鮨人(富山市)

富山と言えばキトキトの魚で有名だが
寿司屋を予約してあると桝田社長がおっしゃるので
ねんじり亭の三浦さんと3人で寿司を食べにちょっとドライブ
場所は富山空港と市内の中間地点ぐらいだろうか・・・・
鮨人(すしじん) 
入った瞬間に良い緊張感が漂う
良い寿司屋の空気感は良く似ている
ご主人の前に陣取り鮨を楽しむ
酒はもちろん満寿泉
IMG_6992.JPG 
まずは海老から・・・・
富山名産のきじ海老を生と頭は焼いて
艶やかな甘みが舌を優しく刺激する
酢飯は赤酢を使用している
焼いた頭もコクのある旨味
そのあとのボタンエビ、車エビ、芝エビなどの
えびづくしの初めの攻撃は印象的だった


IMG_6993.JPGIMG_6995.JPG

 さて次はのど黒のねぎまだ
塩竈のすし哲で出された鮪のねぎまも美味かったが
ここではのど黒だ
のど黒の脂が焼くことによりさっぱりとしてうまみが増している
インパクトがある
勢いを感じるサプライズメニューだ
一段と酒がうまくなる
IMG_6994.JPG
 
今日は桝田さんが来られるというので
青森の鮪を仕入れましたと
7キロのブロックをまな板へ・・・・・
ここぞとばかりに勝負を仕掛けてくるご主人の面白さ
赤み、中トロ、トロと鮪の三味一体攻撃だ
握りが少し柔らかめだが赤酢と鮪は相性が良い
満寿泉の酒は鮪でも負けないどころかおおらかに食材を包み込む
IMG_6996.JPGIMG_6997.JPG 
こはだ、鯛、昆布〆のヒラメなどもキトキトだ
梅の茶わん蒸しもアイデア
うには北海道の物だが生と蒸しで食べさせてくれた
そして穴子
最後は3時間かかって焼いたという玉子と鉄火巻
玉子はまるでカステラというような食感
 
デザートでまたサプライズ
塩シャーベットを最中で食べさせる意外性
パリパリ感と冷たいさわやかさのマリアージュ
 
吟味された食材と意外性の演出
独自のアレンジでお客を喜ばせる若きご主人は
この鮨をあえて江戸前ならぬ『 越中前 』と呼んでいる
与えた恩は水に流し、受けた恩は石に刻めというのが信念だそうだ
 
2005年4月にオープンして7年
御主人の気性だと地元客の反発もあるかもしれないが
オンリーワンの鮨道を極めてほしいものだ
桝田社長御馳走様でした!
お返しは宮崎で・・・・・
 
 
キトキト度  ★★★★
 
鮨人(すしじん)
富山市根塚町3-5-7
12:00~15:00  18:00~21:30
日曜定休
076-442-0918