イノベーションの女王 VS 世紀の空売り

世界で一番注目の女性投資家と言えば

アークインベストメントの創業者キャシーウッドだろう

破壊的なイノベーション企業に投資することで成果を上げている

特に2018年、今後テスラが5年間で1100%以上上昇する可能性があると述べ

テスラがその後29%下落した際も同じ主張を行い

2021年1月にはその目標を達成した

その歯切れのよい言葉と実績は絶大な人気を誇っている

今やイノベーション業界のシンボルとも言って良い存在である

 

かたや世紀の空売りで一躍注目を浴びた人が

マイケル・バーリだ

米国では2004年から2006年にかけて住宅価格が上昇

住宅ローン債権は高利回りの金融商品として多くの投資家が買いあさった

この中でいち早くバブル崩壊の兆しを読み取り

サブプライムローン危機から始まり

リーマンショックで巨額な利益を得たのがマイケル・バーリである

この実話はマイケル・ルイスがノンフィクション小説

「世紀の空売り・世界経済の破綻にかけた男たち」として出版し話題となり

映画「ビッグショート」でも大ヒットとなり

アカデミー脚色賞を受賞した。

 

そのマイケル・バーリがアークインベストメントの

プットオプション(売る権利)を4〜6月期に

3400億円持っていることが8月に判明した

彼はかねてより、

今の持続不可能なバリエーションについて

警鐘を鳴らしてきた

 

引き続きアメリカは金融緩和は続くが

高値警戒、インフレ懸念、テーパリングの始まり

中国政府の規制強化でのテック企業たたきなど

アークインベストメントには

今までのゴルディーロックスとは違う向かい風が吹く

 

そこに名乗りを上げたのが世紀の空売りのマイケル・バーリだ

市場の勝負に勝つのは

破壊的イノベーションの女王 キャシーウッドか

世紀の空売りのマイケル・バーリか?

今後の2人の動向には目が離せない・・・・

今宵の一献(吉田類)

全国でコロナ観戦拡大が止まらない

宮崎県も13日から31日まで新たな独自の緊急事態宣言を発出した

コロナ禍で日本酒はどうあるべきか?

酒場はどうあるべきか?自分と酒の向き合い方は?

そんなことを考えながらの日々の中でこのエッセイに出会った

酒場放浪記でおなじみの吉田類さんの酒エッセイに

とても感動したので是非ご紹介したい

 

観天/望気

 今宵の一献

 もう20年以上も前から、全国各地の酒場を巡り歩いている。

その土地の日本酒を味わい、そこに集う人々と出会う。

お酒はおいしいだけでなく、最高のコミュニケーションツールだから

酒場めぐりはやめられない。

酌み交わせば、あっという間に心の距離が縮まる、

心と心の壁をとかすアイテムだ

人と知り合うことで、人生は豊かになる。

 

日本酒は美しい自然の中で進化している。

それぞれの蔵元では、個性あふれる酒が造られている。

日本の酒に新しい風が吹いている。

日本酒が海外でもっと受け入れられる可能性は大いにある。

なぜなら「おいしいもの」は国境を越えて理解されるから。

さらに僕は、海外に行った際に、日本酒は百薬の長だと勧めている。

 

日本酒を売り込むターゲットは

同じ醸造酒であるワインを愛する欧米人。

特にフランス人は日本酒を味わい、

理解するための舌が備わっているように思う。

海外で評価されることで、洗練されたイメージが日本で広がり

日本の若者が関心を持つようになる。

穏やかにやさしく食の好循環が展開されていく。

 

コロナ禍の現在、

酒場は営業自体が難しく、各地の蔵元で在庫が積みあがっており

特Aの酒米を生産している農家でさえもコメが余っていると聞く。

心が痛む限りだが、しばらくはじっと耐えしのぐしかない。

しかし必ずコロナは終息する。

終息後の人と酒の向き合い方を展望したい。

 

僕は酒を飲むときに、人との距離、間合いを大切にしてきた。

余談だが、正統派のバーでは

バーテンダーはお客との距離を大事にしているという。

面と向かって話すことが感染リスクと捉えられたことで

こうした飲み方がより意識されてくる。

今宵の一献は日本酒をスマートに楽しんでみてはいかがだろうか。

 

                    吉田類 (酒場詩人)

西都市、曽我さんの完熟マンゴー

宮崎完熟マンゴーのルーツ

西都の曽我さんのマンゴーハウスを訪ねた

ご主人の曽我さんは足が悪くて入院が続いているため

昨年からは奥さんの久子さんを中心に娘さんがサポートをしている

そのため奥さんの久子さんと

娘の鈴世さんが迎えてくれた

今年のマンゴーは日照時間が足りないため

実が大きくならない

しかもなかなか完熟しない

他のマンゴー農家も遅れているらしい

普段はマンゴーの最後の時期となる7月なのだが

昨年あたりから遅れてきている

今年はいつになるかわからないと不安を募らせていた

マンゴーの話を聞きながら

剥いてあったマンゴーをいただく

やっぱり甘い

実はまだ小さいけれど、曽我さんならではのマンゴーだ!

都農ファームカフェ(都農町)

葡萄生産者の黒木さんに会って

そのあと都農ワイナリーに出かけた

都農ワインの葡萄畑ではメルローがこんなに大きくなっている

赤尾工場長に挨拶して、

ワイナリー内の出来上がったばかりのカフェへ

テラス席が気持ちが良い

ここから見る風景は本当に絶景だ

そのテラス席でワインを撮影していたら

何ともワインな気分になってきた

都農ワインの中からどれでも3種類選んで

飲むことができるワインセットが良いと言われたので

カタログを見ながら3種を選ぶ

選んだワインはシャルドネ#6−B

スパークリングシャルドネ、プライベートリザーブシラー

なんとこのおつまみも付く

チーズやカルネなど

特にカルネはシラーにはよく合うという

通常カルネはラム酒で作るのだが、ここは自家製ブランディーで作っているそうだ

シャルドネ#6−Bはトロピカルで高貴なイメージ

スパークリングシャルドネは開放的で華やかだ

シラーはブルーベリーや胡椒などの複雑の味わいと心地よいタンニン

 

これは1270円(税込み)の価格としてはとてもお得なセットだ

一番人気だというチキン南蛮(1080円税込み)も頼んで

今日は豪華なワイン付きの昼食となった

丁寧な接遇をしていただいた愛想の良い3人の女性に感謝!

ごちそうさまでした

お天気の良い時はテラス席は是非物ですよ!

 

 

絶景度  ★★★☆+

 

都農ファームカフェ

都農町川北14609−20

0983−25−5501

11:00〜16:00

火曜休み

言葉の力(田中角栄)

日本の失われた30年と言う言葉をよく聞く

現在のコロナ禍、オリンピック問題

日本の長期的な少子高齢化、人口減少など

大きな諸問題の中で国会答弁などを聞いていると

政治家の言葉の力が無くなっているように感じている

国民を向いていない言葉は多すぎる

言葉の力と言う面では

政治家の中でも田中角栄が抜きんでているように思う

庶民宰相と言われた田中角栄だと

どのような言葉を発するのだろうかと思うことがよくある

 

そんなことを考えながら石原慎太郎の書いた

天才 田中角栄 を再読してみた

何よりも凄いのは

先見性に満ちた発想の正確性だ

政治家個人としての発想で、まだ若い時代に

40近い議員立法を成し遂げ、

それがいまだに法律として適用している実績を持つ政治家は誰もいはしまい

と石原慎太郎は書いている

 

54歳6月日本列島改造論を発表

7月内閣総理大臣指名

9月日中国交正常化実現

若き宰相、田中角栄にとっても素晴らしい年であった

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだった

 

日本列島改造論を考えるにあたり

角栄はこのように考えたと書いてある

 

このテンポの速い現代に百年先を予測するのは

官僚には難しい仕事で彼らには限界がある。

今のままで自然成長して行けば大都市は機能マヒしてしまうだろう

故にも生産手段も含めて企業を地方に分散させなくてはならない

そのために新幹線を日本中に走らせ

どの県にも県都の近くに飛行場を作り、

国民の移動の時間と距離を短縮させる

それによって総生産量が向上し利益が増大すれば

これから多分進むだろう

国民の高齢化にも対応できる社会保障のための予算も潤沢となり

社会そのものが成熟していくことになる

ならばそんな列島改造のための金、財源をどこから捻出するのか

という事だが、これは国家の予算を充実させたとしてできることでは決してない

そのためにはあくまでも民間のエネルギーが不可欠なのだ

何でもかんでもお上、国家におんぶするという

低開発国家の態様ではとても及びはしない

あくまで民間の資金、エネルギーを中心にしてやって行く

政府はそれに利子補給して財政規模を縮小するほうがいいのだ

なんでも国がやるという発想は役人の通弊だから

役人が増え、官庁機関が膨れ上がり、役人天国になってしまうのだ

・・・・

日本全体を地域的にバランスの取れたものにしない限り

経済成長は望めやしない

野球のピッチャーに譬えれば

剛腕を振りかざして全力で直球を投げ込む投手よりも

時には変化球を交ぜながら

体全体を使って投げるフォームに改造しないと

長持ちはしないし勝率も上がりはしない

これから先の日本を考えれば、

ここで思い切った先行投資を考えないと

この国はゆがんだまま衰退しかねない

 

実践の政治で結果を出して来た天才だからこその柔軟な発想

今の時代でも十分通用すると考える

官僚と民間の使い分け

長期的な目線

失われた30年と言われ

コロナ対策では日本は後進国かと誰もが実感した

これから日本は次々と厳しい現実が襲ってくる

 

田中角栄の名言の一つ

 

初めに結論を言え。

理由は、三つに限定しろ。

分かったようなことを言うな。

気の利いたことを言うな。

そんなものは聞いている者は一発で見抜く。

借り物でない自分の言葉で、全力で話せ。

そうすれば、初めて人が聞く耳を持ってくれる。

 

私たちは再度

政治家として角栄が発した言葉の重みを今まさに学ぶべきであると考える

アメリカの現金給付の光と影

コロナ禍の最悪期を脱したアメリカの景気回復は

2021年度第一四半期の実質GDPの6.4%の素晴らしい数字だった

数字だけを見ると急回復が鮮明になってきている

またアメリカ2年物国債金利を日々見ていると

徐々に上がってきており

インフレの兆しを感じるのだが

FRBは金利を押さえ込めると公言している

 

景気回復の中で

アメリカでは800万人という求人が集まらない異常事態が続いている

これは現金給付と失業保険の拡充を続けているからだ

 

トランプ政権では

2020年3月  1200ドル

2020年12月  600ドル

バイデン政権では

2021年3月  1400ドル

の3回の現金給付を行った

しかも失業者対策として1週間300ドルを2021年9月上旬まで実施する

まさに手厚すぎる現金給付である

 

結果、失業者のほとんどは

実際に働くよりも家にいる方がお金をもらえることに気が付いた

だから求人が集まらないし

失業者は職場に帰ろうとしないのだ

そう考えるとGDPの伸びはほとんど現金給付と株高で持っているのである

 

しかし紙幣を刷り続ける政策は永遠に続かない

紙幣を刷れば刷るほど

政府の債務は異常に膨らみ、インフレ懸念も巻き起こす

ばらまかれた現金は株高とアメリカ国内の活発な消費を呼び起こし

2021年第一四半期は 実質GDP 6.4%  個人消費 10.7%と

顕著に数字にも表れた

しかしこれを繰り返していくと

将来確実に起こることはドルの暴落とインフレの到来だ

 

ただ恐ろしいことは

アメリカの失業者は政府から降ってくるお金に終わりがないように

感じていることである

ノマドランド(アメリカ映画)

不況によって経済的に困窮する60代の女性が主人公

仕事と家を失い、車に家財道具を積み込んで

旅に出るファーレン

いわば「現代の遊牧民 ノマド」である

目的地があるわけでもなく、各地で働きながら

様々なノマドと会い、次第に大自然の雄大さと美しさの中に

共存できる喜びを見出していく

不安ながらもあえて楽な生活を選択しないファーレンの意思の強さ

美しい雄大な大自然、美しい旋律、人間としての誇りが三位一体として

ファーンの表情に現れて、少しづつ成長していくように見える

人生とは何か?幸福とは何か?を

同世代の人間として深く考えさせてくれる

 

一番印象に残っている言葉は

教え子だった子供に聞かれる

「先生はホームレスなの?」

誇りを持って返した言葉は「私はハウスレス、別物よ!」

心にはずっと家庭が生き続けており

今は物質としての家がないだけという意味だろう

 

主演はフランシス・マクド—マンド

今まで「ファーゴ」「スリー・ビルボード」で

2度オスカーを受賞している

驚くのはフランシス・マクド—マンドは作品のプロデューサでもあることだ

ジェシカ・ブルーターが書いたノマドの出版直後に

自ら映画化権を獲得

そしてクロエ・ジャオ監督の「ザ・ライダー」

をトロント映画祭を見て感銘を受けると共に

そのドキュメンタリー手法に注目して監督を依頼するのである

役作りのためにアマゾンの集配センター、収穫所、国立公園、カフェで

ノマドの人に交じって実際に働いた

映画でも主人公と交流を深めていく人たちが

ほとんど実在するノマドの人々であることも驚く

まさにフランシス・マクド—マンドが全身全霊を込めて

作り上げた作品でもある

作品も秀作なのだが

その背後にあるフランシス・マクド—マンドの

命を懸けた作品作りに感銘を受けた!

 

4月26日アカデミー賞が発表された

作品賞、監督賞、主演女優賞の三冠をノマドランドが達成した

プロデューサーとしてもフランシス・マクド—マンドの見事な完勝だった!

2021年3月国際金融都市ランキング

国際金融都市をランキングする

Global Financial Centers Index の最新版が公表された。

この調査はロンドンのシンクタンクと香港の会社が共同で行い

毎年3月と9月に発表している

 

さて2021年3月の結果だが

1、ニューヨーク

2、ロンドン

3、上海

4、香港

5、シンガポール

6,北京

7、東京

8、深圳

9、フランクフルト

10、チューリッヒ  

中国の台頭が突出している

ベストテンの中の4都市が中国である

前回4位だった東京は7位と順位を下げた

地盤沈下していく日本を寂しく思うと共に

中国の勢いを感じている

 

ロンドンと上海、香港の差も僅差だ

これらを考えると、近い将来上海、香港が第2位になる可能性も十分にある

そしてあと数年以内に

中国が世界の金融センターになる可能性は高いだろう

 

世界最大のヘッジファンドのレイ・ダリオ氏が覇権国の大サイクルを

次のように示している

新たな世界秩序、平和繫栄、生産的な債務成長

債務バブルと格差拡大、ピーク

債務崩壊と経済下降、貨幣と信用の増発、革命と戦争

債務と政治のリストラ、そしてまた新たな世界秩序

 

そうした中で続く米中冷戦は、経済覇権を念頭に

いやがおうもなく、熱を帯びていくことは予想されることだ

世界の経済覇権は歴史を見るとオランダからイギリスへ

そしてイギリスからアメリカへ

さらにアメリカから中国を含むアジアへ移行していくように思える

 

コロナ禍で一挙に加速した先進国の金融緩和が

世界各国の負債を膨大に拡大させている

レイ・ダリオ氏の意見によると

次には債務崩壊と経済下降が待っている

このことが中国の経済覇権を早めることになるのではと

個人的には危機感を感じている

そしてコロナ禍の中で中国だけが2020年プラス成長となっている現実がある

 

2028年にアメリカを中国がGDPで追いつく

その予想もまだ前倒しになりそうな勢いでもある

アメリカは危機感を強め人権問題、国境問題ともども

同盟国と連携を深めて中国に圧力をかけていく

中国はロシアと手を組み対抗していく

世界経済の覇権争いは今後数年間米中の間で

まだまだ大きな緊張とつばぜり合いが続くことになる

その中で日本は最大の同盟国アメリカと国境問題でタッグを組み

経済問題では中国と長期的に上手くやって行かなければならない

何故なら2007年以降現在まで、日本の最大の輸出国は中国であるからだ

米中のはざまに立ちながら日本は厳しい試練の時を迎えている

金融都市、東京の地盤沈下はそのことを踏まえて対応策を練るべきである

道本食品のベジパスタ

干したくあんマヨパンと干したくあんマヨネーズのおにぎりが

1月19日から2月28日まで宮崎県内のセブンイレブン197店で販売された

その開発や経緯について道本英之社長に説明していただいた

日本最大のコンビニチェーン セブンイレブンについては

2年ほど前からアプローチを開始した

店舗は全国で20000店、首都圏で8000店あるのだそうだ

セブンイレブンでは全国かブロックの販売で

県域での販売は今までなかったのだが

コロナ禍が幸いしてなんとか販売にこぎつけた

エーエムケイの井出社長がセブンイレブンの宮崎、鹿児島地区に

パンの卸を行なっているので尽力いただいた

ヒントとなったのがサラダパン

塩漬けたくあんとマヨネーズの滋賀県のB級グルメ

たくあんの切り方や味付けなど開発に1年間を要した

私はルート開発やマーケティングを担当した

宮崎県内では大好評だった

特に宮崎県内では手作りのPOPで応援するお店が嬉しかった

鹿児島県内のセブンイレブンでも販売をしたが

おにぎりは盛況だったがパンは売れなかった

 

今からの商品はプロダクトアウトだけではだめ

消費者目線でどう商品をとらえていくかのマーケティングインの発想が大事だと思う

今新しい商品を売り出している

それは大根で作ったベジパスタだ

千切りとは違う切り方でようやくこの商品になった

袋デザインはほとんどスパゲティだ

アメリカで商談をすると

これはスパゲティではなくベジッティイですねと大変興味を持っていただいた

今ベジタリアンやビーガンが世界で急速に広がっている

その需要を少しでもこのベジパスタでチャレンジしていきたい

 

今後ソースを公募して、そのソースと共に売っていくことも考えている

宮崎の野菜で世界に挑戦している

道本英之社長のバイタリティ溢れる説明と意欲に

大きな刺激を受けた

今後の活躍を祈念しています。

世界のEV覇権争い!

テスラの株価が日本の自動車業界の時価総額を上回るほど

EVメーカーへの注目が集まっている

産業革命以降、自動車は常に時代の最先端を走ってきた

しかし環境やEVへの世界的なうねりの中で

ガソリンから電気というエネルギーの変更が一気に加速

自動車業界にとって歴史的な変革期にあるといって良い

というのもEVでは部品の供給量が

現在のガソリン車と比べて38%減少し

必要な労働力も世界でこれから3年から5年で

300万人が失業すると言われている

そしてスマートビジネスのロジックが自動車業界でも

起こりつつある

それは名だたる世界のIT企業が参入にチャレンジしていることでも明確だ

 

EVの先頭を走っているテスラと

小型EVで中国を席巻してる上汽GM五菱を見てみよう

 

テスラは2020年9月の総会で

中国の新工場で年間生産台数を100万台に引き上げる

そして自社設計のリチウムイオン電池を搭載することで

車両コストを14%削減、航続距離を16%向上させ

3年後には価格を2.5万ドル(約267万)にするとイーロンマスク氏が発表した

驚くような価格の設定だ

テスラの車には15インチのタッチパネルがあるだけだ

アクセル、ブレーキ、ワイパーなどの基本動作以外は全てパネルとなる

まるでスマホのようだ

またFOTAの無線技術で新しいソフトウェアをダウンロードすることで

最新に保つことができる

ビジネスモデルはアップルのようになりつつあるのだ

 

さて中国の上汽GM五菱

株式は上海汽車が51%、GMが44%、五菱汽車が5%の構成

2002年に設立されたので歴史は古い

宏光MINIEVを2.88万元(47万)を7月に発売すると快進撃

2021年1月には3万7000台とテスラを上回った

全長2.9m、全幅1.5mの小型EV

キャッチコピーが人民的代歩車(人民のスクーター)というのが面白い

CATLをはじめすべて中国サプライヤーで低価格を実現した

 

また中国のIT企業であるテンセント、アリババ、百度も

色々な枠組みでEVへの参入を行っている

中国政府は

EVを核とする新エネルギー車革命で

2025年には世界の自動車のリーダとなると発表している

 

またアップルもアップルカーへの参入を発表した

迎え撃つ自動車メーカートヨタの動きは

水面下でソフトウェアファーストを合言葉に様々な動きがあるようだが

世界のEVの動きに比べるとスピードや開発では出遅れ感が否めない

ハイブリッドで優勢だった時代は瞬時に過ぎ去り

一挙にEV時代へとシフトした

日本における全就業は人口6800万人

自動車関連の就業人口は約8%の542万人だと言われる

時間との闘いであるが

世界一の自動車メーカであるトヨタのEVや水素への挑戦が

日本の自動車産業の浮沈のカギを握っているといっても過言ではない