囲碁棋士 吉原由香里六段

吉原由香里六段が日本棋院宮崎支部の招きで

3月23,24日と宮崎にお越しただいた。

少し時間をいただいて話を聞いた

 

囲碁を始めたのは6歳の6月

父と一緒に習い始めた

日本では6歳の6月から習うことを稽古始めとされている

一年ほどたつと父を抜き、成績もぐんと上がり

周りから注目を浴びるようになる

プロを目指したがなかなか合格できない

慶応義塾大学一年の時に一度プロの道を諦めた

大学3年の時に父がなくなり再度トライしようと決意。

大学4年生の時、22歳でにようやくプロに合格した

卒業するとメディアから引っ張りだことなる

ヒカルの碁の監修をしてからは一段と注目を浴びるようになった

2007年から2009年女流棋聖戦3連覇を達成

若い人に囲碁の興味を持ってほしいとIGOAMIGOの立ち上げに奔走したり

メディアの囲碁開設や初心者向けのビデオを製作したり

囲碁の普及活動に努めていらっしゃる

現在囲碁の世界人口は4000万人と言われている

日本のレベルは前は世界一強かったのだが

中国や韓国に押されているのが現状

囲碁の歴史は中国では3000~4000年と言われており

日本でも1500年と言われている

朝廷や貴族の中で広まり、江戸時代になって一般大衆に広まっていったそうだ

日本では最初に国技と言われたのは囲碁だったそうだ

江戸時代の化政期(1804~1830)に当時隆盛となっていた囲碁を

武士階級が国技と言ったのが始まりだとか・・・・

 

吉原由香里六段の囲碁の説明は初心者でも大変わかりやすい

囲碁をシンプルなゲームとして捉え

キーワードを基に拡がりを展開して行く手法は素晴らしい

彼女のお陰で囲碁を習うきっかけになった人たちも数多いと思う

今後も若い人たちに囲碁の魅力を伝えつつ

日本の囲碁ファンのすそ野が大きく広がっていくことを願う

 

今回、宮崎にお越しいただくきっかけとなった

日本棋院宮崎支部の杉山さん、日高支部長、田山君はじめ

多くの関係者の方々のご努力に感謝いたします。

ヒシの実(伊集院静)

全日空の機内誌に毎回掲載されている

伊集院静氏の「旅行鞄のガラクタ」を

いつも楽しみに読んでいるのだが

3月号の文章は自分自身にも当てはまることのようで

大変共感したのでその一部をご紹介したい

何年かに一度、後輩のスポーツ選手や作家から

自分は今の仕事をやり尽くしたので

もう空っぽで何もできない、と聞かされる時がある

その時、私はこう言う

それは断じてない。

人の心身の中にある器は空っぽになることはないのです。

空になるまでやりつくした器にこそ、

想像できないほど素晴らしいものが注ぎ込まれるのです

これ以上もうできない。

そこまでやってみることだ

そこで初めて見るものがある

少し言い過ぎの感もあるが、私はそう信じている

かれこれ30年以上前の話である

当時、私は京都で暮らしていた。

小説を書き始めたころで、一年で数度上京していた。

その上京は2冊目の本が上梓された後で、編集担当者のN君と2人で

銀座の小さな中華料理店でささやかな宴をした。

初めて出版した本には様々な人の思惑もあったが

2冊目の出版ができるとは想像もしなかった。

出版は私より若い編集者のN君のお陰だった。

・・・・・

「N君色々有難う」

「いいえこちらこそ。3冊目を是非書いてください

この調子ならきっといいものが書けますから」

私はしばし沈黙し、正直な気持ちを伝えた

「無理です。自分の中にあったものはすべて吐き出しました。

もう何もありません」

N君は私の言葉に目をしばたたかせた

「そんなことはありません。僕は信じています。」

「N君、そのようなことは私が一番わかっているんです

自分の度量というものをです」

N君は何も答えずうつむいていた

・・・・・

N君は大学を卒業し出版社に入社してすぐに私の担当になった。

作品が仕上がるのを7年待ってくれた。

途中編集長が変わり、あんな遊び惚けている奴に小説が書けるか

上司の言葉にN君はもう一年、もう一年だけお願いしますと

頭を下げ続けた

・・・・

今月のガラクタはヒシの実

琵琶湖の波打ち際に揺れる奇妙なものが目に留まった

同行のスタッフがヒシの実ですね

水辺に生息するんです。ほら尖ったところで水底をつかむんです

夜、居酒屋でヒシの実を置いていると

女将が「あらヒシの実ね。可愛いでしょう。

でもその子は必至で水底をつかんで生きていこうとしているのよね

けなげでしょ。

ヒシの実は草木になることしかできないから頑張っているのよ

だから可愛んだよね」

・・・・

年が明け,N君が京都に来た時

私はヒシの実を出し、自分の不甲斐なさを詫びた。

新たなエクソソーム発見

NHK Eテレのサイエンスゼロの12月2日と2月3日の番組から

エクソソームの話をご紹介

2007年ヤン・ロトバル教授が

エクソソームという物質には

メッセージ物質の主体的な役割を果たす

マイクロRNAが入っていると発表されてからエクソソームは一挙に注目を浴びている

エクソソームは体の細胞間上で情報をやり取りして

体をコントロールする働きがある

人間の体には約100兆個のエクソソームがあると言われている

エクソソームは野菜や卵の中にも含まれている

しょうがのエクソソームは肝障害に効果があり

ゆで卵のエクソソームは動脈硬化や記憶力がアップする

日本のエクソソームの第1人者である

国立がんセンターの落合教授は

獺祭の桜井会長の協力を得て

日本酒もろみから新たなエクソソームが大量に見つけることができた

つまり発酵で生まれる化学変化で

新たなエクソソームが生まれていたのだ

しかも病原体を破壊する分解酵素の威力は7倍なのだそうだ

ただ酒の製品になったらエクソソームはなくなるそうだ

 

私の大胆推理だが

そうであれば醤油もろみや味噌や納豆などの発酵の過程にも

新たなエクソソームがあるのではないだろうか

発酵製品には数々の抗酸化作用がある

その大きな理由付けにもなるような気がしてならない

これからの研究の成果にも期待したい

 

国立がんセンターの落合先生は将来

人間の体のエクソソーム診断をして

食べながら体を健康にしていく未来レストランを作りたいとの

夢を語っていた

食べながら飲みながら

エクソソームで体を健康にしていく

近い将来にはこんな夢が現実になるのかもしれない

25-4=9?(孫正義)

ソフトバンクグループの決算説明会が

2019年2月7日開催された

説明会では孫正義氏の愉快な放言が大変面白かった

複雑な自然現象を一行の式でシンプルに

読み解いたアインシュタインになぞらえて

ソフトバンクGを一行の式で表す孫正義ならではの発想だ

会社のバランスシートを見ても

ソフトバンクGの質や姿が良くわからない

しかも膨大な負債を背負っている

そのようなマスコミやアナリストの質問に対する答えがこの一行の式の中に込められている

さて注目していたのはエヌビデアの投資だった

101ドルで投資したエヌビデア

9月末には283ドルまで上昇した

現在は150ドル近辺

マスコミ関係者はこの投資に対しての決算の危惧を感じていたのだが

カラー取引という手法を使い218ドルで利益ができるようにしていたのだ

結果エヌビデアに関してSVFに大きな利益をもたらしていた

世界の投資ファンドもアッと驚いた高度テクニックだ

このことでソフトバンクGは単なるAI投資会社ではなく

世界先進の投資ファンドであることも明確になった

 

さて先ほどの式を思い出してみよう

25-4=9?

今現在の時価株式総額が

アリババの12,5兆円、ソフトバンクの4.2兆円をはじめ25兆円

負債総額は17兆円

現金で6兆円

7兆円はソフトバンクとスプリントが保有する借金なのでこれをひくと

4兆円になる

そして2月6日のソフトバンクGの株価から

時価総額を出すと9兆円だ

孫正義氏は言う

このように考えると株価は安すぎる

少なくとも2万円はあってよいと豪語した

 

さて投資のタイプには3タイプあると孫氏は言う

ウォーレン・バフェットのようなキャッシュフローを重視するタイプ

アルゴリズムを中心としたコンピューティングの投資のタイプ

そして我々はAIビジョンを重視するタイプだ

その底流にあるのは情報革命で人を幸せにすることだ

インターネット、ブロードバンド、スマホとステージを変えてきた

そのステージごとに中身を変化させてきたのがソフトバンクG

今時代はAIの入り口にいる

AIによるパラダイムシフトが進んでいく

だからこそAIの各分野のユニコーンのNO1を群の中に入れ込むのだ

 

明確でシンプルな論理は聞く人々を楽しくさせてくれる

まだまだ元気で夢を語り続ける孫正義氏

私は10年、20年、30年後の世界を見ている

その中において株式市場は単なる誤差でしかないと言い切った

是非AIの未来と人類の幸せの共存を現実のものにしてほしいと願っている

千年鮭きっかわ(新潟県村上)

新潟県村上市には2つのサケの名物がある

一つは酒の〆張鶴だが

あと一つは市内を流れる三面川の鮭だ

村上市の鮭は平安時代、

京の都に鮭を租税として納めていたという記録があるほど

有名だったと言われている

古くから鮭はこの風土ならではの独自の製法と共に

100種以上の料理法などで

村上の食文化を作り出してきた

 

昔からの製法を守り今に伝えるのが

千年鮭きっかわ

12月のNHKで村上の鮭が放送された

その取材地がきっかわだった

店の外観はまるで江戸時代にタイムスリップしたかのよう

JRのCMでは店の前で吉永小百合が立ってるのでもおなじみだ

 

お店の奥に入ると

なんと天井の梁から100匹以上の鮭が吊り下がっている

圧巻だ

吉川社長に話を聞いた

村上の人々にとって鮭は千年も前から特別な魚でした

その鮭をあら塩を振り4~5日漬け込み

風にさらし、1か月ほど醸すのを待ち

添加物を使用せず先人から受け継いだ知恵に

創意工夫を重ねて独自の旨味を守ってきた

 

また吉川社長は地域活性化の旗振り役でもある

この町家をまちづくりのシンボルにしようと

20年以上行政の手を借りず

夫婦で市民の草の根運動を展開してきた

その一つが平成14年から始まった黒塀プロジェクトだ

村上の町に昔ながらの黒塀を市民の力で復活させようというプロジェクト

市民がお金を出し合い、黒塀の制作も市民が行う

誇りある町づくりのための

「黒塀一枚1000円運動」

平成14年度から20年度までで340mの黒塀を作ることができた

2008年には国土交通省都市景観大賞を受賞

そのほか町家再生プロジェクトなど

数々のプロジェクトが展開中だ

ようやく平成28年に行政も一緒になってやっていこう動きになってきたという

鮭作りも町づくりも同じこと

古くからの伝統に敬意を払い、創意工夫を重ね情熱をもって

現代に呼びもどすこと

行政に頼らない市民によるまちづくり

理念は素晴らしいが実践で成功することはまれだ

その成功を勝ち取った吉川夫妻をはじめ村上の市民の情熱と努力に敬服した!

 

吉川社長が綾町の故郷田町長を尊敬されているのをお聞きして

嬉しい驚きだった!

和食と日本酒(増田徳兵衛)

京都伏見の月の桂の増田徳兵衛社長が

「和食と日本酒」の本を一年がかりで書かれた

2013年ユネスコ文化遺産に登録された和食は世界各国で

ブームとなっている

2015年和食文化の保護継承に責任を持つ組織として

発足した和食文化国民会議の

10冊目のブックレットとして出版されたもの

 

自然が育む日本酒の文化

 

平安時代には(8~12世紀)には造酒司(みきのつかさ)

と言う役所が置かれ、国家によって酒造が行われました

そののち寺院で僧坊酒(そうぼうしゅ)と呼ばれる酒が造られるようになり

酒造技術をけん引していきます。

特に奈良の寺院が造った「南都諸白」は

麹米と掛米の両方に精白米を用いることで

生まれた透明度の高い酒で、当時主流だった濁り酒とは一線を画し

室町時代まで長い間、高い名声を保ちました

 

現在に近い酒造方法が確立するのは江戸中期のことです

日本酒に適した冬季に集中して醸造する方法が定着し

農村部から農閑期の出稼ぎとして酒造りに来ていた人たちが

職能集団化した杜氏、蔵人が誕生しました

水質の良し悪しが酒の質に影響することが発見されたのもこのころです

 

三月は桃酒、五月は菖蒲酒、九月は菊酒といった

季節の花を酒に浮かべ愛でる習慣がありました

邪気を払い、長寿を祈願して飲んだのです

お正月には屠蘇と言われる

10種類ぐらいの薬草と清酒を混ぜたお酒を飲み

一年の無事を祈る習慣が伝わっています

  

和食と日本酒

 

飲み物だけではなく日本酒は調味料としても用いられてきました

煮切り 酒を沸騰させアルコール分を飛ばし調味料として使う

酒蒸し 酒を振って蒸し煮に

酒煎り 日本酒を少々食材と一緒に入れ汁気がなくなるまで加熱

酒塩  煮物をするとき少量の酒を加える

煎り酒 日本酒に梅干し、鰹節、たまりなどを入れて煮詰めた調味料

 

などなど

日本酒と和食についてうまく構成されており

大変わかりやすい

増田徳兵衛氏は日本酒造組合中央会の監事と言う立場でもある

是非ご興味がある方はご一読ください!

民主主義の死に方(ステーブン・レビスキー)

トランプが大統領になって2年が経過した

アメリカは2極に分断し

世界の先進国からもアメリカは不安視されている

 

20世紀まで世界のリーダーとして

相互的寛容と自制心をもってアメリカは陰ながら民主主義を支えてきた

民主主義の先頭を走ってきたアメリカに今何が起こっているのだろうか

そのことを具体的に明示している本がある

タイトルは「民主主義の死に方」

著者はハーバード大教授の

ステーブン・レビスキー氏とダニエル・ジブラット氏

2016年アメリカの歴史で初めて

公職に就いた経験がなく

憲法によって保障された権利を明らかに軽視し

はっきりとした独裁主義的傾向のあるトランプが大統領に選ばれた

 

トランプの風貌を見ていると

私はベネゼエラのウゴ・チャベスを連想してしまう

1998年に選挙で勝ったチャベス氏

この時、ある女性有権者は

「ベネゼエラの民主主義はウェルスに感染している。

わたしたちにあたえられた抗生物質は彼だけだった」と語った

2003年明らかな独裁者への一歩を踏み出す

最高裁判所を実質的に支配しメディアも閉鎖された

このように民主主義は死んでいく

ヒトラー、ムッソリーニ、ウゴ・チャベス

この3人は歩いた道は凄く似ていると著者は書いている

 

民主主義を破壊する方法として

1)審判を抱き込む

タテと武器を手に入れる 

(警察、税務署など様々な機関に協力者を起こりこむ)

裁判所を支配する

2)対戦相手を欠場させる

メディアの買収

逮捕、訴訟、罰金

実業家を標的に

文化人への抑圧

3)ルールを変える

選挙区の変更

投票の制限

これらを巧みに使うことにより永続的な優位を保つ

 

トランプはこの1年で上の3つの戦略を全て試みた

対立相手に辛辣なレトリック攻撃をしかけ

メディアをアメリカ人の敵と呼び

裁判官の正当性に疑いの目を向け

連邦政府から大都市への補助金を減らすと脅した

就任から一年のあいだにトランプ大統領は

典型的な独裁者と同じ特徴を示したシナリオ通りに動いた

 

選挙を通じての合法的な独裁化が

世界の中で静かに進んでいる

個人的な心の中の不安はそのようなことから生まれているのかもしれない

世界の政治経済を見つめるには、必読の書であることは間違いない!

居酒屋甲子園の奇跡(桑原才介)

居酒屋の日本一を決める

居酒屋甲子園というイベントが2006年から毎年開催されている

今やエントリーの店舗は1700を超え

スポンサー企業も140社を超える

エントリー料は有料で

覆面調査を受ける

調査員は店舗に行き電話対応、接客、料理の提供時間、清潔度など

約50項目をチェックし点数化される

日常の顧客満足度が問われる調査だ

3回の合計得点で全国大会に出れる5店舗が決定する

 

全国大会では20分のプレテの中で

店の取り組み、想いなどを参加者5000人に訴える

また日々の取り組みなどをスタッフが交代で発表する

接客、料理へのこだわり

スタッフ教育のしくみ

地域や生産者とのつながりの方法

原価率まで含めこのプレゼンですべてのノウハウを公開していく

日本一は参加者の投票で決定する

この居酒屋甲子園が本になった

著者は桑原才介

 

居酒屋甲子園を立ち上げたのは大嶋啓介

目的は居酒屋から日本を元気にする

理念は共に学び共に成長し共に勝つ

 

彼が作り出した「本気の朝礼」がスタッフを店を元気にし

結果売り上げもアップした

その朝礼の内容は

黙想(自分はどうなりたいか、今日、3年後、5年度)

一分間スピーチ

ナンバーワン宣言

ハイ、挨拶訓練

大嶋はこの本気の朝礼を公開し

最強のチーム作りとしてメディアにも紹介され全国に知れ渡った

見られているから魅せることに変えるのだと大嶋は言う

 

この頃から居酒屋で甲子園を再現できないだろうかと大嶋は考えるようになる

大嶋の志に赤坂元気、深見浩一、上山弘朗が集まり

構想の具体化が動き出す

数々の難局を乗り越え2006年9月2日

日比谷公会堂は2000名の満席となる

第一回の最優秀店は熊本の憲晴百となった

 

興味のある方は、後は本でじっくり楽しんでほしい

最近の若者は元気がないなどと言われているが

この本に出てくる若者たちは

情熱だけでなく、変革していく志と勇気を持って地域の活性化を行っています

居酒屋甲子園が何故これだけ支持されるのか

少しだけ理解出来たような気がする!

都城市立図書館

都城市立図書館は2018年4月末にオープンした

この図書館のテーマは

再生(リノベーション)と転用(コンバーション)である

以前ショッピングモールとして作られた建物を

構造体だけ残して解体し

内外装を一新して図書館として生まれ変わった

図書館の中は大変広々としている

特徴的なのは木箱の書架や様々な木箱で自由に並び替えできること

これは都城家具工業会の協力で

防虫効果のある楠を使用してオリジナルに開発されたもの

これで季節やテーマに応じた様々な展示もできる

今まで街中にあった施設がこのような形で

再生と転用を行こなった成功の事例は少ない

しかも9月末で動員がすでに50万人を突破したという

年中無休だというのも魅力だ

2018年10月

都城市立図書館はグッドデザイン賞を受賞した

地方都市における街中活性化の成功事例の施設だと思う

是非機会があればゆっくりとした空間で本を楽しんでほしい

宮崎本(エイ出版)全国発売

エイ出版社から宮崎本が全国発売されました

サブタイトルは食と自然のユートピア

ベストオブ宮崎と題して大人の宮崎を楽しめる内容

本の特集の一つにニシタチほろ酔い散歩がありますが

弊社の代表であり、大吟醸を楽しむ会のプロデューサーの満元英明が

案内人を務めています。

 

みょうが屋の岩永氏が新たに出したばかりの

隠れ家気分のカウンターだけのお店 Iwanaga食堂

サラリーマン時代から独立してからも

嬉しい時もつらい時も

40年以上は行き続けているいぶし銀の万作

 

社長自ら釣りに出かけて新鮮なさしみを食べられ

また日本酒が美味しい若草通のKURAGE

 

メイドイン宮崎のイタリアンでセンスも味も良いピノーリ

 

カクテルからパスタ、カレーまで本格的な味わいのショットバーOak

立ち飲みでトランジット感覚の気安さで行ける人情横丁のしなと

 

そして全国のファンから焼酎の聖地と言われる

名物上妻マスターのブルーツリー

 

巨人軍の原監督が大好きな家庭料理のかずら橋

 

等々宮崎のニシタチのお店の魅力が満載です

是非興味がある方は書店で立ち読みでもしてください!