが2杯目はなめこだった

この細かい気遣いは真似出来ない優しさだ

 

ふと見るとお酒は〆張鶴純、浦霞などもある

夜早めに刺身でお酒を一杯やったあと

最後に定食を食べるのも良い方法だと自分で納得する

こんな場所に日本の正しい定食屋が隠れていた

 

 

正しい定食度  ★★★★★

 

 

魚竹

東京都中央区築地1-9-1

03-3541-0168

11:00~14:00    17:30~21:30

土曜、日曜、祭日休み

東京都庭園美術館(目黒)

目黒の東京都庭園美術館に

アールデコのシンボルと言ってよい建物がある

これは1933年5月、朝香宮ご夫妻によって建てられたもの

フランス人芸術家アンリ・ラパン氏に

主要な部屋の設計を依頼するなど

当時フランスで全盛期であったアールデコの様式を取り入れ、

日本古来の高度な職人技も随所に発揮された歴史的建造物

1947年から1954年は政府が借り上げ

吉田外相、首相公邸として使用された

1955年から1974年は

白金迎賓館として使用された

1983年東京都庭園美術館として開園

2016年からしばらくリニューアルのために閉館していたが

2018年に総合開館した

今日は久しぶりの庭園美術館だ

本館に入ると玄関にはルネ・ラリックのガラスレリーフの扉

が幻想的で美しい

次の間にはアンリ・ラパンが製作したシンボルともいえる噴水塔

新館の庭ではエドアール・サンドの座る豹が迎えてくれる

庭も広々として気持ち良い

大自然の豊かさを感じながら

唯一無二のアールデコの建築を楽しむことができる

IWC2019ゴールド、トロフィー決定

世界最大のワンコンペティション

IWCのSAKE部門の受賞が2019年5月9日に決定した

SAKE部門は2007年から行われている

今年は海外を含む432社1500の銘柄から95がゴールドに選ばれた

 

大吟醸を楽しむ会の参加蔵の中で

受賞した蔵をご紹介したい!

ゴールドの中で最高賞がトロフィー

トロフィー受賞酒の中から7月9日ロンドンで

チャンピオンサケが決定する

 

吟醸部門ゴールド

南部美人 結の雫  岩手・吟醸トロフィー

 

純米吟醸ゴールド

出羽桜  つや姫  山形・純米吟醸トロフィー

福寿 

 

大吟醸部門ゴールド

福寿

 

純米大吟醸ゴールド 

刈穂  種月

開運

蓬莱泉 摩訶

作 槐山一滴水

獺祭 磨き二割三分

獺祭 二割三分遠心分離

 

IWCゴールド受賞の常連となっている蔵が

出羽桜と南部美人

開運と作も素晴らしい成績だ

蓬莱泉も嬉しい受賞

福寿と獺祭はダブル受賞となった

受賞した蔵元の皆さん、おめでとうございました!

チームジャパンとなった「MaaS連合」の未来

世界のMaaS潮流の中で

日本のトップ企業の2社が動いた

それは2018年10月のトヨタ自動車とソフトバンクGの提携だった

2社でMONETテクノロジーズを設立するというものだった

 

記者会見の豊田社長からはトヨタは今までの車を作る会社から

移動サービスを提供する会社に代わるという信念が読み取れた

そして自動運転の扉を開くといつも孫さんが目の前に座っていたとも話された

ソフトバンクGはウーバー、敵滴、グラフなどを含め

世界の90%の配車サービスを手中にしている

欧州、アフリカを除けばほぼ世界を網羅したと言ってよい

この配車サービスアプリから世界中から日々送られるビッグデータは

都市機能の活性化だけではなく、過疎地域の活性化まで図ることができる

まさしくスマートシティ、コンパクトシティの大きな核となる

そして交通や住宅、買い物などあらゆる要望に対応できるサービスが可能となる

まさしくMaaSの根幹となるビッグデータだ

 

これから一挙に加速度がつく

2019年3月には本田技研工業と日野自動車が資本参加

2019年3月28日にはMONETコンソーシアムが

88社の企業で設立された

この中にはJR東日本、全日空、日本航空をはじめ

三菱地所、ヤフーなど様々な企業が参加している

このスピード感は今までないほどの速さだ

JR東日本、本田技研、日野自動車のトラック、そして航空キャリアの参加など

第一次交通からラストワンマイルまで

トータルで展開しやすくなることは間違いない

それほど日本の企業にとってMaaSへの期待度が高いということかもしれない

もちろん全国の数多い自治体も大きな関心を寄せている

少子高齢化の日本では日本ならではのMaaSが必要なことは

誰もが理解している

 

3月28日東京で開催されたMaaSサミットでは

MONETテクノロジーズの宮川社長は

我々が日本のMaaSプラットフォーマーになると力強く宣言した

 

「移動」というプラットフォームは全世界で大競争時代に入る

世界では先行しているフィンランド発のMaaSグローバルが

各国で拡げていく過程だ

世界の中で誰が覇権を取っていくことができるのか

チームジャパンとも言ってよいMaaS連合の真価が問われるのは今からだ

まさに要注目だ!

第8回宮崎・日南海岸ライド2019(報告)

第8回GE宮崎・日南海岸ライド2019が

4月21日全国から582人のライダーが

スタート地点のサンマリンスタジアムに集合して開催された

天候は絶好の晴天

スポーツナビゲーターの白戸太朗さんと片岡ゆいさんの司会で

スタートセレモニー

ゲストライダーの山本隆弘さんの紹介の後

歓迎のご挨拶は宮崎市の原田副市長

ロングコースは今までと逆のコース

新緑の田野の山を登り

下りを北郷から飫肥に向かって走る

飫肥では日南高校のボランティアの生徒さんがお出迎えで昼食

そのあと日南海岸を走ってゴールという山と海を満喫するコース

ショートコースは

加江田から木花を通り青島から道の駅フェニックス

そのあと潮の杜で昼食

再度日南海岸を戻りゴールへというコース

参加者の感想は新緑の山が気持ちよかった

最初山に登るのでプレッシャーがなく食事が楽しめた

このコースは最高との声

サボテン公園の旧道が景色も素晴らしく

自転車だけでゆっくり走れて抜群だった

何よりも後半は日南海岸なので気持ちの余裕ができたのしめたの声が圧倒的!

新エイドポイントとなった潮の杜は

小椋さんをはじめ鵜戸若衆会の皆さんのおもてなしで

漁師汁とイカの炊き込みご飯というメニュー

この親子は鹿児島から参加(子供さんは8歳)  鵜戸若衆会のおもてなしが素晴らしい

皆さん美味しいグルメに舌鼓!

ハワイのような気分だという参加者も多かった

ゴールでは

何とか完走した山本隆弘氏はお尻が痛くて大変だったようで

スタッフでお尻をなでなで

白戸太朗さんはゴールで地鶏の炭火焼きに挑戦

完走賞と記念品の霧島と炭火焼き

完走証、記念品の霧島、地鶏の炭火焼き       完走賞やTシャツのデザインも大好評!!

今年は今までと逆回りの新コースということもあり

安全対策で数々の問題があったが

サポートライダー、ボランティアスタッフ、メカニックの方々のご協力で

何とか無事に終了することができました。

心から感謝申し上げます

4月23日宮崎日日新聞で記事が掲載されました

また来年も宮崎の地で、全国のライダーの皆さんをお待ちしてします!