KAMPAI WAVE 2021(報告)

10月3日、宮崎観光ホテルをホスト会場に

全国34蔵元をつないで

オンライン大吟醸を楽しむ会が開催された

テーマはKAMPAI WAVE2021

オープニングを盛り上げる大吟醸の映像の後

町川世話人代表の挨拶

全国蔵元代表の浦霞、佐浦社長のご挨拶では

サポーターの募集が1時間で終了した事への驚きや

コロナ禍でも、このように大吟醸を楽しむ機会ができたことを

感謝されていた。

宮崎からの乾杯から始まり

南から北へ蔵元の60秒プレゼンが続いていく

繁桝では酒造り唄と箱入り娘の乾杯が可愛い

司牡丹では土佐舞妓と竹村社長の宴会芸が繰り広げられ

盛り上げていただいた

つまみ(いぶりガッコ、イカサシ雲丹、モッツァレラチーズのみやだいず味噌漬け)

で手軽に作れるアレンジ料理は

宮崎観光ホテルの津曲料理長から

いぶりガッコのトマトチーズ巻き

やイカサシ雲丹とミョウガや紫蘇を合わせて

ソーメンの汁であえたのも美味して好評

澤乃井の小澤社長は小澤会長との

2年連続親子のクッキング教室も楽しい

惣誉の映像は小技と頓智が効いていた

浦霞はアフターコロナを考えて

佐浦社長がコンセルジュとなって塩釜全部が楽しめる

観光ガイド、お寿司と浦霞がおいしそうだった

参加者からは京都大学の岡部教授が登場

岡部教授は現在学術情報メディアセンター長であり

日本のインターネットインフラを整備した草分け的存在の人でもある

私たちが日本で最初にオンライン飲み会を始めたと感慨深そうだった

そのほかパリやオーストラリアの参加者と結んでワールドワイドな大吟醸を楽しむ会に・・・

最後は昨年の乾杯グランプリの辻社長が

お姉さんの麻衣子杜氏と一緒に

オオトリの乾杯で締めくくった!

 

全国34蔵元の皆様、サポータになっていただいた200名の皆様

そして配信や技術を支えてくれた小林熱中小学校の吉谷局長はじめ

5人のスタッフの方々、映像の岩松氏、パソコンの徳淵氏

梱包作業を手伝っていただいたボランティアスタッフの方々

をはじめ多くの関係者の皆様に感謝を申し上げます。

ありがとうございました。

オンライン大吟醸を楽しむ会2021 ライブ配信のお知らせ

大吟醸を楽しむ会では10月3日夕方5時から

宮崎観光ホテルのホスト会場と全国34蔵元を繋いで

10月3日はお家で乾杯 WITH DAIGINJO として

オンライン大吟醸を楽しむ会を開催いたします。

テーマは 「KAMPAI WAVE 2021 」です。

南から北へ各蔵元が60秒の個性あふれるプレゼンを行い

最後は必ず乾杯します。

その模様はライブ配信で

サポーターになっていただいた方はもちろんですが

どなたでも楽しめますので

是非ご覧いただき、一緒に乾杯して

全国の蔵元の皆様にエールを送りましょう!

2021大吟醸を楽しむ会サポーター募集!

完売御礼!

2021大吟醸を楽しむ会サポーター募集は完売となりました。

 

10月3日の2021年の大吟醸を楽しむ会は

コロナ感染爆発とコロナ感染拡大防止のため

オンライン開催といたします。

全国から趣旨に賛同してご参加いただく34蔵のエールに

送っていただこうと、2021大吟醸サポーターを募集いたします

是非サポーターになっていただき、オンラインを楽しみながら

全国の蔵元を応援して一緒に乾杯しましょう!

参加 全国34蔵元

如空(青森県)

刈穂(秋田県)

天寿(秋田県)

南部美人(岩手県)

出羽桜(山形県)

浦霞(宮城県)

奥の松(福島県)

郷乃誉(茨城県)

開華(栃木県)

惣誉(栃木県)

水芭蕉(群馬県)

澤乃井(東京都)

八海山(新潟県)

開運(静岡県)

満寿泉(富山県)

加賀鳶(石川県)

梵(福井県)

蓬莱泉(愛知県)

黒松白扇(岐阜県)

作(三重県)

るみ子の酒(三重県)

月の桂(京都府)

玉乃光(京都府)

小鼓(兵庫県)

御前酒(岡山県)

誠鏡(広島県)

千代むすび(鳥取県)

李白(島根県)

獺祭(山口県)

司牡丹(高知県)

繁桝(福岡県)

千代の園(熊本県)

西の関(大分県)

登喜一(宮崎県)

2021大吟醸を楽しむ会 特製サポーターセット

大吟醸3本(A,B,Cブロックから各一本づつ)事務局お任せとなります

おつまみセット 全国の珍味が楽しみなセットです

お猪口 2個

参加蔵元大吟醸パンフレット(オンラインの楽しみ方付き)

一口 12000円(税、県内送料込み)

県外の場合は別途1000円いただきます

 

限定200名のためお早めにお申し込みください

振り込みした時点で申し込み完了となります

定員に達した時点で終了となります

詳しくは9月15日の宮崎日日新聞をご覧ください

オンラインでは

今年も各蔵の個性あふれる60秒のプレゼンと乾杯が楽しみです

今年の乾杯グランプリはどの蔵になるか

ぜひお楽しみに!

また大吟醸を楽しむ会チャンネルでは

今までの蔵元インタビューや昨年のオンラインイベントなどが

いつでもご覧いただけます

 

若山牧水の名句で

白玉の 歯にしみとおる秋の夜の 酒は静かに飲むべかりけり

がありますが

今年は若山牧水に倣って、お家で静かにゆっくりじっくりと

大吟醸で乾杯していただけたら幸いです!

お問い合わせは 0985−31−7086 大吟醸を楽しむ会事務局まで!

酒のアテ

8月22日

日本経済新聞の春秋に面白いエッセイが・・・

酒場に立ち寄ったのは、いつが最後だったか。

巣ごもり暮らしは当分、続きそうだ。

自宅で安くて簡単にできる美味いアテはないものか、と

お悩みの左党におすすめのレシピがある。

ワカメを油でひすい色に炒め、カツオ節をたっぷり投入

しょうゆで味付けする。

美味である。

ビールにも日本酒にもあう。

体にも良さそうだ。

実はこれ、相当いける口だった作家の向田邦子さんの

随筆に登場する自慢の手料理だ。

いしだあゆみさんにも伝授した。

後日、女優の美しい手の甲に小さな火ぶくれがあった。

コツはわかめの水気をよく切っておくこと。

怠ると油がはねてやけどをしてしまう。

・・・・・

きょうは昭和の庶民の食卓と人情を描いた

名文家の没後40年の命日

彼女が愛した「豚の薄切りとほうれん草の鍋」

をアテに乾杯しようか。

 

私も大好きな向田邦子

またその食のエッセイには並々ならぬ食へのこだわりが垣間見える

酒の肴は少しずつ

できたら海のもの、畑のもの、

舌ざわり歯ざわりも彩りも異なったものが並ぶと杯が進むのをみてきた

あまり大御馳走でなく、ささやかなもので、季節のもの

ちょっと気の利いたものだと酒飲みは嬉しくなるのもわかった

どうも酒の肴は安くささやかな方が楽である

体のためにもいいような気がする

向田邦子の酒飲みのアテについての考えには共感する

さあ、私も今日はどのアテで日本酒を飲もうかな?

今宵の一献(吉田類)

全国でコロナ観戦拡大が止まらない

宮崎県も13日から31日まで新たな独自の緊急事態宣言を発出した

コロナ禍で日本酒はどうあるべきか?

酒場はどうあるべきか?自分と酒の向き合い方は?

そんなことを考えながらの日々の中でこのエッセイに出会った

酒場放浪記でおなじみの吉田類さんの酒エッセイに

とても感動したので是非ご紹介したい

 

観天/望気

 今宵の一献

 もう20年以上も前から、全国各地の酒場を巡り歩いている。

その土地の日本酒を味わい、そこに集う人々と出会う。

お酒はおいしいだけでなく、最高のコミュニケーションツールだから

酒場めぐりはやめられない。

酌み交わせば、あっという間に心の距離が縮まる、

心と心の壁をとかすアイテムだ

人と知り合うことで、人生は豊かになる。

 

日本酒は美しい自然の中で進化している。

それぞれの蔵元では、個性あふれる酒が造られている。

日本の酒に新しい風が吹いている。

日本酒が海外でもっと受け入れられる可能性は大いにある。

なぜなら「おいしいもの」は国境を越えて理解されるから。

さらに僕は、海外に行った際に、日本酒は百薬の長だと勧めている。

 

日本酒を売り込むターゲットは

同じ醸造酒であるワインを愛する欧米人。

特にフランス人は日本酒を味わい、

理解するための舌が備わっているように思う。

海外で評価されることで、洗練されたイメージが日本で広がり

日本の若者が関心を持つようになる。

穏やかにやさしく食の好循環が展開されていく。

 

コロナ禍の現在、

酒場は営業自体が難しく、各地の蔵元で在庫が積みあがっており

特Aの酒米を生産している農家でさえもコメが余っていると聞く。

心が痛む限りだが、しばらくはじっと耐えしのぐしかない。

しかし必ずコロナは終息する。

終息後の人と酒の向き合い方を展望したい。

 

僕は酒を飲むときに、人との距離、間合いを大切にしてきた。

余談だが、正統派のバーでは

バーテンダーはお客との距離を大事にしているという。

面と向かって話すことが感染リスクと捉えられたことで

こうした飲み方がより意識されてくる。

今宵の一献は日本酒をスマートに楽しんでみてはいかがだろうか。

 

                    吉田類 (酒場詩人)

空手男子形 喜友名諒(きゆなりょう) 金メダル

武道の素晴らしさを改めて感じさせてくれた

空手・男子形だった

そしてその魅力はテレビを通して世界の人々にも伝わっただろう

 

空手・男子形 喜友名諒(きゆなりょう)の演技は

それほどまでに圧倒的な存在感だった

誰も寄せ付けず、威風堂々の貫禄

瞬間瞬間に

金剛力士像をも思わせる威圧感と迫力があり

凛とした美意識を感じさせる所作の裏には

秘めた刃の鋭さのようなものを感じた

まさに次元を超えた圧巻の演技だった

 

優勝が決まった後

その場に正座し一礼をした

まさに礼に始まり礼に終わるを我々に示してくれた

 

喜友名諒(きゆなりょう)の所属する劉衛流とは

中国から沖縄に持ち帰り伝えたとされる流派

その名を世界に広げたのが恩師の佐々木氏だ

佐々木氏の形を見てすぐ入門を決意したという

湧き出る泉のごとくよどみなく技をつなぐが劉衛流

孤高の鍛錬を続ける事で自らを磨いてきた

 

沖縄に初の金メダルをもたらした喜友名諒

それは沖縄の子供たちに明日への夢と希望を与え

亡くなったお母さんに対する感謝にもなった

心からおめでとうと有難うの言葉を贈りたい

初の2刀流でオールスターの話題独占

大谷翔平が今年のオールスターゲームの話題を独占した

13日開催されたホームランダービー

一回戦で惜しくも敗退したものの

大谷の疲れた姿には温かいファンのまなざしが・・・

そして14日には投打の2刀流で出場

一回表には一番打者で

内野ゴロに倒れても大歓声

一回裏には先発投手で3者凡退に打ち取った

そして勝利投手のおまけまでついてきた

天真爛漫に野球を心から愛し、楽しんでいる姿は

アメリカの野球ファンを熱狂させた

MLBは大谷の2刀流のCMを作成し

オールスター番組内で放映

 

会場ではFOXテレビが作成した

巨人の星のような大谷のアニメ動画も

粋な演出だった

 

オールスターゲームは

まさに大谷翔平と言う素晴らしい才能が

アメリカでようやく大きく開花し認められた瞬間でもあった

 

それは大谷のたゆまぬ努力の結果でもある

高校時代からの目標達成シートをつけ

自分の目標を明確にしている

昨年のオフからは

投打の時にセンサーをバットや腕に付けて

打撃フォームや投球の進化を目指した

センサーを付けて自らのフォームを改造していったのは大谷だけだと思う

 

運の目標達成シートの中にはごみを拾うという項目がある

ゴミを拾う姿はオールスターゲームでも見られた

そのほかに礼儀正しさや挨拶も含まれている

だからこど大谷は日本だけではなくアメリカでも愛されるのかもしれない

ホームラン集を見ると

6月後半からホームランを打つ大谷に風格が出てきたように感じる

後半も怪我や体の疲れに気を付けて

2刀流の野球を楽しんでほしい

そして日米の野球ファンの夢を拡げて欲しいと願っている

中国料理 龍苑(宮崎市江平)

BS-TBSの町中華の番組が人気だ

通称町中華の黒帯こと

玉袋筋太朗のキャラクターも良いのだが

最近は女性の町中華姐さん高田秋と

町中華の伝道師こと坂之上茜も番組になじんで良い味を出している

 

さて宮崎にこんな町中華がないものかと探していたのだが

ようやく宮崎ならではの町中華に出会った

美味い、早い、安い

そして活気がある

しかも家族経営と言う町中華の見本みたいなお店だ

場所は江平の九電工とヤマエ久野の間の路地を排いてすぐ

今日は日替わり定食の酢豚ランチ 700円

なかなか無い素晴らしいコスパ

そして豚肉焼きそばも注文 650円

味はあっさりとても美味しい

中華鍋を振る音が心地良く響く

接客はぶっきらぼうだが温かみがあるのが好印象

路地裏の町中華の王道だ

これからも地元に皆さんに愛されて欲しいお店の一つだ

 

町中華度 ★★★☆++

 

中国料理 龍苑

宮崎市江平東町4−9

0985−28−0303

11:00〜14:00 17:00〜20:00

日曜休み

服部克久メモリアルコンサート

服部克久さんが亡くなったのが2020年6月11日

先日東京で行われた一年忌には

コロナ禍もあり残念だが行くことはできなかった

私にとって服部さんは音楽の自然食の大切さを教えてくれた人生の師でもあった

 

さて都城文化ホールで6月13日

服部克久メモリアルコンサートが開催されたのでお邪魔してきた

久しぶりに会うコンサートスタッフは

元気そうで懐かしい

娘さんの服部奈緒さんも来られていて

色々お話をしたが

コロナカ禍が落ち着いたら服部さんが喜ぶような

コンサートをやりたいと言われていた

会場にはメモリアルの写真などが飾られて

懐かしい

さてオープニングは

虹の彼方に(オーバー・ザ・レインボー)

虹の彼方に行ってしまった服部さんへのメッセージだ

そして音楽畑メドレー

特にル・ローヌは私の大好きな曲だ

気品がありおしゃれ感がある

 

服部さんは生涯6万曲の楽曲、編曲を創ったと言われている

しかも45年間も日本作曲編曲家協会の会長をされていた方でもある

歌の曲は父の服部良一氏には到底かなわないと考えて

イージーリスニングの曲作りを目指すようになった

そして音楽の自然食をキーワードにした音楽畑が出来上がったのだという

次に服部良一氏の曲を大橋順子が歌い会場を盛り上げ

最後は服部さんの代表曲ともいえる「自由の大地」を

サックスバージョンと

最後は大橋純子の歌も入れて、スケール感のあるダイナミックな仕上がりに

エンディングは再度虹に彼方へを編曲して挿入し

粋な演出になっていた

 

今日は服部さんも天国で喜んでいらっしゃるだろう!

この模様は後日MRTで放送される

天然アミノ酸 5-ALA

今年2月に長崎大学大学院熱帯医学・グローバルヘルス研究科の

北潔教授の研究チームが

マラリアの薬を開発するために使用していた

天然アミノ酸5-ALAを一定濃度以上添加すると

新型コロナウィルスを100%抑制されることが明らかになりました

 

NBC長崎放送の映像です

天然アミノ酸5-ALAは生命の根源物質とも言われ

私たち人間の細胞内でも作られています

安全性が非常に高く、10年以上前から健康食品や化粧品などにも

使用されてきたアミノ酸です

 

この天然アミノ酸は特に発酵食品に多く含まれ

日本酒、ワイン、黒酢、納豆、醤油などに多く含まれます

何故発酵食品が健康に良いのか、

免疫力を高めることができるのか

その一つは天然アミノ酸 5-ALAのおかげかもしれません

 

3月から臨床研究も始まっています

臨床研究の成果に期待したいですね!