ニーアル・ファーガソンが考える中国

世界の知性とも言われる歴史学者

ニーアル・ファーガソン欲望の資本主義4の本の中で

興味深いことを述べている

彼は中国のことを知人がこのように言っていたと書いている

 

中国には3種類の中国がある

1  新、新中国

テクノロジーの世界で活躍している企業

テンセント、アリババなど

 

2   新、旧中国

共産党員が子供に経営を継がせる

高収益の国有企業

 

3  旧、旧中国

北部のさびれた工業地帯にある

採算性が低いままの国有企業

 

面白いのは、この3つの中国の間には

対話も調和もない。特に1,2 の間には緊張関係がある

 

ニーアルファーガソンは中国の成功は終わりに近づいている

中国はこれまで

正当性の根拠となっていた経済成長はもはや継続できません

別の根拠を探さなければなりません

その一つが毛沢東思想です

習近平にはその復活が見られます

 

ニーアルファーガソンは次のように厳しく中国を見ている

中国は持続不能なエンタープライズ(事業)だ

極めて少数の人物に権力が集中し

共産党に関する法的な説明責任は皆無だ

全てが腐敗という予測可能な結果を生み

経済モデルは破綻しつつある

人口動態や債務拡大も厳しい

巨大な監視機構と露骨なプロパガンダ(政治宣伝)に

正当性の根拠を求めようとしている

 

個人的な考えだが

習近平は1、を徹底的にたたき、腐敗を暴き

共同富裕を前面に押し出すことで

中国人民の支持を高めるようにしてきたように思えるのだが

これまで中国の成長エンジンであった

1の新・新中国をたたけばたたくほど、経済成長は損なわれてきたのではないだろうか?

ウィグル地区、香港の人権問題に端を発し

ロシアのウクライナ侵攻

ゼロコロナ政策

経済成長の低下などなど

習近平と中心とした指導部には今数々の複合的な逆風が吹いている

これではたして中国人民がついてくるのかどうかが問題だ

 

ニーアル・ファーガソンは気になる発言をしている

今後20年の間に、中国は何らかの形で政治的危機を経験すると予見している

ビックマック指数2022

インフレの到来を肌で感じている

毎月上がる電気料金

昨年からどんどん上がる食料品、ガソリン

これにロシアのウクライナ侵攻の影響が拍車をかけていく

西側諸国のロシアからの石炭、天然ガス、原油などの輸入規制

ロシア、ウクライナの穀倉地帯からの輸出も困難な状況だ

 

アメリカのCPIは2月7.9%、3月は8.5%と

インフレが加速している

 

そんな中でイギリスの経済誌エコノミストが

1986年9月に考案した経済指数が

ビックマック指数でバーガノミクスとも呼ばれているものだ

2022年2月に発表された最新のマック指数を見てみよう

現在円は128円と20年ぶりの円安局面だが、価格は122円換算で出している

 

1、スイス   851円

2、ノルウェー 779円

3、アメリカ  709円

9、ユーロ圏  604円

11、イギリス  588円

15、シンガポール 550円

26、中国    467円

33、日本    390円

 

毎年のようにランクを下げているのが日本だ

今年は33位

指数は日本円がドルに対して約45%過小評価されているのを現わしている

しかし現実には果たしてそうなのだろうか?

アベノミクスで紙幣を印刷して景気浮揚を図った結果が円安で現れ、

世界の先進国は利上げに向かう中

いまだ金融緩和をやめない日銀の姿勢そのものが

円安と資源の輸入で貿易赤字をどんどん膨らませているのが実情だ。

 

ロシアのウクライナ侵攻の影響が出てくるのはこれからだ

エネルギー危機、食料危機は今後も続く

日本はそのほとんどを輸入で賄っているのが実情だ

貿易収支は確実にどんどん赤字が拡大し

日本の円の実力もどんどん落ちていく

その上日本の賃金は上がっていない

実は日本は年々貧しくなっているのではないか?

多分コロナが収まり、海外に旅行するときにそのことを実感するのだろう

ビッグマック指数を見ていると

そんな沈みゆく日本を案じてやまない!

けんちゃん農園の子供農家プロジェクト(日向夏収穫)

綾のけんちゃん農園と言えば

自然栽培で有名な農園だ

土づくりに時間をかけ自然栽培の基礎を作りあげ

大豆やニンニク、玉ねぎなど綾で精力的な農業活動を行っている

そのほか子供農家プロジェクトとして興味のある家族を呼んで

定期的に種まきや収穫をはじめ納豆づくりなどもされている

さて今日はけんちゃん農園の杉木賢一郎さんが

子供農家プロジェクトの一環で日向夏の収穫体験をするというので

綾にお伺いしてみた

けんちゃん農園に行くと寒いにもかかわらず

すでに10家族以上の家族が集まっている

そこから歩いて5分ほど日向夏の畑に到着

杉木さんからの説明は

実は昨年まで有機栽培の日向夏を栽培していた畑を譲り受け

自然栽培へ移行している段階

だから草もたくさん生えている

その理由は草からも今までの残留肥料を吸い取ってぬいてもらうためだそう

柑橘類は自然栽培が難しいそうだ

全国でも自然栽培の果樹栽培を行っている人はとても少なく

九州では熊本で一人されているだけだと・・・

綾のほんものセンターでは金印、銀印で

有機栽培の印をつけているのだが

日向夏は付いていない

それほど果樹栽培の自然栽培は難しいからなんですと言われていた

説明の後は、はさみと袋を持って40人以上の人々と収穫体験

家族で日向夏の収穫を体験できるとっても良い機会だ

大自然の中での収穫体験は

子どもたちにとっても大変楽しそうだ

採れたての日向夏を食べると

また格別の美味しさだ

自然栽培という原点に立ち返って様々な努力をされている

杉木さんのもとに

宮崎でもファンが静かに広がりつつあることを嬉しく思う

マンゴー名人 曽我一敏さんご逝去

宮崎完熟マンゴーのルーツである

西都の8軒のマンゴー農家、

そのリーダー役だった曽我一敏さん(80歳)が

肺炎のため2月9日ご逝去された

 

大吟醸を楽しむ会では

曽我さんの完熟マンゴーを

蔵元のお土産に約20年間依頼していた

蔵元や東京からのお客さんも

大吟醸を楽しむ会の前日に曽我さん宅にお邪魔するのを

楽しみにしていた方も多かった

 

飾らない人柄、愛嬌のある笑顔、難解な西都弁

そして信念を貫くマンゴー栽培

曽我さんならではの甘いマンゴーは全国にファンがいた

ここ3年ほどは足が悪くなり

入院生活が続いていたのだが

先日、奥様の久子さんから危ないかもしれないとの連絡があり

心配をしていた矢先のことだった

曽我さんのマンゴーハウスにはこれまで

毎年マンゴーの花の時、成育中、そして完熟してきた頃と

年3回はお邪魔して話を伺っていた

曽我さんの西都弁は独特でわかりずらいのだが

20年の付き合いの中でほぼ理解できるようになっていた

石油が高くて大変だ

マンゴーは農業商品だがある意味、工業製品でもある

最近の若い人はマンゴーの栽培をネットだけの情報で勉強するだけ

そんなことでは本物の甘いマンゴーはできないなど

私の心の中にいつも本音の曽我語録が詰まっている

素朴で笑顔が素敵な反面、マンゴー栽培には頑固な曽我さんだった

曽我マンゴーは奥様と娘夫婦が継承されるという

昨年は天候不順の関係でマンゴーはほとんど出来なかったが

今年こそは曽我さんの血を受け継いだ完熟マンゴーを出荷して

天国の曽我一敏さんと蔵元さんたちを笑顔にしてほしい

2022年世界の重大リスク(ユーラシアグループ)

リーダーなき世界を「Gゼロの時代」と名付け、

注目を浴びたイアン・ブレマー氏が率いるユーラシアグループが

2022年の10大リスクを1月3日に発表した

 

1、中国のゼロコロナ政策の失敗

2、巨大IT産業の影響力が強まり、経済、社会への支配が大きくなる

3、米中間選挙

4、中国の内政問題

5、ロシア

6、イラン

7、脱炭素政策とエネルギー政策の衝突による混乱

8、世界の力の空白地帯(アフガニスタン)

9、価値観の衝突で敗れる多国籍企業

10、トルコ

 

この中でも中国とアメリカが気になるのだが

一番の注目は中国である

4の内政についていうと

中国共産党100年の節目の11月の大会は

北朝鮮のセレモニーを思わせる習近平の独裁色の強いものであった

ナショナリズムをあおり

中国は強大だと毛沢東2.0の思想を1時間の演説で展開した

しかし共同富裕を打ち出した経済政策では

融資規制により不動産企業のデフォルテがまじかに迫っていることや

巨大IT企業などの規制などを次々に打ち出したことによる

IT企業をはじめとして時価総額の低下が顕著だ

テンセントは−23%、アリババが−49%に沈む

これは行政忌ではなく明らかな中国の規制のやりすぎの結果だ

これでは民間IT企業の意欲も上がらないのが実情だろう

2022年は中国経済は正念場になるだろう

 

ここ一年間で中国の富裕層から

外国へ逃げ出した資金は約20兆円という巨額に及ぶという

習近平が独裁色を強めれば強めるほど

中国国民は不安になり、どんどん資金は中国から逃げていく

今年の中国経済は不安と混とんとが入り混じる

 

そして1のコロナ対策の失敗だ

中国はコロナゼロを目標にするだけに

感染者が出ると都市のロックダウンを強制的に行う

そのことによりサプライヤーが混乱しインフレに拍車がかかり

世界経済はより一層不安定になる

オリンピックを控え、中国はさらに緊迫状態が続く

 

予想以上の経済低迷のあおりを受け

12月8日から10日に開催された中国中央経済会議は

需要の減少、供給面のショック、将来の期待の低下の3つの要因を挙げて

安定を最優先にすると修正したのだが

果たして軟着陸が上手く行くかはかなり疑問である

中国政府のやり方は

アクセルとブレーキを一緒に踏んでいるようなものだ

 

さてアメリカだが

バイデンの8のアフガン撤退の失敗や

国内インフレの高騰で支持率が低下しており分断が拡がり

3の秋の中間選挙も見通せない現状だ

 

中国、アメリカの2つの巨大国が

どちらも様々な要因で不安定になっている

これに脱酸素政策とエネルギー政策の問題で

世界はより一層のインフレになることは避けられない

Gゼロを打ち出して10年

2022年はこれまで以上に問題が山積の様に思える

キーワードは独裁と分断、そしてインフレである

EYアントレプレナー2021日本代表(桜井博志会長)

旭酒造の桜井博志会長が

EY Entrepreneur of The Year 2021 japan

の日本代表に選出された

旭酒造の

1984年の売上は9700万

2021年度の売上が140億を超えた

コロナ禍の中でも売上新記録だった

大事なことは

酒質に寄与するものに

全ての努力を集中することが

山口の山奥の小さな酒蔵ができる

唯一にして最高の生き残り戦略だった

キーワードは

『酔うため 売るための酒ではなく

味わうための酒を求めて!』

今、旭酒造はアメリカの蔵建設の真っ最中だ

コロナ禍で遅れたとはいえ

2022年の11月には蔵が竣工する

アメリカのブランド名は

獺祭Blue

青は藍より出でて藍より青し  

の言葉から取った

米はアーカンソー州の契約農家に栽培させている山田錦と

水はハイドパークの仕込み水で醸される

2023年からはアメリカの蔵から獺祭Blueの出荷が始まる

いよいよ新しい獺祭の世界戦略がスタートする

さてアントレプレナーの世界大会は

2022年6月モナコで開催される

全世界から50カ国以上の代表者との戦いとなる

意気込みを聞くと

日本酒の良さを知ってもらえる機会になればいい

と自然体で話された

ラディッシュ全店で発酵ウィーク開催!

みやざき発酵文化ネットワークはラディッシュとタイアップし

ラディッシュ全店(本店、大橋店、ラディッシュセブン)で

10月25日から30日に

発酵ウィークを開催します。

発酵食品は腸内環境を整え改善してくれるだけでなく

体の免疫力をアップしてくれます

期間中は様々な発酵総菜をラディッシュで販売いたします。

その中から少しご紹介

塩麴マリネ鶏弁当 580円(税込)

二宮麹屋の塩麴を使用しています

ジャパニーズ発酵食丼 600円(税込)

日本の伝統的な朝食のエッセンスを詰め込んだ丼です

えびの米の発酵🍙色々!

宮の鶴味醂とあめもんの焼きおにぎり

二宮麹屋とダイワミルコロポークの肉味噌おにぎり

鶏ゴボウ🍙

発酵キンパ

道本食品の漬物、本坊農園の人参、ダイワミルコロポーク

けんちゃん農園のニンニク塩麴で作りました。

魚貝炙りの秋ポンソース

秋ポンにオリーブオイルやブラックペッパーを加えた

特製ソースが病みつきになります。

その他、シェフおまかせの発酵パスタなど

様々な発酵フードが販売されますので

是非発酵食あふれる食卓で体の免疫力をアップしましょう!

10月25日から30日はラディッシュの発酵惣菜が要注目です!

イノベーションの女王 VS 世紀の空売り

世界で一番注目の女性投資家と言えば

アークインベストメントの創業者キャシーウッドだろう

破壊的なイノベーション企業に投資することで成果を上げている

特に2018年、今後テスラが5年間で1100%以上上昇する可能性があると述べ

テスラがその後29%下落した際も同じ主張を行い

2021年1月にはその目標を達成した

その歯切れのよい言葉と実績は絶大な人気を誇っている

今やイノベーション業界のシンボルとも言って良い存在である

 

かたや世紀の空売りで一躍注目を浴びた人が

マイケル・バーリだ

米国では2004年から2006年にかけて住宅価格が上昇

住宅ローン債権は高利回りの金融商品として多くの投資家が買いあさった

この中でいち早くバブル崩壊の兆しを読み取り

サブプライムローン危機から始まり

リーマンショックで巨額な利益を得たのがマイケル・バーリである

この実話はマイケル・ルイスがノンフィクション小説

「世紀の空売り・世界経済の破綻にかけた男たち」として出版し話題となり

映画「ビッグショート」でも大ヒットとなり

アカデミー脚色賞を受賞した。

 

そのマイケル・バーリがアークインベストメントの

プットオプション(売る権利)を4〜6月期に

3400億円持っていることが8月に判明した

彼はかねてより、

今の持続不可能なバリエーションについて

警鐘を鳴らしてきた

 

引き続きアメリカは金融緩和は続くが

高値警戒、インフレ懸念、テーパリングの始まり

中国政府の規制強化でのテック企業たたきなど

アークインベストメントには

今までのゴルディーロックスとは違う向かい風が吹く

 

そこに名乗りを上げたのが世紀の空売りのマイケル・バーリだ

市場の勝負に勝つのは

破壊的イノベーションの女王 キャシーウッドか

世紀の空売りのマイケル・バーリか?

今後の2人の動向には目が離せない・・・・

今宵の一献(吉田類)

全国でコロナ観戦拡大が止まらない

宮崎県も13日から31日まで新たな独自の緊急事態宣言を発出した

コロナ禍で日本酒はどうあるべきか?

酒場はどうあるべきか?自分と酒の向き合い方は?

そんなことを考えながらの日々の中でこのエッセイに出会った

酒場放浪記でおなじみの吉田類さんの酒エッセイに

とても感動したので是非ご紹介したい

 

観天/望気

 今宵の一献

 もう20年以上も前から、全国各地の酒場を巡り歩いている。

その土地の日本酒を味わい、そこに集う人々と出会う。

お酒はおいしいだけでなく、最高のコミュニケーションツールだから

酒場めぐりはやめられない。

酌み交わせば、あっという間に心の距離が縮まる、

心と心の壁をとかすアイテムだ

人と知り合うことで、人生は豊かになる。

 

日本酒は美しい自然の中で進化している。

それぞれの蔵元では、個性あふれる酒が造られている。

日本の酒に新しい風が吹いている。

日本酒が海外でもっと受け入れられる可能性は大いにある。

なぜなら「おいしいもの」は国境を越えて理解されるから。

さらに僕は、海外に行った際に、日本酒は百薬の長だと勧めている。

 

日本酒を売り込むターゲットは

同じ醸造酒であるワインを愛する欧米人。

特にフランス人は日本酒を味わい、

理解するための舌が備わっているように思う。

海外で評価されることで、洗練されたイメージが日本で広がり

日本の若者が関心を持つようになる。

穏やかにやさしく食の好循環が展開されていく。

 

コロナ禍の現在、

酒場は営業自体が難しく、各地の蔵元で在庫が積みあがっており

特Aの酒米を生産している農家でさえもコメが余っていると聞く。

心が痛む限りだが、しばらくはじっと耐えしのぐしかない。

しかし必ずコロナは終息する。

終息後の人と酒の向き合い方を展望したい。

 

僕は酒を飲むときに、人との距離、間合いを大切にしてきた。

余談だが、正統派のバーでは

バーテンダーはお客との距離を大事にしているという。

面と向かって話すことが感染リスクと捉えられたことで

こうした飲み方がより意識されてくる。

今宵の一献は日本酒をスマートに楽しんでみてはいかがだろうか。

 

                    吉田類 (酒場詩人)

西都市、曽我さんの完熟マンゴー

宮崎完熟マンゴーのルーツ

西都の曽我さんのマンゴーハウスを訪ねた

ご主人の曽我さんは足が悪くて入院が続いているため

昨年からは奥さんの久子さんを中心に娘さんがサポートをしている

そのため奥さんの久子さんと

娘の鈴世さんが迎えてくれた

今年のマンゴーは日照時間が足りないため

実が大きくならない

しかもなかなか完熟しない

他のマンゴー農家も遅れているらしい

普段はマンゴーの最後の時期となる7月なのだが

昨年あたりから遅れてきている

今年はいつになるかわからないと不安を募らせていた

マンゴーの話を聞きながら

剥いてあったマンゴーをいただく

やっぱり甘い

実はまだ小さいけれど、曽我さんならではのマンゴーだ!