ニーアル・ファーガソンが考える中国

世界の知性とも言われる歴史学者

ニーアル・ファーガソン欲望の資本主義4の本の中で

興味深いことを述べている

彼は中国のことを知人がこのように言っていたと書いている

 

中国には3種類の中国がある

1  新、新中国

テクノロジーの世界で活躍している企業

テンセント、アリババなど

 

2   新、旧中国

共産党員が子供に経営を継がせる

高収益の国有企業

 

3  旧、旧中国

北部のさびれた工業地帯にある

採算性が低いままの国有企業

 

面白いのは、この3つの中国の間には

対話も調和もない。特に1,2 の間には緊張関係がある

 

ニーアルファーガソンは中国の成功は終わりに近づいている

中国はこれまで

正当性の根拠となっていた経済成長はもはや継続できません

別の根拠を探さなければなりません

その一つが毛沢東思想です

習近平にはその復活が見られます

 

ニーアルファーガソンは次のように厳しく中国を見ている

中国は持続不能なエンタープライズ(事業)だ

極めて少数の人物に権力が集中し

共産党に関する法的な説明責任は皆無だ

全てが腐敗という予測可能な結果を生み

経済モデルは破綻しつつある

人口動態や債務拡大も厳しい

巨大な監視機構と露骨なプロパガンダ(政治宣伝)に

正当性の根拠を求めようとしている

 

個人的な考えだが

習近平は1、を徹底的にたたき、腐敗を暴き

共同富裕を前面に押し出すことで

中国人民の支持を高めるようにしてきたように思えるのだが

これまで中国の成長エンジンであった

1の新・新中国をたたけばたたくほど、経済成長は損なわれてきたのではないだろうか?

ウィグル地区、香港の人権問題に端を発し

ロシアのウクライナ侵攻

ゼロコロナ政策

経済成長の低下などなど

習近平と中心とした指導部には今数々の複合的な逆風が吹いている

これではたして中国人民がついてくるのかどうかが問題だ

 

ニーアル・ファーガソンは気になる発言をしている

今後20年の間に、中国は何らかの形で政治的危機を経験すると予見している

花のいのち(瀬戸内寂聴)

4月上旬は

日本列島に桜前線が上昇していく

そんな花満開の季節にとっておきの本がある

瀬月内寂聴さんの「花のいのち」

最初に「花と蝶」のエッセイがあるのだが

とても心に深く残った文章なので是非ご紹介したい

 

花と蝶

 

良寛さんの詩に

花は無心にして蝶を招き

蝶は無心にして花を尋(たず)ぬ

というのがあります。

 

花はそれぞれに美しく、その花だけが持つもいい匂いを放っています。

けれども花は美しさや匂いで、

蝶を招きよせようという魂胆で咲いているのではありません。

ただ自然のはからいで、そこに花が咲けば、蝶が飛んでくるし

蝶が何気なく飛んでくれば。花は自然に蝶を迎えます。

花も蝶も無心なのです。

蝶が花の蜜を欲しがっても花はそれを拒まず、

蝶が満足するまで、提供します。

美しい自然の営みがそこにあります       。

秋の紅葉も、人に見せようとして紅葉するのではありません。

無心に約束通りに時が来れば紅葉するだけです。

それを美しいと、眺め訪れるのは人間だけです。

でも人間は蝶と違って無心ではなく、人が見ていなければ

美しい枝を折り取って持ち帰ったり、不埒なことをします。

人は欲に心が染まって、無心ではなくなっているからです。

 

人間でも、赤ん坊の心は生まれたままで無心の清らかさです。

赤ん坊の目が清らかなのは、心の清らかさを映しているからです。

人は成長するにつれて、無心の心を失い欲望を生じ心を濁らせます。

人間の欲望を、仏教では煩悩と呼びます。

人間の煩悩の数は、除夜の鐘と同じ百八つあるとされています。

仏教の百八つとは無限という意味です。

無限の煩悩から、人はあらゆる苦しみや悩みを心に生み出すのです。

煩悩はめらめらと炎を燃え上がらせているのです。

その熱さに心を焼かれ、人はいっそう苦しまねばなりません。

 

煩悩の炎を静め正常な心を取り戻そうとして、

人は思わず超自然の神や仏に手を合わせ、祈りを捧げたくなります。

神仏は無心の花のように、近ずく物を拒もうとはしません。

ただ黙って差し出されたその手に気が付き、

それにすがることができるのは、縁というもののはからいです。

幸いにして、宇宙の生命を司る神や仏と縁を結べた者は幸運です。

人はみな、生きている限り幸せになりたいと願っています。

 

幸せになる権利は人権と名付けられ、

どこの国でもそれを守る法律が定められています。

それなのに、生きているほとんどの人間が、現在の自分の立場に満足せず

もっと自分は幸福であるべきだと不平不満を心に抱いているのです。

分が過ぎた幸福の夢の欲望に、心を濁らせているからです。

 

美しい自然の、無心の奉仕を有難いと思い

その無償の愛に清められ、自分の心の濁りを洗いそそぎましょう。

その時こそ、よみがえらせた自分の無心に、はじめて

あふれる幸せを感じることができるでしょう。

 

深く深く心に染み入る言葉だ

どこまで私ができるかわからないが

改めて自然に感謝しながら

もっともっと!という煩悩という欲望を少しでも洗い流し

無心の心で生きていくことができればと考えている。

飯尾和樹のずん喫茶(BSテレ東)

街から、どんどん喫茶店が無くなっていく

そんなことを肌で感じだしたのは何年前からだろう

 

以前からスタバやドトール、コメダなど大手コーヒーチェーンが

どんどん出店を重ねるだけでなく

コンビニが安価なコーヒーを提供する状況では

上からも下からものサンド攻撃で

喫茶店も大変だろうとは思っていた

 

宮崎の街でも純喫茶が姿を消している

宮日会館にあったサンドロ

山形屋の裏にあった名店のジャマイカ、

あるいは県庁楠並木通りにあったラクガキなどは

宮崎のコーヒー文化を象徴するものであったのではないだろうか

コーヒーは街の文化だと思う

ゆったり街の文化を味わえる喫茶店が全国から淘汰されている

 

そんな思いを感じていたのだが・・・・

飯尾和樹のずん喫茶(BSテレ東)が私にぴったりはまった

個性的な喫茶店を飯尾和樹が訪ねていき

彼独特のキャラでその店の人や特徴をやさしく引き出していく

サンドウィッチは断面を愛でてから食べるんですと

芸能界一の喫茶店通の飯尾和樹は話す

彼の喫茶店愛が生み出す目線がほのぼのと優しく

番組を温かいものにしている

 

最後にポラロイドで撮った一枚に

一言加えるメッセージがとても良い

この番組で

全国の街に喫茶店の復活の一助になれば幸いである

映画 ドライブマイカー

話題の映画ドライブマイカーを観た

3時間という長さを感じさせないどころか

私にとって心の迷いや悩みをときほぐしてくれる映画だった

なぜか心にしみじみと入っていく映画だった

カンヌ映画祭、ゴールデングローブ賞の受賞は当然だろう

この映画であればアカデミー賞は取れると確信した

原作は村上春樹の「女のいない男たち」の中の短編の

ドライブマイカーなのだが

その他の短編からもエッセンスを織り込んで

素晴らしい脚色に仕上げている

原作を基にここまで見事な村上ワールドを

現わしていることに敬意を表したい

さて内容は

舞台俳優で演出家の家福祐介は

妻の音と一緒に暮らしていたが、

セックスの後に音がシナリオを思いつき、しゃべり

それを家福がリライトするという作業で仕事が進んでいたのだが

秘密を残したまま突然他界してしまう

2年後、喪失感を抱えながら生きていた家福に

広島から演劇祭の演出の話が舞い込み、愛車のサーブで広島に向かう

そこで出会ったドライバーみさきとの中で

様々なことに気づかされていく

メインを広島にしたことも非常に良いし

そこで多国語演劇をするという設定も時代にかなっている

9カ国から選ばれたキャストも多様性を表現している

中でも透明感のある韓国のパクユリムの手話は素晴らしかった

最後は北海道まで車を走らせ日本の長さを世界に認識させた

世界中で国も年齢を超えて読まれている村上春樹

そしてメイン舞台は原発が落ちた広島

キャストが多国籍

ヤツメウナギの話など

色んな出来事の中で

家福と過去を持つドライバーのみさきと徐々に心がつながっていく

人は様々な悩みを持ちながら

平然と生きていく

そんなことを考えながらエンドタイトルを見つめていた

久しぶりに素敵な映画を見た!

ばら色の京都 あま色の東京(澤田康彦)

澤田康彦氏がマガジンハウスを退社し、主夫となり

暮らしの手帳の編集長となる過程で

様々なエッセイをまとめたものを2018年に本にした

タイトルは「ばら色の京都 あま色の東京」

家族との交流、妻本上まなみの素顔、

編集長としての楽しさと苦しさ

創業者への尊敬などが赤裸々につづられていてほっこりする本だ

澤田氏は2015年に編集長になり2019年11月に

編集長を退き、現在は京都で主夫やフリーで活動されているようだ

 

暮らしの手帳は創業者 花森安治 が

1948年に創業した生活総合師

広告を入れない、庶民の暮らしによりそうをテーマに

全てを試作、実証するというスタイルを貫いている

 

本の中でとても感動した一節をご紹介したい

 

花森さんは今も編集部に

 

編集部に葉書が舞い込みます

1世紀49号の日本人の暮らしに登場させていただきました

今から57年前のことです

貴誌は全部、大切に持っています

当時若かった私ども夫婦も、今では合わせて170歳になりました

熱烈な「暮らしの手帳」の応援団のひとりだと自負しております

愛知県春日井市在住 

57年前に取材を受けた元機関誌の川端新二さん八七歳からです

 

編集者の北川史織さん(現在の編集長)が返事を書きました

今まさに花森安治をテーマにした別冊をつくっていること

その中で自分が最も心惹かれたおふたりの記事を紹介していること

このタイミングでお葉書をいただきどんなに嬉しかったか

するとすぐ川端さんからお手紙が返ってきます

名もなく貧しい若夫婦を暮らしの手帳は記事にしてくれた

結婚六十年の中でも編集部の一行とともにいた三日間は

「本当に良ひ思い出」「貴重な体験」であったこと

封書の中には、当時花森さんが記念に残してくれた機関車の絵と

みんなのサインのコピーがありました。

そこにはこんな言葉が・・・・・

 

コノヒモ/コノヨルモ/カマヲタキ/キテキヲナラシ(中略)

キカン車ヲ動カシテイルヒトト/ソノ愛スルヒトニ

             1959年3月2日 花森安治

 

僕自身は、この半世紀を超えた、川端ご夫妻と小誌との

まぶしい交流に圧倒された者です

温かいというより熱いと呼ぶべき気持ちがそこにはある

ご夫婦の中に六十年近くを経ても

高い温度を保ったままいまのいままで続く思いが

花森さんたちは一生の美しい刻印を彼らの心に残したのですね

 

日本には「暮らしの手帳」という雑誌があるのだ

と誇らしく思うのは私だけではないと思う

2022年世界の重大リスク(ユーラシアグループ)

リーダーなき世界を「Gゼロの時代」と名付け、

注目を浴びたイアン・ブレマー氏が率いるユーラシアグループが

2022年の10大リスクを1月3日に発表した

 

1、中国のゼロコロナ政策の失敗

2、巨大IT産業の影響力が強まり、経済、社会への支配が大きくなる

3、米中間選挙

4、中国の内政問題

5、ロシア

6、イラン

7、脱炭素政策とエネルギー政策の衝突による混乱

8、世界の力の空白地帯(アフガニスタン)

9、価値観の衝突で敗れる多国籍企業

10、トルコ

 

この中でも中国とアメリカが気になるのだが

一番の注目は中国である

4の内政についていうと

中国共産党100年の節目の11月の大会は

北朝鮮のセレモニーを思わせる習近平の独裁色の強いものであった

ナショナリズムをあおり

中国は強大だと毛沢東2.0の思想を1時間の演説で展開した

しかし共同富裕を打ち出した経済政策では

融資規制により不動産企業のデフォルテがまじかに迫っていることや

巨大IT企業などの規制などを次々に打ち出したことによる

IT企業をはじめとして時価総額の低下が顕著だ

テンセントは−23%、アリババが−49%に沈む

これは行政忌ではなく明らかな中国の規制のやりすぎの結果だ

これでは民間IT企業の意欲も上がらないのが実情だろう

2022年は中国経済は正念場になるだろう

 

ここ一年間で中国の富裕層から

外国へ逃げ出した資金は約20兆円という巨額に及ぶという

習近平が独裁色を強めれば強めるほど

中国国民は不安になり、どんどん資金は中国から逃げていく

今年の中国経済は不安と混とんとが入り混じる

 

そして1のコロナ対策の失敗だ

中国はコロナゼロを目標にするだけに

感染者が出ると都市のロックダウンを強制的に行う

そのことによりサプライヤーが混乱しインフレに拍車がかかり

世界経済はより一層不安定になる

オリンピックを控え、中国はさらに緊迫状態が続く

 

予想以上の経済低迷のあおりを受け

12月8日から10日に開催された中国中央経済会議は

需要の減少、供給面のショック、将来の期待の低下の3つの要因を挙げて

安定を最優先にすると修正したのだが

果たして軟着陸が上手く行くかはかなり疑問である

中国政府のやり方は

アクセルとブレーキを一緒に踏んでいるようなものだ

 

さてアメリカだが

バイデンの8のアフガン撤退の失敗や

国内インフレの高騰で支持率が低下しており分断が拡がり

3の秋の中間選挙も見通せない現状だ

 

中国、アメリカの2つの巨大国が

どちらも様々な要因で不安定になっている

これに脱酸素政策とエネルギー政策の問題で

世界はより一層のインフレになることは避けられない

Gゼロを打ち出して10年

2022年はこれまで以上に問題が山積の様に思える

キーワードは独裁と分断、そしてインフレである

EYアントレプレナー2021日本代表(桜井博志会長)

旭酒造の桜井博志会長が

EY Entrepreneur of The Year 2021 japan

の日本代表に選出された

旭酒造の

1984年の売上は9700万

2021年度の売上が140億を超えた

コロナ禍の中でも売上新記録だった

大事なことは

酒質に寄与するものに

全ての努力を集中することが

山口の山奥の小さな酒蔵ができる

唯一にして最高の生き残り戦略だった

キーワードは

『酔うため 売るための酒ではなく

味わうための酒を求めて!』

今、旭酒造はアメリカの蔵建設の真っ最中だ

コロナ禍で遅れたとはいえ

2022年の11月には蔵が竣工する

アメリカのブランド名は

獺祭Blue

青は藍より出でて藍より青し  

の言葉から取った

米はアーカンソー州の契約農家に栽培させている山田錦と

水はハイドパークの仕込み水で醸される

2023年からはアメリカの蔵から獺祭Blueの出荷が始まる

いよいよ新しい獺祭の世界戦略がスタートする

さてアントレプレナーの世界大会は

2022年6月モナコで開催される

全世界から50カ国以上の代表者との戦いとなる

意気込みを聞くと

日本酒の良さを知ってもらえる機会になればいい

と自然体で話された

いとまの雪(伊集院静)

伊集院静が古希の70歳を迎え

初めての時代小説に挑んだ

題材は誰もが知っている忠臣蔵である

討ち入りの日は12月14日

12月に入りあと10日ほどの時期でもあるので

「いとまの雪」をご紹介したい

大石内蔵助・良雄の生涯を描いている

伊集院静の小説に流れているものは気骨と美学だと私は思う

そのことを明確に表現し

その上での反逆精神が胸を打つ

幼き頃山鹿素行の教えを生涯貫く大石の姿が凛として美しい

当時はあらぬ理由で多くの藩が改易の憂き目にあっていた

財政が逼迫した幕府は

米以外の産物で経済を回している小藩に目をつけた

そして小藩の改易が

幕府の財政ひっ迫を打破する手段となっていったのである

塩で知られる赤穂藩もそのひとつとなったのだ

 

浅野内匠頭の幕内でのふるまいに対し

幕府はあまりに尊厳を無視した庭先での切腹申しつけを行った

大石内蔵助・良雄は「君辱められしときは臣死す」と藩士一堂に宣言する

 

江戸の民衆は赤穂浪士の討ち入りを

今か今かと待ちわびるが

当の大石内蔵助・良雄は時期や幕府の状況を見ながら

昼行燈を決め込み

遊びにうつつを抜かすそぶりで幕府の油断を誘い

またそれに呆れてぬけていく藩士を見ながら

討ち入りの人数を絞り込み時期を待つ

 

ここでスーパーサブが登場だ

勘定奉行の大野九郎兵衛

もし万が一討ち入りが失敗した際には

後を大野九郎兵衛に託したのである

 

そして最後に登場する近松門左衛門が意外で楽しい

 

「 生きるは束の間、死ぬはしばしのいとま」

無常観や

別離の悲しみの深さ

真っすぐに生きていく男の姿が

透明感あふれる独自の美しい文章で表現されている

サウンドメーカー服部克久の世界

2020年6月、服部先生がご逝去され

コロナ禍で延び延びになっていた

服部克久を囲む音楽の仲間たちのコンサート

サウンドメーカー服部克久の世界が

11月16日、17日

新国立劇場で開催された

服部さんが作曲、編曲した曲は6万曲にも及ぶという

16日は山下達郎と竹内マリアがゲストだったそうだ

 

音楽監督は服部隆之

音楽畑スペシャルオーケストラをバックに

17日はゲストが一曲づつ歌っていくという贅沢な演出だ

最初のゲストは松山千春

次が森山良子

この広い野原いっぱいは服部さんのアレンジだそう

谷村新司の昴も服部さんのアレンジだ

一緒に中国にコンサートに行った思い出話をされていた

五木ひろしはラスベガスバージョンでの歌を披露

その他ピンポンパンやベストテンのテーマソングや

自由の大地も演奏された

さだまさしも花を添えた

ラストの曲は私の大好きなル・ローヌだった

これほどまでに広範囲のネットワークを持っている音楽家も

日本にはいないだろう

それは一番は音楽家としての才能なのだが

服部さんの人徳でもあり、優しさでもあるのだろう

ステージバックには服部さんの写真が飾ってあり

天国から微笑んでいるようだった

 

司会の安住紳一郎が言っていたが

服部克久夫妻の媒酌人は白洲次郎、正子夫妻だそうだ

これだけでも驚きだった

 

服部克久氏は昭和11年11月1日生まれ

だからこそ、どうしても11月にコンサートをやりたかったそうだ

 

最後に服部隆之氏が今日は目いっぱい指揮をしたが

親父からは肩の力を抜いて自然体で臨めと言われていた

『柳に雪折れなし』と言うのが親父の信念でもあった

柳みたいに風に吹かれても雪が降っても

折れることはないのだと・・・

でも私にはできない

今日も親父の100分の一もできていないと感想を語り

観客は大きな拍手で讃えていた

 

個人的にも大変お世話になった服部先生

本当に素敵なコンサートを有難うございました

これでようやく服部先生も天国でゆっくりできるでしょう

侍ショパ二スト(反田恭平)

ショパンコンクールでの反田恭平の演奏を聴いた

サムライ反田の圧巻の演奏だった

スコアを読み解く独自の感性

優しいほどの繊細さと同時に

力強くダイナミックで多彩な音色

彼の魂をさらけ出したような演奏だった

終了した後の聴衆の反応が驚くべきものだった

 

6年前からのプログラムの周到な準備

4年前の10月17日ショパンの命日の日に

ショパンコンクールの審査員でもある

ピオトル・パレチニ氏からショパンのイロハを教わっていく

 

2年前からは海外のホールで

音を響かせるためには体力も必要と食べて体を大きくした

1年前からは体の筋肉を脂肪にした

実は今年3月に宮崎で開催された反田の姿を見て太ったなと思っていた

贅沢をして食べているのかと危惧していのだが

それは反田の音楽にとって計画されていた体改造の一環であったのだ

 

あらゆる準備を重ねてきた目的は

このショパンコンクールでオーケストラと

一緒に演奏することだったと反田氏は言う

私にとっての40分間は夢がかない続けた最高の瞬間だった

結果は後からついてくるものだと考えていた

結果は2位

聴衆は反田が優勝だという反応も多かったようだが

ショパニストと最高の誉め言葉でたたえられたことは

彼自身も嬉しいと語っていた

 

ピオトル・パレチニ氏は

ショパニストの根幹は歌うこと

ピアニストの芸術的な個性、想像力、が重要視される

深い芸術的なイマジネーションと創造性が豊かな表現となって表れる

と言っている

発表の後ピオトル・パレチニ氏は

反田氏に感想を言ったそうだが

泣けるほど嬉しかったと言い、内容は明かさなかった

 

既に確固たるピアニストの地位を築いている反田だが

より世界の舞台で活躍する大きな基盤ができたと思う

これからのサムライ反田のさらなる活躍を祈念したい

そして心から拍手を送りたい