なぎさホテル(伊集院静)

伊集院静氏が若き時代に

どうして絶望から再生ができたのか

そのことを自叙伝として書いているのが「なぎさホテル」だ

久しぶりに再読してみた

 

広告制作会社を訳あって辞め

妻子とも別れ、東京を捨て、故郷に帰ろう

と思っていた彼はふと海が見たくなり

逗子の駅に降り立つ

海岸線を歩き、昼過ぎぼんやりビールを飲みながら

海を見ていたら

昼のビールは格別でしょうと声をかけてくれたのが

I支配人との出会いだった

どこか近くに長逗留できる宿はありませんかと尋ねた

この後ろも古いですがホテルですよと言われ

いつの間にか7年と言う時間をここで過ごすことになる

 

逗子なぎさホテルは1926年湘南で始めて建てられた洋館式のホテルで

明治時代にスイスにホテル経営のため留学した岩崎家一が設立した

当時皇族の御用達ホテルでもあり

木造建築2F建ての美しい建築は逗子、葉山の象徴でもあった

関東大震災、太平洋戦争後の駐留軍の接収などを経て

その後も多くの人に愛され、平成元年62年の歴史を閉じている

その間、現天皇陛下の昼食の来訪など

様々なエピソードを残している

 _

1978年から1984年の7年余り

I支配人は海の物とも山の物ともわからぬ飲んだくれの青二才を

いつも温かい目で見守ってくれた

 

お金はあるときでよい

旅行に行く時はお金を用意してくれ

ホテルのだれもが優しく見守ってくれた

7年間のホテルでの時間は、伊集院静氏にとって

作家として生きるための基礎の時間だったと思うし

夏目雅子とのつきあいもこのホテルがあったからこそ

結婚までたどりつくことができたのだと思うほどだ

 

外国航路の船乗りだった

I支配人との面白い会話が出てくる

何故大丈夫だと思ったのですかと言う伊集院氏の問いに          

野良犬が私とあなたにしか尾っぽを振らなかったからだと答えた

 

あとがきで伊集院氏はこのように書いている

 

仕事場においてある”逗子なぎさホテル“のマッチを見る度

私はあの海が見えていた窓辺を思い浮かべる

この20年間、私が作家として何らかの仕事を続けられてきたのは

あのホテルで過ごした時間のおかげではなかったかと思うことがある

・・・・・・・

私の記憶の中にはあの優しかった人たちの笑顔と

まぶしい逗子の海の光はずっと消えずにある

停止した正午の針のように・・・・・

 

第21回大吟醸を楽しむ会の海幸・山幸

大吟醸を楽しむ会には

宮崎観光ホテルをはじめ宮崎の多くの名店に

料理のご協力をいただいてる

 

喜泉の蛸の小倉煮とイワシの山椒煮

 スウィートコーンとタコとの色彩のコントラストが素敵だ_

みょうが屋の宮崎牛筋煮込み(1週間かけて宮﨑牛で仕込む贅沢な煮込み)

 _

ショットバーOakの恵子ママのピクルス

 カラフルさと食感がクセになる_

福永崇志シェフの枝豆と焼きモロコシのムース(大人気)

 _

KURAGEイサキ薄造り(今年初めての出品、とても奇麗)

 

ポチロンのラタトゥユ(日本酒にももちろん合います)

 

えのみの筍寿しと野菜の煮しめ (食物繊維不足の貴方に)

 _

ミドリマツベーカリーのほうれん草ときのこのキッシュ

 _

かずら橋のかつおのごま漬、ポテトサラダ、

 

宮崎アグリアートのたっぷり旬野菜

 _

ダイワファームのチーズの実演

 

そのほか、炭焼きあんばい、ねこや商店、ケンコー食品

田村鮮魚店、斎藤精肉店などのご協力をいただきながら

毎年料理の部分から大吟醸を支えていただいている!

会が歴史を重ねることが出来ているのはこの飲食店の方々の御協力のお陰だと思う

 

 

アリババグループとJR九州との提携

最近、中国へ農業指導に行かれた方と話したことだが

中国ではスマホがあれば現金はほとんど出すことなく

旅行できると話されていた。

現実には中国人の生活はほとんどが

スマホ決済で対応できる

いまや中国はスマホ決済では世界で一番進んでいる国だ

 

中国でスマホ決済の一番のシェアを持っているのが

アリババグループのアントファイナンスだ

名前はアリペイ(Alipay

中国国内のアクティブユーザー数は6億人を超え

海外でも40の国と地域で

中国人向けのオンライン決済サービスを提供している

 

723JR九州はアリババグループと

戦略的提携を行うことを発表した

2023年には九州に100万人の中国人を送客するというものだ

2018年は9月から20193月に5万人の送客を実現するとしている

 

実施はアリババグループが提供する

中国人向け旅行商品の販売プラットフォーム フリギーを利用して

九州の魅力的な観光スポットを結ぶ旅行商品などを

ダイレクトに販売する

また中国人の旅行達人によるライブキャストを展開することで

より九州の魅力を訴求していくというもの

 

世界最大の金融子会社を持つアリババグループとJR九州の提携は

中国人旅行客の日本でのキャッシュレスの実現を図るだけでなく

それを取り巻く九州全域の旅行産業の拡大をも図ることもできる

まさに九州観光への大きなインパクトを与える地域活性化事業だ

今後の展開に注目していきたい!

 

 

365日(代々木公園駅)

東京メトロ千代田線、代々木公園駅から

歩いて2分程度の路地に365日がある

和菓子店のような外観だが、れっきとした人気のパン屋だ

名前が365日と言う通り

年中無休で休みは229日と言うのはしゃれっ気もある

 _

レモンミルクフランス

見た目が印象的

まるで真珠がいっぱいあるような印象的なパン

ミルクとレモンの味のバランスがとても良い

 _

カヌレ

フランスの伝統的なお菓子

小豆アンパン

これにコーヒーをいただく

 _

店内にはカウンターの6席のイートインコーナーがある

焼き上がりのパンの香りを楽しみながら食べることができる

お店が忙しいときは近くにある系列の15℃でも

パンとコーヒーは楽しめる。

 

オーナーの杉窪さんは今やパン業界では有名な方

全国でパン屋だけではなく店舗までもプロデュースしている

フランスでパティシエとして修業の経験も持たれている

プロである以上オリジナリティがなければならない

素材へのこだわり

味への追及

含め、食べるとパンへの真っ正直な思いが伝わってくる

 

 

真っ正直度  ★★★★☆

 

 

365日

東京都渋谷区富ヶ谷112     03-6804-7357

:00〜19:00

定休日 2月29日

 

 

パスチャライズド牛乳

美味しい牛乳を見つけた

名前はパスチャライズド牛乳

生協が本体の生活クラブ「デポー」が販売している牛乳だ

デポーとはフランス語で荷捌きという言葉だそうだ

国産にこだわった本物の安心と美味しさがポリシーだと言う

_ 

さてこの牛乳を一口飲むだけで味の違いに驚く

牛乳本来のサラっとしながら、後味にコクも感じる

牛乳の自然なおいしさに感動してしまう

飲んだだけで生乳に近い味わいが印象的だ

なぜこんなに旨さが違うのだろう?

 

牛乳の通常の製法は

市販の約90%が120℃〜150℃で超高温殺菌をする

そのため牛乳のたんぱく質が変わり、

牛乳本来の風味や栄養が変わる

 

パスチャライズド牛乳は72℃の15秒殺菌の

成分未調整牛乳だ

しかも驚くべきは自前の牛乳工場で牛乳を造ることだ

そのため乳牛の飼料の原料までこだわることができる

全てのトウモロコシと大豆かすは遺伝子組み換えのないものを使用している

しかも瓶は循環を考えて900mlのリユース瓶にしている

 _

あと一つ紹介したいのがトマトケチャップだ

通常のケチャップは海外からの輸入ペーストを水で伸ばして

生産しているのがほとんどだが

ここは100%国産加工用トマトを原料にしている

国産加工品トマトの自給率が5%というから

ものすごい努力の成果でもある

そして化学調味料無添加のケチャップを1979年に

日本で初めて誕生させたのだ

チャーハン、オムレツ、ナポリタンなど

一度食べると手放せなくなるケチャップだ

 

色んな添加物の入った食が氾濫する時代に

国産と安心というこだわりは

必ずや日本の消費者の心に深くひろく浸透していくはずだ

 

いづみや本店(大宮)

大宮駅東口から歩いて一分

時間が止まったようなレトロな雰囲気の居酒屋がある

ある人に言わせると大宮のランドマークだという

 _

お店に入ると天井が高い

まるで昭和時代の大衆酒場

飲んべえにたまらないのは、朝10時から開いていること

朝酒、昼酒、一杯飲んで食事で〆ても良しの

3拍子揃った居酒屋だ

 _

働いているおばちゃんたちは一見不愛想だが

味がある

ホッピーに煮込み、まぐろぶつを注文

この煮込みは170円だがめっぽう美味い。

 _

酒を頼んでほんわか気分で昼から和む

 

次ににごり酒とうなぎの肝

肝のコクと苦みがにごりの甘さに包み込まれれる

最強の取り合わせだ

 _

最後はトン汁を飲んで〆

まさに昭和遺産ともいうべきお店だ

 

 

大宮のランドマーク度  ★★★★

 

 

いづみや本店

埼玉県さいたま市大宮区大門町1-29

048-641-0211

10:00~22:00

 

ブルーボトルコーヒー青山

クラリネット奏者であり、コーヒーマニアであった

ジェームス・フリーマンが20028月に

自宅のガレージで始めたのがブルーボトルコーヒーの発祥だ

個人の香りがするコーヒーがキーワード

厳選されたオーガニックの豆を焙煎して

48時間以内のものを使う

ワンカップづつ丁寧に入れるのが特徴だ

 _

今日は日曜の朝,

店内も誰もいなくてゆったりとした雰囲気

一杯のコーヒーが醸し出す

芳醇な香りと味わいは

心をほぐしてくれるようだ

 _

 

昨年9月にネスレがブルーボトルを買収して

驚いたし残念でもあったのだが

独立経営の方針は変わらず

今後も独自の道を歩んで行くという

これからもコーヒーの味が進化していくことを祈念したい!

 

 

スペキュラティブデザイン(スプツニ子!)

宮崎大学の夕学講座が7月12日開催された
慶応丸の内キャンパスから宮崎大学にネット中継されるものだ

今日の講師はスプツニ子!
両親が数学者であり、父親は日本人、母親はイギリス人のハーフ
日本で育ち、ロンドンのインペリアルカレッジ数学科、情報工学科を卒業
その後、英国王立芸術学院(RCA)デザインインタラクションズ修士課程を修了
2013年にはMITメディアラボ助教授
2017年秋から東京大学、RCAデザインラボ特任準教授就任

_
さて講演はとても新鮮で面白かった
スプツニ子!はまず今までのデザインの考え方は
問題解決型だという
本質をとらえ、見た目に美しく、企業のイメージアップや
商品の売り上げアップにつながるのが
一般的なデザインだと考えられている
つまり未来はこうあるべきだと提唱し、実績が伴うのが
一般的なデザインの考え方である

しかしRCAのアンソニー・ダン教授が提唱したのが
スペキュラティブデザイン
未来はこんなこともあり得るのではないかと?
という推論を提示し、問いを創造するデザインだ

急速なテクノロジーの進化により今までの世の中の価値観や常識が
激変する時代においては
デザインで様々な未来の可能性を実体化して提案することで
多くの方が議論し多様性のある社会を造ることができる

スプツニ子!のSPECULATIVEデザインの実践とは

1)女性同士の間でできる可能性のある子供の姿
女性2人の遺伝子を解析し、その間にできる子供の姿を
シュミレーションするというアート作品を制作
_

ドキュメントとしてNHKEテレで2015年10月に
会えるはずがなかった私の子供へのタイトルで放送され
多くの反響が呼んだ

現在、科学的にはIPS細胞を使えば
女性からでも精子を造ることが可能となり
それで子供を産むこともできる時代になりつつある
しかし現状では倫理観をはじめ多くの壁がある

2)運命の赤い糸
筑波の農研機構で遺伝子組み換え蚕の研究をしている
と知った彼女は研究者と掛け合い
恋愛幸福感を生む出すと言われるオキシトニンのホルモンを含み
クラゲやサンゴの持つ赤色蛍光たんぱく質で光るシルク
運命の赤い糸を開発することに成功する

これを日本の神話をイメージさせるストーリーに
先端科学が組み込まれる映像を制作し話題となった

主演の豊田玉姫から惚れられる男性 山田ジョン幸彦がスプツニ子!
運命の赤い糸は様々な方面で話題となり、うねりとなり、
まだまだ進行中のようだ

3)シリアの映画館プロジェクト
シリアは内戦がひどく、そのためたくさんの人々が難民キャンプで
生活を送っている
その中の難民が映画館を造ろうと動き出した
ただ映画館の建物はできたが
その映画館ではいまだに映画を上映されたことがない
それを聞いてスプツニ子!が立ち上がった

難民を映画の力で笑顔にしたい!
まず寄付を集める、金額は3000円から
寄付は8月1日からスタートする

寄付した方は有名な映画のポスターのまねをしてサイトに投稿すると
8月15,16日に東京で
赤いカーペットの上にそのポスターが展示されるという
成程面白い試みだ
これはNHK総合で9月に放送される予定だとか

スプツニ子!のスペキュラティブデザインは
自らの感覚で興味のあるものを勉強しリサーチし
それを自分のネットワークでつなげていくことにより
より大きく拡大し、拡散しているように見える
その底辺にあるのは人間が持つ多様性の幸福感なのだろう

これから様々な試みをされていくだろうが
今後の活躍がますます楽しみである
そして質疑応答で見せた彼女の謙虚さもとてもキュートだった!

スパイスカフェヒトツブ(日南市飫肥)

飫肥は最近観光客が多く目につく

食べ歩きのチケットがあることや

小京都の道並みの中に多くの新しいお店や

宿ができていることも人気の秘密だろう。

以前ご紹介した季楽は外国人に大人気だという

 _

さて今回紹介するのはスパイスカフェひとつぶ

暖簾がかかっていて

一瞬何屋さんだろうと思ってしまう

入ると女性のお客さんが4組程度

ほぼ満杯の盛況だ

 _

こんなスパイスセットのお土産もある

激辛カレーを注文

香辛料やハーブをミックスして作る

本格的なカレーだが

作るのに時間がかかることが大きな問題

私は料理が出るまでに40分かかった

 

ご主人は人の好さそうな若い人

奥さんは赤ちゃんが生まれたばかりで実家なのだそうで

1人だけでてんてこ舞いの様子

 _

カレーの味はそれなりに良い味だが

待つ時間を短縮するのが

お店が好印象となる最大の秘訣だろう

 

 

待ち時間度  ★★★

 

 

スパイスカフェヒトツブ

 

日南市飫肥6-7-1

0987-67-5399

12:00~15:00 18:00~22:00

月曜、第3日曜休み

 

 

食彩健美一木一草(宮崎観光ホテル)

どうしても仕事柄、野菜が不足することが多い

そんな時にとっておきのお店が宮崎にある

そのお店は宮崎観光ホテル内にある食彩健美一木一草

最近リニューアルされてまだ行っていなかった。

 

野菜不足を解消するために

予約してランチにやってきた

広さは一段と広くなりゆったりとした雰囲気

 _

まずは体のためにベジファースト

ドレッシングも4種類ほどあって重宝する

 _

野菜をたっぷり頂いた後はメインディッシュ

チキン南蛮やイワシの味噌煮

ビーフストロガノフなど

どれもそれぞれに味は良かったが

特に期間限定のビーフストロガノフが美味かった

 _

ご飯は期間限定の生シラス丼とさつま汁

 _

今日は綾の野菜だったそう

久しぶりに野菜不足が解消された気分!

 

 

野菜補給度  ★★★☆

 

 

食彩健美 一木一草

宮崎市松山町1−1 宮崎観光ホテル内

0985-271212