CHICCA(小林市)

小林駅前にイタリアンのお店がオープンした

名前はCHICCA

通りに面する場所はガラス張りで

縁を赤にしていてオープンでシンプルな感じ

今日はランチメニューを注文  1100円(税別)

前菜はかぼちゃのスープ又は

少し塩辛い

チキンのマデラソース

濃厚なソースにチキンとマッシュポテトが

バランスよく絡み合う

しっかりした味付けでわたし好み

焼きたてのフォカッチャが風味良い

パスタは

豚ぷきんのラグーパスタ

都城でかぼしゃを食べさせて育てた豚ぷきん

さっぱりした味でとても美味しい

蛸のトマトソース

蛸の風味が素晴らしい

どちらのパスタのアルデンテ感が絶妙だ

聞けばご主人は東京や横浜で修業されて

出身地の小林で開業されたのだそうだ

 

デザートはダイワファームの大窪社長に敬意を表して

ダイワファームのリコッタを使ったチーズケーキ 350円(税別)

これからこのような新しい店が

小林に新風をおこしていくことを期待したい

ご馳走様でした!

 

アルデンテ度  ★★★☆+++

 

CHICCA

小林市本町3番地

0984-22-7300

11:30〜14:00  18:00〜21:00

日月休み

NETFLIXの新聞両面広告

新聞広告で久しぶりに刺激された

9月7日全国紙に掲載された

NETFLIXの両面広告

ほぼ全てが真っ黒だ

 

真っ黒の真ん中にグレイの直線が入り

再生の赤い直線が途中まで

右下にコピーが

はじまりとおわり

その間にある、特別な何か。

その何かが、離れた人を近づける。

 

自分とは違う世界を見ること。

喜びや恐れを分かち合うこと。

全てを動かす力を知ること。

 

あなたはきっと何かを得る。

旅のような、この線の中で

 

あなたが来た場所から、

あなたが行きたいところへ。

未知の緊張から、発見の驚きへ。

私たちを分かつささいなものから、

私たちを包む大きなものへ。

 

この線には、だれもが生きるストーリーがある。

はじまりからおわりへと向かう中で、

あなたもきっとわかるはず。

どんなに離れ、どんなに違っていても

ストーリーを再生すれば、私たちは一人じゃない

 

ひとりじゃない世界がある

NETFLIX

 

 

勢いのある企業は新聞広告にも遊びをうまく使う

それは自信の表れでもあり

その企業の覚悟でもある

しかも圧縮されたコピーは

さらに見た人の想像力を膨らませる

 

グレイは自分の人生

再生している赤が生きている時間

自分の人生をこのコピーになぞられてみる

そうするともう少し自分の人生を頑張りたいと考えた

NHKプロフェッショナル( 石川佳純スペシャル)

8月10日のNHKプロフェッショナルで

石川佳純スペシャルが放送された

個人的な感想を少し・・・・

 

2012年のロンドンオリンピックで

日本を初の団体銀メダルに導いていらい

女王の座を自他ともに認めていた石川佳純

しかしその陰りは

2016年リオオリンピックの一回戦敗退の時から

少し見えていたように思う

その直前には国内でも伊藤、平野の新世代コンビに

急激に追い上げられていた

 

光の中だけを歩いてきた石川佳純にとって

2019年は苦しい過酷でやめたいと思った一年だっただろう

伊藤がオリンピックの切符を早々と決め

あと一枠を平野としのぎを削る戦い

 

公式ボールの変更、高速卓球などに対応して

自らのプレイスタイルの変更などを実行しながら

女王のプライドをかけて戦いを続けたが

その誇りがボロボロになるまで負け続けた崖っぷちの日々

100回ぐらいやめようと思った

 

その期間同行していた撮影スタッフに答える

石川佳純の素直な感情の発露がとても共感できた

負けず嫌いの彼女が

自らを弱くなったね!と言いつつ涙を見せる姿は切なかった

しかしここから這い上がってくる石川の姿こそが真のアスリートだ

 

カナダ大会での平野との最後の決戦の前に

なぜ失敗するのか?なぜできないのか?を考えるのをやめたんです

前向きに大丈夫と思うようにした

結果は積極的に攻めに攻めた石川の逆境からの覚醒となった

この一戦は石川にとって生涯忘れられない戦いになっただろう

苦しみの先にたどり着いたのは

「やっぱり卓球が好き」だったと言う

 

何をやってもうまくいかない時も終わりは来る

光は来るんだと自分自身が教えられた  ー石川佳純—

ふじ木(宮崎市)

ニシタチの飲食店は夏休みというのに

コロナ自粛の影響もあり人通りも寂しい

久しぶりにふじ木に行きたいと思い

早めにカウンターに座る

ご主人とも久しぶりだ

しかし宮崎の今は7時には帰らないといけないのがルールなのです

さて今日の日本酒は

富山の満寿泉のワイン酵母で醸した酒

満寿泉の桝田隆一郎社長は挑戦する酒蔵として

シーバスリーガルと組んだり

ドンペリの醸造責任者とコラボしたりと

数々のユニークな酒造りをされている富山の名物蔵でもある

そして三重県鈴鹿市の作

一挙に人気が高まっている透明感のあるお酒

最初の突き出しが素晴らしい

鮑と秋田のジュンサイ

次はマグロの山かけ

お酒がどんどん進む

椀物、出汁が旨い

刺身はキジはたとかつおと赤雲丹とイカ

きじはたの白見が抜群に美味しい!

たちの焼き物

マスターと話をすると

一年前に倒れたのだそう

それからはお酒を一切やめているという

コロナ禍の影響も大きいようで

宮崎でコロナのニュースが出たらキャンセルが続出だったと苦笑い

まだまだ頑張りますと威勢が良いのが嬉しい

金山寺味噌

自家製魚うどん

 

今日は日本酒と和食を堪能した

ふじ木のご主人は69歳だそうだが

これからも宮崎の和食向上のために頑張っていただきたい人だ

 

 

刺身度  ★★★★+

 

ふじ木

宮崎県宮崎市千草町1−2ABCビル2F

0985-20-0833

17:30〜23:00  日曜休み

KAMPAI WAVE37終了

大吟醸を楽しむ会2020は7月5日18:00から

宮崎観光ホテルをホスト会場にして

全国蔵元をむすびオンラインで開催された

会場ディスプレイはこのような感じで

最初に世話人を代表して町川安久氏

大吟醸を楽しむ会は今や歴史を重ね、

宮崎の財産ともいうべきものですとご挨拶

全国蔵元を代表して

宮城から浦霞の佐浦社長が

空間を超えて

大吟醸をお家で楽しむ企画が開催されることを

嬉しく思いますと挨拶

世話人の菊池さんが乾杯!

今回のテーマは

全国縦断KAMPAI WAVE 37

各蔵が60秒プレゼンを行っていく

必ず最後は乾杯で終了することという条件

印象に残った蔵は

繁桝の中川社長と4歳の娘

蔵の最高の大吟醸が箱入り娘なのでうまく連携されてオチも可愛い

 

御前酒の辻さん

酒亭ホームのめくりは STAY HOME と掛けている

クラスターは酒蔵のスターなど

コロナのワードとひっかけて最後は古典の午前酒でオチ

巧い!

落語が趣味だった先代が天国で笑っているようだった

玉乃光は京都の川床で舞妓さんと丸山社長が乾杯

オンラインに華を添えていただいた!

澤乃井の小澤さんは小澤順一郎氏との

親子料理教室で実にほほえましい

〆張鶴の宮尾会長は村上大祭のお話を

水芭蕉は外でawa酒タワーの初公開

浦霞はどんでんが効いて最後はスタッフで乾杯!が楽しい

 

北海道の男山の37蔵までカンパイが続き

最後は南部美人の久慈さんが乾杯

100年、200年と私たちは色んな風水害、疫病と

闘いながら酒蔵をやってきた

その想いをもって来年は必ず宮崎に行きたいと全蔵と会場で乾杯!

初めてのオンラインの試みだったが

蔵との事前ミーティングやZoom会議での技術研究

を含め多くの問題が立ちはだかっていたが

全国蔵元の協力、技術スタッフの協力などがあり、

ミスがありながらも大事に至らず、なんとか乗り切ることができた

 

改めてライブ配信を見てみたが

コロナ禍の中で蔵元も参加意識を持ち一緒に

このオンラインを作り上げていこうという思いがとても有難かったと感じている

個人的にも勉強になったし、未来につながるオンラインになったと思う

この企画に賛同いただきました蔵元様、サポーターになっていただきました皆様に心から感謝申し上げます。

6月の花浅葱(宮崎市)

宮崎も雨が続いている

この時期は紫陽花がとても綺麗だ

さて今日のお昼は花浅葱に・・・・

相変わらず盛況だ

カウンタに座りご主人の手さばきを見ながら

楽しめるのもこのお店の良いところだ

紫陽花の花が一段と映える一皿

有機のブルーベリーと小柱と野菜に酢味噌が添えてある

季節の旬を感じる

椀物

出汁がとても美味しい

蛸ともずく酢

酢のものが一品はいるだけで料理全体が引き締まる

鰤の白子豆腐

ぷるるんとした食感が面白い

炊き立て土鍋ご飯の食事

このご飯を食べるだけで価値がある

次は夏を過ぎたころかな?

 

 

彩度  ★★★★☆

服部克久氏ご逝去

服部克久氏(83歳)が2020年6月11日にご逝去された

服部さんとのご縁が始まったのは

1991年に大淀川河川敷で開催された

大淀川夕日コンサートが最初だ

このコンサートには2万人もの人が集まり

大淀川の夕日をバックに野外ステージを設営し

音楽畑オーケストラに南こうせつやサーカスの歌が

会場全体に響き渡った

野外で聞く初めてのオーケストラの音色に観客は魅了された

服部克久氏の音楽畑はライフワークだった

極上の音楽で畑に種をまき、成長し

豊かな音楽文化の実をつけていく

その考え方に共感を覚え

日向ムーンライトコンサート

1999年に開催されたグリーン博ではオープニングコンサートも行って頂いた

そして高千穂音楽祭

2008年宮崎市での岩切正太郎賞20周年記念コンサート

2010年日南市の市歌制作等

日南市歌のスタジオ録音での服部さん

様々な音楽プロジェクトをご一緒したことが懐かしい思い出だ

私が服部氏の音楽畑で一番印象に残っている曲が

ルローヌ、新世界紀行のテーマ曲 自由の大地だろう

フランス留学時代に自然に身につけられた

おしゃれで心に染みこんでいくようなジャンルを問わない曲の数々

その曲に感動している観客を眺めながら

服部さんの素晴らしさと豊かなセンスを感じていた一人だった

宮崎の完熟マンゴーを贈ると

気軽に感謝の連絡を度々いただいいていた

日本のポップス界に歴史を残した

音楽界のサラブレッドの死は

息子さんの服部孝之氏に受け継がれていくのだが・・・

今はまだ数々の思い出と寂しい思いがいっぱいだ

私にとっては音楽の分野での恩師の一人でもある

本当にありがとうございました!

安らかにお眠りください

味噌はすごい(小泉武夫)

味噌は万能の調味料

汁物や和え物、なめ味噌、鍋料理、炒め物料理

焼き物料理、煮物などどんなものにも使われる。

全国にはおびただしいほど多くの郷土味噌料理があって

これだけ広範囲に使われる調味料は味噌以外はないであろう。

きっと味噌は調理されるとき

出来上がった料理に素晴らしい効能を与えてくれるからこそ

このような使われ方をするのだろう。

 

味噌の持つ特性はまず第一に味噌の持つ味と香り

味噌の主原料はたんぱく質の豊富な大豆であるので

これが麹菌の生産したたんぱく質分解酵素に作用されると

分解し、美味しさの成分であるアミノ酸やペプチドに変化するから

味噌はとても美味しいのである。

発酵するとき酵母や乳酸菌も働いて酸味を付与したり、

香気成分も作るので風味は一段と高まって、

原料の大豆とはまるで違った嗜好食品になっているのである。

この味噌のうま味や酸味、香気成分は料理される材料を

丸ごと包み込むので出来上がった料理は誠にもって美味しくなるのである。

 

また味噌には出汁と調和するという効用があるのである

カツオ節や昆布、しいたけなどは核酸系呈味体が中心で

この呈味体がアミノ酸呈味体と出会うと

いわゆる味の相乗効果が起こって猛烈に旨味が増強されるのである。

 

さらに味噌には緩衝能という物理的、生理的性質があって

味を様々に変化させることができる

たとえば、酢の酸味が強すぎるとき、そこに味噌を少し加えてやると

酸味が和らげられるので酢味噌やぬたなどの料理に応用されるのである

 

味噌は他の食品と比べて驚くほど強い抗酸化力が備わっている

大豆を使う味噌には大豆から資質がいっぱい入ってくるので

製品味噌には5~6%の脂質が含まれているがそれが酸化されることはなく

またビタミン類の酸化も抑えられて残存している。

この抗酸化物質の正体は味噌中に大豆から溶け出したサポニン、イソフラボン

トコフェロール、レシチンのような抗酸化物質や

発酵によって生じた様々な抗酸化力のあるペプチド、メラノイジン、

のような物質であることがわかってきている

 

小泉武夫著 醤油・味噌・酢は凄いの本から

国酒 松(宮崎市)

しなとの店長をやっていた

小松山龍辰氏が独立して

6月4日にお店をオープンされるというので

プレでお邪魔してみた。

 

場所は山形屋の横の路地の哲心の前のビルの2F

名前は松

普通の階段を上がり木製のドアを開けると

そこは別世界が拡がる

L字の重厚なカウンター、心地の良い椅子、内装、照明

それらを含めてとても落ち着きがありセンスを感じる

活けてある芍薬も綺麗だ

聞けば今までの自分のネットワークから

器や音楽に至るまで依頼して作り上げたのだという

しなとの店長時代にそこまでの志を持っていたのかと

改めて感心してしまった

今日は最初から伊勢錦のるみ子の酒をお燗で

徳利の重さがとても良い

平杯も素晴らしい

みょうがの土佐酢

佐土原茄子の揚げ出し

出汁醤油で焼いた金目鯛

飛露喜のかすみしぼり

バンビグラスが可愛い

南の島豚の西京焼き

これには黒木本店の球

14度と飲み易くみずみずしさを感じる焼酎

 

最後は定番人気の茶わん蒸し

出汁はその日で変わるので作るそうだ

じっくりとカウンターで小松山氏の手さばきを見ながら

会話を楽しめる貴重な空間が宮崎に誕生する

松のように冬でも枯れず凛々しい姿を保ってほしい

今日はその小松山氏の未来に乾杯だ!

 

 

感性度  ★★★★☆

 

国酒 松

宮崎市橘通東3丁目4−9第一ワタナベビル2F

0985-23-9392

中華そばシンジョー(宮崎市赤江)

宮崎市赤江、以前旬菜まつのが入っていた店舗に

中華そばの暖簾がかかっていた

その個性的なロゴから期待と予感が錯綜しながら

お店にお邪魔した

カウンターにはコロナ対策で手作りの仕切りがある

自動販売機で醤油煮卵入り中華そば800円を注文

 

期待通りの麺構え

透き通った琥珀色のスープが色っぽい

チャーシューは豚と鶏

 

魚貝と鶏のWスープを飲むと

優しく心に染みるような味わいだ

無化調でありながら非常にレベルが高い

全粒粉だろうか?

麺もとても美味しい

 

惜しいのは豚チャーシューが

低温ローストでピンクに仕上がっているのは良いのだが

噛み切れないほど固かったのが残念

この点を改良するだけで一挙に評価はぐんと上がるだろう

スープは図抜けているだけにこれからが楽しみだ

 

琥珀色度  ★★★★

 

中華そばシンジョ—

宮崎市赤江543番地ライフ3104

平日土曜  11:00〜15:00   17:00〜19:00

日曜祭日  11:00〜15:00

水曜日休み