くらげの水族館(山形県・鶴岡)

2年前に山形の鶴岡に行ったときは、その存在さえ知らなかったのが
鶴岡市立 加茂水族館だ
入場者数の激減に加え、施設の老朽化の
どん底の日々の中でくらげに活路を見出したのが
村上龍男館長
ギネスでもクラゲの種類世界一の認定を受けた
 IMG_0746
新しい水族館建設にあたり、くらげドリーム債を発行
テレビのキー局に取り上げられ
くらげドリーム債はわずか20分で売り切れとなった
その資金で建設されたのが新しい水族館だ
今年の6月にオープンした
 
後の白い建物が新しい加茂水族館
後の白い建物が新しい加茂水族館
気になっていた水族館へ行ってみた
庄内空港から車で15分ほどの距離でアクセスも良い
駐車場は満杯で第3駐車場の海辺の横の駐車場にやっと止めることができた
駐車場のおじさんに聞くと一番入ったのは16000人
2時間の入場待ちだったと言う
今日は6000人ぐらいかなと驚きの数字だ
駐車している車のナンバーも庄内、山形、秋田、新潟と
東北のほぼ全部の県から集まってきている
 
昔の水族館を横目に見ながら
新しい水族館へ
入場料1000円を払い中へ
まずは庄内浜のお魚のコーナー
ここを抜けるとお待ちかねのくらげのコーナーだ
みずくらげ、タコくらげ、ブルージュエリー、あかくらげなど
様々な種類のくらげを見ることができる
 IMG_0755
IMG_0753
目玉のくらげドリームシアターは5mの巨大くらげ水槽
たくさんのくらげの姿と一緒に記念写真に撮っている人も数多い
 
村上館長はパンフレットの中でこう書いている
世界で唯一のクラゲの水族館を造ることはとても難しいが
その分やりがいがある
小さいながらもキラリと光る、みんなに感動を与えられる水族館にしていきたい
IMG_0748IMG_0756IMG_0758 
クラゲと言う発想で水族館を再生させ
鶴岡の地域活性化を果たした好例である
今や鶴岡の一番の観光名所となっている
ぜひ機会があれば行っていただきたい水族館だ