KIRISHIMAナイト(GE宮崎・日南海岸ライド前夜祭)

GE宮崎・日南海岸ライドの前夜祭が

4月20日アリストン宮崎の2F花風ホールで開催された

まず霧島酒造の宮崎支店の金田副部長が歓迎のご挨拶

そしてご協力いただいたアリストンホテル宮崎の

山下社長がご挨拶

山下社長はご自身もライダーで

宮崎ライドには4回連続参加の方でもある

鏡開きはゲストライダーの山本隆弘氏

ナビゲーターの白戸太朗氏、霧島の金田副部長

アリストン宮崎の山下社長、参加者代表の方々で行われた

料理の数々と霧島酒造のここでしか飲めないレアものの焼酎

白戸太朗氏が監修した特製冷や汁

あさりを使ったスープが健康にも良く美味しい

盛り上がったのはグループ対抗での

宮崎ライドはこんなライドにしたいとの企画プレゼン

優勝は野球キャンプ地を巡り

地元グルメだけではなく、球団の地区のグルメを食べていただこうというもの

巨人軍は東京バナナ、カープはモミジ饅頭などなど

このアイデアは将来一部でも取り入れていきたいと考えている

優勝チームには全員に霧島EXをプレゼント

楽しいゲームで一挙に会場が盛り上がった

次は霧島の利き酒クイズ

霧島EX、赤霧島、茜の飲み比べは大人気

全問正解はいなかったが、参加者全員満喫されたようだった

最後は明日の宮崎ライドの無事を祈って記念撮影

素敵な前夜祭となった

参加者の皆さん、ご協力いただいた霧島酒造の皆さん、アリストンホテルの皆さんに

深く感謝を申し上げます!

タイガーウッズ復活優勝!

赤と黒の勝負服を身にまとい

参戦したマスターズ

まさかこの大会でタイガーが優勝するとは思ってもなかった

 

2009年私生活のトラブルで離婚になり

2014年から4度の腰の手術

2017年には鎮痛剤の影響で飲酒運転の容疑で逮捕

その模様は映像まで公開された

数々のスキャンダルでタイガーは終わった

と多くの人々が思ったと思う

実は私もその一人だった

 

しかしこれからがタイガーの真骨頂だった

2018年全米プロで第2位、

シーズン最後の試合で5年ぶりの優勝を果たし

自信を取り戻しつつあった

今回のマスターズでは表情も引き締まり

ドライバーの飛距離では若者ゴルファーに後れを取ったが

円熟した技術、よみがえったパットが素晴らしかった

最終日の16番のバーディで優勝のゾーンに入った感があった

お母さんと子供2人が見守る中での逆転での復活優勝

子供から誇らしい父親だと思ってもらえたと喜んだ

様々なスポンサーが降りる中

NIKEは試練の時のタイガーウッズを支え続けた

SameDreamのCM映像にはとても共感する

タイガーの優勝の言葉が心の中で響いている

決してあきらめてはいけない

常に戦う事

あきらめたら道はひらけない

いつも挑戦が目の前にある

闘い続ければ乗り越えられる

 

トランプ大統領は

何てファンタスティックな復活だろうと祝福した!

ハープファンタジー2019

第32回ハープファンタジー2019が

リラの会(菊池好志子代表)の主催で

4月7日オルブライトホールで開催された

会場はほぼ満員の盛況だ

このレベルのハープコンサートを無料で開催していることも

全国的にも珍しい

菊池先生の様々な努力にも頭が下がる!

 

さてオープニングはグランドハープ7台と

フルート、サキソフォン、ボーカルとのアンサンブル

花と星に願いをの2曲

ハープがこれだけ並ぶだけでも壮観だ

休憩時間では子供たちが日頃あまり見たこともないハープに親しめるようにと

ステージでハープの体験ができるようにされたのはとても素敵な試みだと思った

第2部は

ドビュッシー、月の光を津野田圭さん

優しいメロディーが心の中に染みていくよう

津野田さんは5月12,13,19日の宮崎国際音楽祭にも出演される

そしてベッリーニのオペラ・ノルマの主題による序奏と変奏

を柄本舞衣子さん

さすがの貫禄の演奏だ、

ラストは

ハープ(古賀鈴子)サクソフォン(細山田晃)ボーカル(坂本ともみ)による

名前のない星を見上げて

サクソフォンの色気のある音色、澄み切ったボーカル、そしてトキメキのハープ

調和のとれた素敵な演奏だった

毎年思う事だがお客様が誰でも楽しめるようなプログラムに

されていることがこのハープコンサートの特色でもあると思う

菊池先生他スタッフ、関係者の皆さんのご努力に心から感謝申し上げたい

雑穀米の元祖 内田弘(ベストアメニティ社長)

健康の代名詞とも言われるのが雑穀米

今やコンビニをはじめあらゆるところで

使用されている大ヒットの人気商品だ

その雑穀米を誕生させた人に偶然天草でお会いできた。

別件でお会いしたのだが

雑穀米のほうが気になって話をお伺いした。

内田弘さんは1957年大分県生まれ

学生時代はレスリングに夢中になった。

卒業後大手生命保険会社に就職すると

26歳で店長に

タバコ1日100本、一升酒も毎晩のように飲んだ

32歳の時に検査すると痛風の一歩手前

肝機能も悪化していて入院した

その時の主治医の言葉が

暴飲暴食で10年で悪くした体は

食生活を改めて10年かけて治すしかない

入院して次第に健康にかかわる会社を作りたいと思うようになった

一ケ月半の入院生活の後は保険会社を辞め

33歳の時にベストアメニティを設立した

 

ある時あわやきびを栽培している農家に

キビを分けてもらえませんかとお願いしたら

売り物ではない、昔からうちで食べているものだとの答え

農家は雑穀が体に良いことを知っている

これは世の中に広まる可能性があると直感した

 

雑穀米のアイデアがひらめいた後

白米とのブレンドを一年かけて数百回のテストを繰り返し

1995年に八種雑穀米が完成したが、だれも見向きもしなかった

デパートやスーパーなのに売り込みに行っても

こんなものは売れない、ごみ見たいだとも言われた

しかし内田氏は今の日本の食生活には雑穀米が必要なんです

とアピールを続けた

通販会社との取引が始まり

雑穀米の知名度はぐんと上がった

国産にこだわるために、全国の生産農家1500件との信頼関係は

家族みたいな絆でつながっている

健康志向の高まり、安心安全などのトレンドも追い風だ

 

人間の歯は32本でそのうち60%の20本が

穀物をすりつぶすための白歯でしょう

肉を切り裂くための犬歯は4本

野菜や果物をかみ砕く門歯は8本です

だから食生活もこのバランスが必要だと思う

戦後日本の食生活は欧米型になり大きくバランスが崩れた

今こそ日本人が長く食べてきた雑穀に戻るべきです

 

内田氏の直感が苦しさの中でも確信となり大きな実績となっている

実践から勝ち得た言葉は私の心の中にずしんと大きく響いた!

克からHIKEへ

久しぶりに国富町の克を訪ねた

話に聞くと宮崎に移転するという話もあったからだ!

 

カウンターに座り

まずは野菜の白和えと

南郷目井津漁港から毎日直送されるという刺身

美々鯵をはじめマグロも鰹も美味

日本酒は隆を冷で

豚のミルフィーユ

人気のメニューであっさり食べられる

里芋のひき肉そぼろあんかけには

小左衛門のDouble貴醸酒生

蜂蜜のような深い甘さに綺麗さも同居する

ひき肉のそぼろ餡にはとてもマッチする

最後はかつ丼で〆

味噌汁は少し塩辛いが

久しぶりに満腹気分だ

夜はあまり食べないのだがたまには良いか?

 

さて克さんは5月のゴールデンウィーク明けで

移転のためこのお店の営業は終わりのようだ

6月の宮崎市内でのオープン予定だとか・・・

名前は克からHIKE(はいく)になるとか

また楽しみなお店が市内にできると個人的には体験嬉しい!!

 

 

期待度    ★★★★++

朔日(一日)参り 宮崎神宮

新しい年度がスタートした

しかも平成最後の4月となることもあり

4月1日早朝、宮崎神宮へ朔日(一日)参りに行った

朔日(ついたち)は、ツキタチ(月立)の音便で、

こもっていた月が出はじめる意味だそうだ。

毎月初めの一日=朔日には神社にお参りし、新しい月の無事を祈る風習が

全国各地の神社に残されているそう

朝は少し寒かったのだが、これぐらいの気温のほうが気持ちがシャキッとする

早朝の宮崎神宮は荘厳で凛としている

参道を歩き境内へ

この神社は日本初代天皇の神武天皇を祀る格式ある神社だ

改めて今年度の健康と商売繁盛を祈願した

一日には毎月紅白の餅が販売される

それを楽しみに参る方も多いようだ

特に今日は多いようだ

餅は春麗(はるうらら)

新元号が令和(れいわ)に決まった

新しい元号が日本にとって輝ける時代になる事を祈念したい!

ヒシの実(伊集院静)

全日空の機内誌に毎回掲載されている

伊集院静氏の「旅行鞄のガラクタ」を

いつも楽しみに読んでいるのだが

3月号の文章は自分自身にも当てはまることのようで

大変共感したのでその一部をご紹介したい

何年かに一度、後輩のスポーツ選手や作家から

自分は今の仕事をやり尽くしたので

もう空っぽで何もできない、と聞かされる時がある

その時、私はこう言う

それは断じてない。

人の心身の中にある器は空っぽになることはないのです。

空になるまでやりつくした器にこそ、

想像できないほど素晴らしいものが注ぎ込まれるのです

これ以上もうできない。

そこまでやってみることだ

そこで初めて見るものがある

少し言い過ぎの感もあるが、私はそう信じている

かれこれ30年以上前の話である

当時、私は京都で暮らしていた。

小説を書き始めたころで、一年で数度上京していた。

その上京は2冊目の本が上梓された後で、編集担当者のN君と2人で

銀座の小さな中華料理店でささやかな宴をした。

初めて出版した本には様々な人の思惑もあったが

2冊目の出版ができるとは想像もしなかった。

出版は私より若い編集者のN君のお陰だった。

・・・・・

「N君色々有難う」

「いいえこちらこそ。3冊目を是非書いてください

この調子ならきっといいものが書けますから」

私はしばし沈黙し、正直な気持ちを伝えた

「無理です。自分の中にあったものはすべて吐き出しました。

もう何もありません」

N君は私の言葉に目をしばたたかせた

「そんなことはありません。僕は信じています。」

「N君、そのようなことは私が一番わかっているんです

自分の度量というものをです」

N君は何も答えずうつむいていた

・・・・・

N君は大学を卒業し出版社に入社してすぐに私の担当になった。

作品が仕上がるのを7年待ってくれた。

途中編集長が変わり、あんな遊び惚けている奴に小説が書けるか

上司の言葉にN君はもう一年、もう一年だけお願いしますと

頭を下げ続けた

・・・・

今月のガラクタはヒシの実

琵琶湖の波打ち際に揺れる奇妙なものが目に留まった

同行のスタッフがヒシの実ですね

水辺に生息するんです。ほら尖ったところで水底をつかむんです

夜、居酒屋でヒシの実を置いていると

女将が「あらヒシの実ね。可愛いでしょう。

でもその子は必至で水底をつかんで生きていこうとしているのよね

けなげでしょ。

ヒシの実は草木になることしかできないから頑張っているのよ

だから可愛んだよね」

・・・・

年が明け,N君が京都に来た時

私はヒシの実を出し、自分の不甲斐なさを詫びた。

第2回発酵親子教室の発酵昼食

みやざき発酵文化ネットワークが主催した第2回発酵親子教室は2月16日道本食品で開催された

48名の一般の方々から子供さんの参加で盛り上がった

発酵講座はみやだいずと味噌をケンコー食品の吉田社長

塩麹を二宮麹屋の二宮工場長、漬物は道本社長がわかりやすく説明された

さて発酵昼食の献立は

道本食品さんからこれだけのたくさんの種類の漬物が

この中には全日空のビジネスクラスで提供されているものもあるようだ

ケンコー食品の吉田社長のおばあちゃん手作り味噌玉

これをお湯に溶かして味噌汁に

このやり方だと濃ゆさや薄さが自分で調整できるメリットがある

初めての体験だったが参加者からもこれだったら家庭でも作れると大評判

横にあるのが味噌玉、これをお椀に入れ溶かして食べる

 

ラディッシュのご協力をいただき

県産鶏の三ツ星醤油と二宮麹屋の塩麴焼き

能登のセイアグリー卵の卵焼き

おにぎり2種

切り干し大根、みやだいずの蒸し大豆の副菜

キュウリの酢の物

参加者の感想も大変美味しかったと大好評でした

また塩麴の体験ができたことも大変楽しかったようです

味噌玉は家庭で作ってみようという人もあり

いかに発酵が注目されているのかを実感する教室となりました

また次回もお楽しみにしてください!

小さな森の美術館(綾町)

綾の打ち合わせの後

綾わくわくファームの浜田さんから

素敵な場所があるから行ってみないと言われ

ご一緒して案内いただいた

綾錦原の馬事公苑から山の展望台に向けて登っていき

展望台を過ぎて下っていくと

小さな看板が見えてくる

看板には小さな森の美術館の表示が

看板を抜けるとまだまだ一本道が続く

何だかアプローチがヨーロッパの邸宅のように長い

ようやく美術館についた

オーナーで画家の玉田さんに話を聞いた

画家の活動は40年以上にもなり

息子も画家として戻ってきた

この美術館は昨年創ったばかり

展示してある作品は自分の描いたものがほとんど

息子の作品がこれから増えていくだろう

と淡々としゃべられているのが印象的だった

この美術館の中にいると

ヨーロッパにいるような気分になる素敵な場所だ

庭の片隅には自生したフキノトウがいっぱい

思わず採って良いですかと

玉田さんに了解を得て春の山菜の収穫までできてしまった

まだ綾町にもこんな知らない素敵な場所がある

文化度の高さと意外性に驚きながら

今日の出会いに感謝した

「日本の発酵、世界をかける」小泉武夫理事長

東京で開催されたNPO法人発酵文化推進機構の総会で

理事長の小泉武夫教授が

「日本の発酵、世界をかける」をテーマの基調講演を行った

 

和食の世界文化遺産の登録をきっかけに

世界では日本の発酵食品が大きく広がりを見せている

和食は発酵食品がないと成り立たない

味噌、納豆、漬物、醤油、酢、鰹節等々

発酵食品が和食の多くの重要な部分を占めている

 

ヨーロッパで醤油が認知されたのは

ウィーン万博でキッコーマンの出店がきっかけだった

フランスのルイ13世は醤油の大ファンでもあったと言われている

 

いま世界で人気のラーメン、寿司、ウナギなどは

醤油がないと成り立たない

まさに世界が日本を食べだしたという感じだ

ただ醤油に関しては日本は

醤油としての国際規格をしっかり作る時代に入ったと考えている

安く安易にできる外国の醤油らしきものに毅然と対応するためにも

それなりの醤油の国際規格が必要だ

 

日本酒もどんどん世界に広がり始め、

日本のウィスキーや

日本ワインの品質の高さも世界に認知されるようになった

 

あるフランス人シェフが言った言葉だが

納豆は肉に合う

また熟鮨は外国人から最高のチーズの評価と言われるなど

世界のトップシェフが日本の発酵食品に注目している

 

など発酵食品が世界の先進国で注目され

伸びていることを数字などで明解に話されたことが印象的でした

1月30日ではNHKあさいちで世界で最高のショコラティエとの一人と言われる

ジャン=ポール・エヴァンが生出演して、私は和食の朝食が大好き

中でも大好物なのが納豆だと言われていました。

日本の食生活にとって発酵食品がもっと全国にも世界にも認知され拡がることを願っている!